融資事故という質問のなかで、「保証協会とはいえあなたの借金はチャラに決してなりません」と書かれていましたが、信用保証制度とは、銀行などから融資を受ける際、各地の信用保証協会が保証人となり、企業が返済できない時は保証協会が肩代わりする仕組みまのではないですか。

3年前に、特別保証枠を利用して、融資を受けました。しかし、業績不振から支払いが滞り、信用保証協会が代位弁済をすることになりました。融資の際の連帯保証人は、代表者と信用保証協会ですが、信用保証協会から、年利14.6%の損害金を含めて催告がきました。

信用保証協会は、銀行には、利息分も含めて一括支払いをして、さらに利息をつけて取り立てるのでしょうか。何か釈然としないのですが。また、保証協会の保証人はつけていません。

信用保証制度とは、銀行などから融資を受ける際、各地の信用保証協会が保証人となり、企業が返済できない時は保証協会が肩代わりする仕組みではないのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 信用保証協会は、有限の責任である会社ではなく、連帯保証人の私個人へ、催告をしてきていますが、利息をつけて全額を求償権を求めてくるのは納得いかないのです。

これでは、商工ファンドと同じであり、官でやるか民でやるかの違いのような気がします。

> もちろん、経営者としての責任はかんじています。それは従業員や、取引先への責任もあります。しかし、個人事業ではなく、有限責任の会社形態であるわけで、融資に関しては、銀行や、保証協会は、リスクを持って持つべきではないかと考えています。

保証協会は担保が不充分である会社(或いは営業性個人)を銀行に対して保証する時点でリスクを取っていると言えます。
たとえ代位弁済をし、債権が保証協会に移ったところで実際に全額回収できるケースは稀(っていうか無いに等しい)ですから。

そんな上手い話はありません。
債務者はまとまった資金を借り入れをした時点で利益を得ている訳ですから保証協会&銀行に感謝こそすれ文句を言う筋合いはまったくないです。
銀行からの督促の時点で返済を行なっていればそんなことにはなりませんし、基本的に元本と利息を請求するのはあたりまえです。
個人に請求されるのがイヤであれば、契約書にサインする時点で拒否すべきです。
銀行&保証協会は強制的に融資をしているわけではありませんので。
    • good
    • 2

そもそも保証協会はどうやってできたのかを考えましょう。


銀行は十分な担保なしに融資しないのが原則。
でも、それだと中小企業などの資産のない会社には融資できず、企業の成長の
チャンスを摘み取る事になります。
そこで、政府『保証協会が保証するから、融資してあげてくれる?』
    企業『協会の保証があるから、融資してくれる?』
    銀行『協会の保証があるなら融資しましょう。』
という形をとって、産業の振興政策がとられているわけです。
本来、協会の保証は、その利用者のためにあるのですが、有事の際は銀行に
一切のリスクはなく、むしろ銀行のためにある制度ともいえます。

協会の保証は銀行に対するものであって、98ibucmsさんの債務を一切かぶります
という意味合いのものではありません。
申し込みの際、そのあたりを良く認識した上で、利用すべきでしたね。

しかし返済が滞ったのは、銀行のせいでも、協会のせいでもありません。
経営者たる98ibucmsさんの責任ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

>経営者たる98ibucmsさんの責任ですよね

もちろん、経営者としての責任はかんじています。それは従業員や、取引先への責任もあります。しかし、個人事業ではなく、有限責任の会社形態であるわけで、融資に関しては、銀行や、保証協会は、リスクを持って持つべきではないかと考えています。

>本来、協会の保証は、その利用者のためにあるのですが、有事の際は銀行に
一切のリスクはなく、むしろ銀行のためにある制度ともいえます。

この債権の、保証人は、経営者である私と、信用保証協会です。信用保証協会の保証人はつけていません。代位弁済で、債権は、信用保証協会にあり、求償権も理解しています。

信用保証協会は、有限の責任である会社ではなく、連帯保証人の私個人へ、催告をしてきていますが、利息をつけて全額を求償権を求めてくるのは納得いかないのです。これでは、商工ファンドと同じであり、官でやるか民でやるかの違いのような気がします。

保証人制度の底なしの部分を勉強いたしました。ありがとうございます

お礼日時:2001/06/08 10:20

銀行から融資させるために、各都道府県の保証協会が保証人(ほとんどが会社の代表者)とともに連帯保証をし、中小企業などに特別緊急融資と銘打って銀行経由で貸し付けさせたものですよね。

 保証協会もボランティアではありませんから保証人をつけています。 代位弁済は銀行に対しその日までの金利とともに元金を一括で返済し、その全額を保証人に対し請求してきます。 金銭貸借証書をよくご覧になればその旨記載してあります。
また怖いのは、銀行取引の際に約定書をかわしますが、保証人が代表者だけでなく約定保証人として第3者が入っていた場合、その方にも督促がいきます。 この点はほとんどの方が知りませんね。 事故を起こし、自分は自己破産してOKかと思っていたら、約定保証人に全額請求がいったなんてこと、良くあります。 気をつけてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

今回の融資は、保証協会には保証人をつけていません。この件は、特別保証枠で明記されていたので、銀行側は必要だといっていましたが、つけずに融資がおりました。ただし、銀行の連帯保証人に、代表者として記載されているので、債権の請求は、免れないとわかりました。

でも、債権のリスクを分担する保証人の一方が、代位弁済で、債権の求償権を手に入れるとということは、債権者ではなく、第三者の連帯保証人の財産を押さえることが出きる訳で、この債権が、よからぬ所で流れると思うと恐ろしいことです。

少なくとも、保証協会はリスクを負うべきではないでしょうか。新聞等では、債務を肩代わりするといっていて、これでは詐欺みたいな感じもします。

お礼日時:2001/06/07 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q代位弁済と求償権について

亡父が親戚の連帯保証人となっており、元金と損害金合わせて数百万円の債務があります。
債権者と交渉を重ねてきた結果、元金を一括清算すれば亡父の連帯保証人の解除と仮差押の取下げをするとのことです。(ただし、損害金については、そのまま主債務者に残るとのこと。)

ついては、当方で肩代わりして一括清算する場合、次の質問について御回答ください。
なお、主債務者からは、これまで亡父が弁済した分も併せて回収したいと考えています。

(1)亡父名義と相続人名義のどちらで弁済することになるのでしょうか。
(2)債権者からは、契約書、領収書等の証拠書類を返却又は作成していただけるのでしょうか。
(3)債権者との間に、別に示談書等の書類を作成したほうが良いのでしょうか。
(4)主債務者との間に、借用書、契約書等を作成したほうが良いのでしょうか。
(5)その他アドバイスがあれば御教示ください。

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)どちらでもOKなのではないでしょうか。
ただ、一度で弁済をすると、単純承認をしたものと扱われ、以後相続の放棄又は、限定承認をすることができなくなります。
今回の相続は相続の放棄又は限定承認の余地はないのでしょうか?

(2)契約書(債権証書)の返還は全部の弁済をした場合にのみ債権者に請求することができます。したがって元本のみの弁済では契約書の返還は請求できません。

これに対して領収書(受取証書)の交付は一部の弁済でも請求できます。そして領収書と債務の履行(弁済)は同時履行の関係に立ちます。
すなわち、債権者が領収書の交付をしなければ弁済をしない旨を主張できます。したがって元本のみの弁済であっても当然に領収書の交付を請求できます。(必ず領収書の交付は受けること)

(3)作成したほうが良いです。
事後的トラブルを避けるために公正証書によって作成したほうがベストでしょう。
民事訴訟において起訴前和解における和解調書を作成するの手段の一つです。

(4)連帯保証人は、主債務の弁済につき正当な利益を有するものとして法律上当然に債権者に代位できます。
お父様が連帯保証人になったときの保証契約書等及び弁済に関    する領収書があれば特に問題はないのではないでしょうか。

(5)代位弁済、求償権を理解していれば果たして私のアドバイスが役に立つか・・。あくまで条文上のことしか説明できません・・。

(1)どちらでもOKなのではないでしょうか。
ただ、一度で弁済をすると、単純承認をしたものと扱われ、以後相続の放棄又は、限定承認をすることができなくなります。
今回の相続は相続の放棄又は限定承認の余地はないのでしょうか?

(2)契約書(債権証書)の返還は全部の弁済をした場合にのみ債権者に請求することができます。したがって元本のみの弁済では契約書の返還は請求できません。

これに対して領収書(受取証書)の交付は一部の弁済でも請求できます。そして領収書と債務の履行(弁済)は...続きを読む

Q信用保証協会付きの創業融資の、融資後について

信用保証協会付きの創業融資の、融資後ですが、
淡々と返済口座に毎月期日をまもって返済すれば、
銀行員が会社に来て、色々調査されたり、
何からの書類(決算書・試算表)を
定期・不定期に提出しなければいけないといったことは発生しないのでしょうか?

Aベストアンサー

ほとんどありません。
前の回答者さんのおっしゃるとおり
決算書くらいなもんです。それもないかもしれません。

貸すまでが勝負で、貸してしまえばそこから先は企業に任せるしかありません。
それが筋、というもの。

貸すまでは綿密に調査しますが
その結果としてOKを出したのですから
そこから先は口出しすべきでないですよね。

業績の不振で返済できなくなったとしても審査が甘かったとしか
言いようがないです。

貸した以上、企業に任せる。が基本です。
その代わり、審査は徹底的に行います。(というのが建前で実際には結構甘いですが)

保証協会の人も所詮人の金(税金)、返してもらえなくたって
食っていけないわけじゃありません。ひとごとです。

役人と同じ仕事してるわけですから、貸してしまえばそんな面倒なことはしません。

銀行員も同じです。出世に多少響くかもしれませんが所詮人の金。
1件や2件失敗してもほかでいくらでも貸付をとっていますから
順調に返済できているなら貸付後にあーだコーダいってはきません。

返済が滞るとあくまで事務的に返済を迫ってくるだけです。

ですので、心配要りません。

ほとんどありません。
前の回答者さんのおっしゃるとおり
決算書くらいなもんです。それもないかもしれません。

貸すまでが勝負で、貸してしまえばそこから先は企業に任せるしかありません。
それが筋、というもの。

貸すまでは綿密に調査しますが
その結果としてOKを出したのですから
そこから先は口出しすべきでないですよね。

業績の不振で返済できなくなったとしても審査が甘かったとしか
言いようがないです。

貸した以上、企業に任せる。が基本です。
その代わり、審査は徹底的に行います。(というのが...続きを読む

Q求償権の相続税評価について

下記の様な事例なのですが、
お知恵をお借りできませんでしょうか。

「被相続人(A)」は生前、「Aの知人(B)」
が金融機関から借り入れた借入金について、
連帯保証し、その後、当該借入金を代位弁済した
ことにより、Bに対する求償権を有しています。

Aは、Bに対して当該代位弁済分の返済を継続的に
請求しましたが、返済は行われませんでした。

Aは、代位弁済時、金銭消費貸借契約証書を入手
していますが、AとBの間では、直接的には、
特段何の書類も有りません。
また、AとBの間では無利息でしたが、
贈与税の基礎控除内で収まるものと思います。

上記において、当該求償権はAの相続財産になる
と思うのですが、その相続税評価は、代位弁済額
を100%評価すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

求償権の評価は、回収可能性を適正に見積もる必要があることから、財産評価基本通達の204「貸付金債権の評価」、205「貸付金債権等の元本価額の範囲」に準じて評価されます。

詳しくは下記をご覧ください。(下の方です)
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/sisan/zaihyou/01.htm

Qある銀行系保証協会でNGが出たら、他銀行でも融資は不可能でしょうか?

住宅ローンの融資申込みをある銀行に申し込んだところ、
保証協会を通じて、NGとの連絡が入りました。

夫婦合算で、年収700万ですが、私の勤務先が小規模の有限会社で
あるのと私の勤務期間が2年弱だったからかなと残念に思ってます。

住宅メーカーは、懇意にしている他の銀行では、事前打診がOKだったから
そちらで再度申し込みましょうと言ってますが、
1度、1つの保証協会でNGが出たら、横のつながりで他からもNGになるような
気がしますが、実際どうなのでしょうか?

ちなみに、現在借金や他のローンはありません。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
返済負担率もOK。借入れ額も多くない。
多分・・・
(1)勤続年数が規定の年数に足らない(最低3年と言う所がありますが、1月1日~   12月31日までを1年とカウント。中途入社された場合、例えば10月1日に入社  した場合、その年の勤続3ヶ月はカウントされない場合があります。
(2)担保保全の部分での問題(土地・建物の銀行評価額と実際の金額に大きな開きが  有り過ぎて、担保割れを起してしまうと融資不可になります)
(3)現在の会社に問題がある場合(会社のメインバンクが貴方が申し込みをされた銀  行だった場合、属性を調査され、事業内容・経営状態が悪ければ、リストラ→  倒産→従業員である貴方が解雇される可能性が大であり、返済不能になる、と  判断するケースもあります)
今考えられるのはこれくらいです。あとは住宅会社やその営業マンと銀行がどれ位信用関係にあるかが最終問題だと思います。例えばAさんと言う営業が案件を持ち込んだらNGだったけど、Bさんが持ち込んだらOKっという例もありますし、A会社は駄目でB会社はOKの場合も有ります。でも銀行サイドではそんな事は無いと解答すると思います。でも現実にある話です。ちなみに某銀行は住宅ローンの他に他社既存借入れまで面倒を見る所もありますので、銀行を色々と当って見るのも手です。でも個人信用情報に照会履歴がしっかりと残りますので、属性が悪くなる場合もあります。

たびたびすみません。
返済負担率もOK。借入れ額も多くない。
多分・・・
(1)勤続年数が規定の年数に足らない(最低3年と言う所がありますが、1月1日~   12月31日までを1年とカウント。中途入社された場合、例えば10月1日に入社  した場合、その年の勤続3ヶ月はカウントされない場合があります。
(2)担保保全の部分での問題(土地・建物の銀行評価額と実際の金額に大きな開きが  有り過ぎて、担保割れを起してしまうと融資不可になります)
(3)現在の会社に問題がある場合(会社のメインバンクが貴...続きを読む

Q信用保証協会の求償権について

私が連帯保証した会社が倒産し社長は破産して信用保証協会が
代位弁済しました
信用保証協会から私に求償権で弁済請求が来て月々支払っていますが
疑問があります、保証協会と私とは同列の連帯保証人であると聞いています
つまり保証協会-私-あと2人の4人は連帯して責任を負う...
と解釈していますが、なぜ私に債務の全額の請求が来るのでしょうか?
逆にもし私が保証協会より先に全額代位弁済したら私は保証協会に
全額の求償権で請求できるのでしょうか、4分の1ならわかりますが
ただの保証人ならば人数分の1ですね
なにか保証協会の保証は他の連帯保証人の誰かが全額弁済する
制度で保証協会は無傷になる制度のようで納得がいきません
ちなみに私のほかの連帯保証人は破産と死亡で残っているのは
私一人になりました
こういうことなのでしょうか教えてください

Aベストアンサー

 あなたが連帯保証契約した際の契約書をよく確認してください。
信用保証協会あての「信用保証委託契約書」だと思います。

 あなたが連帯保証人となったのは,
「会社が金融機関から借りれた借入金返済債務」ではなく,
「会社の信用保証協会に対する求償金支払債務」と思われます。

 したがって,あなたと信用保証協会とは同列の連帯保証人ではありません。
信用保証協会は債権者,あなたは連帯保証人となります。

Q信用保証協会の融資元の金融機関について

信用保証協会に融資の申込みを考えております。
事業内容はインターネット通販で、売れ出して
きているので、運転資金が足りなくなってきて
おり、その分を融資によってまかなおうと考え
ています。設備投資ではありません。

借入額は200万程度です。
小規模事業用の制度です。保証人は本人のみです。

申込書に希望金融機関という欄があるのですが、
よく信用金庫などが良いと言われます。
というか都銀は相手にしてくれないと聞きます。

個人的にはネットバンキングや利便性、経理上の
処理の問題から、今利用している都銀にしたいと
考えています。

ここで疑問なのですが、仮に融資申請が通った
として、保証協会の保証があったとしても、都
銀では相手にされないものなのでしょうか。

中小企業診断士の人に相談すると、信用金庫や
信用組合がいいよとはいいますが、やはり自分
で経理やっている以上、経理に時間をとられる
より、サイトの運営に力を入れたいですし、ネ
ットバンキングなどもできるかどうかわかりま
せんし、できたとしても変更するのは煩雑です。

ですので、保証協会がついていれば、別に都銀
でも問題ないのであれば、そうしたいと思って
います。

この辺りの事情に疎いもので、質問させていた
だきました。よろしくお願いします。

信用保証協会に融資の申込みを考えております。
事業内容はインターネット通販で、売れ出して
きているので、運転資金が足りなくなってきて
おり、その分を融資によってまかなおうと考え
ています。設備投資ではありません。

借入額は200万程度です。
小規模事業用の制度です。保証人は本人のみです。

申込書に希望金融機関という欄があるのですが、
よく信用金庫などが良いと言われます。
というか都銀は相手にしてくれないと聞きます。

個人的にはネットバンキングや利便性、経理上の
処理の問...続きを読む

Aベストアンサー

通常、今自分が取引している銀行に相談に行って、金融機関経由で保証協会の保証をとって、融資を受ける手順が良いでしょう。
信金や信組を使うメリットは、現金・小切手を取り扱う事業者が、集金をしてもらえると言うメリット位ではないでしょうか?
一番良いのは、
(1)貴方の納税している地域の制度融資を使う事。
 (通常は、利子補給や保証料の割引がメリット)
(2)そして、取引金融機関に申し込む。
(3)だめなら、地域(自治体)の指定金融機関に申込む
(4)その金融機関経由で保証協会の保証を取り付けて融 資を実行してもらう。
 事業所の場所がわからないので、何とも言えないで すが、東京の場合、東京都の制度融資や各区の制度 融資が充実しています。中には、保証料無しの、  0.5%程度の金利の制度もあるようです。
信金・信組の方が、金利が高いケースが多いので取りあえず、制度融資ですよ。

Q信用保証協会の求償権について

私は十数年前に義兄の会社の保証人になりましたが倒産し
兄も自己破産して義父と私で県の信用保証協会の代位弁済
の求償権で毎月多額の弁済をしています、今は第三者の
連帯保証人は立てないということになったそうで、悔しい思いすが
わからないのは、保証協会は私に求償権で全額の請求をしてきていますが
(義父は死亡しました)全額というのが解せないのと、もし私が
全額保証協会に弁済したら、今度は私が保証協会に求償権を
持てると思うのですが法律ではどうなのでしょうか?
保証協会が保証しているから....と考えて保証したのが間違いでしたが
みんなこんな勘違いするように思います銀行もそんな説明は一切しませんでした
保証協会と私とは横並びの連帯保証人だと思うのですか゛、信用保証協会に対して
連帯保証した記憶は全くありませんし、そうではないと今も思っています
また担保物件がありながら保証協会は競売に力を尽くしていません
腹がたつばかりです

Aベストアンサー

下記のように回答します。

>全額というのは解せない
保証協会への連帯保証人は、義兄、義父、私の3名であったが、義兄は自己破産、義父は死亡したため私にだけの求償となった。

>私が全額弁済したら、今度は私が保証協会に求償権をもてると思うが
保証協会は金融機関への保証をしたのであり、私はその保証協会に義兄、義父と共に保証したのですから、全く別の保証契約です。義父の相続人に対して求償出来ても保証協会には求償出来ません。
ただし、全額弁済後に担保物件に余力があれば、それに対して求償することは出来ます。

>保証協会に対して連帯保証した記憶はない
保証協会に要求すれば契約書を見せてくれるでしょう。

>担保物件がありながら保証協会は競売に力を尽くさない
保証協会も取りやすいところから取ります。競売はそのあとというのが普通です。
なお、全額弁済後、担保物件に余力があれば求償出来ることは先に触れたとおりです。

頑張ってください。

Q信用保証協会なしでの融資

こんにちは。

中小企業で経理をしているものです。
昨今の景気悪化、というよりも、毎年これから春先にかけて資金繰りが厳しくなります。

対策として、これまでは手形の割引の他、日本政策金融公庫、およびメインバンクである某都市銀行より大体2%程度の利率で借入を行い、資金調達を行っていました。
某都市銀行は基本無担保で、公庫は担保が必要ですが、信用保証協会は間に入っていません。

そこで、質問なのですが、上記よりも有利な条件で融資してくれる、というような所や方法はあるものでしょうか。
金額は5,000~7,000万円程度です。

自分で調べる限り、何かと「信用保証協会」が間に入るものばかりで条件等を勘案したときに、素直に公庫等へ新規借入の相談をした方が良さそうなのですが、もしも、「こういうお得な融資もある」などご存知の方がいればお教えください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その条件で都市銀行から資金調達できるのであれば、それにこしたことはありませんよ。

無担保+利率が低い

のでそちらをお勧めします。

Q根抵当権の代位弁済

 父所有の土地に3階建てのアパートが建っています。
そのアパートは、1階部分が父名義、2,3階が親戚の名義の区分物件です。
A金融機関が土地と建物(1,2,3階)に根抵当権(1000万1番抵当)
この根抵当権は親戚の事業に使われており、債務者が親戚、連帯債務者が父という形で父は担保提供者となっています。
A金融機関で2,3階に根抵当権(1000万2番抵当)
B金融機関が2,3階に根抵当権(3番当300万)
父が求償権を担保する意味で2,3階に根抵当権(4番抵当1000万)を設定しています。
最近、親戚の事業が思わしくなく、このままでは土地建物が競売にかかる恐れもあるので、父が連帯債務者となっている部分(1番抵当)を確定請求し代位弁済したいと思うのですが、代位弁済はこちらの自由でできるのでしょうか。
親戚のA金融機関からの借入れは合計で1500万ぐらいです。

Aベストアンサー

代位の問題かな。

弁済を為すにつき、正当の利益を有する者は、弁済によって、当然(債権者の同意なしに)、債権者に代位できるから(民法500条)、特に誰の承諾も必要ではないと思います。

正当な利益を有する人は、

保証人、連帯債務者、物上保証人、担保物権のついている不動産の第三取得者、後順位の抵当権者、債務者の財産を保全する必要のある場合での一般債務者。

任意の第三者であれば債権者の承認と債務者への通知が必要と思います。

司法書士にご確認を。(どのみち抵当権移転登記で依頼しなければなりませんので)

Q相手方の融資利息の肩代わり

工務店をやっています。 
このたび、こちらの落ち度で相手方様の新築工事に取り掛かる日時が非常に遅くなってしまいました。
それゆえに、相手方様が組まれた住宅ローンの利息分を、当然のことながらこちらが肩代わりすることとなりました。
そうした場合の支払い金の科目は何になるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原価中の経費であり科目名は雑費でも何でも構いませんが、自社の負債の利息ではないので、「支払利息」は避けるべきでしょう。
特定の工事の原価ですから、その工事が完成するまでは未成工事支出金であり損金にはならない経費です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報