電子回路の製作に初めて取り組んでいるものです.

エンコーダの信号をカウンタボードに
取り込む前段階で7404(反転とバッファ)を介した
回路を見受けました.

カウンタボードはTTL入力駆動で,
エンコーダはTTL出力(オープンコレクタ出力でない)なのですが,
なぜ直接つなげずに7404を介すのでしょうか?
位相が遅れるというデメリットがあると思うのですが.

どなたかご教授お願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

質問の状況が少し把握できたので、skistrさんが、機械系の学生という前提で少しアドバイスをします。


まず、エンコーダは回転数検出用の「シャフトエンコーダ」、カウンタは「uPD4202」と「uPD4204」と推測します。エンコーダからカウンタまでの伝送路がかなりあるので、ノイズ対策用に「7404」が1段入れていると思います。TTLは、ケーブル上では非常にノイズがのりやすいので、この対策として、1番手っ取り早い方法が、入力バッファを取り付けることです。この他、ツイストペアやシールドしたケーブルを出来るだけ使うようにしたり、ケーブルに流れる電流を10~20mAぐらいになるようにして、ケーブルのインピーダンスを押さえる方法があります。入力バッファは、04でも00でも540でも541でも何でもよいのですが、基本は「インピーダンスマッチング」です。
そして、確かに1段入力バッファが入っていると10~20nsの遅延が発生しますが、エンコーダのクロックは20kHz(max)と思われるので、問題にはなりません。
ノイズの話に発展しそうなんで、話は、これで止めておきます。ノイズの本は割と多いので、1度読んでみることをお勧めします。
最後に、デジタル回路で遅延が気になるのは、かなり素質ありと僕は思います。頑張って勉強してください^^。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

エンコーダはシャフトエンコーダなのですが
カウンタはインターフェイス社の「AZI-6201」という98のCバス用みたいです.

頂いたアドバイスは勉強させて頂きます.
ケーブルの電流も測ってみます.

皆様,有難うございます.

最後にピンオープンのことだけ,気になるのですが….
どなたか,またよろしくお願いいたします.

お礼日時:2001/06/23 21:36

#1の ymmasayan です。


どうも批判の的にさらされているみたいで。(笑)

それはさておき、質問者が「電子回路の製作に初めて取り組んでいるものです」とおっしゃっています。そこのところを理解して回答してあげるべきだと思いますが。必要以上の専門的知識の披瀝は必要ないと思います。

>なぜ、負論理にするかは、ボード間の信号を正論理で作って見るとわかります。

質問者には無理でしょう。

>これが目的なら普通7414かな

7414なら理想的ですが、7404だって、初心者的には充分波形整形回路として使えますね。

いずれにしても、もう少し回路がはっきりすれば、コメントしやすいのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

まずケーブルは1m以上あります.
それからカウンタボードはLSIタイプです.

回路は
A,B相が直接7404に入って反転されて
直接カウンタボードに入ってます.
余りのピンはGNDにしています.
あとはパスコンがついているだけです.

ところでコネクタが抜けてもオープンにならないため
というのはどういう意味でしょうか?
抜けたら最後,オープンだと思うのですが….

間が空いてしまったのですが,
もしお暇だったら相手して頂けると助かります.

皆様,ありがとうございました.

お礼日時:2001/06/16 18:30

7404(インバータ)の役割は(1)入力バッファと(2)ボード間の信号を負論理にするためです。

なぜ、負論理にするかは、ボード間の信号を正論理で作って見るとわかります(いろいろ不都合なことが出てきます)。また、信号を一度ICを通すと必ず遅延が発生します。これは、デジタル回路設計で考慮しなければいけない重要な要素で、この遅延が回路に影響を及ぼすかどうかを、タイミングチャートを描いてみて検討します。最後に、インバータの入力信号ラインは、必ずプルアップしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れておりました.

皆様,有難うございます.
皆様のアドバイスは大変参考に
させて頂きます。

消化できていない部分もありますが,
勉強になりました.

お礼日時:2001/06/16 18:12

私も電気回路はまだまだなんですけど・・・



>(1)7404で波形整形をしている。
これが目的なら普通7414うかな・・・おいらの記憶が正しければ
まぁ~個人的にはそうするってだですけど

もしかして、そのエンコーダってコネクタで差し込んで使うタイプ
ではないですか?それなら、sawaさんが言うようにCMOSだから
オープンにすると入力が発振してまうってのが・・・ん?どちらかっていうと
ノイズと共振いや・・・ノイズを増幅してるってとるのか?う~んわからん(爆)
とりあえずCMOSの入力は絶対にオープンにしてはダメなのでコネクタが
抜けてもオープンにならないようにってだけのことかも・・・

って、その手のバッファってケースバイケースだから回路図見ないと
わかんないっす・・・・
    • good
    • 0

#2回答の訂正です。



2)aはケーブルの長さと直接関係ありませんね。
それにymmasayanさんの2)とおなじことです。
どうもすみませんでした。
    • good
    • 0

ymmasayanの回答のほかに思いつくことですが、



エンコーダからカウンタボードまでは、長めの
ケーブル(たとえば1m以上)でつながってますか?

その場合、カウンタの構成によって以下のような
目的が考えられます。

1)カウンタは複数桁がワンチップになったCMOSのLSI
LSIの静電気破壊を防止するためにTTLバッファを
いれた。

2)カウンタは1桁1ICで、同期カウンタ構成である。
a)クロック信号の負荷が重いのでバッファを入れた。

b)バッファを入れないと桁上がりがうまくいかない。
(クロックのエッジがなまっていると、各桁のICの
閾値特性のばらつきによってトリガタイミングに
ズレが出る。バッファでエッジをシャープにすれば
OK)

そんなとこでしょうか。
    • good
    • 0

具体的な回路が判らないので、正しい回答になるかどうか判りませんが感じだけ。


以下は仮説です。
(1)7404で波形整形をしている。
(2)TTL入力、TTL出力といっても電流値に何種類かある。バッファーで電流レベル合わせをしている。
(3)正転、逆転を検知する場合、反転信号との組み合わせが必要なので、信号反転をしている。

なお、位相遅れについては1パルスの1/2ですので問題にする必要はないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマルチプレクサとオープンコレクタ端子

汎用I/O用のオープンコレクタ端子があります。これを用いて、複数の機器の電源ON/OFFなどを行いたいと思うのですが、端子の数が少ないため、マルチプレクサの使用を検討しています。

色々調べたのですが、見たマルチプレクサでは汎用I/Oの「出力」を必要としており、オープンコレクタのような「吸い込み」型ではそのまま使用できないようです。

このような場合、オープンコレクタ端子から「出力」型に変換するような回路が必要になるのでしょうか? あるいは、マルチプレクサでオープンコレクタ用というものはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

オープンコレクタ出力をプルアップ(抵抗を電源間に接続)すれば良いでしょうか。ただし、その回路で相手の入力が電気的に受け付けてくることはデータシート等で確認してください。
http://www.wdic.org/w/SCI/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E6%8A%B5%E6%8A%97

QTTL回路の基本回路

TTL回路の基本回路について教えてください。
おおまかでもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ひょっとしたら、デジタルICの基本回路形式には、DTL NANDゲート,HTL NANDゲート、TTL NANDゲート、C-MOS NANDゲート、その他がありましたが、そのTTL NANDゲートの基本回路形式の意でしょうか。
もしそうでしたら、transistor transistor logicの略です。
入力トランジスタには、マルチエミッタトランジスタと呼ばれる一つのベース拡散の中に多くのエミッタを拡散してあります。
別々のトランジスタのベースおよびコレクタを共通接続し、それぞれのエミッタを入力とするものよりかなり小型化できて、コレクタ容量などが小さく出来るので、スピードが速くなります。
見当違いかな?補足要求のほうが良かったでしょうか。

Qオープンコレクタ出力接続の注意点は

あるデジタルメータユニットの出力をリレー接点式から
オープンコレクタ方式に変更しようと考えています。
この接点は約200m離れた制御盤のDC24Vのリレー回路に
接続されています。
又このユニットの出力はリレーもオープンコネクタも4ch出力で1端子コモン方式です。

これでオープンコレクタのユニットに取替える場合の
注意点があれば、教えてください。
又動作させるリレーは、オープンコレクタ用のリレーが
あるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは

やはり 電線から乗るサージや(ゼットラップ、サージアブソーバー等)の処理 逆起電力に対する ダイオードなどが必要とします。
また ドライブ側は完全に絶縁しないと影響が出ます
(送電線路の回路とドライブ回路を)
また 送電線も 地面を這わすか 空中かでも違いますのでご注意を。

Qオープンコレクタ回路の電位について

電子回路初心者で文章苦手です。よろしくお願いします。

オープンコレクタのコレクタ抵抗に抵抗とLEDを付けた回路をつかっています。下の様に接続されています。

5V
 ↓
抵抗
 ↓
LED
 ↓
トランジスタのコレクタ
 ↓
トランジスタのエミッタ
 ↓
GND

トランジスタのベースがONのとき、抵抗とLEDの電位は4.8V、コレクターエミッタは0.2Vくらいになると分かります。
しかしベースがOFFのとき、抵抗とLEDがGNDに落ちないため、抵抗とLEDの電位はいくつになるか分かりません。

この回路でうまいこと、ベースがONのとき抵抗とLEDの電位が4.8Vで、ベースがOFFのとき抵抗とLEDの電位が0Vと読み取れるようにするにはどうしたらよいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ベースがONのとき抵抗とLEDの電位が4.8Vで、ベースがOFFのとき抵抗とLEDの電位が0Vと読み取れるようにするにはどうしたらよいでしょうか

デジタルテスター(電圧計)をお持ちなら、以下のa-c間の電圧を測定してみれば、抵抗1とLEDにかかっている電圧が分かります。アナログ(針式)テスターは誤差が大きいのでダメです。トランジスタがOFFのとき、a-c 間の電圧は ほぼ0V(0.01mVくらい出ているかも)、トランジスタがONのとき、4.8~4.9V くらいになっているはずです。

            5V
            │
            ├─ a
           抵抗1
            ├─ b
            LED
            ├─ c
            │
            C(コレクタ)
  V ─ 抵抗2 - B
            E(エミッタ)
  GND ────┴─ d

a-b 間の電圧を測定すると、コレクタに流れる電流を測定することができます。抵抗1の抵抗値を R [Ω:オーム] 、a-b間の電圧を E [V:ボルト] としたとき
   コレクタ電流 = LEDに流れる電流 = E/R [A:アンペア]
となります。抵抗1の抵抗値が R = 100 [Ω]の場合、トランジスタがOFFのとき E = 0.001 [mV] = 1×10^(-6) [V] ならば
   コレクタ電流 = LEDに流れる電流 = 1×10^(-6)/100 [A] = 1×10^(-8) [A] = 10 [nA]
となります。トランジスタがONのとき E = 2 [V] ならば
   コレクタ電流 = LEDに流れる電流 = 2/100 [A] = 0.02 [A] = 20 [mA]
となります。

>ベースがOFFのときの抵抗とLEDの電位はいくつになるか分かりません

トランジスタが OFFのとき、5V→抵抗1→LED→コレクタ という経路にはほとんど電流は流れませんが、厳密にいうと、トランジスタのコレクタからベースの方向に 「コレクタ遮断電流」 という非常に小さい電流が流れます。この電流は 1nA とか 10nA という非常に小さい電流なので、a-b間や b-c間の電圧は非常に小さくなります。a-b間や b-c間の電圧がほぼゼロなら、コレクタ電圧は ほぼ5Vになります。 a-c間の電圧 + c-d間の電圧 = 5V という関係がいつも成り立ちますので、一方の電圧が分かれば他方の電圧が分かります。

>ベースがONのとき抵抗とLEDの電位が4.8Vで、ベースがOFFのとき抵抗とLEDの電位が0Vと読み取れるようにするにはどうしたらよいでしょうか

デジタルテスター(電圧計)をお持ちなら、以下のa-c間の電圧を測定してみれば、抵抗1とLEDにかかっている電圧が分かります。アナログ(針式)テスターは誤差が大きいのでダメです。トランジスタがOFFのとき、a-c 間の電圧は ほぼ0V(0.01mVくらい出ているかも)、トランジスタがONのとき、4.8~4.9V くらいになっているはずです。

      ...続きを読む

QオープンコレクタによるNOT?

過去に、3入力NAND回路(5412)で質問をしました。
http://okwave.jp/qa2620365.html

この時に、5412は、オープンコレクタであるとの回答を受けました。
オープンコレクタについて、調べてみて
オープンコレクタがなんなのかについては理解できたと思います。

ここで、再び回路図を見てみると、
問題の回路は、プルアップされてませんでした。

このことにより、NANDの出力を反転しているのか?
と考えているのですが、イマイチ納得できません。

プルアップされていないので、出力は常に「L」なのでは
ないでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.2,3,4 です.

本件の回路との関係は不明ですが話ついでにもうひとつ。
書籍でもう見られてるかも知れませんが...

ANo.4 での「ワイヤードオア」は Low OR Low → Low というオアですが、
「ワイヤードAND」という使い方もあり、これは結局繋がり方も真理値表も同じで、結局中身は同じなのですが
High AND High → High という結果になります。
設計の意図により呼び分け、回路図への表記方法があります。
(文字では表しにくいので省略します)

参考まで。

Qモーターと駆動回路

負荷は小さいんですが、回転数は1000~4000回転/分で制御したいんです。具体的には、卒業研究で3cm×3cmくらいのガラス板を回転して、その表面に「スピンコート」を行いたいんです。
どんなモーターが適していて、回転数を制御するための駆動電源はどのようなものが必要なのか教えてください。
なるべく低予算で、駆動電源も作るかキットで買いたいと思っています。

Aベストアンサー

もしかしららカセットテープなどに使われているDCモータ
速度制御ICが使えるかもしれません。下記リンクを見てみてください。(廃止品ですが千石電商http://www.sengoku.co.jp/
で\70で購入できます。)これはDCモータから速度に比例(かな??)して発生する逆起電力を検出してモータ回転速度をコントロールするのもです。千石のHPではファンの速度制御用ICも出ていたので参照してみてください。
 ただし使うモータによって回路定数を算出する類の作業が必要になります。

参考URL:http://service.semic.sanyo.co.jp/semi/dis_pdf_j/LA5523.pdf

Qオープンコレクタバッファについて。

ユーザー論理 (1)―-
             |
             ▽
             |
     Vcc (2)―-●-――――入力端子
    または
     Vss

ネット等を調べてもいまいちオープンコレクタバッファの
目的が分かりません。
上記のような回路なのですが、一体何を意味しているのでしょうか?
(▽ がオープンコレクタバッファです)

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回路が今一理解出来ないのですが、(2)がVCCかVSSに接続していれば、バッファの出力に関係無く入力端子は固定レベルになります(VCCまたはVSS電位)。そもそも、オープンコレクタはトランジスタのコレクタ端子がそのまま出力に出ているのものです。例えば、そのトランジスタがNPNなら、オンした時はVSSになり、オフした時はハイインピーダンス状態になります。この時、前述の(2)がVCCならショートし、大きな電流が流れて破損するでしょう。(2)が抵抗を介してVCCに接続されているのなら理解出来ますが…。

参考URL:http://www.geocities.jp/noritan_micon/008/008.html

Q時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのはなぜですか?

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計数字をさすためにつかわれています。
ちなみに、“roman numerals”が10万件に対して“greek numerals”が500件ほど。率にして1/200で、ざっとみたところ、“greek numerals”を時計数字の意味でつかっている page はみあたりませんでした。時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのは日本特有の誤りであるようにおもわれます。
さらには、算用数字(1, 2, 3, 4, 5, ...)を「ローマ数字」とよんでいる page もあります。

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計...続きを読む

Aベストアンサー

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、100、1,000は、それぞれそれらに相当する文字を当てて表記するというものです。

つまり、アッティカ(?)型のギリシア数字の表記は、
現在のローマ数字の表記と非常によく似ているのです。

これは不思議なことでもなんでもなく、
そもそも、ローマ文字の由来をたどれば、ギリシア文字を借用した面があり、
(実際はエトルリア人の手を経由していますので、全く同じではありませんが)
数字の表記術も、ギリシアの都市国家によっては
ある程度は似かよった面があったのかもしれません。

ご存知のように、伝統的な歴史学に観れば、
古代ローマというのは、学問・芸術などを生み出すことにおいては、
ギリシアのそれと比して貧弱だったらしく
むしろ、文化的にはギリシアのそれを継承するにとどまったようです。

したがって、ローマ数字が、その原型である(かもしれない)(アッティカ型の)
ギリシア数字を連想させることもあるでしょう。

しかし、ご質問の誤用の原因が、
以上のような歴史的経緯に由来するとも思えませんので、
一応参考程度に・・・。

ちなみに算用数字のアラビア数字(これの由来はインド数字)を
ローマ数字と呼んでいる理由は想像つきません。

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、...続きを読む

Qオープンコレクタ出力ってうまく理解できないんですが?教えていただけます

オープンコレクタ出力ってうまく理解できないんですが?教えていただけますか。

Aベストアンサー

まず、『うまく理解できない』とのことですが、あなたの電気・電子の知識がどのくらいなのか分からないと教えることができません。
以下のリンクを見て、どこまで理解でき、どこの部分が分からないかを示して下さい。 トランジスタの動作が分からないとお手上げです。

http://www.wdic.org/w/SCI/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF

Q微分回路の理論式 画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

微分回路の理論式

画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

Aベストアンサー

回路? 単なるコンデンサーの電圧と電流の関係式ですよ。

オペアンプの入力側に抵抗 Rs が、出力側に静電容量 C のコンデンサーを接続した積分回路なのではありませんか?

微分回路を作りたければ、静電容量 C のコンデンサーを入力側に、抵抗 Rs を出力側にすればよいのです。
↓ こんな構成に。
http://www.nteku.com/opamp/opamp-differential.aspx

そうすれば、
 Vout = -Rs * Ic = -Rs * dQ/dt = -Rs * d(C*Vc)/dt = -Rs * C * d(Vin)/dt
です。


人気Q&Aランキング