ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

現在30代後半の男性です。

14歳の頃から喘息とアレルギー性鼻炎がひどくて長期間服用しています。

アレルギーの症状が改善してくる度に
ステロイド剤であることから、何度も止めようと努力をしましたが
止めると急激に症状が悪化します。

現在では症状も安定しているので夕食後に1錠のみ服用しています。

ですが、副作用が出ている?様にも感じていて
うつ状態になる、喉が渇く、肥満、高コレステロールの
症状が出ていて現在ではリポバスも服用しています。

医師に確認すると1日1錠程度では副作用の心配は無いと
言われています。でも、やはり薬に依存している状態から抜け出したいのです。
良い方法、経験談等あれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

フィードバックが遅くなってしまい、失礼しました。

気になる点がありましたので、補足させて頂きます。まず、補剤についてですが、一例として「補中益気湯・六君子湯・人参湯」の3剤を挙げておいたまでで、これら全てを処方して頂いたらどうかという意味ではなかったことを申し上げておきます。正直なところ、補剤3剤は多すぎるかもしれません。補中益気湯には柴胡が含まれており、ステロイド増強作用やステロイド副作用軽減作用がありますし、ガスターD等も処方されておられ、胃潰瘍傾向もおありになることから六君子湯もいいかもしれませんが、特に冷え症でもなく、下痢や軟便傾向がなければ、人参湯は不要かもしれません。補剤は、全て基本的には、身体の根本である胃腸を丈夫にして、血行を良くし、元気をつける薬で、温める作用もありますので、酷暑である今の時期に飲み過ぎるとかえって体調を崩すことも考えられます。また薬効が同じような薬を幾つも混合すると、かえって効き目が落ちる場合もあります。証さえ合えば、1剤の方がストレートに効き、効果が高いこともあります。便宜上、かかりつけの先生に西洋医学的観点で、漢方薬を出して頂いたと推測しておりますが、漢方薬というのは、本来、脈診や腹診といったきちんとした東洋医学的診断を経て処方して頂くのが本筋だということをご承知おきください。経口ステロイド剤連用により、殊に副腎皮質機能低下をきたしている場合には、六味丸とか八味丸といった補腎薬も奏効するのですが、ときに胃腸に障ることもあるので、ここではお勧めしませんでした。しかしながら、漢方に詳しい先生におかかりになりますと、このあたりのところのさじ加減も可能になるということを補足しておきます。また、処方された3剤には、全て甘草(かんぞう)という生薬が含まれております。甘草は、ときに、浮腫、体重増加、血圧上昇、筋肉のつれ、麻痺感といった副作用を引き起こすことがありますので、偽アルドステロン症や低カリウム血症が引き起こされていないかどうか、定期的に主治医にチェックして頂くようになさってください。もう一つ気になる点がありました。吸入ステロイドは処方されていないのでしょうか?セレスタミンを完全離脱するには、吸入ステロイドが不可欠です。セレスタミンを完全離脱した時に、吸入ステロイドを全く継続使用していない状態であれば、再発作は必至ですので、今から、少量(全身性作用はありません)でも使用しておかれることが必要と考えます。またセレスタミンを減量しても、発作が全く出ないのであれば、吸入ステロイドへの完全置換が可能と思われますので、セレスタミン減量による体調の変化をよく見ながら、無理せずに、徐々に吸入ステロイドのみに切り替えていかれることをおすすめ致します。完全に吸入ステロイドに切り替えた場合は、フルタイド400μg(アルデシンなら800μg)が適量かと推測されますが、万一それでコントロール不能でしたら、フルタイド最大量800μg(アルデシンで1600μg)まで増量可能で、これでコントロールがつけば全身性ステロイドは不要です。今後の治療方針について迷っておられるということですが、吸入ステロイドをはじめ、要は全身性ステロイドを使用しなくてもいいように、他のいい薬を併用していかれれば良いのです。殊にフルタイドとセレベント(1回の吸入で12時間作用する長時間作動性気管支拡張剤)の併用、抗ロイコトリエン薬のシングレア(キプレスも同じ)等は、いい成績が出ています。インタールが効く体質でいらっしゃるようなので、ネブライザーによるインタール+気管支拡張剤(ベネトリン、メプチン)の朝晩定時吸入もいいかもしれません。主治医が喘息専門医でなければ、一度喘息専門医を訪ねられ、セカンドオピニオンを求めて、今後の治療方針について考えられてもよろしいかと思います。参考URLで専門医をお探しになれます。尚、申し訳ありませんが、「心臓のあたりと首の真下の部分が痛む」という件(セレスタミンとの因果関係があるかどうかはここでは何とも申し上げられません)とCT云々については、コメントを差し控えさせて頂きますので、ご了承ください。セレスタミンを止める方法について、ほぼ全てをお話してきたつもりです。ご不安が尽きないのはわかりますが、このあたりでやり取りを終了させて頂ければ幸いです。お大事になさってください。

参考URL

(甘草による副作用について)
http://www.okusuri110.com/fukusayo/fukusayo_db/f …
http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/ama.htm

(喘息専門医について)
http://homepage1.nifty.com/zensoku/
http://www.js-allergol.gr.jp/ninteilist_general/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

長期に渡り大変、親切な回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/05 16:39

こんにちは。

再び、Kewpie-chanです。予想以上にセレスタミンの副作用が重い印象を受けています。うつ病の症状(不眠、気分障害)、頭痛、立ちくらみ、胃部不快感全てセレスタミンの影響といっても過言ではないと思います。また、単に副作用が出ているだけでなく、服用をやめられなくなっているステロイド離脱困難例です。このようなケースを漢方では、壊病(えびょう)と呼んでいます。柴朴湯のお話をしましたが、柴朴湯が使える体力(中等度)ではなさそうです。基本的に胃腸を丈夫にし、「気」や「血」を補って生体の回復力を促す「補剤・ほざい」(虚証ーきょしょうと呼ばれる体力がない人向けの薬です)と呼ばれる漢方薬(補中益気湯・ほちゅうえっきとう、六君子湯・りっくんしとう、人参湯・にんじんとう等)の助けを借りなければ、壊病からの脱出、セレスタミン離脱は難しいのではないかと考えます。せっかく記して頂きましたが、総コレステロール、中性脂肪、尿酸値などからでは副腎抑制の度合いはわかりません。しかしながら、副腎抑制が起きていることは確実です。今の病院をおやめになりたくないようなので、今の病院にもかかりつつ、更にお近くの漢方に詳しいお医者さん、東洋医学科にもかかられて、きちんとした漢方的診断を仰がれた上で、適切な漢方薬を処方して頂くことをおすすめ致します!あなたの証(体質+症状)に合った漢方薬を服用開始されれば、意外と早く社会復帰されることが可能なのではないかと信じております。

(参考URL)
漢方のお医者さん探しに役立つサイト
http://www.gdb.co.jp/HP/DATA/13560.html
http://www.gokinjo.co.jp/kampo/

この回答への補足

回答ありがとうございます。

今日、また病院に行ってきました。

医師に連絡をしておいたので、きちんと会う事ができました。副腎皮質機能検査(血液検査)とセレスタミン減量後に、心臓のあたりと首の真下の部分が痛むので、自分からお願いして胸部レントゲン撮影を行いました。

そうしたら医師から、右肺の下の部分に水が溜まっている様なので後日CT検査(8/20予定)の予約を取りました。
薬は前回と同様で補中益気湯・六君子湯・人参湯の3つを1日3回(ツムラ)を院外処方で出してもらいました。

ですので1回の薬の量がものすごいです、正直、こんなに飲まなければならないのか不安になる量です。

私が望む治療をして頂いている訳ですから
文句を言うのは、おかしいですし・・・・

セレスタミンを減量してから頭痛はハッキリと減りました
喘息の発作もまったくありません。
アレルギー性鼻炎は鼻閉型でインタールが切れると鼻汁が喉に回り喉にまとわりつきます。
体重が5kg程1ヶ月で増えたのと、胸の痛みが出てきました。

補足日時:2004/07/29 22:23
    • good
    • 1
この回答へのお礼

正直、今後の治療をどう進めるべきか迷っています。
ステロイドがこんなに危ない薬とは思いませんでした。
アレルギーの治療が進歩している事も勉強不足だったと感じています。
うつの事にばかり頭が行ってしまっていたので。
内科的な治療は考えていませんでした。
今度受けるCTは立体画像の出る、最新式のCTです。
素人でも見れば病巣がどこだか解ります。もし丸い塊があったりしたらと思うと不安でたまりません。

お礼日時:2004/07/29 22:57

こんにちは。

再びKewpie-chanです。これまで、外用剤が一切処方されていなかったようで驚きです。失礼ながら、今かかっておられる先生は、おそらく個人の開業医で、少なくともアレルギー治療にはお詳しい先生ではないと拝察しています。アレルギーの専門医なら、重症でも第一選択は吸入ステロイド剤やステロイド点鼻剤などの外用剤であり、経口ステロイド剤連用は、最終選択肢だからです。喘息の重症度は、軽症、中等症、重症とありますが、重症でも、吸入ステロイド剤高用量で、経口ステロイド剤連用は稀になってきています。また連用しなければならない場合でも、切れ味はいまいちだが、副腎抑制が弱いプレドニンを使用するのが普通です。別件になりますが、出来ましたら、ご自分でも気道狭窄の度合いが簡単に計測できるピークフローメーターをお買い求めになって、ご自分の重症度を確かめ、その数値の度合いによって、薬を漸増・漸減したりする自己コントロールをおすすめしたいです。「既にとてもだるくてつらい」ということは、長期連用による副腎抑制の現れと拝察し、心配しております。ビタミンC(副腎皮質強化)を1~2g/日摂取なさったり(出来ればパントテン酸も併せて摂取されると尚良い)、軽い背筋運動やストレッチをしたり(副腎を刺激してホルモンの分泌をよくする)、副腎皮質ホルモン類似作用をもつ柴胡(さいこ)を含有する漢方薬・柴朴湯(さいぼくとうー喘息によく使われます)等を使用されますと、倦怠感もとれ、発作がよく抑制されるようになるかもしれません。柴胡剤と呼ばれる漢方薬は、ステロイド増強作用、免疫調節作用、抗アレルギー作用等があり、セレスタミン節減効果を期待できます。医療用漢方薬には保険が適用されますので、是非主治医にご相談なさってみてください。参考URLにもありますとおり、離脱の過程で脱力感、易疲労感はよくみられる症状ではありますが、あまり無理して早急に離脱しようとすると、急激に血圧が下がってショック状態となり、生命が脅かされるような急性副腎機能不全をきたす危険性もあります。副腎皮質ホルモンには、抗炎症作用のみならず、抗ストレス作用があります。精神的ストレスがさほど強くなくても、今の時期の酷暑も含めた生理的ストレスがかかる時期は、ステロイドの需要が高まりますので、離脱を急ぐと危険です。相当長期にわたり使用されておられたようですから、いきなり半錠はきついような気もします。市販されている錠剤カッターを使用して、もう少し慎重に切っていかれることをおすすめ致します。また、今後の経過によっては、専門医で副腎皮質機能検査を受けられ、副腎抑制の度合いをみてもらい、離脱の指導を受けることも考慮してみてください。

(参考URL)

内服離脱症候群の臨床症状(HPの下部に記載)
http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/topix.htm

柴朴湯について
http://www.allergy.go.jp/allergy/ebm/4-1-6.html
http://www1.ocn.ne.jp/~icho/papers/20.htm

気管支喘息の重症度
http://www.hi-ho.ne.jp/cedie/b/4.html

ピークフローメーター一覧
http://www.kodomo.co.jp/asthma/pefr/list/

ピークフローを測りましょう
http://www.erca.go.jp/asthma2/asthma/adult/peakf …

この回答への補足

回答ありがとうございます。

実は、病院に行った時、担当医(内科医、40台半ば(推定)女医)が不在だった為、今日、薬が郵送されてきました。

現在、処方されている薬はセレスタミン(1日1錠)リポバス5mg(夕食後に1錠)デパス0.5mg(1日3回)ルボックス25mg(1日3回)インタール点鼻9.5mlを(1日6回)ロキソニン60mg(朝夕1錠)ガスターD20mg(朝夕一錠)以上になります。

当初は、2002年9月頃より、うつ病の症状(不眠、気分障害)、頭痛、立ちくらみが、胃部不快感がひどくて現在休職中です。

病院は会社の産業医の診療所ですが医師の数も多く、なにより、きちんと、話を聞いてくれる医師なので信頼しています。2003年9月頃に一度、胃にポリープが見つかり内視鏡で切除してもらいました。その後、不眠や気分障害は解消されたのですが、とてもだるくて、1日13時間近く寝ている状態です。セレスタミンを減量し始めた最近は特に頭痛がひどいです。目と目の間が、とても痛みます。後は1日だるくて、ほとんど横になっている状態が続いています。

補足日時:2004/07/10 21:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

血液検査は03年11月と04年1月と04年6月に実施していて

総コレステロール 325-251-234
中性脂肪     208-103-238
尿酸       7.9-8.5-7.9です。

お礼日時:2004/07/12 01:46

結論から申し上げますと、経口ステロイド剤は「1日1錠程度なら副作用の心配はない」ということは決してありませんので(長期連用が問題なのです)、止められるものならば止めた方がいいし、また止めることも可能だと思います。

ただ、1日量は少なくても長年服用しておられるので、副腎皮質機能低下をきたしておられると推測します。よって、離脱を急ぐと原疾患の再燃のみならず、ステロイド離脱症候群が惹起される可能性があり、大変危険ですので、主治医と相談しながら、ゆっくり慎重に取り組んでください。具体的な止め方ですが、まずステロイド剤を夕食後に内服するのは止めて、朝食後に変更してください。体内ステロイドの分泌というのは、日内変動があり、朝方が一番高く、夕方以降低くなり、夜中に最低のレベルとなります。よって、多く分泌されている朝食後に内服する方が副作用が少なくて済むのです。次に、(半減期の長い)長時間作用型のステロイド剤である「プレドニン換算2.5mg相当と少量だが、副腎抑制の強い」セレスタミン(リンデロン・一般名ベタメタゾンと抗ヒスタミン剤であるポララミンを含有)から、「副腎抑制が弱い」中時間作用型のプレドニンに変更し、ポララミン復効錠を併用しながら、徐々に離脱開始することをおすすめします。プレドニンは、経口ステロイド剤の中で最もよく使用されており、リンデロンより離脱しやすいと言われております。また、現在、プレドニン・プレドニゾロンは1mg製剤も出ており、離脱にもっていきやすいようになっています。体調や原疾患が再燃しないかどうか、様子をみながら、連日投与から隔日投与、間欠投与へと移行していってください。もし、万一プレドニンにしたらつらいということであれば、セレスタミンは錠剤が大きいので、4分の1錠ずつ減らして様子をみていくのも手かと思います。喘息とアレルギー性鼻炎がひどいということですが、ステロイド外用剤は併用なさっておられるのでしょうか?プレドニン1錠以内でしたら、吸入ステロイド剤やステロイド点鼻剤に置換し、症状を軽減することは充分可能と思われます。吸入ステロイド剤の方はアルデシンやベコタイド、キュバール(プロピオン酸ベクロメタゾン)やパルミコート(ブデゾニド)で400μg~800μg、フルタイド(プロピオン酸フルチカゾン)で、その半量(最大量400μg)までなら、全身的副作用の心配はありません。口内に残った薬剤をよくうがいして洗い流すようにしてください。内服薬を徐々に減らしつつ、上述の外用量併用で症状がコントロールされるようになれば、ベストです!尚、もし上手くいかない場合は外用を増量せざるを得ませんが、フルタイド上限800μg(それ以外の吸入剤では倍量で同等)を使用すると、全身的副作用の懸念が出てくるものの、それでもセレスタミンにみられるような上述されておられる全身的副作用(?とありますが、確実に副作用が出ておられると拝察します)の心配はなく、充分離脱にもっていけるものと考えます。尚、ステロイド点鼻剤であるアルデシンやフルナーゼ(フルタイドの点鼻版)は併用しても、これらは通常量でしたら全身性の副作用は考慮しなくてもいいと考えます。その他、点鼻薬にも抗アレルギー剤(インタールやザジテンなど)等の代替薬がありますが、これらはお使いになったことはあるのでしょうか?インタールはエアゾルではなく、ネブライザーでアンプル使用の方が奏効することがわかっています(喘息・アレルギー性鼻炎共にアンプルの方が奏効します)。喘息の方は、抗ロイコトリエン薬(シングレア、キプレス)やフルタイド+セレベント(長時間作用型吸入β2刺激薬ー1回の吸入で12時間効果が持続、サルタノールなど短時間作用型気管支拡張剤の頓用追加可能)の導入が奏効し、経口ステロイド剤から離脱してきている人が多いのが現実です。
離脱は絶対可能です!途中、きつくなることもあるかもしれませんが頑張ってください。

(参考URL)

全身性ステロイドはなぜ急にやめてはいけないのか?
http://rods.plala.jp/~s002/tisiki/tyoukisteroid/ …

ステロイド離脱症候群とは
http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/sute3.htm

セレスタミン添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2459100F1022_ …

プレドニン・プレドニゾロン添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2456001F1345_ …
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2456001F1310_ …

情報満載の喘息専門病院によるHPです
http://homepage1.nifty.com/zensoku/
http://www6.ocn.ne.jp/~miyagawa/index_f.html

この回答への補足

回答有難うございます。

病院に行き、とりあえず、2週間分試してみようという事で
点鼻薬と吸入薬を処方してもらいました。

セレスタミンはとりあえずそのまま処方するので自分で量を加減してみなさい?と言われました。

錠剤の半分を朝に飲むようにしてみようかと考えています。(既にとてもだるくて、辛いです。)

結果の報告もきちんとしたいので、しばらく回答のお礼は出さないようにします。

補足日時:2004/07/09 06:05
    • good
    • 1

私は、生涯セレスタミンを飲み続けたらどうなるのか、経験もなく、知りません。

数年でもこどもで背の伸びがとまった、肥満になった、という例は知っています。
いい薬であることと、長期使用のための薬であることとは同一ではないように思います。
私は、しばしばトランプのジョーカーにたとえています。どうしてもの時は使いますが、いつも使っていれば、それではゲームは成立しなくなるでしょう、病気も同じです、と。
喘息は、今やしっかりしたガイドラインがありますから、それに準じた治療の中で、セレスタミンをどう考えているのか、担当医に聞くのがよいのだろうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/07/30 12:06

回答者の皆さんに少し嫌悪感を感じます。



>セレスタミン1錠を毎日飲み続けて問題がないか、と>いえば、

そうではないなどセレスタミンを一様に非難されている。セレスタミンはそれはそれでいい医薬品です。ですが喘息に関して現在は吸入ステロイドなどが推奨されています。セレスタミン自体もステロイドですが、口から服薬すると体全身にいきわたります。が、吸入ですと口腔という粘膜のみ作用し極めて副作用は少ないと結論づけられてます。

ですが、セレスタミン単独の治療も悪いとは言いませんが、うつ状態になる、喉が渇く、肥満、高コレステロールの症状が出ていて現在ではリポバスも服用となるとやはり、有名な「呼吸器内科専門」に行くことを強く望みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/07/30 12:05

セレスタミン1錠を毎日飲み続けて問題がないか、といえば、そうではない、と考えるべきでしょうね。

その点は、担当医にしっかりと確認をとるのがよいでしょう。
喘息とアトピーをうまくコントロールするのが容易ではないことは想像できますが、吸入ステロイド、抗LT剤、スキンケアなど、今の基本的な治療方法を教えていただくことが必要です。
抜け出したいお気持ちは大切でしょうし、その必要がない、という医師もいないでしょう。がんばってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/07/04 23:49

おくすり110番というサイトで検索しました。


ハイパー薬辞典というところで、薬品名を入力してください。
http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html


副作用についてこのように書かれていました。

> 短期間(1週間程度)の服用では、重い副作用はまずありません。少量であれば長期でもそれほど問題ありません。

ただし、多めの量を長期に飲み続けると、副腎皮質ホルモンの副作用がでてくるおそれがあります。もし、長期に連用される場合は、医師からその必要性と、注意点、副作用についてよく説明を受けておくとよいでしょう。

私もアレルギー症状がひどかったとき、セレスタミンを医師に処方されました。
このときは、日常の生活に支障をきたすほどの重い症状でしたが。
確かによく効きますよね。セレスタミンは。
私の場合は処方された直後、実家に戻る必要があり、実家のある地元の医院でもまた処方されました。
っていうか、今までもらってた薬のリストを渡したら処方してくれたんです。
でも、家族から「あそこの病院はよくない」と言われ、改めて家族のかかりつけの医院で診察したところ、
「これ、いつから飲んでるの?だめだよ。こんな薬のみ続けちゃ。症状がきついときは仕方がないけど、これは長期間飲む薬じゃないんですよ。処方した医者は何も言わなかったの?」
と、注意されました。

つまり、長期間服用することは、医者にとっても注意しなければいけない薬だと言うことです。

以下、長期間服用に関する副作用です。

> 1.生理不順、にきび、毛深くなる、脱毛
> 2.むくみ、血圧上昇。
> 3.高血糖、高コレステロール、体重増加。
> 4.中心性肥満..顔が丸くなる、肩やおなかが太る。
> 5.眼圧亢進、筋力低下。

私は2番と4番が該当しました。

また、食べ合わせ・飲み合わせの欄に以下のような記述が。

> ・安定剤など脳に働きかける薬と併用すると、作用が強くなりすぎたり、副作用がでやすくなります。服用中の薬は医師に伝えておいてください。

私もセレスタミンを飲んでいた頃は、ひどいうつで、安定剤も併用していました。でも医者は何も言ってくれませんでした。

また「長期間大量服量」の副作用としての欄には、
> ・抑うつ..憂うつ、気分がひどく落ち込む、やる気がでない、悲観的、不安感、不眠。
とも書かれています。

詳しくはご自分で検索されてみるのがよろしいかと思います。私が出したのはあくまでも気になる部分の抜粋ですから。

セレスタミンは、本当に症状のひどいときに、頓服薬として飲むのが正しいのではないかと思います。
日常、飲み続けていい薬ではないのではないでしょうか?
確かにセレスタミンはよく効きます。けれど、よく効くことが当たり前になってしまい、ちょっとの症状でもつらく思ったりしていませんか?

私も実家のかかりつけ医師の言葉でやめましたが、最初はどんな薬を飲んでも症状が楽にならなくてつらかったです。だから、簡単に症状が治まるセレスタミンがほしいと思ったことは何度もありますよ。

だから、現在も症状がひどくなるときは「頓服薬」として、月に1週間程度のものは処方されるときもありますが、できるだけ耐えるようにしています。
そして、慣れてくれば、以外に耐えられるものですね。慣れるまでは確かにつらいんですけどね。

まず、お医者さんを変えてみてはいかがでしょう?
お医者さんによって、薬に対するスタンスはだいぶ違いがあります。
質問者さんもお気づきのように、やはり副作用は出ていると思われます。
別のお医者さんに相談されることを私は勧めますが。

ちなみに私は、セレスタミンをやめてから、徐々に体調がよくなってきましたし、うつからも徐々にではありますが脱しました。
時々、ひどくなると処方をお願いするときはありますが、今は1年に1度、あるか、ないかです。
私も、一日1錠の処方でした。

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~kako/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり、あまり良くないのですね。
医師からは、止められたら止める様に薦められてはいます。
ですが、本当に良く効くので依存状態です。
少しがんばってみようと思います。

お礼日時:2004/07/04 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセレスタミンを毎日服用…

中学生から高校生までの6年間ずっと毎日のようにセレスタミンを飲んでいたのですが、別の医師を受診をした時に驚かれ服用を止めたのですが、そこまで強い薬だったのでしょうか?また飲まなくなるまでは関連が分からなかったのですが、いつでも喉が渇いてました。

Aベストアンサー

炎症を抑えるもっとも強い薬です。質問者様が、どのようなご病気で
6年間毎日服用されてたか、分かりませんが。
そのような長期服用は、大変危険です。
止めて良かったですね。

セレスタミンはステロイド剤といったものでなので長期服用はよくありません。
ステロイイド剤以外の代用できる薬で対処したほ方が良いと思います。

ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)の薬は、他にもありますが、いずれも、
長期または多量の服用は危険です。

以下に、セレスタミンという薬について詳細に紹介してますので、副作用の記載も
よくご覧ください。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/kusuri/20/m0u/

私も服用してますが、花粉症なので、その時期だけです。
2、3カ月の毎日の服用程度なら問題ありません。
年単位毎日の服用は、止めた方がいいです。

Qアトピーです。ステロイドの飲み薬は、塗り薬よりもリバウンドが強いですか。

30歳女のアトピーです。
中学生の頃 アトピーになり、ステロイドで一度は完治しました。
でも 出産後 アトピーが すごく ひどくなりました。
ステロイドの塗り薬(中ぐらいの強さ)を2週間、量を少しずつ減らしながら自分なりに使いましたが、やはりステロイドをやめて3日ほどで すごいリバウンドがきました。(やはり医者と一緒にするべきでした。)
ハトムギエキスを飲んでどうにか体はましになったのですが、顔がひどくて目を開けるのも大変だったので、今日病院に行ってステロイドの飲み薬をもらってきました。

しかし、塗り薬でリバウンドを経験した後なので、、
飲み薬だと リバウンドは来ないのでしょうか。
医者にいろいろと質問をしましたが、ここはアメリカなので、おそらくアトピーの知識はありません。

目も開かないし、仕事もあるので飲みたいのですが、全部飲まないで半分くらいの量だけ飲もうか。。とか考えてしまいます。

経験のある方、どうか情報をおねがいします。

Aベストアンサー

まず。
ステロイドを誤解しないよう。

アトピー含めアレルギー反応の一種ですよね。
ステロイドは比類なき強力な抗炎症作用があります。
抗炎症作用なのでリバウンドが起こるわけがありません。

たとえば火事を想定してみましょう。
家が燃えている真っ最中は消防士が消化活動をしていますよね。
放水が不十分で、鎮火したと思っていたのに残り火からまた燃えだしたとしましょう。
これを消化のリバウンドと言いますか?
再度燃えだしたことで、ほっときゃ良かった、と消火活動を始めたことを後悔しますかね?
ここで問題なのは、十分に放水せず完全に鎮火させなかったことです。
消火活動が原因のわけないし、消火をしなかったらもっと早く燃え尽きていたでしょう。

体も同じ。
投薬が問題なんじゃなく、十分に効果が出る使い方をしなかったことが問題。
炎症が十分に収まらなかったことを、薬のせいにする患者が多いこと。
その愚痴を、デマを、信じる患者の多いこと。
ステロイドが怖いのは、疑いを持って使うことをためらうこと。
薬が悪いんじゃない。
使い方が悪い。
聞きかじりの知識だけで恐怖が先に立ってしまう。

リバウンドじゃなくて、抑えきれなかった炎症があらためて発現しただけです。
ステロイドを使ったからといって、炎症がさらに大きくなることはあり得ない。

使い方1
症状によって、ステロイドではなくても大丈夫な場合があります。
(非ステロイドの抗アレルギー剤など)
適当な医師は、ステロイドがあまりにも良く効くものだから、いとも簡単に処方します。
この使い方ミスは医師の責任。

使い方2
医師が必要と思って処方しても、患者が怖がって十分に使わない。
こわごわとちょっとだけ使ったり、良くなったからと最後まで使い切らず止めてしまったり。
この使い方ミスは患者の責任。

ステロイドの使い方の基本は、短期間に大量に。
一気に炎症を抑える。
悪い使い方は長期でたらたらと。
ちなみに私は大量のステロイドを内服と注射で30年以上使い続けています。
そこそこ副作用はありますが、医師もそのことは知っているわけで必要な対処はしていますから、特に問題はありません。
もちろんむやみに使う必要は無いんで、使わないでいればそれに越したことはないけど。

ステロイドの副作用ですが、第1には自分の副腎皮質が委縮し自己のホルモンを分泌できなくなること。
一般的な副作用は、糖尿病、骨そしょう症、神経や血管への悪影響、白内障、など、いろいろありますね。
でもこれを心配するのなら、相当量を相当期間で内服や注射、つまり全身に影響を及ぼす使い方です。
軟膏程度でそうそう重篤な副作用なんて出るわけありません。
皮膚から体内に吸収される量はたかが知れてるし、副腎皮質の悪影響なんで出っこない。

今回は内服薬なら、とりあえず処方された分は必ず使いきってください。
問題はその後です。
ステロイドが悪人なんではなく、炎症を抑えきれないことが再発の原因。
で、優秀な医師はステロイドである程度炎症が治まったあとを考えるんです。
ここを間違えると再発、つまりあなたが言うリバウンドになります。
無知な医師はステロイドに頼るしか無い。
アメリカって、どんな医師なんですかね?
日本ならステロイドをうまく使い、ひどい炎症だけ先に抑えて、その後のコントロールも上手に行える医師はけっこういます。
ステロイドだけ処方して、見た目だけ治ったように見せかける医師が一番危険。
パタリロに言わせれば、危険な医者は
やぶ医者

すずめ医者(やぶに近付く)

土手医者(やぶにもなれない)
の順だそうです。

ステロイドを怖がることはない。
ステロイドにはリバウンドというものはない。
要は使い方の問題。
そしてステロイドを使った、そのあとのコントロールが肝心。

ステロイドは強力な抗炎症作用はありますが、抑えるだけで完治させることはできません。
炎症の元、つまりアトピーの元をコントロールするのが重要。
お大事に。

まず。
ステロイドを誤解しないよう。

アトピー含めアレルギー反応の一種ですよね。
ステロイドは比類なき強力な抗炎症作用があります。
抗炎症作用なのでリバウンドが起こるわけがありません。

たとえば火事を想定してみましょう。
家が燃えている真っ最中は消防士が消化活動をしていますよね。
放水が不十分で、鎮火したと思っていたのに残り火からまた燃えだしたとしましょう。
これを消化のリバウンドと言いますか?
再度燃えだしたことで、ほっときゃ良かった、と消火活動を始めたことを後悔し...続きを読む

Qセレスタミン服用について

セレスタミン服用について


約10年位前から、花粉症の季節になると、セレスタミンを処方され1日おき位で1日量が1.2回飲んでます。

なのですが‥
今年は、花粉症が終わっても何だかぐずつき、そのたびにセレスタミンを出してもらい、ひどい時に飲んでました。
元々、慢性鼻炎でもあります。
去年位までは、慢性鼻炎も落ち着いていたのですが、最近は少しヒドいです。

そんな最近、セレスタミンにはステロイドが含まれていると知り驚いた次第です。

院外処方ですが、特に説明もなく‥。


昨日より、めまいを発症してリーゼ錠やセファドールを飲んでいますが、セレスタミンの副作用に、「目眩」もあると先程こちらで拝見し、質問させて頂きました。

ちなみに、ここ最近はセレスタミンは殆ど服用せずに頑張ってます。
ですが、病院に行けば、薬だけ簡単に出してくれます‥。

あちこちに、話が飛びましたが、この量なら大丈夫なのか?
また、ステロイド含む事は患者に伝える義務はないのか?

が、疑問点になりました。


どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたら、教えて下さいませ。

セレスタミン服用について


約10年位前から、花粉症の季節になると、セレスタミンを処方され1日おき位で1日量が1.2回飲んでます。

なのですが‥
今年は、花粉症が終わっても何だかぐずつき、そのたびにセレスタミンを出してもらい、ひどい時に飲んでました。
元々、慢性鼻炎でもあります。
去年位までは、慢性鼻炎も落ち着いていたのですが、最近は少しヒドいです。

そんな最近、セレスタミンにはステロイドが含まれていると知り驚いた次第です。

院外処方ですが、特に説明もなく‥。


昨日よ...続きを読む

Aベストアンサー

セレスタミンに限らずステロイドを漫然と長期服用するのは、やはり副作用など危険が伴うと思います。医師に説明を求めるか、しっかりした対応が得られなければ病院を変えてもいいかもしれません。

Qステロイドが体内に残る時間

4月月前に突発性難聴治療の為、3週間に渡りステロイド点滴を行いました。
その後、内服で1ヶ月ほど服用しました。
残念ながら難聴はあまり改善しなかったのですが、その後体調が良くありません。
すぐに扁桃炎を起こしたり風邪を引いたり・・・。
うがい、手洗いは今でも気をつけて徹底しています。
ステロイドの大量投与による免疫力の低下が原因だと思いますが
このような症状は一体いつまで続くのでしょうか?
もしかすると甲状腺機能も低下しているのかもしれませんが、
体内のステロイドが排出される期間のめやすなどがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

>4月月前に突発性難聴治療の為、3週間に渡りステロイド点滴

おそらく、ステロイドパルス療法ですね。大変でしたね。
でもこの治療は避けては通れなかったものと思われます。
特にこのような点滴治療でのステロイド投与は塗り薬のような
状態になることはありませんし、医師なども厳重に注意して
投与される薬です。

>体内のステロイドが排出される期間のめやすなどがあれば教えて下さい。

点滴で入れたステロイドそのものは、もう体内から出て行っていますが
免疫系の力が戻ってきていないと思います。いつまでという期間を
明言するのはなかなか難しいのですね。個人差がありますし、3週間で
どんな薬をどれだけ投与されたのかわかりません。
一度医師と相談されるといいと思います。
(要は白血球、リンパ球など血液検査で測定できるものも
ありますし、その他いろんな免疫のシステムもあります)

余談ですが、ステロイド外用剤(塗り薬)は漫然と半年以上使って
いるとNo1さまのような状態になります。また外用剤には
強いものから弱いものまで5ランクあり、適切に使っていくことが
重要です。今回は塗り薬のステロイドとは気になさらなくてけっこう
です。

>4月月前に突発性難聴治療の為、3週間に渡りステロイド点滴

おそらく、ステロイドパルス療法ですね。大変でしたね。
でもこの治療は避けては通れなかったものと思われます。
特にこのような点滴治療でのステロイド投与は塗り薬のような
状態になることはありませんし、医師なども厳重に注意して
投与される薬です。

>体内のステロイドが排出される期間のめやすなどがあれば教えて下さい。

点滴で入れたステロイドそのものは、もう体内から出て行っていますが
免疫系の力が戻ってきていないと思...続きを読む

Qアトピーに対するセレスタミン服用について

はじめまして。
18歳の頃からアトピーにかかりました。
はじめ頃はステロイドを塗り、一年くらいで副作用が出てきたので、塗り薬をやめました。その後ほとんど薬なしで32歳くらいまで過ごしましたが、32歳で結婚した後、症状が重くなってきたので、酷い時にステロイドを塗る生活を続け、35歳くらいから現在までの4年近くはセレスタミンを継続して飲んでおります。
最初は2日に一度くらい飲む程度でしたが、ここ2年くらいはほぼ一日に一錠飲んでおり、調子が悪いときには一日に2錠飲んでおります。その代わりに最近はステロイドの塗り薬は一週間に一度くらい塗る程度に抑えています。
自分でもなんとかセレスタミンを止めたいと思っており、食事はなるべく少食で野菜や玄米を中心に摂取するように心がけています。
それでもなかなかやめる事ができません。ここ1~2年くらい副作用なのか皮膚がやたらと薄くなり少し掻いただけで出血するようになってきました。
皮膚科の先生は一日に一錠程度なら大丈夫とおっしゃってますが、実際に副作用と思われる症状が出ているのでなんとかしたいと考えています。
このまま続ける事が危険かどうか、またセレスタミンを辞める良いアドバイスなどあればよろしくお願いします。

はじめまして。
18歳の頃からアトピーにかかりました。
はじめ頃はステロイドを塗り、一年くらいで副作用が出てきたので、塗り薬をやめました。その後ほとんど薬なしで32歳くらいまで過ごしましたが、32歳で結婚した後、症状が重くなってきたので、酷い時にステロイドを塗る生活を続け、35歳くらいから現在までの4年近くはセレスタミンを継続して飲んでおります。
最初は2日に一度くらい飲む程度でしたが、ここ2年くらいはほぼ一日に一錠飲んでおり、調子が悪いときには一日に2錠飲んでおります。その代わり...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

素人意見ですが、他の病院・医院を受診されることをおすすめします。
勤務先の内科では、セレスタミンを処方するときは
風邪や鼻炎の場合でもせいぜい3~4日分です。
長引く鼻炎や鼻風邪の場合は再度処方することもありますが
長期にわたって出し続けることは絶対ありません。

皮膚科ではないので専門的なことはわかりませんが
セレスタミンにもステロイドは含まれているようです。

ステロイドといっても、飲み薬・塗り薬・吸入剤によって
服用期間などかなり慎重に指示します。

やめ方は私にはわかりませんので
ここはセカンドオピニオンをなさってはいかがでしょう。

参考までにURLを貼り付けておきます
ご存知のサイトだったらすみません <(_ _)>

お大事になさってくださいね。

参考URL:http://www.drmakise.com/atopy/atopy12-3.html

Q咳が止まらない症状でセレスタミンを処方されましたが・・・

1週間前から痰が絡む咳がでるので、近くの診療所へ行き、PL・サワシリン錠250を4日分処方してもらいましたが、症状が改善されず、次はクラリス錠200・コデソルバン錠・PLを処方してもらいました。
しかし、今日になっっても胸でゼーゼーと痰が鳴り、痰で苦しくなって咳をして痰を出すように胸からの咳を繰り返すので、再度同じ診療所へ行きました。

今日は、クラリス錠200・ホクナリンテープとセレスタミンを処方されました。

セレスタミンはアレルギー性鼻炎等の薬だということで、このような症状でも服用しても大丈夫なのでしょうか?
ステロイドだと言うことで、服用するのに大変不安で、症状に関係ないのであれば飲みたくないな・・・と思っていますが、痰も苦しいし、胸からの痰を伴うすごい咳で会社でも迷惑をかけたくないので、とりあえず何でも飲んでみたほうがいいのか、それとも自然に治るのを待って飲むまいか大変迷っています。

ちなみに分量は、寝る前に1錠です。

Aベストアンサー

こんにちは。

処方された薬は気管支を広げるものと、急性期のアレルギー発作を抑える薬のようです。気管支炎もアレルギー発作の1つなので、処方に問題はないと思います。

おそらくそれで効かないとなると、呼吸機能検査をして結果次第では喘息治療になると思います。喘息治療薬はステロイドの固まりみたいなものなので、今処方されてる量のステロイドなんてかわいいものです。

とにかく薬は飲んでみてください。すごく眠くなる薬なので、飲んだ後の運転はやめたほうがいいです。

Qセレスタミンの副作用について

初めまして、調べてもわからなかったため質問させて下さい。

じんましんが出るため皮膚科に行ったところ
セレスタミンと言う薬を出されました。

ちなみに中学生の時から出る慢性的なものだと言うことは伝えてあります。

4ヵ月ほど飲み続けて
(最初の2ヵ月は朝晩1錠づつ、残り2ヵ月は朝1錠のみ)
1週間前に飲むのを止めたら脱毛がすごいです。

もしかしてと思いセレスタミンという薬について調べたら長期服用はよくないことと副作用のことを知りました。

この脱毛がセレスタミンの副作用だと断定はできませんが
もし副作用だとしたらどのくらいの期間抜け続けるのでしょうか?

今のペースで抜けるとあっという間に毛が無くなってしまいます↓


皮膚科の先生は強い薬だから長く飲み続けるのはよくないとしか言ってなく
(それも2ヵ月も処方してから言った)
特に薬についての説明がなかったのでこんなに色々とリスクのある薬だったとわかりショックです。


この薬について何か知っている方は
是非回答を頂けたら嬉しいです。

Aベストアンサー

私は慢性的なかゆみのため、三年間飲みました。
セレスタミンはステロイドが入っているので効き目は凄いです。
かゆみがすーっと引きました。驚きました。
副作用、まったくありませんでした。
でも・・・ 毎日毎日朝晩一錠ずつ飲んでいたらだんだん効果がなくなり三年飲んでまったく効かなくなりました。
で、やめました。ステロイドが入っているので尚更です。10年くらいやめてました。
でも最近久しぶりに一錠飲んでみたら効きました。主治医もそれだけ長い間やめていたら効くでしょうと言ってました。
今はかゆみがひどいときだけ一錠飲むようにしています。再開してもう三カ月以上経ちますがせいぜい一週間に約二錠か三錠だけなので引き続き効果があります。副作用はまったくありません。
もし貴方がステロイドの入っていない薬をお求めでしたら「レミッチ」という薬は効果があります。私は毎日飲んでいます。かゆみが強い時だけセレスタミンを飲みます。

Q顔にかゆみのあるボコボコが大量発生・・・

ここ一週間ほどずっと、肌の調子が最悪で
(1)いつも使っている化粧品がピリピリするようだ
(2)化粧ノリが悪い
(3)赤みのあるボコボコがでた
 見た感じはニキビのような赤い腫れになっている
 とても痒いし、日に日に増えていくような気がする
 白ニキビになったところもある。
 とにかく痒くてつらいです。
 普段、できない箇所にまでボコボコがある
 特に頬、顎がひどい。
(4)肌がいつもより乾燥している

特別、化粧品を変えたわけではないし
ずっと使ってきたものを使用しているので
化粧品が原因だと思えません・・・。

これは蕁麻疹なのでしょうか?
それともただの肌荒れなのですか?
はじめは生理前だし、肌が敏感になっているのかと
思ったのですが、どうも様子がおかしいので・・・。
(こんなひどいことになったのは、初めて。)


昔、食べもので一度蕁麻疹が出たときに
出してもらった、蕁麻疹の薬があるので
飲んでみようかと思うのですが、大丈夫なのでしょうか??

外に出るのもつらいほど、
赤い腫れが発生して泣きそうです・・・。

ここ一週間ほどずっと、肌の調子が最悪で
(1)いつも使っている化粧品がピリピリするようだ
(2)化粧ノリが悪い
(3)赤みのあるボコボコがでた
 見た感じはニキビのような赤い腫れになっている
 とても痒いし、日に日に増えていくような気がする
 白ニキビになったところもある。
 とにかく痒くてつらいです。
 普段、できない箇所にまでボコボコがある
 特に頬、顎がひどい。
(4)肌がいつもより乾燥している

特別、化粧品を変えたわけではないし
ずっと使ってきたものを使用しているので
化粧...続きを読む

Aベストアンサー

私は同じような症状ですが,毎年3月から5月くらいにかけて外出時,油断をしているとかゆかゆです。年配のお医者さんの診断では,急に紫外線をたくさん浴びて肌が過敏になったのだろうといわれています。
自然に落ち着くので,勝手に花粉のアレルギーとも思っています(花粉症です)
お日様にたくさんあたったり,長時間外にいたりしませんでした?
ここ何日かは平年並みの陽気になりましたが,紫外線だいぶ強かったんじゃないかと思います。
かゆいのやですよね

Q何十年ぶりのじんましんで、セレスタミンを投薬されました。

お世話になっております。

表題の通りで前回いつなったかわからないくらいのですが、昨晩から蚊に刺された時のような腫れと(自分としては強烈な)かゆみで急患センターに行ったところ、食物アレルギーによるじんましんとの診察でした。今まで記憶の中ではアレルギーの食べ物はなかったんですが・・・昨日の食事内容を話すと「刺身のサーモン」が疑わしいとのコト。昨日の昼過ぎに購入して夕方まで冷蔵庫に入れて置いたんですけど・・・今までもフツーに刺身食べてて昨日はサーモンとタコとカツオを1切れずつ食べたんですけど。
で、センターで注射とセレスタミン1日4回食後と寝る前と言われて1回目は先ほど飲みましたが効果は何時間後なんでしょうか。注射を打って2時間は経ちますがかえって腫れはひどくなってきてかゆみも変わりません。
先生には「肉・魚(加工品を含む)は4~5日食べないように」と言われてそれはいいんですが、かゆみがいつ治まるのだろうって感じです。アレルギーは鼻炎・結膜炎・猫を持ってますが、ここ何十年も検査等はしてません。アレルギー科に連休明け行くべきでしょうか。宜しくお願いいたします。

お世話になっております。

表題の通りで前回いつなったかわからないくらいのですが、昨晩から蚊に刺された時のような腫れと(自分としては強烈な)かゆみで急患センターに行ったところ、食物アレルギーによるじんましんとの診察でした。今まで記憶の中ではアレルギーの食べ物はなかったんですが・・・昨日の食事内容を話すと「刺身のサーモン」が疑わしいとのコト。昨日の昼過ぎに購入して夕方まで冷蔵庫に入れて置いたんですけど・・・今までもフツーに刺身食べてて昨日はサーモンとタコとカツオを1切れずつ...続きを読む

Aベストアンサー

効果が実感できるまではもうちょっとかかります
食物アレルギーであれ、何か他のアレルギーであれ
とりあえず蕁麻疹を治すというところでは セレスタミンをきっちり服用したほうがいいです。
セレスタミンはステロイドと抗アレルギーが混ざっているものなので
普通のアレルギー薬より若干強いです。
なのでそこそこ早く効きますが 一回の服用ではまだでしょうね。
1日4回なら1~2日くらいで実感はできるんじゃないでしょうか。
もうちょっとがんばってください。

何のアレルギーかを特定することは難しいかもしれませんが
連休明けまで治っていなければ 受診したほうがいいと思います。

セレスタミンは眠気・喉の渇きの副作用が出やすいです。
飲まなくなれば無くなるので問題ないですが 運転など気をつけてくださいね。

Qセレスタミンの副作用が疑われる体調不良について。

昨晩、体調の異変に気付きました。かなり焦っているので是非回答していただけたらと思います。なお、お礼は地震の影響もあり遅れる可能性があります。

皆様ご存知の通り、3/11に大地震が起こりました。私は被災していないもののかなりの揺れを感じ恐怖を味わいました。そのせいで暫くは不眠が続き、一昨日からやっと少しずつ眠れるようになりました。しかしどうも体に異変を感じ、気付いた時にはふらふらして歩くのも気持ち悪くなりました。

大きな余震が続いた日は毎晩夜が来る度怖くて泣いて、携帯の緊急地震速報が鳴るのが恐ろしくて自分の携帯は電源を切り、親の携帯で速報を確認するようにしていました。ただでさえ聴力がとても良いので、小さな音にも敏感になっていました。

そんな日々が続きましたが、一昨日から少しずつ心が落ち着いてきました。夜にも泣かなくなりました。しかし、落ち着くと同時にはっきりしてきた体の異変にまた恐怖を覚えています。

じっとしているだけでふらふらします。歩いている時は物がはっきり見えて、まるで飛行機に乗っているような気分になり、乗り物酔いに近い気分になります。常に体がゆらゆら揺れているような気がして、揺れてもいないのに地震かと思い親を困らせてしまいます…。特に一人になるお風呂ではよく症状が見られます。立ち上がろうとすると上から圧力をかけられているような気分です。

親に相談したところ、地震の影響かもしれないと(私は元々臆病で、多少潔癖症のような症状が今までに見られていたのでなおさら親は精神病を疑ったのでしょう)メンタルクリニックへ行く事を考えました。しかし、今後の将来を考えるとやはり抵抗があり悩んでいる中で、現在服用中の薬の副作用が頭に浮かびました。

私は花粉症歴約20年です。3月11日から毎晩一錠、処方されたセレスタミンという薬を飲んでいます。セレスタミンは初めて飲む薬です。オノンも服用していますが今までずっと飲みつづけてきた薬なのでオノンの副作用は考えられません。可能性があるのはステロイドのセレスタミンです。


現状はこのような感じです。皆様に質問したいのは、このような症状は"セレスタミン"による副作用と考えた方が良いか、という事です。もしそうでしたら副作用はいつ頃、薬の効果が抜けるか目安が分かる方は教えていただきたいのです。ちなみに異変に気付いたので昨晩は飲んでいません。暫くは飲まないつもりです。

それとも、やはり精神科へ行くべきでしょうか…長々とすみません…かなり不安になっています。ご回答、宜しくお願いします。

昨晩、体調の異変に気付きました。かなり焦っているので是非回答していただけたらと思います。なお、お礼は地震の影響もあり遅れる可能性があります。

皆様ご存知の通り、3/11に大地震が起こりました。私は被災していないもののかなりの揺れを感じ恐怖を味わいました。そのせいで暫くは不眠が続き、一昨日からやっと少しずつ眠れるようになりました。しかしどうも体に異変を感じ、気付いた時にはふらふらして歩くのも気持ち悪くなりました。

大きな余震が続いた日は毎晩夜が来る度怖くて泣いて、携帯の緊急...続きを読む

Aベストアンサー

私も喘息でオノンを服用しています。
オノンですが、私はかれこれ8年飲んでいますが、私自身に副作用はないようです。

もうかなり前になりますが、耳鼻科でセレスタミンを処方されたことがあります。
当時、耳鼻科医には、
「なるべく飲まないで、よほど症状が強いときだけ服用してください」
こう言われました。
アレロックという抗アレルギー薬が二週間分処方されましたが、それに対してセレスタミンは4錠でした。
毎日服用する薬ではないと思います。

その後、喘息と診断されて通院しました。
私の主治医は大学病院の呼吸器外来、喘息の専門医です。
その医師に、以前セレスタミンを処方されたことを話したら、こう言われました。
「あれは副作用が強いので絶対に飲まないでください。その代わりにアレロックと点鼻液を処方します」
点鼻液とは、直接鼻に噴霧する液剤です。

医師による見解の相違もあるかもしれませんが、私の経験から耳鼻科、呼吸器内科の医師に飲まないように言われた薬です。
お気に障られたら申し訳ありません。
ただ、毎日一錠服用されていると聞いて驚きました。
これ以上服用されない方が良いと思います。
ご参考までに書き込みました。

大変なときかとお察ししますが、どうぞお大事にされてください。

私も喘息でオノンを服用しています。
オノンですが、私はかれこれ8年飲んでいますが、私自身に副作用はないようです。

もうかなり前になりますが、耳鼻科でセレスタミンを処方されたことがあります。
当時、耳鼻科医には、
「なるべく飲まないで、よほど症状が強いときだけ服用してください」
こう言われました。
アレロックという抗アレルギー薬が二週間分処方されましたが、それに対してセレスタミンは4錠でした。
毎日服用する薬ではないと思います。

その後、喘息と診断されて通院しました。
私の主治医は...続きを読む


人気Q&Aランキング