出産前後の痔にはご注意!

氏姓制度が一部、分かりません
連と、伴造、伴、品部についてです。

連が、職能における集団であることはおおよそ理解出来ました。が、伴造、伴、品部の役割を担った人々はそれぞれどのような姓を持っていたのですか?

伴造は伴を率いるリーダー、とありますから、連の姓を持つ氏の氏上が伴造に任命されたのかなと予想しますが、
それに対する、伴とは何なのでしょうか?その連姓の氏の氏人ですか?この場合、伴も連姓を持っていると捉えて良いのでしょうか
また、伴に従う品部とはどのような位置付けですか? 品部の構成員である部民とは氏人の内に入るのですか?(彼らも連姓を持っているのですか?)

非常に細かな質問なのに説明が拙く申し訳ないですが、教えていただけると嬉しいです
山川の詳説日本史図録より図をお借りします

「氏姓制度 姓について」の質問画像

A 回答 (1件)

氏の成り立ち、姓の成り立ち、伴造・伴・品部の成り立ちはそれぞれ別のものです。



氏が完全に確立するのは天智天皇のときとされています。
このときに氏上や氏人の明確化がされます。
逆に言えばそればでは不明確であったということです。

姓は天武天皇の八色の姓で種類が固まります。
それ以前から姓はありますが、曖昧です。

この氏と姓の制度が公民全体に行きわたるのは奈良時代です。
戸籍や大宝律令ができても、人によって氏姓があったりなかったりで、制度として整理できるまでには時間がかかっています。

伴造・伴・品部も、一度にできたのではなく徐々に成り立ちました。
伴造と伴の区別も曖昧、伴と品部の区別も曖昧だったりします。
徐々に、伴のリーダーが伴造、伴と品部の上下関係ができたとされます。
さらに伴造のなかの有力者が別の伴造を率いるようになり、そういう有力者には連姓が多いとされています。(有力でない伴造には連姓以外もいます)

このように律令制以前の氏姓制度は曖昧な部分が多く、さらに説が複数あったりもします。
ですので、高校レベルの教科書ではきちんと書けていません。

教科書ではまるで5世紀ごろの話のように読めるかもしれませんが、実際は律令制に至るまでの数百年のことを圧縮して、かなり単純化して書かれています。
(本来、数ページの説明では収まらないですね。大学レベル以上の論文を複数読まないと、横断的な理解はできないと思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりました。ご回答ありがとうございます。大雑把になら、理解できたように思います。思っていたよりもずっと複雑な仕組みなのですね。

お礼日時:2015/06/07 15:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの世おばわがよとぞ思う望月の 歌の解釈 

「この世おば我が世とぞ思う望月の欠けたることもなしとおもえば」

この歌はたしか学生時代(小学校か中学校で)に習いましたが、
教師に教わった解釈は 満月のようになにも欠けた所がない、栄華を極めたワタシであることよ』というような自慢っぽいものでした。

しかし、ふと思ったのですが

『月が欠けることが無ければ、この世は自分のものだと思えるのに・・・』
という意味、とれるように思うのです。
満月を見て詠んだのではなく、ほんの少し欠けはじめた月をみて詠んだのではないかと。

作者の藤原道長は源氏物語のモデルと言われている人物でしたよね。
たしか光源氏は晩年、さみいしいというか、落ちぶれていくという結末ではなかったでしょうか。

栄華のなかにあって、ふと自分で何かを予感するような、そんな歌のような気がしたんですが・・。

今の国語の解釈ではどうなっていますか?宜しく御願いします。

Aベストアンサー

わたしも数年前に授業でならった時の解釈は、
「栄華を極めてこの世はわたしの世である まさに満月にかけた所がないように」
でした。
おそらく、現在の学校でも同じ様な解釈を教えていると思います。

ただ、わたしが調べた範囲では、こんなことがわかりました。
1)藤原道長は、30代くらいから病気を繰り返している。
2)「望月の歌」も晩年の病気と病気ので詠まれている。
3)「望月の歌」は、娘の威子が天皇の夫人となった時に読まれていて、
  同年に太政大臣を辞し、その前年に摂政を辞している。
4)「望月の歌」を詠んだ翌年には、出家している。

No3のkogotokaubeweさんの情報と以上の事を踏まえて、
質問者usiodonさんの解釈を敢えて採用するようにしてみるとこんな感じになります。
○病気が多くてそれは道長の悩みだったようで、
 病気がちの道長は晩年「糖尿病」だったそうです。
 自分個人の自信は失いかけていたかも知れません。
 また、「望月の歌」の前後で、役職を辞したり、出家してますから、
 自分の人生の事後処理モードに入っていた=欠けはじめた月の状態にあったとも
 取れます。
 「望月の歌」はそんな中で読まれているので、
 そんな本心の裏返し=強がりとして、酒の酔いにまかせて
 「いままさに栄華の絶頂にある」と詠んだ可能性はあると思います。

 それでも、出家後8年ほど生きていますので、役職は辞していても外戚政治で
 まだ権勢を奮っていたかも知れません。

質問者usiodonさんの解釈には共感できる点もありましたので
ちょっと余計な事まで回答してしまいました。

参考URLは、
「藤原道長の悩み」 http://www2.ttcn.ne.jp/~kazumatsu/sub202.htm
です。

参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~kazumatsu/sub202.htm

わたしも数年前に授業でならった時の解釈は、
「栄華を極めてこの世はわたしの世である まさに満月にかけた所がないように」
でした。
おそらく、現在の学校でも同じ様な解釈を教えていると思います。

ただ、わたしが調べた範囲では、こんなことがわかりました。
1)藤原道長は、30代くらいから病気を繰り返している。
2)「望月の歌」も晩年の病気と病気ので詠まれている。
3)「望月の歌」は、娘の威子が天皇の夫人となった時に読まれていて、
  同年に太政大臣を辞し、その前年に摂政を辞し...続きを読む

Q国司、受領、国造の違いは?

律令、奈良時代の国司、受領、国造の違いがよくわかりません。
どなたか簡単に説明していただけませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず時代が違います。国造は大化の改新以前の朝廷が支配地域を拡大する過程において、地方豪族を逐次、国造に任命していったといったもので暫定的・過渡期的な統治体制に過ぎません。まだ律令制はないし、統一された政治手法があったわけでもない。既得権益、現状追認なのです。それでも国造に任命されたことで、その地域は自動的に朝廷の支配地域に組み入れられるといったことに意義があるわけです。

それに対して国司は大化の改新以後に朝廷から派遣された地方の行政官です。国造は段階的に、国司に置き換えられることで実権を失い名誉職に棚上げされていくことになります。このように時代が重なっていないのです。国司が全国統一の職務を担うことで律令国家体制が整備されていくことになるのです。

ここまでが国造と国司の関係です。時代が違えば、権限や職務も違うのです。

これに対して受領というのは平安時代に生まれた呼称ですが、それは地方での職務を部下に丸なげして自分は都に住んだままという横着な国司が現れたから、新たな呼称が必要になったということなのです。時代が進むと名目と実態が乖離してしまったということです。名目上の地方行政のトップは都に住んでいるが、実務上の地方行政のトップは別な人で地方に住んでいるといったことが起きてしまいました。それで後者の実務上の地方行政のトップを受領と呼ぶようになったのです。

受領は、地方で区別する必要があったから生まれた呼称であって、本来は国司の一人であったのに過ぎません。そういう新しい職務が任命されたわけでもないのです。

受領に対して、都で遊んでいた国司を遥任と呼びます。国司が平安時代になって遥任と受領に階層分離してしまったわけです。受領は官位は必ずしも高くないのに遥任と呼ばれた上級国司から地方実務を任されて、地方では絶大な職務権限を握ることになった。

ですから、まずそういう時代の流れを捉えていただきたいわけです。

まず時代が違います。国造は大化の改新以前の朝廷が支配地域を拡大する過程において、地方豪族を逐次、国造に任命していったといったもので暫定的・過渡期的な統治体制に過ぎません。まだ律令制はないし、統一された政治手法があったわけでもない。既得権益、現状追認なのです。それでも国造に任命されたことで、その地域は自動的に朝廷の支配地域に組み入れられるといったことに意義があるわけです。

それに対して国司は大化の改新以後に朝廷から派遣された地方の行政官です。国造は段階的に、国司に置き換えら...続きを読む


人気Q&Aランキング