ゴルフクラブが自分のスイングに合う・合わないと良く言われますが、合わないと極端に当たらなくなる(トップしたりする)こともあり得るのでしょうか?

今般ユーティリティーを安く購入しました。見た目を気に入り、値段も手ごろだったので試打無しでの購入です。

昨日練習場で使ってみましたが、トップやドフックなどを連発、まともに芯にあたりません・・・

今まで使っていたほかのクラブは当たるのですが、新しいクラブだけ、トップ(場合によってはダフリ)が出ます。

バランスやフレックス、重量などが合っていないだけでこうも当たらなくなるものでしょうか?
(上級者の方々は、思ったような弾道が打てないなどとよく聞きますが)

当方、まだ90後半のレベルですので、このクラブだけ当たらないのがクラブのせいなのか、スイングが不安定なせいなのか、自信がありません。
アドバイス、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

もちろんスイングが安定しないので当たらないのですが、スイングが安定しない原因は多々あります。


その一つが「合わないクラブ」です。

わかりやすくいえば、
あまりにも軽いクラブや重いクラブ、
あまりにもウェートバランスの小さいクラブや大きいクラブ
あまりにも柔らかいシャフトや硬いシャフト
いずれでも、スイングは変わって当然です。

特にコースであれば同じクラブで続けて打つことは稀で、ほとんど場合には一打ごとにクラブを握り替えます。
そうなると、やはり13本(パターを除く)は何かしら同じような感覚で振れるようにセットされているほうがいいでしょう。
    • good
    • 0

60代後半男 HC12です。


35年以上ゴルフをやっていて、この程度のHCの私では
合わないクラブでは打てません。
最近の例では、DWを買い換えて飛距離が10y伸びたので
同じブランドの3Wを購入したところ打てませんでした。
ティーアップすれば打てますが、マットでは芯に当たりません。
しっかり打つ方法を模索中です。
同じ「R」のシャフトでもいろんなシャフトがあります。
シャフトを変えると打てるようになるかもしれません。
    • good
    • 1

こんにちは。


有名なゴルフクラブ設計者の竹林隆光さんが「全く合わないシャフトで打たせたら、プロでも空振りするのを何度も見た」と聞いたことがあります。

>>上級者の方々は、思ったような弾道が打てないなどとよく聞きますが

もちろんそうですが、まともに当らないなどというのも珍しくありませんし、上級者ほどシャフトやクラブに敏感です。
先日メモリアルで松山秀樹が折れたドライバーを補充せずにプレーオフを戦いましたが、彼らはスペアとして全く同じスペックのものを試合会場に持ち込んでいます。それなのに使わなかった。先に上がって練習する時間があったら使ったかもしれませんが、あのケースでは使いませんでした。
数字上のスペックは同じでも、本当に微妙な違いがあるため、ぶっつけ本番で使うのに信頼が置けなかったというようなことでしたが、この事から推測できるのは、上級者でも(上級者ほど)合わないものはミスショットが出やすいのでは?ということです。

私はHDCP6か7の頃『ライフルシャフト』がシングルの間で大流行したのですが、私には全くダメでした。何度打っても「ダフる」のです。それを嫌うとハーフトップです。

>>今まで使っていたほかのクラブは当たるのですが、新しいクラブだけ、トップ
>>(場合によってはダフリ)が出ます。

私がライフルを使った時とそっくりです。

>>合わないと極端に当たらなくなる(トップしたりする)こともあり得るのでしょうか?

私の経験上『Yes』ですし、竹林隆光さんの言葉を見聞きしたとき『やっぱりそうなんだ』と思いました。
100を切るレベルの腕前のプレーヤーであればシャフトの撓らせ方の癖は決定されているはずですから、合わないシャフトはまともに当らなくて当然かと思います。
    • good
    • 1

厳しい言い方をすれば、



>昨日練習場で使ってみましたが、トップやドフックなどを連発、まともに芯にあたりません・・・

クラブによって、こういう症状がでるというのは、一定のまともなスイングがもし出来ているなら
あり得ません。私は、シングルで、練習場では、ほぼ100%、ある程度のスイングが出来ますが、
たとえ初めてのグラブでも、レディースくらぶでも、それは同じです。

>今まで使っていたほかのクラブは当たるのですが、新しいクラブだけ・・・

ということを、逆に疑ってみてください。悪い癖が、相殺されて、たまたま、あたっているように勘違いしているだけだと思います。

レッスンにいかれて、基礎から学ぶことをおすすめします。
    • good
    • 1

クラブによって打やすい、打ちにくいは存在し、そのマッチングのために世の中に多くのクラブが存在してもいます。



 たとえば、クラブの重心距離というものがあります。今回は、クラブを構えた状態でクラブを見たときの上(クラウン部分)を上面とします(ボールが当たるところは側面、色々なデザインが施されているところを底面とします)。上面は半円のような形をしており、クラブの重心はその真ん中近辺にあります。この重心がトゥ側(先の方)に行くとヘッドの回転はしにくくフックが出にくく(スライスしやすく)なり、重心がヒール側(手前の方)に来るとヘッドが回転しやすくフックしやすくなります。最近の重量調整機能があるクラブでは、おもりをトゥ側に移したり、トゥ側のおもりを重くするとフックしにくくなります。
 大げさな内容なので一部、足りない部分もありますが、大きく書くとこうなります。他にもシャフトの性質や、重心の深度、ライ角などの原因もありますが、これらも重心位置と同じように、クラブによって違うと振りにくさを感じるようになります。

 上の内容はすべてのクラブに当てはまるもので、同じシリーズのクラブでは重心位置は一定に設計され同じように振ることができるようになっているのが普通です。これが、一部のクラブにかなり違う重心位置のものが存在すると、そのクラブだけ打ちにくかったり、そのクラブに体が合わせようと今までのクラブが打ちにくくなったり、両方中途半端になったりします。上級者であれば、自分のスイングが分かり、そのクラブの特性なども把握でき、それに合うスイングもできますが、自分のスイングも固まっていない状態では、自分のスイングミスなのか、クラブのせいなのかも判断できないはずで、余計悩んでしまいます。しばらくは新しいクラブは使わず、今までのクラブで自身が持てるようになったら使ってみてください。

 ちなみに、あのタイガーウッズも、クラブの重心距離には長年悩んでいました(います?)。彼は重心距離が短く、コントロールできるクラブが好きなようですが、ドライバーの安定を求めヘッドを大型に変えていきました。ヘッドが大型化すると弾道が安定するといわれていますが、その反面重心距離は大きくなりやすくなります。しかし、アイアンは従来のままで、重心距離のバランスがちぐはぐでプレーしていました。そのアンバランスさを何とかカバーしてプレーしていたというのが彼のゴルフ人生でもあります。5~2年位前までは、400CCという多くの選手が使用している460CCよりふたまわり小さいクラブを使っていました(それ以前・以後は460CCを使っています)。
    • good
    • 0

クラブによって打やすい、打ちにくいは存在し、そのマッチングのために世の中に多くのクラブが存在してもいます。



 たとえば、クラブの重心距離というものがあります。今回は、クラブを構えた状態でクラブを見たときの上(クラウン部分)を上面とします(ボールが当たるところは側面、色々なデザインが施されているところを底面とします)。上面は半円のような形をしており、クラブの重心はその真ん中近辺にあります。この重心がトゥ側(先の方)に行くとヘッドの回転はしにくくフックが出にくく(スライスしやすく)なり、重心がヒール側(手前の方)に来るとヘッドが回転しやすくフックしやすくなります。最近の重量調整機能があるクラブでは、おもりをトゥ側に移したり、トゥ側のおもりを重くするとフックしにくくなります。
 大げさな内容なので一部、足りない部分もありますが、大きく書くとこうなります。他にもシャフトの性質や、重心の深度、ライ角などの原因もありますが、これらも重心位置と同じように、クラブによって違うと振りにくさを感じるようになります。

 上の内容はすべてのクラブに当てはまるもので、同じシリーズのクラブでは重心位置は一定に設計され同じように振ることができるようになっているのが普通です。これが、一部のクラブにかなり違う重心位置のものが存在すると、そのクラブだけ打ちにくかったり、そのクラブに体が合わせようと今までのクラブが打ちにくくなったり、両方中途半端になったりします。上級者であれば、自分のスイングが分かり、そのクラブの特性なども把握でき、それに合うスイングもできますが、自分のスイングも固まっていない状態では、自分のスイングミスなのか、クラブのせいなのかも判断できないはずで、余計悩んでしまいます。しばらくは新しいクラブは使わず、今までのクラブで自身が持てるようになったら使ってみてください。

 ちなみに、あのタイガーウッズも、クラブの重心距離には長年悩んでいました(います?)。彼は重心距離が短く、コントロールできるクラブが好きなようですが、ドライバーの安定を求めヘッドを大型に変えていきました。ヘッドが大型化すると弾道が安定するといわれていますが、その反面重心距離は大きくなりやすくなります。しかし、アイアンは従来のままで、重心距離のバランスがちぐはぐでプレーしていました。そのアンバランスさを何とかカバーしてプレーしていたというのが彼のゴルフ人生でもあります。5~2年位前までは、400CCという多くの選手が使用している460CCよりふたまわり小さいクラブを使っていました(それ以前・以後は460CCを使っています)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QUT、FWでトップ、ダフリをしないコツ

ゴルフ場コースにて、ユーティリティやスプーンが、ほぼ8割が、トップか、ダフリ。上手くインパクトするコツみたいなものがあれば、教えて頂けますでしょうか。当方ゴルフ歴7年ですが、未だ100切れず、100と120の間を行き来するお悩みゴルファーです。

Aベストアンサー

ダフリ、トップは、クラブの最下点がボールの手前の場合起きます。
すくい打ちたいと思うと起きることが多々あるようです。

クラブの最下点をボールの位置に合わせる打ち方があります。
ただしこれは「点で捉える」打ち方になり、プレッシャーになるかもしれません。

このため「線で捉える」打ち方、アイアンと同じように「ダウンブロー」の打ち方(クラブの最下点が
ボールの位置よりやや先の打ち方)もあります。これだとヘッドが薄く入る、やや厚く入るということは
ありますが、許容性が生じ打ちやすいのではないでしょうか。アイアンが得意ならこの方法がよいと
思います。

あれこれが難しい場合、千円札の中心にボールがあると想定し、千円札ごとボールを打つ、という打ち方もあります。多少ダフッてもソールが滑るので構わないという打ち方です。

いずれがよいか試されたらいかがでしょうか。
なお「youtube」で色々な解説がされており、ここを検索すると「自分に近い」打ち方が得られる
でしょう。

(私の場合、不器用で色々な打ち方が出来ないので、「FW、UTはアイアンと同じ打ち方」にして
 います。
 もちろんティー上にボールがある1Wは、ボールとクラブとの位置関係に許容性があるので1番
 易しいクラブとなります。)

ダフリ、トップは、クラブの最下点がボールの手前の場合起きます。
すくい打ちたいと思うと起きることが多々あるようです。

クラブの最下点をボールの位置に合わせる打ち方があります。
ただしこれは「点で捉える」打ち方になり、プレッシャーになるかもしれません。

このため「線で捉える」打ち方、アイアンと同じように「ダウンブロー」の打ち方(クラブの最下点が
ボールの位置よりやや先の打ち方)もあります。これだとヘッドが薄く入る、やや厚く入るということは
ありますが、許容性が生じ打ちやすいので...続きを読む

Qトップ+シャンクとダフリとフックが止まらなくなった。

はじめまして。
当方初めて練習場に行ったのは高校生のときです。
そのときはゴルフが嫌いで、父親の付き合いと思って父に誘われたとき練習場だけ相手してました。しかもたった2~6ヶ月に一回。
コースは2、3年に1回ペース。

ところが今年に入ってあることをきっかけに「うまくなるぞ!」と決心した33歳の普通のサラリーマンです。子供のころから私も兄弟全員運動神経はいい方です。
暦は長いのでフォームはキレイですが、スコアは100前後です。
自己紹介長くなってすみません。。。

今日一人で練習場にじっくり時間をかけて納得いくまで打ってみようと思い足を運びました。

150球ほど打ち出して急にアイアンがおかしくなりました。
少し疲れが出始めたころです。(いやー今日は暑かった・・・。)
打球が全てトップ+シャンクするようになったんです。こんなの初めてです。
そこで「ボールをよーーくみるぞ!」とものすごーーく注意して打つと、今度は打球がダフリ+フックになりました。
これを交互に繰り返しました。さらに200球打ったのですが、止まる気配が無かったので、あきらめて練習場をあとにしました。
一体何が原因と考えられるでしょうか?

うまくなる過程だったらいいんですが・・・。

はじめまして。
当方初めて練習場に行ったのは高校生のときです。
そのときはゴルフが嫌いで、父親の付き合いと思って父に誘われたとき練習場だけ相手してました。しかもたった2~6ヶ月に一回。
コースは2、3年に1回ペース。

ところが今年に入ってあることをきっかけに「うまくなるぞ!」と決心した33歳の普通のサラリーマンです。子供のころから私も兄弟全員運動神経はいい方です。
暦は長いのでフォームはキレイですが、スコアは100前後です。
自己紹介長くなってすみません。。。

今日一人で...続きを読む

Aベストアンサー

お話からすれば
疲れが出て体の動きが小さくなってしまった
また、体で振っていたクラブを手で振るようになった
と考えて良いと思います

トップアンドシャンク
トップ:クラブヘッドが十分に地面までダウンしない
    ボールの横腹をエッジでたたいている
    (疲れて、膝の動きが硬くなり、上半身の動きも同じ
    ほんの数ミリメートル動きが=柔軟性がなくなっている)
    次のシャンクにも共通しますが
    手でクラブを振る傾向が強くなり
    フェースが開く為に本来のダウンスイングの動きにならない
シャンク:クラブを体で振れなくなると
    手で振ろうとするようになります
    体の動きとシンクロして振れているときはいいのですが
    手で振り始めるとアドレスのグリップの上下関係が崩れ
    (右手が左手の上になる形:右利きの場合)
    クラブヘッドよりグリップが先行する形になります
    こうなるとクラブフェースが開いてインパクトを迎え
    ネックが先に下りてきますのでシャンクになります

ダフリ+フック
ボールを良く見てと言う所はいいのですが
上記の状態で既に手振りになっています
また、疲れの為に体の動きが止まり体重移動がありません
(体の動きがとうにバラバラになってしまっている)
ダフルのは当然の状態です
フックになるのはダフッたフェースが(地面ではねているので)
下から跳ね上げる為、クラブのネックを中心にしてフェースが回転し
ボールを包み込む動きになります=フックになりますね

自信があったのでしょうが
疲れが全てを打ち壊してしまったようです

どんなに疲れても正常にクラブが振れる形のスイングを
身につけられることです
(普段から体をオーバーに使用していると同じ結果になりますので
程ほどに使われることをお勧めします)

アドバイスまで

お話からすれば
疲れが出て体の動きが小さくなってしまった
また、体で振っていたクラブを手で振るようになった
と考えて良いと思います

トップアンドシャンク
トップ:クラブヘッドが十分に地面までダウンしない
    ボールの横腹をエッジでたたいている
    (疲れて、膝の動きが硬くなり、上半身の動きも同じ
    ほんの数ミリメートル動きが=柔軟性がなくなっている)
    次のシャンクにも共通しますが
    手でクラブを振る傾向が強くなり
    フェースが開く為に本...続きを読む

Q皆さんは「ダフリとトップ」ならどっちが嫌ですか?

毎度お世話になります。

くだらない質問かもしれませんが皆さんはミスの場合「ダフリ」と「トップ」どちらが嫌でしょうか?

昨晩いつもの仲間と飲んだ時に
仲間A
そりゃダフリだよ~打って「ザクッ」「ボコッ」はヤダね・・・少ししか飛ばないってのはショック大きいよ・・・池にでも入れば二重のショックだし・・・

仲間B
いや~トップだよ・・・だってどこまで飛ぶかわからんし大抵のホールは手前より奥に対するペナルティがキツイし・・・

さて皆さんはいかがでしょうか?

すいませんが「ダフリ」「トップ」の直し方の質問ではありません、単純にどちらが嫌かをお聞かせ頂ければと思います。

Aベストアンサー

個人的な考えですがダフリは積極的ミス、トップは消極的ミスだと思っています。

ダフリは気持ちが向かいすぎてザックリいってしまい、距離がちょっとしか出ないので確かにショックはあれど、続いてのショットは修正が効きやすいように思います。

トップは打ち上げたいけど・・・遠くに飛ばしたいけど・・・のような時に気持ちが焦り、体が先に伸び上がってしまう時になりやすいと教えられました。グリーン周りやバンカーで起きやすいというのもうなづけます。こちらのミスは次が怖くなります、同じミスをしないか。

もちろん技術レベルの段階によって違うでしょうし、ショックはどちらも同じ。どちらか二者択一だと私はトップが嫌ですね。(先週のラウンドを思い出してもトップのミスがいまだに堪えています)

あと上達してくるとトップのミスは少なくなるように感じます。ですから、たまに出るトップはショックです。

Q情けない、アプローチでダフリ、バンカーでトップ連発

タイトルのとおりです。  昨日、友人と近くのパブリックを廻ったのですが、アプローチでダフリ連発でした。

1番ミドルホール、2打でグリーン近くまできて、「うまくアプローチがよればパー、悪くてもボギー、幸先いいぞ」 とアドレスに入り、いつもどおりユックリとスイングする事を心がけてダウンスイング ・・・ ズドッと見事なダフリで、ボールは僅か1mほど前進しただけ。

「こんな事もあるさ、アマチュアだもん」 と自分に言い聞かせ、ほとんど同じ場所から再度アプローチするも、またズドッ ・・ 全く話にならぬ。

後ろの組もチラホラ見えてきたので急いでパターに持ちかえ、グリーンまで10y以上の距離を無理やりパッティング ・・

結果は案の定、乗っただけ。  そこから3パットで、結局このパーチャンスのミドルホールは、上がってみれば8。

次の2番ショート。  フックして左のバンカー。  バンカーショットはダフればいいわけですから、前のホールの失敗を再現すればグーですよね。

ところが結果はどういうわけか、砂を削らずコツンとホームラン。  ボールはグリーン反対側のOBへ。  バンカー内でドロップしたのですが、前夜の雨で砂は硬く、ボールは砂の上に浮いた状態。

もう一度ダフり気味にヘッドを落としたのですが、またボールだけをコツン ・・・ シャンク気味にグリーン向こうのラフが深い所へ。  そこから2打を要してやっとグリーン・オン。  2パットでまた8。

昨日一日、最後までこの調子でした。

ドライバーやアイアンのフルショットは、やっと練習の効果が出てきたのに、短いのはこの有様 ・・

どうしてこんなにミスが連発するのか、あるいはミスが出るのは仕方ないとしても、どうすれば連発は防げるか、いい方法はないでしょうか?

タイトルのとおりです。  昨日、友人と近くのパブリックを廻ったのですが、アプローチでダフリ連発でした。

1番ミドルホール、2打でグリーン近くまできて、「うまくアプローチがよればパー、悪くてもボギー、幸先いいぞ」 とアドレスに入り、いつもどおりユックリとスイングする事を心がけてダウンスイング ・・・ ズドッと見事なダフリで、ボールは僅か1mほど前進しただけ。

「こんな事もあるさ、アマチュアだもん」 と自分に言い聞かせ、ほとんど同じ場所から再度アプローチするも、またズドッ ...続きを読む

Aベストアンサー

>一ヶ月以上クラブを握っていない...
謙虚なゴルフが出来るんですよね
どんな球が出るのか判らないので基本に戻って忠実に
私にも何度か経験があります

反対側から見れば、今は、基本から外れてしまっているのですね
(折角いい素質を持っているのに)

やはり基本ですよね
初心に帰って、謙虚なゴルフ
また、70台を出してくださいね

頑張って!!

Qドライバーのクラブによる飛距離・弾道の違いについて

 最近、試打クラブでラウンドする機会があり、ドライバーの飛距離・弾道が自分のものとずいぶん違ったため、質問申し上げます。

 私のヘッドスピードは38から40m/s、年齢は50です(男)。ハンデキャップ14です。 

 所有クラブは、ヘッドがマスダゴルフ Vロッド 450 ロフト 11度
               シャフトがフジクラ ランバックス 5Z08 S 46インチ弱
 を組み合わせたものです。

 3年ほど前に、「飛ぶクラブ」をということで道具屋でフィッテイングして作ってもらいました。

 キャリー・ラン合わせて210~220y、弾道は、中弾道でフェード系です。

 今回、試打したのが、ツアーステージ ファイズ 460cc ロフト10.5度 46.25インチ
                 シャフト S

 キャリー・ラン合わせて230~240y、弾道は高弾道でストレートです。3ホール打ち損じでスライスしましたが、11ホールにおいて、普段とは別世界のティーショットとなりました。

 スイングが突然変異したとも思えず、クラブによってこれほど飛距離・弾道が違ってくるものでしょうか? またそうであるとすれば、シャフトの性能(相性)の問題でしょうか? 
 

 最近、試打クラブでラウンドする機会があり、ドライバーの飛距離・弾道が自分のものとずいぶん違ったため、質問申し上げます。

 私のヘッドスピードは38から40m/s、年齢は50です(男)。ハンデキャップ14です。 

 所有クラブは、ヘッドがマスダゴルフ Vロッド 450 ロフト 11度
               シャフトがフジクラ ランバックス 5Z08 S 46インチ弱
 を組み合わせたものです。

 3年ほど前に、「飛ぶクラブ」をということで道具屋でフィッテイングして作...続きを読む

Aベストアンサー

元クラフトマンとしての見解です。

まず第一にクラブに表記されているスペックはヘッドにしてもシャフトにしても、別モデル間の比較には全く役に立たない程異なります。

今回の件では、5ZのSと比較した場合のファイズ純正シャフトのSは5Zで言えばA~Rであると思います。

又、今現在お持ちのヘッドのデータは持ち合わせておりませんが、ファイズのヘッドの実際のロフトは表記ロフトより1度前後大きいはずです。


質問者様のヘッドスピードがどの計測器による物かによって多少の違いはありますが、一般的な計測器での結果あればランバックスのSでは硬いはずで、ファイズのシャフトの方が飛距離に関しては有利である事は間違いありません。(曲がるかも知れませんが)

ヘッドについては、弾道を見ていないので何とも言えないですが、コースボールでのベストショットの際に打ち出した高さのまま前に前に飛んでいる様であれば飛距離を得やすいヘッドだと思います。
逆に上に伸びている場合は見た目より飛ばないので、出来ればもう一度コースで試されると確実かと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報