利用規約の変更について

写真の台湾ユアサYT12B-BSというバッテリーを使っています。
買って一年ほどなのですが乗り機会がなくてバッテリーをあげてしまいました。


充電したいのですがメンテナンスフリーバッテリーでもなさそうな気もするので
このまま充電すると破裂するのではと思い質問させていただきました。

液が付属していて注入後蓋をしました。いったん蓋をすると外せないタイプのようで
写真のように開けるなと警告があります。

このまま充電器につないでも大丈夫でしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

「バッテリーの充電方法教えて下さい」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>買って一年ほどなのですが乗り機会がなくてバッテリーをあげてしまいました。



月に一度程度は、近所のコンビニにでも(バイクに乗って)買い物に行けばよかったですね。

>このまま充電すると破裂するのではと思い質問させていただきました。

過充電をすると、最悪の場合「爆発」の可能性があります。
が、台湾ユアサ製品との事ですから「条件を満たした充電」であれば大丈夫でしよう。
品質が粗悪な中国メーカーの中国製(例えば、YUANAバッテリー)だと、非常に危険です。
まぁ、(爆発前に)持っているだけで「商標違反(偽物)」として検挙される可能性がありますがね。

>このまま充電器につないでも大丈夫でしょうか?

他にも回答がありますが、質問者さまがお持ちの充電器次第です。
過充電予防装置の有無とか、充電タイマー付きとか・・・。
ただ、(他の方にお叱りを受けるかも知れませんが)急速充電でなく「一般充電」で3時間程だと問題ありません。
この3時間で、必要最低限の充電が行えます。
※もちろん、日陰で+風通しが良い場所+随時充電状況の確認との条件付き。
充電するだけでなく、バッテリー内の硫酸鉛を除去する事も(複作用として)出来ますよ。
※旧いバッテリーや乗らない車のバッテリーなどは、経年劣化として「バッテリー内の電極に、硫酸鉛が付着」します。
※硫酸鉛は「電気を通さない」ので、一般的には「バッテリーの寿命」と看做されます。
※が、硫酸鉛を除去すれば再生可能(俗に、再生バッテリー)。
※某有名な宅配業者は、再生バッテリーを所有車種に用いている事で有名です。^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/10/13 15:08

>このまま充電器につないでも大丈夫でしょうか?



一度、端子間の電圧をテスターで計ってみては?
MFタイプなので理想は充電電流が0.8A以下のはず。
すべては充電器のタイプ、仕様によります。
同時に9V程度まで過放電していると充電器によっては
安全装置が働き充電すらできません=寿命ということ。
ダメ元で開放型充電器で短時間急速充電し、セルか
押し掛けでエンジンが掛かれば、しばらく放置するか
走り、翌日か2~3日後に電圧計り、12.2Vなら
蓄電池としてはゴミなので交換ですね。

数ヶ月、乗る予定がないなら、マイナス端子を外すか
安いトリクル充電器につないでおく、バッテリーごと
外し、室内保管し月に1回充電するなどの対策したほうがいいです。
また、バイクのためには短距離でいいので走らせるのが
理想です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/10/13 15:07

YT12B-BS


このバッテリーはメンテナンスフリーのバッテリーですよ。
蓋がネジ式になっている開放型とは異なります。

MFバッテリー用充電器で充電しないと、
補水できないのでバッテリーがご臨終となります。
完全放電させてしまっても、ご臨終ですね。

開放型は一気に充電しても(本当はあまりよくないが)、
あとから聖水もとい精製水が補充できます。

MFバッテリーを完全にあげてしまい、
電圧が10V以下になっていたらたぶんアウト。
サルフェーション溶融のパルス充電で強引に充電できれば、
蘇生させられるかもしれませんが、
たぶんご臨終でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/10/13 15:07

質問の内容からは外れますが 役に立つと思うアドバイスをさせてください



バッテリーの充電は トリクル式の充電器がおすすめです。
私のバイクは 電装系が弱い旧型V-maxですが アマゾンの2980円で買ったトリクル充電器のおかげで いつでもセル一発です。
本当に一発です。 バッテリーは購入後2年たちました。

この2年間 バイクが自宅の車庫にあるときはトリクル充電器をつなぎっぱなしですが バッテリーが痛むようなことはありません。

ためしにここ3週間 なにも充電せずに 走行もしないで 普通にバイクを保管していますが
セル一発です。 0.5秒で始動します。(チョークは効かせます)

ちなみに、充電が簡単にできるように少々対策を施しています
バッテリーのプラス端子に 配線を接続して 先端に接続端子(ギボシ)のメスをつけて タンクの下あたりのフレームにしばりつけてあります。端子にはビニールカバーを付けてあります。

充電器側のプラス端子(ワニ口)は ギボシのオスに改造しました。
ギボシのオスを 車体側のマイナスギボシに挿入すれば 充電作業のプラス側は接続完了です。
マイナス側の配線は ワニ口をボディのどこかにかませてください


ここまで準備しておけば ツーリングから戻ったら タンクやシートをはずすことなく 速攻で充電が開始できます。


追伸
配線の太さですが オートバックスで売ってるエーモン電線のいちばん太いので十分です
くれぐれも プラス端子から延長した配線が 車体とショートしないようにしてください
私は バッテリーとギボシの中間に5Aのヒューズを入れてあるので大丈夫です。


電気は難しいので 疑問点あれば納得行くまで調べてください
私が大丈夫でも バイクが変われば なにかあるかもしれません
快適なバッテリー管理を願っています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/10/13 15:08

充電器がどんなのかわからない。


充電器によっては、放置バッテリーは最初電流が流れないので、電圧が上がってしまう場合があります。

バッテリーの充電は基本的に容量の10分の1ですが、これは健康なバッテリーの話。
10分の1の、そのまた3分の1くらいで、1週間位を目安に充電してください。
電流調整できなければ、ウインカー球を直列に入れ電圧を下げます。
電圧と電流が監視できれば良いのですけど。細かい泡が昇ってくる状態です。

これで少し回復したら普通に充電できます。
充電電流は少なくして、時間をかける方が多く充電できますし、傷みません。
無理に電圧をかけると極板がボロボロ剥げ落ちますよ。
やかんが沸騰したように大きな泡がプクン、プクンと出ているのがこの状態です。

長期間空っぽにしたバッテリーは、サルフェーションで回復しない場合もあります。ご承知ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/10/13 15:09

急速充電しない。

1A未満ぐらいでジワっとやる。長時間やらない。10AHでも5時間程度で休憩させる。
ただ、1年放置だとサルフェーションとか起こして極板がダメかもしれません。充電しても復活しない。
そう簡単には爆発しないので、そんなに神経質にならなくてもいいです。
たいていは蓋が吹っ飛んで液をまき散らし、周辺が硫酸でじわじわ溶けるだけ、w
いわゆる爆発は、充電で発生した水素ガスに火が点いた場合。これはヒンデンブルグ号のように派手な燃え方をします。普通は爆発濃度にならないで拡散してしまうから、狭いケースの中で充電とかしない限りまず大丈夫。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/10/13 15:10

YT12B-BSは制御弁式バッテリーという種類らしい。


http://gyb.gs-yuasa.com/product/bikebattery/seal …

「制御弁式は充電方法がデリケートで、充電方法を間違えると、ケースが膨らんだり、極度に寿命が短くなるケースがあります」とのことですが、破裂とまでは書いていませんね。
http://gyb.gs-yuasa.com/support_bike/knowledge/d …

充電器によっては、制御弁式に対応していないようです。
http://gyb.gs-yuasa.com/support_bike/knowledge/d …

>このまま充電器につないでも大丈夫でしょうか?

使用される充電器の説明書を確認してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/10/13 15:09

一言で言えば制御弁方式のバッテリーです(解りやすく言えば立派なMFタイプ)なお、10時間率で10Ahと成っていますから1A程度の出力の出来ればMF専用充電器を使用する、もし開放式用の充電器しか無い場合は出力が1A程度の物でしたら監視しながら(温度や変形など監視するくらいしか出来ないけど)短時間で止める、もしくは爆発覚悟で・・・と成ります。



もっともMFタイプの物は一度放電すると開放式よりもダメージを受けている物が多いと私は思っていますから買い換えが一番の気がします、もっともそれでも開放式用、MF用の物と充電器も複数所有しているので試してみてからにしますけどどちらにしても応急的に考える程度です(次のバッテリーを注文して届くまでの繋ぎ程度)これは私のバイクのバッテリーは販売店で実際に見るサイズではないためです(3日くらい待てば届きますが)

と、言うことでMF専用の充電器を使用すること、もしくはMFタイプにも使用可能な充電器と言うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/10/13 15:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q充電器の正しい使い方を教えてください

度々お世話になります。
バッテリー充電器の使い方について当サイトで検索したところ、
1、バッテリーは車体から外さないと絶対ダメ。
2、ケーブルをマイナス端子からだけ外せばOK。
3、ケーブルはプラスもマイナスも付けたまま充電して問題ない。
という回答にそれぞれ良回答がついています。
スボラな私としては3が本物の良回答であることを願いますが、1や2に意味もなく良回答がついているとも思えません。

1や2の方法をとるべき理由とは何でしょうか。
こういう点さえ注意していれば端子からケーブルを外さずに充電しても大丈夫、という方法があれば教えて欲しいのです。
 

Aベストアンサー

1、 と 2、 は、(電気回路的には)全く同じですよね。

違うところは、車から降ろすかどうか。

1、 と 2、 の間に、「車載状態で、端子は+も-も両方外す。」というのがあってもよいかとも思います。1.5、とでもしましょうか。



まず、1、 と 2、 ですが、

バッテリーは、充電中に爆発することがあるのです。(http://www.denchi.info/publication/ts-007.pdf)(http://www.denchi.info/publication/ts-008.pdf)

爆発はどの程度かといいますと、ケースが割れてバラバラになり、中の電解液(希硫酸)がそこら中に飛び散る。といったところでしょうか。

一般的には、内部の電解液が足りない場合に起きる現象ともいわれていますが、液量が充分なら決して爆発しないという保証もありません。

原理は、主に液量が少ないと、バッテリー内部でスパークが発生し、気体部の水素と酸素の混合ガスが爆発します。その威力が強いため、ケースも割れて中身が飛び散るというわけです。

希硫酸は塗装も傷めますし、金属も溶かしますので、即 水でエンジンルームを完全に洗浄でもできる環境でないと、かなりのダメージを負うことにもなります。


仮に上記スパークによる水素爆発が起きても液口栓を完全に外して液口が開いていれば、ポンと燃えるだけで済むため、

「充電時は液口栓は全て完全に外す」ということが重要になってきます。

(万一の爆発で希硫酸が飛ぶ可能性も充分あるため、たとえ液口栓を完全に開けて充電する場合でも、やはり内部の液量を充分に確認してから充電することが重要です。)

例:「充電をする際は、フタの液口栓を全て開け、中にバッテリー液が入っていることを確認し、風通しのよい場所で充電をしてください。もしバッテリー液が足りない場合は、精製水(もしくはバッテリー用補充液)を規定量まで補充してから充電してください。
充電後は30分程度放置し、ガスが抜けるのを待ってからフタの液口栓を全て閉めて車両へ搭載してください。
バッテリーの電解液は、希硫酸です。衣服や皮膚に着かないようにご注意ください。」

(http://72.14.235.104/search?q=cache:PSYCkN-dPskJ:gyb.gs-yuasa.com/support_car/empty/charge.html+%22%E3%83%95%E3%82%BF%E3%81%AE%E6%B6%B2%E5%8F%A3%E6%A0%93%E3%82%92%E5%85%A8%E3%81%A6%E9%96%8B%E3%81%91%E3%80%81%E4%B8%AD%E3%81%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%B6%B2%E3%81%8C%E5%85%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%97%E3%80%81%E9%A2%A8%E9%80%9A%E3%81%97%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%84%E5%A0%B4%E6%89%80%E3%81%A7%E5%85%85%E9%9B%BB%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84%E3%80%82%22+site:http://gyb.gs-yuasa.com/support_car/empty/charge.html&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp)

液口栓を全て外すためには、いずれにせよバッテリー固定用のクランプ類は外さないとダメな車種が多いのではないでしょうか。
としますと、あと一歩、車からバッテリーを完全に降ろしてしまったほうが安心です。


例えば、新車ディーラーの営業マンの場合、いつでもお客さんの車のバッテリー充電時は上記通り車から完全にバッテリーを降ろして充電していませんと、いつの日か、「しまった!!」と致命傷を負うことになるでしょうね。

といいつつ、私が新車のセダンを買った正規ディーラーでは、私が車をディーラーまで取りに行った納車時に、出発直前まで車載のままバッテリー充電してくれていましたけどね。
とくに私も、「あっぶないなあ」 「なんてことしてくれているのだよ」 とも思いませんでしたけどね。※a

爆発の確立的危険度としては、その程度です。

ただし、人への説明としては、「充電時はバッテリーは必ず車両から取外す(降ろす)。」というのが唯一の正解です。(http://www.denchi.info/publication/ts-005.pdf)



1.5、 と 2、 との違いは、

充電中に万が一、車側バッテリー端子が、バッテリー本体側端子と接触してしまわないように、念のために両方外して倍の安全策を取る。といったところではないでしょうか。
(安全のため、必ず、せめても液口栓は完全に開けて下さい。)



3、 は、これは、お持ちのバッテリー充電器が電子制御のものであれば可能な方法ですね。

具体的には、
(http://www.7dream.com/product/n/a01b08/g/130009007000000/p/1754743)
(http://www.7dream.com/product/n/a01b08/g/130009007000000/p/1754742)
(http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%A4%A7%E6%A9%8B%E7%94%A3%E6%A5%AD%E3%80%80%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%85%85%E9%9B%BB%E5%99%A8&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt)
のように、バッテリー端子は外さなくてもよいということが記載されている商品のみ、可な方法です。

{(http://k-omochan.com/car/charger.htm)←こちらは個人様のホームページのようですが、リンクフリーのようなので、、}

電子制御の、自動のもので、尚且つ取扱説明書に「可」の記載がある場合のみ、3、 の方法が使えるということになります。取扱説明書を良く読んでその通りお使い下さい。



その他の充電器は、

1、 が正解。(この場合も、必ず液口栓は完全に開けます。爆発したら 人にも 何にでも危険です。)(液が皮膚や衣服に付いても溶けます。)

2、 や 1.5、 は、ある意味「“危険を冒した”怠けな方法」ということになりましょうか。その場合も、必ず「液口栓」は完全に開けて下さい。(気泡がグツグツいいだすと希硫酸が霧状に撒かれ始めることもありますので、やはり車から取り外したほうが良いでしょうね。)「蒸発」ではなく、希硫酸が跳ね飛び散るのです。





よって、お持ちの充電器の取扱説明書をよくご覧下さい。
(http://www.kyorin1.co.jp/b-know5.htm)
(http://www.denchi.info/publication/ts-003.pdf)


※a(もしかしたら電子制御の大丈夫な充電器だったのかもしれません。そこまでは確認しませんでしたが。) 正規ディーラーですので、きっと当然、そうですよね。

1、 と 2、 は、(電気回路的には)全く同じですよね。

違うところは、車から降ろすかどうか。

1、 と 2、 の間に、「車載状態で、端子は+も-も両方外す。」というのがあってもよいかとも思います。1.5、とでもしましょうか。



まず、1、 と 2、 ですが、

バッテリーは、充電中に爆発することがあるのです。(http://www.denchi.info/publication/ts-007.pdf)(http://www.denchi.info/publication/ts-008.pdf)

爆発はどの程度かといいますと、ケースが割れてバラバラになり、中の電...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報