出産前後の痔にはご注意!

逆相のカラムは使用後に必ず水で洗浄した上で、適当な水:溶媒系に置換するものだと思っていたのですが、今私が勤務しているところでは、誰も水で洗いません。ていうか、50%アセトニトリルを流すことを「洗浄」と称しています。実際、これでいいんですかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#6です。

お恥ずかしい限りです。
おっしゃる通り、「水:メタノール=9:1」の間違いです。別の分析条件でよく使っていたのでついつい・・・。

それから、#7さんの回答でもうひとつ思い出しました。どのようなバッファーだったかは忘れましたが、移動相をメンブランフィルターに通してからでないと使えないものがありました。

brassardさんの直面している条件で有効かどうかわかりませんが、予防の意味で一度試してみては?

既に同様の処置を済ませた上でのご質問でしたらご容赦下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうですよねえ。
いえいえ、誰にでもうっかりはあるもんです(笑)。

今回は大変勉強になりました。
bunsekiyaさんをはじめ、ご回答いただいた皆さんに心より御礼申し上げます。

お礼日時:2004/06/19 00:28

>1~2回の分析でカラムの分離が悪くなって使えなくなる試験があるんですよ。

移動相が怪しいんだってみんな言ってるんですが、リン酸buffer:アセトニトリルの系なんですよ。全然あやしくないでしょ?

まさにそのような移動相を使ってました。
1~2回ということはありませんが、サンプルを30個ほど流したあとはほぼ確実にピークがラダーになるという現象が起きました(特に何回か洗浄を繰り返したカラム)。
このときの対処としては「カラムを逆につけ、5分ほど移動層を逆流させる」そして元通り付け直して使用する。
これでダメなときはまた逆につけて純水を逆に5分流し、元通りにつけて移動相置換、30分程流して平衡化した後に使用する。
ということをやっていました。
なんだが使っているうちに塩が(入り口に)たまっているのでは?ということで詰まった塩を除去するためと聞いた気がします。
このため、私は使う前に必ず逆に5分流してから正規に取り付けて使用していました。これだとなぜか60サンプルくらいは普通に分析できていました。
分析途中でやっているとかなり時間を食うので。
(カラムの温度も下がってしまうのでその平衡化にも時間がかかる)
ただ、この方法が本当に良いかどうかは定かではありませんが。。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そんな手もあるのですね。トラブった時の選択肢のひとつに加えておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/17 00:13

懐かしい問題ですね。

以前、とある企業の分析研究室で10年間ほど勤めておりました。

まず、ODSなどの逆相系カラムを水100%で洗浄することはカラムメーカーなどに聞いてもあまりお薦めされません。バッファーを洗い流すためには水:メタノール=1:9のようなものを用いることを薦められます。

なぜかと言いますと、水100%の移動相を流しますと、疎水性であるオクタデシルシリル基のアルキルチェーン同士がペチャッとくっついてしまい、洗浄効率が悪くなってしまうのです。

なので、アルキルチェーンが展開したまま洗浄でき、塩が溶けきれずに析出することがないであろう水:メタノール=1:9あたりを使用するのです。

ちなみに、私が分析に携わっていた頃のサンプルは香料や油成分も多かったため、

水:メタノール=1:9で塩を洗い流す
  ↓
IPA100%で油性成分を洗い流す
  ↓
水:メタノール=1:1で保管

でした。サンプルに含まれる夾雑物を考えて洗浄方法を組み立てることが重要です。そうしないとゴーストピークが大事なピークにかぶってしまったりして泣きを見ます。

どちらかと言うと、1~2回でカラムをダメにしてしまう分析条件とサンプルの方に興味がありますね。

ちなみに、現在は水100%でも高極性成分を分析できるカラムが出てますので、そういうカラムの洗浄には水100%が使えるかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ほお。。。非常に論理的なご解説ありがとうございます。なるほどなるほどと思ってしまいました。
ところで、水:メタ=1:9ですか?9:1ではなくて?

お礼日時:2004/06/17 00:11

No.4で答えた者です。


100%水や100%有機溶媒が必ずしも悪いということはないとおもいますが、私の経験では使用したことはありません。詳しい原理についてはあまり覚えていないのですが、100%にした後に有機溶媒なりを混合させたときに気泡が発生する危険を避けるためとか、基材に悪いとか、という理由もあったような...自信なしです(笑)でも、カラムの洗浄で100%有機溶媒が推奨されることがあっても水というのは見かけたことはないです。
カラムの種類や使用条件によって効果的な洗浄方法は異なってきますから、お使いのカラムの具体的な洗浄方法はカラムメーカーに問い合わせるのが最良かと思います。

ところで、「リン酸buffer:アセトニトリルの系」は当然ですがその比率次第では塩が析出する場合があります。特に初めて使用するカラムは有機溶媒濃度が高い状態で出荷されていますから、急に溶離液を流すと析出しやすいです。もしカラム圧が上昇もみられるのであれば、この辺に原因はありませんか?またリン酸bufferは腐敗しやすいので、もし移動相の調製でbufferを前もって作り置きしているようなことがあると、細菌が繁殖してしまっているかもしれません。
HPLCのトラブルについてこの場でお答えするには限界がありますので、(試験方法の変更も含めて)色々探ってみてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2004/06/13 09:16

逆相系のカラムでは100%水や100%有機溶媒という洗浄はあまりしないと思います。

溶離液にバッファーを混ぜて使っていたとしたら、洗浄は「純水+有機溶媒」で行います(比率は系によると思います)。ですから、ご勤務先で行っていることは、問題が起こっていないのなら別に間違ってはいないと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですか?
もしご存知なら、その理由というか理論というか根拠というか、そんなのを教えていただけませんか?
ところで問題なんですがね、1~2回の分析でカラムの分離が悪くなって使えなくなる試験があるんですよ。移動相が怪しいんだってみんな言ってるんですが、リン酸buffer:アセトニトリルの系なんですよ。全然あやしくないでしょ?
やっぱり水で洗わないからじゃないのぉ?って個人的には思ってるんですけどね。

お礼日時:2004/06/13 00:59

私のところでは


メタノールに置換して保存(例え一晩でも)

純水で置換

移動層(バッファーとアセトニトリル)で置換

使用

純水で洗浄

メタノールで洗浄し保存

のようにしていました。
水を流すのはバッファーを流すためと教わりました。
なぜならバッファー成分がメタノールと反応して塩ができるからです。
メタノールを流す理由ははっきり聞いていませんがその方がカラムが安定しているのではないかと思います。HPLCではありませんがエタノールで保存するカラムもありましたから。
あとはカラムに不純物が強固に結合している場合に有機溶媒で洗い流すという意味もあるように思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

結構、場所によっていろんな流儀があるもんですねえ。
不純物を洗い流したいときには、塩化メチレンとかTHFとか、体に悪そうな強力なのを使う人もいますよね。

お礼日時:2004/06/13 00:49

#1 さんに追加で・・・。



 測定化合物が水:アセトニトリル(1:1)で溶けても,溶離液にバッファーを使用している場合には水による洗浄が必要です。バッファー成分を洗い流すために。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうそう、やっぱりそうですよねぇ?
私もそう思ってるんですよ。
う~ん・・・、他の方の意見も伺ってみます。

お礼日時:2004/06/13 00:43

カラムの中に残った測定物を押し出せばよいのであって、測定物が溶解する液を流しておけばよいのではないかなぁ。



水に溶けない物質を水で洗っても意味が無いような気がしますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えっと・・・逆相ですので、移動相中の界面活性剤やら塩やらを水でさっぱり洗うという意味なんですが。

お礼日時:2004/06/13 00:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QまたまたHPLCで教えてくださいな!

えっと、HPLCのベースラインのことでお尋ねします。

ズバリ、ベースラインが安定しません。
午後中流していたのですが、ずーーーーーーっと下がって(という言い方でいいのかな?)いくのです。
蛇行したりするのではなく、とにかく下がり続けるのです。

移動相をメタノール・アセトニトリル・リン酸緩衝液のものから
メタノール・アセトニトリル・クエン酸緩衝液に変えたところでこの現象です。
セルに気泡が入ってるのかなー、とも思いますが昨日までちゃんとラインは安定していて、
カラムも変えてないし、一応脱気装置もついてるし・・・。

いったい何が原因なのでしょうか?
ちなみに測定物質は安息香酸です。

ちょっとでもヒントになることがあれば、ぜひぜひご教授ください。

Aベストアンサー

>>溶離液を頻繁に変えての系内洗浄は必ずカラムを外した上で行ってください。
>えっ、そ、そうなんですね・・・。(^^;)
>すいません、知らないことだらけで・・・。

カラムや溶離液の種類によって差異はありますが、頻繁に溶離液や圧を変更するとカラムの寿命が短くなります。カラム内の溶離液を交換する際は流量(圧)を下げ、時間をかけて穏やかにやるのが基本です。

rei00さんもおっしゃるように水で充分に洗浄したほうがよいでしょう。いきなりメタノールを通すと無機塩が析出してしまう可能性も生じてきますから。水で洗浄後、水/メタノール混合溶液→メタノール→水/メタノール混合→水、最後に使用する緩衝液といった順番で流せばいいように思います。有機物が付着している可能性があるのならば、メタノール洗浄後にアセトニトリルや場合によっては2-プロパノールで洗浄するのもいいかもしれません。


rei00さん、こんにちは。
>>溶離液を流しっぱなしにしておくと自然に問題が解決
>>することもよくあります(答えになっていないけど)。
>これは溶離液を流しっぱなしにした事で,系内の溶離液交換が完了した結果だと思いますが。いかがでしょうか。

そうですね。私が体験したトラブルの原因は、ほぼ100 %これによるものと考えています。

>>溶離液を頻繁に変えての系内洗浄は必ずカラムを外した上で行ってください。
>えっ、そ、そうなんですね・・・。(^^;)
>すいません、知らないことだらけで・・・。

カラムや溶離液の種類によって差異はありますが、頻繁に溶離液や圧を変更するとカラムの寿命が短くなります。カラム内の溶離液を交換する際は流量(圧)を下げ、時間をかけて穏やかにやるのが基本です。

rei00さんもおっしゃるように水で充分に洗浄したほうがよいでしょう。いきなりメタノールを通すと無機塩が析出してしまう可能性も...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q統計学でいうRSD%とは何ですか。

統計学でいうRSD%の平易な説明と計算方法を知りたいのですが。標準偏差はわかります。

Aベストアンサー

RSD%とは、相対標準偏差をパーセントで表示したものと思われます。

相対標準偏差(%)=(標準偏差/平均値)×100

次のページは、「相対標準偏差 RSD 平均値」で検索して出たものの一つです。
http://www.technosaurus.co.jp/product/mlh_faq_sd1.htm

参考URL:http://www.technosaurus.co.jp/product/mlh_faq_sd1.htm

QHPLCのピーク時間の誤差

同じ物質をHPLC分析した時、ピーク時間は0.1程度は誤差が出るものなのでしょうか。
例:物質Aを分析すると1回目は4.55に、別の時には4.65でピークが出てくる

Aベストアンサー

インジェクションマシンをご利用なら理由は不明に近いです。
手でインジェクションするなら、ばらつきます。

なお重大なのは保持時間自体ではなく保持時間の相対比です。
今は全てインテグレータが処理してくれるので、インテグレータの設定で揺らぎがキャンセルできるような現象は余り気にする必要はありません。
問題はその範囲におさまらない場合か、保持時間が一方方向に不可逆に移動する場合です。

>0.01分の誤差だったらおかしくない
全ては比率ですから、保持時間四分なら「気分が悪い」程度。
二十分なら無視です。

QHPLCの順相と逆相

現在のHPLCは順相より逆相のほうが主流であるということを本で読んだのですが、これはなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

液クロの基本原理は、吸着相(シリカゲルなど)と移動相間での分析物質の分配によります。移動溶媒に溶けにくいものは、吸着相側に強く引き寄せられ、なかなか出てきません。
吸着相に用いられてきたシリカゲルやアルミナなどは、ご存知のように水などに溶けます。つまり、従来のタイプ(順相)とは、移動相に用いられる溶媒がヘキサン~酢酸エチル程度の低極性溶媒に限られていました。分析したい化合物がこれら低極性溶媒に溶けにくい/難溶性などの場合、カラム内に捕捉されたまま出てこず、分析出来ません。
逆相カラムとは、吸着剤の表面を色々な化合物で装飾することで、移動相に水やアルコールなど極性の高い溶媒を用いることが出来るようにしたものです。アセトニトリルやメタノール、水などが用いれる時点で、多くの化合物を溶解させられる事がおわかりでしょう。移動相の極性で分類するならば、順相:無極性~低極性、逆相:中極性~高極性、となるのですが、実質的に網羅する極性の範囲としては、逆相のほうがずっと広いのです。また、分析対象が低極性物質だったとしても、移動相の溶媒に少しでも溶解するならば、逆相で分析可能です。移動相(溶媒)と吸着相(充填剤)の双方に追い出されながら、カラム内を進んでくるとイメージすれば、考えやすいのでは。
極性等の効果をさらに増幅する為、塩(イオン)の添加などもよく行われます。順相では、当然無理ですね。
なかなかに良い事が多いのですが、順相で分析可能な化合物は、なるべく順相で分析するのを好む人が多数います。それは、逆相の場合
(1)移動相が混合溶媒になる場合が多く、調合の誤差による影響が大きい。(つまりは、多用な極性に調整出来る事の裏返しです。)
(2)液の粘度が高くなるので、流せる溶媒の量が少なくなる。(圧力が高くなってしまうため。) また元々は順相で用いられる充填剤を修飾により(無理やり)逆相で用いれるようにしている為、強度は低めである。カラムの価格は高めである。
(3)TLC板などで予備的に検討が出来ない(順相なら可)。
(4)分析に要する時間が長くなる。
等の理由によります。技術的に優位なのは明白なのですがね。

液クロの基本原理は、吸着相(シリカゲルなど)と移動相間での分析物質の分配によります。移動溶媒に溶けにくいものは、吸着相側に強く引き寄せられ、なかなか出てきません。
吸着相に用いられてきたシリカゲルやアルミナなどは、ご存知のように水などに溶けます。つまり、従来のタイプ(順相)とは、移動相に用いられる溶媒がヘキサン~酢酸エチル程度の低極性溶媒に限られていました。分析したい化合物がこれら低極性溶媒に溶けにくい/難溶性などの場合、カラム内に捕捉されたまま出てこず、分析出来ません。
逆...続きを読む

QGC、HPLCでのピークのテーリング、リーディングについて

GC、HPLCのピークのテーリング、リーディングについて教えてください。
1.GCで分析を行い、昨日はきれいなピークであったのに、同じ条件、カラム、機器で本日分析したところ、明らかなテーリングが見られました。カラムのエージング、インサートの洗浄、ウールの交換をしたが改善しませんでした。他に解決のための方法はありますか?また、テーリングが急に発生した原因として何が考えられるでしょうか。
2.一般的に、GC、HPLCでピークのテーリング、リーディングを起こす理由は何でしょうか。
3.そもそも、なぜピークがリーディング、テーリングすると悪いのでしょうか。
いろいろまとめて質問をして申し訳ありません。お教え頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.両日の間にカラムの付け替え等を行っていないのであれば、昨日のサンプルが原因でカラムが劣化したのではないでしょうか?分析サンプルに酸などカラムを痛めるようなものは混入していませんでしたか?また、使用終了時に温度を上げて残留物の追い出し等をされましたでしょうか?同じカラムが近くにあれば付け替えてみて試されることをおすすめします。キャピラリーカラムであればインジェクション側を数cm切ってみてもいいかもしれません。
カラムを付け替えたりしたのであればフェラルの閉まり具合や、(キャピラリーであれば)キャピラリーの断面を確認してリークがないことを確認したほうがいいと思います。

2.種々ありますが1.で述べたカラムの劣化やカラム前後の流路の汚れ、流量の不安定、制御系の不具合などがあると思います。

3.分離したいピークが近くにあると重なるのが一番の問題ですね。あとはテーリングの切れが悪いとピーク認識が難しくなり、定量ソフトの設定次第で定量値が大きく変わったりします。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

QExcelでCVを計算するには

Excelを使ってCV(変動係数)を計算するにはどうすればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

CV(変動係数)=標準偏差/平均

今、範囲(A1:Z1)にデータがあるとして


標準偏差=STDEVP(A1:Z1)

平均値=AVERAGE(A1:Z1)

従って CV=STDEVP(A1:Z1)/AVERAGE(A1:Z1)

で如何でしょう?

標準偏差に不偏標準偏差を使う場合はSTDEV(A1:Z1)にしてください。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

QHPLCの負のピーク

HPLC初心者です。
HPLC分析結果に、どの物質を分析しても必ず1分台に負のピークが出てしまうのですが、
これはなぜなのでしょうか。
また、負のピークは本来なら出てはいけないものなのですか?
わからないことばかりですみません。
どなたかお願い致します。

Aベストアンサー

私の経験から先に結論を言いますと、負のピークがでても測定に問題ありません。
  但し、インジェクション部、カラムの接続部等に問題がないことが前提です。
  もう一度各部を点検してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング