今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

N1ZのNAS等SSDのみ購入できないものは別として(価格も納得行きませんし)、オーディオ用途でのSSDもしくはオーディオに使えそうなSSDのメーカや型番を教えていただけませんでしょうか。

500G以上の物を探しています。未だ市場にはないのでしょうか。
メモリーにOSや音源を入れて再生することが流行っているように、SSDの方がHDDよりも振動しませんし有利かと思いますが、いかがでしょうか。

また、HDDの場合ですと回転数などから的を絞れたかと思いますが、SSDの場合どの辺りを注意すればよいのでしょうか。

よろしくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私の場合、みなさんとは真逆です。

現在のところ、耳でしか判断できないし、再生する環境も違うので、これもオーディオとお思い下さいw
最終的には、質問者さんが実際に聴いてご判断なさるしかないのは言うまでもありません。

「デジタル的に正しく読み出せれば音は同じ」であるなら、CDプレーヤーもPCオーディオも音は同じはずです、と言っておきますw


●音質の良いSSD(私の基準)
・SLC
・プロセスルールが荒い

こういう基準だと容量は大きくないし、高いし、古いSSDを探すことになるので、質問者さんのご要望とは外れてきますw プロセスルールも極限まで来てるようですが・・。

ただ、SSDは長期保存メディアに向いていないとも思っています。
良く知られているのは書き込むたびに劣化していく問題ですが、データを書き込んで放置しておくだけでも電荷が抜けていくので(特に最初)、安定的なデータ保持には疑問が残ります。単に動作すればいいだけでなく、音質まで考慮するのならw

音質的な理由でSSDを使いたい場合、長期的なストレージはHDDにまかせ、再生したいものだけSSDにコピーしておくなど中期的な使い方がいいかと思います。

ちなみに私の場合、SSDよりHDDの音を好みます。

●種々メモリーとの兼ね合い
HDDやSSDから再生する場合でも、媒体から直接再生されるわけではありません。
どこにどれだけあるかよくわかりませんが、HDDやSSDのキャッシュ、OSのキャッシュ、再生ソフトのバッファなどのメモリーを経由しています。

私も、WaveFilePlayerなど音声ファイルをすべてメインメモリーに読み込んでから再生するタイプのソフトでは、ストレージ媒体の違いをほとんど感じなくなります。メインメモリーの影響が支配的になるからだと思います。また、再生ソフトのバッファを多くするとそれに近くなります。


●>Raspberry Piもそうですがlightmpd等トレンドはそのあたりなのかなと感じています。
そのあたりがどのあたりを指しているのかわかりませんが、

これらは、現在の普通のPCではハイスペックすぎてノイズが多く、OSも重苦しいので、その対極を目指しているだと思います。PCよりオーディオ機器志向と言っていいかと思います。
私の場合、超小型PCではなく、Windows95時代のPCにvoyageMPDを入れていますが、音はとても良いですよ(自画自賛 ^^;;)。

メモリー系ストレージがお好みなら、SDカードトランスポートもあります。
中華ですが、QLS-Electronics http://www.qlshifi.com/en/Products.htm
今は配布してませんが、試聴屋のSDTrans384 http://www.tachyon.co.jp/~sichoya/SDTrans/SDTran …
SDTrans384の大元 放課後の電子工作さん http://www.chiaki.cc/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メール確認できる時間があまりなく返信遅れまして失礼しました。

>>「デジタル的に正しく読み出せれば音は同じ」であるなら…
オーディオに限ってはプラシーボも含め、体調、メンタル、空間、仕様機器のパーツにまで音質の変化が

あると思っています。だからこそ自身でパーツを選択する楽しさがあるのかとも思いますので、同意見で

す。

>>SSDよりHDDの音を好みます
WDのgreenを使用していますので、SDDの音も確かめて判断してみたいと思います。

>>そのあたりがどのあたりを指しているのかわかりません
仰るようにPCをオーディオ用途として使用する場合のトレンドです。
voyagempdも良いですよね。私も使用しています^^

SDカードトランスポートなんてものもあるのですね、知りませんでした。
ssdトランスポートもあればよいのですが、、

ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/21 17:22

こんにちは。



『N1ZのNAS等SSDのみ購入できないものは別として・・・』
意図不明の質問でしたが、
『内蔵SSDをSATA接続して外付けのように使おうとしています』
『Raspberry Piもそうですがlightmpd等トレンドはそのあたりなのかなと』
で、なにを考えられているのかおおよその見当がつきました。
これによって物凄い不安を感じてます。
結論を先に言えば、「もっと情報家電製品の基礎を勉強してから取り組んでください」ということになりそうです。

いずれも、パソコン(WindowsやMac等)とは係わりない独立した音楽再生装置です。
種類としてはiPodとかデジタルウォークマンに相当するものです。
SSDとかHDDだけ買われても、インストールもできませんし、作動もしません。

そもそも論ですが、
NASとはどういうものでしょうか?
USBの外付けストレージをUSBからLANに付け替えたものではありません。
NASはキーボードやディスプレイの無いパソコンなので、CPUもメモリーも内蔵していなければなりません。デスクトップパソコンの本体と全く同じ構成ですね。
iPodとかデジタルウォークマンも同じくミニコンピュータの構成になっています。
lightmpdを使うにも、動作可能なCPU(ミニコンピュータ)が下記等、特定製品に限定されています。
http://beagleboard.org/bone
つまり、あなたのやりたい事を実現するには、少なくともこのようなミニコンが必要なのです。

じゃWindowsパソコンは何のために必要かというと、ミニコンにOSをインストールするだけの役目。インストール後はミニコンが独立したマシンとして機能します。

仮にWindowsマシンに、SATAで繋いだSSDにlightmpdをインストールできた(実際にはできませんけど)と仮定すると、CPUやメモリーはWindowsマシンのものを使う事になり、音楽を聴くためにlightmpdを起動している間は、Windowsが全く使えない、という状態になります。
このような構成は珍しいものではなく、Windowsがトラブッた時にLINUXを起動して救済する等でPCヘビーユーザーが良く使ってます。

MPDの仕組みとしては、サーバーとクライアントが必要になりますので、同一のPCにサーバーとクライアントをインストールするのでなければ、NAS等のネットワーク接続可能なPCにMPDサーバーをインストールして、別のWindowsPCなどにMPDクライアントアプリをインストールすれば、NASの中のミュージックファイルをWindowsPCで再生できる事になります。
解り易い例としては、Yutube(サーバー)を自分のPC(クライアント)で再生するのがそれに当たります。この場合は再生にFlashプレーヤが必要になりますね。
一般的に広く使われている方式ではDLNAというのがあります。DLNAならWindowsメディプレーヤだけでなく、PS3とか対応家電製品で再生可能です。
http://www.lanhome.co.jp/windows7_dlna.html

HDDとSSDの音楽使用の違いについて、
SATAでSSDを外付けにするというのは、パソコンのストレージ容量を増やす意味はありますが、音楽再生環境には全く意味の無い事ですね。
また、HDDとSSDを比べた場合、SSDの方が電源に対して強いノイズを出します。それも容量の大きいほどノイズも大きくなりますので、500Gとか1TBとかになるとNo.4 nijjinさんが紹介された
http://www.zionote.com/2012/sotm/satanoisefilter/
のようなノイズフィルターが必要かも知れません。HDDの場合は、そこまで電源を汚しません。
スピーカーをPCのUSB電源に繋いで音を出すというのでなければ(スピーカーの電源が別にあるなら)問題ないでしょうけど。
HDDの動作音もPCの冷却ファンの音より小さいですよね、そのあたりも充分に考慮して、音楽再生環境を築いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れましたことお詫び申し上げます。

>>SSDとかHDDだけ買われても、インストールもできませんし、作動もしません。
SSDにOSを入れるつもりはなく、純粋に音源を入れておく為に使用します。
OS自体はAPU.1D4という基盤に内蔵してあるmsataに入れています。

>>NASとはどういうものでしょうか?
質問が分かりにくくてすみません、当方NASは使用していません。

>>SSDの方が電源に対して強いノイズを出します。
なるほどそういうものでしょうか。少し調べてみます。ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/21 17:30

HDDだから振動でデータが変わるということはありません。


もしそうであればHDDからOSを起動しようとすればデータが化けてしまい正常にOSを起動することが出来なくなります。
年賀状ソフトで住所録を開いたら一部がおかしくなっていたとか、保存した画像を表示したら変になっていたとか・・・
そんなことが起これば使うことが出来ません。
また音楽ファイルの再生であれば速度も十二分にあるので問題ありません。
振動を気にするなら低速回転のHDDを使うとかRAID0にするなどいくつかの方法があります。
また、再生する場合は一部分~全部をメモリ上に展開するのでレコードのように読み出したデータがリアルタイムでそのまま流れるということにはなりません。
SSDの速度はHDDと比べてはるかに早いのでSSDの速度が影響することはありませんからSSDを選ぶのであればどれでも必要な性能は獲られるでしょう。
500GBならこの辺りが安いです。
crucial CT512MX100SSD1
http://kakaku.com/item/K0000660266/
トランセンド TS512GSSD370
http://kakaku.com/item/K0000669531/
しかし、512GB以上となると値段は当然上がります。
crucial CT1000BX100SSD1
http://kakaku.com/item/K0000731080/
トランセンド TS1TSSD370
http://kakaku.com/item/K0000669532/

外付けならNAS、USB、eSATA、RAID(SFF8088)、IEEE1394、Thunderboltがあります。
RAID0、5、6、50、60であればHDDやSSDを合算して容量を増やせます。(ただしRAID0以外は単純な合算にはならない)
あと、SSDで速度だけを求めるとこうなります。
http://oliospec.ldblog.jp/archives/36029957.html
http://oliospec.ldblog.jp/archives/27765827.html

また、こういったアイテムもあります。
冷却ファンノイズフィルター
http://www.zionote.com/2012/sotm/fan-noise-filter/
HDD/SSD用ノイズフィルター
http://www.zionote.com/2012/sotm/satanoisefilter/
オーディオ専用USB出力PCIExpressカード
http://www.zionote.com/2012/sotm/tx-usbexp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信遅れて申し訳ありません。ノイズフィルターなんてあるのですね、導入して静にはなったけど音が細くならないかちょっと気になります。購入してみますありがとうございます。

>>HDDだから振動でデータが変わるということはありません。
仰る通りなのですが、データーは同じでも音としては変化があるのが、オーディオの面白いところでもあるのかなと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/21 17:34

はじめまして♪



デジタルデータを記録しておく部分は、データが確実に保管出来て、必用な時に読み出せれば、それでオッケー。
無圧縮の高精細動画等でしたらデータ量が非常に多いので、転送速度等にも矢証は気を使いたい所ですが、音声データであれば桁違いに小さいので、転送速度などは気にしなくてオッケーです。

HDDの回転、振動。。。
確かに実在しますが、今の製品なら大半が静音、制振、低消費電力化が進んでいて、よほどの事が無ければ気になる様な事は無いでしょう。

まだ、HDDが高額で低性能だった大昔なら、静かなドライブ、信頼性が高いもの、なんて言う視点で、何処のメーカーのどの製品が、、という考え方も有りました。

現在では、フラッシュメモリー類、HDD、SSDと、どれを選んでも、音質面のモンダイは無い、と考えても良いでしょう。ただ、原理的な部分から、チャンとコントロールしてくれるコンピューター利用でない場合は、HDDの方が長期的な信頼性に優位性があると思います。
(技術的な部分なので、時代とともに変わるかもしれません。)

アナログの磁気テープ記録等と違い、デジタルデータを保管する部分ですので、データの取扱が正常であれば、音質面には直接影響は有りません。HDDだと発熱、振動などの部分も、現在入手しやすい一般的なモノであれば、気になる程の事は少ないと思われます、なお、私の場合は回転数が早い、というモノを敬遠します。理由は、低速の方が発熱も少なく静かな傾向が有るし、消費電力も多く成ると言う事は電源側を通して、アナログ機器への影響も多いんじゃないか?と思っているから。
(電源系の話は、体験的根拠は無い。 なんとなくの、思い込みですけれど、安心出来る要素が多い方が、音楽がより楽しめますしね。)

ーーーーーーーーーーーーー
余談ですが。

Yorkminster様、30年前の、、、
ありましたねぇ、、、CP/Mを触った事が有る。
起動フロッピーを抜き取って、アプリケーションソフトのフロッピーを入れて、、ソフト終了後は起動フロッピーをまた差し込んでリブート、、なんとも懐かしい。。
(私がイジッタ機器では、ぺらぺらのビニルシートに入った5インチフロッピー、アクセス時にカタカタと音が出ていたのも、思い出したぁ。笑)
    • good
    • 1

>> メーカによって音の違いはないとのこと //



実際に経験済みの範囲で言うと、内蔵SSDと外付けHDDとの間で有意差は感じられませんでした。HDDは、USB接続、FW接続、NASの間で違いは感じられませんでした。LANは有線、無線ともに変わりませんでした。

ただし、1曲丸ごとメモリ上に展開してから再生するソフトを使った場合での話です(Macでは複数あります。けっこう昔から知られている話題なので、Windowsでも同様のソフトはあるでしょう)。そうではない、一般的なソフト(iTunesとかWindows Media Playerとか)なら違うかも知れませんが、ソフトを変えれば済む話なので簡単です。

>> 読み込み書き込みの速さで決める方向が良さそうですね //

先の回答でも書いた通り、あまり気にする必要はないでしょう。CD1枚分でもせいぜい600MB(FLAC等で圧縮すれば300MBくらい)なので、USB3.0の外付けHDDでも数秒で転送できるレベルです。まあ、無駄にでかいハイレゾ(32bit/384kHzとかの)だと気になるかも知れませんが、ファイルサイズがでかいだけで音質的にはほとんど無意味ですしね...

>> SSDをSATA接続して外付けのように使おうと //

ということはパソコンですね?
そうであれば、SSDが安定して動作する条件さえ整えておけば、それほど難しい話ではないでしょう。上記の通り転送速度が問題になることはないので、USB3.0で十分です。

>> lightmpd等トレンドはそのあたりなのかなと //

要するに、最小性能・最小構成のコンピュータでは、OSを起動する方法としてフラッシュメモリを使う以外に方法がないという話なので、同じことです。「フラッシュメモリにOSや音楽ファイルが入っているから」ではなくて、「音楽再生に特化したプログラムを使っているから」高音質(かどうかは聞いたことがないので知りませんが)ということです。

lightMPDの場合、OSが立ち上がってしまえばOS用のフラッシュドライブは抜いて良いということなので、OSを外付けHDDやUSBメモリに入れていても(そのような方法で起動できるなら)音質は同じです。

しかし、何ですね。大昔(30年くらい前)のパソコンは、まさにこういう使い方をしていた訳ですが(OSの入ったフロッピーを使って起動し、起動後はフロッピーを入れ替えてワープロソフトを起動し、別のデータ用フロッピーに文書を保存していた)、まさか現代になって蘇るとは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メール確認する時間がなく返信遅れました。

>>有意差は感じられませんでした。
なるほど私も有線・無線での変化はあまりわかりません。ssd vs hddも同じようなものかもhしれませんね。ssdを購入して確かめてみたいと思います。

>>プロッピー
まさかフロッピーという言葉が出てくるとは思っていませんでした(笑)。
オーディオ歴が長い方なのですね。当方勉強不足で申し訳ありません。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2015/01/21 17:38

>> オーディオに使えそうなSSD //



規格さえ合えば何でも良いです。モデルによって音質が違うとかいった話は「気のせい」の域を出ません。再生する音声データはメインメモリ上に展開されるので、ジッタの影響もありません。

ただ、何(どんな装置)にSSDを入れるかという問題があります。フラッシュメモリは任意の書き換え(上書き)ができない性質があるので、データの消去・書込みを頻繁に行ったり、残容量の少ない状態で使い続けると性能が低下します。これを防ぐ方法として、一般的にTrimコマンド等が使われますが、いわゆるネットワークプレーヤー等のオーディオ機器でどこまで対応しているのかは分かりません。そうすると、SSD自体が有しているガベージコレクション機能に頼らざるを得ません。パソコンではなく、オーディオ機器に組み込んで使うのであれば、その辺りの配慮が必要でしょう(オーディオ機器はそういった辺りがいい加減なので、HDDを使った方が結果的に信頼性が高い気はします)。

>> 未だ市場にはないのでしょうか。 //

500GB以上のSSDも普通に出回っています。一般ユーザ向けのSSDだと、1TBくらいまではラインナップされています。

>> SSDの方がHDDよりも振動しませんし有利かと思いますが //

SSDの主なメリットは、低発熱、低消費電力、耐衝撃性の高さ、アクセスの速さです。静かで不快な振動を発しないという点も、快適性という意味ではメリットになりますが、最近はHDDも静かなので、違いを実感できるのはノートパソコンを膝の上で使うときくらいでしょう。

>> メモリーにOSや音源を入れて再生することが流行っているように //

「OSを入れて」というのがちょっと分かりませんが、Raspberry Piなどの超小型PCのことであれば、音質が良いからではなく、「それ以外に起動する方法がないから」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。
メーカによって音の違いはないとのこと、勉強になります。
そうなってくると読み込み書き込みの速さで決める方向が良さそうですね。

>(どんな装置)にSSDを入れるかという問題
ここも悩ましい所です。当方内蔵SSDをSATA接続して外付けのように使おうとしていますが、SATAケーブルや電源の問題いろいろ出てきます。。。

Raspberry Piもそうですがlightmpd等トレンドはそのあたりなのかなと感じています。

お礼日時:2015/01/20 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーディオ用外付けHDDを探しています

オーディオ用に外付けHDDを探しています。
以下の仕様に近いものもしくは、世間でオーディオ的に評価の高いもの、おすすめ御座いましたら教えていただけませんでしょうか。

容量は500G位
電解コンデンサーなど日本製のもの
静音製を謳っているもの
AC電源
PCへはUSB接続

本来は外付けSSDがよいのですが、価格的にむりでした。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

全世界に目を向けても、HDDを生産しているメーカーはこれだけしかなく、実質3社しかない寡占市場です。他社が入り込む余地はありませんし、これらの会社にしてもオーディオ用にカスタムされたものなど作っている暇はないですが、BDレコーダー用にカスタムされた静音対応(ただし低速)のものは存在します。

・Western Digital
・Seagate
・東芝
・HGST(日立:ただしブランドだけで生産はWestern Digital)

実は昔はもっと会社が多かったんですが、熾烈な価格競争でメーカーの離合集散が進んだ結果がこれです。シェアは概ね、上に書かれている順番のとおりと思ってください。

静音対策として、速いHDDほどうるさいため、始めから遅めのHDDを選ぶのも有効な手です。例えばWestern DigitalのCaviar Greenシリーズなんかはそれで、3.5インチHDDでは主流の7200rpmよりも回転数を落として(どの程度かは非公開)静音化と省電力化を実現した製品ラインですね。冒頭で触れたBDレコーダー用にカスタムしたHDDのベース機種にあたると思われます。

ノート用の2.5インチHDDではより低速の5400rpm品が主流で、7200rpmは少数派です。かつてはもっと低速な4200rpm品が主流でしたが、あまりに遅すぎると判断されたらしく、最近はすっかり見かけなくなりました。また当時の4200rpm品は結構動作音が出ていた気もしますので、今から探す価値はないでしょう。

なお、シーク性能を犠牲にして静かにさせる方法もあり、以下のリンク先がその設定を行っている例です。

http://komagawa292.net/20130608/hdd-aam/

電源関係は…オーディオ用にはどれも程遠いですが、CDと違ってHDDではエラー発生率が圧倒的に低いため、単なるデータの入れ物にすぎないこともあって、そこまで神経質になる必要はないのでは?CDだとどんな高級トランスポートと電源を使っても、1枚(640MB)読み出せば必ずエラー訂正が入り、また再生ごとにエラー発生場所が変わったりしうるのに対し、HDDでは一般品でも1TB読み出してエラーが1回出るか出ないか。これがわざわざオーディオグレードのHDDをどこも作ろうとしない理由のひとつだと思います。

であれば心配するだけ無駄で、お金は違う場所にかけるべきと考えるのが人情でしょう。

全世界に目を向けても、HDDを生産しているメーカーはこれだけしかなく、実質3社しかない寡占市場です。他社が入り込む余地はありませんし、これらの会社にしてもオーディオ用にカスタムされたものなど作っている暇はないですが、BDレコーダー用にカスタムされた静音対応(ただし低速)のものは存在します。

・Western Digital
・Seagate
・東芝
・HGST(日立:ただしブランドだけで生産はWestern Digital)

実は昔はもっと会社が多かったんですが、熾烈な価格競争でメーカーの離合集散が進んだ結果がこれです。...続きを読む

QwindowsノートでPCオーディオ用はありますか?メーカーは問いません。

現状システム
DAC:pioneer U-05(プリアンプとして使用)
パワーアンプとして使用:トライオード 真空管式ステレオ・プリメインアンプ TRV-88SE
SP:Bowers & Wilkins CM1 S2
音の分解能と高域の華やかさ、SP口径の割には量感ある低音に惹かれて購入しました。が、最近は低域の不足に不満で買い替えを検討しています。

●pcオーディオに使用していたノート(4年前に購入、11型、5万円程度)が壊れてしまいました。オーディオ用としては、MacBook Proが定番だそうですが、メディアソフト(jriver media center 20)がwindows仕様なので、windowsノートを希望します。
①10万円以内で出来るだけオーディオ仕様のwindowsノートは?
②参考として、10万円超でオーディオ仕様のwindowsノートは?
➂メディアソフト(jriver media center 20)購入価格6000円程度なので、やはり将来的に定番のMacBook Proが良いでしょうか。
④参考として、買い替えSP(2個で上限20万円)をご紹介下さい。
㊄他に何か注意点とかあれば、教えてください。
 どなたか、よろしくお願いします。

現状システム
DAC:pioneer U-05(プリアンプとして使用)
パワーアンプとして使用:トライオード 真空管式ステレオ・プリメインアンプ TRV-88SE
SP:Bowers & Wilkins CM1 S2
音の分解能と高域の華やかさ、SP口径の割には量感ある低音に惹かれて購入しました。が、最近は低域の不足に不満で買い替えを検討しています。

●pcオーディオに使用していたノート(4年前に購入、11型、5万円程度)が壊れてしまいました。オーディオ用としては、MacBook Proが定番だそうですが、メディアソフ...続きを読む

Aベストアンサー

音楽再生には、低スペックのパソコンで十分です、昨今、流行?の
ハイレゾ音源を再生するのであれば、CPUがデュアルコアーの物で
あればOKで、ゲーム仕様の性能は必要ではないです。

Macをミュージシャン(特にキーボード奏者)が使用したのは、
レンテンシー(遅延)を小さくする排他モードCore Audioを備えて
いたからです。
Windows Vista以降に排他モードWASPIを遅まきながら備えたので、
音楽はMacで、との都市伝説は薄れたと思いますが・・・

Kernel Mixer(Windows XP)からAudio EngineになったWindows7は
Windows XPより音質が低下しましたね、Microsoft社は音楽再生には、
力を入れてないようです。
音楽再生専用にするなら、Windows XPの中古パソコンも有りかと・・・
http://kakaku.com/used/pc/ca=0020/s1=9/?s1=10&s2=10&s5=1000

音楽再生ソフトの購入は、フリーソフトで優物がありますので、そちらを
ためされた後でも宜しいかと・・・

Wave File Player・・・この、アプリにより音質が違う事を教わりました。
http://www.wadatokki.co.jp/company/wavefileplayer.html

Frieve Audio・・・Windows XPでは性能不足でフリーズしたが、
         昨今のパソコンなら多機能を生かせるかと。
http://www.frieve.com/

Music Bee・・・後発のアプリの分、音質、機能など含め総合的に上位ランクかと。
http://www.getmusicbee.com/

VLC・・・動画再生用ですが、ドンシャリ音満載のJポップの低音はたまらないです。
http://www.videolan.org/

Wave File Playerは排他モードに対応すべく開発中の様です。
そうなれば、一押しのアプリですね、10000円でも買いたい!

お持ちの装置はで、買い替えるとなると、SPになるのは良く解ります。
20万円では中途半端ですね、きっと、100万円クラスでないと満足
されないと思いますよ。

音楽再生には、低スペックのパソコンで十分です、昨今、流行?の
ハイレゾ音源を再生するのであれば、CPUがデュアルコアーの物で
あればOKで、ゲーム仕様の性能は必要ではないです。

Macをミュージシャン(特にキーボード奏者)が使用したのは、
レンテンシー(遅延)を小さくする排他モードCore Audioを備えて
いたからです。
Windows Vista以降に排他モードWASPIを遅まきながら備えたので、
音楽はMacで、との都市伝説は薄れたと思いますが・・・

Kernel Mixer(Windows XP)からAudio EngineになったWindows...続きを読む

QXLRケーブル 音質的にメリットはあるのでしょうか

私の愛用している300Bシングルアンプ。
XLR端子がついております。
これを活用してみたくなりましたが、今の環境で使うとなれば、
XLR出力がついたプリアンプやアッテネーターを購入するしかありません。
それか変換ケーブルだと思います。

でも、変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が
違うだけでメリットはないと思ってしまいます。

XLRケーブルの音質的メリットってあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない //

その通りです。

XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。

もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです。業務用分野では数10~100m近い配線を引き回す上に、照明や舞台装置の電源が大きなノイズを出すので、バランス接続でないと実用に堪えません。

普通の家庭では、実用上問題になり得るノイズ源はせいぜい電子レンジくらいで、長さも10mに満たないので、アンバランス接続でも問題ありません。もし問題がある場合でも、まず引き回しを工夫してノイズ源から遠ざけるのが先決です。

内部の回路構成が差動型のオーディオ機器の場合、アンバランス→バランス変換の回路を省くことで最良の音質になると謳った製品もありますが、「メーカーがそう言うんだから、多分そういうものなんでしょ」としか言えません(メーカーとしてはその方が良い音だと考えていても、聞く人によっては感想が異なるでしょう)。

いずれにせよ、(真空管にはあまり明るくありませんが)シングルアンプなのでバランス入力はアンバランスに変換した上で増幅されるのではないですか? その「変換回路による色付け」に期待するかどうか、ということになります。

-----

蛇足ながら...

ピンの割当ては、現在では1: GND、2: HOT、3: COLDが標準ですが、古い製品の中には2: COLD、3: HOTという割当てがあります(逆相になるだけで家庭では特に問題ありませんが、業務用だとミキシングや複数スピーカーを使用する場合に困ります)。近年でも、「敢えて」3番HOTという接続をしている製品があるので(特に家庭用)、ちょっと注意が必要です。

1つのコネクタでステレオのバランス接続をする場合は、普通は5ピンのXLRコネクタを使います。というか、4ピンで2チャンネル分のバランス接続をしようとすると、本来GNDに割り当てるべき1番ピンを信号線に使うことになるので、コネクタの使い方としては「誤用」です。

アンバランス出力→(変換コネクタ)→バランス入力は、原則として問題なく行えます(前記の通り、当然ながらアンバランス接続になります)。

バランス出力→(変換コネクタ)→アンバランス入力は、原則として御法度です。出力側の回路構成によっては故障の原因になります。トランス出力、疑似バランス出力、もしくは保護回路が入っている場合は大丈夫ですが、正体がハッキリしないときは使えないものとして扱う必要があります。

バランス出力・入力をトランスで行っている場合、アンバランス接続にするとインピーダンスマッチングの問題が生じる可能性があります。

>> 変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が違うだけでメリットはない //

その通りです。

XLRケーブル(以下、特に断らない限り3ピンのもの)は、バランス接続に使用します。すなわち、出力がバランス(差動)、入力もバランスの場合にだけ、意味があります。出力がアンバランスである以上、バランス入力に繋いでも実態はアンバランス接続のままです。

もっとも、一般家庭では、そもそもバランス接続をするメリットがありません。バランス接続が有利なのは、端的にいえばノイズ耐性が高いからです...続きを読む

Q音響用USBケーブルおすすめ教えてください!

初めまして、この質問を見に来て下さりありがとうございます。

実はいまオーディオインターフェイスからPCにつなぐUSBケーブルの買い替えを検討しています。
それで、みなさんのお知恵を借りたく、今回質問させていただきました。

自分の求めるUSBケーブルに対しての要望はこんな感じです
予算:税込 一万弱
長さ:1メートル
種類:Aコネクタ-Bコネクタ(2.0)
用途:モニター用に使います(癖がない、もしくは少ない物)
作り:シールドがしっかりしている物

自分なりに調べてみたんですが情報が多すぎて迷子になってしまったので、参考までによろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

500円程度の有名メーカーであれば十分です。

音響用=「音がいい」わけではありません。

私もUSBケーブルを何本も購入して聴きましたが、若干音が変わります。

ケーブルで音が変わる。っという人でも「USBケーブル」では音が変わらない。
っという人がいますが、実験してみれば変わります。
しかし、それが好みの音になったかならないかの問題ですが、
正直、若干違うっという程度です。

私は一時期ケーブルにハマりましたが、「高価」になればなるほどクセがあります。
USBケーブルも一聴して「音が良くなった」っと思うものは危険です。
むしろ、しっかりとつくられいれば、通常の500円程度の物のほうが個性は少ないと思います。

Qオーディオ電源アースの取り方

御多忙の処恐ですが、基本的に「オーディオは音を良くする為にはアースを取った方が良い」と
言われましたが私の住んでいる処は7階建ての6階なので直接土の地面からアースを取ることが出来ません「取れなければ取らなくても良い?」との話も聞いた事が有りますが如何な物なのでしょうか 壁のコンセントにはアースが接続されているとも聞きますがやはり心配なので伺いたいのですが 上記私の住まいの様な場所で簡単に電源アースを取る方法をご教授願います。

尚、オーディオに関しては土素人な者で宜しく先輩諸氏のお教えを伺いたいと思いますので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

コンセントAC100Vは片側がアース接地になっています、200Vの場合は100V+100Vのセンターアースです。
オーディオに於いて言われるほどアースは重要でないのではないかと思われます、アース接地のやり方が悪ければ全く無意味な場合もあるからです、地面の湿度が低ければアースにならないのと、工作機械などがそのアースラインを使用している場合は、アース線経由で工作機械やエアコンのノイズが回って来る事さえあります。
そう考えると地面に数か所のアース杭を打ち込み単独でアースを6階まで引く工事をする必要がありますが、あまりに高額なので、その位なら1KVAのノイズカットトランスなどをお使いになった方が良いかと思います。
http://fa-ubon.jp/product/category_nct_i1_denken.html
またオーディオにおける電源など上をみればいくらでもあります、例えば2mの3Pテーブルタップコンセントが50万とかRCAケーブルだって2mでステレオでコネクターを付けて5万とかスピーカーケーブルだって1m当たり1万なんてのは良くあります。
つまりは自分のオーディオシステムが20万なのに50万のテーブルタップは意味無いというかそれなら70万のシステムを買った方が音が良いと思えます。
そう考えると、究極まで行きついた人たちの話を基準にしてしまうのはどうかなと思います、ケーブルでアースで音が変わる、確かに変わります(音が良くなるかは別問題です)が、だからといって、他にお金をかければもっとよくなる要素があるのに、変化の少ないケーブルやアースにお金をかけるのは、あまり良い方法とは思えません。

コンセントAC100Vは片側がアース接地になっています、200Vの場合は100V+100Vのセンターアースです。
オーディオに於いて言われるほどアースは重要でないのではないかと思われます、アース接地のやり方が悪ければ全く無意味な場合もあるからです、地面の湿度が低ければアースにならないのと、工作機械などがそのアースラインを使用している場合は、アース線経由で工作機械やエアコンのノイズが回って来る事さえあります。
そう考えると地面に数か所のアース杭を打ち込み単独でアースを6階まで引く工事をする必要が...続きを読む

QCOAXALとRCAケーブルとの違いを教えて下さい

音響機器音痴の私に教えてください。。AVアンプ等でデジタル接続端子部分ににcoaxialとありますがこれには専用の接続端子をもったケーブルを使用しなくてはいけないものなのかRCAと接続端子部分は良く似ているので同じもので供用できるものなのかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MIFUNEBASI さま

 主として補足の質問に付いて解答します。
1、OpticalとCoaxialの違い
 Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。
 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ます。ただCoaxial;同軸ケーブルの中にも外来ノイズに対して配慮した特性インピーダンス(Zo)=75Ωのケーブルも販売されていますので、OE-EO変換回路を使用したくなければ、この様な製品を使用することも可能です。例えば参考URLで販売している4C-XEW同軸ケーブルが該当します。

2、Zo=75Ω同軸ケーブル
 TV、ビデオ等の画像を扱う信号はZo=75Ωの同軸ケーブルと決まっていますので、身近にある画像用ケーブルはZo=75Ωと考えて間違えありません。JIS規格では例えば”3C-2V や S-5C-FV”と言う表示の”C"がZo=75Ωを示しています。”TVECX”等もTV用ということでZ0=75Ωです。
 AV機器周りではRCAコネクタが付いていますので、混乱を招きますが、先の回答にも有りますように、ビデオ用は黄色の表示が一般的ですので、これを使用ればZo=75Ωと成っているでしょう。アナログオーディオ用に販売されているRCAケーブルの多くは特性インピーダンスを75Ωに成るように設計されていないものが多くあります。その理由は音声帯域の20Hz~20kHzのような低周波ではケーブルの特性インピーダンスは大きく変動する為にインピーダンスマッチングと言う考え方が無い、出来ない、する必要が無い世界だからです。この当たりの事を詳しくお知りに成りたければ、これも参考URLに記載があります。御参考まで。

MIFUNEBASI さま

 主として補足の質問に付いて解答します。
1、OpticalとCoaxialの違い
 Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。
 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ま...続きを読む

QタンノイはJAZZやロックは聴けますか?

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当然私はお金持ではありませんが、オーディオ馬鹿ですので生活を犠牲にしてまでもタンノイ(ヨーロッパスピーカーの購入しようと思ってまして・・・(笑)
アーデンにこだわっているわけでもありません。

とにかくヨーロッパのスピーカーがほしいのです!!
B&Wは私の好みではなかったので省きます。(B&Wファンの方すいません)

やっぱりある程度大型のタイプがほしいですね!(能率の悪いのはご勘弁)

ヨーロッパスピーカーマニアの方 相談に乗ってくださいお願いします。

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンドやレコードの倍音再生に夢中になっておりましたが、最近は何故かFMチューナーのサウンドに凝っております。どこかに行き着くところがあるのかも知れませんが、それほどオーディオというのは色々な楽しみ方があるのだと改めて感心しております。さて、本題に戻りますが先ほども申しましたように、タンノイでJAZZを聴くというのは普通は一般的ではありませんが、柔らかく、優しく、気軽にJAZZを楽しむなら最高の組み合わせの一つです。但し正面から向き合って、ピアノタッチがどうだとか、ベースの歯切れが悪いとか、サックスの抜けが悪いとか悩んではいけません。心地よい音楽の雰囲気を楽しむことを最優先にお考えください。そうすればそのシステムは最高のシステムになるはずです。

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンド...続きを読む

Qボリュームを回すとガリガリ音が出る時の直し方?

ボリュームを回すとガリガリと音が出る時の直し方を教えて下さい。
メーカー製のパソコンを買った時によく付いてくる、アンプ内蔵のスピーカーについての質問です。
アンプ内蔵のスピーカーについているボリュームつまみを回して、音量を上げ下げすると、
ガリガリと大きな音がスピーカーから出ます。
ボリュームの抵抗体にDC(直流)が流れると、そうなりやすいと聞いたことがあります。

この直し方として次のどちらが根本的な修理方法なのでしょうか。
1.ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。
2.ボリュームを交換し、ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。

Aベストアンサー

すでに模範的な回答が出そろっていますので、補足の意味で
書き込みさせていただきます。

バリオーム(可変抵抗器)のイメージは左の図のとおりです。
カーボン皮膜を施してある面を摺動片が移動して抵抗値を
変化させる構造ですが、この面にゴミがとかキズが付くと
摺動片がそこを通過するときに「ガリ!」という不快な音を
たてます。

それならばゴミをとってやれば治りそうですが、これが
なかなかそう簡単にはまいりません。分解ができないのが
多いんですよ。
実際の部品は右図のような形をしています。小さな穴でも
あいていればそこから接点クリーナーを噴射してやれば
一時的に治ることもあります。でもしばらくするとまた
同じ症状が出てくるでしょうね。同形で同じ値の物と交換
するのがベストです。

余談ですが最近の器機はとことんコストダウンしているせいか
ここがすぐダメになるようです。安くなるのは歓迎しますが、
あまりに粗悪な部品を使うのはいかがなものかと思うんですが・・・

Q電源ノイズの除去について

先日、X-S1のノイズについて質問したものです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8079701.html
↑前回の質問


ノイズの原因については、はっきりと断定できたわけではないのですが、電源ノイズということに絞って対策を取ろうと思います。

それでネットで色々調べたのですが、どうにもチンプンカンプンで、結局どの方法が最善なのか分からずじまいです。

とりあえず、ノイズを除去するのが目的なのだから、ノイズフィルター付きのタップを使用すれば良いと考えたのですが、色々なサイトにノイズフィルターは音質を低下させると書かれていました。
できればそれは避けたいです。

それで、とあるメーカーのシールド重鉄タップというのが気になったのですが、値段が1万近くと、今の自分にはちょい厳しいです。

予算はできれば3千円、無理して5千円といった感じなのですが、やはりそれ以上の出費は覚悟するべきでしょうか?

なにか安価で済ませる効果のあるノイズ除去方法というのはないのでしょうか?

宜しくお願いします。

先日、X-S1のノイズについて質問したものです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8079701.html
↑前回の質問


ノイズの原因については、はっきりと断定できたわけではないのですが、電源ノイズということに絞って対策を取ろうと思います。

それでネットで色々調べたのですが、どうにもチンプンカンプンで、結局どの方法が最善なのか分からずじまいです。

とりあえず、ノイズを除去するのが目的なのだから、ノイズフィルター付きのタップを使用すれば良いと考えたのですが、色々なサイトにノイズフィルタ...続きを読む

Aベストアンサー

前回の質問を読みましたし、私も前回の質問にお答えしました。
内容がクリーナーだったので、クリーナーのことしか書きませんでした。

私が思ったことは、電源が原因であれば、CDだけにその症状がおこる
っということはないと思うのです。

ラジオを聴いても、他の音源を聴いても、電源のノイズが原因なら
同じくノイズの症状はでると思うのです。

そして、音をなにも出さない状態で、アンプのボリュウムをかなり上げてみてください。
たぶん、無音か小さな音で「サー」っとなる程度だと思います。
電源ノイズが原因であれば、質問者様の書いていた「プチプチっという音」がでると思います。

まず、パソコン、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、蛍光灯、・・・などなど、
一回、すべての電気コードを抜いてコンポだけ再生してみてはいかがでしょうか。
それで、CDが正常に動作すれば、電源が原因でしょう。

あと、隣の家の人と仲が良ければ、となりの人の家にコンポを持って行って、
正常に再生できるかどうか確かめさせてもらうとわかると思います。
なかなか隣の人に「コンポを再生させてください」っとは言えないかと思いますが・・・。


ノイズっというのは、原因を特定するのがとても難しいものです。
簡単にAC電源とは言えないですし、CD、アンプ、自体がノイズを発生していますし。

あと電源のノイズが原因でCDを読み取らないことはないと思います。
それは、CDプレーヤーか、CDに傷や曇りがある。のではないでしょうか。

私も中古でONKYOのINTECシリーズのCDプレーヤーを3台購入したことがあります。
そのなかで1台だけ、CDをなかなか読み込まない、10曲以上になると音が割れる。っという状態でした。
安かったので、中をあけてみました。

良く見ると、ピックアップの調整つまみが3つありました。
もう手元にないので、なんというつまみかハッキリとおぼえてませんが、ピックアップの下にひとつ、
あとは、基盤に「ゲイン」と「フォーカス」だったと思いますが、小さなボリュームみたいなものがありました。
その3つをほんのちょっとまわすだけで、再生しなくなったり、再生したりします。
この3つを程よく調整するのは、非常に時間がかかりましたが、結果的には直りました。

なので、質問者様のコンポも、もしかするとピックアップの
調整がうまくいっていないのではないか・・・。っということも考えられます。

昔、CD-Rを読み込めたり、読み込めなかったりするCDプレーヤーがありましたが、
それも中をあけて、基盤についているつまみをほんのちょっと回したら、普通に再生できました。
そのCDプレーヤーはひとつしか、つまみを見つけることができませんでした。
きっともっとあるんだと思いますが直ったのでよかったです。

なので、質問者様の「プチプチノイズ」「音が割れる」「読み込まない」
っという症状から考えて、素人では手に負えないのではないかと想像します。

ノイズ対策グッツはとても高いです。
一番のノイズ対策は、音楽を聴くときには、家電製品をコンセントから抜くことです。
しかし、それは現実的ではないです。

もし、隣の家から大量なノイズを発している機械があり、
それが電源を汚している原因だとしても、それはどうすることもできません。
そうなったら電柱から分離してもらうしかないです。

電柱の上の乗っかっているバケツのような形をしたものが、送電線からやってきた
6600ボルトの電流を家庭用の100(または200)ボルトに落とすトランスです。
ここから電流が各家庭にいってます。
各家庭をよくみるとそのトランスあたりから電線がつながっています。
このバケツは1個で十数世帯を余裕でカバーするそうです。

このトランスを自分専用にすると、周りの家庭から電源の影響をうけない、電流や電圧も安定する。
っということで10年近くまえに、たまに記事にでてました。
ジャズ評論家の「寺島靖国」さんが実際にやっています。

しかし、そんなことはできない(やらない)のが普通です。

あとは、ブレーカーの分電盤をオーディオ専用をひとつ作り、
そこからオーディオ用の電源をとる人もオーディオマニアの方にはたくさんいます。
家電製品の影響をうけずに、オーディオにすこしでもキレイな電源を届けるためです。


ちなみに、今までお使いのコンポはありましたか?
もしあったのであれば、そのときはCDに不具合はありましたか?
そういうことも含めて、保証期間内なのですから、お金を使う前に、
「本当に電源ノイズが原因」なのか、「コンポ本体の問題」なのか
確認作業をした方がよろしいかと思います。

そして、どうしても改善しないというのであれば、
返品も視野にいれてみてはいかがでしょう。

前回の質問を読みましたし、私も前回の質問にお答えしました。
内容がクリーナーだったので、クリーナーのことしか書きませんでした。

私が思ったことは、電源が原因であれば、CDだけにその症状がおこる
っということはないと思うのです。

ラジオを聴いても、他の音源を聴いても、電源のノイズが原因なら
同じくノイズの症状はでると思うのです。

そして、音をなにも出さない状態で、アンプのボリュウムをかなり上げてみてください。
たぶん、無音か小さな音で「サー」っとなる程度だと思います。
電源ノイズ...続きを読む

QUSBケーブルで音は変わりますか?

今日、music streemerIIっというちょっと前のUSB-DACを購入しました。
パソコンの中に入れている音源(非圧縮)やインターネットラジオを聴くときの
ために購入しました。

予想以上に素晴らしい音で驚いています。
手持ちのCDをあっさりと超えてしまって戸惑っております。

ちなみに、中古で買ったせいかどうかわからないですが、
USBケーブルがついてませんでした。
なので外付けDVD-Driveのケーブルが形状が同じだったので、
一応これを使用していますが、外付けDVD-Driveも使用したいため、
ケーブルを購入しなければいけません。

USBケーブルで音は変わりますか?
それとも、パソコンとオーディオ機器とは別ものなのでしょうか。

スピーカーケーブルやRCAケーブル等で音が変わることは経験しています。
だとしたら、USBケーブルを変える意味はあるでしょうか。

Aベストアンサー

USB DACにもよりますが外部からのノイズの影響や信号の劣化、減衰が関係します。
USB DACがUSBの信号や電力からのノイズをカットする機能を備えていればケーブルの影響は少なくなります。
また、専用のドライバーを用いて使用する場合(アシンクロナスモード)も同様です。
そういった対策などがないUSB DACだと左右されることがあります。
厳密にはUSBポートにも左右されます。
USB DACが出始めのころに買ったものはそういった対策されれていないのが普通だったので
大きなコンデンサーの付いた出力電源のノイズが少ないUSBカードを入れたりシールドが高くノイズカットを謳うUSBケーブルを使ってノイズを低減させたことがあります。
それでも僅かなノイズはありました。

やがて限界を感じどうせならとUSB DDC+DACにしてUSB起因のノイズから開放されました。
今は専用のドライバーを使うUSB DDCに変更しさらに音質が向上しました。

また、ノイズが聞こえる聞こえないはアンプやスピーカーにも左右されます。
スピーカーの能率やアンプのSN比両方が高い組み合わせだと僅かなノイズでも音として聞こえてしまいます。

USB DACにもよりますが外部からのノイズの影響や信号の劣化、減衰が関係します。
USB DACがUSBの信号や電力からのノイズをカットする機能を備えていればケーブルの影響は少なくなります。
また、専用のドライバーを用いて使用する場合(アシンクロナスモード)も同様です。
そういった対策などがないUSB DACだと左右されることがあります。
厳密にはUSBポートにも左右されます。
USB DACが出始めのころに買ったものはそういった対策されれていないのが普通だったので
大きなコンデンサーの付いた出力電源のノイズ...続きを読む


人気Q&Aランキング