ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

着物の種類について、詳しい方教えて頂ければ幸いです。
写真の着物について質問です。
これら2つは小紋でしょうか?
水色のほうは友禅?と聞いていますが、自分ではよく判断がつきません。
友人の結婚式(レストランウェディング)に招待されているのですが、着ていくものに悩んでいます。過去のいろいろな質問を見ると結婚式に小紋は不可と書いてあったり、二次会ならok、帯で格をあげれば大丈夫など、様々な見解があり、正直何が正しいのかよくわからずにいます。
かなりこじんまりした人前式だそうです。(30人くらい?)
新郎新婦の親御さんも洋装だったり、訪問着を着るというカジュアルな感じらしいのですが…
詳しい方教えて頂ければありがたいです。

「着物の種類について これは小紋でしょうか」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

遊びで着物を着ているものです。



小紋というのは、デザインとしての模様の付け方です。
着物の模様の付け方は色々ありますが、非常に大まかに言うと、3つにわかれます。
着物の形に仮仕立てをしてから模様をつけるため、縫い目で模様が途切れずに1枚の絵のようになるのが絵羽といい、留袖や訪問着になります。
反物のまま計算して模様をつけていくので、縫い目で模様は途切れるのだけれども、全体としては1枚の絵のような感じになるのが付け下げといいます。
お写真の着物のように、同じ模様が繰り返されるものが小紋といい、反物に均等に模様を染めていくものです。

友禅というのは、染め方の技法です。
友禅の絵羽も、付け下げも、小紋もあります。

一般的に言えば、未婚の方の振袖を除くと、留袖>訪問着>付け下げ>色無地か三役の江戸小紋で紋付き>無紋の色無地や格のある江戸小紋>通常の小紋、という格の高さの順序になりますが、柄によっても変わってきますので、細かな区別はなかなか難しくなります。
地域柄によっても違いますしね。

お写真の着物は、どちらもカジュアルっぽいですね。
白い方は、軽めの振袖であってもおかしくない感じがあります。振袖だったら、まだ格をあげる事ができたかもしれませんが、普通の袖なら、パーティ向けにはできても「式」と名のつくものは、ちょっと苦しい気がします。

小紋で、帯で格をあげる事ができるのは、まず先のご回答にもあるような「江戸小紋」と呼ばれる、遠目には無地に見えるほどの細かなものです。ただ、これも江戸小紋ならなんでも格が高くなるわけではなく、三役、裃小紋などと呼ばれる、もともと由来のある格の高い柄だけです。
そして、もうひとつは、地空きの多い「付け下げ」に近い雰囲気の小紋です。
洋服のワンピースでも、フォーマルドレスから部屋着まで、いろんなレベルがありますよね。
着物も同じです。一口に「小紋」と言ってしまうから同じに感じるだけで、色々なレベルがあります。
この小紋は、お洒落なカジュアルと思っておいた方がいいと思います。

ちなみに、新郎新婦のお母様が訪問着というのは、確かにくだけた感じですが、訪問着はカジュアルにはなりません。
紬の織絵羽とか紬に染の訪問着なら、まだカジュアルと呼んで呼べなくはないかもしれませんが、基本的に訪問着はフォーマルです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しく教えて頂きありがとうございます。
種類だけのみならず、技法でも呼び方が違うことまで教えて頂き、大変勉強になりましたのでベストアンサーとさせて頂きました。
今回は着物を見送り、この着物はまた別の所で沢山着たいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2015/02/12 23:55

小紋ですね


普段着ですので
そういう席には合わないですね
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
一口に柄物といってもいろいろ種類があることがわかりました。

お礼日時:2015/02/12 23:57

両方とも小紋です。

同じ柄が連続しているものを小紋といいます。
洋服の格で言うと、ジーンズ~カジュアルワンピくらいだと思ってください。

ご質問の文面から察して、洋服は着物より格下と思っていらっしゃるのかな?と思いますが、
そんなことは全くありません。
単に着物が分からない人が多いため、着物=高い=格が高い、と誤解されてるだけです。
また、着物の折りや刺繍が高価か否かも格には全く関係ありません。柄ゆきが全てです。

着物の格には諸説あり、確かにややこしいですね。
友人同士の二次会ならこれで全く問題ありません。
しかし親御さんもいらっしゃるとなると、やめた方がいいでしょう。
もしかすると問題ないかも知れないのですが、着物に詳しいことを自慢したい輩には、
結婚式に小紋?!みたいに、格好の陰口のターゲットになる場合もあります。
冠婚葬祭となると、ご友人と相手の方の親や親戚などがいらっしゃるので、
あなた一人の恥というわけにいかないので、無地着物か服が無難です。

(もし余裕があれば、この際無地着物を購入しても、長い目で見れば損はありません。
流行がなく真夏以外は着れるし、帯を変えれば同じ着物と気づく人は少ないので、
ドレス類に比べて超ハイコスパです。)

帯で格を上げると言っても、この手の柄の小紋に金糸・銀糸が入った帯は
現代では基本的にナシなので、せいぜい名古屋帯か袋帯か、くらいの差です。
それに、小紋はやっぱり小紋=カジュアルです。

小紋もOKとしているのは、江戸小紋と言われる、点描画みたいな柄(この表現で分かるでしょうか…)で遠目には無地に近い感じのものです。
これに袋帯や多少金銀が入った帯などしている人もいます。
しかし、この江戸小紋も関西ではカジュアルなものとみなされたりと、地域にもよります。

洋服だと、盛装すべき場でビジネススーツを着てる女性がいても、全く非難されないのに、
着物となるとあれこれ言われるって変だとは思いますが、実際そうなので仕方ありません。

この着物は服で言うと、そのままの格好で電車に乗れるけど、ちょっと派手目でお洒落なワンピ、
くらいの感じですね。お買い物等に着ていっても問題ありませんし、ちょっと高級なレストランでお食事とか、着物の展示会を見に行くなどにぴったり来るかと思います。
着る機会は沢山あると思いますので、今回は他のものにしてください。

余談ですが…洋服を見るだけ見たいが、今日は買う気がない。こんな時こそ着物です!
試着させられない(と店員は思ってる、もしくは試着に時間がかかる)から売りつけターゲットにされません(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく教えて頂きありがとうございます!
一口に着物といっても種類やお決まりがいろいろあるのですね。
今回は着物での参列は見送りたいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2015/02/12 23:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入学式に小紋はダメですか?

 私の住む地域は田舎なもので、小学校の入学式に出席されるお母さんの半数以上が着物です。成人式のような派手な着物の方から落ち着いた着物の方までさまざまです。

 着物好きな義母に着物と帯を作ってもらったので、今回はそれを着たいと思っていたのですが、私自身は着物のことは詳しくありません。
義母は入学式に着ていけると言ってくれてしますが、ネットやこちらで色々調べているうちに本当に大丈夫なのか心配になってきたので質問させてください。

 着物はカラシ色の付け下げ小紋というものだと思います。
 着物の裾や肩に四角い小さな刺繍(中には季節のお花?)があります。
 帯は黒の名古屋帯です。織ではなくて染のものだと思います。
 お太鼓の部分と前の部分には金銀のウサギがと草のような線?が描かれています。

 いろんなサイトを見ていて付け下げ小紋=小紋と同格というのは分かったんですが、小紋も入学式でOKと書いてあるサイトもありました。
 「昔は色無地に黒の名古屋帯で入学式に出かけた」という内容の言葉もサイト内で見かけたので、義母はそんな感じを思って買ってくれたのではないかとも思います。

 でも、染の着物に染の帯はダメなんですよね?

 上の子の入学式には色無地を着ていったのですが、義母も今回はこちらを着けばどう?なんて勧めてくれてますし、私も気に入っているので着ていきたいのは事実なんですが…いろいろな書き込みがあって訳がわからなくなってしまいました。

 なにせ私自身着物に詳しくないもので、筋違いの質問をしているかもしれませんし、おかしな説明をしているかもしれません。ご容赦ください。

 着物に詳しい方、ご回答よろしくお願いいたします。

 
 

 私の住む地域は田舎なもので、小学校の入学式に出席されるお母さんの半数以上が着物です。成人式のような派手な着物の方から落ち着いた着物の方までさまざまです。

 着物好きな義母に着物と帯を作ってもらったので、今回はそれを着たいと思っていたのですが、私自身は着物のことは詳しくありません。
義母は入学式に着ていけると言ってくれてしますが、ネットやこちらで色々調べているうちに本当に大丈夫なのか心配になってきたので質問させてください。

 着物はカラシ色の付け下げ小紋というものだと...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
入学式に着物での出席が半数以上いらっしゃるなんてすごいですね。
私も着物大好きなのですが、入学式や卒業式に着物姿の方をあまり見かけなくて残念な思いをしてますので、とても羨ましいです。

ご質問のお着物ですが、私ならOKなのですがねぇ。
土地柄というものもあることなので、一概には言えませんが・・・。
帯は想像するにちょっと「おしゃれ帯」風でそぐわない気もしますが、
着物は「紅葉もあれば桜も」ということはオールシーズン考慮されたもののようですし。来賓として出席するわけでもなく、一保護者としてなのですから。
ちなみに私は色無地に近い小紋に黒絵羽織で卒業式に出席しましたし、入学式は付け下げに袋帯で出席予定です。

違うカテゴリー「ファッション」の方でもう一度ご質問される事をお勧めします。もっと広く詳しい方にお聞きしたらいかがでしょう?

Q着物のお値段教えてください

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が花) 58.000円
※ハイテクミシン仕立付。
・パール帯留 68.000円
・重ね衿 3.465円
・絹・三分紐帯揚S(三分紐中国製) 12.390円
・帯留要三分紐(中国製) 8.400円
・特選ストール 39.800円
・フォーマルバッグ 19.800円
・装履 13.650円
・刺繍半衿 1.995円
小計  525.241円
消費税  26.259円
合計  551.500円

【店員さんのコメント】
・光沢があって品のある優しいお色味(ピンク系)の着物だから、何歳になっても着られる。
・小物の色を変えるだけで、通年着られる。
・不祝儀以外ならどこへでも着ていける良い品物。
・生地自体が辻が花。色は67色使っていて、絞りは型どおりに糸を通して絞っている。散らしてある金は純金。
・金額としては、これ以上はひけないくらいのお値段。

・・・帰宅したら、彼にめちゃくちゃ怒られました「貯金してから買え!」って。
彼の言うことはもっともだと思いつつも、お茶会などに着ていく着物が欲しかったこともあり迷っています。
※今は、いつもピンクの蝶々柄の小紋を着ています。祖母が若いときに買ったお着物です。

補足が必要でしたらいたしますので、どうかご回答お願いいたしますm(__)m

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が...続きを読む

Aベストアンサー

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫っていると運針、特に、ちりめん系統はア・・生地が自分でなじんで糸を運んでいるとわかります。
断っておきますが、私はプロではありません。
しかし、いじっている数がたぶん素人にしては、半端でないと思う。

それと、辻が花は絞りを用いるので生地のでこぼこが本当なら、
すごくミシンでペタンコに縫うにはそぐわないです。
それと、裏に交織物を使うところが実に陳腐。
安物売りの手口、そのまま。
化繊が入ると、生地として吸湿性がないので、きていて暑い。
見かけはわからなくても、着るとわかる。
私は全部、交織の裏は張り替えます。

交織を使うと、妙に張りが出て、本当は、ちりめんや、シボのあるものにはツッパラかって、相性が悪いです。
それに、裏に正絹を使ってもそんなに値段としてそんなに変わりません。
胴裏、すそ回しで両方で1万ぐらいから、あります(正絹)

もう少し、目を肥やしてから、単品でお買いになったほうが懸命です。
今から、キャンセルできるなら、キャンセルすべきです。

裏も、正絹で作られないような辻が花に意味がないです。

小物とセットというのも無駄です。

ネットのオークションでいいから、半年は、見るだけで値段を知るべき。
それから、小物を買うのでも十分。
どの程度の品物かわかりませんが、価格としてもいい値段です。
何もあせって、いっしょに買うこともない。

それと、通年着られるという話も、袷なら、ご存知でしょうが、10-5月の範囲。
他の方も書かれていますが、辻が花に刺繍襟はゴテゴテして余り、
いい趣味とも思えません。
そういうセンスの店での「セット」というのがどうも、お勧めできない。

好みでしょうが、辻が花はあっさりした志向ではないので、あきます。

たくさんいろいろ持っていて、辻が花の濃い感じは捨てがたいですが、
これしかハレ着がなくて、ちょいちょい回数着ると、アーまたあれかというほど、存在感。

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫...続きを読む

Q総絞りの着物って、格が低いのですか?

よろしくお願いいたします。

先日友人の結婚式に『総絞りに職人の手作業による日本刺繍をふんだんにほどこした・・・』着物を着用してゆきました。
この着物は祖母が嫁ぐときに実家につくってもらった着物で、もとは振袖でした。のちに事情があって袖を短く切って訪問着として仕立て直したものです。
とてもものがよく、親族一同の中でも有名な着物で、『そこいらの訪問着よりもよっぽど格上』ということになっており、私は安心してその着物を着ていったのですが、とあるHPで『総絞りは格が低いので、披露宴等には着用してはいけない』とあり、びっくりしています。また、従兄弟は総絞りの見事な振袖を持っており、これも親族の間で有名なお着物です。有名な演歌歌手の方も総絞りの着物で紅白歌合戦に出場されたりしています。そんなこんなで、私の中では、総絞りは友禅などに並ぶ上等の着物だとおもっていたのですが、私の勘違いなのでしょうか?

着物に詳しい方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
 
と言った訳で、それから礼装正装になるかどうかですが、、。絞りに限らず訪問着、江戸小紋でも、紋の有無などそれはその時と場合によってかわります。
主催者との兼ね合いです。
着物は良くも悪くもまだ決まりを重んじていますので、
それに逆らわないあるいは、決まりを破ろうと言う
覚悟がないと、引けてしまいます。
親族の格からは、(黒留、色留、紋有りの訪問着→)
どうしても外れてしまうのですよね。
自由な服装でという場合はもちろん着てください。
友人(紋付訪問着、訪問着、つけ下げ→)のばあいは
その範囲ですからOKです。

うまく書けませんが、、、少し理解していただけたでしょうか

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
...続きを読む

Q金糸銀糸の入った帯について

あまり詳しくはないので教えて下さい。

1:半幅帯や名古屋帯はカジュアルの部類に入るそうですが、では半幅帯や名古屋帯に金糸銀糸が入った物ってカジュアルなんでしょうか?フォーマルなんでしょうか?
最近着付教室に通い始め、練習用にリサイクル着物屋などからいろいろ購入してくるのですが、名古屋帯に金糸銀糸を使った帯が多くどういう時に使うのか悩んでしまいます。
(持っている着物は小紋やかすりなど、普段着ばかりです)

2:あまり派手好みではないので無地の着物を着たいのですが、普段着に色無地はおかしいのでしょうか?

3:私の身長は152cmなのですが、長襦袢は何cmがちょうどよいのでしょうか?

いろいろ聞いてスミマセン。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。

1:いわゆる礼装用の金糸銀糸使いのもの、というのは、生地に金糸(銀糸)がびっしりと織り込まれている、というか、金の帯地(銀の帯地、例えは悪いですが、金でできたアルミホイルを体に巻きつけるような帯、という感じに見えますよね。。。文字だけで表現しているので、極端すぎる例ですが)に、色のついた糸で模様が織り込まれている、という感じに見えますよね。それが、格の高い礼装用の帯、ということです。
名古屋帯や半幅帯では、せいぜい刺繍に金糸を使っていたり、模様に一部金箔が使われている程度で、キンキンキラキラ、ではなく、帯の布地部分の面積が圧倒的に広い(お太鼓部分だけ、あるいは一部の模様に金糸銀糸が見える)という状態になっていると思います。
そのような帯は、やはりお祝いの席に用います。
半幅や名古屋は小紋か色無地(紋無しのもの)に合わせます。小紋の中でも、古典の総柄など、格のある模様のものや色無地を着て、ジャケット着用程度の気軽なパーティ(お友達のレストランウエディングやお誕生日会など)や、歌舞伎などの観劇(おめでたい出し物なんかのときはいいかも、ですね)、初詣など、お正月のおでかけなんかでちょっとおめでたい気分のとき、子供の発表会やお披露目、などでもお使いになるといいと思います。
普段のお買い物やちょっとしたランチ、お食事などには向かないかもしれません。
小紋や色無地を、やや改まってきたいときにはいいと思います。

2:紋がついていなければ、小紋と同格で着ることができます。ただし、紋無し色無地には豪華な袋帯をあわせることはできません。(というか、ちょっとちぐはぐな印象になると思います)なので、帯も名古屋帯、ということになるので、地味すぎて制服っぽくてイヤだ、と思う人もいるかもしれません。でも、それは好みの問題だと思います。

3:私は身長155cmですが、安いプレタのものや下着などで、S/M/Lなどのサイズ表示のものを購入する場合は、Lサイズを購入しています。
襦袢の丈(縦の長さ)は、腰紐でしばったり、裾を自分で好みの長さになるように縫い上げてしまうことはできますが、裄(ゆき、と読みます。腕の長さのことです。正確には、首の付け根の背骨のぐりぐりから手のくるぶしくらいまでの長さのことですが)は、長さが合わないと、着物の袖口からはみ出したり、足りなくて着物の袖口を汚してしまい、また自分で調節するのはかなり難しいので、身丈よりも裄のあうものを探されるとよいと思います。
最近の人は手足が長いので、背が低くてもLサイズ、ということは充分ありえます。
将来的にはネットで買うにしても、普通の呉服屋さんで出来合いの(誂えではない、ポリエステルなどのもの)襦袢が、ネットと同じような金額で売っていますので(数千円程度)、ご自分の裄の長さがわからないなら、一度目はお店で裄の長さを測ってもらってから、どのサイズ表示に合うかを確かめて購入されてはいかがでしょうか。

はじめまして。

1:いわゆる礼装用の金糸銀糸使いのもの、というのは、生地に金糸(銀糸)がびっしりと織り込まれている、というか、金の帯地(銀の帯地、例えは悪いですが、金でできたアルミホイルを体に巻きつけるような帯、という感じに見えますよね。。。文字だけで表現しているので、極端すぎる例ですが)に、色のついた糸で模様が織り込まれている、という感じに見えますよね。それが、格の高い礼装用の帯、ということです。
名古屋帯や半幅帯では、せいぜい刺繍に金糸を使っていたり、模様に一部金箔...続きを読む

Q【着物】色無地を買ったのに「小紋」?

9年前に買った色無地があり一度も着ていなかったのですが、4月に友人の結婚式に出席するにあたり、1つ紋を入れて来て出席しようと思ったので呉服店に色無地を持参しました。
最初若い男性店員に担当してもらっていたら後からオバ様店員が出てきていろいろと男性社員に「紋は聞いたの?」「お値段はお伝えした?」などとかなり手厳しく接していたのを遠巻きに見ていたのですが、男性社員が「色無地なんですけど・・・」と言ったらオバ様店員が「これは小紋よ!」とこれまた手厳しい口調でキッパリ言っていたのを聞いた私は「え!?色無地じゃないの?」とビックリしてしまいした。
そこでオバ様店員に色々と聞けば良かったのですが、怖くて何も言えず。。

この色無地はわりと地味な色(カラシ色)なので念のため姉からも着物を借りてみようと思い、姉宅に行った際に色無地の端切れを持参して見てもらったのですが、姉も「一瞬小紋かと思った」と言っていました。

この色無地は着付け教室に通っていたときに呉服屋見学に行きその呉服屋で「色無地」として買ったものです。

気になったのでその色無地の端切れに書かれていた「柿本市郎」という名前でネット検索してみたら私が買った色無地とほぼ同じタイプの色無地がありました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/yumekimono/m-0009.html#

布のアップ写真のように少し明るい色(白っぽい)糸で梅などの花がところどころに入っています。
このサイトでも色無地としてでているので私が買ったものも色無地だと思うのですが、これを小紋と思われる方も多いのかな?と思ったのでこちらで質問させていただきました。

一応姉から借りた付け下げがあるのでそちらを着ていこうか色無地にしようか迷っています。
仮に、この色無地に1つ紋を入れて結婚式などに出席したら小紋を着てきたと思われる可能性もあるのかなと不安なのですが。。

9年前に買った色無地があり一度も着ていなかったのですが、4月に友人の結婚式に出席するにあたり、1つ紋を入れて来て出席しようと思ったので呉服店に色無地を持参しました。
最初若い男性店員に担当してもらっていたら後からオバ様店員が出てきていろいろと男性社員に「紋は聞いたの?」「お値段はお伝えした?」などとかなり手厳しく接していたのを遠巻きに見ていたのですが、男性社員が「色無地なんですけど・・・」と言ったらオバ様店員が「これは小紋よ!」とこれまた手厳しい口調でキッパリ言っていたのを...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。25年ほど和装の道にいる者です。
写真を拝見しました。これは色無地です。
見る人によっては小紋に見えるかも知れません。
でも、いわゆる友禅や型染めによる染め技法でほどこした柄付けではなく、縫い取りという手法で織り込んである柄です。
ですから厳密に言うと「色無地」です。
そのオバ様店員の無知かそそっかしさか、ごきげんでも悪かったのか…とにかく気にすることないです。
色無地としては上等の品ですから紋を入れて上等の袋帯を締めればお友達の結婚式に堂々と着て結構です、
「それ小紋じゃないの?」という人がいたら「色無地なのよ」と教えてあげましょう。
ただし、会場によっては色無地では地味に映ってしまう場合もありますので、披露宴の格やほかの列席者とのバランスがとれるようできるだけリサーチして色無地か付下げか決めてください。

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q50代からの着物の色

50代になって、色無地か訪問着のいずれかを作ろうと思っています。
着物の色は、どんな色が良いでしょうか?

着る機会は、さしあたって無いのですが、これを、今後、最後の着物として着るつもりなので、出来れば、地味な色合いでいいのですが、
年配の人は、どんな色の着物がいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶色の着物に同系色の帯・小物
肌色がくすんでいく年齢にくすんだ色を重ねると
+10歳効果だそうです。(怖っ)

きれいな若草色に、茶色の染め帯、半襟は鳥の子色にベージュの刺繍、帯揚げが焦げちゃに白の染め抜き模様、帯揚げはピンクのとび模様入りの山吹色、しかも鼻緒は赤!

めちゃくちゃかわいくないですか?
先日、友人の奥方が米寿のお祝いの席で着ていらしたのですが、もう、死ぬほどかわいかった!
(って、自分のおばあさんだとしてもおかしくないくらい年上なんですが・・・)

色無地もいいですが、私自身が「おばあちゃん」になっても着ようと思って作ったのは、渋い黄緑、東雲色、京紫の江戸小紋です。
(紫だけは極行儀なので祝儀・不祝儀兼用で紋を入れましたが。)

色は実際にあててみないとわかりませんが、見てて
好ましいなと思うのは顔色が良く見える、クリーム色や東雲色のかわいいきれいな色です。

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶...続きを読む

Q紬は年中着れるもの?

最近、着物に興味を持ちはじめたので
用語もあやふやですがよろしくお願いします!

呉服屋さんに行った時のことです。

店員が「大島紬は季節関係なく年中着れます。
その為には袖に胴裏?をつけないで仕立てるのが裏ワザ♪」と
勧めてきたのですが、
仕立てができる知人は「紬を夏に着るのはおかしいのでは?
袖に胴裏?つけないで仕立てるなんてやったことないよ。」でした。

ちなみにその大島紬は後染めのクリーム色、
季節を感じる柄はありませんでした。

今、着方が多様化されてるようですが
皆さんのご意見よろしくお願いします♪

Aベストアンサー

こんばんわ。
まあ皆さんが書かれてる事と重複するような回答になると思いますが。

<店員が「大島紬は季節関係なく年中着れます。
言葉通り解釈するとそれは嘘です。
なぜなら一年中着られる着物という物はないと思ってください。
盛夏(7,8月)は薄物と言って透ける物を着ます。
大島紬の場合も夏大島と呼ばれ、夏専用に織られた物があります。
紬には違いありませんが単衣に仕立ててあっても袷用の大島は盛夏には普通は着ません。

では「年中」を盛夏を除いた時期と解釈すると
10月~5月までを胴裏裾回しをつけた袷仕立て、6月9月を裏なしの単衣仕立てで着るのが本来のところを流用しようというねらいなのでしょう。
しかし胴裏がなくても裾回し(八掛け)をつけてしまえばそれは袷の扱いになり単衣として着るものではありません。
胴抜き仕立てと言うのですが暖房の効いた現代生活や、春先や秋口など暑さを感じる時期のために着やすいように仕立てます。

ですので正直その店員さんのねらいとする所がちょっと私には理解できません。
単衣仕立てにして冬も着てしまう、あるいは袷(胴抜き)だけど単衣の時期にも着てしまう事は承知のうえで着るぶんにはかまわない事です。
けれど厳密には完全に流用はできるものではありません。

後染めのクリーム色という事ですから一般の方が想像する大島紬とちょっと違うタイプのものだと思います。
おそらくどちらかというと春や秋向きの物だからそういうアドバイスが出たのだと想像しています。
いずれにしても「年中着られる」という事にはなりませんのでご承知ください。

こんばんわ。
まあ皆さんが書かれてる事と重複するような回答になると思いますが。

<店員が「大島紬は季節関係なく年中着れます。
言葉通り解釈するとそれは嘘です。
なぜなら一年中着られる着物という物はないと思ってください。
盛夏(7,8月)は薄物と言って透ける物を着ます。
大島紬の場合も夏大島と呼ばれ、夏専用に織られた物があります。
紬には違いありませんが単衣に仕立ててあっても袷用の大島は盛夏には普通は着ません。

では「年中」を盛夏を除いた時期と解釈すると
10月~5月ま...続きを読む

Q結婚式に着ていく着物(小紋)

20代後半既婚者です
友人の結婚式に着ていく着物で迷っています。
会場は、名のあるホテルで、チャペル式、披露宴(70名程度)があり
受付を頼まれています。
私自身は、小紋という言葉も初めて知ったぐらい着物にうといです。
母(60代)に着物、帯等すべて準備してもらいました
母曰く
「手元の訪問着は地味だし、こっちは小紋だけど、格のあるものだし、帯もこれをしていけば大丈夫。お母さん世代の人からみても変なもの着てるとは思わない。」だそうです。
受付を依頼されていることも母に伝え、友達に失礼のないようにしたいということも伝えて大丈夫だと言われました。
しかし、ここで調べると多くの人が失礼だと・・・
ネットで色々検索していると、小紋でも大丈夫と書いているところもあるし、レンタル着物屋さんでは披露宴でもあえて華やかな小紋をすすめているところもあり、何がなんだかわからなくなっています。

Aベストアンサー

失礼でないか、失礼か、と聞かれれば、
少し悩む所だとは思うのですが、実際、お着物自体を見ていないので
なんとも言えないのが残念ですが、

お母様が、小紋だけれど品格もある、と
仰るところをみると、それなりのお着物ではないかな、と思います。
実際、小紋だから、付け下げだから、訪問着だから、

と言っても、レパートリーはかなりあります。
実際、簡単にお話すると、着物にも、材質、素材ですね、
色んなものがございます。
本来ならば、つむぎとしての材質なのに、
色も柄の配置も小紋し様だった、などという感じで、
お着物にも、TROの規則はありますが、

その場に応じた装いで、着物は格がしただから、
帯で、格を少しあげよう、ということや、
もしくは、ほんとにキレイな柄なのだけれど、この柄は
相応しくない柄なので、止めましょう、ということも
あります。
また、おしゃれ着の中でも、これは格が上の方だ、これは、
下の方にちかいな、というような、お着物にしても
その位置!!というものでもありません。

それは、見れば、あぁ、それなら、許せるな、ということが、
着物の世界ではあります。
必ずしも、それが正しい、というものではなしに、
着物の素材、柄、そして、格、帯と帯揚げ、
帯締め、というように、
組み合わせがあり、その時々で、判断は違う、ということになります。

これは、着物をよくご存知の方から教えてもらうことで、
お母様の意見が、どのような、根拠からなの?
ということを、一度、聞いて見られてもいいと思います。

おしゃれ着のはずなのに、柄から見れば格が上、という場合もございますし、それは、訪問着・・・?というものもございます。
そのお着物自体が気に入らない、というのであればまた別ですけれど、

お着物自体、少しお勉強を進めて見られたら、
着物の、実態は、その時々で、工夫次第で、着れたりもする、
融通性のあるもの、としても受け止められるのではないかな、
と思います。
是非、機会があれば、着物の、これは訪問着?ということから、
触れる機会をつくってもらえたら・・・と思います。

参考まででした。

参考URL:http://coquette.fem.jp/tpo.html

失礼でないか、失礼か、と聞かれれば、
少し悩む所だとは思うのですが、実際、お着物自体を見ていないので
なんとも言えないのが残念ですが、

お母様が、小紋だけれど品格もある、と
仰るところをみると、それなりのお着物ではないかな、と思います。
実際、小紋だから、付け下げだから、訪問着だから、

と言っても、レパートリーはかなりあります。
実際、簡単にお話すると、着物にも、材質、素材ですね、
色んなものがございます。
本来ならば、つむぎとしての材質なのに、
色も柄の配置も小紋し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報