【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

お世話になります。

私は鉄のフライパンが好きです。
また、卵焼きにも専用の鉄の卵焼き器を使っています。

これらはテフロンよりも害がないと思っております。
テフロンは何となく化学物質な感じがしますので。

しかしながら、鉄のフライパンをこするとススのような物が取り切れません。
あれは鉄の黒サビなんでしょうか?
それとも他の物質なんでしょうか?

質問の主旨は、そのために鉄のフライパンは健康面で害はないか?どうか?という質問です。

もしも鉄の黒錆なら、金属を食べても大丈夫なんでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

たぶん、焦げの、こびりつきですね



>そのために鉄のフライパンは健康面で害はないか?どうか?という質問です。
害はありません。

>もしも鉄の黒錆なら、金属を食べても大丈夫なんでしょうか?
フライパンから剥がれ落ちる程度の、金属(鉄)を食べても問題ありません。
黒錆びでも、赤さびでも、同じです。

そんなこと言ってたら、大昔から、世界中で、大勢の人の、健康被害が出てますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/17 07:44

鉄は必須元素です。

貧血や女性の方はわざわざ鉄剤を飲んだり、鉄器を使うことを勧められますよ。
 黒い物が、鉄の錆--(酸化鉄(II,III/四酸化三鉄)( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E9%85%B8 … )なのか、タンニン化鉄なのか、焦げなのか・・はそれだけの情報では分かりません。
>鉄のフライパンをこするとススのような物が取り切れません。
 取ってはいけません。

日常の手入れなどを以前の回答から
鉄製のフライパン、定期的なメンテナンスが必用なんでしょうか? - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4371785.html#an1309 … )
鉄フライパンの酸化皮膜 - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8371883.html )

>卵焼きにも専用の鉄の卵焼き器を使っています。
 卵焼きは鉄ではなく銅です。これは必須と言っても良い。
 銅卵焼き - Google 検索( https://www.google.co.jp/search?hl=ja&site=imghp … )
 焦げ付かないし、きれいな黄色に焼きあがりますし・・
 鉄の熱伝導度は銅が約400ですが、鉄は80~90しかありません。
 ※銅も微量必須元素です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/17 07:43

>ガスで空焼きにしてアチチにして油を引いてキッチンペーパーで拭い取ります。


>そのときキッチンペーパーに黒いススのようなものが付きます。

この時に着くのは酸化被膜、黒錆びです

それを全部取り除けば、錆びます、赤錆び、猛毒です。

黒錆びは無毒
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/17 07:45

鉄パンは 洗ってはいけないとか聞いたような


前にドラマで シェフが砂場の砂で練習して
それまでの焦げ?が剥げるからと 怒られていたような
焦げ?が鉄パンの良さみたいな
程度ものかもだけれど

私も昔鉄パンだったけれど どうしても縁から焦げが蓄積するかも
限度を超えたら1度磨きますかね・・??
どうかなあ・・
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/17 07:43

カビでしょう



ちゃんと乾燥させてから保管していますか?
また油を塗って保管した場合は、調理する時に油を塗ってキッチンペーパーで全体を拭いて汚れを取り除いてから、焼き用の油を塗っていますか?

バケツ一杯の量を口に入れるわけじゃないので、健康被害はありません
    • good
    • 2
この回答へのお礼

まさかカビじゃないですよ。
使ったらキチンとタワシと洗剤で洗ってから、ガスで空焼きにしてアチチにして油を引いてキッチンペーパーで拭い取ります。
そのときキッチンペーパーに黒いススのようなものが付きます。
これがカビですか?ありえないです。
また、使う時も同じように油とキッチンペーパーで拭いてから使います。
健康被害がないならいいのですが。

お礼日時:2015/09/12 12:43

黒さびなのか焦げなのか、実物を見ないとはっきりしませんがどちらでも微量であれば害はないでしょう。

ちなみに通常の使用方法で食べることになる量は微量です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私も黒サビなのか焦げなのか判然としません。
もしも洗う時に完全に取ればフライパンが金属光沢するんじゃないかと思うので、どっちもありかなと思います。
どちらにしても、実物を見なくても、鉄のフライパンを使っていらしゃる人は同様なことじゃないでしょうかね?

お礼日時:2015/09/12 12:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄スキレットについて 錆?こげ?

初めまして。
先日は初めて鉄スキを購入しシーズニング後に使用しました。
初めて炒めたのがキムチだったのですが…、そこから汚れが落ちなかったので洗剤で洗ってしまい、またシーズニングし直しましが、写真の用に赤い斑模様がでてきました。
油をひきキッチンペーパーでふくと黒くついてきます。これは錆びでしょうか?こげ?
何回もブラシでこすりましたが落ちません(;_;)
分かる方教えていただきたいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

鉄器は基本的に扱いは同じですので
鉄フライパンの酸化皮膜 - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8371883.html )
鉄製のフライパン、定期的なメンテナンスが必用なんでしょうか? - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4371785.html )
 に詳しく説明しましたのでそちらを読んでください。

 要は、鉄の表面に酸化鉄(II,III)( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84(II,III) )の不働体皮膜を作ること。この酸化鉄(II,III)--四酸化三鉄--黒錆--磁鉄鉱---は、赤熱程度の温度と水蒸気の存在でできます。
 温度が低いと赤錆--酸化鉄(III)( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84(III) )ができます。

>油をひきキッチンペーパーでふくと黒くついてきます。これは錆びでしょうか?こげ?
 キッチンペーパー程度では落ちませんので、単なる汚れか錆の一部
>何回もブラシでこすりましたが落ちません(;_;)
 そりゃ落ちないでしょう。赤錆は多孔質で内部に進行します。

 いったん研磨材でその部分だけ磨いて---落とさなくても良いけど---洗剤で良く洗い、水洗して洗剤を取除き、コンロで加熱します。沸騰する前にペーパーでふき取りながら加熱する。
 加熱したらひたすら、ほのかに赤くなるまで加熱していきます。それで赤錆びは黒錆に変わりますが、その後ある程度冷めたら、煎茶の粉などを少し湿らしたものを入れて擦りつけるような感じで炒めるとタンニン化鉄の黒い皮膜ができます。それは使うときに加熱するとタンニンが抜けて黒錆に変化します。

 料理は煮たり焼いたりは無論、調理器具の扱いもすべて化学そのものですからね。

鉄器は基本的に扱いは同じですので
鉄フライパンの酸化皮膜 - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8371883.html )
鉄製のフライパン、定期的なメンテナンスが必用なんでしょうか? - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4371785.html )
 に詳しく説明しましたのでそちらを読んでください。

 要は、鉄の表面に酸化鉄(II,III)( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84(II,III) )の不働体皮膜を作ること。この酸化鉄(II,III)--四...続きを読む

Q鉄の中華なべを拭くといつも茶色いのですが・・

最近、初めて鉄の中華なべを買いました。

ネットで調べたとおり、煙が出るまで焼いて、その後洗って、熱して野菜くずを炒めて、使い始めました。使用後もすぐ洗っていました。

しかしある日、訳あって、使用後に一晩洗わずにおいてしまいました。翌日、油が凝固したような状態で、お湯であらっても綺麗に感じなかったので、洗剤と緑の硬いスポンジを使って洗ってしまいました。

洗っているうちに、こするたび黒い水がでてきて、手も真っ黒になってしまいました。きりがないので、やめましたが、終わったときは底が銀色に近くなりました。

キッチンペーパーでふいたら、黒緑っぽい色がつきました。とりあえず綺麗にふいて、強火を長くかけました。全体が、銅色っぽい茶色になりました。油をいれて、また野菜くずを炒め、油を拭いて保管しました。しかし、その時キッチンペーパーに茶色い色がつきました。

それ以降、使用後にお湯であらってキッチンペーパーでふくと、茶色っぽい色がつくようになりました。以前はそういうことがなかったので、これは錆びなのかなと、心配になりました。

もしこの状態がいけなければ、どうしたらよいか、教えてください。宜しくお願いいたします。

最近、初めて鉄の中華なべを買いました。

ネットで調べたとおり、煙が出るまで焼いて、その後洗って、熱して野菜くずを炒めて、使い始めました。使用後もすぐ洗っていました。

しかしある日、訳あって、使用後に一晩洗わずにおいてしまいました。翌日、油が凝固したような状態で、お湯であらっても綺麗に感じなかったので、洗剤と緑の硬いスポンジを使って洗ってしまいました。

洗っているうちに、こするたび黒い水がでてきて、手も真っ黒になってしまいました。きりがないので、やめましたが、終わった...続きを読む

Aベストアンサー

自分も「元洋食の調理師」です。
自分の場合は鉄のフライパンでの経験ですが、茶色と言うのは「錆」ですが、黒い色というのは元々錆びないように製造メーカーが施したもので、多分無害なものをコーティングしてあるとは思われます。
洗い方は、金属製のものや、スポンジの裏に張付けられている物ではなく、植物性の「カメの子たわし」で徹底的に洗って下さい。
黒い色が気にならなくなる位に洗って、色が出なくなったら、布巾でも何でも良いので水分はきっちりふき取って下さい。
次ぎに、サラダ油をあふれないギリギリまで入れ、コンロで火のつかない温度でおおよそ確か2時間位、じっくり火に掛け鉄に油を染み込ませます。
(ある程度高温になったら火を弱めじっくり弱火で)
言葉では簡単ですが、火災も懸念されますので、プロの調理場であれば絶えず加減もできますが、家庭では十分注意してください。
使ったサラダ油は天ぷら用の鍋に入れ、天ぷらを造る時に使ってて下さい。
十分油が染み込めば、暫くはくっつかなくなりますが、時間が経つと鉄の宿命でくっ付き始めます。そうなると端に食材がこびり付くことが出るため、今度は金属のたわしで、徹底的にこび付いたカスを取り除きます、そうしないと、カスが付いていた部分が剥がれ浮いてきて、その分だけ油が汚れますし、鉄鍋全体に満遍なく油分が行き渡らなく、一部くっ付く原因になりかねません。

日々の手入れは、そのままですと錆びますから、使い終わったらテルテル坊主のようなものを造り、サラダ油を付け、鍋に薄く塗ります。
キッチンペーパやテッシュを丸めて使っても構いませんし。
使っているうちに、やはり縁にカスはこびり付いてきますが、徹底的に落として、前記のようにして使って下さい。

鉄分も補えますしテフロンに比べ一生モノですしね。

自分も「元洋食の調理師」です。
自分の場合は鉄のフライパンでの経験ですが、茶色と言うのは「錆」ですが、黒い色というのは元々錆びないように製造メーカーが施したもので、多分無害なものをコーティングしてあるとは思われます。
洗い方は、金属製のものや、スポンジの裏に張付けられている物ではなく、植物性の「カメの子たわし」で徹底的に洗って下さい。
黒い色が気にならなくなる位に洗って、色が出なくなったら、布巾でも何でも良いので水分はきっちりふき取って下さい。
次ぎに、サラダ油をあふれな...続きを読む

Q鉄なべでなべものをすると汁も具も真っ黒に

10年前くらいから南部鉄の大きななべでいつもなべものをしています。
以前は残ったなべをうっかりそのまま置いておくと翌日真っ黒になっていた程度だったのに
最近はなべにだし汁を入れて野菜や肉などを煮ている段階から黒いのです。
とても食べる気にはならないのですが食べてみるとそんなに味は変わっていませんでした。
体に毒ではありませんか?

なべは金タワシでこすってから空焼きしてしまっていますが
現状なべの内側は白っぽく、ふちに近いところ(ちょうど汁の水際あたり)は茶色くさびがうっすらと出ています。
過去ログでくず野菜をいためて油をなじませるという方法がありましたが
深いなべなので内側の側面までなかなか油をなじませることができません。
揚げ物でもすればいいのでしょうか?
鉄なべで黒くならないなべものを食べることはそもそも無理ですか?
どうしたらよいか教えてください。

Aベストアンサー

>体に毒ではありませんか?
鉄分は体に必要なミネラルなので毒ではないですが
とりすぎはやはり問題があります。肝臓が悪い人は要注意です。
まあ汁を飲まなければいいのでしょうけど...

>茶色くさびがうっすらと出ています。
見ているかもしれませんが、手入れの方法の乗ったサイトです。
http://www.ginga.or.jp/~nanbu/txt/g01.htm

>深いなべなので内側の側面までなかなか油をなじませることができません。
料理の時と洗い終わった後にキッチンペーパーを丸めて油を
鍋の内側全体に塗ってください。それで大丈夫です。

Q鉄のフライパンを拭くと茶色い 錆??

柳宗理の鉄のフライパンを使い始めたのですが、
洗った後よく乾燥させてからキッチンペーパーで
油を伸ばすと、キッチンペーパーが赤茶色くなってます。
コレは錆でしょうか?
過去の質問をみてお手入れ方法はなんとなく分かったのですが、
現在錆がついているのかどうか分かりません。
表面はツルツルしてます。私のイメージでは錆が出てるとザラついてる筈なんですが。
色は最初青色っぽかったのが黒くなってる感じです。
金たわしでゴリゴリ洗った後でも茶色いのが付きます。
もし錆がついたまま使用してると健康にかなり悪いのでしょうか。

Aベストアンサー

油が良くなじんでいない鉄のフライパンは、すぐに赤錆が吹いてきます。
>>洗った後よく乾燥させてからキッチンペーパーで
>>油を伸ばすと、キッチンペーパーが赤茶色くなってます。
まだ、油がなじんでいないフライパンなので、洗って乾燥する間に
赤錆が吹いてきたように思われます。
しばらくの間は、洗ったらすぐに軽く空焚きをして油を塗ってみてください。
 キッチンペーパーが赤茶になるのは、なくなると思います。
>>金たわしでゴリゴリ洗った後でも茶色いのが付きます。
これをやるとせっかく油がなじんだフライパンも初めから時間をかけて
油をなじませてやる必要があります。
 焦げ付きの度合いにもよりますが、荒いグリーンのスポンジで赤のしたの黒を少し残すくらいに洗ったほうが黒い皮膜がのこって錆びにくくなります。
 赤錆、赤茶のは見た目にも健康そうでないので、落としてから使った
ほうがいいと思います。
 

Qすぐに黒色がはげた鉄のフライパンは本物でしょうか

鉄のフライパンを買っていきなり炒め物をして、洗剤で洗いましたら次の日に錆が出ていました。
日々それを繰り返しているとどんどん黒色がはげて錆がひどくなります。
はげた部分は金属のシルバー色でびっくりしました。
これって本物の鉄100%なのでしょうか。
鉄100%に見えるように表面だけに黒い鉄が塗ってあるのではないでしょうか。
(昔、家にあったフライパンはとにかく真っ黒で錆なんかありませんでした。)

Aベストアンサー

http://fulafula.sblo.jp/article/4711958.html
【黒錆の付け方・参考例】

こんにちは。
ご質問内容のフライパンは状況から判断して本物の鉄製フライパンに間違いないです。

ちなみに、鉄本来の色は銀色ですが空気中の酸素と反応して錆やすいために、一般的には塗装やメッキ加工などを施して錆を防いでるのが普通です。
そして、鉄錆には「赤錆」と「黒錆」があることを知ってください。

普通に見掛ける「赤錆は不安定な錆」ですから錆が進行してしまいますが「黒錆は安定してる錆」なので黒錆を付けると錆が進行しないですから、使い始める前に黒錆を付けるのが鉄製フライパン&中華鍋の常識になってます。

従って、家(実家?)にあった真っ黒なフライパンは黒錆を付いたフライパンなのです。

なお、現在の鉄製フライパンに付いてる黒い膜は「錆防止用の被膜」ですから熱で剥がれてしまうのは仕方がないです。

そして、被膜が剥がれて銀色の地肌になった鉄は赤錆が付きやすい状態なので、付いた赤錆を紙ヤスリやスチールウールなどで綺麗に落として、地肌を露出させたフライパンをコンロなどで「空焼きすると黒っぽく変色」しますが、それが黒錆です。

この黒錆も付き始めは薄いですから、強く擦ってしまうと黒錆が落ちて地肌が出て赤錆が付いてしまうので、洗う時は注意してください。
理想は、油膜が常に付いてる状態が好ましいですから、洗剤は使わないほうが良いです。

まぁ、今どきはテフロン加工やフッ素加工したフライパンが一般家庭では主流ですが、鉄製フライパンを使い込むとテフロン加工などを施したフライパンのように、焦げ付き難く使いやすいフライパンになりますから愛着が湧いてきます。

http://fulafula.sblo.jp/article/4711958.html
【黒錆の付け方・参考例】

こんにちは。
ご質問内容のフライパンは状況から判断して本物の鉄製フライパンに間違いないです。

ちなみに、鉄本来の色は銀色ですが空気中の酸素と反応して錆やすいために、一般的には塗装やメッキ加工などを施して錆を防いでるのが普通です。
そして、鉄錆には「赤錆」と「黒錆」があることを知ってください。

普通に見掛ける「赤錆は不安定な錆」ですから錆が進行してしまいますが「黒錆は安定してる錆」なので黒錆を付け...続きを読む

Q鉄の鍋で煮物。黒いものが剥げた。食べても平気?

鉄の中華鍋で初めて煮物(トマトソース)を作ったのですが
中華鍋の内側を覆っていた黒い皮膜(?)の様なものが、
ふやけた為か、殆ど全て剥げ落ち作っていたトマトソースに混ざってしまいました。
黒いものがゴソっと落ちて、中華鍋の元の銀色がすっかり出ていてびっくりしてしまいました。。
(中華鍋はリバーライトの中華鍋でした。’極み’ではなくて普通の方です。)


黒いものの正体は何でしょうか? 食べ物の焦げたこびり付き? 油の皮膜?それとも黒錆と呼ばれるものなのでしょうか?

また、この剥げ落ちた黒い物は食べても大丈夫なのでしょうか?

剥がれ落ちた原因は煮ていた時間が長すぎたのだと想像していますが、(煮ていた時間は3時間位です) もし鉄の鍋やフライパンで煮物等をする場合は、どの程度の時間の煮炊きだと剥がれ落ちないものなのでしょうか。。? そもそも剥がれ落ちないか見張りながらするものなのでしょうか?


すみませんがどなたか教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お使いの中華鍋の写真がありませんので、ご質問の文章から推察するところでは、長年の焦げたこびりつきだと思われます。ゴソっと落ちるくらいですからね。

まず、剥がれ落ちた黒いものは、食べても大丈夫です。
おなかをこわすとかはありませんが、お箸やスプーンで丁寧に取り除けば、よいです。

剥がれ落ちた原因ですが、長時間煮たことが全ての原因ではありません。
トマトソースという酸の強い食べ物を鉄の鍋で長時間煮たことが、長年の焦げたこびりつきが落ちた原因です。
トマトソースや甘酢、酢味噌など、酸の強いものを鉄鍋で煮ると、表面の油膜が取れ、鉄の地肌が出てきます。銀色の地肌ですね。
ですから、イタリア料理でトマトソースを扱うとき、プロは、URLのようなテフロン加工をしていないアルミのフライパンやアルミの鍋を使います。
中国料理でも甘酢を大量に作ることがあります。このときは、鉄の中華鍋を使いますが、加熱は短い時間で、すぐにステンレスや琺瑯の容器に甘酢を移します。
日本料理でも酢味噌や土佐酢など作るときは、アルミの雪平鍋を使いますが、作ったら、すぐにステンレスや琺瑯の容器に移しますね。家庭では、琺瑯のお鍋を大小揃えておくとよいでしょう。

鉄の鍋で何時間くらい煮炊きしても剥がれ落ちないか?ですが、
酸の強いものでない限り、鉄鍋表面の油膜は何時間煮炊きしても剥がれません。

油膜以外のもの・・・長年の焦げたこびりつきですが、これは、鍋に付いていること自体が問題です。
不衛生ですし、熱伝導も悪くなり、燃料代もかさみます。
ガスを強火にして、中華鍋をまんべんなく焼いて、焼き切ってください。
焼き切った後は、亀の子たわしと水で洗い落としますが、どうしても落ちないこびりつきだけは、クレンザーと金たわしで磨いて落としてください。
鍋の内側も外側もです。
焼き切った後は、くず野菜を多めの油で野菜が黒焦げになるまで炒め、油慣らしをし、亀の子たわしとお湯で鍋を洗ってから、水分をコンロの火で焼いて飛ばして終了です。

参考URL:http://www.furaipan.com/shouhin/13arumi/kingu/furaipan16.shtml

お使いの中華鍋の写真がありませんので、ご質問の文章から推察するところでは、長年の焦げたこびりつきだと思われます。ゴソっと落ちるくらいですからね。

まず、剥がれ落ちた黒いものは、食べても大丈夫です。
おなかをこわすとかはありませんが、お箸やスプーンで丁寧に取り除けば、よいです。

剥がれ落ちた原因ですが、長時間煮たことが全ての原因ではありません。
トマトソースという酸の強い食べ物を鉄の鍋で長時間煮たことが、長年の焦げたこびりつきが落ちた原因です。
トマトソースや甘酢、酢味噌など、...続きを読む

Q(銀色の)鉄製フライパンは黒く変色しますか?お勧めは?

料理が好きでよく自分でやっています。
最近はトマトとかを使ったイタリアンなどパスタ系その他をよく作っています。
それで、フライパンを銀色で鉄製のものに変えようと思っています。
何故、銀色かと言いますと、ソースを作ったときに色が分かりやすいということと、何となく見た目の清潔感からです。

そこで質問なのですが、銀色の鉄製のフライパンは使い込んでいくと色が黒く変色していきますか?
また、お勧めの鉄製フライパンがありましたら教えてください。
ネットオークションで見ると、1,000円代でも出ているようですが、どの程度のものが使いやすく長持ちするのかご経験からアドバイスいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フライパンの「黒」はサビの一種です。
えっ?っと思われるかも知れませんが、(簡単に言うと)サビです。

鉄のサビは大きく分けて酸化第2鉄、と酸化第1鉄の2種類です。
「黒サビ」第1鉄、赤サビが第2鉄です。
化学のお話をしているのではないんですが(苦笑)、

黒サビを1度付けてしまうと、その鉄製品はもう赤サビはほとんど発生しませんし、鉄がボロボロになるようなことは無くなります。
公園のブランコや鉄棒?黒いですよね?あれは、もともとの鉄(銀色)に焼きを入れて黒サビを付けてるんです。
※赤サビは進行しますが、黒サビは表面に非常に強い保護膜を作って中の鉄までサビが進行しません。

ですから、買って来たフライパン(銀色)に黒サビを付けて(作って)やりましょう。

やり方は以下のとおりです。
・先ず素のフライパンをコンロに掛けて煙がもうもうと出るまで加熱。(フライパン表面の不純物を燃やしてしまいます。)
・一旦、冷ましてから(煙が出なくなる程度まででOK)油を垂らして
 キッチンペーパーなどでパン内側全面にまんべんなく塗る。
・余った油は吸い取ってから、再度煙が出るまで(もうもうとなるまでじゃなくて良いです。)加熱。
 ※こうする事で、鉄の分子が熱で開いて、そこに油が染み込みます。
  お料理の時、焦げ付き難くなります。
・その後、一気にお湯(ご家庭のお風呂程度の温度でOK)で冷やして下さい。
 ※バチバチっといって水(お湯)が跳ねるので、ちょっと怖いですね。
  火傷にも注意が要りますが。(苦笑)

これで下準備は有る程度OKです。(最後の「お湯で冷やす」は危ないと思われればやらなくても良いですよ。)

後はお料理の後、パンを洗う時は洗剤は一切使わないことです。
全てお湯と、焦げ付きが有った場合は荒めのスチールたわしだけで、洗って下さい。

そやって5回くらいお料理をすれば、焦げ付きにくくて、立派な黒サビの付いたフライパンが出来上がります。
逆に言うと、始めから立派な黒サビの付いたパンは出来ませんので、
使い込んで、年期が解決します。(笑)

フライパンの「黒」はサビの一種です。
えっ?っと思われるかも知れませんが、(簡単に言うと)サビです。

鉄のサビは大きく分けて酸化第2鉄、と酸化第1鉄の2種類です。
「黒サビ」第1鉄、赤サビが第2鉄です。
化学のお話をしているのではないんですが(苦笑)、

黒サビを1度付けてしまうと、その鉄製品はもう赤サビはほとんど発生しませんし、鉄がボロボロになるようなことは無くなります。
公園のブランコや鉄棒?黒いですよね?あれは、もともとの鉄(銀色)に焼きを入れて黒サビを付けてるんです。
...続きを読む

Q鉄フライパンの酸化皮膜

鉄フライパンを購入しました。
わくわくして油ならしをした後、まずは「さび止めを焼き切る」ということをしなければならなかったことが判明。
慌てて焼きましたが、全体が綺麗な「玉虫色」にはならず、写真のとおりまだらの模様になってしまいました。油の部分が黒くなったのかな?と思います。
もう一度ごしごし洗って焼いてみましたが結果は同じ。

これは、「酸化皮膜」とやらができていない状態なのでしょうか?このまま使ってもきちんと鉄フライパンが油となじみ、真価を発揮してくれますか?
大事に長く使いたいので、アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

マケンなどの研磨剤を使って一度ピカピカに磨いてください。
鏡面とは言いませんが、とにかく全体を良く磨いてください。
フキンで水気をとり、軽く火にあぶって水分を完全に取り除いてください。
その後火にかけますが、家庭用コンロは火力が小さいので、全体を均一に温度を上げるために周囲から加熱していきます。底は後回しにするくらいの気持ちで良いです。
 鉄の酸化皮膜といっても色々あって、通常の鉄錆は酸化鉄(III)( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84(III) )です。錆止めになるのは四酸化三鉄( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84(II,III) )のほうです。赤熱するくらいの温度に上げると水の存在でこの四酸化三鉄になります。
 しかし、これは一度に作るものではありませんし、一度では出来ません。

 高温で加熱してもできるのは薄い皮膜です。

 一旦冷ましたら油を大匙一杯位入れて全体に馴染ませながら白煙が出るまで加熱します。そしたらこの油は捨てます。
 そしたら、油を入れて十分加熱(白煙の手前)した後、少量のクズ野菜を入れて炒めてみます。野菜から出る水蒸気で皮膜は厚くなります。
 とにかく卸したてのフライパンは、酸化皮膜+油と化合した皮膜が完成するまでは、この手順を欠かさず使用する事です。すなわち、フライパンを加熱して、捨て油を入れて白煙が出る程度まで加熱して、その油は捨てて適温まで下がったら--鍋の温度が均一化します--調理用の油を入れて野菜炒めなどをする。決して鍋の表面温度が下がるほど入れない。
 肉のステーキは最初のうちはしてはなりません。タンパク質と鉄が化学的に結着してこげる原因になります。鍋の表面が真っ黒になるまでしばらく辛抱です。

 調理後は、水道水で塩分を落とします。必要なら洗剤を使用しても良いですが、最初のうちは皮膜が薄いので擦り過ぎないように。とにかく塩分は取り除く。最後に水をふき取って火で軽くあぶって油を引いておく。

 使い込んだら、ここまでする必要はなくなりますが、最初の一月が勝負でしょうね。

 色むらはあまり気にしなくて良いですが、表面が写真のように斑になるのは、水か何かが残っていたとしか・・

マケンなどの研磨剤を使って一度ピカピカに磨いてください。
鏡面とは言いませんが、とにかく全体を良く磨いてください。
フキンで水気をとり、軽く火にあぶって水分を完全に取り除いてください。
その後火にかけますが、家庭用コンロは火力が小さいので、全体を均一に温度を上げるために周囲から加熱していきます。底は後回しにするくらいの気持ちで良いです。
 鉄の酸化皮膜といっても色々あって、通常の鉄錆は酸化鉄(III)( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84(III) )です。錆止めにな...続きを読む

Q野菜炒め等を作っている時フライパンの黒いコゲのような物が野菜についた時のことですが、体に悪いですか

昨日の晩餃子を焼きました。その後フライパンを水洗いしたのですが、きちんと洗剤とスポンジで洗ってなかったのです。
 今日同じフライパンを使って野菜炒めを作ったのですが、炒め始めるとコゲのようなものが野菜についてしまいました。
 おそらくフライパンの汚れだと思うのですが体に悪いものですよね。。。? もしかして発ガン物質なのでしょうか?

 よろしければ教えてください。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

焦げをとりすぎれば問題ですが、少量では気になさらなくてもいいです。
それとフライパンですが、
鉄製であれば手入れの仕方で焦げ付きは出ません。
鉄製の場合はスポンジ、洗剤は使用しないほうがいいです。
一回焼ききって(真っ赤になるまで火にかける、シリコンが塗布してある場合はやらない)、油を多めにいれ、屑野菜を炒めるを数回繰り返してください、焦げ付いたら再度焼ききってください。

フッ素樹脂加工のものなら使い方がよく無いと思います。
手をかざして温かく感じるまで熱してから使用します、樹脂が剥げた物は修理がききませんので、新しく買いなおしたほうがいいです。
材料との温度差が開いていれば焦げやすくなります。
こちらは洗剤を使っても強くこすらない様にしてください。

Q鉄のフライパンの鉄がはがれた?

鉄のフライパンで、トマトソース煮込みハンバーグを作りました。
底の黒かった部分が結構剥がれていて、色が変わってました(銀色っぽく)

これは、食べても大丈夫でしょうか?
フライパンもまだ使えるでしょうか?

Aベストアンサー

トマトソースの酸でフライパンの酸化被膜が剥がれたのでしょう。
こちらに、そうなった経験をし、それをメーカーサポートに問い合わせた方のサイトがあります。
http://reminoheya.exblog.jp/8213544/
なお、メーカーによれば食べても全く問題無いそうです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング