先日、祖母の遺骨を真宗本廟(東本願寺)御影堂の宗祖親鸞聖人御真影御下の須彌壇に遺骨をお納めてきました。
 私は、まだこのような事情に詳しいものでもありませんが疑問が浮かびました。
 全国から須彌壇に遺骨を納める方々が相当におられました。遺骨は7cm四方の桐箱に納められ須彌壇へと運ばれました。しかし、納められる須彌壇の中までは入ることはできません。全国からこれだけのペースで納骨されれば、須彌壇は相当に広いスペースを必要としますが、相当な広い場所なのでしょうか?というものです。それとも、ある時期がきたら他の場所へ移されるのでしょうか?また、”お斎付収骨”でこの須彌壇に納められる待遇は違うのでしょうか?
 この疑問に答えられる方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

真宗本廟さんについてあまり詳しくはありませんが、須彌壇収骨をされたと言うことは、「相続講」(度重なる火災から両堂復興の負担に窮した教団は、明治18年に相続講という募財機構を作り、講員となった者から男子2円、女子1円の拠出金を募りました。

その趣旨とするところの「法義相続・本廟護持」は現在も生きています。)で、その相続講金をご進納いただきますと、その賞典として受けることができるものです。大谷派教団の年間経費のうち、50%余りがこの相続講金によってまかなわれています。

なお、金額によって、お礼としての記念品的な取り扱いが異なり、お礼として食事(お斎)をふるまうのが、お斎付収骨です。
したがって、皆さんにふるまうものでありますので、須彌壇に納められたお骨の取り扱いが異なるというものではないはずです。
なお、分骨されたお骨は、最後には土に戻す形になるのは当然のことであって、お預けしたままの形でいつまでもあるわけではありません。
お骨も、15年も立てば風化し、容量も5分の1程度の量に変わっていますしね。
的確なお答えではありませんが、もし詳しく知りたいのでしたら、大谷派さんに直接お聞きしても答えてくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歴史的な背景から説明いただき誠にありがとうございました。専門家の方から回答を頂戴できるとは思ってもいませんでした。
昨今の事情から、最寄のお寺さんに納骨が多くなってきたと聞いております。わざわざ、遠方の京都まで足を運ぶことより、最寄のお寺さんで供養するということです。この不景気がもたらした影響でしょうか?。
去ることもう20年前、祖父のお骨を京都まで納骨をしました。生前、祖母もたぶんここに連れて来られることは百も承知であったのでないかと思います。また、同様に(一緒)にすることで、生きている親戚一同が納得できる行為であると思われたからです。自分も納得できました。
これで、胸のつかえを下ろすことができそうです。ありがとうございました。
仏事のことで質問をした場合、また、お願いいたします。    (合掌)

お礼日時:2001/06/13 15:34

#1のymmasayanです。

この頁が該当するのでしょうか。
死後の世界も金次第ということでしょうか。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/40 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。URL確認させていただきました。検索エンジンによるHPは、おおよそ自分の目で確認してからの質問としています。今、頂いたものも既に確認済みです。西本願寺のものでしたね。確かにおっしゃる通り、地獄の沙汰も金次第ですね。

お礼日時:2001/06/10 20:19

回答ではありませんが。

似た例を。
あるお寺に遺骨を納めると、一定期間保管(おまつり)したあと、1年分のお骨をまとめて塚にしてその上に亡くなった年に対応した守り本尊の仏像が建てられます。遺族は以後その塚(骨仏:こつぼとけ)にお参りします。
骨を大地に帰すと言う意味合いでしょうね。

この回答への補足

いの一番の回答ありがとうございます。
”1年分のお骨をまとめて”とあるので、須彌壇は1年分ぐらいのスペースしか無いということでしょうか?また、別に聞いた話なのですが、昔はその中に(須彌壇)へ入ることができた、お骨を納める場所まで見ることができたということ、ある程度、相続講金?を支払うといつでもお骨に合うことができるということも聞いたのですが・・。これも、本当のところはどうなんでしょうか?

補足日時:2001/06/09 10:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q至急!!人体図

中学校の理科の宿題で人体図の絵を書いてこいとぃゎれました!
人体図といっても。。。私が書くのは心臓、腎臓、胃です★
人のものです★写真はいやなので絵でカラー、それとその例えば心臓はどんな働きとか解説付きがぁればぃぃです★
至急お願いします!!

Aベストアンサー

心臓
http://www.mahoroba.ne.jp/~morita/link1.html
腎臓
http://www.tokachi.co.jp/~takayama/db/1/zu.htm

http://www.chiusang.com/diseases/
http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010238g.html

内臓のモデル
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/medical/organ.htm

下記で「心臓 働き」で検索
http://www.google.co.jp/

Q遺骨の納め先(長文です)

主人が40代で亡くなりました。主人は次男で、私たち夫婦には子どもがいませんでしたので、私はひとりになりました。私自身、再婚するつもりはありません。
跡継ぎがいないので、永代供養墓を見つけてきたのですが、主人の兄夫婦が、自分たちの墓地(主人の母は離婚しましたので、兄夫婦が購入した墓です)に主人のお骨を入れるべきだと言います。先々、姪甥にも世話になるかもしれないと言われれば、折れるところは折れることも必要かと、兄の見つけた墓地に、折半でお金を出し合って墓石を建てそこに、主人のお骨を入れ、分骨して私の見つけた永代供養墓にも入れるという方向でいったんは話がまとまりかけたのですが、それも反対されているような状況です。一代でまつる人が絶えるのは親族として悲しいと言われています。本当の気持ちは、費用もかかるので、私の見つけた永代供養墓に全骨を納めたいのですが、この先、兄夫婦と付き合っていくことも思うと、分骨して兄の墓に半分入れるのも仕方ないと思っています。けれど、兄の求めた交通の便が悪い墓地に全部納めてしまうのも、年を取った時にお参りしにくいのでしたくありません。兄夫婦は、姪甥に墓参りに連れて行ってもらえるとか、タクシー(片道7000円程度)で行くこともできると言うのですが、それも現実的でないように思います。
喪主は私で云々と言い出すと、またこじれそうで、この先どうするのがいいのか悩んでいます。主人が亡くなったのをきっかけに、婚家と疎遠になりたくないという気持ちがあるので・・・。二つに分けると魂が迷うとか、私の気持ちが永代供養墓に向かうと、兄の方の墓は抜け殻になるとか言われます。分骨することについてこのように反対されることは多いのでしょうか。また私のように跡継ぎがいない結婚した次男が亡くなった場合、どのようにされるのが一般的なのでしょうか。教えてください。

主人が40代で亡くなりました。主人は次男で、私たち夫婦には子どもがいませんでしたので、私はひとりになりました。私自身、再婚するつもりはありません。
跡継ぎがいないので、永代供養墓を見つけてきたのですが、主人の兄夫婦が、自分たちの墓地(主人の母は離婚しましたので、兄夫婦が購入した墓です)に主人のお骨を入れるべきだと言います。先々、姪甥にも世話になるかもしれないと言われれば、折れるところは折れることも必要かと、兄の見つけた墓地に、折半でお金を出し合って墓石を建てそこに、主人の...続きを読む

Aベストアンサー

再度amida3@本願寺派の坊さんです。
ここの文字数で宗教上のことを明確にお伝えするのは困難ですが、「お礼」を拝見し一言申し上げます。
> 自分の気持ちの中ではまだまだ、写真やお骨の方に
> 重きを置いているようで、語りかけるのはそちらの
> 方に・・・といった現状です。
現代の一般的な感情として当然であります。ある意味写真というものが発明されてしまったため、江戸時代のように写真の無い時代と比し、生前のお姿への思いが強いのが現代の状況です。ですが、写真はあくまで「生前(生まれる前)」のお姿です。娑婆世界で人間であったときが「生後」ではなく「生まれる前=生前」と表現する意味合いは、仏様として生まれさせていただく前の人間であったときという意味合いです。
では、仏さまとして生まれさせていただいた今のお姿はというと、阿弥陀様と同体の悟りを開かせていただき、阿弥陀様と同じお働きをさせていただいているわけですから(別の言い方をすると、阿弥陀様と一体になっているから)、今の仏様となったお働きをお姿に表せば御仏壇のご本尊の阿弥陀如来さまと同じお姿であります。
お寺の本堂をそのままミニチュアにして家に置いた御仏壇は大きさはお寺の本堂より小さいですが宗教上の意味合いはまったく同じです。つまり、そのミニチュア寺(お仏壇)のいわば住職はその家の主(あるじ)でありますので、hotaru04さんは亡きご主人様をご縁としてお仏壇というミニチュア寺の住職になったのです。ご精進ください。
hotaru04さんは今お悩みではありますが、こうやってインターネットで調べたり、質問したりもご主人様が仏様となって現に働いてくださっているからで、また偶然私が拝見しアドバイスしたのもご主人様が仏さまとして奥様を案じて働いてくださっているものとご理解いただければありがたい限りです。南無阿彌陀佛 合掌

再度amida3@本願寺派の坊さんです。
ここの文字数で宗教上のことを明確にお伝えするのは困難ですが、「お礼」を拝見し一言申し上げます。
> 自分の気持ちの中ではまだまだ、写真やお骨の方に
> 重きを置いているようで、語りかけるのはそちらの
> 方に・・・といった現状です。
現代の一般的な感情として当然であります。ある意味写真というものが発明されてしまったため、江戸時代のように写真の無い時代と比し、生前のお姿への思いが強いのが現代の状況です。ですが、写真はあくまで「生前(生まれる前)...続きを読む

Q人体図

すいません、困っています。
会社で怪我をした場合、会社に怪我の場所を詳しく報告をしないといけなくて・・・、
白地図のような人体図がのっているサイトをご存じでしたら教えてください。

Aベストアンサー

http://blog.ken-oke.com/archives/cat_50033847.html

↑の1月29日付けの記事の「皮膚アレルギーのかたへ 」のところに、カルテ用みたいな人体図がありますが、いかがでしょう。

Q息子の遺骨の納め方(浄土真宗)

お伺いいたします。
息子(生後3日)が二年前に亡くなりました。
お骨をお墓に納めず、今も家のお仏壇の横に置いています。
しかし、周りから、お骨をお墓に納めないと、安心して、ご浄土に逝けないとうかがいました。
私自身 幼いころから、宗教教育を受けたわけでもなく、あまりに熱心とはいえない浄土真宗です。
(1)主人が転勤族のため、住まいが転々とするので、お墓を作ることができません。決まったお寺もありません。ですので、お仏壇を購入した際、お寺の人にお仏壇に念いれ?はしてもらってませんが、主人の実家の檀家のお寺さんに、実家で、拝んでもらいました。主人は次男です。
こういう家族にはお墓を作るのは、どのようにしていけばよいのでしょうか?お墓イコール家の近くといった考えであっているのでしょうか?また、決まったお寺をさがすべきでしょうか?
(2)浄土真宗のお考えで、亡くなった人はどこへ行くんですか?
 たまに、息子は今どうしているか?誰かに抱かれて安心しているか?
 すごく心配になります。
人それぞれ 宗教感が違うので難しい問題だと思いますので、できれば、浄土真宗を信仰なさっておられる方、また、同じような経験をなさった方に限らせていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

お伺いいたします。
息子(生後3日)が二年前に亡くなりました。
お骨をお墓に納めず、今も家のお仏壇の横に置いています。
しかし、周りから、お骨をお墓に納めないと、安心して、ご浄土に逝けないとうかがいました。
私自身 幼いころから、宗教教育を受けたわけでもなく、あまりに熱心とはいえない浄土真宗です。
(1)主人が転勤族のため、住まいが転々とするので、お墓を作ることができません。決まったお寺もありません。ですので、お仏壇を購入した際、お寺の人にお仏壇に念いれ?はしてもらってません...続きを読む

Aベストアンサー

坊さん@西本願寺です。
No.1回答者:teinenさんがご回答の通りです。

(1)浄土真宗は、お墓に執着する宗派ではありませんし、仏教は遺骨を拝むという宗教でもありませんん。「お墓イコール家の近く」といった考え方はありません。結果的に昔は人口移動がありませんので住んでいる近くにお墓があるケースが多かったというだけです。
また、浄土真宗は特に各家のお墓の必要な考え方は無く、代々お墓の無い家も多くあります(代々、本山・西本願寺の大谷本廟という合同墓所にざーっとあけてくる)。つまりある意味本山参詣が墓参のようなものです。
決まったお寺というか所属寺院はあったほうが良いですが、この点はご主人の実家の旦那寺が所属寺のはずです。転居先での代理寺院は所属寺経由で案内いただくのが良いです。
(2)浄土真宗では阿弥陀仏の「必ずすくいぞ!」という誓願(本願)に素直にお任せして、阿弥陀仏の浄土に往生させていただき、阿弥陀さまと同じお悟りをいただく仏とさせていただきます。息子さんは多くの先立った先祖やご縁の方々と一緒で、祖父母とか曾祖父母、高祖父母・・・に、わが孫、わが曾孫、わが玄孫と抱きいだかれ決して一人ぼっちではありませんのでご安心ください。
(3)いろいろお悩みで一言で言えば「ご供養」というようなお気持ちがあると思いますが、p-suke9さんがいただいた命の限り、私たち自身もいつ終わるかわからない人生であるけれども毎日を力強く生き抜いていくこと、それが先立ったお子さんへの何よりものご供養であります。
阿弥陀仏の浄土に往生させていただき、阿弥陀という無量寿・無量光の仏となったお子さんが阿弥陀仏と一緒になって、いつでもどこでも光の仏さまとしてp-suke9さんを照らして勇気付けてくれているはずです。
大安心で、力強く人生を歩んでいきましょう。
合掌

坊さん@西本願寺です。
No.1回答者:teinenさんがご回答の通りです。

(1)浄土真宗は、お墓に執着する宗派ではありませんし、仏教は遺骨を拝むという宗教でもありませんん。「お墓イコール家の近く」といった考え方はありません。結果的に昔は人口移動がありませんので住んでいる近くにお墓があるケースが多かったというだけです。
また、浄土真宗は特に各家のお墓の必要な考え方は無く、代々お墓の無い家も多くあります(代々、本山・西本願寺の大谷本廟という合同墓所にざーっとあけてくる)。つまりある...続きを読む

Q痛い所がわかる人体図ありますか?

痛む箇所で病名の候補などがわかる、人体図のあるサイトはないでしょうか??

Aベストアンサー

http://www.cocokarada.jp/

これとか。

Q今のお寺には父の遺骨が埋葬されているのですが、このお寺と縁を切り遺骨を

今のお寺には父の遺骨が埋葬されているのですが、このお寺と縁を切り遺骨を自宅で祀っておくことは可能なのでしょうか。
可能な場合、手続きはどのようにすればよいのでしょうか。
墓石はありませんが、墓地をお寺に戻すのに費用がかかるのでしょうか。
ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

可能ですが、改葬には順を追っての手続きが必要になります。
いくつかのステップを踏まなければなりませんが、詳しくは以下の参考URLをご参照ください。

移転する際には移転先の「受入証明書」が必要になりますが、”ご自宅で祀っておく”ことを想定されていらっしゃいますので、受入証明書が発行できないということになります。
このケースの場合は、各自治体さんごとに対応が異なってきます。
一般のお墓から自宅で祀る形態に変更するという形は一般的ではないので、自治体さんの窓口では”あくまで「決まっていないが次のお墓を探している」「そのため一時的に自宅にお骨をもってきたい」”という説明をされるのが役所の通りがいいと思います。

ただ、縁を切りたいとお考えの現在の寺院さんにあるお墓、つまり移転元の同意が大事になってきます。
移転元には各種書類も出していただかなくてはいけませんが、移転の主旨を説明するにあたり、「縁を切りたいので・・」とニュアンスを避けることが賢明です。

費用に関しては以下が生じる可能性があります。

[1].現在のお墓(移転元)の原状回復・・・元の更地に戻す義務があります。墓石は建てていらっしゃらないということなので、この場合費用はかからない可能性が高いと思われます。ただ、お骨をお納めしている納骨棺があると思いますが、こちらの修復が必要になるかもしれません。
[2].現在のお墓(移転元)の経営主体であるお寺さんへのお布施・・・お寺さんと縁を切ると言っても、感情的になってしまうとこじれるケースは少なくないので、穏便に進められることをお勧めします。
これまでお世話になったお礼含めてお布施をお渡しするのがよろしいかと思います。寺院さんによっては離檀料というものが生ずるケースもあります。

[supported by かまくら博士|いいお墓]

参考URL:http://www.e-ohaka.com/remodel/move/index.html

可能ですが、改葬には順を追っての手続きが必要になります。
いくつかのステップを踏まなければなりませんが、詳しくは以下の参考URLをご参照ください。

移転する際には移転先の「受入証明書」が必要になりますが、”ご自宅で祀っておく”ことを想定されていらっしゃいますので、受入証明書が発行できないということになります。
このケースの場合は、各自治体さんごとに対応が異なってきます。
一般のお墓から自宅で祀る形態に変更するという形は一般的ではないので、自治体さんの窓口では”あくまで「決まっていな...続きを読む

Q人体図の画像

卒業制作で必要なので人体図の画像を探しています。
http://health.goo.ne.jp/medical/mame/karada/jin016.html
できればこのページの画像を使いたいのですが著作権がかかっているみたいで困っています。
このページの画像は使ったらやっぱりまずいでしょうか?
学校の卒業制作でしか使用しません
画像はパソコンのみで使います。
著作権がかかっていない人体図の画像はありませんか?
できれば全体図(前・後)脳や肝臓、心臓などの臓器が詳しく見れる画像が必要です。
自分の力では探すことができませんでした。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

学校に図書館がなくても、お近くに市立や県立の図書館があると思いますから、そこで該当する書籍を探してコピーすればいいんじゃないでしょうか。
コピーするに当たって、司書さんに「卒業制作で画像を使いたい」と言えば、もし著作権云々で問題があるなら止められるでしょう。
司書さんは著作権について、ある程度知識があると思いますから、聞いてみるとよいと思います。

私は法律の専門家ではないので確実なことは言えませんが、一般的に言って、何かの書物から図をコピーして利用するのであれば、そのコピーした書籍の名前を明示しておけば問題はなかったはずです(ネット上の画像についても同じことが言えるかどうかが分からないのですが)。

「卒業制作」がどのようなものか分かりませんが、その図に対して、

『○○○(書名)』(××出版社、2009年11月刊)P.123より引用

という具合にキャプションを入れるとよいと思います。

Q祖父が亡くなって今は火葬も終わり遺骨も家に戻って来て落ち着いて来たんですが、遺骨を置いて家に誰もいな

祖父が亡くなって今は火葬も終わり遺骨も家に戻って来て落ち着いて来たんですが、遺骨を置いて家に誰もいないと言うのはダメなんですかね?
一日中ではなくて3時間〜4時間くらいの間なんですがみんなが用事があって今日遺骨が家に来たのに遺骨を仏様のところに置いて家をあけてしまったのですがダメだったんでしょうか?

Aベストアンサー

大丈夫です。爺ちゃんに行ってくるね!と声かけて出かけてくださいな。

Qレオナルド・ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図

レオナルド・ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図の複製画が欲しいのですが、

どこで購入できますか?

できれば鮮明なもので、額に入ったものを求めています。

Aベストアンサー

オールポスターズ
http://www.allposters.co.jp/-st/Vitruvian-Man-da-Vinci-Posters_c83944_.htm

Q大谷本廟納骨時の昼食

大谷本廟に納骨へ、15名で行きます。西本願寺バスを止めて大谷本廟へ行こうと思っていますが、そのあと昼食をしたいと思っているのですが、よいところはありませんか?
年配の方もいらっしゃいますし、バスで移動も大変だと思いますので、大谷本廟か西本願寺の近くが良いのではと思っています。
大型バスの駐車場があれば、そのほかの場所でもよいとは思いますが・・・

Aベストアンサー

西本願寺には観光バス駐車場もあり、食事処もあります。
例)http://www.barikan-kyoto.net/shosaih.php?id=157


人気Q&Aランキング

おすすめ情報