例えば、厚さ3ミリ 大きさ 5cm角 の鉄板を4枚 直角に溶接したいとき、形でいえばサイコロのようなものです。

どうやって、正確に90度に溶接するのでしょうか? 1枚は万力等に固定するにしても。

上手い固定方法が思いつかないのですが、みなさんはどうやっていますか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 マグネットホルダー--マグネットはキュリー温度(

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5% … )を越えると磁力を消失してしまうので小さなものには使えません。

 直角のアングルなど治具に、2個のグリッププライヤー( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E6%BA%B6% … )を使うか、溶接用の直角クランプ( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E6%BA%B6% … )を使います。
 バイスグリップはどの現場にもあるのでそれを使うほうが安上がりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

磁石が熱弱いのは知っていました。 小さいとマグネットホルダーに影響が出るかもしれませんね。

アングルジグに、バイスクリップは現実的な選択のような気がします。 検討してみます。 お世話になりました。

お礼日時:2014/08/28 18:41

おはようございます。

遅いかもしれませんが、脳内から一手。No.5の方に便乗です。
 もし4枚の板を角継手式で組み上げるのなら、中子として50mm角棒を用意。
イメージとして4枚の板を中子に張り付け、ロ型の拘束用の外枠をはめ込む。
ただし、ロ型の1辺は溶接用に開口してあること。溶接変形に打ち勝てるように
ロ型の拘束具はしっかり肉厚のある材で作るか、補強を考える・・・特に1辺が開口していますので。
4枚板の仮付けは上記にセット、それぞれの端部で1点だけ行えばよし。
本溶接の1辺分はロの開口辺に沿って行えばよし。その辺が溶接し終わったら、
グラインダーなどで研削して再度治具にセット、別の辺を溶接してゆく…
 手間かかりますが、よい商品になると思います。溶接の検定試験での拘束から思いつきました。
    • good
    • 0

直角になる冶具を使うのです。


冶具を使って仮止めをして、直角を出して本溶接。
溶接をすると歪が出るのでそれを考慮する。

あとは経験と腕。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

歪みを考慮するというのは、難しそうですね。 溶接は腕だということを聞いたことがありますが、そういうことも含めて言うんでしょうね。

試行錯誤してみます。 お世話になりました。

お礼日時:2014/08/28 18:48

本当に正確に作りたいのなら、治具を作る…なのですが。



手抜きと言うか大雑把は方法ですと、まずだいたいの位置で溶接で点付け。
ハンマー等で引っ叩いて修正をしながら仮止めで組み上げます。
修正出来る方向と出来ない方向を考えてやれば、それなりの精度が出せるかと思います。

後は、歪みを抑えるように本付けするだけ。

どの程度の精度が欲しいのか判りませんが、手軽に程々。数も作らないのならこんな方法も…と言った所です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

最初に点付けということですね。あまり強度が必要ない所は、必要な分だけ溶接する方が、歪みがでないのでしょうね。

試行錯誤してみます。 お世話になりました。

お礼日時:2014/08/28 18:46

溶接用クランプで検索してみて下さい。

 シャコ万力も使えるかも知れません。

金属製の現物を工具売り場で確認してください。


また、正確に角度を出すことは、部材の断面(切り口の角度)確保しておくことが前提です。

特に片面溶接の場合あらかじめ試作をしてどの程度歪むかを見てから、付ける前は反対側へ開いておくのです。
何箇所か仮止めをして(所々先に少しだけつけて)おくと歪みは少ないです。

しかし、上手くやらないと最後の方はどうしても歪みます。=溶接する量を減らしましょう。
最悪、バイスにはさむなどで修正ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

溶接で歪むということだけは知っていました。 やはり色々と難しいことがあるみたいですね。 特に精度を必要とする場合。

修正を考えながら、慎重にやってみます。

お世話になりました。

お礼日時:2014/08/28 18:44

>小さい物を溶接するための小道具はありますか?


どうやって、正確に90度に溶接するのでしょうか? 1枚は万力等に固定するにしても。

上手い固定方法が思いつかないのですが、みなさんはどうやっていますか? 

    ↓

実際の経験がある訳ではないので、頓珍漢や質問の主旨と違っていたらご容赦ください。
閲覧していて思い付いた方法や想定した作業シーンは・・・

◇ペンチやアンギラスに小さい物を挟み、その挟んだ工具をガムテープ等で作業台に固定。

◇両面テープや瞬間接着剤で固定

◇文鎮の様な金属や砥石の様な石&セラミックにて挟み込む。

◇ようとによっては、溶接でなく瞬間接着剤で張り合わせる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

教えてもらったことを検討してみます。

お礼日時:2014/08/28 18:37

マグネットで固定します。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

探してみます。 お世話になりました。

お礼日時:2014/08/28 18:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMAG、MIG、TIG溶接

現在は手溶接のアーク溶接機を使用しているのですが型も古く大きいので買い替えを
検討しています。

そこで工具メーカーのカタログやインターネットで検索してみると種類が
MAG(マグ)溶接、MIG(ミグ溶接)、TIG(ティグ)溶接とあり
どうもMAG溶接は炭酸ガスを使い鉄、ステンレスが溶接可能、
MIG溶接はアルゴンガスを使いアルミ溶接が可能、TIG溶接はチタンの溶接が可能、
そしてMAG→MIG→TIGの順で高品質な溶接が可能だと分かりましたが、
高品質な溶接とは具体的にどういう事なのでしょうか?(薄板が可能?ビードがキレイ?)

それと、これらの機種はワイヤーとガスが違うだけで溶接方法
(トリガーを引くと溶接ワイヤーが出てアースのクランプにつながっている母材にアークさせる)
は同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

現在、使用しているのは被服棒アーク溶接機でしょうか?
通称、手棒と呼ばれるタイプです

質問内容だとガスシールドアーク溶接機ですね
使い方が全く変わりますので注意して下さい

タイプ別に使用方法・特徴を記載します
カタログを見ていると言う事なのである程度、専門的な書き方をする場合があります

MAG・MIG
350以上であれば、ほとんどの機種にMAG・MIGの機能が付いています

使用方法については、質問の後の方に記載されている通りです(TIGを除く)

MAGの場合、初めて使用するならCO2を使わずTACガスを使用して下さい
ガスの値段はCO2に比べると高価ですがアークが安定する、ビードが綺麗に出ます

特徴
長所
少し練習すれば素人でも扱える
薄板でも容易に溶接が出来る
肉盛が簡単に行える

短所
電圧・電流の調整が難しい
アーク幅が狭いので隅肉溶接の場合、接合不良(欠陥)を起こし易い
ブローを起こし易い
ノズルが変形・スパッタが多量に付着したら欠陥が出やすい
手の振れがそのままビードに現れる

TIG
水冷式と空冷式があります
板厚の大きい物やTIGを多用する場合は水冷が普通です

使用方法
この溶接は両手を使います
トーチからはアークのみです
片手でとーちを握り、指先でスイッチを押してアークさせます
母材が溶け始めたらもう片手でフィーラーを送り込みます

相当、熟練を要します
質問内容にチタンと書いていますが理論的真空溶接を行いますので色々な冶具が必要になります
ハッキリ言いますが素人では不可能です

特徴
長所
容易に裏波溶接が出来る
共付けが可能

短所
素人では使いこなせない
狭い所での溶接作業に不向き

こんな感じです

現在、使用しているのは被服棒アーク溶接機でしょうか?
通称、手棒と呼ばれるタイプです

質問内容だとガスシールドアーク溶接機ですね
使い方が全く変わりますので注意して下さい

タイプ別に使用方法・特徴を記載します
カタログを見ていると言う事なのである程度、専門的な書き方をする場合があります

MAG・MIG
350以上であれば、ほとんどの機種にMAG・MIGの機能が付いています

使用方法については、質問の後の方に記載されている通りです(TIGを除く)

MAGの場合、初めて使用するならCO2...続きを読む

Q敷き鉄板の切断について。  知り合いから、敷き鉄板(厚さ20ミリ位)を

敷き鉄板の切断について。  知り合いから、敷き鉄板(厚さ20ミリ位)を数十センチ切断したいとの相談を受けました。

私の知識では、普通はガス切断、出来ればエアプラズマという回答しか出てきません。 この二つを使わない方法というと、他にどんなものが考えられますか? 教えたください。

P.S. 友人からは、切断砥石(100ミリ)で切断できないだろうかと相談を受けましたが、20ミリの鉄筋棒ならともかく、20ミリの鉄板を数十センチに渡って、切断するのは危険すぎると伝えました。

Aベストアンサー

私も質問者さんの見解に賛成です。100ミリの切断砥石だと、危険と言う以前に「やれるもんならやってみな」ですよね。20ミリどころか、5ミリ厚でも個人的にはやりたくありません。おそらく質問者さんも同じでしょう。

他の方法となると、後はレーザ加工機の出番でしょうが、どう考えてもガスの方が一般的では?

Qアルミの溶接

アルミの溶接で分らない事が有りますので、宜しくお願いします。
アルミ版の溶接はアーク溶接では出来ないようですが
TIG溶接・MIG溶接 等はどの様な工法ですか?
実際には、アーク溶接の機器は有りますのでアーク溶接用ステンレス棒をアルミの溶接には使えないでしょか?
以上が駄目な場合はアルミ溶接を頼める所は有りますか?(埼玉県東部に住んでます)
わかる方が居りましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

>「アルミ」は溶ける温度が高く電気アーク溶接では無理という事ですね。

アルミの融点は鉄やステンレスの半分位低い温度で溶けます。

>アーク溶接用のステンレス溶接棒で溶接出来ますか?

溶接の場合アルミはアルミとしか付きません。
他の金属も同じで溶接は冶金的接合の為、同じ金属でなければ混ざらないと言う事です。

鉄とステンレスが溶接できるのは元が同じ鉄で錆びにくく合金にした物がステンレスだからです。

t3.0x30x30の角パイプを使うなら
t3.2程度の鉄のL型ピースをネジ止めで大丈夫ではないでしょうか。
組み方にもよりますが10キロ程度なら溶接はいりません。

Q厚さ3ミリの鉄板に直径15ミリの穴をあけるには

どうすればいいでしょうか?ドリルで10ミリの穴はあきましたが。鉄鋼用のホルソーはあるのでしょうか?
他に何かいい方法ありませんか?

Aベストアンサー

15mmのホルソーはあります。
既に明けた10mmの穴を15mmに広げるのであれば
ホルソーでは難しいので三角ドリル(ノスドリル)などの
軸がΦ10.0・Φ13.0など刃径より小さい軸径になったドリルがお勧めです。
新規に明けるのであればホルソーのほうが良いでしょう。
ホルソーはバイメタル刃で十分でしょう。

Qアルミの溶接

アーク溶接機で鉄ものを溶接するには鉄の溶接棒が在りますが、アーク溶接でアルミの溶接棒は在るのでしょうか。それとも何か特殊な機器が必要なのでしょうか。

Aベストアンサー

アルミの溶接は鉄のアーク溶接のようなわけにはいきません。確かに鉄材のアーク溶接のような溶接棒を使う方法もありますが、これはTIG溶接という方法で鉄材を溶接する一般のアーク溶接機ではできません。アルミの溶接にはアルゴンガスを使用した溶接機(溶接部分で溶けたアルミの部分をアルゴンガスで包んで、アルミの変質を避ける)が必要です。

TIG溶接またはMIG溶接で検索してみると、詳しい説明が見られるはすですので、お試しあれ。

Q【鉄板と溶接】特注サイズの鉄板と特注サイズの鉄板の穴あけと薄いボルト頭厚と特注の長さのボルトはどこで

【鉄板と溶接】特注サイズの鉄板と特注サイズの鉄板の穴あけと薄いボルト頭厚と特注の長さのボルトはどこで買えますか?

鉄板の厚みは折れない曲がらない程度の厚みでボルトの頭サイズは12mmで長さは12mm+鉄板の厚さでお願いしたいです。

鉄板は細長で高さ45cm、幅5cmが4本と幅5cm角が4枚です。

幾らぐらいでどこで作って貰えますか?

ローテーブルの足です。

Aベストアンサー

> 折れない曲がらない程度の厚み
3.2mmの厚みでどうだろう?
この厚みで、450mm×50mmの大きさだと500円ぐらいかな?

> ボルトの頭サイズは12mm
M6のボルトでいいのかな? 長さ30mmぐらいで、5本セットで150円ぐらいかな?

通販やヤフオクでも入手できるし、ちょっとしたホームセンタなら、鉄板の大きさを指定して注文(カタログ注文)できます

Qステンレスの溶接

ステンレス寸胴にステンレスのフックを取り付けたいのですが
アーク溶接で溶接は出来るでしょうか?
先日、ホームセンターでステンレス用溶接棒が売っていたのですが
100Vのアーク溶接機で溶接は可能でしょうか?
鉄の溶接はちょくちょくしますが、
技術的には日曜大工程度です。

Aベストアンサー

理論的には可能ですが、失礼ながら日曜大工程度の技と100Vの溶接機では無理のような気がします。
練習して挑戦するのも面白いとは思いますが、ダメにする覚悟が必要かと思います。
アークのステンレス溶接は慣れていないと難しいですし(鉄とは要領が違います)、お互いの材料の厚みが最低でも2ミリ程度はないと難しいです。
ステンレスの溶接はほとんどの場合TIG溶接という方法で行います、物や状況に応じてステンレスワイヤーでの半自動溶接もできます、ステンレスのアーク溶接は通常は工場などで行うことは少なく(仕上がりが悪い、難しい)、主に現場用が多いです。
ステンレスは溶接した部分が黒く変色しますので気になるなら磨く必要があります(ヤスリ紙、コンパウンド、電解研磨など)
お近くにステンレス溶接をやっている工場などを見つけて依頼するのが1番確実ですし、ボルト留めで取り付けることを考えるのも手です。
溶接をやっている工場でも、持ち込み単品の仕事をしない、いやがる所も多いので注意が必要です。

Q溶接可能な厚さ(アーク溶接)

アーク溶接に関して質問があります。溶接未経験者です。

溶接機には溶接可能な板厚という表示がありますよね。
その厚さ以内、もしくはそれぐらいでなければ、溶接はできないのでしょうか。

下記の溶接機の購入を考えています。
http://www.truetools.jp/html/machine/welder/sim-80.html
溶接できる最大の厚さは5mmとありますが、1cm~1.5cmとかはさすがに
強度の面で厳しいでしょうか?

太さ12mmのステンレス丸棒同士を、曲面?同士溶接したいのですが
この溶接機では無理でしょうか。

Aベストアンサー

>太さ12mmのステンレス丸棒同士を、曲面?同士溶接したい
この件だけで溶接機を購入するならばお止めになって鉄工所などで溶接をお願いした方が良いと思います
初心者には結構難しい溶接と考えます

今後も使用予定がおありでしたら半自動溶接機の選択をお勧めします
使い勝手がとても良いです
100V機であるならこれなどはいかがでしょうか
http://www.suzukid.co.jp/product/say120.html
200V機ならこれなどはいかがでしょうか
これは、僕も使用使用している溶接機ですが、軟鋼が主体の溶接ですからCO2溶接で行っています
http://www.suzukid.co.jp/product/say160.html
SUZUKID製だけをお勧めしていますが、僕はSUZUKIDとは何ら関係がありませんので付け加えておきます

溶接棒を使う溶接機で良いのであれば、中古機でも十分に使えると思います(中身はトランスですから)
オークションを当たるとたくさん出品されています
そちらもご検討の対象にしたらどうでしょうか

>太さ12mmのステンレス丸棒同士を、曲面?同士溶接したい
この件だけで溶接機を購入するならばお止めになって鉄工所などで溶接をお願いした方が良いと思います
初心者には結構難しい溶接と考えます

今後も使用予定がおありでしたら半自動溶接機の選択をお勧めします
使い勝手がとても良いです
100V機であるならこれなどはいかがでしょうか
http://www.suzukid.co.jp/product/say120.html
200V機ならこれなどはいかがでしょうか
これは、僕も使用使用している溶接機ですが、軟鋼が主体の溶接ですからCO...続きを読む

Q溶接工の仕事で。

溶接工の仕事をしようと思っています。
そこで、アルミ・ステンレスのMIG・TIG溶接をするみたいなのですがMIG溶接は、(ワイヤーを使う半自動溶接で)TIG溶接は、手で溶接するアルゴン溶接の事なのでしょうか?教えて下さい、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

その通りです。

MIGは『Metal Inert Gas』の略です。芯線(溶接棒)が電極を兼ねています。芯線はドラムに巻かれた状態でセットされており溶接をはじめると自動的に供給されるので半自動という名がつけられていますが、イメージとしては勝手に溶接作業ができるというものではありませんのでお間違えのないように。片手で作業可能。

TIGは『Tungsten Inert Gas』の略で電極にタングステンを使い、溶接棒は手で持ち供給します。両手を使い作業します。

TIG溶接はMIGに比べると数段難しいです。
一般人として回答していますがどちらも一応の経験はあります。
 

QDiy溶接 京都でdiyで溶接できるところを教えて下さい。 あなたの作った溶接作品を教えて下さい。

Diy溶接

京都でdiyで溶接できるところを教えて下さい。
あなたの作った溶接作品を教えて下さい。
映像があれば、ぜひ見せて下さい
私でも簡単に溶接できるものでしょうか?

Aベストアンサー

東京DIYショーで、スズキッドという名称で、材料費1000円程度の電気溶接で作るDIY体験コーナーあったから参加してみました。
アーク放電での火花が出るから、最初だけおっかなビックリしますが、総じて難しくはなかったです。
その時は、切り抜かれた文字プレートと装飾プレートを選んでアーク溶接で繋げる表札プレートを作りました。
使ったのはホームセンターで売っている溶接機です。このメーカーは動画も公開されていますよ。
■http://www.suzukid.co.jp/index.html
DIY用の入門用機器なら8000円~13000円程度です。
■https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9568964.html
京都で溶接体験出来るところは知らないけど・・・近畿圏ではDIYファクトリー大阪店で体験レッスンありますね。
■http://www.diyfactory.jp/trial/
スズキッドだと鎌倉にあるんですけどねぇ
■http://www.feneeds.jp/school_info.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング