今度、法学の授業で死刑についての発表があるのですが、
現代においての死刑という刑罰のメリットは何なのか?
デメリットは何なのか教えていただきたいので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

死刑を廃止すると殺人が減ります



メリットは治安が良くなること
デメリットは死刑賛成派の精神安定が図れなくなることです
    • good
    • 4

法律についてはまったくの素人です。


しかし、無関心ではいられなくなりました。
裁判員制度が出てきたからです。一般の素人の国民が裁判員となって、場合によっては死刑の量刑にまでかかわる可能性が出てきたからです。私は法学など勉強する予定はなかったのですが、勉強する義務が出てきてしまったわけです。

死刑の問題にはいろいろありますが、例えば犯罪の抑止力になるかならないか?の問題があります。
ところが、私の知人数人に聞いてみたところ、日本における死刑執行のやり方をほとんどの人が知らなかったのです。
そもそも、死刑がどういう刑罰か国民が知らないとすると、抑止力がある、とも、抑止力がない、とも証明できないのではないでしょうか? 死刑が確定してから「死刑とはこんな恐ろしい刑罰だったのか」と気づくのでは抑止力にはなりません。逆に、日本の死刑の実態が分かると「この程度か」と思う犯罪者も出てくるかもしれません。
ところが死刑について勉強しようとすると、よく分からないのです。死刑囚がどのような生活を送り、死刑執行がどのようになされるのかの情報があまりに不足/あっても信頼できるかどうかわからない、と言う状況があります。
素人の意見としては、抑止力に関しては「死刑の実態の情報をもっともっと公開する」という条件つきで、死刑より軽い刑罰が無期懲役であることから抑止力があるかもしれない、(情報公開しない限り、どちらとも証明はできない)と思います。
裁判員制度などが出てきているとき、情報公開があまりに少ないのに、一般人に死刑の量刑を審判させるのは、それこそ基本的人権の侵害だと思います。裁判員制度をやるならば、国民には死刑について「知る義務」だけでなく「知る権利」があると思います。
ここら辺は、是非、素人でなく法学をやられる方々に頑張って欲しいと思います(大変でしょうが)。

また、冤罪の問題もあります。冤罪の場合、死刑は取り返しがつかない、というデメリットがあります。(これも、裁判員制度で、自分が裁判員となって、冤罪で死刑宣告に加担してしまった場合を考えると、人事ではありません)。死刑でなくとも、冤罪で酷い目にあう人はいるわけですが、死刑は絶対に取り返しがつかない、という意味で論じるべきことかと思います。

後は、被害者遺族の感情問題もあります。被害者遺族の感情を考えれば、死刑でなければ納得できない人が沢山いるでしょう。(しかし、「目には目を、歯には歯を」に戻るべきかどうか?も問題になります。逆に、憲法で死刑であってもあまりに残酷な刑罰はしてはならない、とあると思いますが、猟奇殺人事件などの場合は、日本の死刑制度では生ぬるいと感じる人も多いでしょう)。

素人判断ですが、こんなことを考えます。
難しい問題でしょうが、法学をやる方々には専門家として十分研究していただきたいと思います。
    • good
    • 1

 死刑のメリット。


何と言っても過剰人口が削減されることであろう。人口を減らすことは環境への負荷を減らすこと。よって環境保護の立場からすれば悪党の抹殺を図ることは推奨すべきことである。
 
 「悪党を減らしてできるユートピア」
 「悪党のいない世の中パラダイス」 
    • good
    • 0

非常に私的な意見をお許しください。


私は、ちょっと前まで死刑には反対でした。なぜか。それは罪があまりにも軽すぎるから。麻原某や、宅間某など、あそこまでひどいことをした輩が、一瞬の苦しみですべてを終えてしまうなんて。なぜ、罪に値するだけの苦しみ、痛みを彼らは感じなくてすむのか。こうしている間にも彼らは、ただでご飯を食べ、布団で寝て、税金で3食を保証された生活をしている。
私は、もっと重い刑罰として、「人権剥奪」を提唱する。そこにある固体を、人格のある人間とみなさないのだ。あらゆる人体実験が可能である。何かの拍子で死んでしまったとしても、人権はすでに与えられていないから問題にはならない。(冤罪だったら大変なことですが)江戸時代のような拷問が可能となる。ハムラビ法典の復活である?
しかし、私の考えは変わりました。
遺族がいるのです。
遺族にとっては、その人物が生きていると思うだけで、どれだけ心をくり返し痛めることか。せめて遺族にとっては、「まあ、でもその犯人も、今はこの世にいないことだし」となれば、少しは心の節目がつけられるかもしれません。
遺族の心情を察すれば、死刑もあってしかるべきかも知れません。
    • good
    • 0

 死刑についての文献が網羅しています。



参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/1901/cl …
    • good
    • 0

No.6


「抑制力」→「抑止力」でした(^^;
    • good
    • 0

学生時代に法学の授業をとっていたのですが、その時に死刑について聞いた覚えがあります。



死刑をなくすと「法の抑制力が低下する」と思います。

死刑がなくなったとします。
人を殺したときに最悪でも無期懲役にしかなりません。日本の無期懲役は大抵20年もすれば出所します。
そうなれば人を殺すことに対するリスクが小さくなってしまいます。
    • good
    • 1

gurriさん、こんにちは。



死刑の良い点
 
 犯罪をすれば死刑になるという見せしめ
 犯人が消えれば、遺族や国民が納得
 刑務所の部屋がひとつ空く

死刑の良くない点

 犯罪をしてもすぐに死なせてもらえると考える人がいるかも。
 苦しまずに死ぬので、苦しんで死んでいった人の遺族は不満かも。
 外国諸国などから、日本に対するかんがえ方が変わるかも。
    • good
    • 0

法学の授業の一環という立場から言えば、既に定義がなされているような一種の見解があると思いますが、人が社会の秩序を守るために作った法律をまた、人がどう運用するかという一面を常に考えなければならないように思います。

判決には判例というのが大きな影響力があるようですが、もし、すべて判例にならうなら、コンピューターに事件の概要を入力すれば瞬時に一定の判決が出てもおかしくありません。しかし、現実は様々な状況や背景を勘案して結論が出ます。それも一審と二審が正反対ということもよくある話です。単に法的に云々やメリット、デメリットという考え方ではなく、真に何が問われているのかを見極める目を持つことが肝要だと思います。
    • good
    • 0

 お二人の御回答で出尽くしている感がありますので、ワタシはちょっと別の視点から。



メリット:税金を使わない
 犯罪者を長期間幽閉しておくのも莫大な税金が必要です。即死刑!なら税金は最小で済みます。これは最近北米で議論されている項目です(犯罪件数の多い北米では、刑務所運営費が各州の財政を圧迫しています)。

デメリット:すぐ死刑では犯罪捜査に役立たない
 FBIプロファイラーの草分け的存在であるロバート・K・レスラー氏(←心理分析官です)は、著書で「連続殺人者、快楽殺人者を死刑にしてはいけない」と主張されています。彼らを研究し、異常者の心理・行動パターンを知る事によって、連続殺人を阻止できる、としています。

 ただレスラー氏は、犯罪者の心理を研究する事によって研究者自身がその心に取り付かれてしまう危険性も指摘されていますし、レスラー氏以前には、英国の犯罪史研究家、コリン・ウィルソン氏が自身の著書の中で同様の警鐘を鳴らしています。
 これはつまり、研究によって類まれな異常殺人者を作り出してしまう可能性もある、とゆぅ事です。
 実際に、国内で起こった某異常連続殺人事件の犯人の部屋に、大量のビデオやコミックと共にコリン・ウィルソン氏の著書が複数見られました。ここまで来ると犯罪を研究する事が危ないのか、危ないヤツが犯罪を研究するのか判りませんが、いずれにしろヒトの心理を客観的に研究するのは研究者側にも厳しい資格が必要そぅです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法学部で学ぶ教科で普通に生きる上で役に立つ教科って何ですか?民法の授業

法学部で学ぶ教科で普通に生きる上で役に立つ教科って何ですか?民法の授業で教授が「民法は日常生活を送る上ではほとんど役に立たない」と言っていたので気になりました。出来れば犯罪者にならない為の知識などを学びたいんです。

Aベストアンサー

その教授が言ったのは、民法には任意規程が多い、という意味です。

任意規程とは、当事者間の合意があれば動かしてもよい、というもの。

例えば相続は、配偶者(未亡人)と子とが遺された場合、半々ずつ、というのが法定相続ですが、この相続分は当事者同士が合意すれば、変更できます。
変更後の相続分が法定相続分と異なっていても、当事者全員が合意すれば、法的に有効。
これが任意規程。

言い換えれば、合意が法律に優先する、ということ。
この意味で、民法など知らなくても、とにかく合意さえすれば法的には問題無し、という場合は、確かに少なくありません。

それでも、民法が全く役に立たないか?と言うと、そんなことはない。
民法には強行規程も少なからず含まれています。
双方代理(108条)、表見代理(109~112条)、瑕疵担保責任(415条、570条)、使用者責任(715条)などは重要な強行規程です。

あと一般に法学のことを英語で「jurisprudence」と言うように、法律を学ぶことはprudenceを身に付けること、です。
言い換えれば、法の精神や論理を会得することで、これは必ず役に立ちます。

その教授が言ったのは、民法には任意規程が多い、という意味です。

任意規程とは、当事者間の合意があれば動かしてもよい、というもの。

例えば相続は、配偶者(未亡人)と子とが遺された場合、半々ずつ、というのが法定相続ですが、この相続分は当事者同士が合意すれば、変更できます。
変更後の相続分が法定相続分と異なっていても、当事者全員が合意すれば、法的に有効。
これが任意規程。

言い換えれば、合意が法律に優先する、ということ。
この意味で、民法など知らなくても、とにかく合意さえすれば法的...続きを読む

Q死刑についてです 自分は殺人した人は全員死刑になればいいと思ってしまいます。 ですが死刑になる人もい

死刑についてです
自分は殺人した人は全員死刑になればいいと思ってしまいます。
ですが死刑になる人もいればならない人もいます。その差は何ですか?
また、自分の考えは間違っていますでしょうか。
ご回答お願いします

Aベストアンサー

死刑になる人と、そうでない人の差は
法律による判断の違い、結果です。
犯した罪が、法律の規定上重いと判断されれば死刑ですし
そうでなければ死刑は免れることもあります。

人を殺したものを死刑とする、という考え方を一概に間違っているとは言えません。
が、法治国家である日本というこの国の中では
法律の規定に従って、刑罰が決定されるべきです。
この刑罰を「人を殺したものは、理由の如何に関わらず死刑とする」
という旨の内容に変える、ということであれば
「人を殺す」ことそのものの、その罪を犯した人の悪性を絶対的に確定する論拠が必要です。
つまり、人を殺したら死刑になるのは、どんな状況、心情、理由があっても
死刑になるのは当然である、と客観的に認められる説明が必要です。

この説明を出来るのならば、あなたの考えは正しいといえるでしょう。
出来なければ、その主張は法律上、机上の空論でしかありません。


感情的な論でいうと、個人の価値観の違いですね。

相手を殺さなければ自分が殺される、しかも相手を生かしたまま止める技術がない。
そういう状況で相手を殺した結果、死刑になってしまっては身を守ることも出来ません。
逆に、自分勝手で卑劣な理由で殺人を犯した人がある程度の刑期を経て
世の中に戻ってきてしまっては、殺された人や家族が納得できません。

なので、私個人的には、「殺人=死刑」は反対ですね。
殺人の理由を、状況を、心情をしっかりと精査することが必要だと思います。

死刑になる人と、そうでない人の差は
法律による判断の違い、結果です。
犯した罪が、法律の規定上重いと判断されれば死刑ですし
そうでなければ死刑は免れることもあります。

人を殺したものを死刑とする、という考え方を一概に間違っているとは言えません。
が、法治国家である日本というこの国の中では
法律の規定に従って、刑罰が決定されるべきです。
この刑罰を「人を殺したものは、理由の如何に関わらず死刑とする」
という旨の内容に変える、ということであれば
「人を殺す」ことそのものの、その罪を犯...続きを読む

Q法学の授業

契約自由の原則とは何かということと、その制限ルールについて教えてください。

Aベストアンサー

法学部の学生さんですか?。
一般的に「契約自由の原則」というと、何やら債権法の分野のように聞こえますが、別の表現では「法律行為自由の原則」「私法的自治の原則」「個人意思自治の原則」とも表現されます。
現代社会の生活の多くは契約その他の法律行為に支配されています。事実行為である出生や死亡を除けば、結婚・離婚という身分法の分野でさえ法律行為です。
江戸時代までのような封建社会では人間の生活関係の多くは生まれながらに条件付けられた地位とか環境によって規定され、限られた特権階級を除いて個人の意思の成立する余地は殆どありませんでした。ところが近代社会は人間のあるべき姿というものに光を当てて考えることを始めました。その結果、それ以前は身分関係の底辺にあった人も含めて全ての人に法の下で平等な地位を認め、平等であることを制度で担保するため意思活動の自由性を承認しました。
この意思活動の自由を私法の点から捉えた言葉が民法総則では法律行為自由の原則であり私法的自治の原則であり、債権法的には契約自由の原則という言葉で表現されることになったのです。
では、法律行為自由の原則の母体がどこだったかというと、それはフランス革命です。
短い説明で止めますが、勉強してください。

法学部の学生さんですか?。
一般的に「契約自由の原則」というと、何やら債権法の分野のように聞こえますが、別の表現では「法律行為自由の原則」「私法的自治の原則」「個人意思自治の原則」とも表現されます。
現代社会の生活の多くは契約その他の法律行為に支配されています。事実行為である出生や死亡を除けば、結婚・離婚という身分法の分野でさえ法律行為です。
江戸時代までのような封建社会では人間の生活関係の多くは生まれながらに条件付けられた地位とか環境によって規定され、限られた特権階級を除い...続きを読む

Q死刑執行した公式発表のようなものはどこのHPでみれますか?

こんにちは。
お聞きしたいことがあります。

法務大臣が、死刑執行をした人の名前などを公表しましたが、公式発表のようなページは、
インターネット上のどこでみれるのでしょうか?
法務省のHPをみたのですが、それらしいものがありません。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

当事者の法務省のサイトでない以上、
公的な機関ではありません。

ネット上では新聞社の記事以外ありません。
法務省も死刑囚の家族に配慮し、そこまで踏み込めないのでしょう。

Q個人情報保護法のメリットとデメリット

個人情報保護法のメリットとデメリットについて知りたいのですが!教えてください!

Aベストアンサー

『個人情報保護法』とは、個人情報の適正な取扱ルールを定めた法律です。

【企業側のメリット】
特にありません。ただし、企業自体がプライバシーポリシーなどを対外的に謳うことにより、企業としての信頼度を高める事ができます。

【個人側のメリット】
これは大きいです。自分の情報が守られます。
今までは、個人情報の売買などもされていたのが、法的に罰せられます。そして目的以外の個人情報の流出は防がれます。訳の分からないDMや電話も抑制されます。

【企業側のデメリット】
法律の制定と共に個人情報(顧客情報、社員情報、名刺(取引先)情報)を厳しく管理しなければならないので、余分な出費や時間が費やされる。一番の問題は従業員管理。従業員の行為で企業が罰せられる。

【個人側のデメリット】
企業があまりにもシビアになりすぎ、必要な情報さえ公表されない。例えば先日の列車事故の際も、けが人情報を病院が拒んだケースもあった。どこまでOKという法的な線引きも必要。

『個人情報』に関しては、企業は従業員(パートまで含む)、取引先(アウトソーイング先)まで法令順守の誓約書を結んでおります。という事でアウトソーイング業界がピンチなんて事はありません。
ただアウトソーイング先もきっちり体制を整えない所は今後厳しいでしょうが。

この法律の施行によって企業の考え方が、大きく変わった事は事実ですね。
これで社員募集が増えれば良いのですけどね。
どこでも欲しいのは優秀な人間だけです。

『個人情報保護法』とは、個人情報の適正な取扱ルールを定めた法律です。

【企業側のメリット】
特にありません。ただし、企業自体がプライバシーポリシーなどを対外的に謳うことにより、企業としての信頼度を高める事ができます。

【個人側のメリット】
これは大きいです。自分の情報が守られます。
今までは、個人情報の売買などもされていたのが、法的に罰せられます。そして目的以外の個人情報の流出は防がれます。訳の分からないDMや電話も抑制されます。

【企業側のデメリット】
法律の制定...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報