ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

今まで皆さんが読んだ小説の中で、
面白くて官能的、またはセクシーな文章の小説は何でしょうか?

できればブックオフやamazonで入手できるような作品だと嬉しいです。
(図書館で読めるもOKです)

私が今まで読んで官能的だな、と思ったのは吉行淳之介と谷崎潤一郎です。
この二人の作品はどれも面白かったです。村上龍もセクシーで面白かったですが、
幅がありすぎて本によっては必ずしもセクシー(官能的)ではありませんでした。

一般に性的表現が多くあってもあまり色っぽくなかったのは、
村上春樹と渡辺淳一です。これは相性の問題かも…

でも、相性といったらすべてそうで、
お勧めなんて出来なくなってしまいますよね。

ですのであくまでも個人の好みの傾向の参考に書きました。

セクシーではないけど面白いと思ったのは、
夏目漱石、芥川龍之介、サリンジャー、町田康、ドストエフスキー、寺山修司(性描写あっても怨念こもっていて怖い)、坂口安吾、渋澤龍彦(性描写あってもおどろおどろしい)、などです。

狭く浅く読みましたので、偏ってしまっているかもしれませんが。

それではよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

おもしろい質問ですね~



吉行淳之介と坂口安吾の名前があるなら中上健次はいけると思います。
「重力の都」とか、すごい色気だと思います。

中上健次、ヨーロッパでも人気でした。
生きていればノーベル賞候補だったと思います。


あとは田口ランディさんとか重松清さんとかも時々セクシーなの書かれてますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

中上健次は名前を聞くばかりで、読んでおりませんでした~。
教えてくださって嬉しいです。
ヨーロッパでも人気なのですね…興味深い。

重松さんはなんていうのがセクシーか分らないのですが、
レビューをチェックしてみます!

ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/23 16:47

fkl16454さん、こんにちは。



 ワタクシこのテは決して詳しくないのですが・・・

『富島健夫』の諸作
 青春文学の代表者ですが、青いエロスを書かせては右に出る者はいないと思います。

 谷崎純一郎『フェティズム小説集』『マゾヒズム小説集』
 は読みました? 幅は狭くなっていると思いますけど・・・。

 中山可穂
『恋歌(エレジー)』『白い薔薇の淵まで』『深爪』
 ご趣味でなければ失礼。
『サイゴン・タンゴ・カフェ』は描写はほとんど出てきませんが、なんとなくエロティックな名作です。

 姫野カオルコ
『ツ、イ、ラ、ク』
 これは傑作。一読ご推薦します。

 レビューは自力で確認してください。ワタクシ本当に詳しくありませんので。。。
 

 

この回答への補足

amazonのレビュー見てきました~!
中山さんの書かれているのは女性の同性愛の物語なのですね。
う~ん、何となく男性が喜びそうな主題ですね。
富島さんは官能小説家ですね。
こちらも何となく男性向けかなぁと思ってしまいました。

姫野さんの「ツ、イ、ラ、ク」は是非読んでみたいと思います!
ありがとうございました!

補足日時:2014/09/23 17:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

沢山教えてくださって嬉しいです!
富島健夫と中山可穂は初めて知りました~。

読書の余地がまだまだ沢山あって嬉しいです。

ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/23 16:44

松崎詩織の「教育実習生」。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

amazonでレビュー見てみました!沢山本を出されている方の最初の作品集のようですね。

ただ、男性が読んで面白いものとレビューにあり、女の私が見ても面白いと思えるか分らないな、と思ってしまいました。

でも、是非読んでみたいと思います。

ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/22 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色気のある小説

何気ない仕草、匂い、音、言葉、視線に、
何か匂い立つような艶っぽさのある文章、
そういう小説を教えて下さい。
色気と言ってもいやらしい話という訳ではなくて、
例えば煙草を吸っているだけなのに妙にドキドキしてしまうとか(笑)
そういう色気です。
個人的には赤江瀑さんの「オイディプスの刃」があてはまりました。
純文学も大歓迎です。

Aベストアンサー

私も赤江さんの小説、特に短編ものが大好きです。
彼の文章は、本当に五感を刺激しますよね。とても美しい文章だと思っています。
ということで、赤江さんのものは外しますね。

翻訳ものですが、アン・ライスの『メイ・フェア家の魔女たち』の2巻をおすすめします。
突然2巻というのも変ですが(^^;、これだけで単独で読めます。
17世紀に、一人の魔女を追って書かれた報告書の形式をとっています。
その報告書を書いた青年の気持ちにシンクロできれば、かなりひたれます。

Q官能的な小説さがしています。

完全なエロ小説というよりも、恋愛感情や人間関係をエロティックに描いている文学作品を読みたいと思っています。
倉橋由美子の「聖少女」みたいなのが理想的です。
かいつまんでいうと、ただエロシーンが連続するオカズ小説というより、「文学作品」として深く読めるエロティックな本。です。
説明がうまくできず申し訳ありません…。
ちょっとでもお心当たりがあれば、ぜひともよろしくお願いします。

Aベストアンサー

やっぱり渡辺淳一がぱっと思い出しました。
個人的には昔の作品のほうが良かったなと思います。
・化身
・うたかた

それから聖少女とかの方向とは違うと思うのですが
酒見健一「陋巷に在り」
中国歴史ファンタジーです。ファンタジー文学としても面白いですが
性についても、エロティックというより、人間や世界にあふれるエネルギーのひとつ
とでもいうのでしょうかね。
隠避ではないもっとおどろしいエロティックさと、逆に少女の純愛な部分との対比とか
まあ面白いです。

Qエロティックな文学作品を教えて下さい

ポルノではなくエロティックな文学作品を教えて下さい。
オナニーもできるものだとますますいいかもしれません。

Aベストアンサー

#3の方がもう書かれていますが、山田詠美さんの本はヒェ~と思ってしまいます。
友達が「この程度じゃ全然エロティックじゃないよね?」と言い、読ませてくれたのですが、私を含めその他の友達は「いや、十分エロティックだよ。」と言いましたよ。ま、人によって感じ方は違いますので何とも言えませんが・・・ちなみに読んだ本は「姫君」です。色々な話が収録いた記憶があります。参考までに・・・。

Q男性の方に質問です。セックスしていて気持ち良いと感じる瞬間はいつですか?

男性は(女性よりも)セックスしていて気持ち良いと思わないと聞きました。
具体的に言うと、挿入した瞬間は気持ちよくないですか?
彼女を、突いている時はどうでしょうか?
イッタ瞬間、この時は気持ち良いのでしょうか?
男性の一番のセックスの喜びって何なんでしょうか?
いろいろとすみません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

既婚40代前半のおっちゃんです

基本的には全体を通して気持ちいいですが、その度合いは歴然とした波があります。

>挿入した瞬間は気持ちよくないですか?

気持ちいいです。
特に生挿入で膣口で竿の皮が「ググッ―」とチンチンの根本に引っ張られるような感覚の時はため息が出ます。

>突いている時はどうでしょうか?

これは肉体的快感というよりは、自分の下(上)で快感に体をプルプルと痙攣させている女性の姿に、何とも言えない気持ち良さを感じます。

>イッタ瞬間、この時は気持ち良いのでしょうか?

これは正に「絶頂感」です。
射精に至るまで何度も襲ってくる「射精衝動」を耐えに耐えて、ようやく射精できたときはもう全身鳥肌です。

>男性の一番のセックスの喜びって何なんでしょうか?

やっぱり「射精時の肉体的快感」と「女性を自分の思う通りにできる征服感・所有欲の充足」ですね。
特に、生中出しは最高です。
女性の膣の柔らかさ、温かさ、ヌルヌルしたヒダヒダでチンチンをこすられて、最後に「中出し」。
女性の膣内に射精している時の快感は「自分の精を受け入れてくれた」という征服感と満足感で、チンチンから全身に快感の波が広がって、大袈裟でなく「絶頂感」にとろけそうになります。

故に、この「最大の悦び」を味わえない「オナ二―」は単なる「排泄行為」で気分転換です。(それはそれで大好きですがww)

ご参考まで

既婚40代前半のおっちゃんです

基本的には全体を通して気持ちいいですが、その度合いは歴然とした波があります。

>挿入した瞬間は気持ちよくないですか?

気持ちいいです。
特に生挿入で膣口で竿の皮が「ググッ―」とチンチンの根本に引っ張られるような感覚の時はため息が出ます。

>突いている時はどうでしょうか?

これは肉体的快感というよりは、自分の下(上)で快感に体をプルプルと痙攣させている女性の姿に、何とも言えない気持ち良さを感じます。

>イッタ瞬間、この時は気持ち良い...続きを読む


人気Q&Aランキング