AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

 大阪大学工学部志望の者です。
 
 
 東北大の数学の問題3,4年分を一通り解いてみたのですが、阪大よりも東北大のほうが難しいという印象を受けました。
 阪大の過去問ももちろんするとして、東北大の数学も解いたほうが阪大の対策になると思いますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その試験時間内に、何らかの解答を作成する、


解けそうな問題、捨てる問題、を見分ける訓練をする、そして合格点っぽい答案を作る、
というくらいの練習にならなるかもしれません。
それが必要かどうかはあなた次第でしょう。

もし、ぼんくら進学校(阪大は学年トップでギリギリ落ちるのでは、という高校)の私が、なにやらにわかに学力が上がってしまい、阪大を受けることになった、というのであれば、上記のようなトレーニングをしておいた方が良いかもしれません。
なにせ、高校生活でそれらしいことは、進研模試くらいでしかやってないでしょうから。(河合はたぶん難しすぎるから学校ではやらない)
そういう高校生と、難関中高一貫校の生徒、小学校から塾通い、中学受験だのテストテストでテスト慣れしている、テストのプロかハイアマチュアみたいな人とで、すべきことが変わるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2014/12/05 12:13

思いません。


やさしい理系数学や新数学スタンダード演習などは終えたのでしょうか。
それらを終えて、ハイレベル理系数学や、新数学演習などをぼちぼちやりつつ、「暇だから」他の大学の過去問もやろうかというのであれば止めません。
東大京大東工大慶応医学部等も含めて、やれば良いと思います。
その辺りまでやれている人に阪大数学は、医学部薬学部以外は余裕でしょう。だからそれら以外であるなら、もはや対策は不要なのです。
過去問は教材ではありません。別にエラクもありません。
他大学の過去問なら、おそらくまずは、出題者が違うんでしょう。出題者の意図も違う。
であれば、市販の教材だって同じことだろうと思います。
時間配分云々、なんてことになると、他大学の過去問は使い物になるのかどうか。
合格難易度、出題難易度、試験時間、合格or目標点、異なる要素が混じり合って、訳のわからないことにならないでしょうか。
    • good
    • 0

第一志望校の過去問といっても、せいぜい15年から20年分くらいしか入手できませんよね。




それをやったら、比較的出題傾向の似た大学の問題を解くのが良いと思います。



第一志望校の過去問は勿論繰り返し解いた方がいいと思います。


あとは全国模試の問題の復習です。



歴史、生物などと違って、数学はしばらく勉強を休むと「カン」が鈍ることもあるので要注意ですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪大学理系対策に使う問題集について見て下さい。

大阪大学基礎工学部志望で宅浪しています。
大阪大の数学に対応したく、問題集のプランを決めています。しかし主観で決めたため正しいか見て頂きたいです。プランは、

黄チャート(IA~IIIC)→大学への数学:一対一対応の演習(IA~IIIC)→理系数学の良問プラチカ(IAIIB、IIIC)→過去問(赤本、青本、25ヵ年など)

・・・と考えています。プラチカまでだけで過去問に入ってもレベル的に大丈夫なのかが気になるのと、センター試験での数学はIA、IIBともに満点を狙いたいのですが問題集の内容だけで言うと上のプランで大丈夫かが気になります。現在は黄チャートをやっている最中ですが使う問題集はそれぞれ出来る限り完璧になるまでやりこなそうと思います。
使う問題集の内容とレベルで考えて、上記プランで大丈夫かを教えて下さい。もし不足があればご指摘と補う問題集を教えて頂けると嬉しいです。

ご回答宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

これがちゃんとできれば、東大数学もいけると思いますよ。
阪大は年によって問題の難しさが変わるので注意が必要ですね。

頑張ってください(^^)

Q大阪大学受験 物理勉強法について

自分は今高3で、物理の偏差値は最近の進研模試で62でした。
阪大(工学部)を受験するので、実力が足りないことは分かっています。

自分の弱点は
・単純な問題は解けるけど、九大プレみたいな、バネと単振動と運動エネルギーとか、いろいろ組み合わせられると分からなくなる

現在は
・物理のエッセンスを2周終えた
・重要問題集を毎日数題
・センター過去問を一週間で2年分くらいしてて、センター2週間前くらいに全部終える感じ


予定では
・10月までにエッセンスをもう1周
・12月までに重要問題集を2周
といった感じです。


センターまで、または2次までに何をすべきでしょうか?
詳しく教えてもらえたら嬉しいです。

あと、他の教科の質問にも答えてもらえるとうれしいです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それぞれは理解されていると思いますので、問題を分割して結合する速度を速く出来るように、数をこなすのが良いと思います。
所謂赤本も解いてみて、時間配分をどうするか再度検討する事です。
意外と中学生程度の問題でケアレスミスから点を取りこぼす方が当落ラインだと確実に落ちる事につながりますから、その意味からもセンター重視は有効です。

Q◇英作文の参考書について (阪大志望)

◇英作文の参考書について
阪大の人科志望の高3です
英作文の勉強、参考書について質問させていただきます

「神戸文章の合格英作文作成法」でイディオム(?)や例文を暗記
→「大矢英作文の実況中継」を読む
までやったところです

「ハイパー英作文(和文英訳)」を自習しつつ、「英作文のトレーニング実践編」か「最難関大への英作文」を添削してもらおうと思っています。
どちらが適していますか?また、ほかの参考書をやるべきだったら教えてください。

ちなみに英作文は得意でも苦手でもないと思います。
阪大模試(6月東進)では6~7割で、夏前に過去問を解いたときは5割でした。(時期的にも参考になるかわかりませんが…)
回答お願いします!

Aベストアンサー

とりあえず
和文英訳対策として回答します。
自由英作文でなく。
---

例文どれくらい暗記したのかな?
"単文"(※接続詞で2つの文が結びついてない文)だったら、
400~500くらいは必要かな。(※引出しが少なすぎても苦戦するので)

接続詞で2つの文が結びついている文は
「単文2つ」と計算してみて。

ちなみに、英作文対策で、一番重要なのは、ここです。
ここだけで9割がた解決、のひともいるかと。
---

で、あとは、実践演習あるのみ。
「実際の入試問題など」(※阪大のような、多少長めの文の和訳)を
解いてみて自分なりに感触をつかむだけ。
補助として添削が必要だと思えば添削してもらおう。
(対処の仕方がわからない、とか、答案チェックとか)

実践演習としては、
大学の過去問でいいとおもうし、
大学の過去問を載せている参考書でもいいと思う。
同じことかと。参考書にこだわる必要もないかと。
(※どうせ「答え」はあまり参考にならない。
自分の答案と一致するはずもないから)

ただ、参考書の欠点は、
「難しい問題ばかり集めてる」ことが、
よくありますので、気をつけましょう。
このへんは、
実際の過去問をみて確認してみてください。

---

和文英訳は、
まず「和文を和訳する」ことからはじまる。
ようすうるに、
「問題文を、自分の英語力が使えるレベルに落とす」。
だから、自分の守備範囲にもちこめばいいだけだから、
参考書はいらないんだよね。
おそわることはほとんどないわけ。
答えや解説があるだけ「大きなお世話」ともいえるし。

---

というか「添削者」に
阪大過去問を見せて、
アドバイスもらうのが先決。
添削できるレベルなら、入試対処法もわかるはず。
---

ぼくの知ってる本では、
竹岡さんの「英作文が面白いほど書ける本<原則編>」
(※いま絶版? 書名を変えて出てるかも。よく知らない)
のなかのTipsみたいの(原則とか頻出表現)は、
役に立ちそうなので、
目を通しておくといいかも。
人によっては「補完」「確認」になると思う。

でも、
最近の
入試問題のレベルがどこも高くないようなので、
そういうの読まなくても、
何とかなりそうな気もする。
(1)問題文を、言わんとすることのキモをできるかぎりかえずに、
(※どうしてもむりな箇所はばっさり落とすのもアリ)
自分の手におえるレベルに落とす。
(2)それを正確なミスのない英文に直す。
(3)機械的翻訳はアウト。「文章としておかしい英文」を書くと減点。
(4)文脈を無視した英文を書くと減点。

これでOKです。できる限り減点箇所を少なくすればいいだけ。
このへんをふまえると、
もう参考書の出番でもない気がする。
重要なのは別のところにあるかと。

いずれにせよ、教材えらびについては、
過去問やって判断するか、
もしくは添削者にアドバイスもらってください。

それに、
英作文に過剰な時間さいてもしょうがないですし。
高得点ねらってもしょうがないですし。
難問に対処できてもしょうがないですし。
ようすうに、そういうこと。

とりあえず
和文英訳対策として回答します。
自由英作文でなく。
---

例文どれくらい暗記したのかな?
"単文"(※接続詞で2つの文が結びついてない文)だったら、
400~500くらいは必要かな。(※引出しが少なすぎても苦戦するので)

接続詞で2つの文が結びついている文は
「単文2つ」と計算してみて。

ちなみに、英作文対策で、一番重要なのは、ここです。
ここだけで9割がた解決、のひともいるかと。
---

で、あとは、実践演習あるのみ。
「実際の入試問題など」(※阪大のような、多少長めの文の和訳)を
解いてみて...続きを読む

Q阪大の自由英作文の対策について

阪大工学部志望の浪人生です。

今Z会の英語をとっているのですが、阪大の自由英作文はZ会の添削だけでは足りませんか。

一応参考書としてはZ会の英作文のトレーニングか、桐原書店のハイパートレーニングを考えているのですがやったほうがいいですか。

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(A)英作文訓練ってのは、
一番重要なのは「心がけ」です。それに終始するというか。
だから、
「この本を1冊やればバッチリ」
「1冊ではたりない。2冊は必要」
というのは、「ない」です。
---

(B)じゃあ添削についてはどうなのか。
これも上記と似てる話になってきます。
「Z会の添削を半年やれば十分」「いや1年は必要」。どっちでもないです。
じゃあ添削は全く必要ないかというと、そうでもない。

添削というのは、
大学受験対策であれば
「独りよがりチェック」
「よくある「うっかり」のチェック」
「自分の持つ「英作文作成法(作成理念)」(?)の正しさのチェック」
などに使う程度かと。

だからその意味では、(チェックなのであるから、)
比較的短期の受講で十分だし、
長期やったところで「変わらない」でしょう。
---

(C)話を最初にもどします。
受験の自由英作文というのは、
基本的にいくつかの「定型型(大枠)」があり、
あとはそこに、自分の意見や出来事や説明や感想などを
「平易で、自分の知ってる、正しい英語で」盛り込むだけの作業だと思います。

---
(D)この意味でいえば、
参考書などほとんどいらない。
参考書に書くべきことといえば、「定型型の説明」くらししかない。

(定型型ってのは、
「イントロダクション->本論(First,… Second,…などなど)->結論」とかのことね)

これをふまえると、
自由英作文の参考書なんて、
型の説明だけでいいのだから、
1冊の本になるかどうかすらアヤシイ。
「1つの章」あるいは「数ページ」で済むかもしれない。
---

(E)参考書にくわしくないのだけれど、
Z会の「自由英作文のトレーニング」という本があります。
この本は、まず「基本的な型の説明」があり、
あとは「実際の入試事例を多く載せた本」です。1冊まるまるつかって。
ある意味、「見本帳」です。

阪大がどういう自由作文問題をだしてくるのか僕はしらないのだれでも、
君がやるべきこととしては、
まずカコモンで「どういう題材、どういう性質の問題がでるか」をチェックし、
その題材と性質にあった(、もしくは「似た」)項目を、
この「自由英作文のトレーニング」で読んで、
「参考になりそうなところ、なるほどと思えるところがあれば吸収していく」感じかと。

そしてそこで得た知識を、添削で実践してみる。
あるいは日記につける。

自由英作文対策って、そんなところだと思う。
---

おっと最後に1つ。
巷の英作文の本の「問題演習」を延々とやっても、
実力はあまりつかないと思う。
理由は、上でかいたつもり。(B, Cあたり)

---

おまけ。
http://kyosyo.hyogo.jp/column/osaka02.html

これを読んで見てもやっぱり、
自由英作文というのは、
参考書の問題でもないよね。

(A)英作文訓練ってのは、
一番重要なのは「心がけ」です。それに終始するというか。
だから、
「この本を1冊やればバッチリ」
「1冊ではたりない。2冊は必要」
というのは、「ない」です。
---

(B)じゃあ添削についてはどうなのか。
これも上記と似てる話になってきます。
「Z会の添削を半年やれば十分」「いや1年は必要」。どっちでもないです。
じゃあ添削は全く必要ないかというと、そうでもない。

添削というのは、
大学受験対策であれば
「独りよがりチェック」
「よくある「うっかり」のチェック」
「自分...続きを読む

Q神戸大・大阪市立大は重要問題集は必要でしょうか?

受験生の者です。最近になり大阪大学志望を神戸大学、大阪市立大学の工学部に変更しようかと思っています。神戸大・大阪市立大の場合、物理・化学においてレベル的に問題演習は「重要問題集」のレベルまでやっておくべきでしょうか?それともそこまでのレベルは必要ないでしょうか?過去問は勿論やりますが、問題演習の点で使う問題集を決めかねています。
以前の阪大志望の時の計画では物理を「物理のエッセンス」→「重要問題集」、化学を「セミナー化学」→「重要問題集」の順で進めて行くつもりでした。
また、宜しければで良いのですが赤本などを見ても上手く分析が出来ないので参考に英語・数学・物理・化学(どれかでも良いです)の阪大と比べた神戸大・大阪市立大の大体の難易度を教えて頂きたいです。本当におおざっぱでも良いです。
全体的に情けない内容になってしまいましたが、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

せっかくなので最初には書けなかったこと・言葉が足りていなかった部分についても書きますね。
(1)
>エッセンスの問題は数はそれなりですが、難易度は低いものが多いですし、頑張れば一週間もあれば一冊を終わらせることができるはずです。
セミナーは恐らく学校でもらったものだと思いますが、これはいわゆる「網羅系問題集」というやつで、僕の中では「基本問題のついた重問(問題はより多め)」という扱いでした。
回答の際、少し言い方が悪かった(ごめんなさい)のですが、「セミナーを使う」こと自体がよくないのではありません。ただ、セミナーと重問はどちらも「網羅系問題集」なので、両方全部やる、というのは無駄が多いように僕には思えるのです。現役生は時間も限られていますし、基本的には一冊で十分だと思います。それこそ答えを覚えてしまうくらいやりこんでしまったら仕方ありませんが、基本的にはどちらかを完璧にして過去問に移り、その解答解説を読み込めば十分事足りるはずです。
ただ、重問の方が問題レベルは高く、セミナーはあまりに問題数が多いので、重問を使う方がいいように僕は思いますし、もし両方使うなら、セミナーの基本問題あたりだけは完璧にしてしまって、重問に行き、重問だけでは足りないと思った分野だけセミナーをやればいいと思います。

(2)
>僕の高校は先生の方針でI・IIを一切分けずに習い、高三の一学期で化学IIの有機以外の化学全範囲を終わらせたので、あまりこの辺りはいいアドバイスができないかもしれません・・・
ただ、化学Iの範囲に関しては、秋以降からセンターまではセンター対策をひたすらやり、九割くらいとれるようにすれば無機・化学Iの理論・有機の実力はかなりつきます。たぶん神戸・市大レベルなら十分なくらいです。ただ、阪大ならこれにまだ上乗せの知識が必要です。

化学IIの気体や平衡の分野は高校化学最難関の分野ですから、今のうちからやっておかないとまずいです。センター対策を始めるまではここと有機の構造決定の少し難しい奴をひたすらやるべきです。そして、あとはセンター後までほとんど触れなくても大丈夫です。問題集の解説で解法などが理解できればいいのですが、かなりしんどいはずなので、旺文社から出ているDoシリーズという参考書シリーズの理論化学・有機化学をやるといいかもしれません。
あと、学校でもらった化学資料集はぜひ活用してください。あれを毎日少しづつ眺めているだけでも化学の学力は上がります。
夏休みの間に化学Iの有機の基本的な反応系図と化合物の名前・性質を覚え、異性体の書き出しをマスターしてください。これだけで十分ですが、これだけは絶対に完璧にしなければいけません。秋以降何もできなくなります。
化学IIの有機は半分知識問題みたいなものなのでセンター後からでも間に合います。
センターから国立前期まで一か月半近くあります。これは思っている以上に大きいです。

最後に。
この三つの大学、どこを受けるにせよセンターの得点力と英語の学力が大事です。
神戸・市大は言わずもがな。
阪大は二次が難しくなりすぎたので、この調子が続くなら恐らく半分センターと英語の勝負になると思います。
あのレベルの問題がきちんと解ける子は阪大ではなく京大・東工大に行くというのが僕周辺の見解です。
あと半年ちょっと頑張ってください。

せっかくなので最初には書けなかったこと・言葉が足りていなかった部分についても書きますね。
(1)
>エッセンスの問題は数はそれなりですが、難易度は低いものが多いですし、頑張れば一週間もあれば一冊を終わらせることができるはずです。
セミナーは恐らく学校でもらったものだと思いますが、これはいわゆる「網羅系問題集」というやつで、僕の中では「基本問題のついた重問(問題はより多め)」という扱いでした。
回答の際、少し言い方が悪かった(ごめんなさい)のですが、「セミナーを使う」こと自体がよくない...続きを読む

Q阪大医学部と大阪市立大学医学部

ただいま受験生です
成績は
河合の模試で、総合で75いくかいかないかのあたりです。
個別ですと数学78~9、英語72~3、理科70くらいです。
ほかの塾(東進)の模試ですと、昨年の合格者の点は阪医も越えているのですが、
河合だとB判定になります

高一の時から、阪医を目指してきたのですが、
現役にこだわるため、落とすとすれば、大阪市立になると思います。
このまま頑張れば阪医に届くのでしょうか。それとも大阪市立に絞っていけばよいのでしょうか。
回答をお願いします
また、無理してでも阪医を目指した方がいいなど、あれば理由も付けてお願いします。
ちなみに、心臓血管外科になりたいと思っています。

Aベストアンサー

#3さんが、相変わらず間違った回答をしているので反論します。

広島大学の霞町にある医学部は旧帝大でも準帝大でもない。
教育学部や理学部は確かに旧制広島文理科大学として伝統はあるけれど、
医学部は昭和28年に新設された医学部としては歴史は浅い大学。
平成25年時点でも、まだまだ中国四国地方で岡山大学医学部に追いついているとは
とても思えないけれど。

友達が進学したせいなのか、三重大は名医が多いとか臨床が強いとか、
広島大医学部は大阪府下でも影響力があるとか、といった根拠の無い誤った書き込みが
目立つし、挙句の果て吹田に移転して20年以上もたつ阪大医学部のキャンパスが
いまだ中ノ島にあるなんて書き込んでいます(4年前の書き込みだけれど)。

阪大医学部病院の場所さえ知らない人間が、医学部や医学部受験に詳しいなんて
とてもとても私には思えないのだけれど(笑)。

いいかげん「知ったかぶりっこ」の書き込みは止めましょうや。
真面目に質問している人の迷惑にもなるから。


前書きは長くなりましたが、偏差値とおりで勝負してもいいと思いますよ。
ただ試験科目とか配点比率で阪大医学部は京大医とはかなり違うという話はよく聞くので
そのへんはどうなんだろう。
非医学部受験に比べて医学部受験に関しては詳しくないし、朝なので確認はしていないので
何とも言えませんが。

ここでは大阪市立医が対象だけれど、
医学部希望で阪大を諦めて阪市を受験する子は多いよ。
といって、あべのの市大医学部に入学する層も全国医学部受験層の中では
上位クラスなのだから、医者になる目的からすれば構わないと思いますが。

医学部受験(特に関西の大学医学部)に詳しい通称中央情報局の方が書き込んでくれると
思いますが。

#3さんが、相変わらず間違った回答をしているので反論します。

広島大学の霞町にある医学部は旧帝大でも準帝大でもない。
教育学部や理学部は確かに旧制広島文理科大学として伝統はあるけれど、
医学部は昭和28年に新設された医学部としては歴史は浅い大学。
平成25年時点でも、まだまだ中国四国地方で岡山大学医学部に追いついているとは
とても思えないけれど。

友達が進学したせいなのか、三重大は名医が多いとか臨床が強いとか、
広島大医学部は大阪府下でも影響力があるとか、といった根拠の無い誤った...続きを読む

Q名問の森か難系か

東工大志望の新高2です。

物理のエッセンスを終えた後に何をやろうかを悩んでいます。
学校の先生によると「東工大なら難系」とのことだったんですが、ネットで色々見てみたら「名問の森が作者も同じなのでいい」となっていました。

できる限り親には負担をかけたくないので物理などは独学で何とかしたいのですが、どちらのほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえずエッセンスをしっかりやることです。一説によるとこれだけで全統模試で偏差値70近くはいくらしいです。物理は問題数をこなすことも大切ですが、それ以上に物理が体系的に「見える」ことが大切です。その「見える」段階はエッセンスで確実にしておく必要があるでしょう。

さて本題ですが、ぶっちゃけどっちでもいいです。むしろ、東工大ならエッセンスが完璧になったら、とりあえず過去問を数年分といてみることです。ここで、どれくらいできるのか?どの分野が頻出か?また、解けなかった問題はエッセンスレベルに穴があったからではないか?などをじっくり分析しましょう。その上で、ある程度傾向やニガテから何系や名門をやるにしても、どこを重点的にやるかを見極めるのです。

おそらくエッセンスレベルでも最初のほうは結構解けるはずです。熱+力学等の複合問題の解き方が不足するでしょう。あと、エッセンスは波、一部電磁気、(熱)等の分野がやや弱い気がします。これらの点は模試等でもしっかり不足を確認して対策を取る必要があるかもしれません。ちなみに、名門のほうがより標準+レイアウトが解きやすいです。難系はちらっとしかみたことないですが、問題が多い+やや何+レイアウトが難しそう、です。東工大系なら何系のほうが実践に近いかもしれませんが、だからといって率直に難系にすべきというわけではありません。難しいということはその分時間がかかりますし、全部復習しきれないで終われば本末転倒です。また、試験で重要なのはまずは「標準」を確実にすることです。名門でも東工大に受かるやつは沢山います。問題集とは別に、東工大模試等で演習をかさねて、きちんと形式に対応できるようにする必要はありますが、パターンを覚えるだけと割り切るなら名門はかなり負担が軽減されます。一方難系なら、より高度な問題にも動じずに対応できる力はつくでしょう。ただ、現役合格を目指すとなると数学や化学も含めてと負担が多いので、物理だけに難系を全部網羅させるほどの時間は取れないとおもいます。よって、難系にするならある程度、上記の分析から「必要な問題とそうでない問題をわけて、必要度の高そうな例題から確実に定着させていく」といった勉強法を前提にしておいたほうが良いでしょう。

いずれにせよ、過去問+東工大模試は重要な資料ですから、これらは早いうちに見ておくことが、名門や難系よりも重要なことです。逆にいえば、問題集を全部やらないでも、確実に過去問等で高得点が取れる(もちろん時間以内に、初見で)といえるなら、その問題集をそれ以上やる理由は薄いでしょう。他の勉強にまわすほうが現実的です。

長文ですが、ようするに「これだけやれば、過去問で合格レベルに達する」といえる実力がつけばどんな問題集をやろうと別にいいのです。名門、難系どちらにせよそれ以前が完璧なら足りないことはありません。(もしたまたま難化し、それで足りなければ、受験者の多くが足りないので結局解けるところをとれば合格できる)目標は一応受験のようなので、物理以外の分野の勉強にもこのことを生かすといいでしょう。

とりあえずエッセンスをしっかりやることです。一説によるとこれだけで全統模試で偏差値70近くはいくらしいです。物理は問題数をこなすことも大切ですが、それ以上に物理が体系的に「見える」ことが大切です。その「見える」段階はエッセンスで確実にしておく必要があるでしょう。

さて本題ですが、ぶっちゃけどっちでもいいです。むしろ、東工大ならエッセンスが完璧になったら、とりあえず過去問を数年分といてみることです。ここで、どれくらいできるのか?どの分野が頻出か?また、解けなかった問題はエッ...続きを読む

Qアルバイトに家庭教師をしたいのですが・・・。

近畿大学に今春通う者です。アルバイトは家庭教師をしたいのですが、両親からは近大レベルではまず無理だといわれています。やはり大学のレベルは関係あるのでしょうか?紹介してもらうのだったら大学の学生課に行けばよいのですか?採用の際、試験とかあるのですか?時給は大体いくらぐらいになるのですか?教えるのは小学生か中学生に限定されるのですか?(両親に高校レベルを教えるのは、関関同立レベルぐらいないと無理だといわれています。)そのほか家庭教師をする際、注意することがあれば教えてください。

Aベストアンサー

>大学生はプロの先生じゃない…その認識は間違ってますよ。親御さんたちは大学生だろうが、家庭教師の先生のことをプロっと思っています。「プロ=お金をもらって業をなしている者」だと私一個人は思っています。

下の方も書いていますが、私自身わからないところを聞かれることも時にはありますが、「先生」っと呼ばれる人間は「わからない」っという単語を発することが許されない人間なのです。対価をもらっている人間にはプロ意識っというのを持って仕事に望んで欲しいです。たとえアルバイトでも、派遣社員でも、正社員でも、有償ボランティアでも!

あと、教材販売にはノルマはありません。少なくともうちの会社の営業にはありません。その代わり、契約を取ったら取った分だけお金をもらえ、逆に系やs句を取らなかったら取らなかった分しか給料が出ない仕組みになっています。が、家庭教師にはそのようなことは全く関係ありません。私自身、いまだに他社の家庭教師もしつづけているのは、「純粋に家庭教師っという仕事が好き」なのですよ。うちの会社に所属しながら、トライさんのお仕事をしたり、ジャニアスさんの仕事をしたり、タートル先生の仕事もその年々によってやります。

あるインターネットの掲示板では、トライのことやわが社ももちろん、他の会社のこともボロカスにかかれています。関東・関西圏に存在する家庭教師派遣会社でいいことが書かれている会社はどこも無いのですよ。しかし、現実にうちの会社で順調に成績が伸びていたり、私が行く前はボロボロだったのを立て直して喜んでもらったりしているお宅の方が私は多いように思います。

教材があると、どうしても中学生の三年間分を一気にどーんっと契約料をいただきます。しかし、現実に一括で払える家というのはそうありません。そのため、うちの場合はローンで分割にするため、三年間分の契約金がどーんと表示されてしまうがために、ご家庭が驚いてしまうのです。一方、塾というのは1カ月ごとにお金をもらうために、中学三年間のお金というのは表立って現れてきませんが、振り返ってみると、結局はうちの会社のような三年間の金額がかかります。もちろん塾でも必ずテキストがありますので、塾ではテキストの金額があまりボヤけて見えにくいけど、教材抱き合わせの家庭教師派遣会社というのはそういうのが見えやすいがために、どうしても「ぼったくっている」っと言われてしまうのです。実は塾でも、教材を使わないトライでもぼったくっているのですよ。逆に塾の方が、三年間分の塾費用を表記していない分、ズルいと私自身はそう思います。

教材が高いのではなく、教材販売と家庭教師派遣、そして会社運営費や我々社員の給料分がトータルで乗っているので、教材だけが高くクローズアップますが、実はそうではないのだということをわかって欲しいものです。

教材抱き合わせの家庭教師派遣会社のことを、まるで悪魔のように思うことを私自身やめて欲しいと常々思っています。そうではないのだと!レトリックに気づいて欲しいとそう思います。対応だってAさんからすれば悪く捉えてしまうことも、Bさんからすればいいと捉えることもあります。悪く思っている人だけじゃなく、よく思っている人も多数いなければ、何十年も会社を営んでこれはしないのだと、大学生にはそう思って欲しいものです。ネットに惑わされるなと、自分の目で見聞したものだけを信じて欲しいと強く願わずに居られません。

あと、指導法ですが、基本的にはどの生徒も一緒です。が、タッチが違います。ゲーム色強い教え方をする子、罰則色強く教える子、厳しめにやる子、ほめ殺しする子…とタッチは違います。しかし、やることは結局一緒です。「何度も繰り返し繰り返し、一つのテキストだけを繰り返し」です。教材があろうがなかろうが、一緒です。むしろ教材があると、うちのどの家庭に行っても同じテキストがあるので、教える側も内容を覚えていて、予習が不要になり、ラクなんですよ。大学生の家庭教師は「自分の判断で『生徒はわかっただろう』っと思ってサクサク先に進む」指導をします。しかし、私は自分の判断ではなく、×の多さで客観的に結果で見て先を進むかどうか決めますので、相当しつこく公文式で100点を取らない限り前には進みません。時には十回ぐらい同じ単元をやることもあります。

何故なら、家庭教師の生徒の大半はいわゆる「成績不振児」なのです。五教科180/500点くらいの子なのですよ。ゆえに、頭脳にキャパシティーがあるために、こちらであれもこれも教えられないのですよ。しかし、逆に家庭教師の先生の大半はいわゆる「進学校出の大学生」なのです。それゆえに、進学校のようにサクサク先に(生徒が理解していないのに)すすめていってしまうのですよ。

その点だけはお気をつけてください。

>大学生はプロの先生じゃない…その認識は間違ってますよ。親御さんたちは大学生だろうが、家庭教師の先生のことをプロっと思っています。「プロ=お金をもらって業をなしている者」だと私一個人は思っています。

下の方も書いていますが、私自身わからないところを聞かれることも時にはありますが、「先生」っと呼ばれる人間は「わからない」っという単語を発することが許されない人間なのです。対価をもらっている人間にはプロ意識っというのを持って仕事に望んで欲しいです。たとえアルバイトでも、派遣社員...続きを読む

Q大阪大学工学部か慶應義塾大学理工学部か迷っています

先日慶應義塾大学理工学部に合格した高3生です。
25&26日に行われた第一希望の東京大学(理1)の二次試験は、まったく満足な手ごたえも得られず、結果を待つまでも無く不合格がわかっています。
後期で大阪大学工学部(以下「阪大」と呼ばせてもらいます)を受験する予定ですが、もし、阪大にも合格した場合、慶応とどちらに行くべきか、迷いが出てきています。

それぞれの学校の卒業生から間接的(親経由など)にも話が入ってきます。
自分なりに要約すると
・慶応(工)は縦横のつながりが密なので、就活においても、OBのいる研究室(や企業)への引っ張り(推薦?)などがある
・阪大は、慶応に比べると全国的な知名度が低いので、関西以外での就職には、慶応に比べると不利
・設備は阪大のほうが充実している
・将来他の(国立)大学で大学院生となるには、国立大学(=阪大)からのほうが、私立大学(=慶応大)からよりも入りやすい(?)

ちなみに、阪大ですと、自宅通学は可能です。
親は、もう一度東大にリベンジすると言う手もある、と、言うのですが、今の自分の心境としては、浪人してまでも東大再チャレンジはしたくないです。
慶応大生となって下宿することに関しては、確かに金銭的な親の負担は、阪大とは比べ物にはなりませんが、その件に関しては、特に親はなんとも言っていませんし、親は、どちらかというと、慶応に魅力を感じているようです。

阪大でも慶応でもどちらでもやりたい学問があるだけに、本当に迷っています。

もちろん、阪大後期も駄目なら、後は、慶応(工)に行くか浪人するかしか選択の余地はありませんが、阪大合格発表後慶応の授業料の振込み締め切りまで日が無いので、先走っての質問となりますが、それぞれの大学の在校生やOBの方々からコメントがいただけると嬉しいです。

どうよろしくお願いします。

先日慶應義塾大学理工学部に合格した高3生です。
25&26日に行われた第一希望の東京大学(理1)の二次試験は、まったく満足な手ごたえも得られず、結果を待つまでも無く不合格がわかっています。
後期で大阪大学工学部(以下「阪大」と呼ばせてもらいます)を受験する予定ですが、もし、阪大にも合格した場合、慶応とどちらに行くべきか、迷いが出てきています。

それぞれの学校の卒業生から間接的(親経由など)にも話が入ってきます。
自分なりに要約すると
・慶応(工)は縦横のつながりが密なので、...続きを読む

Aベストアンサー

一般的には、大阪大学 だと思います。
>慶応(工)は縦横のつながりが密なので、就活においても、OBのいる研究室(や企業)への引っ張り(推薦?)などがある
・・・それは文系での話だと思います。工学系ならOBよりも指導教授が企業とのパイプのある、力のある人かどうかが重要かと。阪大ならそこらへん問題ないでしょう。

>阪大は、慶応に比べると全国的な知名度が低いので、関西以外での就職には、慶応に比べると不利
・・・就職現場では阪大は決して知名度低くありません。低いと思われるのは「世間的な」知名度です。
例えば、東工大(国立大)などは阪大よりも世間的な知名度の低いといわれている国立大学ですが、就職では東大京大にも勝るとも劣らない強さを誇りますよ?
旧帝大の一つである阪大が知名度低いなら、一体どれほどの国立大学が知られているんでしょう?

>設備は阪大のほうが充実している
・・・設備の他にも重要なのが教員一人あたりの学生の数です。それが国立大では私立大に比べて圧倒的に少ないという利点があります。
つまり、国立大理系では私大よりも少人数教育がなされ、研究室でも教員と学生が密接であるとも言えるでしょう。

>将来他の(国立)大学で大学院生となるには、国立大学(=阪大)からのほうが、私立大学(=慶応大)からよりも入りやすい(?)
・・・国立か私立かというのは阪大と慶應大のレベルではあまり関係のない話でしょう。入りやすくなるのは、大学と同じ院に進む場合です(つまり、阪大→阪大院のような)。阪大も慶應も外部なので大差ないでしょう。
外部から入る場合は、院で専攻したい科に密接な関係のある学科なのかどうかが重要だと思います。大学で学んだ内容が直接、院試や研究に関わってくるわけですからね。

一般的には、大阪大学 だと思います。
>慶応(工)は縦横のつながりが密なので、就活においても、OBのいる研究室(や企業)への引っ張り(推薦?)などがある
・・・それは文系での話だと思います。工学系ならOBよりも指導教授が企業とのパイプのある、力のある人かどうかが重要かと。阪大ならそこらへん問題ないでしょう。

>阪大は、慶応に比べると全国的な知名度が低いので、関西以外での就職には、慶応に比べると不利
・・・就職現場では阪大は決して知名度低くありません。低いと思われるのは「世間...続きを読む

Q青チャート終了後の、演習書をさがしてます!!

東大理II志望を志望の者ですが、数学の演習書を探しています。
もうすぐ青チャート3冊とも3周するんですが、
解法を一通り習得した後に使える、難しすぎないものを探しています。
最終的には数学を勝負科目にまで持っていきたいと思ってます。

ネットや本屋でいろいろと見て回って、とりあえず今の所は
「理系プラチカ(1A2B)」「1対1」「標準問題精講」のどれかを
考えているんですが、どれが一番合っているのかよく分かりませんでした。そこで、

・それぞれの本の特徴や違い(どの本か1つでも構いません)
・その本から得られるもの
・問題数やだいたいの使用期間
・難易度の比較
・短所
等、使ったことのある方や数学の参考書に詳しい方がいましたら、教えて下さい。あと、上の3冊以外のオススメの本や、その次に使える演習書も教えてもらえるとありがたいです!!

Aベストアンサー

私は「青チャート」で一通り解法を身に付けた後は「1対1」をやりました。
実際やってみてその選択肢は正しかったと思います。

比較: 青チャートが基本問題なら1対1は受験標準問題。青チャートを仕上げた人なら無理なく1対1に進むことができる。
特徴: 標準問題に狙いを絞った例題とそれに対応する演習題。
使い方: 演習題は必ずしもやる必要はない。例題をマスターすれば十分。(青チャートや難系もいちいちすべての問題を解く必要がないのといっしょ)
使用期間: 一日4~5問で約5か月
短所: けっこう敷居が高いが青チャートを仕上げているなら大丈夫。
得られるもの:少ない問題で標準問題の解法パターンをマスターできる。

私はこの後に河合塾の「やさしい理系数学」に手をつけようと考えましたが、これは「1対1」とほぼ同レベルなのでやる必要はありませんでした。
(ただし、評判はかなり良いし、実際に見てみてもかなり良く出来てる印象をもった。「1対1」の代わりにこれをやってもいいかもしれない)

「1対1」の次に使える参考書としては河合塾の「ハイレベル理系数学」がおすすめです。
はっきりいって、「1対1」を仕上げた後でも半分も解けませんが、別解が豊富で思考力を鍛えるのに最適です。
同レベルの問題集に「新数学演習」があります。

なぜか河合塾の問題集が多くなってしまいましたが、別に私は河合塾とは何の関係もありませんよ(笑)
通っていた予備校は駿台でしたしね。

私は「青チャート」で一通り解法を身に付けた後は「1対1」をやりました。
実際やってみてその選択肢は正しかったと思います。

比較: 青チャートが基本問題なら1対1は受験標準問題。青チャートを仕上げた人なら無理なく1対1に進むことができる。
特徴: 標準問題に狙いを絞った例題とそれに対応する演習題。
使い方: 演習題は必ずしもやる必要はない。例題をマスターすれば十分。(青チャートや難系もいちいちすべての問題を解く必要がないのといっしょ)
使用期間: 一日4~5問で約5か月
...続きを読む


人気Q&Aランキング