忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

果実酒を作っているのですが、果実酒の原理は浸透圧による果実汁が浸透圧により染み出すのかと思いますが、より果汁を染み出させる事を狙って(甘いのが好きでないと言うのも有りますが)ホワイトリカーだけで作っています。氷砂糖を入れると濃度が濃くなるかなって。
梅酒が梅ジュース並みに酸っぱい物が出来ます、これって単純に浸透圧だけの作用でしょうか?それともアルコールと梅酢の何らかの反応?

数年前に作ったものを酒好きの友人に味見してもらったら「酒でなくて、酢になってる」と言われました。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 むしろ大きすぎる浸透圧差は、果実酒づくりを阻害します。


 災害時の瓶首効果、ボトルネック効果をご存じでしょうか。 普段は普通に
通過できるドアでも、災害時、一時に人が集中し出られなくなる現象です。
焼失した映画館の出口に人が折り重なり… といった現象のことです。 例えば
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-yobouka/fukugou …

 同じ扉でも、一人二人が通るときと多人数が押し寄せたときで透過性が異なり
ます。 つまり、浸透圧差が高いと果皮などがバリアーになって、糖の浸透も
果汁の侵出も起こりにくくなります。よって、急に高濃度にならないよう、少し
ずつ溶ける大粒の氷砂糖を用います。

>より果汁を染み出させる
 これは、扉を破れば良いのです。例えば果実を竹串でつついたり、高温のお湯
をさっと潜したり、電子レンジ(今流行?でも、自分的には (ー。ー#)
とにかく、細胞膜を壊せば良いのです。  
http://cookpad.com/recipe/1875140
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2009/ …
 尚、真面目に発酵させて作ると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8596770.html
このような危険があり、親指を吹き飛ばした方や、拙の部活顧問のように密造が
学校の話題になった方もおられますので 他事ながらご留意を・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大きすぎる浸透圧差がかえってエキスを出にくくしているって、目から鱗です。
実を竹串で刺しては、エキスと言うより、汁と身が出てきちゃうように思いちょっとやる気になりませんが。

上手く発酵させると一升瓶が爆発する話、よく聞きます。
物置にあるものすべてが梅のにおいと、砂糖でベタベタですべてのものを捨てた話を聞きますし、夜中に大音響で爆発音が鳴ったり。

お礼日時:2014/11/25 20:47

>上手く発酵させると一升瓶が



 ↑ 思わず、吹き出して再レス書いてしまいました 何のための上手なんだろ・・・

 竹串同意します それでも急がれる場合、氷らせる手もあります。細胞膜破壊なら、
酢酸処理という手もありますが、(<海ブドウを酢醤油に入れるとしぼむ等の現象)
副作用も強いので・・・
 凍結は1~2日。少し位忘れていても大丈夫。これは果汁を変質させることなく
効きます。    捜すと・・
http://blogs.yahoo.co.jp/o_nikuya_san/7677021.html
http://kajitusyu.jugem.jp/?page=1 ←まん中位、ソルダム

 あと、回答者様で一部誤解があるようですので付記しますが、「高い浸透圧は不要」
といった内容は書いていません。当然糖を加えることで果汁の浸潤は促されます。
「高い浸透圧 差 は不要、よって氷砂糖を」と書きました 念のため失礼します ではでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

栓が吹っ飛んだりするのは当たり前、瓶の破裂もよく話になります。
表向きは梅酒を作っていて、です。実際は何を作っている事やら。
なので、私もブドウを作らなくなってから、果実酒造りを始めました。

作るときは、作り方、置き場所、器具など、吟味するんですが、私の回りは、出来ちゃうと安心するらしいです。
広口瓶で作りますが、出来上がると一升瓶に移し替えているようで、栓を炭酸飲料の飲みかけ用の栓をしたら栓が吹っ飛んだとか、聞きます。
一升瓶のプラスチックの栓をしておけば何事もないはずなのに。

お礼日時:2014/11/26 19:13

お礼読みました。


既に同様の回答が出てますが、誤解なさっいるようですので、補足しておきます。

>果汁と同程度の濃度になると、果実と溶液が同じになって、
>果汁が染み出さなくなるかなと思ってやっています。
もし、果汁の糖の濃度が、漬ける液の糖の濃度が低い場合。(つまり砂糖を入れない場合)
漬ける液が果実に吸われます。(果汁の濃度を薄める方向に浸透圧が働く)
反対に、果汁の糖の濃度が、漬ける液の糖の濃度より高い場合。(つまり砂糖をたくさん入れた場合)
果汁が、漬ける液の方へしみ出します。(漬ける液の濃度を薄める方向に浸透圧が働く)
果汁の糖の濃度と漬ける液の糖の濃度が同じであると、漬ける液が果実に吸われることも、果汁がしみ出すこともなくなるということです。

>ホワイトリカーで35度、日本酒で20度ですので、
>梅に付いている酵母は活動するかと思います。
いいえ、違います。
普通、アルコール発酵の酵母は、アルコール度数が、16~20度くらいで死んでしまいます。
ですから、20度より度数の高い酒は、発酵だけではできず、蒸留してアルコール度数を高めているのです。

日本酒というのは、世界中の醸造酒の中で、最もアルコール度数が高い部類の酒です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の書き込み、ありがとうございます。

濃い方から薄い方に染み出すのではなくて、濃い方に吸収されるんですね。
頭の中が逆でした。

質問自体が科学カテにそぐわなかったかな。

日本酒といっても、たいてい醸造アルコール添加ですからね。
蒸留酒を混ぜてアルコール度数を調整しているでしょうから。

浸透圧で、濃い方から、薄い方に染み出して、均一になろうとすると思っていましたが、濃い方に染み込んでいくんですね
目から鱗です。

お礼日時:2014/11/25 21:21

お礼コメントもまとめると、


1. 氷砂糖を入れない蒸留水の方が浸透圧が高い
2. そのためにたくさん果汁が出る
3. そのために梅酒は酸っぱくなる
と思っていらっしゃるということでしょうか?

1は誤り、そして2も誤り、3はNo.2の方がご指摘の通り砂糖が入っていないからだけのことですね。

砂糖を入れる方が果汁がたくさん取り出せることを事実の観察から確認してみましょう。

梅シロップを作られたことはありますか? 始めには梅の実と砂糖だけなのに、数週間後には大量の液体が出現します。そして、梅の実はしわしわになって、皮が種に張り付いたようになります。一方、ホワイトリカー漬けされた梅の実はどうなっていますか? 実によっては多少のしわはできているものもあるでしょうが、多くは実の形をほぼ保っているでしょう。

砂糖だけとホワイトリカーだけ、どちらが吸い出し効果が大きいか一目瞭然ですね。果汁を多く取りだしたければ砂糖を入れる方がいいのです。

「果汁と同程度の濃度になると、果実と溶液が同じになって、果汁が染み出さなくなる」というのは正しいです。この状態を最初から人工的に作り出すと果汁が出てきませんね。缶詰屋さんが行っているのはそういうことです。砂糖があるから出てこないのではありません。もっと砂糖を増やしたら果汁が出てきますよ。

砂糖を入れずにより果汁を取り出すにはどうしたらよいか?・・・と考えますと、浸透圧による方法は無理なので、別の方法を取るしかないでしょうね。梅の実をミキサー等で細かく砕いてから搾る、とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私の頭の中、まるで逆だったんですね。

梅シロップを作ったことは無いですが、カリンで梅酒と同様のことをやっています。
それで見ると、ホワイトリカーだけのカリン酒がいろんな香りが一番抽出出来るので、梅も同様かと思っていました。
カリンですと、ホワイトリカーのカリン酒は、甘みも出ます。ノドを通るときは、ただの焼酎ですが。
氷砂糖の粉末だと、カリンの香りしか出ませんし、蜂蜜漬けにすると、かなりの果汁は出るんですが、蜂蜜の甘みで、カリンが隠れてしまう感じです。
カリンは丸ごとではなく、刻んで入れますので切り口から果汁が直接出るので、梅酒とは違う気がしますが。

梅をジューサーでジュースにして、それを煮詰めて梅エキスを作っていますが、搾りたての酸っぱさと同じ程度の酸っぱさに、砂糖無しの梅酒もなりますので、エキスは十分に出ているかと思っていますが、どこかピントがはずれていたんですね。

お礼日時:2014/11/25 21:11

浸透圧云々は関係ないでしょう。


砂糖を入れなきゃ、梅の果汁がアルコール溶けたものにしかなりませんから、酸っぱくて当たり前。
それから、「酒でなくて、酢になってる」というのは、保管状態が悪かったため、アルコールが酸化して酢になってしまったという意味だと推測されます。エタノールは、酸化すると酢酸(=酢の主成分)になります。

また、
>より果汁を染み出させる事を狙ってホワイトリカーだけで作っています。
というのも疑問です。
最も果汁を染み出させるなら、砂糖の濃度をできるだけ濃くした方が良いではないでしょうか。砂糖の濃度が高いほど浸透圧は高くなるのですから。

あと、ホワイトリカーは蒸留酒ですから、ホワイトリカーの中には生きた酵母は入っていないでしょう。また、アルコール度数が高いと酵母がアルコールで死んでしまうので、ホワイトリカーそのものに発酵を進める効果は無いと考える方が普通です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

梅の持つ糖分と酵母で熟成すると思っていましたが、甘かったかな。
氷砂糖を入れないのは、果汁と同程度の濃度になると、果実と溶液が同じになって、果汁が染み出さなくなるかなと思ってやっています。
もしかして理科的に間違っていたかな?
でも昔、桃を出荷しているとき、缶詰屋さんで加工前の桃を保存するときに、桃の糖度と同じ糖度のシロップを入れて、果汁が回りの液に染み出さないようにしていたので、砂糖や塩が無い方が染み出すのかなと思っていました。
蒸留水が一番吸い出し効果があるのかなと思っています。

ホワイトリカーで35度、日本酒で20度(20度未満は酒税法で果実酒作りが禁止されているはず)ですので、梅に付いている酵母は活動するかと思います。

雑菌が繁殖したんじゃないようなので、もう少し、様子を見ようと思います。

お礼日時:2014/11/24 21:41

アルコール分による浸透圧⇒果汁吸い出し。


これだけでは、焼酎の発酵効果が少なく、梅の酸味がそのまま残ります。
氷砂糖の糖分が酵母の栄養源となって、梅エキスの発酵が進みます。
発酵の具合で梅酒の風味が変わります。
塩魚でも発酵が行われ、生魚には無い風味と旨味を生じています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

梅の持つ糖分、酵母がアルコールに染み出して、熟成すると思っていましたが、それだけでは足りないんですね。
なぜか、梅酒がうまく行かない、今年は、蒸留酒のホワイトリカーだけでなくて、醸造酒の日本酒に漬け込んだ物も、初期の日本酒の甘味も無くなっているので、やっぱり糖分不足かな。

また来年のお楽しみです。
それまで、もう少し情報を集めたいです。

お礼日時:2014/11/24 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q梅酒ビンの栓が飛ぶ?

昨年作った梅酒を一升瓶に移しました。
ふと見ると、確かにしたはずの一升瓶の栓がなくなります。
泥棒か猫のイタズラか怪奇現象しかないと思って慌てましたが、何度か同じことが起こるので、もしや梅酒が小爆発しているのでは?と考えました。
梅酒は爆発しますか?中にGが入らないように栓をガムテープで止めるのは危険だと思いますか⁇
どなたかよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

梅酒の作り方は梅1kg、氷砂糖1kg、35%焼酎1升が標準です。焼酎の使用量を減らしたり、25%焼酎を使うと梅酒のアルコール分が低くなり梅に付いている酵母が死なずに増殖し砂糖を発酵し、二酸化炭素を発生することがあります。栓が飛ぶのは酵母によるアルコール発酵が原因と思われます。
梅酒が濁っているなら酵母が原因です。また、栓が飛んだ時梅酒の中に気泡があればそれも証拠です。味や香りが通常とは少し違うと思いますが飲んでも問題はありません。

固く栓をせずガスの抜けるようなもの(アルミホイル)で瓶の口を覆えばガスは抜けゴキちゃんは入れません。

Q梅酒の梅がしわしわにならないのは何が悪いの?

去年、梅酒を作りました。母が作っていた梅酒の梅はエキスが全部出てしわしわになっていたのですが、私の作った梅酒の梅は漬けた時とかわらずふっくらしてリカーを沢山含んでます。そのせいか、梅酒自体に梅の味があまり出ていないように思います。今年こそは失敗しないで作りたいのですが、何がいけないんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

しわしわになっていた時のレシピと比べて、砂糖(氷砂糖等)の量が控えめじゃないですか?
浸透圧の差で梅の中の水分が吸い出されますが、砂糖が薄いと、その程度が低くなるのではないかと思います。

参考URL:http://www.charsbar.com/japanese/index.cgi/note/how_to_make_umeshu

Q梅酒の梅が浮く

今年の梅酒を漬けてから一月が経ちます。
例年なら漬けて数日後には梅は瓶の底に沈んでしまうのですが、未だに梅は浮いたままです。
引越しした事もあって、保存場所(例年より高温多湿)、梅の種類、ホワイトリカーの種類などが違います。
また、氷砂糖も例年より大目です。
例年と作り方が違う為、どれが原因かわかりません。

材料は8L瓶で
青梅 2kg
ホワイトリカー 3.6ℓ
氷砂糖 1.5kg
です。

梅は浮いたままでも大丈夫なのでしょうか?
(表面がカビないように振り混ぜてはいます)
いずれ沈んでくるものなのでしょうか?

また、信州から東京へ引っ越した為、高温多湿が気になります。
良い保存方法などありますでしょうか?

Aベストアンサー

氷砂糖の量が多いことが主原因だと思われます。砂糖が多いため液体の比重が重くなり、相対的に梅が軽くなるからです。普通の海だと人間は沈みますが、死海と呼ばれる塩分濃度の高い湖だと人間が浮くことと同じ原理です。

うちでは毎年梅が浮きますがカビたり腐ったりした事はありません。今年漬けた梅も同じく1ヶ月経ちますがまだぷかぷか浮いています。漬ける前にビンをよく消毒していれば大丈夫です。時間が経つと浮いていた梅は沈み始めます。

信州から東京では確かに暑さが気になると思いますが、東京程度の温度湿度では大丈夫だと思います。うちも似たり寄ったりの場所に住んでいて毎年梅酒を漬けますが失敗した事はないです。

保存場所は暗所であれば温度・湿度はさほど気になさらなくて良いと思います。家で一番涼しい場所で保存すればいいと思います。

早く飲みたい時は先の回答者のように梅に細かく穴をたくさん開けるといいですが、時間が掛かってもいいならば穴は開けなくても充分漬かります。

Q氷砂糖を使う理由

調味料として考えたとき、氷砂糖も砂糖も成分はほとんど変わらないものと考え甘味料として使います。
赤漬を作ってみようと思っていて、レシピを調べたところ、材料には氷砂糖とありました。
(括弧書きで砂糖でも可とあったのですが。)

氷砂糖を使うメリットはなんなのでしょうか??

果実酒なんかも氷砂糖を使いますよね…。
氷砂糖はじっくりゆっくり溶ける感じがします。
スープなどを強火で煮込むんじゃなくて
弱火でコトコト煮るのと同じような原理なのでしょうか?

Aベストアンサー

科学的にはこちらの説明が納得いきます。

 ・http://www005.upp.so-net.ne.jp/konan/af-1215.htm
  実験12-15 『白砂糖で果実酒はできないの?』

 【原理】部分をお読み下さい。『氷砂糖は酒(アルコール水溶液)の中でゆっくり溶けていくため,初めはアルコールが梅の実に浸透していき,氷砂糖が溶けてアルコール水溶液が砂糖の濃い溶液になると梅の実のエキスを十分溶かしたアルコールが梅の実の外に出てくる』事がメリットになりそうです。

参考URL:http://www005.upp.so-net.ne.jp/konan/af-1215.htm

Q丸2日で、梅酒の氷砂糖が全部溶けてしまい焦っています。

梅酒初心者です。よろしくお願いします。

日曜日に初めて作った梅酒の氷砂糖がもう溶けてしまいました。
下はモヤモヤと砂糖の濃度の濃いのが溜まっているみたいです。
梅はすべて中の上位の半端な所に浮いています。
下の方の梅はシワシワになっています。
(梅は道の駅みたいな所で買った、一部シミのある新鮮な奴です。
シミの奴がよりシワシワになってるかもしれません。)

冬に予行演習としてみかんやバナナ酒を作ったのですが、その時は気温のおかげか氷砂糖の溶けるペースはもっと遅かったのですっかり焦ってしまっています。
こんな時、何か打つ手はあるのでしょうか?
放っておいても大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

熟した梅は水分が抜けやすいです。
気温の影響で砂糖は溶けやすいし、エキスの抽出も早いのです。
だからそのままでいいのです。

Q梅酒がすっぱい!!

こんばんわ。

6月に初めて梅酒を漬けてみました。
今まで我慢して、我慢して、今日初めて飲んでみたのですが、
その味がちょっとすっぱいのです。

梅酒は腐ることがあるのでしょうか?
もし腐っていないのなら、すっぱいのを直す方法はありますか?

初めてで分からないことだらけです。
どなたか教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

梅酒はもともとすっぱいものです。
お酒にホワイトリカーかそれに準ずる度数(30度以上)を使って、きちんと蓋してあれば、まず腐ることはありません。大丈夫ですよ。

梅:酒:砂糖を大体1:2:0.5にすると失敗がありません。
よく初心者さんがやるんですが、梅が余ったからちょっと多めに入れちゃえ…。これは梅からたくさんエキスがでて美味しくなりそうですが、酸味もえぐみも出てしまうので、すっぱにがく、バランスの悪い果実酒になります。解消するには、酒やお砂糖を足して比率を良くすること。酸っぱいレベルなら、お砂糖だけでも十分かもしれません。

たとえば今酸っぱいと思っている梅酒。これをジャム瓶などに200mlほど取り分けてください。そこに砂糖を10g入れてかき混ぜ、一晩寝かせます。(その場で味見してもいいですが、砂糖を添加してすぐは味がばらついて判断が難しいです。)その時点で酸っぱさが解消していれば、残った梅酒2に対し、0.1の砂糖を入れればいいわけです。

お酒を足す場合は、ホワイトリカーで漬けた場合でも、追加する分は乙類焼酎やブランデーなど、ストレートでも飲みやすいお酒をお勧めします。後から入れたお酒がこなれないため、ホワイトリカーだと追加したらかえって飲みづらくなることがあります。

せっかく漬けたんですから、美味しく飲めるといいですね。
経過報告、お待ちしています。

梅酒はもともとすっぱいものです。
お酒にホワイトリカーかそれに準ずる度数(30度以上)を使って、きちんと蓋してあれば、まず腐ることはありません。大丈夫ですよ。

梅:酒:砂糖を大体1:2:0.5にすると失敗がありません。
よく初心者さんがやるんですが、梅が余ったからちょっと多めに入れちゃえ…。これは梅からたくさんエキスがでて美味しくなりそうですが、酸味もえぐみも出てしまうので、すっぱにがく、バランスの悪い果実酒になります。解消するには、酒やお砂糖を足して比率を良くすること。酸っぱい...続きを読む

Q梅酒の醸成期間は何年でもいいものなのでしょうか?

梅酒の醸成期間は何年でもいいものなのでしょうか?
教えてください。

長い間、梅酒を作っていたことを忘れていました。
今日、整理していたら、次の瓶が2つ出てきました。

(1) 1999年6月・・・やや透明な?色をしています。
             (色表現は違うかもしれません)
            梅はあまり状態は変わらず入っています。
(2) 2000年6月・・・うす褐色?ぽい色をしています。
             (色表現は違うかもしれません)
            梅はあまり状態は変わらず入っています。

 梅の作り方は折り込みレシピなどに書いてある一般的な方法でつくっています。

これって、10年経っても飲めるものなのでしょうか?
ワインみたいに年数が経ればよくなるものなのか、
まるっきりダメなものなのか疑問になりました。
試飲する勇気もありません。

いろいろインターネットで見ましたが、梅を取り出す期間の記載はありましたが、
梅酒そのものの最適な醸成期間についての記載が見つかりませんでした。

ダメなら処分したいし、飲めるものなら、少し味わってみたいし、
怖さもあり興味津津(しんしん)です。どういうものなのかを教えてください。

よろしくお願いします。

梅酒の醸成期間は何年でもいいものなのでしょうか?
教えてください。

長い間、梅酒を作っていたことを忘れていました。
今日、整理していたら、次の瓶が2つ出てきました。

(1) 1999年6月・・・やや透明な?色をしています。
             (色表現は違うかもしれません)
            梅はあまり状態は変わらず入っています。
(2) 2000年6月・・・うす褐色?ぽい色をしています。
             (色表現は違うかもしれません)
            梅...続きを読む

Aベストアンサー

自分なら、まず舐めてみますね。
梅酒は保存状態によっては、10年程度なら余裕でもちますので。
数年たったものは、まろやかになりおいしいですよ。
ブランデーのようなべっ甲のような色になっているならば、熟成されているかと。
濁っていると、ちょっと劣化がすすんでいる可能性が。

梅の実は通常数ヶ月で取り出します。梅を入れっぱなしになっている場合、タネから苦味がでます。
が、その苦味が好きであえて残すと言う人もいますしね。
この苦味は、体に良い成分だそうですよ。

あまり気温差が激しいとか、直射日光が当たるとか、ビンの清潔が保てていなかった場合には傷む事もあります。
一番心配なのはカビなので、カビがなく濁ってもいないならば、まぁちょっと舐めてみる程度は大丈夫だとおもいますよ。

上は透明でも、下にオリが沈むのは古酒ならば普通です。
今後も保管したいのでしたら、上澄みをまずとりだし、オリの部分は漉します。
アルコール分が減っているようでしたら、傷みやすくなりますので、新しい梅酒を足してアルコールを補う事もできます。

Q梅酒作りの途中で振り混ぜる?

梅酒作りに初めて挑戦しました。氷砂糖をウメの上に載せて焼酎を加える、と教科書?に書いてありその通りにしました。 今日で2日たちますが、ビンの底に全て溶けた砂糖の非常に濃い層ができて、水面のほうの焼酎層とは、砂糖の濃度に差があります。軽く揺するとモワモワっと、アイスコーヒーのシロップ層のような状態です。 ウメは表面に近い焼酎層より比重がかるいのか半分くらいが水面に顔をだしています。 さて、このまま10年くらい放置しておいて良いのでしょうか。それとも砂糖の濃い->薄い層をむらなく振り混ぜていいのでしょうか?振り混ぜるとするとその時期と頻度は? 

Aベストアンサー

こんにちわ。
最近梅酒造っていないんですが、私が以前造った時は、梅と氷砂糖を層にして漬けました。
でも、まだ2日ですよね。まだまだこれからおいしくなりますね。
だんだん梅に焼酎が染みてきて沈んできます。振り混ぜた事はないんですが、振り混ぜない事が正解とか振り混ぜる事が正解とは実はわからないんです。
ただ、振り混ぜなくてもおいしく飲めましたよ、という事だけです(笑)。
ごめんなさい、答えを出せなくて。
もう少し、様子を見てみましょう。何ヶ月か経過して、ちょっと味見して甘味が足りなかったら、途中で氷砂糖足すのもO.Kですよ。
参考までに・・。

Qホワイトリカーって焼酎のことですか?

アロエ酒を作りたくて、本にあった
「ホワイトリカー」を買いに行ったのですが
その名前ではありませんでした。
ホワイトリカーとは焼酎のことかなとも
思うのですが、そうでしょうか?

もしそうだとしたら、
焼酎と言ってもいろいろ種類があるようですが
一般にアロエ酒などに使うにはどんな種類の
焼酎がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ホワイトリカーは甲類の焼酎で、アルコール分は35%です。一般的には広口瓶入りの大容量で売られていますが、一升入り紙パックもあります。
ただ「ホワイトリカー」でなければいけないということはなく、甲類の焼酎で35%でしたらOKです。が、なるべくプレーンな(?)ものがいいでしょう。代表的な銘柄は「宝焼酎」で、昔ながらの丸底瓶の、あれです。「純」「トライアングル」などでもいいのですが、割高になりますし、風味が微妙に違います。

なお焼酎にはその甲類の他、乙類というのがありまして、「蕎麦焼酎」「麦焼酎」「芋焼酎」などがそれです。銘柄名「いいちこ」「雲海」などなどたくさんありますが、この乙類はそれぞれ素材の味や香りがついてますので、果実酒にはまったく向きません。最近は乙類がブームで、コンビニやスーパーの類いのお店だと、棚に並んでいるのは乙類の方が多いと思います。ラベルに「甲類」「乙類」の別は必ず記載されていますので、お店で品物をとってみてください。

Q梅を取り出さなかった10年以上の梅酒、飲めますか。

10年以上(記憶も定かでない)も前に漬け込んだ梅酒が出てきました。梅を取り出さなかった(ここが問題)ため、飲めるかどうか気にしています。何方か経験の有る方のアドバイスをお願いします。
(1)ブランデーと氷砂糖で漬け込んだ。
(2)ふたを開けるのに相当力が必要だったため、空気には触れていないと思われる(密閉されていた)。
(3)流しの下の冷(?)暗所に保存。
(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
(6)臭いは普通。特にくさい臭い等は無く梅酒の臭い。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
折角見つけたので是非飲みたいと思っているのですが...。

Aベストアンサー

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
梅の実を長く入れすぎた時に良く出る苦味があります。
もしくはヘタを取り損ねていると、それがエグミの元にもなります。
いずれにしても梅の方は味的に食用には向かないと思います。

これ以上の酸化防止に、一升瓶など遮光の保存瓶に移し変えましょう。
10年物の場合は、底の方に澱が溜まっている可能性があります。
そっと移し、出来ればガーゼ+コーヒーフィルターで漉すと良いでしょう。
漉す事で、エグミが取れる場合も多いです。
【漉し方】
※まず上澄みを先に他の瓶に移し、濁ってる部分だけ漉すようにしましょう。
100均で売っている大判ガーゼと、味噌漉しを用意します。
3枚以上重ね味噌漉しを覆うようにセットし、空気が混ざらないようゆっくり流しいれます。
ある程度目詰まりするようになったら、新しいガーゼに替えます。
ガーゼで荒い澱が除けたら、コーヒーフィルターです。ドリッパーにセットしやはりゆっくり流します。
目詰まりで液が出なくなったらこまめに取り替えます。
最初からコーヒーフィルターでやると、目詰まりばかりおこし、何時間もかかりますのでご注意ください。

アルコール感はまだかなり残っていますか?もしかしてかなり飛んでいませんか?
アルコールが飛んでいるとやはり酸化しやすいのでこれも手入れが必要です。
アルコールの回復には、新梅酒の追加が一番良いです。
もしも今年梅酒を漬けていれば、それをたっぷり足してください。1:1ぐらいまで大丈夫です。
新梅酒が無い場合は、漬けた酒と同等の酒を追加します。
1.8リットルで漬けているなら750mlほど足してみてください。

せっかくの10年梅酒、是非美味しく飲んでくださいね!

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味...続きを読む


人気Q&Aランキング