出産前後の痔にはご注意!

今大学二年生ですが、将来公務員になろうと考えています。
そこで、独立行政法人も公務員みたいに福祉がよくて、
なおかつ選べる職種も多いと聞きました。
ほんとでしょうか?
違いを教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

非特定独立行政法人は民間団体



特定独立行政法人は省庁管轄の団体で、職員は国家公務員の身分が残ります。



>独立行政法人も公務員みたいに福祉がよくて、なおかつ選べる職種も多いと聞きました。ほんとでしょうか?

自分で調べる努力しないから公務員なんだろうな。

特定独立行政法人は8団体しかありません。
狭き門です(造幣局や国立印刷局、国立医療機構は人数多いですが大半が現場職)。

たくさんあるのは非特定独立行政法人です。
非特定独立行政法人で雇用されても公務員とはなりません。
また、国家公務員がこちらに来る(出向)場合には公務員の身分がなくなります(退職してから出向となる)。
    • good
    • 2

独立行政法人は、国会への決算報告も必要ない、天下り先です。


ここに無駄な税金が流れ込んでます。
就職としてなら、選べますが、職員は無駄に働かされ、上の天下り達は遊んでる。
そんな組織ですが、中々就職も難しいんですよ。
やる気は無くしてしまいますが、給料がいいので、皆辞めません。
そういう所にも、無駄な税金がつぎ込まれてます。

公務員は、一応必要ですが、独立行政法人の多くは、必要ない組織です。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q独立行政法人で働いてる人たちって公務員ですか?

独立行政法人で働いてる人たちって公務員ですか?
厚生年金ですか?共済年金ですか?

Aベストアンサー

公務員もいれば、そうじゃない人もいる。
ですから、厚生年金もいれば共済もいる。

ややこしいのですが、独立行政法人には、
特定独立行政法人 とそれ以外の 
独立行政法人(非特定独立行政法人)
の2種類があります。
このうち 特定独立行政法人 の 役員職 は、
国家公務員です、なので共済年金。
それ以外は、公務員じゃないので、厚生年金。

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q独立行政法人の呼び方をお教えください

独立行政法人の呼び方をお教え頂きたく投稿しました。

通常、会社であれば相手を呼ぶ際に、『御社』と丁寧に呼ぶと思います。
独立行政法人は何と呼べばいいのでしょうか?

お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

独立行政法人の場合、その後につく名称によって異なります。
○○機構であれば貴機構、○○病院であれば貴院、○○研究所であれば貴研究所といった感じになります。

Q公務員(事務職)に向く性格、体質の人とかありますか?

タイトル通りの質問です。
公務員(事務職)に向いている性格や性質って
ありますか?
あれば出来るだけ具体例など出していただければ
わかりやすくて、うれしいです。
今後の参考にしたいと思っています。
また、企業での事務職と公務でのそれは
どのように違うのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民間企業4年程経験した後、今春より地方公務員になったものです。
国の方は知らないため、地方公務員に限定したお話をさせていただきます。
(民間ではSEをやっており、大手メーカー、電鉄、銀行に出向して内部で
仕事していました。その経験からの比較です。)

【1.知人を見渡す限りでは】
まだ、公務員になって一月半ですのであまり知ったような事は言えませんが、
今まで私が関わりを持ってきた民間・公務員多々の方を私個人の見解で比較した場合、
そこに存在する方々の性格に大きな偏りは無いように思います。
ただ、民間ではちらほら困った方がいらっしゃいました。
営業に行くと行って、パチンコに行ったり、1日中ネットしていたり・・・
真面目なのは社会人として当たり前のことですから、
別に上記例と比較して公務員がこの点で優れているとは思わないのですが、
民間では、当然のことが出来ない人が多いような気がします。
(遅刻が多い・お菓子ばかり食べてるOL・敬語を使わない・謝らない)
ただこれは個人の問題ですから、それらの例外を除けば
民間・公務員でさほど差は無いように思います。
(ところでよく耳にする、仕事をしない公務員、愛想の悪い公務員というのは
今のところ目にしません。まだ入庁して一月半程度だからでしょうか・・・
そのような方が私の勤める自治体に居ないよう願っています。)


【2.望まれる性格】
1.勤勉であること
多くの人は住民票以外の事で役所に足を運ぶ機会が少ないため、
なかなか理解していただけないところなのですが、
それはそれは多くの部署が役所には存在します。
(さし当たってお住まいの自治体のホームページを隅々までご覧になれば
手がけている仕事の多さが分かるかと思います。)
自治体によるのかもしれませんが、
事務職ですと数年(3~5年)ごとに移動があると思います。
昨日まで福祉をやっていたかと思うと、
今日からまちなみ整備ということもあるわけで、
そのたびに多くの知識を吸収しなければなりません。
公務員試験も、この知識吸収の効率の良さと勤勉さを
はかるためのものなのかもしれませんね。
実際、業務知識の吸収の良さは、民間の新人の方よりも
公務員の新人の方のほうが多少優れているような気がします。
(あくまで、平均的に見て。なので、
民間でも突出して素晴らしい方も沢山いらっしゃいます。)
また、様々な部署で働ける機会があるのは公務員ならではだと思います。
「生涯特定の仕事だけではつまらない。いろんな仕事をしてみたい」
という好奇心旺盛な方には向いているのでは。
スペシャリストを目指すよりもジェネラリストを目指す人向けですね。

2.忍耐強さ
例えば民間であれば、無理難題を押しつけるだけで
何の利益にもならないお客様や取引先は、
お引き取り願うなり今後取引しないなりの対応を取ることも可能ですが、
公務員ではどのようなお客様が相手であれ、どこまでも丁寧に接しなければなりません。
ただのクレーマーならまだいいのですが、
世の中にはとても怖い方もいらっしゃいます。
しかしスルーするという選択肢は無いのです。
(社長を出せ。なんて本が売れましたが、あれよりも
ひどい方はいくらでもいます。しかもあんな強気の対応はできません・・・)
このあたりでは職員の性格に丁寧さと根気強さが求められるのではないでしょうか。
同時に余暇には上手にストレス発散できることが望ましいです。
精神病んでしまう方も多いですから・・・

3.バランスの良い人
涙ながらに深刻な相談にいらっしゃったお客様に対して、
「お気持ちはわかりますが、しかしそれは無理なのです。
このとおり法規に・・・」とにべもない対応をすると
公務員は冷たく愛想が悪い。と言われます。
じゃあ、せめて親身に話を聞くだけでも・・・
と思っても他のお客様をいつまでも待たせるわけにはいきません。
公務員は仕事が遅いと言われます。
では早々に相手を納得させるべく、認定を甘くしたりしてなんとか要望に添えようとすると
経営センスが無い。ひいきする。と言われます。
(一方で認定を厳しくしてキリキリと財布の紐を締めていくと、福祉が成り立たなくなります。)
そこで公平に対応すべく法規を遵守しますが、
杓子定規の対応でやはり冷たいと言われます。
この辺をうまく処理できるバランスの良さがある人が向いています。
同情しやすく、無理なんだけどなんとかしてあげないと!と思い詰めてしまう人は
公務員に向いていないかもしれません。

4.向上心や実行力、企画力
向上心ややる気のある人には向いていない。
というイメージを持たれている方もいらっしゃいますが、
例えば、自治体によってはアントレプレナーシップ制度などを
採用しているところもあるので、やる気と才能のある人は
自分で企画した新事業を発足することもできます。
全員が全員そこまでの能力を必要とされるかは疑問ですが、
少なくともそれぐらいの気持ちをPRできなければ面接試験を通りません。
(一応表向きは求められているということ。)



けど、上に挙げたどの例も民間企業にだって求められているんですよね。
組織としての差はあれど、個人個人を見る限りでは、
やはりあまり変わりないように思います。

以上ご参考になれば幸いです。

民間企業4年程経験した後、今春より地方公務員になったものです。
国の方は知らないため、地方公務員に限定したお話をさせていただきます。
(民間ではSEをやっており、大手メーカー、電鉄、銀行に出向して内部で
仕事していました。その経験からの比較です。)

【1.知人を見渡す限りでは】
まだ、公務員になって一月半ですのであまり知ったような事は言えませんが、
今まで私が関わりを持ってきた民間・公務員多々の方を私個人の見解で比較した場合、
そこに存在する方々の性格に大きな偏りは無いよ...続きを読む

Q大学の事務職員

こんにちは。

大学四年生の男です。
今、就活中で、大学の事務職員を受けています。

今更なのですが、大学事務職員ってどうなんでしょうか?
前は、企業版の公務員 とかいわてましたけど、今ってどうなんでしょうか?



年功序列っていいますが、30歳とか50歳になったら幾らくらい貰えるんでしょうか?

Aベストアンサー

元国立大学関係者です。

質問者様は、私立大学、公立大学、国立大学のどれに就職希望をされているのでしょうか?
ただ、大学というのは経営的に見ると長期低落産業です。少子化の影響を受けて対象の顧客が減る一方にもかかわらず文科省は新設大学を次々認めてきましたからね。過当競争もいいところです。この過当競争を乗り切るために、各大学も生き残りをかけて熾烈なサバイバルを行っています。このあたりの状況をあらかじめ踏まえて下さい。

私立大学:
通常の就職活動と同じですが、待遇については千差万別で、有名大学の場合は一部上場企業並みの給与もあるし公務員にはるかに及ばないという大学もあります。あわせていえば派遣会社からの人の占める率が高く、働いている人がほとんど下請けという部局すらあります。(国立でも結構非正規職員以外の人がいますが、私学ほどではない)採用する人数も少なく、一般的には自校の卒業生を採用することが多いです。次のページが参考になるでしょう。

ここのページが参考になります。
大学職員募集.com
http://daigakushokuin.livedoor.biz/archives/cat_25613.html

公立大学
これは大学によって状況が異なります。多くの公立大学は法人化されました。そのため教員は非公務員で事務職員のみが公務員で、自治体の部局異動の一環としてローテーションでまわるというケースもあります。この場合ですと大学に所属できる期間は2~3年ぐらいになります。また独自の職員採用をしている公立大学法人も一部にはあります。

国立大学
これは既にご存じだと思いますが、各地区毎のブロックで試験を行い、その後、各大学で面接試験があって採用するというものです。面接試験の場合電話で受付をするのですが、昨今の公務員人気で電話が殺到し、人事課の電話がふさがりっぱなしで、つながったときは既に面接の予約がいっぱいだったという悲劇が少なくありません。家族に協力してもらって3台の電話で一斉にかけたという話も聞きました。

国立大学の職員の待遇ですが、非公務員となったとはいえ、基本的には国家公務員に準じています。ただ事務職員の給与は国家公務員とのラスパイレス指数でいえば82~90ぐらいです。

また、課長以上のポストは文部科学省による全国異動の人事が多く(通常これを渡り鳥という:課長ポストの半分、部長ポストの約8割、局長の10割)出世そのものはあまり期待できない面があります。

給与でいえば、現在ですと30歳で400万ぐらいはいくでしょう。50歳で700万円をこえるかな? ただ800万円は退職間際(55歳以上)でなければ届きません。

ついてに補足すれば国立大学職員がもっともボーナスが高かったときはバブル崩壊前の年間5.45ヶ月ですし現在は4ヶ月を切っています。税金をプールして、そのカネを飲み会や旅行に使っていたということは私は全く経験していません。

なお、国立大学職員についてはここのページが参考になります。

国立大学職員日記
http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/

国立大学についてなにかご質問のことがありましたらお答えしますよ。
幸運をいのります。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/

元国立大学関係者です。

質問者様は、私立大学、公立大学、国立大学のどれに就職希望をされているのでしょうか?
ただ、大学というのは経営的に見ると長期低落産業です。少子化の影響を受けて対象の顧客が減る一方にもかかわらず文科省は新設大学を次々認めてきましたからね。過当競争もいいところです。この過当競争を乗り切るために、各大学も生き残りをかけて熾烈なサバイバルを行っています。このあたりの状況をあらかじめ踏まえて下さい。

私立大学:
通常の就職活動と同じですが、待遇については千差万別...続きを読む

Q社団法人と財団法人に勤めている人は公務員?

新卒の人とかも社団法人と財団法人に勤める事は可能なのでしょうか?
どうも天下りで年いってる人しかいないようなイメージがあります。
ただ、若い人も働いているらしいですね。
どういう経緯で入社しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 公益社団法人も財団法人も設立には官庁の許可が必要ですが、純然たる民間法人です。中には、官庁が天下り先として設立したのあります。一般には、規模の面で他の中小民間企業と同じく、情実入社が横行していますが、定期採用をしています。公務員と思われているのは、道路公団などの公庫・公団ですが、これは公共企業体といって設立の基礎となった法律により、公務員の仕事に準じたのになっていますが、公務員ではありません(刑法では公務員とみなされて、贈賄罪などの対象になっています)。これらは、独自に定期採用をしています。なお、営利を目的とする社団法人は会社といいます。

Q独立行政法人は倒産することがありますか?

独立行政法人は国の交付金で運営されていると思いますが、法人というからには倒産(破産、特別清算)とかありえるのでしょうか?民間等からの債務が返済できない場合、税金の投入(=国民負担増)が発生するのでしょうか?基本的にはスリム化・効率経営を志向しているから馬鹿げた想定かもしれませんが・・・。

Aベストアンサー

独立行政法人は、国が設置する法人ですから、その事業内容についても、所管大臣の許可を得ることになっています。
つまり、一定事業期間内に、返済計画の立たない多額の借入れ(借金)を行うこと自体が認められません。


>基本的にはスリム化・効率経営を志向しているから馬鹿げた想定かもしれませんが・・・。

いえ、それが、事業費総額は、「運営費交付金+自己収入+その他補助金」となっており、一番大きな部分を占める交付金は年々低率減されますから、自己収入中心に十分な自主財源を確保できないと、事業自体が尻すぼみになる構造です。

このことから、慢性的な赤字構造に突入すれば、事業(法人)自体を廃止するか、または、国の事業への直接介入(元に戻るのと同じ)ということになるかもしれません。
どちらにしても、これらは税金で行うことですから、極端な「放漫経営」は無いにしても、1円たりとも無駄金を使うことないように運営して欲しいものですね。

Q縁もゆかりもない市町村の採用試験の志望理由

題の通りです.志望理由が浮かびません.市のホームページを見ても参考になるようなことは書いておらず,ほとほと困っています.

Aベストアンサー

 ただ単に「奉仕がしたいんです。」という受験者がいたら、私なら真っ先に不採用にします(本来の仕事ではありませんが、採用面接担当者の仕事自体は何回もしています)。
 <ほとほと困って>いるほど理由がない状態でこんな答えをされれば、私だけでなく、たいていの面接担当者は見抜くと思います。奉仕がしたいだけならば、ほかにも方法はたくさんありますから。

 仮に、あなたが民間企業に応募するとして、その企業の所在地に縁やゆかりを求めますか?
 公務員志望ならば、「安定した職場」を求めたと答える方が正直なように思います。どのみち、近くに採用がないと答えるなら、なおさらだと思いますよ。

 縁もゆかりもない市町村を受験した人に対し、採用担当者が思うことは、この人は本当に就職してくれるだろうか?という疑念に尽きると思います。ですから、あなたが「採用されたい。採用されれば、石に齧り付いても仕事をします。」という気持ちを採用担当者に伝えることが大切だと思います。漠然としたことでも、何をしたいか、自分の考えを自分自身の言葉で伝えることが肝要だと思います。

QUR都市機構で働くことについて。

転職を考えている20代の者です。
UR都市機構(旧公団)はどんなところなのでしょうか?
仕事内容等ではなく、労働条件や雰囲気など。
良い面・悪い面教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

良い点・不良債権が多いが絶対つぶれない。紹介した民間会社に斡旋手数料を出すなど入居を催す動きが活発。土曜日の内覧や物件決定から入居までの時間短縮などの努力を感じる。

悪い点・いままでいた人が辞めたわけではないので役所的対応に憤慨することはある。

民間会社に比べると働きやすさとしては良いと思います。

Q財団法人や社団法人に中途採用で就職することは可能なのでしょうか?

こんばんは。
財団法人や社団法人に【就職先として】興味があるのですが、
中途で社員を募集するってことは、あるのでしょうか?

Aベストアンサー

財団や社団などのいわゆる公益法人は、国・地方あわせ、全国に25,000位あり
ますから、業務内容や、予算的/人員的規模、さらには管轄(官公庁・地方自
治体・民間企業)も千差万別です。

それを踏まえ…団体によって、中途採用による募集をするところもあれば、新
卒採用しか採用しないところもあり、いろいろです(原則的には、欠員がでな
ければ募集しない、職員数30名以下の零細団体がほとんどのようです)。

募集の方法も、自社ホームページにしか応募要領を掲載しない団体もあります。
希望職種・職務内容に合致した公益法人のサイトを定期的にチェックするとよ
いでしょう。
(例:医療関係の経理を希望なら、厚労省管轄の社団を調べ、定期的にみにい
くとか)

あるいは、最近は転職サイトでしか募集しない団体も多いです。公益法人の職
員募集情報がよく掲載される代表的な転職サイトとしては、例えば以下があり
ますので、希望の案件がないかを、常にウォッチングするとよいと思います


・リクナビ http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/
・朝日コム http://www.asahi.com/job/

あと、蛇足ですが昨今新聞を賑わせている公益法人改革にも注視するといいと
思います。役人の天下り先になっているとの批判が噴出していますから、経営
が補助金頼みでだったり存在意義が明確でない団体は淘汰されていく方向性に
あります。このあたりの事情も団体によっていろいろですが、全体的に、将来
性はあまり明るくないでしょうね。

最後に参考になりそうなページをいくつか紹介します。参考になれば幸いです。


公益法人データベース
http://www.koeki-data.soumu.go.jp/

日本の財団法人一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%B2%A1%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E4%B8%80%E8%A6%A7

日本の社団法人一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%A4%BE%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E4%B8%80%E8%A6%A7

財団や社団などのいわゆる公益法人は、国・地方あわせ、全国に25,000位あり
ますから、業務内容や、予算的/人員的規模、さらには管轄(官公庁・地方自
治体・民間企業)も千差万別です。

それを踏まえ…団体によって、中途採用による募集をするところもあれば、新
卒採用しか採用しないところもあり、いろいろです(原則的には、欠員がでな
ければ募集しない、職員数30名以下の零細団体がほとんどのようです)。

募集の方法も、自社ホームページにしか応募要領を掲載しない団体もあります。
希望職種...続きを読む


人気Q&Aランキング