標記の質問を子供にされて悩んでいます。

地軸の傾きって言えば「23.4度」だと思うのですが
「公転面に対する地軸の傾き」となると66.6度でいいのでしょうか?
基本的な質問ですが、詳しい方お願いします。

A 回答 (7件)

「公転面に対する地軸の傾き」という表現に問題がありますよね。



理由は2つ
1)公転軸と自転軸を比べるか、公転面と自転面(こういう言葉はないので普通は赤道面と呼びますが)を比べるか、のどちらかにすべきところを片方は面、もう片方は軸をとっている点。
2)1)にもかかわらず「なす角」ではなく「傾き」という表現をとっている点。

No5さんも少し触れてておられますが、「傾く」というのはもともと「あるべき方向」というものがあって初めて意味を持つ表現です。その方向を基準にずれている状態を指すわけです。だからNo5さんの例をなら、その棒が本来地面と水平におくべきもの(物干し竿とか(^^;)なら90度傾いているといえなくはないし、本来地面に垂直であるべきもの(電柱とか)なら傾いていないとなるでしょう。

以上を踏まえていただいて
「(地球の)公転の軸と地軸(=自転軸)は23.4度傾いている」という表現か
「(地球の)公転面と地軸のなす角は66.6度である」という表現を用いるのが誤解を生じない正確な表現ということになりますね。

いずれにせよお子さんにはテーブルとコマやボールなどを用いて(表現の問題ではなく)実際の現象自体を正しく認識してもらう方に重点をおいてください。
その上でもしお子さんが上に書いた日本語の論理を理解できそうな学年で、質問文の表現そのものにこだわるようなら、時間をかけて上の説明をしてあげてください。

この回答への補足

遅くなりましたが、塾の講師に確認しました。

結局、公転面ではなく「公転軸」に対する傾きはというのが
正確な問題だったということでした。
子供の聞き間違いだったようです。

回答をいただいたみなさん、どうもありがとうございました。

補足日時:2002/12/09 16:28
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

あわてて質問したものですから、簡単な内容になってしまいました。
下のほうに書いたとおり、子供は中3で理科のテストに関するものです。
学校では単純に「地軸の傾きは23.4度」と習ったのに、塾の講師が
「公転面に対する・・・」と言った(早口で言うので子供も友達もよく
聞き取れず、必死にノートに書き写していたようです)とのことで
混乱していました。

また、塾の講師に確認してみます。
ただ、「公転面」というのが何を定義しているのかが問題だと思いますが、
太陽と地球の中心を結んだ線が、地球の公転により作る平面だとすれば
それに対する地軸は66.6度を成すと言えますが・・・・

お礼日時:2002/12/03 11:14

既に皆様が議論されている通り, もともとの問題設定(表現)がまずくて,


>「(地球の)公転面と地軸のなす角は66.6度である」
などと表現するか, 自転の向きも含めてより正確に表現するとすれば
『地球の赤道傾斜角は約23.5度』などといわないとならないのでしょうね.

参考URLにもありますが, よく知られているように
天王星は "ほとんど横倒し"
金星は "逆回り"
だったり, 何でもありの世界ですから...

参考URL:http://www.kahaku.go.jp/education/program/i_pgm/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

問題は中3の子供の塾のテスト(テキスト内の問題)なのですが、
下のほうにも書いたとおり、塾の講師が早口で答えを言ったので
子供がちゃんと聞き取れなかったようで、私に質問してきたのです。
ただ、現在出張中でテキストそのものを見ていないので、電話での
会話からですので、正確にはわからないのです。

帰ったら、塾の講師に聞いてみたいと思います。
参考URLのご紹介ありがとうございました。なかなかおもしろかったです。

お礼日時:2002/12/03 11:19

たとえば、「地面に垂直に立っている棒」を「90度の傾き」というか、「傾いていないから0度」というかの問題なんですね。

(国語の問題か?)

「私の感覚」では「傾いているのは23.4度」だと思いますが・・・。
そういう主観でかわらないように、
「公転面と地軸の角度が66.6度」というべきか、「公転面に対して自転面の角度が23.4度」というか、誤解のないような言い方をすべきなんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに、相対的なものですから何を基準にするかというのが問題ですが
「公転面」というのが良くわからないので、困っています。

今回の質問は中3の子供の理科のテストでの問題でして、
塾のテキストに対する講師の回答が、どうも66.6度と言ったらしく
子供も私も混乱してしまいました。

また塾の講師に聞いてみたいと思います。

お礼日時:2002/12/03 10:48

『教養のための天文学講義』米山忠興著 丸善に


「地球の公転軌道(黄道面)の回転軸の方向を黄道の極と呼ぶ。天の北極と黄道の極の方向のなす角度は約23.5度である」(23.45度)
と書かれていますよ。

だから、23.4~5度でいいんじゃないですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

これは、わかりやすい表現ですね。
今回の質問は中3の子供の理科のテストでの問題でして、
塾のテキストに対する講師の回答が、どうも66.6度と言ったらしく
子供も私も混乱してしまいました。

また塾の講師に聞いてみたいと思います。

お礼日時:2002/12/03 10:44

こんばんは。



すみません。現役の高校教師(理科)なのですが、
よく分かりません。

私は、授業では、紛らわしくないように、
「地球の地軸は、公転面に対して垂直から23.4度傾いている。」(A)
という言い方をしているのですが・・・

あるいは、
「地球の赤道面は、公転面と23.4度で交わっている。」
という言い方もできるかも。

odorattiさんのご質問は、
「実際にどうなっているかは分かっているが、その表現はどうしたらいいか。」
というものですよね。

「公転面に対する地軸の傾きが23.4度。」って確かに??な表現かも。
我々は、すでにそれが23.4度と知っているし、
多くの惑星で、地軸が公転面に対して垂直に近いことを知っているので、
イメージ的に垂直からその角度をずらして考えるので、
気にならないこともあるのでしょうが。

「地球の地軸は、公転面に対して66.6度で交わっている。」
のほうがまだ正確な表現ですよね。

言葉の問題というか、定義の問題ですが、
(A)の表現は、とりあえずまあ良いとさせてもらって、
「公転面に対する地軸の傾きは23.4度」(B)と、
「公転面に対する地軸の傾きは66.6度」(C)と
どっちが正解なのでしょうか。
自分としては、「傾き」というのは、「垂直に対するずれ」
みたいな雰囲気があるので、
(傾いていない(角度0度)、というのは
 「垂直におっ立っている」というイメージです。)
Bの方を正解にしたいのですが。

アドバイスにすらなっていなくてすみません。
もっと専門家の回答を期待します。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
現役の教師の方からとは、恐れ入ります。

子供は中3の受験生なのですが、学校では23.4度と教えられ
塾では66.6度と教えられたとのことで、混乱しているようです。
要は、テストの問題で出た時に答えはどれが正解かということですが、
塾のテキストに「公転面に対する・・・・」があったのです。
ただ、このテキストには回答例がついてなくて、講師が塾でしゃべって
生徒が丸をつけるというやり方なのですが、早口なので良くわからなかった
と子供が言っていまして、私に聞いてきたというわけです。

私も理数系のエンジニアですので、「そんなもの簡単よ」とばかりに
答えようとしたのですが、「公転面」とは何を意味するのかわからなく
なり、このごろはそんな教え方をするのかなと混乱したのです。
30年前に私が中3だった時には23.4度しか記憶になかったので・・・

今度、塾の講師と話してみます。

お礼日時:2002/12/03 10:39

公転面に対する地軸の傾きは、地球で言えば北極圏(南極圏)に相当します。


これは66度33分ですから、小数点で表せば66.55度です。
ここよりも緯度が高いところは、夏場は白夜になり、冬場は一日中
暗いまま、と言うことになります。

地軸の傾きは南北の両回帰線です。
これは90度-66度33分=23度27分であり、
小数点であらわすと23.45度です。
ここより緯度が低いところは、太陽が真上を通過する事があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/12/03 11:28

 こんなのいかが



参考URL:http://www.onl.net/~taka1997/education/1999/geol …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/12/03 11:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル2007曲線の接線と傾きを求めたい(微分)

●質問の主旨
エクセル2007で曲線の接線及び傾きを求めたいと
思っています。どういう操作をすればよいでしょうか?

●質問の補足
・添付画像上の曲線の範囲指定は(A4:B16)です。
・接線はグラフエリア上に描画し、傾きは任意の
 セル上に数値を求めたいと考えています。
・具体的には次の2点の接線とその傾きを求めたいと
 考えています(添付画像参照)
 
 1.日経平均が17,500円でC175が400円のとき
 2.日経平均が17,500円でC175が511円のとき

以上、ご存知の方がいらっしゃいましたら、
ぜひご教示願います。

なお使用機種はWIndows Vistaです。

Aベストアンサー

#4です
>業務の都合である金融工学の入門書に
>掲載されている2次曲線
そのような学問は知らなかったです。

2次の近似曲線で代用できるという仮定の元
#1さんの回答を一つにまとめるとC2セルに
=SUMPRODUCT(LINEST($B$2:$B$12,$A$2:$A$12^{1,2})*CHOOSE({1,2,3},2*A2,1,0))
下へオートフィル

現実的には空いているセル1行3列を選択し、
=LINEST($B$2:$B$12,$A$2:$A$12^{1,2})
を入力後、[Ctrl]+[Shft] +[Enter] で確定、配列数式({}で囲まれる)
それぞれの係数が算出されますので、それらの値を使ったほうが良いでしょう。

Q月の公転軌道面と地球の公転軌道面の関係

月の公転軌道面と地球の公転軌道面は、同一平面状に在るのでしょうか?あるとしたら、なぜそうなっているのでしょうか?必然なのでしょうか?
同一平面上にないとしたら、どの程度の傾きがあるのでしょうか?
また、太陽系の他の惑星同士の公転軌道面は同一平面上にあるのでしょうか?なぜそうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大きいのは、彗星の衝突が原因であるため、ぶつかった衝撃で舞い上がった塵や岩石が固まって、月になったといわれています。ですが、未だ、これぞと言う説がないのが現実です。
tntさんが申した塵は・・・たしか、月と地球とその塵を結んだ線が、正三角形になるように、つまり、月の軌道上の、地球から見て、軌道の後ろ側60度の位置に常に追尾するかたちになています。
また、太陽系の公転軌道面はほぼ一致していると言うのは、mideさんの申してる通りです。ただ、最近の研究では、冥王星が、太陽系に元々有ったのではなく、宇宙空間をさまよっていた他の惑星が、偶々太陽系の引力圏に捕まった説が有力です。
太陽系の惑星がなぜ、公転面がほぼ水平かといいますと、太陽系発生初期、塵やガス(惑星の元)が、公転面に円盤状に集積し、その後、雪達磨しきに、大きな惑星のもとに、ガスや塵が集まって、惑星になったからです。
最近の観測データで、ハッブル望遠鏡が、誕生初期の恒星でも、やはり、惑星の誕生が、公転面に集積した塵やガスから惑星が誕生しているところを観測しています。
参考になさって下さい。

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大き...続きを読む

Qエクセル2007曲線の接線と傾きを求めたい(微分)

●質問の主旨
エクセル2007で曲線の接線及び傾きを求めたいと
思っています。どういう操作をすればよいでしょうか?

●質問の補足
・添付画像上の曲線の範囲指定は(A4:B16)です。
・接線はグラフエリア上に描画し、傾きは任意の
 セル上に数値を求めたいと考えています。
・具体的には次の2点の接線とその傾きを求めたいと
 考えています(添付画像参照)
 
 1.日経平均が17,500円でC175が400円のとき
 2.日経平均が17,500円でC175が511円のとき

以上、ご存知の方がいらっしゃいましたら、
ご教示願います。

Aベストアンサー

曲線の方程式はどのような曲線を使っているのかわからないのではないでしょうか?
それを確定することが第一歩です。
直接的か、間接的か?
アメリカのマイクロソフトに聞かないと曲線のことはわからないと思います。

曲線を近似的に数値があるところの2点間の直線にすれば高校程度の数学の知識で大丈夫ですね。
近似曲線の方程式を2次方程式にするのか、N次元方程式にするのか
指数関数、対数関数・・・。いろいろ考えられました。

私が相当前にやった結果では直線が一番よかったです。
よって自力でがんばりましょうか?

Q地軸の傾きは何を基本に傾いているのか?

「地球の地軸は、公転面の法線に対して、約23.5度傾いている」ととあるHPに書いてありましたが、難しくてよくわからないので、素人の私でもわかりやすいように教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 公転面というのは、惑星が恒星の周りを廻っている(これを公転という)軌道を一つの面としたものを云います。
 法線は直線または面に対し、垂直に引いた直線を意味します。
 従って「公転面の法線」というのは、その惑星の公転軌道を面に置き換えた場合、それに対する法線を指します。
 地球の地軸は、この「公転面の法線」に対して約23.5度傾いている、ということです。

 もっとわかりやすく云うと、公転軸と自転軸の傾きが約23.5度ということになります。

Qエクセルで正確な傾き、切片の求め方

現在データ解析を行っています。
あるサンプルの抵抗値を測定しましてそのサンプルの長さを横軸、抵抗値を縦軸にとりその直線から傾きと切片を求めようとしています。
複数のサンプルを測定していまして抵抗値にばらつきがあり、ある長さの抵抗値が複数あるという状況です。
このような状況で正確な傾きと切片を求めるにはどういった処理を行えばいいでしょうか。単純に抵抗値の平均値をとり近似直線を引くというのは性格ではないですよね。

Aベストアンサー

> 値が複数ある場合も可能なのでしょうか。

可能です。
サンプルを測定すればばらつきが出るのは当然です。ですから,同じ長さでも抵抗値にばらつきが出るのは当然です。
今回の場合は,長さをx,抵抗値をyと考えて表を作り,それから計算すれば良いのです。長さがダブっても問題ありません。
#1のリンク先の最後には,Excelで最小二乗法を計算する方法が載っているリンク先がありますから,そのまま数値を変えて計算すれば良いと思います。(式の求め方など細かいところは読み飛ばしてもらって結論だけ使えばいいですが,最小二乗法で何をしたいのか,その原理は理解しておいてくださいね)

Q月の公転面と地球の公転面は傾いている・・?

月の影響で、地球の地軸の傾きが安定している・・と聞きましたが、地球の地軸と月の公転面が垂直ということなのでしょうか・・・?でも地球から見ると月の位置は変化するし・・。

Aベストアンサー

地球の公転面と月の公転面は約5度傾いています。もし傾いていなければ、毎月 赤道上で皆既日食が
起きる事になります。そんなことはないですよね。これは月の公転面が傾いているからなのです。

月の引力の存在で、地球の自転は安定しています。昔、何かの理由で23.5度傾いてしまいましたが、その角度で安定しています。ただし月は23.5度斜めから引力で引っぱているので、傾きの向きが
長い年月で変わります。

月の位置が変わるのは、地球が自転しているから月が動いて見えるのと、月が公転しているので、毎晩の
位置が変わります。また地球の季節によっても、月の高度が変わります。

Qエクセルで1次近似式の傾きについて

1次近似で、y=ax+bの近似式を求める場合、
傾きaは、SLOPE(yのデータ,xのデータ)
y切片bは、INTERCEPT(yのデータ,xのデータ)
で求めています。
そこでグラフを描いて近似式を表示する際に、グラフオプションでy切片=0にするとSLOPEで求めた傾きと違う値になってしまい悩んでいます。

y切片=0にした場合のy=aXのaを出す関数があるのでしょうか?どなたか教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

原点を通る1次近似式y=axの傾きaは定義式から算出します。原点を通る場合は、

a=Σxy/Σx^2

です。#2さんのデータを使うと、

x  y xy x^2
1  3  3 1
2  2  4 4
3  5  15 9
4  6  24 16
5  7  35 25

となり、xyの列の合計Σxy=81, x^2の列の合計Σx^2=55だから、
傾き a=Σxy/Σx^2=81/55=1.47
1次近似式 y=1.47x
となります。
Excelの「近似曲線の追加」で切片=0にして近似式を求めても、上式と同じ結果が出ます。

Q地球の「公転面」の傾き

太陽の赤道面に対する地球の公転面の傾きを教えてください。

また、ネット上をいろいろ調べたのですが、月の公転面の傾きや、自転軸の傾きはたくさん見つけられるのに、この質問の答えが見つけられなかったというのは、地球の大きさに対して太陽があまりにも大きいので、公転面の傾きは問題ではないということでしょうか?

Aベストアンサー

Wikiにも載っていますよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD

赤道傾斜角 7.25°

>地球の公転面の傾きを教えてください。
ではなく、黄道面に対する太陽の自転軸の傾きと考えれば良いですね。

Qエクセルで

エクセルで
y=ax+b
の形の近似曲線の傾きと切片を求めたいのですが、範囲内にエラー値が含まれるため、計算後もエラーが表示されてしまいます。
どうにかエラーを除外して傾きと切片を求めることは出来ないのでしょうか?

ちなみにグラフ上で近似曲線を表示するとエラーではなく、きちんと数式が表示されます。

Aベストアンサー

>エラーがある場合には傾きを計算することは不可能なのでしょうか?
はい、殆どの関数でエラーになります。
A1:A10の式を
=If(ISerror(A列の式),"",A列の式)
といった具合に、エラーの場合は空白にしては如何でしょうか。

Q地軸の傾き方って、加速してませんか?

地軸の傾き方って、加速してませんか?

地球の地軸の傾き方は、わずかずつ変化していると聞いたやに記憶しているのですが、そのペースって加速してませんか?

何でそんなことを思ったかというと、この5年くらい通勤で通る道で、夏場に出来る、道路わきの建物の日陰の幅が目に見えて狭くなった感じがするのです。それで、「日の差す角度が変わったのかな」、と。

今まで同じ道を長く使っていても、そんなに変化を感じたことはないので、「これも地球環境変化の兆候か」と心配になりました。兆候というより、本当にそんなことが起こっているなら、気象などにも影響ありますよね?

実際のところ、どうなんでしょう?

Aベストアンサー

>地球の地軸の傾き方は、わずかずつ変化していると聞いたやに記憶しているのですが、

地球の地軸の歳差運動のことですね。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso03-j.shtml
このおかげで、春分点が約70年に一日づつ移動して早くなり、そのうち1月が真夏になります。正月は海水浴だ~
冬至を11月に固定していた太陰歴の方がやっぱりいいんじゃないの?となりそう。(;´Д`)

>そのペースって加速してませんか?
地球の自転が遅くなっていきますから、AN3の回答者のおっしゃる理屈のように歳差運動も大きくなっていくのかもしれません。

>何でそんなことを思ったかというと、この5年くらい通勤で通る道で、夏場に出来る、道路わきの建物の日陰の幅が目に見えて狭くなった感じがするのです。それで、「日の差す角度が変わったのかな」、と。

『チャンドラー極運動』のことなのかな?
歳差運動とは別に、地軸が振動しているようです。測地学会のHPって面白いですよね。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/geod-soc/web-text/top/part3-top.html

それとも、他の回答者のおっしゃる今年のチリの地震で移動したせいなのか?
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920011&sid=aVX13XdLx8lM

すごい観察力ですね @@

>兆候というより、本当にそんなことが起こっているなら、気象などにも影響ありますよね?

地球の太陽の公転軌道は真円ではないので
http://okwave.jp/qa/q4002290.html
地軸の歳差運動により、日本がある北半球は夏の時に太陽に最も接近する状態になると夏は激暑になり、冬はより温暖になります。太陽の光を吸収する大陸は北半球に集中していますから、このとき最も地球は暑くなります。また太陽から最も遠い位置で北半球が夏になる時に最も地球が寒くなります。(12万年周期?)当然気候も大きく変わるでしょうね。

>実際のところ、どうなんでしょう?

なるようにしかならないから、どうでもいいデス。もうその頃は生きていませんので (- -);

>地球の地軸の傾き方は、わずかずつ変化していると聞いたやに記憶しているのですが、

地球の地軸の歳差運動のことですね。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso03-j.shtml
このおかげで、春分点が約70年に一日づつ移動して早くなり、そのうち1月が真夏になります。正月は海水浴だ~
冬至を11月に固定していた太陰歴の方がやっぱりいいんじゃないの?となりそう。(;´Д`)

>そのペースって加速してませんか?
地球の自転が遅くなっていきますから、AN3の回答者のおっしゃる理屈のように歳差運...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報