Dann erst hatten sie Mut genug, des Wehrlosen frech zu höhnen und ihm, wie sie sagten,
zum Andenken an diese Stunde, Haarbüschel aus seinem Bart zu reissen, bis
das Blut des entstellten Antlitzes des Helden über die Brust rann.

出典 Hans Schmölzer, Andreas Hofer und seine Kampfgenossen. Ein Jugend-und Volksbuch, Innsbruck 1900,S.203f.

1行目のhöhnenは昔は2格支配の動詞だったのでしょうね?目的語はdes Wehrlosenになりますね。
現在でも存在する2格支配の動詞は数少なくて、gedanken, bedürfen, entbehren などと書いてありますが、これらは会話でも2格目的をとりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

höhnenが2格を取ったのはだいぶ昔のことですね。

普通の独和辞典には載っていないはずです。シラーの作品などには出てくるようです。
gedenken(gedankenという動詞はないので、見まちがいか書きまちがいと思います)、bedürfen、entbehrenなど現在でも2格を取るとされている動詞ですが、ものによっては今でも2格で使いますが、誤って3格で使われるようになっているものもあります。2格を取る動詞の中には、雅語になっているものもありますので、そういうものは日常会話ではもともとあまり使われないでしょう。bedürfenを使わなくても、brauchenやnotwendigを使えば済みます。私も日常会話ではbedürfenは聞いたことがありません。読んだことはもちろんあります。下のQ&Aサイトには、bedürfenが3格目的語を取るようになっているという説を読んだ人が、どのくらいそれが広まっているのかという質問を出していますが、ほとんどの人がそんなのは聞いたことがない、bedürfenは絶対2格で使う、と言っています。また、5番目の投稿者Derselbeという人は、bedürfenは日常会話では使われなくなっていると書いています(In der Umgangssprache wird "bedürfen" wohl schon deshalb nicht mit Dativ verwendet, weil "bedürfen" insgesamt eigentlich kaum in der Umgangssprache verwendet wird.)。ただし、この質問の内容からはちょっと離れてしまいますが、複数形で2格がはっきり認識できない場合に限り3格で置き換えることがあるという指摘があります。これは、wegenなどの前置詞でもあることですが、「Der Dativ wird dann genommen, wenn man ihn in Pluralkonstruktionen nicht als Genitiv erkennen würde」という規則を挙げている投稿者がいます。「Er ist wegen Diebstählen angeklagt worden.」という文では、2格ならDiebstähleですが、わかりにくいのでnを付けて3格にしています。もちろん、定冠詞付きの場合はわかるので、wegen der Diebstähleなら問題ありませんが、定冠詞を付けない場合は、「wegen Diebstähle」よりも「wegen Diebstählen」の用例の方が多いです。この規則に従うと、

Bedürfen arbeitslose Kinder reicher Eltern Sozialbezüge?
裕福な親の失業中の子供に生活保護の受給は必要か?

という文の最後の「Sozialbezüge」は、このままでは1格か4格かが一見してわからないため、「Sozialbezügen」と3格にした方がよいということです。

http://forum.wordreference.com/threads/bed%C3%BC …

いずれにしても、bedürfenという動詞自体、日常会話ではほぼ使わないので、2格か3格かという議論そのものにあまり意味がないということのようです。しかし、書き言葉ではあるので、目的語が単数のときは必ず2格、複数のときは、場合によっては3格になることがあるということは覚えておいた方がよいかもしれません。
これに対して、gedenkenは3格で誤用されるケースが結構あるようです。たとえば、

Am Sonntag wird in Kampehl dem 354. Geburtstag von Ritter Kahlbutz mit einem Konzert gedacht.
日曜日にカンペールでは、騎士カールブッツの354回目の誕生日がコンサートで追悼される。

という文では、Ritterを2格とするか、でなければ、少なくともGeburtstagの方を2格にするべきだと、「Spiegel Online」の「Zwiebelfisch」に記事が出ています(2格をとる動詞がいくつか最後にまとめられています)。

http://www.spiegel.de/kultur/zwiebelfisch/zwiebe …

この記事の途中には、ネオナチの連中が政治集会を開いたときに持って歩いたスローガンの旗に、「Wir gedenken den Opfern des alliierten Holocaust」と書いてあったと出ています。「der Opfer」と2格で書くのが正しく、これを見た人の中には、「それよりもまずうちに帰って学校の宿題をやれ!」と思った人もいるだろう、とあります(笑)。ただ、先ほどのQ&Aサイトで言われている複数の場合のケースに当てはめると、「der Opfer」では見かけが単数1格のようです。先ごろのパリのテロに関して、「Wir gedenken den Opfern von Paris」と書いているサイトもありました。

https://www.piraten-nds.de/2015/11/14/wir-gedenk …

用例としては決して多くはないので、やはり正しくはないのでしょう。
entbehrenも、使うなら2格が正しいことは間違いありませんが、やはり日常会話では使わない表現です。2格目的語を取る動詞のほとんどは、書き言葉として儀礼的に用いられるだけだと思います。古いドイツ語には2格を取る動詞がたくさんあり、sterben、fragen、vergessen、beginnen、wartenなども2格を取ったようです。もちろんこれは本当に古いドイツ語で、綴りも全く違います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

Tastenkasten先生、詳しいご回答をありがとうございました。

>gedenken(gedankenという動詞はないので、見まちがいか書きまちがい

gedenkenの間違いでした。hoehnenは今の辞書には4格でしか載っていませんでしたが、2格支配だったのはそんなに古い時代だったのですね!

今では4格支配になっているか、そうでなければ、他の動詞などで言い換えているのですね。

この質問とは関係ないのですが、Ich bin unterwegs manchem Kollegen.
という文を見ました。これはbegegnetが省略されているものと思いますが、このような省略はよくなされるものでしょうか?尻切れトンボみたいな印象を受けますが、普通ですか?

お礼日時:2015/12/28 23:32

>これは例の梅津時比古氏の『冬の旅』156ページに出ています。



ああ、それでしたか。やっぱり感心しませんね。まず例文についてですが、私はその辞書を持っており、begegntは省略されずにちゃんと書いてあります。著者は、「manch」の意味を示したかっただけなのでそういうぞんざいな引用の仕方をしたのでしょう。
それと、manchの意味の取り方を批判するにあたって、独和辞書のいくつかの例だけで検証するというのはどういうことでしょう。ほかの解釈を退けて自分の独自の解釈を主張することが先行しているようだと、研究としては長くは残りません。「たくさんあるもののうちのいくつか」と主張しても、詩の題名が「Wasserflut」です。そして、Folge nach nur meinen Tränen, Nimmt dich bald das Bächlein auf.とありますから、小川になると解釈できます。manchを独和辞典ではなく、Dudenの辞書を引くとこう書いてあります。

1. einzelne Person oder Sache, die sich mit andern ihrer Art zu einer unbestimmten, aber ins Gewicht fallenden Anzahl summiert
2. einige, in ihrer Anzahl aber trotzdem ins Gewicht fallende Personen oder Sachen unter anderen

「いくつかの」ではあるが、その「数において重要な」量の人間や事物、ということになっています。ですから、郁文堂の辞書の和訳でも、「幾つもの」「幾人もの」「何人もの」となっていて、「いくつかの」「数人の」とはなっていません。そこから無理矢理「たくさんあるもののうちのいくつか」という意味だと主張しているわけです。ドイツ語そのものへの語学的配慮を重視せず、哲学的新解釈にこだわっているのではないでしょうか。そのうち図書館で借りて見てみます。

「manche tränen」を書籍検索にかけて、出てきた例文を読んでみても、必ずしも「幾粒かの少ない涙」とは取れないように思いました。
https://www.google.co.jp/?hl=ja&gws_rd=cr,ssl&ei …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>begegntは省略されずにちゃんと書いてあります。著者は、「manch」の意味を示したかっただけなのでそういうぞんざいな引用の仕方をしたのでしょう。

やはりそうでしたか!いくらなんでもおかしな文だと思いました。

>「つまりここでの涙は、切れ目のない激しい涙ではなく、どこか徹しきれない、逡巡するような涙と言ったらいいだろうか。」
とあります。

>主張することが先行しているようだと、研究としては長くは残りません。「たくさんあるもののうちのいくつか」と主張しても、詩の題名が「Wasserflut」です。そして、Folge nach nur meinen Tränen, Nimmt dich bald das Bächlein auf.とありますから、小川になると解釈できます。

この人は自分の「新解釈」を誇示したかったのでしょうね。でも小川になるようなものであればやはり滂沱の涙の方がふさわしいように思えます。

Tastenkasten先生のご説明がまっとうです!!ありがとうございました。

お礼日時:2015/12/30 14:19

>Ich bin unterwegs manchem Kollegen.



こういうケースは聞いたことも読んだこともありませんが、どこで御覧になったのですか。これだけでは意味が通じません。begegnetが省略されているというのは、それを示唆するような日本語訳が付いていたのでしょうか。前後に行われている会話の内容によって省略はいくらでもあると思いますが、これだけでは、sein支配の動詞や3格を取る形容詞、あるいは状態受動など、省略されているものとしてはいろいろな可能性があります。会話の流れで省略されているとしても、ちょっと中途半端な長さの文です。「途中で誰かに会ったか?」という質問のあとなら、「manchem Kollegen」だけで済みますし。この一文だけでは何とも回答のしようがありません。あまりあり得ない文だと思いますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、私も変だなあと思いました。これは例の梅津時比古氏
の『冬の旅』156ページに出ています。Wasserflut の中でmanche Traenenの解説として例を挙げてmancheのニュアンスを説明しているものです。

日本ではほとんどの場合<manche Traenen>が「あふれ出る涙」「とめどない涙」などと訳されている。無論間違いではないが、これではまさに滂沱の涙といったイメージになる」中略 manchはたくさんあるもののうちのいくつか、ー略ー独和辞典の例文を任意に拾っても<Ich bin unterwegs manchem Kollegen(私は途中で幾人もの同僚に出会った)>郁文堂「独和辞典」)となる

以上の記述があったものですから、???と思った次第です。私の辞書は郁文堂ではありませんので確認できませんが、こんな変な例文が載っているのかといぶかしく思いました。

お礼日時:2015/12/30 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語の辞書と文法書

ドイツ語の辞書と文法のテキスト本の購入を考えています。夫婦でドイツ語を独学しようと思っていますがお薦めの 

(1)日独辞書

(2)英独辞書 

(3)英語とドイツ語対訳の文法テキスト


を教えてください。

妻はアメリカ人なので英語とドイツ語の対訳の辞書・文法書が必要で、私は日本語とドイツ語です。

ドイツ語を勉強している方、していた方、堪能な方、アドバイスお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたもある程度は英語を話せると思いますので、ご夫妻でMichel ThomasのCD(独英)を聴いてみると良いと思います。アマゾンで買うと安いです。これだけでドイツ語が話せるわけにはなりませんが、ドイツ語のしくみがかなり解ります。あとはお互いに合った独和ないし独英辞書を買うことでしょう。日本人にとっては独和は基礎的なものがよいです。大学の第二外国語でドイツ語をとる日本人は少なくありませんので、まともなもな学習辞書がいろいろあります。アメリカ人にとっては、ペーパーバックの英独-独英辞書でも間に合うのかもしれません。

Qフランス語文法について(de,des,du)

はじめまして。以下文章中のde,des,duについて
文法的解説をしていただきたくお願いいたします。

La prise de conscience des dangers du tabagisme passif
a rendu progressivement la societe moins tolerante aux fumeurs.
(lefigaro.comから抜粋,アクサン記号省略をお許しください)

(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?
(2)des dangers→de+les
(3)du tabagisme passif→de+le

新聞を読んでいると(1)の冠詞+名詞+de+名詞(冠詞なし)のパターンに
いつも戸惑うのですが、自分が使うときは La prise de la conscience
と絶対言ってしまいそうなのですが、これは連語として覚えるしか
ないのでしょうか?何かコツがありましたら教えてください。
le risque de consultation, les lieux de travailなど

以上、お手数ですが何方かご教授いただきたく宜しくお願いします。

はじめまして。以下文章中のde,des,duについて
文法的解説をしていただきたくお願いいたします。

La prise de conscience des dangers du tabagisme passif
a rendu progressivement la societe moins tolerante aux fumeurs.
(lefigaro.comから抜粋,アクサン記号省略をお許しください)

(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?
(2)des dangers→de+les
(3)du tabagisme passif→de+le

新聞を読んでいると(1)の冠詞+名詞+de+名詞(冠詞なし)のパターンに
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?>

部分冠詞でも同格のdeでもありません。

1.このdeは動詞の直接補語を導く前置詞になります。

2.この名詞句は元々、動詞句prendre conscience de qch「~に気がつく」を名詞化したものです。この動詞句では、conscienceは動詞prendreの直接補語になっています。

3.つまり、La prise de conscienceでは、priseはprendreが名詞化したもので、conscienceはprise<prendreの直接補語(目的語)になっているのです。
例:
prendre conscience(直訳)「知覚を得る」
→La prise de conscience「知覚を得ること」→「自覚」


ご質問2:
<(2)des dangers→de+les>

その通りです。

このlesは、du tabagisme passifでdangerを特定しているために、使われてている定冠詞です。


ご質問3:
<(3)du tabagisme passif→de+le>

その通りです。

このleは、passifでtabagisme を特定しているために、使われてている定冠詞です。


ご質問4:
<自分が使うときは La prise de la conscienceと絶対言ってしまいそうなのですが、これは連語として覚えるしかないのでしょうか?何かコツがありましたら教えてください。>

1.基本的に、deの後に来る名詞が不特定の名詞、抽象名詞、総称的に使われる名詞、種類・性質・材料を表す名詞などの場合は、定冠詞を用いないのが一般です。
例:
un homme de courage「勇敢な人」
robe de soie「絹の服」

2.conscienceの場合、「知覚」「意識」は抽象名詞なので、無冠詞で使われます。
例:
avoir conscience de「~を覚える」「~を知る」

3.一方、conscienceが「良心」「本心」の意味で使われる時は、部分冠詞や定冠詞が付きます。これは、「良心」に特定性があるためです。
例:
avoir de la conscience「良心的である」
avoir la conscience large「寛大である」

上記の句を用いる場合、conscience「良心」は文脈の中の、ある特定の人に関して使われます。そのため、定冠詞や部分冠詞がついているのです。


ご質問5:
<le risque de consultation, les lieux de travailなど>

1.le risque de consultation:

このconsultationは「診察」という総称的な名詞として使われています。特定していないので、定冠詞は必要ないのです。

2.les lieux de travail:

(1)このtravailも「仕事」という総称的な名詞として使われています。特定していないので、定冠詞は必要ないのです。

(2)この句全体で一般的な「職場」というニュアンスで使われています。

(3)もし、この「仕事」に定冠詞がつき、les lieux de travailとなっていれば、前出の特定の仕事を指し、「話題に出ているその仕事の職場」という特定性が出てきます。

3.以上のように、deの後の名詞に定冠詞がつくかどうかは、その名詞の総称性、抽象性、特定性によります。総称的なニュアンスでは、定冠詞をつける必要はないのです。


1月1日から実施されたこの法律、元旦はややtorerantで監視も緩めでしたが、2日からはcontroleurも見回りして、厳重な規制が敷かれています。タバコを吸わない身としては、大歓迎の法律です(笑)。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?>

部分冠詞でも同格のdeでもありません。

1.このdeは動詞の直接補語を導く前置詞になります。

2.この名詞句は元々、動詞句prendre conscience de qch「~に気がつく」を名詞化したものです。この動詞句では、conscienceは動詞prendreの直接補語になっています。

3.つまり、La prise de conscienceでは、priseはprendreが名詞化したもので、conscienceはprise<prendreの直接...続きを読む

Qドイツ語辞典のついた電子辞書

知人の息子さんに電子辞書を送ることになりました。
英語はもちろんですが、大学でドイツ語も学習するのでドイツ語の辞書も欲しいとのことです。
お勧めの電子辞書をぜひとも教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の知っているドイツ語電子辞書は3種です。

セイコー IC DICTIONARY[SR-T7010]
キー配置がパソコンのキーボードに近いフルキーボードタイプなので入力しやすいでしょう。
ドイツ語辞典は、三修社「アクセス独和辞典」、郁文堂「和独辞典」。
コリンズ「独英・英独辞典」。
ジーニアス英和大辞典、リーダーズ英和辞典、リーダーズ・プラス、
----------------------------------------
シャープ 英・独・仏・西、外国語コンテンツカード[独語辞書カード]
スーパー大辞林、和英・英和、家庭の医学など全11種類の辞書類を収録した電子辞書にドイツ語辞書カードを追加して使います。
だからドイツ語カードの他に本体が必要です。
ドイツ語辞典は、「クラウン独和辞典」、「新コンサイス和独辞典」「わがまま歩き旅行会話ドイツ語+英語」が一つのカードに収録されています。
----------------------------------------
カシオ エクスワード[XD-H7100]
ドイツ語辞典は、「クラウン独和辞典第3版」、「新コンサイス和独辞典」、「ひとり歩きのドイツ語自遊自在」の3種類。
英語辞典は、「ジーニアス英和大辞典」、「リーダーズ英和辞典」、「リーダーズ・プラス」の3つ、和英辞典は、「ジーニアス和英辞典第2版」、英英辞典は、「ロングマン現代アメリカ英語辞典」など。
----------------------------------------

値段はあまり変わらない感じです。

問題はドイツ語辞典ですね。
セイコーは、三修社「アクセス独和辞典」、郁文堂「和独辞典」。
シャープは、三省堂「クラウン独和辞典」、三省堂「新コンサイス和独辞典」
カシオは、 三省堂「クラウン独和辞典」、三省堂「新コンサイス和独辞典」

ほとんど同じレベルだと思います。

カシオが一番古くて、シャープとセイコーは比較的新しいです。後発の分、シャープとセイコーに何か利があるのかもしれません。

というわけで、ほとんど同じではないでしょうか。使いやすそうなもの、かっこいいものを選べばよいと思います。

私は「外国語コンテンツカード」を追加してゆくシャープがお薦めですが、セイコーはキーが打ちやすいかもしれません。

私の知っているドイツ語電子辞書は3種です。

セイコー IC DICTIONARY[SR-T7010]
キー配置がパソコンのキーボードに近いフルキーボードタイプなので入力しやすいでしょう。
ドイツ語辞典は、三修社「アクセス独和辞典」、郁文堂「和独辞典」。
コリンズ「独英・英独辞典」。
ジーニアス英和大辞典、リーダーズ英和辞典、リーダーズ・プラス、
----------------------------------------
シャープ 英・独・仏・西、外国語コンテンツカード[独語辞書カード]
スーパー大辞林、和英・英和、家庭の医学...続きを読む

Qsieが2つあり、使い分けが分かりません、、 それと、ihr(君たち)とSie(あなたたち)の使い分

sieが2つあり、使い分けが分かりません、、
それと、ihr(君たち)とSie(あなたたち)の使い分けも分かりません、、
どなたか教えて下さい。。
お願いします

Aベストアンサー

>2つのsieの使い方は分かりました、、(笑)

小文字で書き始めるsieは、「彼女」もしくは女性名詞の代名詞(単数)の意味か、
「彼ら、彼女ら、それら」など、複数の人や物を指す代名詞の意味かのどちらかです。

>でも、ihrとSieの使い分けが分かりません。理由はある問題で
>Wir kommen aus japanというのがあり、これの質問文を考えるもので、回答がWoher kommt ihrになってたからです。この場合、ihrじゃなくてSieでも大丈夫なのでしょうか?

敬称と親称の区別はついていますか?
目上の人やあまりよく知らない人に対しては敬称「あなた」、「あなたたち」に当たるドイツ語を使い、
親しい人(家族、友人)に対しては「きみ」「きみたち」に当たるドイツ語を使います。

Sie あなた(単数)
Sie あなたたち(複数)
du きみ(単数)
ihr きみたち(複数)

「あなた」「あなたたち」の場合は、どちらもSieで見かけの区別はありません。
相手が複数いる場合、特に親しくない人には丁寧な呼びかけをするのでSieです。
親しい人ならihrです。

Wir kommen aus Japan.という答えに対応する質問の文は、
Wirが複数なので、それに対応して複数の呼びかけになりますが、
Woher kommen Sie?/Woher kommt ihr?のどちらもあり得ます。
出題文に「敬称を使って答えよ」「親称を使って答えよ」と断り書きがあるのが普通ですが、
もしないのならば、親称ihrを学ぶ章に出ている練習題問題かもしれません。
もしどちらでもなく、答えがwoher kommt ihr?だけでSieを使ったものがないならば、
出題のしかたとしては少し手抜きかもしれません。

>2つのsieの使い方は分かりました、、(笑)

小文字で書き始めるsieは、「彼女」もしくは女性名詞の代名詞(単数)の意味か、
「彼ら、彼女ら、それら」など、複数の人や物を指す代名詞の意味かのどちらかです。

>でも、ihrとSieの使い分けが分かりません。理由はある問題で
>Wir kommen aus japanというのがあり、これの質問文を考えるもので、回答がWoher kommt ihrになってたからです。この場合、ihrじゃなくてSieでも大丈夫なのでしょうか?

敬称と親称の区別はついていますか?
目上の人やあまりよく知...続きを読む

Qドイツ語対応の電子辞書

初めてドイツに赴任します。
ドイツ語はほとんど出来ません。

ここでお聞きします。
ドイツ語対応のおススメの電子辞書がありましたら
ぜひお教えくださいませ。

Aベストアンサー

私が使っているものなのですが、SeikoのSIIという電子辞書。これは、カードを入れて使うものなのですが、英和、和英、英英、会話集などがはいっており、ドイツ語のカードを入れると、独和、和独、独英、英独、会話集、例文検索などが入っており、音声も聞けます。私が持っているのは、割合新しいものなのですが、3万9千円くらいしますが、ドイツ語が必要で、本当に身につけるつもりで買うのならば、いい買い物といえると思います。ちなみに、家電の量販店でも、扱ってはいると思うのですが、英語ほど需要がないためか、種類も数もそんなにないと思います。

Qドイツ語の2,3,4各支配の文についての質問です

ドイツ語の2,3,4各支配の文についての質問です
statt mein() Vaters,trotz d() Regens, wahrend d() Lesens,wegen d() Unfalls

などの()の中に入れる語尾ですが

上のは2各支配のなので
mein(es) d(er) d(er) d(er)でいいのでしょうか?

それとも自分で文を和訳して適切なものをいれるのでしょうか?

Aベストアンサー

これらは全部属格支配で、名詞が男性(Vater, Regen, Unfall)、中性(Lesen: 不定詞の中性名詞化)ですから

statt meines Vaters, trotz des Regens, wahrend des Lesens, wegen des Unfalls

(trotz 以下は与格をとることもありますが、与えられた名詞が全て属格形になっているため、meines/des にしなければなりません)

属格が der になるのは女性名詞と複数形です。女性と複数では名詞に s はつきません。

和訳しても名詞の性別と変化は分かりませんので、名詞と冠詞の性別と変化形を知らなければなりません。

なお、男性名詞でも属格形に (e)s がつかないものがあります(人や動物を表す名詞に多い:弱変化名詞)
des Menschen, des Loewen, des Affen, des Studenten...

Qドイツ語の良い辞書は?

大学でドイツ語を選びました。
英語だったらジーニアスが良いと言われていますが、ドイツ語の辞書については全くわかりません。
どれか良い物を知っていたらおしえてください。

Aベストアンサー

No.3さんのおっしゃるとおり、レベルによってベストな辞書は異なると思いますが、初めて大学でドイツ語を学ばれるようなのにお見受けしましたのでわたしが初めて買ったおすすめの辞書を紹介します。

新アポロン独和辞典
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4810200043/qid=1145010459/br=1-2/ref=br_lf_b_1/249-7795404-1832328
重用語は赤字で示されているし、発音もカタカナがふってあるのですごく使いやすかったです。

参考までに。

Qドイツ語の1格、3格、4格の違い

こんにちは。ドイツ語を習っていて、もうすぐ試験があるのですが、最近授業がややこしくなってきて分からなくなってきてしまいました。
どなたたか、どうか助けてください。

いきなりですが、たとえば、

1格 Der Mann liebt die Frau
4格 Die Frau liebt den Mann
1格 Die Frau liebt der Mann
4格 Den Mann liebt die Frau

これらの違いが良くわかりません。これはすべてその男性はその女性を愛しているという意味なのでしょうか???1格と4格とではこの文ではDie Frau と den Mann または Die Frau と Der Mann がひっくり返っただけなのでしょうか? 文法的にも、こんがらかってしまいます・・・。

それから、3格と4格の違いもあいまいです。
日本語では、3格は’に’4格は’を’という意味だと聞きましたが、
たとえば、

3格 Die Tochter dankt dem Vater 娘は父に感謝する
4格 Die Mutter liebt den Vater 母は父を愛している

・・・これなら理解できますが、

3格 Die Tochter hilft dem Vater 娘は父を手伝う
4格 Die Mutter fragt den Vater 母は父に尋ねる

・・・これでは、’を’と’に’の意味があべこべになっていませんか?こういうところが難しくてよくわかりません・・・。

どなたか、ドイツ語にお詳しい方、教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。ドイツ語を習っていて、もうすぐ試験があるのですが、最近授業がややこしくなってきて分からなくなってきてしまいました。
どなたたか、どうか助けてください。

いきなりですが、たとえば、

1格 Der Mann liebt die Frau
4格 Die Frau liebt den Mann
1格 Die Frau liebt der Mann
4格 Den Mann liebt die Frau

これらの違いが良くわかりません。これはすべてその男性はその女性を愛しているという意味なのでしょうか???1格と4格とではこの文ではDie Frau と den Mann または Die Fra...続きを読む

Aベストアンサー

> 1格 Der Mann liebt die Frau
> 4格 Die Frau liebt den Mann
> 1格 Die Frau liebt der Mann
> 4格 Den Mann liebt die Frau

この文の1番目と3番目、2番目と4番目は語順が違うだけで、意味は同じです。

・その男がその女を愛する
・その女がその男を愛する
・その女をその男が愛する
・その男をその女が愛する

それぞれ直訳するとこんな感じですね。
女性名詞の定冠詞は1格も4格もdieなので、どちらの格なのかは
文脈で判断しなければなりません。
上記の場合は、男が1格(der)なら女は4格、
男が4格(den)なら女が1格ということになりますね。

ドイツ語の語順は、基本的には定動詞が2番目の位置に来るという
決まりになっており(副文の場合は末尾ですが)、
文頭に主語(1格の名詞または代名詞)を置かなければいけないという
決まりなどは別にありません。

Den Mann liebt die Frauという文の場合、Den Mannが1番目の位置、
liebt(定動詞)がちゃんと2番目に来ていますね。
主語(die Frau)は文頭に置いていませんが、それで構わないのです。


さて、3格と4格の違いについてですが……。
3格が「に」、4格が「を」という覚え方はまあまあ有効ですが、
せいぜい「日本語に訳する時にそうなることが多い」という程度のものです。
実際には、動詞の種類によって目的語にどの格を用いるのかが
決まっており、これを「動詞の格支配」といいます。

hilft(helfen)は3格支配なので、目的語を3格に。
fragt(fragen)は4格支配なので、目的語は4格になります。

面倒ですが、動詞を覚える時、どの格の目的語になるのかも
一緒に覚えるようにしましょう。
辞書で動詞を引くと目的語の格も書いてあるので、それをしっかり
チェックしておくことです。
またドイツ語を覚える時、単語単位で覚えるのではなく、文をまるごと
覚えるようにしたほうがいいでしょう。
そうすれば「この動詞にはこの格」ということが自然と身に付いていきます。

2格だの前置詞だの副文だのが入ってくるともう少し複雑になりますが、
とりあえず、以上の基本的なことは覚えておいてください。
試験、がんばってください。

> 1格 Der Mann liebt die Frau
> 4格 Die Frau liebt den Mann
> 1格 Die Frau liebt der Mann
> 4格 Den Mann liebt die Frau

この文の1番目と3番目、2番目と4番目は語順が違うだけで、意味は同じです。

・その男がその女を愛する
・その女がその男を愛する
・その女をその男が愛する
・その男をその女が愛する

それぞれ直訳するとこんな感じですね。
女性名詞の定冠詞は1格も4格もdieなので、どちらの格なのかは
文脈で判断しなければなりません。
上記の場合は、男が1格(der)なら...続きを読む

Q大学生 ドイツ語辞書 どれがいいでしょうか?

大学1年生です。
第一外国語でドイツ語を取っています。
辞書はどれがいいでしょうか?
電子辞書を持っているのですが、ドイツ語辞書が入っていません。
大きい辞書を買うか、小さい辞書を買うか、電子辞書の追加コンテンツを買うか迷っています。
法学部なのでポケット六法や分厚い教科書を持ち歩いているのでバッグが重いです。
なのであまり重い辞書は持ち歩きたくないのですが、小さい辞書は文字が小さく読みにくいです。
しかし電子辞書は高いのでどれにすればいいか決まりません。
おすすめを教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通の紙の独和を買いましょう。5~6万語のものならずっと使えますよ。それ以外は無用ですね。 何のために買うのか
考えるべきでしょう。

Qドイツ語、これは2格か3格のどちらですか?

Das ist eine (Lo''sung) der besten Lo''sungen. この文の"der besten~" は2格か3格のどちらでしょうか?

Aベストアンサー

2格です。

「最も~なうちの一つ」という場合の表現ですね。
余計な説明かもしれませんが、
後ろは複数ですので、冠詞がderということは、
2格しかありません。3格はdenとなりますよね。


人気Q&Aランキング