プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

毎日ジョギングを始めてから約4年目になります。いつも18時から走り始めるので夏はいいのですが、冬は暗くなります。

車に轢かれたくないので反射板をつけて走っているのですが、軽トラの人が常にハイビームで走行しててすれ違い様でも一度も下げてくれた事がありません。眩しくて何度か転びそうになっています。

法律上は夜間ハイビームが原則かも知れませんが、対向車がある場合はローに切り替えなければならなず、減光義務違反だと聞きました。

それってすれ違う物が車やバイクのみの場合であって、私みたいな歩行者は関係ないんですかね?農家の人だと思うけどその1台だけなんですよね。他の人はハイビームでもすれ違う際にはローに下げてくれます。

警察に相談したら取り締まってもらえるものなんでしょうか?

A 回答 (3件)

> それってすれ違う物が車やバイクのみの場合であって、私みたいな歩行者は関係ないんですかね?



そういう事になります。

道路交通法
| (車両等の灯火)
| 第52条
|  車両等は、夜間(~)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。
| 2  車両等が、夜間(~)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。

と「他の車両等」のみが対象で、その「他の車両等」は、

| (定義)
| 第2条
|  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

| 十七  運転 道路において、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)をその本来の用い方に従つて用いることをいう。

とされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます (^^)

法律に詳しい方ですか?
すごいですネ。

ただ何か、私にとって残念な現実を知ってしまいました (^^;;

お礼日時:2015/02/03 19:19

たしから歩行者からしてみても、眩しいからイラッと来ますよね。


ジョギング中に爆光LEDライト持って、光には光をでお返ししてあげたらいいですよ(笑)

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます (^^)

あはははっ、面白い!
そんなのもあるんですネ。

ただ、そんな事するとコッチが捕まってしまう (・∀・)

お礼日時:2015/02/03 20:13

前を車両が走っている場合、対向車がいる場合は減光義務はあります。


が、歩行者に対しては規定されていなかったと思います。

仮に警察に取り締まりをお願いするとしても、警察の手の空いている時間にいつも違反している状態でないと、物理的、時間的に取締りようがありません。

もちろん思いやりやマナーとしては減光した方がいいでしょう。
ですが歩行者が反射材なしに50m以上の距離を歩いていた場合、ハイビームなしに運転手は歩行者を認識するのは難しいと思います。
ご自身が反射材をつけていたとしても、つけていない歩行者もいるわけですから。

それ以上に危険なのが
>眩しくて何度か転びそうになっています
です。
転びそうということは、目がくらんでいるのに走り続けている(また歩き続けている)ということですよね?
僕も夜にウォーキングをしていますが、質問者さまは危なすぎます。
4年もジョギングをしているのなら、「安全なところに退避して止まる」という選択肢を持つようにしましょう。

事故が起きてしまっては法律も何の意味も持ちません。
運転手は歩行者を保護する義務がありますが、それ以前に自分の身は自分で守りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます (^^)

やはりそうですか・・・。
そんな気はしていたんですよね。

つまり、ハイビームにしてても歩行者の私に気遣ってローに切り替えて頂いていた方々の方が、皮肉にも誤りだったと言う事ですよね。


>>4年もジョギングをしているのなら、「安全なところに退避して・・

いえいえ、ハイビームで目が眩んだら走るのを止めて隅に移動するようにしています。・・・っと言うのも、車がすっ飛んでいくモンですから怖いんです。ただ暗い中、一瞬でも眩んだらなかなかどーしたものか。

>>自分の身は自分で守りましょう。
ごもっともなご意見です (^^)

お礼日時:2015/02/03 19:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!