父が亡くなった時に司法書士事務所へ行き、母にすべて譲ると書かれた遺言書を見せ、認知された異母兄がいることを伝えました。
司法書士さんは、「(異母兄がいるということは)聞かなかったことにします」と言って相続の手続きをすませました。
異母兄に相続が発生したことを知らせていない事と、司法書士さんが聞かなかったことにしますと言って手続きを進めてしまった事は、法律的には問題はないのでしょうか?

それと、公証役場で遺言書を作成した場合に、遺言の内容をそのまま書いた控えのような物は作ってもらえるのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

異母兄に相続が発生したことを知らせていない事と、


司法書士さんが聞かなかったことにしますと言って
手続きを進めてしまった事は、
法律的には問題はないのでしょうか?
    ↑
異母兄に知らせる法的な義務はありませんので
法的には問題ないと思われます。

ただ、後になって異母兄から、遺留分減殺請求権
が行使されるかもしれない、というだけです。



公証役場で遺言書を作成した場合に、遺言の内容をそのまま書いた
控えのような物は作ってもらえるのでしょうか?
     ↑
公正証書遺言なら遺言を作成した時に、写しを2通もらえます。
公証人の認証があるので、相続の手続きはその写しで行えます。

原本は公証人役場にあるので、紛失したり破損した場合でも、
有料で発行してくれます。
遺言者が生きている間は遺言者本人にしか発行されません。
相続開始後は、相続人が請求できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
よくわかりました。

お礼日時:2015/10/18 14:16

今回は遺留分権者(あなたおよび認知の子)の権利を侵害されているわけですが、1年の短期時効は、個別に起算されます。



あなたの場合は、父死去および遺言内容を知った時のいずれか遅い方から起算します。認知の子も同様で、知らしめていないので、当人の時効がまだ始まっていませんので、知らせないこと自体、本人の権利を害しておらず違法ではありません。

公正証書遺言は、遺言者本人の死去をもって発効しますので、遺言者の死亡、及び関係を証する書面を持参のうえ、写しを発行してもらえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>当人の時効がまだ始まっていませんので、知らせないこと自体、本人の権利を害しておらず違法ではありません。

よくわかりました、ありがとうございます。

お礼日時:2015/10/18 14:10

遺留分請求には、特に通知しなければならない規定はありませんし、何より遺言書が優先します。



それはなぜかというと、その亡くなる本人の意思の尊重だからです。

確かに、ご遺族の権利ではありますが、県紙には死亡情報が掲載されるので、見てない分には、知らなくても仕方ない面があります。

遺言書がない場合は、相続権のある者の意思を聞かねばならないですが、今回はあるので、そういう措置で構わないと思われます。

遺言書はそのまま相続人へ渡されると思いますが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
異母兄には連絡しなくても問題ないのですね。

お礼日時:2015/10/18 14:07

認知してたら、お父さんの戸籍に記載があるんじゃないの?



認知が被相続人の死亡前にされてて認知された子を除外して行われた遺産分割協議は無効となってしまい、
遺産分割協議をやりなおす必要があるという事態になるのでは??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

認知は産まれてすぐで、戸籍に記載されています。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/10/17 23:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q認知、養育費の調停について

こんばんは、養育費についてご質問させていただきます。

私には認知をした子がおります。
よく認知をしたとかというと不倫の末って言うことが多いかと思いますが私の場合は、元彼女の子です。別れる前に妊娠、別れた後に妊娠に気づいたそうです。私自身もそのことに対してまったく知らず別の女性と付き合い結婚。結婚後、裁判所より認知請求されている旨の手紙をいただき初めて知りました。
その後、何度か調停を行い自分の子であると確定され認知を行いました。
そして現在は養育費について調停中であります。

そこで質問なのですが、
(1)相手側は弁護士を雇っておりますがその弁護士費用は支払わなければならないのでしょうか?こちらも弁護士を雇った方がよいでしょうか?

(2)子供がいたなんてことはまったく知らなかったのでまったく準備など行っていませんでした。結婚し家のローンを組み、妻のお腹には子供がおります。そのため認知をした子に払う養育費はほとんど出せません。
相手に理解してもらうためにどのような説明をすべきでしょうか?
例えば、子供がいるので払えない、家のローンがあるため払えないetc

(3)家をたてローンがあること、結婚したことというのは言わない方がいいでしょうか?例えば奥さんと共働きすればもっと養育費払えるはずなんてことにはならないでしょうか?

(4)元彼女は浪費癖のある人なので養育費を確実に子供に渡す方法はないでしょうか?

自分がいけないのは重々承知ですが、感情論ではなく、実際のところをアドバイスいただければと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

こんばんは、養育費についてご質問させていただきます。

私には認知をした子がおります。
よく認知をしたとかというと不倫の末って言うことが多いかと思いますが私の場合は、元彼女の子です。別れる前に妊娠、別れた後に妊娠に気づいたそうです。私自身もそのことに対してまったく知らず別の女性と付き合い結婚。結婚後、裁判所より認知請求されている旨の手紙をいただき初めて知りました。
その後、何度か調停を行い自分の子であると確定され認知を行いました。
そして現在は養育費について調停中でありま...続きを読む

Aベストアンサー

(1)相手が弁護士を雇ったからと言ってこちらも雇う必要は全くありません。真実をつつみ隠さず述べ、逃げることなく正々堂々と対応して下さい。相手の弁護士費用まで払う必要はありません。調停費用は自損自弁と決まっています。調停不調で審判にでもなったらあなたも弁護士の活用を考えたらいかがですか。

(2)裁判所では現実の生活実態をもとに養育費の額を決めます。最近は双方の年収、子供の年齢と数をもとに算定表を使って標準的な値が示されます。あなたの方にもローンがあり、子供がいることは織り込み済の算定表です。ただし相手が子連れで結婚し、かつその夫と養子縁組して法的に親子関係を形成しているとすると事情は少し変わります。あなたの責任と負担は少々軽くなる筈です。相手に確かめてみて下さい。

(3)あなたの生活実態を隠さず言うべきです。「共稼ぎすれば…」などと相手が言うとすれば大きなお世話。そんなことを前提に養育費は決められません。ご安心を。

(4)親権者である母親に渡したくないというなら子供名義口座を作ってそこに毎月振り込めばいいことですが、未成年者ですから結局は母親の管理と支配のもとでお金は処理されてしまいます。こどもの養育費は目をつむって母親に任せるほかありません。

(1)相手が弁護士を雇ったからと言ってこちらも雇う必要は全くありません。真実をつつみ隠さず述べ、逃げることなく正々堂々と対応して下さい。相手の弁護士費用まで払う必要はありません。調停費用は自損自弁と決まっています。調停不調で審判にでもなったらあなたも弁護士の活用を考えたらいかがですか。

(2)裁判所では現実の生活実態をもとに養育費の額を決めます。最近は双方の年収、子供の年齢と数をもとに算定表を使って標準的な値が示されます。あなたの方にもローンがあり、子供がいることは織り込み済...続きを読む

Q親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合

親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合どうすればいいのか?


いろいろ調べましたが、要するに「相続放棄だけすればOK!」なんでしょうか。


(1)相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172364.htmlで、
回答番号:No.5で、「質問者さま以外に相続人がいた場合にはその人に相続権利が発生しますので、事前にでも放棄することを伝えておかないと、その人に借金の相続がまわってしまい迷惑をかけることもあります。」とありますが、相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?



(2)遺留分の放棄と相続放棄の違いの理解

教えてもらったり調べたりした中でまとめました。
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。


遺留分の放棄というのはAが生きてる時に、A以外の人(相続人?であってる??)が、「俺はめんどくさいことには関わりたくないし、正も負の財産も全ていらん!!!」っていう時に家庭裁判所に申し立てればできるってことで、理解はあってますか?

これは何人か相続人が存在する場合のみに「遺留分の放棄」をしておくと上の例では、Dは受け取らない意思があるので、拒否できるってことなんでしょうか?

どういう時に「遺留分の放棄」をしておく必要があるんでしょうか?


(3)そもそも、相続人とはどういう基準で決まるんでしょうか?

 現在、親(母・父・子)の3人暮らしです。
 母方 → 叔母のみ
 父方 → 叔父・叔母とも他界
 こういう状態ですが、子である自分は父・母が亡くなった時に相続人が自分になるってことで理解はOKですか?


(4)父や母の負の支払いなどは子が面倒みないといけないのか?
 現在、父は破産宣告をして「弁護士費用・県民税や市民税などの住民税の延滞・他の人の借金」
 母は友人から借りた借金などがある(実際にあるのかどうかは何も話さないので不透明な部分がある)
 仮に、母も父も亡くなってしまう或いは亡くなる前でも、このような自分に一切関係の無い負の支払い の面倒をみないといけないのでしょうか?
 亡くなった時や、亡くなる前に面倒を見なくてもいいようにする方法はありますか?


■■■要するに自分が望んでいること■■■
1.誰が亡くなった時でも、その人に正や負の財産があろうとも「自分は一切受け取りたくない」
2.(4)にでもあるように父・母にはお金に纏わる事柄がたくさんあり、自分に一切何も降りかからないよ  うにしておきたい。
3.「遺留分の放棄」というのがあることを知ってから、「とにかく親であろうと自分と関係ない正や負  の財産」のことで、「遺留分の放棄」をすることで自分を守ることが出来るのであれば、即にでもし  ようと思ってますが、「遺留分の放棄」はどういう時にすればいいのでしょうか?
4.難しいことを考えなくても、亡くなった時を知ってから相続放棄をすればOK!なだけなんでしょう   か?
  この相続放棄は、亡くなった人が「自分(質問者)に○○を上げます」などの遺言があった場合のみ  すればいいんでしょうか?
  それでも、遺言などが無くても、現在3人暮らしなので、父・母が亡くなった時に相続放棄すればい  いだけなんでしょうか?



いろいろと家庭の事情から焦っている現状です。
あまり法律に関しては理解力も浅い方なので、出来るだけ簡単にご回答いただければ幸いです。

長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合どうすればいいのか?


いろいろ調べましたが、要するに「相続放棄だけすればOK!」なんでしょうか。


(1)相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172364.htmlで、
回答番号:No.5で、「質問者さま以外に相続人がいた場合にはその人に相続権利が発生しますので、事前にでも放棄することを伝えておかないと、その人に借金の相続がまわってしまい迷惑をかけることもあります。」とあり...続きを読む

Aベストアンサー

 先に結論だけ。ご両親のどちらか一方が亡くなったら相続放棄。他方も亡くなったらまた相続放棄。これでご両親の財産(正も負も)を一切相続しないことになります。ただ、仏壇や墓などの祭祀財産は、相続放棄の有無に関わらず、祖先の祭祀を主催すべき者が承継します(通常、ご両親の祭祀を主催するのは、いずれは子さんである質問主さんになるでしょう)。

 以下だらだらと遺留分などについて説明。

 遺留分は、被相続人の遺言によっても処分できない相続人の相続持分です。実際には、遺留分を侵害されるような形で贈与や遺言がなされた場合に、遺留分減殺請求権の行使という形で遺留分を相続することになると思います。
 遺留分の放棄は、遺留分減殺請求の対象となる贈与や相続分の指定等があっても、遺留分減殺請求権が行使できなくなる、というだけです。相続自体は通常通り生じます。したがって、遺留分を放棄していても、相続人となり、遺言などで相続分の指定がなければ法定相続による相続が発生します。
 遺留分の放棄は、相続開始(被相続人の死亡)の前であれば、家庭裁判所の許可を受けることにより、放棄ができます(民法1043条1項)。相続開始後であれば、遺留分減殺請求権を行使しないのであれば、遺留分放棄となんら変わりません。

 相続放棄は、自分のために相続の開始があったことを知った日(自分が相続人であると知った日。同居の親であれば、亡くなった日でしょう)から原則3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をします(民法915条1項、938条)。遺言が無くても、ご両親のどちらかが亡くなった場合には質問主さんは相続人になると思うので、相続したくないのであれば、相続放棄をする必要があります。

 先に結論だけ。ご両親のどちらか一方が亡くなったら相続放棄。他方も亡くなったらまた相続放棄。これでご両親の財産(正も負も)を一切相続しないことになります。ただ、仏壇や墓などの祭祀財産は、相続放棄の有無に関わらず、祖先の祭祀を主催すべき者が承継します(通常、ご両親の祭祀を主催するのは、いずれは子さんである質問主さんになるでしょう)。

 以下だらだらと遺留分などについて説明。

 遺留分は、被相続人の遺言によっても処分できない相続人の相続持分です。実際には、遺留分を侵害されるよ...続きを読む

Q認知症の高齢者の施設・・・

母は、認知症で時々騒ぐため精神科から薬を貰いました。
でも、副作用で体調を崩し現在は内科の患者として入院しています。
良くなれば退院するように言われていますが
独居老人として今のアパートに帰ることは出来ません。
周りの住人に迷惑を掛けるからです。

もちろん、老健の認知症棟に申し込んでいますが
退院までには入所できそうにありません。

どうしたら良いのか…とても困っています。
母のような高齢者を預かってくれる施設は無いでしょうか?
ちなみに、母は生活保護を受けていて
介護サービスなども利用しています。
こどもの私は勤めていて面倒を見ることが出来ません。

Aベストアンサー

認知症で介護サービスを受けていて、生活保護を受けているのでしたら、担当者にご相談されるのが一番具体的に方法が見つかるのではないでしょうか?
あと、入院病棟の看護師(師長)に相談されてもよいと思います。

介護サービスを受けるに当たってはケアマネージャーの方がケアプランを立てていると思うのでその方に相談して、老健の入所までショートステイも考えられるでしょうし、今まで独居でしたらグループホームと言う手もあるでしょうし。
生保の担当者の方にもお話いておいたほうがよいでしょうね。

いろいろな事情もおありでしょう。家族で共倒れになる前にご相談なさってくださいね。

Q自宅として使用している場合は優先的な権利がありますか?先月に父が亡くな

自宅として使用している場合は優先的な権利がありますか?先月に父が亡くなり、相続についてこどもである私たち兄弟全員で全て母が相続するという意見で一致しました。税金についても全額母が相続したとしてもかからない程度で、その点に関しても問題ありません。しかし、この先いつか母が亡くなった時、母の遺言などはなかった場合、自宅については同居しているこどもが持つ権利とその他のこどもが持つ権利については違ってくるのでしょうか。
実家は私の兄と母の二人暮らしです。わたしも含め、その他の兄弟は結婚して別の場所に住んでいます。長年の居住によって発生する権利もあるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

共有物につては、当事者間で合意ができなければ裁判所に「共有物分割」を申し立てます。
この場合、物理的に分割できれば、分筆してそれぞれの権利になりますが、マンションとか分筆できない土地であれば競売にかけて代金をそれぞれに配当します。

共有物分割までは、占有している立場上占有者(質問の場合兄)が有利ですが裁判になれば皆等しく権利者です。

Q認知って何ですか?

よくテレビで子供を男が認知するとかしないとかやっていますが、ずーーっと疑問だったんですけど認知って何ですか??
何で認知するしないでもめるんですか?
どうなったら認知しないといけないんですか?
どういう事が認知?
どうする事が認知?
男が子供を認知しなかったらどうなるんですか?
認知について全く分かりません。
基本中の基本から教えてください。

Aベストアンサー

No. 5 の方の回答で
> 離婚後に生まれた子の場合、元夫の子なのか、離婚後に付き合った男との間に出来た子なのかで、どっちが認知するかで揉める場合があります。

これは、現在の民法では離婚後300日以内に生まれた子は離婚前の夫の子と推定されます。

一昨日の新聞でしたか、この規定を改正して欲しいという運動(女性からの)が報道されていました。DVなどの原因で離婚した女性が、離婚後夫以外の男性との間に子供が生まれても、出生届を出すと前夫に居所が知れてしまうので出生届を出さず、子供が無国籍になってしまうケースがあるからだそうです。また、未熟児で生まれたため、前夫の子になってしまう例もあるそうです。もっぱら、女性の立場だけからの報道でした。

このニュースを読んだとき、なんで男性側から改正運動がないのか不思議に思いました。不倫が原因で離婚した妻が自分以外の男性との子を産んでも、離婚後300日以内で生まれたら自分の子にされてしまうので、踏んだり蹴ったりではないでしょうか。裁判を起こして父子関係非存在を認めて貰うにしても、時間も費用もかかります。

No. 5 の方の回答で
> 離婚後に生まれた子の場合、元夫の子なのか、離婚後に付き合った男との間に出来た子なのかで、どっちが認知するかで揉める場合があります。

これは、現在の民法では離婚後300日以内に生まれた子は離婚前の夫の子と推定されます。

一昨日の新聞でしたか、この規定を改正して欲しいという運動(女性からの)が報道されていました。DVなどの原因で離婚した女性が、離婚後夫以外の男性との間に子供が生まれても、出生届を出すと前夫に居所が知れてしまうので出生届を出さず、子供が...続きを読む

Q異母兄弟がいる場合、相続についての手続き

10年前に離婚、子ども二人は妻に親権、養育権。
養育費はキチンと支払い続け、そろそろ成人なので養育費は終了予定。
7年前に男性は再婚。子ども一人。妻と3人で2年前に建てた家に住む。ローンは相当長い。

上述のメンバーは現在全員生存していますが、男性が亡くなった場合、どういう手続きを踏んだら良いでしょうか?
たぶん、遺書は無いと思います。
2年前に建てた家は土地建物は男性名義。

当方、先妻の子どもたちです。
こちらには死亡の案内など来ることも無いでしょう。
後から知ることになると思います。
その際、注意点などありますでしょうか?

本人にも承諾済みで、私が契約者として男性(父)に生命保険をかけています。65歳満期で生存すれば出資してくれた母に満期金が行き、老後費用になります。
保険屋が言うには、こちらは死亡を知ったときに保険金が支払われる事になるそうです。
これがあるから、他の財産は要らないでしょう?なんて奥さんに言われませんか?

相続の方はどうでしょう。今の奥さんと子どもさんにはこちらに知らせる義務があるのでしょうか?
知らせずにあちらさん二人だけで相続してはいけないですよね?

財産は、ローン支払い中の自宅。わずかな貯金と思います。
父とは、何年かに一度、元の家族みんなで食事する普通の仲ですが、あちらの奥さんとお子さんにはうちの母も私たち兄弟も会ったことはありません。
母は、あちらの大体の住所は把握しているようです。

10年前に離婚、子ども二人は妻に親権、養育権。
養育費はキチンと支払い続け、そろそろ成人なので養育費は終了予定。
7年前に男性は再婚。子ども一人。妻と3人で2年前に建てた家に住む。ローンは相当長い。

上述のメンバーは現在全員生存していますが、男性が亡くなった場合、どういう手続きを踏んだら良いでしょうか?
たぶん、遺書は無いと思います。
2年前に建てた家は土地建物は男性名義。

当方、先妻の子どもたちです。
こちらには死亡の案内など来ることも無いでしょう。
後から知ることになる...続きを読む

Aベストアンサー

相続登記の際、相続人について綿密に調査します

質問のケースでは
父親名義の財産を相続登記する場合、子供全員と死亡時点の配偶者に相続権があります

現金ならばともかく、不動産や記名の有価証券・預金は、相続権者全員による分割協議なり調停の証明書類が必要です(相続放棄した場合、相続放棄の証明書)
実子である質問者の承諾無しに登記することはできません
ですから、必ず何らかの方法で連絡してくるものと思います
なお、相続には負の財産(借金やローン残高、保証)も含みますので、慎重に調査してください

いろいろな条件がありますから、専門家に相談なさることをお勧めします
(具体的なことをできるだけ詳細に提示しないと判断できません)

Q認知障害の判定基準は?

お世話になります
私の叔父が2年前に脳梗塞にかかりました
他人からは,認知障害もなくしっかりしてるよ・・・と言われますが
いつも一緒にいる人達に聞くと[認知障害]らしいです
・・・と言うのも車で喫茶店の壁に激突して明くる日に誰がやったんだと完全に自分のした事を忘れていたり・今までできた仕事が全然できなくて客先よりクレーム連発だったりとやはり一緒に生活している人が見たらあきらかに脳梗塞発症後に[おかしくなった]と言っています
そこで疑問なのですが,これはあくまでも他者から見た推測での[認知障害]であり診断された訳では無いです
もしかすると軽度の[認知障害]かも知れません
これを立証するには,やはり医者で何らかの実験・もしくは脳梗塞の起きた部分からの特定などが必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

 ご質問文の趣旨が、「認知障害の判定基準」そのものであれば、全くお役には立てないのですが、叔父に成年後見人を付けることを視野に入れた上で、叔父の「認知障害の鑑定はどうするか」ということでしたら、家庭裁判所で鑑定を含め、手続きをしてくれます。

 ここで解説をするより、最高裁HPをご覧になったほうがいいと思いますので、下記、参考URLから該当ページを見て下さい。

(1)成年後見人について
 左側INDEXの「家事事件について」を開いて、「第6.1.後見開始の審判」をクリックすると、認知障害などの後見開始の審判についての記載があります。

(2)鑑定費用について
 左側INDEXの「その他の統計情報」を開いて、「成年後見関係事件の概況」をクリックすると、鑑定費用についての記載があります。

 鑑定費用は、5万円以下が全体の35%、10万円以下が全体の60%を占めています。概ねこの金額で認知障害の鑑定ができるようです。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/home.nsf

Q亡くなった婚約者との子供の認知について

今妊娠中なのですが、先日婚約していた彼を病気で亡くしました。
婚姻はむずかしいと思っていますが、父親が亡くなっていても子どもの認知は可能なのか(戸籍に父親名をのせられるのか)教えていただきたく・・・(もしくは役所などに相談にいくのが妥当なのか等)

死後認知というのがあるようなのですが、このような方法を取らざるを得ないのでしょうか。
訴えを起こす、というのに違和感があって気が引けてしまうので。。

アドバイスをどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>父親が亡くなっていても子どもの認知は可能なのか

可能です。
確実に「父親」が存在しますから、たとえ父親が死亡していても認知は可能です。

>死後認知というのがあるようなのですが、このような方法を取らざるを得ないのでしょうか。

法的な親子関係を望むならば、死後認知を申請するしかありません。
ただ、将来「法的な父親の居ない母子家庭で生活を希望する」場合は必要ありません。
が、子供の将来を考えると父親は必要でしようね。

>訴えを起こす、というのに違和感があって気が引けてしまうので。。

父が死亡した日から3年以内に、検察官を相手に提訴します。
ですから、父親側ご両親(又は亡くなった父親)を相手に裁判を起こすのではありません。
婚約していた事実があるのですから、父親側ご両親も異存はないでしよう。

Q脅迫による肉体関係の強要と子供の認知、また嫌がらせや脅迫における法律的手段に関して教えてください。

私は既婚の専業主婦です。今回夫に子供の認知申立ての請求が女性からあり悩んでおります。経緯をお話しますと、主人がその女性と肉体関係に及んだのも、以前より社内の倉庫など人目に付かないところで、その女性は主人の局部に触ってきたり、彼女自身の胸部を見せてきたりの嫌がらせをしており、夫がそれを不快な態度であしらっていると、ある日会議室に入ってきてで二人きりになったことをいいことに、「このまま大声を出して、あなたに強姦されそうになったというわよ」と脅され、その頃成績が上がらず首の皮一枚で会社に席を置いていた夫はこれ以上の問題が起こるのを恐れ、彼女の要求に応じてしまいました。彼女は数日後その既成事実を元に彼女に信仰している宗教に入信し、宗教関連の商品を購入するよう求めてき、そこからは奥さんに話すという脅迫をしてきたそうです。その時点では夫も彼女からそのような嫌がらせを受けているのは自分だけだと思っていたのですが、後日最後の一線まで強要されないまでも、二人きりのときに局部をさわられたり、上半身を見せて誘惑を受けている営業マンが複数人いることがわかり、私へも告白する覚悟を決め彼女の脅迫を強く拒んだそうです。その後彼女は会社を首になりましたが、数ヵ月後子供ができたから認知して養育費を払えと電話があり、こちらは関係なく、おろせばいいことではないかと伝えると、お腹の子は信者にあたるから信者を殺すことはできないと怒ったとのことです。このような経緯で認知申立てを一方的にしてきました。このような場合、認知と養育費の支払いはどうなるのでしょうか?また、彼女は法律的に何にも裁かれることはないのでしょうか? さらにどのようにこの問題に立ち向かっていけばよいでしょうか?どなたか不確定な情報でも構いません。少しでもお分かりのことがあれば是非教えてください。

私は既婚の専業主婦です。今回夫に子供の認知申立ての請求が女性からあり悩んでおります。経緯をお話しますと、主人がその女性と肉体関係に及んだのも、以前より社内の倉庫など人目に付かないところで、その女性は主人の局部に触ってきたり、彼女自身の胸部を見せてきたりの嫌がらせをしており、夫がそれを不快な態度であしらっていると、ある日会議室に入ってきてで二人きりになったことをいいことに、「このまま大声を出して、あなたに強姦されそうになったというわよ」と脅され、その頃成績が上がらず首の皮一...続きを読む

Aベストアンサー

追加のご質問に回答させていただきます。

1)認知および扶養料(養育費)の支払いは、調停において事務的に決められるものか?

事務的というより、双方の事情の主張が充分できる形になっています。

調停は、調停委員会に対して、申立人と相手方という三者関係で(本人出頭が前提)、
調停委員が、双方から事情や考えを聞き、合意を得る事を終着点としています。
双方が合意すれば、裁判の確定判決と同じ効力を持ちます。
しかし、双方が合意に達しなくても、結論を強制的に決める事はできません。

また、真実に沿った合意とするため、職権による事実関係の調査、証拠調べが行なわれます。
さらに、仮に一旦双方で合意が取れても、真実に反し法律関係を認める事のできない事件
については、家庭裁判所は、事実調査をし調停委員からの意見を聞き、相当と認める場合
に限り、合意に相当する審判(家裁独自の判断)をする事ができます。
子の「認知」はこの審判が適用され得ます。

家事審判法 第二十三条
1 婚姻又は養子縁組の無効又は取消しに関する事件の調停委員会の調停において、当事
  者間に合意が成立し無効又は取消しの原因の有無について争いがない場合には、家庭
  裁判所は、必要な事実を調査した上、当該調停委員会を組織する家事調停委員の意見
  を聴き、正当と認めるときは、婚姻又は縁組の無効又は取消しに関し、当該合意に相
  当する審判をすることができる。
2 前項の規定は、協議上の離婚若しくは離縁の無効若しくは取消し、認知、認知の無効
  若しくは取消、民法第七百七十三条の規定により父を定めること、嫡出否認又は身分
  関係の存否の確定に関する事件の調停委員会の調停について準用する。

そして、双方が合意に達しない場合は、裁判へと移行します。

2)強要の上での交接の結果の非嫡出子(婚姻関係にない男女の間に生まれた子)は、認知し
 なくてはならないか?

認知自体の問題と強要があった事は、別の問題です。

例えば、これが女性に対する強姦の結果生まれた子だとして、その母親は強姦の結果、
妊娠して生まれた子だから、認知しないというわけにはいきません。
自分のお腹から生まれてくる以上、自分の子供になります。

旦那様の場合も同じで、血液鑑定、DNA鑑定含めて自分の子と判断されれば、認知せざ
をえないことになります。
仮にそれを否定する主張をしても、1)で述べたように事実関係から家庭裁判所が合意に
相当する審判を下してしまいます。

3)強要の上での交接の結果の非嫡出子を認知をした場合、養育費支払い金額の軽減など
 はありえるか?

強要が直接減額の理由にはならないと思います。

まず、認知をすると扶養の義務が発生します。

民法 第八百七十七条
 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。

そして、扶養がなされない場合に、認知した子の法定代理人として母親が扶養義務履行の
訴えの提起をします。
それにより家事調停があり、扶養料と金額と期間について当事者間で協議し、合意に達す
ればそれを採用します。
合意に達しない場合、民法上は、

民法 第八百七十九条
 扶養の程度又は方法について、当事者間に協議が調わないとき、又は協議をすることが
 できないときは、扶養権利者の需要、扶養義務者の資力その他一切の事情を考慮して、
 家庭裁判所が、これを定める。

の規定なので、家庭裁判所が審判によって決定します。
この時の金額の決定に、強要があった事が考慮されるかも知れません。

4)脅迫や強要の証拠の具体的なものはなにか?

今回の事件で言えば、脅迫については、
○脅迫(害悪の告知)をしたという記録(音声・ビデオテープ等)
○脅迫(害悪の告知)をしたという本人以外の複数の証言
強要については、脅迫があったのを前提に
○脅迫により義務なき行為をしたという記録(音声・ビデオテープ等)
○脅迫により義務なき行為をしたという本人以外の複数の証言
になります。
しかし、証言止まりだと思います。

また、1)~3)の家事調停において、「強要があった事」の挙証責任は旦那様側にあります。
即ち、警察と同じ証拠集めを旦那様がしなくてはならないのです。

但し、相手方の出方によっては、切り返しが効くかもしれません。
要は、相手方が交接の場所を「会社の会議室で」と主張すれば、そんな場所で合意で交接
するとは考えにくく、他の社員に対する行為の証言を考慮すれば、相手方にとって不利です。
すると、相手方は、合意有りとするため「ホテルで」等と主張して来るかも知れません。
そうなれば、その時のレシートが有無や、旦那様のアリバイから、相手方の主張の信憑性
を崩す事ができます。
そして、最終的に強要があったまで繋げられればいいのですが・・・

追加のご質問に回答させていただきます。

1)認知および扶養料(養育費)の支払いは、調停において事務的に決められるものか?

事務的というより、双方の事情の主張が充分できる形になっています。

調停は、調停委員会に対して、申立人と相手方という三者関係で(本人出頭が前提)、
調停委員が、双方から事情や考えを聞き、合意を得る事を終着点としています。
双方が合意すれば、裁判の確定判決と同じ効力を持ちます。
しかし、双方が合意に達しなくても、結論を強制的に決める事はできません。

ま...続きを読む

Q異母兄弟から未成年の時受けた仕打ちを法的に??

16年前まで、顔を合わせると、受けていたいやらしい、事。(SEXはないらしい).
触られたり全裸にさせられた。など。が、友人の心底にあり、今だ、自分の羞恥心として、残っているようです。慰謝料とれますかね?って、相談されたのですが、どうなんでしょう。
 弁護士に尋ねる前におおまかな事が知りたいらしいです。本人は今、32才になっていて、結婚もされていて、この件は、御主人にも結婚する時に話されたそうです。
 

Aベストアンサー

専門家ではないので間違っているかもしれませんが
現在も続いているのであればともかく、
16年前のことで具体的に体に傷が残っているようなことのなければ、やった、やらないの水掛け論のなってしまいます、立証不能。
仮に事実であっても、時効になっていると思います。
傷害の時効は忘れましたが、殺人でも15年で時効ですから。現在結婚されているということですから、過去の事に目を向けないで、現在と将来に目を向けたらいかがでしょう。冷たいようですが、そうでないと
いつまでたっても、被害者の立場から立ち直れません。
許すこと、忘れることが、新スタートの一歩です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報