現在、私自身「個人民事再生法」の適用を受けたく勉強中なのですが、いくつか疑問点があるのでご教授願いたいと思います。
私の現状は自宅のローンが残 約2200万、連帯保証人となり一昨年に主債務者が破産し、被った額 約2500万です。希望としては、自宅のローンは現状のまま支払いを続け、保証を被った額を上記法に適用したいと思っています。

質問1 保証債務は債権者が三者いますが、そのうちの一つの債務が現在約2300万で、しかも自宅の第二抵当権を設定しました(主債務者破産後)。上記法の適用が可能でしょうか?

質問2 上記法の対象は、保証債務だけにしたいのですが、その他に生活必需品を購入するために信販系のカードを使用していますが、上記法が適用された場合カードを継続して使用可能でしょうか?(破産した場合すべての支払いを停止しますが、この法は住宅ローンは別とのことなので…)

質問3 上記法の適用額が上限3000万とされており、私の保証債務の元金は3000万以内ですが、利息が年間約400万程ありますので元金と合わせるとあと数ヶ月で適用額の上限を越えます。その場合適用外となりうるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

民事再生法の小規模個人再生手続及び給与所得者再生手続(以下「個人再生手続」と略称)の対象となる債務は無担保の一般債務です。

住宅ローンや抵当権が設定された債務(担保不足の部分を除く)は上記手続の対象になりません。また、抵当権者は再生手続外で抵当権を行使きるので、抵当権の実行を民事再生法で阻止することはできません。債権者はこれを狙って抵当権を設定させたと思われます。
従って、sakutaroさんの債務のうち個人再生手続の対象となる債務は
1 保証債務のうち抵当権の対象となっていない部分(300万円)
2 抵当権付債務(2300万円)のうち担保不足が予想される部分
です。なお、住宅ローンは民事再生法の住宅資金特別条項の対象となりますが、抵当権を実行されれば家を失うのであまり意味はないでしょう。

次にカードローンの取扱いです。
そもそも民事再生手続は、債権者に一定の犠牲を強いることにより支払不能に陥るおそれのある債務者を救済するものです。この手続きから利益を得る債務者は、最低限、全ての債権者に対して公平でなければなりません。
一般論として、一部の債務を再生債務から除外して手続外で全額弁済することは他の債権者の利益を害する不当な行為であり、債権者に対する公平に欠けるものと考えます。このような場合、再生債権者による詐害行為取消権の行使もあり得るし、その程度が甚だしい場合は「再生計画の決議が再生債権者の一般の利益に反するとき」(民事再生法第174条第2項第4号)に該当して再生計画が不認可となる可能性さえあり得るでしょう(個人的見解です)。
カードローンは、その額が非常に小額であってこれを再生債務から除外しても実質的に債権者の平等を害しない場合を除き、再生債務に繰入れて他の債務と同様に再生手続により弁済するのが公平な態度です。破産・免責手続などと対比すれば、10万円を越えるローンは再生債権に繰入れるべきだと思います(個人的見解であり、数字に根拠はありません)。もちろんこれはローン事故となりカードが使えなくなりますが、これは債権者に犠牲を強いる以上当然受忍すべき不利益と考えます。

最後に利息の取扱いです。
個人再生手続の対象となるsakutaroさんの債務はせいぜい数100万円であり、3000万円の制限には抵触しませんが、一般論として回答します。
利息は、厳密には、再生計画認可の時をもって計算すべきものでしょう。しかし、実際上、再生債務として勘定すべき利息の計算期日は申立て前の最終弁済期と考えます。理由は次の3点です。
1 再生計画がいつ認可されるかは申立ての時点では明らかでない。
2 再生債務の額が概定できなければ申立てができない。
3 利息の計算に不服がある債権者は異議を申し立てることができる。
なお、上記の期日は日本弁護士連合会による債務の任意整理における利息計算の基準についての統一解釈であり、実務上、一般に通用しています。

蛇足ながら付言すれば、sakutaroさんの場合民事再生手続で処理できない債務が大きいので、破産も視野に入れつつ、早期に弁護士に相談することをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しくご教授いただいて参考になりました。これから司法書士さんにも相談しようと思っています。ありがとうございました

お礼日時:2001/06/10 13:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連帯保証人の保証は極度額になるのか、或いは金銭消費貸借の実際の借入額でしょうか。

息子が事業を始めるに当たり、息子より、息子の自宅と新規購入の事業用不動産を担保に借入額(金銭消費貸借(金消貸借))の20%割増の極度額の根抵当権で、融資を受けたいので連帯保証人になってほしいと言ってきました。承諾の返事をしております。
当然、連帯保証は金消貸借の金額と思って承諾したつもりでおりますが、根抵当権の極度額が保証の対象となるのでしょうか。
よく分かりませんが、将来発生するかも知れない流動性債務まで、今から保証することになるのでしょうか。
仮に、そうである場合にも、実際の金消貸借契約の借入額に対してのみ、保証するということを銀行に申し入れ出来ないでしょうか。

Aベストアンサー

 NO.1 の回答者です。 NO.6 の方もおっしゃっていますが・・・。

>「締結後の契約証書のコピーではなく、事前の契約書のひな形は法律上、出せないそうです」

→いったい、何の法律に基づいて契約書の「ひな形」を見せてもらえないのでしょうか?

 契約書の「ひな形」とは、各金融機関で統一した契約書を使用するために監督官庁の指導のもと、全国銀行協会で作成されたものです。
 従って、顧客の求めがあれば、それに応じて開示するのが銀行の義務なのです。事前には見せられないというのはまことに理解できません。

 もし、その銀行が顧客に対してそういった応対を日常的にしているならば、明らかに信義誠実の原則に背くことになります。ただちに金融庁に通報すべきでしょうね。 

 質問者さんの場合、息子さんは別の金融機関から借入した方があとあと無難ではないでしょうか。あるいは、その行員さんの単なる思い違いだとしても、かなり低レベルの銀行だと言わざるを得ません。
(ノンバンク、サラ金の類いならばこういったことも考えられますが。)

 息子さんがどうしてもその銀行から融資を受けたい、とおっしゃるのならば、質問者さんが支店長に一度話しをされてみればいかがでしょうか。(何の法律なのか、本当に興味津々です。)
 あるいは、上述のように別の銀行を利用されることをお勧めします。後顧の憂いを断つためにも・・・。
 

 NO.1 の回答者です。 NO.6 の方もおっしゃっていますが・・・。

>「締結後の契約証書のコピーではなく、事前の契約書のひな形は法律上、出せないそうです」

→いったい、何の法律に基づいて契約書の「ひな形」を見せてもらえないのでしょうか?

 契約書の「ひな形」とは、各金融機関で統一した契約書を使用するために監督官庁の指導のもと、全国銀行協会で作成されたものです。
 従って、顧客の求めがあれば、それに応じて開示するのが銀行の義務なのです。事前には見せられないというのはまこと...続きを読む

Q有限会社でも破産法の適用があり債務の免責が可能?

有限会社でも個人のように破産法の適用があり債務の免責が可能でしょうか?
法的な根拠も併せて教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>有限会社でも個人のように破産法の適用があり債務の免責が可能でしょうか?

 有限会社(会社法施行により特例有限会社)のような会社は、免責は受けられません。なぜなら、破産手続開始は会社の解散事由であり、破産手続が終了すれば、法人格が消滅するからです。破産法第248条第1項も、個人である債務者と表現しています。
 会社の存続を図るのでしたら、会社更生手続あるいは民事再生手続によるべきということになります。

Q債務者が破産しそうです。連帯保証人(私)に実印を使わなかったけれど有効でしょうか?

大変なことになってしまいました。
友人の社長から2年前に1月間だけ連帯保証人になってくれと頼まれ
サインしてしまいました。
実印もいらなかったし軽く考えていたのでそのまま2年経過してしまいました。ところが今になってたくさんの借金をして、ついに取締役の一人から6人の連帯保証人の再建会議に召集されました。
事業内容:無線インターネットプロバイダー(FWA)
資本金:4000万
債権者数:57件(総額1億4000万そのうち商工ローン1200万)
使途不明金:4000万
私は社長個人融資の商工ローン(シティズ)500万の連帯保証人で残金は480万です。(ちなみに社長が払った分は270万)
事業規模は月4000円のプロバイダー料金で600名の会員ですが利益は月10万くらいしか出ていません。
この状態でただサインだけ500万円近くのお金を払わなくてはいけないのでしょうか?
少し支離滅裂で申し訳ありません。
どなたか助けてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

遅くなってすみません

>商工ローンの支払のために銀行からとりあえずお金を借りて準備してた方が良いのでしょうか?

恐らく返済のための借入はなかなか受け付けてくれないと思います。
ただ商工ローンに担保を取られているとか、公正証書を取られているとか、緊急な対処が必要な場合の為に当たって見てもよいかもしれませんが・・・。借りる一歩手前まで準備しておくのが良いと思います。
ただ、銀行から500万円かりてすぐ破産すると、詐欺だの何だの言われますから気をつけてください。

>商工ローンを少なくするには自己破産か個人再生しかないのであれば
早く払った方が良いということもあるのでしょうか?

これは、uhoatrougoさんの資産状況や、商工ローンが担保・公正証書を持っているかなどにより判断が難しいので、弁護士に相談した方が良いです。法人個人、複数の連帯債務者など複雑な事件なので、此ればっかりは、ネットでの相談では限界があるともいます。

あまりバシッとした回答でなくてすみません。

ちなみに連帯保証債務は500万円でよいのですか?連帯保証人は3名との事ですが。連帯保証という契約は、責任を連帯していますので、1500万円の融資に3人連帯保証の場合、連帯保証人間の約束では500万円づつと決めても、債権者(商工ローン)に対しては一人一人が1500万円の債務を負っていることになりますから、他の連帯保証人の資力がないと、一人に責任が降りかかってきます。

遅くなってすみません

>商工ローンの支払のために銀行からとりあえずお金を借りて準備してた方が良いのでしょうか?

恐らく返済のための借入はなかなか受け付けてくれないと思います。
ただ商工ローンに担保を取られているとか、公正証書を取られているとか、緊急な対処が必要な場合の為に当たって見てもよいかもしれませんが・・・。借りる一歩手前まで準備しておくのが良いと思います。
ただ、銀行から500万円かりてすぐ破産すると、詐欺だの何だの言われますから気をつけてください。

>商工ローン...続きを読む

Q保証人が破産した主債務者の代わりに返済したら

連帯保証人が自己破産をした主債務者の代わりに業者に返済をした場合,その保証人は主債務者に少しでも返してくれと言えるのでしょうか.免責を受けたら,無理なのでしょうか.ぜひ教えてください.

Aベストアンサー

破産手続きの所定の期間中に届け出れば、破産手続きにおいて配当を受けることができる可能性はあります。

ただ、破産者に配当すべき財産が無ければ配当はありませんし、破産手続きが終了して、免責となれば、それ以上請求することはできません。

Q主たる債務者が自己破産したら、連帯保証人は?

マンションの大家をやっています。

賃貸マンションで賃借人が家賃を滞納したまま解約して出ていきました。
自己破産するそうです。
ですので、債務整理されて家賃の滞納は回収できなくなると思いますが、この賃借人には連帯保証人がいます。

この場合、主たる債務者が自己破産で支払義務がなくなっても、連帯保証人へ請求を継続することはできるのでしょうか?

継続できるような話を聞いたのですが、主たる債務が消滅しているのに、従たる債務が残るのも変な感じもします。私の勘違いでしょうか?

詳しい方いましたらご教授願います。

Aベストアンサー

 連帯保証契約書に債務者が支払不能になった場合、連帯保証人が代わりに支払をする旨が記載されているはずです。
 つまり、債務者が支払い不能(自己破産)ということになります。
この場合は取れます。しかし、もう自己破産手続きは済んだのでしょうか?滞納したまま家を出たときに家具等を置いていきませんでしたか?
同じく入居の契約書に家賃滞納の場合の敷金や家具の差し押さえという項目があると思います。それらを処分した残金が最終的なあなたへ対する負債額です。
その負債額は一括で連帯保証人から回収することが出来、一括返済できない場合は、話し合いか、もしくは連帯保証人が自己破産することになります。そんないい加減な方の連帯保証人がとのような方かわかりませんが、連帯保証人には
「連帯保証人には、催告の抗弁権と検索の抗弁権はなく、債務者と全く同じ義務を負う」と民法454条で定められています。
つまり、連帯保証人には「本人を探し出せ!!」とも、「本人の財産をまず処理してから来い!!」ともいう権利がありません。
請求されたら、支払わなければいけません。
いわば口の無い捕虜のような感じです(例えが悪いかもしれませんがお許しください)。

そもそも、自己破産というのは「主たる債務者本人」の債務がなくなるのであって、連帯保証人というのは連名で借りてるのと同じ事です。
あなたの言う「主たる債務が消滅」ではありません。
連帯保証人の契約の印鑑の下で生きています。
連帯保証人に堂々と請求しましょう。

 連帯保証契約書に債務者が支払不能になった場合、連帯保証人が代わりに支払をする旨が記載されているはずです。
 つまり、債務者が支払い不能(自己破産)ということになります。
この場合は取れます。しかし、もう自己破産手続きは済んだのでしょうか?滞納したまま家を出たときに家具等を置いていきませんでしたか?
同じく入居の契約書に家賃滞納の場合の敷金や家具の差し押さえという項目があると思います。それらを処分した残金が最終的なあなたへ対する負債額です。
その負債額は一括で連帯保証人か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報