軽量モルタルの上に弾性リシン吹き付けの外壁にクラックがあるのと、窓枠と外壁に隙間があるので、DIYで補修したいと思っています。
(1)ナショペン工業「クラック補修材AD」を使用して補修
(2)セメダイン 「POSシール(変成シリコン)」の外壁に近い色を「セメダインプライマーMP-1000」を塗布後に使用し補修
(3)日東ポリマー「外壁専科」を使用して補修
を考えています。(1)から(3)の場合は後の塗装は考えていません。
また別案で、弾性リシン塗料を外壁と同じ色を購入し筆等で上塗りも考えています。
どのような方法がDIYで最善か教えてください。
また別によい方法あればご教授ください。よろしくお願いします。

「弾性リシンの外壁の補修 DIY」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この程度のヒビでは、水は内部に浸透しません。


つまり家の寿命には影響はないでしょう。

補修の場合、何を使ってもヒビの中に材料は入っていきません。
入れるとなると、Vカットしないといけません。

どの様にしても、材質が違う、凸凹になる。
修理したところは目立ちます。
(同じ材料でも目立ちますよ)

この程度ではほっておいて、将来、全面とそうするときにコーキングで修理して塗装すればよいだけです。
    • good
    • 0

リシン吹き付けは防水効果を狙ったものです。

モルタル自体はセメントと砂を混ぜただけの為、防水効果はありません。
外壁ひび割れにDIY補修をするならば、きちんと補修の上から防水加工を「広めに」する事が不可欠になります。
尚既に雨が染み込み(木造)躯体に影響が出ている可能性がありますが、こちらは外壁補修だけではカバー出来ません。飽くまでも新たな雨水への対策であると理解して下さい。浸水した部分が腐敗して土台迄…なんて事が無いようにするのが目的です。厳しい言い方ですがDIYで100%カバー出来るなら自宅を新築出来ます(大工さんの手元が出来る意味合いです。1人では建てられませんから念のため)。既に部屋に雨水が垂れて来たなんて場合は外壁だけでは無理。内装をバラして躯体を見る必要があります。漏電の可能性もあります!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【エポキシパテ及び、外壁用のセメダイン】

こんにちは。http://okwave.jp/qa4098411.htmlここで基礎部分のクラックについて質問したものです。本日、ご回答者様の意見を参考に自分でクラック部分をエポキシパテと外壁用セメダインで塗ってみました。

コンクリの花壇の端は少し大きめのヒビがあったのでエポキシ(粘土)で。基礎部分はヘアクラックなので外壁用セメダイン(チューブ)で塗ってみました。

そしたら、素人なので仕方が無いと言えば無いのですがエポキシの粘土で貼り付けた部分がコンモリしてしまい元の部分と凸凹がついてしまい、しかも余り伸びが良くない粘土でしたので少しずつ埋めて行ったので綺麗に仕上がりませんでした。←荒めのサンドペーパーなどで削って凸凹を目立たなくすることは出来ますか?

セメダインは液体チューブですごく塗りやすかったのですがクラックが細すぎたために周りまで少しはみ出て塗ってしまったのですが色が灰色とはいえ、ダークグレーで基礎部分のコンクリとは少し色が違うために塗った部分がとても目立つ感じになってしまいました。10年くらいたてば自然の汚れで目立たなくなるのかもしれませんが今の状態でも気になって仕方がありません。何か周りにはみ出した部分を目立たなく出来る方法はないでしょうか?宜しくお願いいたします。

こんにちは。http://okwave.jp/qa4098411.htmlここで基礎部分のクラックについて質問したものです。本日、ご回答者様の意見を参考に自分でクラック部分をエポキシパテと外壁用セメダインで塗ってみました。

コンクリの花壇の端は少し大きめのヒビがあったのでエポキシ(粘土)で。基礎部分はヘアクラックなので外壁用セメダイン(チューブ)で塗ってみました。

そしたら、素人なので仕方が無いと言えば無いのですがエポキシの粘土で貼り付けた部分がコンモリしてしまい元の部分と凸凹がついてしまい、しかも余り...続きを読む

Aベストアンサー

1さんと同じく、全面塗装でしょう。最低限のクラック補修で部分補修というのは間違っていませんが、
補修痕を目立たなくするというのはベテランの職人さんでも難しいです。
10年経てば目立たなくなるかというと、そうでもありません。
という事で、お施主様の取る方法は2つです。

1.部分補修なさった事により、雨水の浸入から基礎鉄筋を錆びさせる心配はなくなったので、後は美観面のみ。
此処はひとつ割り切ってそのまま放置。

2.補修痕が目立って恥ずかしいのでやっぱり全面塗装。業者に依頼してもいいし、
ホームセンターで塗料と養生用マスキングテープを購入、ご自身で塗装。

 なお、現状では建物について緊急を要する症状ではないと思われますので、
時間に余裕のある時でも良いと思われます。

Q屋根のトタン(鉄)に穴が開き、補修をし変成シリコンシーラントを塗りまし

屋根のトタン(鉄)に穴が開き、補修をし変成シリコンシーラントを塗りました。
その上に油性のウレタン塗料は塗装できるでしょうか?

セメダインメーカーでは溶剤系は大丈夫となっていますが、私が購入したボンド(コニシ株式会社)の
商品には油性には適さないとなっています。
すでに塗ってしまったので困っています。よろしくお願いします。

補足 また、不適当な場合塗るのに適した塗料は何でしょうか?併せてお願い致します。

Aベストアンサー

一般的にホームセンターで売られている変成シリコンシーリングをご使用になったのなら、1液型の油性ウレタン塗料は乗らないのではなく、反応をしてしまい塗料が何時までも乾かないような状態になってしまいます。乾くより先にゴミやホコリが付いてしまうでしょう。
その様なシーリング材は、実はほとんどの塗料が乗ったとしても密着性が大変悪いので、剥がれやすい状態にある場合が多いのです。

すでに塗ってしまったとのことなので・・・・
塗料を塗ったのなら剥がすのは厳しいかと思いますので、シンナーをつけたボロで擦りとった上で、逆プライマー(参考:http://item.rakuten.co.jp/paint/szk_gyaku_01/)というものを塗ると、上に塗料が乗りやすいかと思います。

Qゴムの接着、セメダインで着きません。靴底の補修で画像の商品を靴底の減っ

ゴムの接着、セメダインで着きません。靴底の補修で画像の商品を靴底の減った部分に接着してからさらに釘を打ち込み固定させるものを使ってみたのですが、ちゃんと接着させるために100均のものではなく、セメダイン社のスーパーXを使ってみたのですが、一定時間置いた後にわざと剥がすように力を入れてみるとすぐに剥がれてしまいました。2、3回やってみましたが全てだめでした。ちなみに下地処理もきちんとしました。削れた靴底は軽く洗剤をつけてたわしで洗ったあとに乾燥させ、耐水ペーパーにて整えた後、粉が残らないように雑巾でふき取って乾燥させました。

なにか手順に不手際がありますか?個人的には接着剤が適していないような気がします。このようなゴム同士の接着に強い接着剤はありますか?ちなみに瞬間接着剤も試しましたが同じ結果でした。またセメダイン社の専用接着剤のコーナーを覗いてみましたがゴム同士の専用商品はありませんでした。

使った接着剤です↓
http://www.cemedine.co.jp/product/domestic/adhesive/various.html

Aベストアンサー

セメダインスーパーXはシリコン系接着材ですね、そりゃ接着剤の選択が間違ってるんだわ。
シリコン系は接着物の材質を選ばず、ほとんどのものが接着可能で、弾力性があり、しかも超透明なものがあり・・・・と至れりつくせりの万能接着剤のように思え、確かにそのとおりなんです。
でも、シリコン系の接着剤はシリコン樹脂の接着力だけで保持しているのであって、分子結合的に接着しているのではありません。
つまりご飯粒でくっつけているようなもので、靴底のようにある程度柔軟性があってもまれるような状況で使用されるゴムなんかはほぼ接着できないんです。
これはエポキシや瞬間接着剤でもダメです。

靴底修理には合成ゴム系の接着剤を使います。
合成ゴム系の接着剤にも幾つか種類があって、張り合わせる材質によってはこれもうまくいかない場合があるので、以下が絶対とはいいませんが、多分大丈夫と思います。

例えばコニシボンドからG17というのが出ていて一般にも広く普及し、ホームセンターにもあるでしょう。これで接着できると思いますが、G17は一般多用途を狙った接着剤ですが、パッキンなどの接着では気にならないのですが、靴底など水に濡れて「揉まれる」ところにつかうとはがれてしまうように思います。
同じコニシボンドからG103というのが出ています。見た目は同じようなものなのですが、靴底の接着ではあきらかにこちらの方が調子いいです。
G17がクロロプレンゴム系でG103がニトリルゴム系のようですが、それがためなのかどうかは良く分かりません。
G103も一般市販されている接着剤ですが、G17ほどには普及しておらず、また、多分170mlのものと缶入りで小さいチューブは無いと思います。

接着方法は商品に書いていますが、一般的なゴム系接着剤と同じです。
両面塗布で指触でベトつかない程度乾かしたあと張り合わせる・・・です。
ポイントは焦らず、しっかり時間を置くことと、張り合わせ後にハンマーでガンガン叩くとかプレスで挟むとかしてしっかり圧力を掛けることです。

この接着剤はウレタンにもつくようなのですが、スニーカーなどに使われている成形ソールは接着したことがありません。あれは何で接着してもダメだという話を聴いたことがあるので・・・

これでダメなら、ショッピングセンターなどに入っているリペアショップに持ち込んでください。ああいうところはベルトグラインダやホットプレスがあり、接着剤も違うものを使ってそうだし、ノウハウがありますから。

それにしてもスーパーXでは最初から無理でしたね、お店の人はアドバイスしてくれなかったのですか?
ホームセンターは安いけど商品知識なんて無いに等しいから、何を使えばいいか分からない時はちゃんとしたDIYショップか金物屋さんに言った方がいいですよ。

セメダインスーパーXはシリコン系接着材ですね、そりゃ接着剤の選択が間違ってるんだわ。
シリコン系は接着物の材質を選ばず、ほとんどのものが接着可能で、弾力性があり、しかも超透明なものがあり・・・・と至れりつくせりの万能接着剤のように思え、確かにそのとおりなんです。
でも、シリコン系の接着剤はシリコン樹脂の接着力だけで保持しているのであって、分子結合的に接着しているのではありません。
つまりご飯粒でくっつけているようなもので、靴底のようにある程度柔軟性があってもまれるような状況で...続きを読む

Qリシン塗装をする外壁材は

家の倉庫の外壁にリシン塗装をしてあるのですが、倉庫を拡張しようと思い同じ外壁材を使い同じくリシン塗装をしようと考えているのですが、外壁材の名前が解りません、ケイカル板のような感じにも見えますが、7mm程度の厚みがありケイカル板とは少々違うように見えます、このような説明でこの外壁材の名称解る人いますか、また何屋で扱っているものか教えてください、

Aベストアンサー

なんともいえませんが 板が900*1800 もしくは1000*2000程度で 塗装のない面を見ればセメント色 つなぎ目に金属などのジョイナー(金物)がはいっていれば 大平板 フレキ板 などの可能性があります  建築建材を扱ってるところでしたら 注文で取り寄せていただけます(在庫をもたれてるところは少ないです)   

Q外壁下塗り塗装後から上塗り塗装開始までの放置期間

ALC外壁の塗り替えをDIYで施工しようとしています。現在はリシン仕上げで、下塗りを水性微弾性フィラーをローラー塗りで、上塗りを水性シリコンウレタン塗料を同じくローラ2回塗で行う予定です。懸案はDIYによる施工なので休日しか作業が出来ないことです。下塗りを今週施工して、翌週の休日に上塗りを施工する といった場合です。 このような施工間隔で行った場合、仕上がり(特に強度)あ問題ないものでしょうか? 下塗りの翌日くらいに上塗りを続けて施工できれば良いのでしょうが、換装時間を考えるとなかなか厳しいです。 識者の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論からいうと問題ありません。
プロでも1週間あいだがあく事はあります。
下地がリシンですと、クラックの処理やフィラーは重要です。天候の良い時期を選んで施工してみてください。頑張ってくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報