ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

鍼灸師国家試験と介護福祉士国家試験どちらが難しいでしょうか?それと資格取得までどちらが難しい(大変)でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

介護福祉士は施設(特養・老人健康施設・ヘルパー・看護助手)で、3年間働き、その間に勉強も出来収入もありますので、


介護福祉士のほうが簡単でしょうね。
資格試験も、普通に勤務して先輩から教えて頂けますし、
試験は楽に通りますよ。

鍼灸師は「体全てのツボを把握・その効能も把握」が
必要最低限でも必要です。
その間の収入も無いですし、毎日が勉強に費やさないと
資格試験に合格するのは困難でしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。鍼灸師になるのは難しい感じがよくわかりました。介護福祉士をとるように努力します。

お礼日時:2015/12/09 21:08

介護福祉士国家試験には実務経験が必要ですから、鍼灸などの専門学校で在学中に受験できる鍼灸師国家試験よりも、難しいと言う事になります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。介護福祉士を取れるように頑張ります。

お礼日時:2015/12/09 21:10

針灸じゃなくて鍼灸でしょう?



ま~でも介護士の方が容易いと思います。

なので鍼灸士の方が難しいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

容易いなら介護福祉士を目指したいと思います。

お礼日時:2015/12/09 21:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鍼灸師と介護福祉士なるのはどちらが難しいですか?

鍼灸師と介護福祉士なるのはどちらが難しいですか?

Aベストアンサー

難しい、という意味でもいろいろ解釈ありますので。

介護福祉士は実務経験+試験という形になりますが、経済的な面から考えると、介護施設での労働実務がありますので、その辺は楽かもしれません。
一方で鍼灸師は実際に所得してからの活用を考えると、いわゆる三療師(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師)を取得していたほうが何かと役立ちます。
自宅開業だと、はり師きゅう師だけでも可能ですが、施設への就職などとなると俄然、あん摩マッサージ指圧師の資格が光ってきます。
なので3つともに取得する人が多いのですが、そうなると資格取得までにかかる費用は、本当にバカにならないくらいに多いわけです。
時間も金もかかります。
そういった意味で経済的な観点から言えば、鍼灸師もかなり難しいということですね。

ちなみに、最近は鍼灸学校に入学するための試験が、昔に比べると大変に偏差値が上がっています。
そういう意味で学力も抜きで考えることが出来ないのです。
私はやはり、鍼灸師の方が難しいと思いますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報