プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

教えてください

図のようなエアギャップのある環状欽心がある.断面積 A=5cm^2,鉄心磁路の長さ
l1=30cm,ギャップ間隔l2=3mm,鉄心の比透磁率µ=800とする.環状鉄心の磁気抵抗 はいくらか.また、エアギヤップ部と鉄心部の磁気抵抗の比を求めよ。

「電磁気 磁気回路」の質問画像

A 回答 (3件)

磁気抵抗Rmは、ここによると(チラッと見たけど多分正しい)


http://okawa-denshi.jp/techdoc/1-5-11zikikairo2. …
Rm=l1/(μ・μ0・A) + l2/(μ0・A)
 =(l1/μ + l2)/(μ0・A)
 =(300/800 + 3)/(500・4π・10^-7)
 ≒537 [A/Wb]
ですね。
エアギヤップ部と鉄心部の磁気抵抗の比は、上の式から
(エアギヤップ部磁気抵抗):(鉄心部磁気抵抗)=3:300/800=3:0.375=1:0.125
ですね。
    • good
    • 0

>磁気抵抗RmはRm=A÷(μl)です。



いや、磁気抵抗は l/(μA) です。
    • good
    • 0

磁気抵抗RmはRm=A÷(μl)です。

左の式では、問題と違って、μは透磁率なので、比透磁率μrで表せばμr×μo(真空の透磁率:4π×10^-7)
それで鉄心部と空隙部でそれぞれ磁気抵抗を計算できます。また、その比を求めることもできます。

どんな電磁気学の本にも、これくらい載っているはずです。
また、インターネットで検索すればいくらでも出てきます。
絶対にそちらのほうが早く答えを見つけられます。質問サイトで聞くのもいいですが、自分で調べる癖をつけたほうがいいと思いますよ。

蛇足:磁気回路の起磁力はFm=NIです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング