ちょっと変わったマニアな作品が集結

僕は、江戸川乱歩の本がすごく好きです。

少年探偵団シリーズ、奇奇怪怪な短編など

惹きこまれる魅力があります。

今、作家で、江戸川乱歩のような小説、内容を書く人を探しています。

読書好きな人、知っていたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

好きな分野が似てますね!私も、江戸川乱歩が大好きです。

少年探偵団シリーズも全部読みましたし、短編もほとんど読破したと思います。個人的に好きなのは、「心理試験」、「人間椅子」、「パノラマ島怪談」と「石榴」です。。。なんて、聞かれてませんね(笑

外国の作家になりますが、エドガー・アラン・ポー なんて如何でしょうか。江戸川乱歩も彼から強い影響を受けており、「江戸川乱歩」という名前も、彼の名前から考案したものだそうです。個人的に面白いと思ったのは、
暴露させる心臓 (Tell Tale Heart)
黒猫 (The Black Cat)
の二作品ですが、他にも「アッシャー家の崩壊」があります。ポーの代表作の一つですので、ぜひ手にとってみてください
    • good
    • 1
この回答へのお礼

長い文から、あなたが本好きというのが伝わってきました。

エドガー・アラン・ポーを探して読んでみます。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/02 21:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夢野久作に似た作家

夢野久作に似ている作家さんを教えてください。
特に気に入った作品はドグラマグラ、瓶詰の地獄、キチガイ地獄です。

Aベストアンサー

もう読んだことがあるかもしれませんが、
江戸川乱歩
大石圭

推理的な要素はないのですが、川端康成の『片腕』や『眠れる美女』は
異常な感じのする作品で、ちょっと雰囲気似てるかなと思います

Q乱歩の『二銭銅貨』の結末

私は文学作品などはほとんど読んだことがないのですが、先日あることがきっかけで、江戸川乱歩さんの『二銭銅貨』を読む機会がありました。

しかし、一番最後の段落の、「私」が読者に語りかけている部分の意味が分かりません・・

「あの品を私にくれた或る人」とはいったい誰なのでしょうか?登場人物は少ないので、誰のことを指しているのかは限られてくるのですが、再度読み返しても理解できませんでした。

お分かりになった方、解説をお願いします。

Aベストアンサー

そうですね……、書いてある通りではないでしょうか。
「私はここに詳しい説明を避け」たい、誰であるかを特定しないでいただきたいと。
そしてたぶん、その人物はこの小説中に出てくる誰でもないだろう、という予測も容易に立ちます。

二重に張りめぐらされた暗号解読がメインの推理物です。
きっかけになった品の出所が誰か、というところまでこだわった話ではないので
それで十分だと思います。いかがでしょうか。


人気Q&Aランキング