父が亡くなった時に司法書士事務所へ行き、母にすべて譲ると書かれた遺言書を見せ、認知された異母兄がいることを伝えました。
司法書士さんは、「(異母兄がいるということは)聞かなかったことにします」と言って相続の手続きをすませました。
異母兄に相続が発生したことを知らせていない事と、司法書士さんが聞かなかったことにしますと言って手続きを進めてしまった事は、法律的には問題はないのでしょうか?

それと、公証役場で遺言書を作成した場合に、遺言の内容をそのまま書いた控えのような物は作ってもらえるのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

異母兄に相続が発生したことを知らせていない事と、


司法書士さんが聞かなかったことにしますと言って
手続きを進めてしまった事は、
法律的には問題はないのでしょうか?
    ↑
異母兄に知らせる法的な義務はありませんので
法的には問題ないと思われます。

ただ、後になって異母兄から、遺留分減殺請求権
が行使されるかもしれない、というだけです。



公証役場で遺言書を作成した場合に、遺言の内容をそのまま書いた
控えのような物は作ってもらえるのでしょうか?
     ↑
公正証書遺言なら遺言を作成した時に、写しを2通もらえます。
公証人の認証があるので、相続の手続きはその写しで行えます。

原本は公証人役場にあるので、紛失したり破損した場合でも、
有料で発行してくれます。
遺言者が生きている間は遺言者本人にしか発行されません。
相続開始後は、相続人が請求できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
よくわかりました。

お礼日時:2015/10/18 14:16

今回は遺留分権者(あなたおよび認知の子)の権利を侵害されているわけですが、1年の短期時効は、個別に起算されます。



あなたの場合は、父死去および遺言内容を知った時のいずれか遅い方から起算します。認知の子も同様で、知らしめていないので、当人の時効がまだ始まっていませんので、知らせないこと自体、本人の権利を害しておらず違法ではありません。

公正証書遺言は、遺言者本人の死去をもって発効しますので、遺言者の死亡、及び関係を証する書面を持参のうえ、写しを発行してもらえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>当人の時効がまだ始まっていませんので、知らせないこと自体、本人の権利を害しておらず違法ではありません。

よくわかりました、ありがとうございます。

お礼日時:2015/10/18 14:10

遺留分請求には、特に通知しなければならない規定はありませんし、何より遺言書が優先します。



それはなぜかというと、その亡くなる本人の意思の尊重だからです。

確かに、ご遺族の権利ではありますが、県紙には死亡情報が掲載されるので、見てない分には、知らなくても仕方ない面があります。

遺言書がない場合は、相続権のある者の意思を聞かねばならないですが、今回はあるので、そういう措置で構わないと思われます。

遺言書はそのまま相続人へ渡されると思いますが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
異母兄には連絡しなくても問題ないのですね。

お礼日時:2015/10/18 14:07

認知してたら、お父さんの戸籍に記載があるんじゃないの?



認知が被相続人の死亡前にされてて認知された子を除外して行われた遺産分割協議は無効となってしまい、
遺産分割協議をやりなおす必要があるという事態になるのでは??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

認知は産まれてすぐで、戸籍に記載されています。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/10/17 23:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q認知、養育費の調停について

こんばんは、養育費についてご質問させていただきます。

私には認知をした子がおります。
よく認知をしたとかというと不倫の末って言うことが多いかと思いますが私の場合は、元彼女の子です。別れる前に妊娠、別れた後に妊娠に気づいたそうです。私自身もそのことに対してまったく知らず別の女性と付き合い結婚。結婚後、裁判所より認知請求されている旨の手紙をいただき初めて知りました。
その後、何度か調停を行い自分の子であると確定され認知を行いました。
そして現在は養育費について調停中であります。

そこで質問なのですが、
(1)相手側は弁護士を雇っておりますがその弁護士費用は支払わなければならないのでしょうか?こちらも弁護士を雇った方がよいでしょうか?

(2)子供がいたなんてことはまったく知らなかったのでまったく準備など行っていませんでした。結婚し家のローンを組み、妻のお腹には子供がおります。そのため認知をした子に払う養育費はほとんど出せません。
相手に理解してもらうためにどのような説明をすべきでしょうか?
例えば、子供がいるので払えない、家のローンがあるため払えないetc

(3)家をたてローンがあること、結婚したことというのは言わない方がいいでしょうか?例えば奥さんと共働きすればもっと養育費払えるはずなんてことにはならないでしょうか?

(4)元彼女は浪費癖のある人なので養育費を確実に子供に渡す方法はないでしょうか?

自分がいけないのは重々承知ですが、感情論ではなく、実際のところをアドバイスいただければと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

こんばんは、養育費についてご質問させていただきます。

私には認知をした子がおります。
よく認知をしたとかというと不倫の末って言うことが多いかと思いますが私の場合は、元彼女の子です。別れる前に妊娠、別れた後に妊娠に気づいたそうです。私自身もそのことに対してまったく知らず別の女性と付き合い結婚。結婚後、裁判所より認知請求されている旨の手紙をいただき初めて知りました。
その後、何度か調停を行い自分の子であると確定され認知を行いました。
そして現在は養育費について調停中でありま...続きを読む

Aベストアンサー

(1)相手が弁護士を雇ったからと言ってこちらも雇う必要は全くありません。真実をつつみ隠さず述べ、逃げることなく正々堂々と対応して下さい。相手の弁護士費用まで払う必要はありません。調停費用は自損自弁と決まっています。調停不調で審判にでもなったらあなたも弁護士の活用を考えたらいかがですか。

(2)裁判所では現実の生活実態をもとに養育費の額を決めます。最近は双方の年収、子供の年齢と数をもとに算定表を使って標準的な値が示されます。あなたの方にもローンがあり、子供がいることは織り込み済の算定表です。ただし相手が子連れで結婚し、かつその夫と養子縁組して法的に親子関係を形成しているとすると事情は少し変わります。あなたの責任と負担は少々軽くなる筈です。相手に確かめてみて下さい。

(3)あなたの生活実態を隠さず言うべきです。「共稼ぎすれば…」などと相手が言うとすれば大きなお世話。そんなことを前提に養育費は決められません。ご安心を。

(4)親権者である母親に渡したくないというなら子供名義口座を作ってそこに毎月振り込めばいいことですが、未成年者ですから結局は母親の管理と支配のもとでお金は処理されてしまいます。こどもの養育費は目をつむって母親に任せるほかありません。

(1)相手が弁護士を雇ったからと言ってこちらも雇う必要は全くありません。真実をつつみ隠さず述べ、逃げることなく正々堂々と対応して下さい。相手の弁護士費用まで払う必要はありません。調停費用は自損自弁と決まっています。調停不調で審判にでもなったらあなたも弁護士の活用を考えたらいかがですか。

(2)裁判所では現実の生活実態をもとに養育費の額を決めます。最近は双方の年収、子供の年齢と数をもとに算定表を使って標準的な値が示されます。あなたの方にもローンがあり、子供がいることは織り込み済...続きを読む

Q親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合

親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合どうすればいいのか?


いろいろ調べましたが、要するに「相続放棄だけすればOK!」なんでしょうか。


(1)相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172364.htmlで、
回答番号:No.5で、「質問者さま以外に相続人がいた場合にはその人に相続権利が発生しますので、事前にでも放棄することを伝えておかないと、その人に借金の相続がまわってしまい迷惑をかけることもあります。」とありますが、相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?



(2)遺留分の放棄と相続放棄の違いの理解

教えてもらったり調べたりした中でまとめました。
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。


遺留分の放棄というのはAが生きてる時に、A以外の人(相続人?であってる??)が、「俺はめんどくさいことには関わりたくないし、正も負の財産も全ていらん!!!」っていう時に家庭裁判所に申し立てればできるってことで、理解はあってますか?

これは何人か相続人が存在する場合のみに「遺留分の放棄」をしておくと上の例では、Dは受け取らない意思があるので、拒否できるってことなんでしょうか?

どういう時に「遺留分の放棄」をしておく必要があるんでしょうか?


(3)そもそも、相続人とはどういう基準で決まるんでしょうか?

 現在、親(母・父・子)の3人暮らしです。
 母方 → 叔母のみ
 父方 → 叔父・叔母とも他界
 こういう状態ですが、子である自分は父・母が亡くなった時に相続人が自分になるってことで理解はOKですか?


(4)父や母の負の支払いなどは子が面倒みないといけないのか?
 現在、父は破産宣告をして「弁護士費用・県民税や市民税などの住民税の延滞・他の人の借金」
 母は友人から借りた借金などがある(実際にあるのかどうかは何も話さないので不透明な部分がある)
 仮に、母も父も亡くなってしまう或いは亡くなる前でも、このような自分に一切関係の無い負の支払い の面倒をみないといけないのでしょうか?
 亡くなった時や、亡くなる前に面倒を見なくてもいいようにする方法はありますか?


■■■要するに自分が望んでいること■■■
1.誰が亡くなった時でも、その人に正や負の財産があろうとも「自分は一切受け取りたくない」
2.(4)にでもあるように父・母にはお金に纏わる事柄がたくさんあり、自分に一切何も降りかからないよ  うにしておきたい。
3.「遺留分の放棄」というのがあることを知ってから、「とにかく親であろうと自分と関係ない正や負  の財産」のことで、「遺留分の放棄」をすることで自分を守ることが出来るのであれば、即にでもし  ようと思ってますが、「遺留分の放棄」はどういう時にすればいいのでしょうか?
4.難しいことを考えなくても、亡くなった時を知ってから相続放棄をすればOK!なだけなんでしょう   か?
  この相続放棄は、亡くなった人が「自分(質問者)に○○を上げます」などの遺言があった場合のみ  すればいいんでしょうか?
  それでも、遺言などが無くても、現在3人暮らしなので、父・母が亡くなった時に相続放棄すればい  いだけなんでしょうか?



いろいろと家庭の事情から焦っている現状です。
あまり法律に関しては理解力も浅い方なので、出来るだけ簡単にご回答いただければ幸いです。

長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合どうすればいいのか?


いろいろ調べましたが、要するに「相続放棄だけすればOK!」なんでしょうか。


(1)相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172364.htmlで、
回答番号:No.5で、「質問者さま以外に相続人がいた場合にはその人に相続権利が発生しますので、事前にでも放棄することを伝えておかないと、その人に借金の相続がまわってしまい迷惑をかけることもあります。」とあり...続きを読む

Aベストアンサー

 先に結論だけ。ご両親のどちらか一方が亡くなったら相続放棄。他方も亡くなったらまた相続放棄。これでご両親の財産(正も負も)を一切相続しないことになります。ただ、仏壇や墓などの祭祀財産は、相続放棄の有無に関わらず、祖先の祭祀を主催すべき者が承継します(通常、ご両親の祭祀を主催するのは、いずれは子さんである質問主さんになるでしょう)。

 以下だらだらと遺留分などについて説明。

 遺留分は、被相続人の遺言によっても処分できない相続人の相続持分です。実際には、遺留分を侵害されるような形で贈与や遺言がなされた場合に、遺留分減殺請求権の行使という形で遺留分を相続することになると思います。
 遺留分の放棄は、遺留分減殺請求の対象となる贈与や相続分の指定等があっても、遺留分減殺請求権が行使できなくなる、というだけです。相続自体は通常通り生じます。したがって、遺留分を放棄していても、相続人となり、遺言などで相続分の指定がなければ法定相続による相続が発生します。
 遺留分の放棄は、相続開始(被相続人の死亡)の前であれば、家庭裁判所の許可を受けることにより、放棄ができます(民法1043条1項)。相続開始後であれば、遺留分減殺請求権を行使しないのであれば、遺留分放棄となんら変わりません。

 相続放棄は、自分のために相続の開始があったことを知った日(自分が相続人であると知った日。同居の親であれば、亡くなった日でしょう)から原則3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をします(民法915条1項、938条)。遺言が無くても、ご両親のどちらかが亡くなった場合には質問主さんは相続人になると思うので、相続したくないのであれば、相続放棄をする必要があります。

 先に結論だけ。ご両親のどちらか一方が亡くなったら相続放棄。他方も亡くなったらまた相続放棄。これでご両親の財産(正も負も)を一切相続しないことになります。ただ、仏壇や墓などの祭祀財産は、相続放棄の有無に関わらず、祖先の祭祀を主催すべき者が承継します(通常、ご両親の祭祀を主催するのは、いずれは子さんである質問主さんになるでしょう)。

 以下だらだらと遺留分などについて説明。

 遺留分は、被相続人の遺言によっても処分できない相続人の相続持分です。実際には、遺留分を侵害されるよ...続きを読む

Q養育費支払いの拒否と乙類調停

現在、離婚調停中です

夫側からの離婚の条件は、「子の養育費は一切支払わない」ことです

調停委員からは、養育費なしの条件で調停離婚が成立しても
後から乙類調停で養育費の請求ができる、と説明を受けました

調停離婚が成立し、調停調書にその旨(養育費なし)を記載したとしても
調停調書の内容を覆し、乙類調停で養育費を請求できるものなのでしょうか

養育費は子の権利だから、申立人を子として養育費請求の乙類調停を
申し立てできるという意味なのでしょうか

Aベストアンサー

調停委員の説明は、理論の上では間違っていません。
父母の間で、養育費を請求しない、支払わないという合意があったとしても、
後日、子自身の生活が困窮し扶養の必要が生じたときは、
子から父または母に対する扶養を請求する権利は妨げられないという理屈は正しいです。
夫婦が離婚しても親子の関係は変わらず、親の子を扶養する義務がついて回るからです。

ただ、その合意の内容が結果的に子の福祉を害する場合には、その限度で合意の効力が否定されるに過ぎない
ということであって、それが扶養の審判で斟酌される要因になるということです。

従って、養育親の収入が比較的高いような場合、相手方の支出が低額に斟酌される可能性もあります。

以上は法的な回答ですが、私の意見は、
以上のことを理解したうえで、

今回の離婚調停において、相手方夫に
「調停委員が言っている通り、引き続き養育費請求の調停を起こせば、どうせ認められることなんだから
この際一緒に解決しておきましょうよ」
「私たちは不幸にして離婚することになったけれど、○○ちゃんはいつまでもあなたの子どもだし、
責任の無い○○ちゃんの気持ちを考えてあげてね」
などと相手に応じた説得によって、今回離婚と同時解決を図るように努力してください。
その方が、お互いのためです。

調停委員の説明は、理論の上では間違っていません。
父母の間で、養育費を請求しない、支払わないという合意があったとしても、
後日、子自身の生活が困窮し扶養の必要が生じたときは、
子から父または母に対する扶養を請求する権利は妨げられないという理屈は正しいです。
夫婦が離婚しても親子の関係は変わらず、親の子を扶養する義務がついて回るからです。

ただ、その合意の内容が結果的に子の福祉を害する場合には、その限度で合意の効力が否定されるに過ぎない
ということであって、それが扶養の審判で斟酌...続きを読む

Q父が養子縁組した人と兄弟関係を解消する方法。父が養子縁組をした方と兄弟

父が養子縁組した人と兄弟関係を解消する方法。父が養子縁組をした方と兄弟関係を解消したいと思います。どのような法的手続きを行えばよいでしょうか?私(独身)の遺産の五分の一を見ず知らずの他人に渡るのが理解できないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>父が養子縁組をした方と兄弟関係を解消したいと思います。

 兄弟関係を解消する法的手続はありません。しかし、兄弟姉妹がご相談者の相続人になった場合において、その半血兄弟に相続をさせたくないと言うことでしたら、例えば、全財産を全血兄弟に相続させる旨の遺言をすればよいです。兄弟姉妹には遺留分がありませんから、その半血兄弟が相続をした全血兄弟に対して遺留分減殺請求をすることはできません。

Q認知や養育費のとりきめで迷ってます

未婚で出産しました
そこで養育費のことで悩んでます。

子の父親には借金があり
借金が子どもにどういう影響があるのかが怖くて
認知はしないほうがいいと思っていました。
(財産分与はいらないし 借金もいらない感じです。
借金に伴う とばっちりなんてもってのほかだし、、、)
養育費のことで話し合いをしに行ったら
彼の口約束で 養育費は月1万円といいましたが
一度も支払わず、、怒りを感じました。

なにも知らないままでは駄目だと思い、
無料の弁護士相談会に足を運んだら
「養育費は借金があっても、定期的な収入があり働いているようなので
月2~4万になります。」とのこと
まずは 認知が必要で 調停で取り決めになりますといっていて
そうしたいと思うようになりましたが

子の父親も その家族も そうはして欲しくないような感じです。
どうやら口約束とか 態度を見ていて
うやむやなままにしたいんじゃないか、、と感じました。

約束した養育費を 彼の母親に、
「まだ一度も支払ってもらってない」と話すと
借金で取り立ての電話もかかっているようだし
(私と付き合ってるときも、まったくそんな電話はなかったが、、)
会社から直接引き落としなどもあってるというのです。
(すでに誰か他の女から強制執行にあっている、、、?)

●きちんと 認知 調停で取り決めまで できたとして
本当に彼がこんな状態だとしても
払ってもらえるのでしょうか、、、
認知によって義務があるし たぶん払うお金はあるにせよ
すでに引き落とされているものがあったりで、もらえないのでは、、?●

認知しておくことが どういうことになるか
はっきり理解や納得ができないのに
認知だけはして欲しいなど 安易に口にできない状態です。

●正直 認知をしてもらい養育費を調停で取り決めることが
いいことがどうかわからなくなってきて迷っています。●

養育費がもらえれば
子どもに教育費の積み立てができ 
お金に対する不安も 多少は少なくなると考えてますが、、
ご意見お願いします。

未婚で出産しました
そこで養育費のことで悩んでます。

子の父親には借金があり
借金が子どもにどういう影響があるのかが怖くて
認知はしないほうがいいと思っていました。
(財産分与はいらないし 借金もいらない感じです。
借金に伴う とばっちりなんてもってのほかだし、、、)
養育費のことで話し合いをしに行ったら
彼の口約束で 養育費は月1万円といいましたが
一度も支払わず、、怒りを感じました。

なにも知らないままでは駄目だと思い、
無料の弁護士相談会に足を運んだら
「養育費...続きを読む

Aベストアンサー

認知と養育費は子供のためのものです。子供のために相手に義務を果たさせるように働きかけてください。相手に父親としての自覚を持つように働きかけてください。どうか迷わないでください。

まずは、認知をさせるよう相手に働きかけてください(任意認知)。認知しないようであれば、家庭裁判所に強制認知を求めてください。この点は家庭裁判所に電話をして手続き等聞いてみてください。

認知されれば法的に相手に養育費を支払う義務が生じることになります。

養育費については以下のサイト。
「SOS!!養育費不払いに困ったら​http://www.singlemother.co.jp/yoikuhi/hubarai.shtml

書籍は
「自分でできる養育費強制執行マニュアル」
http://www.singlemother.co.jp/

子供を守れるのはあなたです。そして父親である相手にも子供を守る義務があります。あなたがまずしっかりとしないといけません。

Q自宅として使用している場合は優先的な権利がありますか?先月に父が亡くな

自宅として使用している場合は優先的な権利がありますか?先月に父が亡くなり、相続についてこどもである私たち兄弟全員で全て母が相続するという意見で一致しました。税金についても全額母が相続したとしてもかからない程度で、その点に関しても問題ありません。しかし、この先いつか母が亡くなった時、母の遺言などはなかった場合、自宅については同居しているこどもが持つ権利とその他のこどもが持つ権利については違ってくるのでしょうか。
実家は私の兄と母の二人暮らしです。わたしも含め、その他の兄弟は結婚して別の場所に住んでいます。長年の居住によって発生する権利もあるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

共有物につては、当事者間で合意ができなければ裁判所に「共有物分割」を申し立てます。
この場合、物理的に分割できれば、分筆してそれぞれの権利になりますが、マンションとか分筆できない土地であれば競売にかけて代金をそれぞれに配当します。

共有物分割までは、占有している立場上占有者(質問の場合兄)が有利ですが裁判になれば皆等しく権利者です。

Q現在付き合っている彼氏がバツイチ子持ちです。 子供の養育費は調停で妻が勝手に子供を連れてでていったの

現在付き合っている彼氏がバツイチ子持ちです。
子供の養育費は調停で妻が勝手に子供を連れてでていったのでなにもしてないのにいきなりでていったやつに払う必要はないといい調停でもきまり
養育費を払わなくてよくなったといってましたが
払わなくてよくなることはありえますか?
ちなみに前の奥さんは養育費と
慰謝料を調停では請求していたらしいです。

Aベストアンサー

養育費は、元妻の権利ではなく「子供の権利」ですから、調停で払わなくてよいということはありません。
多分、あくまでも予測ですが、その彼が調停不成立に持ち込んだと考えられます。
調停は裁判と違い、「話し合いの場所」でしかなく、双方が合意に達したときに初めて成立調書というのが裁判官によって作成され、その合意内容が判決と同じ効力を持つことになります。
半面、不成立というのは「合意できなかった」「片方が出てこなかった」という理由で、成立しなかったということです。

民法では、養育費の支払いは法律で決まっており、それは義務となっています。
その彼の言い分で感じるのは、離婚理由がその彼にあるのではと思います。
その様な大事なことで、相談者に嘘をいうのは信用できませんね!
また、相談者が彼との付き合いも離婚成立後でなければ「不貞行為」という疑いを掛けられ、慰謝料請求の対象となる可能性も否定できませんので十分に注意してください。

Q異母兄弟がいる場合、相続についての手続き

10年前に離婚、子ども二人は妻に親権、養育権。
養育費はキチンと支払い続け、そろそろ成人なので養育費は終了予定。
7年前に男性は再婚。子ども一人。妻と3人で2年前に建てた家に住む。ローンは相当長い。

上述のメンバーは現在全員生存していますが、男性が亡くなった場合、どういう手続きを踏んだら良いでしょうか?
たぶん、遺書は無いと思います。
2年前に建てた家は土地建物は男性名義。

当方、先妻の子どもたちです。
こちらには死亡の案内など来ることも無いでしょう。
後から知ることになると思います。
その際、注意点などありますでしょうか?

本人にも承諾済みで、私が契約者として男性(父)に生命保険をかけています。65歳満期で生存すれば出資してくれた母に満期金が行き、老後費用になります。
保険屋が言うには、こちらは死亡を知ったときに保険金が支払われる事になるそうです。
これがあるから、他の財産は要らないでしょう?なんて奥さんに言われませんか?

相続の方はどうでしょう。今の奥さんと子どもさんにはこちらに知らせる義務があるのでしょうか?
知らせずにあちらさん二人だけで相続してはいけないですよね?

財産は、ローン支払い中の自宅。わずかな貯金と思います。
父とは、何年かに一度、元の家族みんなで食事する普通の仲ですが、あちらの奥さんとお子さんにはうちの母も私たち兄弟も会ったことはありません。
母は、あちらの大体の住所は把握しているようです。

10年前に離婚、子ども二人は妻に親権、養育権。
養育費はキチンと支払い続け、そろそろ成人なので養育費は終了予定。
7年前に男性は再婚。子ども一人。妻と3人で2年前に建てた家に住む。ローンは相当長い。

上述のメンバーは現在全員生存していますが、男性が亡くなった場合、どういう手続きを踏んだら良いでしょうか?
たぶん、遺書は無いと思います。
2年前に建てた家は土地建物は男性名義。

当方、先妻の子どもたちです。
こちらには死亡の案内など来ることも無いでしょう。
後から知ることになる...続きを読む

Aベストアンサー

相続登記の際、相続人について綿密に調査します

質問のケースでは
父親名義の財産を相続登記する場合、子供全員と死亡時点の配偶者に相続権があります

現金ならばともかく、不動産や記名の有価証券・預金は、相続権者全員による分割協議なり調停の証明書類が必要です(相続放棄した場合、相続放棄の証明書)
実子である質問者の承諾無しに登記することはできません
ですから、必ず何らかの方法で連絡してくるものと思います
なお、相続には負の財産(借金やローン残高、保証)も含みますので、慎重に調査してください

いろいろな条件がありますから、専門家に相談なさることをお勧めします
(具体的なことをできるだけ詳細に提示しないと判断できません)

Q調停で養育費が決まるまでの養育費の請求

ややこしいタイトルになってしまってすみません

今年のはじめより、元旦那の元で暮らしていた子供を引き取って暮らしています
その後、親権の変更と養育費の請求の調停を申し立てましたが
親権の変更はほぼ決定しましたが
養育費をできるだけ払いたくない元夫は、
調停では本人が払うと言わない以上 養育費は決まった時点からの請求しかできないと知って
くだらない話をおおげさに持ち出しては調停を長引かせています

金額が自分の思った以上に大きくなることを知り、できるだけ払わずにすまそうと考えているようです

あまりの無責任で自分勝手な発言の数々に私も子供もあきれ果て
出来る限りの責任をとってもらおうと思っています

詳しく書くことはできないので誤解を受けるかもしれませんが・・

調停では、今後の養育費のみ決まると思います
私が引き取った時点から、調停で養育費が決定するまでの間の養育費を
請求したいと思っているのですが

どのような手続きを踏めばよいのでしょうか
請求できるのはわかっているのですが、裁判なのか、新たな調停なのか・・どこへ申請すればよいのか
どなたかご存知の方、教えてください

ややこしいタイトルになってしまってすみません

今年のはじめより、元旦那の元で暮らしていた子供を引き取って暮らしています
その後、親権の変更と養育費の請求の調停を申し立てましたが
親権の変更はほぼ決定しましたが
養育費をできるだけ払いたくない元夫は、
調停では本人が払うと言わない以上 養育費は決まった時点からの請求しかできないと知って
くだらない話をおおげさに持ち出しては調停を長引かせています

金額が自分の思った以上に大きくなることを知り、できるだけ払わずにすまそうと考...続きを読む

Aベストアンサー

>少なくとも調停を申し立てた時点からの養育費は認めてもらえるのですね

 家庭裁判所の調停ではそうです。また、審判移行して裁判官の判断として質問者に「求償権」(実際に引き取って生育するための費用を立て替えて支払っていたことによる請求)を行使できると認定してもらえれば(本来これは訴訟事項ですが)、調停申し立て時からさらに遡って相手方の支払い義務を認めてもらえる可能性もあります。

>子供の貯金の返済(祖父母や叔父叔母にもらったお年玉やお祝いを子供達が貯めていたもの)なども要求しているのですが、審判にすれば養育費のみの決定になってしまうのでしょうか

 養育費について渋っている相手が、話し合いで親権だけをあなたに与えることに易々同意するとは思えません。親権をやるから、過去の養育費はチャラにしろと交換条件を提示してくることが予想されます。
 しかし、その場合は親権者の変更についても審判にしてもらえばよいと思います。そして、親権者となる者には、子供の財産管理権が法上認められますから、その管理権に基づいて相手方に対して引渡請求できます。もし、応じなければ訴訟にできます。ただ、この場合の問題は、親権者変更の審判で、あなたの方に親権を認めるに足りる合理的理由、事情があるかどうかです。

 但し、相手方が、親権をあなたに与えることについては争わないとしたら、その点だけ先に調停成立させてしまい、親権に基づいて子供名義の預貯金の引渡請求をすればよろしいです。

>少なくとも調停を申し立てた時点からの養育費は認めてもらえるのですね

 家庭裁判所の調停ではそうです。また、審判移行して裁判官の判断として質問者に「求償権」(実際に引き取って生育するための費用を立て替えて支払っていたことによる請求)を行使できると認定してもらえれば(本来これは訴訟事項ですが)、調停申し立て時からさらに遡って相手方の支払い義務を認めてもらえる可能性もあります。

>子供の貯金の返済(祖父母や叔父叔母にもらったお年玉やお祝いを子供達が貯めていたもの)なども要求...続きを読む

Q亡くなった婚約者との子供の認知について

今妊娠中なのですが、先日婚約していた彼を病気で亡くしました。
婚姻はむずかしいと思っていますが、父親が亡くなっていても子どもの認知は可能なのか(戸籍に父親名をのせられるのか)教えていただきたく・・・(もしくは役所などに相談にいくのが妥当なのか等)

死後認知というのがあるようなのですが、このような方法を取らざるを得ないのでしょうか。
訴えを起こす、というのに違和感があって気が引けてしまうので。。

アドバイスをどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>父親が亡くなっていても子どもの認知は可能なのか

可能です。
確実に「父親」が存在しますから、たとえ父親が死亡していても認知は可能です。

>死後認知というのがあるようなのですが、このような方法を取らざるを得ないのでしょうか。

法的な親子関係を望むならば、死後認知を申請するしかありません。
ただ、将来「法的な父親の居ない母子家庭で生活を希望する」場合は必要ありません。
が、子供の将来を考えると父親は必要でしようね。

>訴えを起こす、というのに違和感があって気が引けてしまうので。。

父が死亡した日から3年以内に、検察官を相手に提訴します。
ですから、父親側ご両親(又は亡くなった父親)を相手に裁判を起こすのではありません。
婚約していた事実があるのですから、父親側ご両親も異存はないでしよう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報