忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

原付(主、加害者)、自転車(被害者)の交通事故です。私が家から右折(上り坂で見とうしが悪い)しようとした際、右から下り坂でおりてきた来た自転車と衝突しました。相手は全治1ヶ月の怪我です。警察からは今回は私の不注意で招いたことで過失運転致傷罪といわれました。後日罰金と点数が引かれる通知がくると思われますが罰金はどれくらいかかるものでしょうか。調べたところ15万〜30万ぐらいが相場みたいですが、事故の状況や相手の怪我により金額が変わるみたいでして今回のケースの場合はよくわからなかったので質問させていただきました。似たようなケースで事故を起こされた方、もしくはある程度確実性のある情報をお持ちの方お答え頂きましたら幸いです。
また車と原付で金額の違いはあるのかも教えて頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

30~50万円です。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信号無視で自動車運転過失傷害 罰金50万円

すみません。加害者側です。
夜中交差点で車同士の衝突事故をしました。
自分は正直信号の赤か青か記憶にありません。
相手ははっきりと青を主張しました。
相手は私の左から進行し、直進した私が相手の右側面に衝突した状態です。

事故現場では警察はまず相手の事情聴取をしそのあと私に移りました。その時こちらの事情は何も聞かず、開口一番「赤で渡っちゃだめでしょ」と言われ驚きました。相手が青だと主張するから自分は赤だと言うのです。突然の事故で混乱していた私はそのまま非を認めてしまいました。帰宅後、被害者の親から電話があり、「なんてことをしてくれたんだ」と言われ、なぜすぐに謝罪の電話を入れない!とひどく怒られました。まるで私が加害者と決定した様子です。
 その後相手から何度も「赤と認めろ。認めれば何も言わない。ここで認めなければ、こちらの一存でお前なんかなんとでも出来る」と脅しめいた電話が来ました。
 怖くなって、警察に赤であったと認め、検察にもそのように言いました。私のみの保険を使い、相手は車を変えたそうです。私は、自身の車を修理するために60万近くを自費で負担しました。
 しばらくして、略式命令というのがきました。自動車運転過失傷害とい罪名とともに、罰金50万円支払えと来ました。相手は頚椎・腰椎捻挫で11日間加療とかかれてあります。
車の修理で借金し、5歳の子どもを抱える自分にとって、この金額はとても払えません。刑務所に入るとしても、子どもはどうすれば良いのでしょうか。
弁護士に相談したいのですが、民間の弁護士で大丈夫でしょうか。料金はどれくらいかかるのでしょうか。また、検察には赤と言いましたが、今から覆すことはできますでしょうか。どうか教えて下さい。

すみません。加害者側です。
夜中交差点で車同士の衝突事故をしました。
自分は正直信号の赤か青か記憶にありません。
相手ははっきりと青を主張しました。
相手は私の左から進行し、直進した私が相手の右側面に衝突した状態です。

事故現場では警察はまず相手の事情聴取をしそのあと私に移りました。その時こちらの事情は何も聞かず、開口一番「赤で渡っちゃだめでしょ」と言われ驚きました。相手が青だと主張するから自分は赤だと言うのです。突然の事故で混乱していた私はそのまま非を認めてしまいまし...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら罰金の略式命令まで出てるのですね。
最後の方法はありますが 多分無理でしょう。
ご自身がその略式命令に対して本訴で挑む方法です。
これは個人で弁護士を雇っての戦いになります。ご自身での裁判は行えません、必ず弁護士が必要です。
なのでもう対処する方法は無いですね。
罰金を一括で支払うか 労役にて1日5000円を行い完済するしか方法はありません。
お子様はその間児童相談所扱いで何処かの施設での生活ですね。
なのでご心配のお子様の件は自治体が面倒を見てくれますのでご安心を!

では50万円ですので約6ヶ月の労役です。長いようで短く感じると思いますので 頑張って来てください。

Q人身事故の罰金について

先日、私が100%悪い
追突事故を起こしました。
点数の通知は5点が来ました。
相手方とは、保険に任せている状況です。
この後、検察からの呼び出しは、いつ頃になるでしょうか?(くる確率はたかいでしょうか?)
罰金もいくらぐらいになるか、知りたいです。

ご存知の方
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

昨年の自動車運転過失致傷罪の起訴率は、9.9%(約68万人の被疑者に対し、起訴されたのは約67,000人)です。

免許点数の加点は行政処分ですから、事故当初の診断書で判断されることが多いのですが、刑事処分は被害者の治療状況や被害者感情も大いに勘案されるため、被害者が加害者側の対応に不満を持っているかどうかも、起訴・不起訴の判断材料になります。

この辺りは、検察の判断となりますので、なんとも言えませんが、検察から事情聴取の出頭要請があった場合は、起訴(略式手続による罰金刑)の可能性が高くなります。
事情聴取の際は、被害者との示談状況について尋ねられますので、被害者の治療状況等を把握しておく必要があります。また、加害者の事情聴取後に被害者にも事情聴取がありますので、被害者への謝罪等の連絡もとっておく方がよいでしょう。

起訴された場合、過去に交通違反の処分歴・人身事故歴がなく、当初の診断書が軽傷であれば罰金は10~20万円です。

被害者側へきちんと対応し、十分反省していれば不起訴となるでしょう。


人気Q&Aランキング