今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

くも膜下出血は隔世遺伝すると聞き、とても不安です。
二年前、父方の祖母が80代で脳動脈瘤の破裂によりくも膜下出血で倒れ、そのまま帰らぬ人となりました。
私は現在20代前半ですが、もともと偏頭痛になりやすかったりするので、4年に一度MRIで検査して頂いています。今の所は何の指摘もありません。MRIよりもMRAでの検査のほうが初期の脳動脈瘤を発見できるそうで、そちらの検査を今度予約しようと思っておりますが、遺伝により脳動脈瘤ができやすい体質の人はどのくらいのペースで検診に行けばよいのでしょうか。

また、祖父や祖母の代がくも膜下出血を発症している場合、私たち孫は若いうちに発症する可能性が高いのでしょうか。くも膜下出血は遺伝性が高いと聞き、非常に不安になってしまいました。

詳しい方、専門の方がいらっしゃいましたらお知恵をお貸し頂きたいです。乱文で申し訳ございません。宜しくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • 先ほど調べてみたら、MRIとMRAどちらも組み込まれた脳ドックを受けているようでした。動脈瘤を見つけるにはMRAなのですね。

      補足日時:2016/02/03 08:06

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

くも膜下出血の原因によると考えられています。

動静脈奇形や、脳動脈瘤などが原因の場合は多少遺伝する可能性が高いと考えられてはいますが、お若いので一度しっかり脳ドックなどで血管の状態を確認し、特に問題ないようでしたら、数年~5年おきでよいと思いますよ。
    • good
    • 3

専門家紹介

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する女性医師が回答。
※教えて!goo内での回答は終了致しました。
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

ある程度の遺伝性はありますが、隔世遺伝という遺伝形式はないです。

本当にMRIの時にMRAまでしていないのですか?MRIだけなら四年に一度だろうが毎日していようが全く受ける意味はありません。保険でしているなら単なる税金泥棒です(脳ドックならいいですが脳ドックならMRAは必ずしているはずです。でないと全く検診の意味がないので)。動脈瘤がみつかるまでは4年に一度のMRAだけでいいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳動脈瘤は遺伝性がある?

 5年前にくも膜下出血で入院手術をしました。幸い後遺症もなく普通の生活を送っています。
 先日の診察の時医師から言われた事なのですが、この病気は家族性があるというのです。兄弟はもちろん将来的には子供も動脈瘤の危険があるそうです。
 家族または親類など同じ病気になったというような方はいますか?

Aベストアンサー

以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?

◎http://www.soseikai.or.jp/topics/gene.html
(脳動脈瘤の遺伝子解析)
◎http://www.tmin.ac.jp/medical/02/saccl04.htm
(破裂しやすい嚢状動脈瘤)
◎http://www.chiba-net.or.jp/kusaka/kubota5.htm
(脳卒中は遺伝しますが?)

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=405655

Qくも膜下出血の再発の可能性について。

主人が2年前にくも膜下の手術をしています。(クリッピングしました)
これと言った後遺症もなく、仕事にも復帰したのですが、最近、長い時間上を向くと、頭が痛いと言うようになりました。また、考え事をすると、頭を押さえています。
本人は「大丈夫」と言うのですが、とても心配です・・・。
一度、くも膜下をやると、再発の可能性は高いのでしょうか?
また、定期的に脳神経外科で、検査した方が良いのでしょうか?
(手術を受けた病院からは1年前に「卒業」と言われたそうです)
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

くも膜下出血で後遺症を残さなかったのは幸いでした。統計によっては死亡率は50%以上とも言われています。ご存知とは思いますがくも膜下出血は脳動脈瘤の破裂により起こります。脳動脈瘤の手術がうまくいけばそこから再出血することは極めてまれです。もしあれば症例報告されるくらいです。手術した部位以外に脳動脈瘤があれば説明があるはずです。一般的には手術前に頭蓋内すべての血管を調べます。動脈瘤が新生することもないわけではありませんがこの確立はくも膜下出血の既往とは統計的に有意差はないと思います。
くも膜下出血は突然起こる激しい頭痛が特徴で頭位によって生じたり時々起こるという事はありません。文面からはくも膜下出血の可能性はありません。髄液の貯留や膿瘍を作ったりすることがまれに報告されていますのでCTは受けておいたほうがよいと思いますが改善してしまえば放置でもかまいません。
2年前の手術でしたらMRI対応のクリップが使用されていると思われますのでMRI血管撮影をうけておけば脳動脈瘤の新生については安心できると思います。

Qくも膜下出血の術後について

今月の15日に、母がくも膜下出血で入院となりました。翌日にクリッピングの手術を受けました。幸い病院に行くのが早かったこともあり、現在は、攣縮などもなく順調のようです。わたしは現在、離れたとこに住んでいてどうしてもすぐには母のところに行けなかったのですが、今日はじめて電話で、話をしました。すると、くも膜下出血になる前は、早口でしゃきしゃき喋るはずの母が、ゆっくりと、なんというか、タレントの山口もえさんみたいな喋り方になっていたのです。元気なときのイメージしかない私には、大変ショッキングでした。術後も順調と聞いていたので安心していたのですが・・・。これはやはり脳に何らかのダメージがあるからなのでしょうか?それともまだ術後それほだたっていないからなのでしょうか?これから徐々に元に戻ることができるのでしょうか?年末には母のところに帰れるのですが、実際母を見ると、さらにショックを受けそうで怖いです。

Aベストアンサー

脳血管れん縮は出血後4日から14日に発症する場合がほとんどです。ここまでの経過が順調とはいえ八日目なら安心するのは時期尚早と思います。現在も神経症状が出るほどではないとはいえ、必ず脳全体の血管が通常より細くなっており、会話や記憶などの高次機能の低下はあって当然で八日目で電話で会話ができるというのはくも膜下出血としてはもっとも経過のよい部類だと思います。
最初の二週間が過ぎたら生命や機能予後については安心できる状態、血管が徐々に拡張して高次機能が本調子になるのは一ヶ月から3ヶ月程度はかかると思います。(その間も日常生活は十分に可能です)二週間のヤマさえ超えれば症状は必ず軽くなります。
水頭症の可能性などについては情報が無いので主治医に聞いて下さい。

Qくも膜下大動脈瘤破裂で命は助かったのですが、回復は可能ですか

私の妹(42才)が今年の5月にくも膜下出血で倒れ、生存の確率は数パーセントと言われましたが、危機から生還しました。右半身は一生不随だと言われましたが、自分で無意識のままリハビリを行った結果、少し動くようになりました。しかし、脳機能は未だ回復しません。言葉が話せないだけでなく、家族の認識も無く、0才児のようです。病院からは、意思の疎通が出来ないのでリハビリも出来ないと言われ、また、三ヶ月以上病院には入院することが出来ず、退院を迫られました。現在は一生面倒見てくれる認知症の病院に入院しておりますが、全く脳のリハビリはしてもらえません。ただ、痛い、恥ずかしいというような態度はできるので、少しは感情があるのかなあと思うのですが、看護婦は条件反射であり、本人は暑い寒いもわからないだろうというのでが、私はそうは思えません。どうか私の妹を救える方法を教えてください。まだ40才あまりの若さで廃人となった妹は、このまま生きていかなければならないのでしょうか。私は奈良市に住んでおりますが、どこか良い病院はありませんか。どんなご意見、体験談でもかまいません。教えてください。

私の妹(42才)が今年の5月にくも膜下出血で倒れ、生存の確率は数パーセントと言われましたが、危機から生還しました。右半身は一生不随だと言われましたが、自分で無意識のままリハビリを行った結果、少し動くようになりました。しかし、脳機能は未だ回復しません。言葉が話せないだけでなく、家族の認識も無く、0才児のようです。病院からは、意思の疎通が出来ないのでリハビリも出来ないと言われ、また、三ヶ月以上病院には入院することが出来ず、退院を迫られました。現在は一生面倒見てくれる認知症の病...続きを読む

Aベストアンサー

専門家のはしくれとして,救急医療も遷延性意識障害患者の治療も経験してきた者としてまずどうしても理解して欲しいことがあります.転院を迫られたことや慢性期病院でリハが無いことにご不満があるようでそれはもっともな事だと思います.
 しかし,医師は日本の制度の中で最善を尽くしており,転院させざるを得ない制度を強いているのは国であるということを忘れないで下さい.実際植物状態の患者が3ヶ月以上も救急病院に居たら,急病の患者が入れなくなります.医療の器の大きさは有限のものであり,患者や家族のご不満はそれに納まりきれない有る意味エゴの部分もあることを自覚して欲しい.なにせ莫大なお金を使っても全くと言っていい程症状改善が無いことが分かっている疾患なのです.
 そして,日本の制度はこれでも世界の中では遷延性意識障害の患者を支えている方であるのもまた事実です.ほとんどの国が植物状態しか見込めない患者に高額な手術や薬剤を認めていません.アメリカなら自己負担が払えない患者は最初から治療なし,ヨーロッパでも植物状態の患者への栄養補給や脳死患者の人工呼吸器を政府が法律で止める所もあるのです.途上国ならそもそも脳外科がありません.

 それはそれとして患者さん達も支えあい,情報交換されているようです.参考URL参照してください.
 
http://www6.plala.or.jp/brainx/recovery2000.htm
↑ここにある「遷延性意識障害の回復例」についてはそもそも回復の程度が極めてわずかのものが多く,治療と症状改善の因果関係もあきらかでないものがほとんどで,中には有効性が無いことが後に分かっている薬剤の情報も混じってます.

 若干のわずかな症状改善は年齢からもありえると思いますが,元通りにというのは無理でしょう.(診察しないと断言できませんが)

なお,感情については看護婦より質問者の意見の方が有力だと思います.自我や感情を司ると言われる大脳基底核は比較的ダメージに強く最後まで残りやすいのです.ちなみに最もダメージに弱いのは短期記憶を司る側頭葉の海馬と呼ばれる部分です.

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/aau81720/

専門家のはしくれとして,救急医療も遷延性意識障害患者の治療も経験してきた者としてまずどうしても理解して欲しいことがあります.転院を迫られたことや慢性期病院でリハが無いことにご不満があるようでそれはもっともな事だと思います.
 しかし,医師は日本の制度の中で最善を尽くしており,転院させざるを得ない制度を強いているのは国であるということを忘れないで下さい.実際植物状態の患者が3ヶ月以上も救急病院に居たら,急病の患者が入れなくなります.医療の器の大きさは有限のものであり,患者や家...続きを読む

Q【脳・頭・意識】一瞬落ちる。一瞬グラっとする。

一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。

初めてなったのが3年前くらいです。ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。その時、会話は継続してできていました。友達の声も聞こえています。なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。
時間は0.3秒くらいです。
頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。
エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。
周囲は暗くなっていません、見えています。
お風呂でのぼせる現象に近いですが、時間があまりにも短いし、下に落ちていく感覚がありますので、あきらかに「のぼせ」とは違います。
金縛りの経験は数年前に2回ありますが、あきらかに違います。
身体は倒れこんだり、座り込んだりしません。体勢はしっかりとしています。
3ヶ月に一度くらい間隔で起きます。
現在まで、20回程度です。

おそらく自分では脳に関係している病状だと思います。
自分が一番気になるのは「エレベーターを一階分0.3秒の一瞬で落ちるような感覚」です。
いずれ医者に行こうかと思っていますが、その前にこの症状に似ている病名、考えられる病名を知りたいと思っています。
また、同じような経験者様の声や、家族の方で同じ症状が居るというかたの話が聞きたいです。
とても一瞬なので周囲の人にはわかりません。(気づかれません)


【症状説明】
*エレベーターを一階分落ちるような感覚
*会話をしていたり、テレビを観ていたりしていて一瞬体が落ちる感覚。
*頭がグラッと落ちる感覚。
*周囲の音が一瞬絞られるような感覚。
*症状が一瞬(0.3秒くらい)
*意識はある。
*症状の最中も会話はできている
*音も聞こえる
*吐き気・頭痛はまったく無し。
*倒れない。
*3ヶ月に一度くらい(20回程度)
*脈は正常
*どうき・息切れの経験無し。(どうき・息切れの症状がイマイチわからない)

【プロフィール】
*男
*30代後半
*身体や性格はかなり丈夫なので貧血や腰をぬかすといった経験はまったく無し。
*意識を失う経験は無し。
*人生いままでずっと血圧正常。
*大きな病気無し。
*服用している薬無し。
*酒やらない
*タバコ1日、1箱未満。
*過去に薬物使用経験10年程度あり(症状が出る前にとうにやめている)


ちょっと、ここ数日何度か連続して起き、最近は起きた後に数秒「よいん」が残るので質問してみました。
過去に薬物経験とありますが、ちょっとこれは説明が難しいのですが自分は薬物との「直接的な関係」はないと思っています。たとえば「過去に薬物をしていたなら脳が正常ではない」のではないかとかですが、正常か異常かだと「異常」だと思います。脳に関する異常だととくに目立って自覚はないのですが、経験のない人と比べると少なからず「記憶障害」くらいは後遺症としてあるのではないのかと思います。
もし目立って後遺症がでるならば、臓器にでていると思います。
もしあるとしたなら、「薬物と脳」の関係ではなく、血管注入していたので「血液と脳」に関する問題や、心臓には関係しているとは思います。

宜しくお願いいたします。

一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。

初めてなったのが3年前くらいです。ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。その時、会話は継続してできていました。友達の声も聞こえています。なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。
時間は0.3秒くらいです。
頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。
エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。
周囲は暗くなっ...続きを読む

Aベストアンサー

一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。
人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。
心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。
心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓(血液凝固)を生じます。血栓が脳の微細血管内で詰まると,脳血栓症(脳卒中の一症状)を起こします。
極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって,ごく短時間に外れて回復するという事例は,四十代前後の成人でも時折見掛けられるようです。加齢と共に血管老化により危険度は増します。血栓が大きくなると,極めて危険です。血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては,命取りになる事も後遺症を残すこともありますが,ほんの一瞬で血管が開通すれば,貴方のような状態にもなり得ます。
大事に至らないためには,心房細動を防ぐこと,血流を良くするために血液の凝固防止剤(いわゆる『血液サラサラ薬』)の服用など,医師の診断による処方投薬等が必用です。
血栓は心臓弁膜の不正常でも起こります。
循環器内科,ハートクリニック等で受診されることをお勧めします。

一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。
人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。
心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。
心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓(血液...続きを読む

Qくも膜下出血の再発について

15年前にくも膜下出血になり、半身不随と言語障害が残った母がいます。
今は支援センターで楽しく生活しています。
天気のいい日は一人で散歩もしたり、ふうせんバレー大会に出たりと精力的に活動しています。
私は月に1~2度、時間が空けば顔を見に行く・見せに行く感じです。

母には姉がおります。
姉は結婚しています。とても近所に住んでおり、妹を溺愛しているとよく言います。
しかし、会いに行くのは年に1度あるかないかくらいです。
さらに、夫婦のあいだの一人息子は、母が病気になってから10年以上会っていません。

理由は、「興奮してまた血管が切れたりして、植物状態などになったら、自分を責めるから」だそうです。

おば一家の考えが一致している為、母は親戚関係にも友人にも10年以上会っていません。

一生死ぬまで会わせないつもりのようです。
私は叔母夫婦にもお世話になっているし、母の危篤状態の時私は12歳、それもあり、一番ひどい状態を知りません。
叔母夫婦はそれをいつも持ち出して、「あんたがあの状況を見ててもそれを言えるのかしらね」と言います。
ですが、私に会わせないと決めたのも親戚達大人です。

しかし会わないと言いながらも、いつかは従兄(一人息子)が会いにいってくれる日が来るのだろうと思っていました。
返事は違いました。
「会いに行きたい、でも今後を考えると怖い。だから会いには行かない」と。

母は、今施設で決して不幸せな環境ではありません。
恵まれていると思います。

しかし親戚や友人に会いたいなぁと言うことがあります。
私はその言葉を聞くたびに、一生誰にも会わせられないのかと思うと、何だか悲しくなります。

ドクターは、別に興奮したくらいで血管がすぐ切れることはないと言ってくれています。
にも関わらず、
「人ごとだと思ってそういうこというのよ。もし万が一を想像したらそんなこと言えないでしょう」
と、私に怒ります。

万が一そうなれば、植物状態の母を一生面倒見ていくのは私です。
ただ、叔母夫婦からは、自分たちもこれ以上荷物を背負いたくないという雰囲気を感じます。


母をこのまま一生誰にも会わせずにいて、いいものでしょうか。
くも膜下出血を経験された方、また、再発された方がいらっしゃれば、きっかけや注意点など教えていただけると光栄です。

母は、大きい血管が4本あるうちの3本が切れたそうです。私はそれしか聞かされていないので、曖昧な情報だけですみません。


叔母夫婦は、いつ母が危篤状態になるか分からないんだからと、私に旅行に行くなと言います。
すぐ駆け付けられる距離にいて、何かあったらどうするの?と。

別に今が危篤状態なのに行こうとしているわけでもなければ、たった一回話を出しただけでその言われようでした。
言いたいことは分かります。上記の通りです。迷惑かけないでほしい。

それならそうとはっきり言って欲しいんですが、きれいごとに包んで言うので、余計に滑稽にしか見えません。


話しがそれましたが、くも膜下出血の方の経験談など、聞かせて頂ければ幸いです。
決して症状を軽く見ているわけではありません。

よろしくお願いします。

15年前にくも膜下出血になり、半身不随と言語障害が残った母がいます。
今は支援センターで楽しく生活しています。
天気のいい日は一人で散歩もしたり、ふうせんバレー大会に出たりと精力的に活動しています。
私は月に1~2度、時間が空けば顔を見に行く・見せに行く感じです。

母には姉がおります。
姉は結婚しています。とても近所に住んでおり、妹を溺愛しているとよく言います。
しかし、会いに行くのは年に1度あるかないかくらいです。
さらに、夫婦のあいだの一人息子は、母が病気になってから10年...続きを読む

Aベストアンサー

心配症の家族、親戚はそういう行動を取りやすいですね。
実際の所、医師が説明する通り問題ありませんよ。
興奮したからすぐに血管が切れるのではなく、興奮したために血圧が上昇して血管が切れるのです。
普段から薬などでコントロールできているのであれば問題ないでしょうね。

専門家(医師)の話を「他人ごと」として自分たち「素人の考え」を尊重してる辺り
手のつけようが無いです。
ガンになって「あれが効く」とか「あの人はこれを食べて治ったの!」みたいに根拠の無い理念を押し付けてくるのも同じです。

くも膜下出血は主に動脈瘤などの要因となるものがあります。
手術でそれが排除され、定期検査でも問題無いとされたのであれば通常の方と大差ないです。

ご本人はどう思っているのでしょうか…
施設で「適度の刺激」を受けながら生活されていますが、その人達だってお母様にとっては「友人」ですけどねぇ…
風船バレーなんて楽しんでいたら、多少の興奮もあるでしょうに。

刺激(興奮)の全くない生活は認知症へ一直線ですよ。

Qくも膜下出血の家系です。出産時の脳出血の可能性は上がりますか?

昨日妊娠検査薬で陽性反応が出て、生理周期から恐らく4週、来月病院に行く予定です。

妊娠出産について調べていると、出産時の脳出血で亡くなる妊婦さんが多いという記事を見ました。

私の家系は母、叔父、祖父(それ以前はわかりません)がくも膜下出血で亡くなっています。
特に母は若くして亡くなっており、私も30歳から脳ドックを受けるつもりでいました。

悪阻なのか、後頭部が激しく痛む度に不安になります。

そこで、
①出産時の脳出血の可能性は家族歴で変わりますか?
②家族歴は病院で話すべきですか?
③妊娠中に脳の検査は出来ますか?
④妊娠中に万が一脳に動脈瘤でも見付かった場合はどうなりますか?治療は出来ますか?

を、どうか教えていただきたいです。
わかる部分だけでも結構です。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>①出産時の脳出血の可能性は家族歴で変わりますか?
 妊娠中のくも膜下出血が起こる可能性は家族歴ではわかりませんが
 くも膜下出血自体は2親等以内にくも膜下出血患者が居ると1人あたり2~8%程度
 遺伝すると言われています。

>②家族歴は病院で話すべきですか?
 医師に話すべきです、妊娠自体が脳血管障害のリスクファクターなので
 家族がくも膜下出血で亡くなった事は話しておくべきです。

>③妊娠中に脳の検査は出来ますか?
 検査は出来ます、X線やCTの場合は腹部をシールドして放射線が胎児に
 影響を与えないように配慮します。
 ※妊娠第一期(14週程度まで)にはMRIは行いません。
 
>④妊娠中に万が一脳に動脈瘤でも見付かった場合はどうなりますか?治療は出来ますか?
 妊婦の脳動脈瘤破裂のリスクは、妊娠第三期に多くみられます、陣痛時や分娩時に
 脳出血を起こすことは稀です、脳動脈瘤が破裂した場合、生命予後が非常に悪いので
 通常は母体の治療を優先し早期に検査・治療を行います。

Q脳外科でのCT検査についてです。

先日、普段起こらない「頭痛」になりました。
こめかみなど・・目が疲れたときなど「軽い頭痛」の経験はあったものの、
ほかの友人などが「頭痛で悩まされてる・・」などの気持ちや、状況や、痛さはわかりませんでした。

今回は「頭のてっぺん」から「後頭部」にかけて、じわっとした、重苦しい頭痛でしたので、自分でも心配になり
近所の総合病院に行ったところ、午後が初診の受付・・ということで、
「内科」ではなく「脳神経外科」に御世話になりました。

CTを撮っていただき、結果的には「異常なし」ということを、医師に言われましたが、
脳のCTというのは・・どのくらいのところまでわかるのでしょうか?
先日、友人などにも話したら、みんな、結構「頭痛」で恐いので「脳神経外科」などで御世話になった・・という話などを聞き、
「CTの検査って、どこまでわかるものなんだろうね?」などと話したりしていました。
たとえば、胃などにしても調子が悪い時、診察して頂き
バリウムの検査などして、さらに疑わしいところ、さらに調べたいところがあれば「胃カメラ」などに進む・・みたいに、ある程度の順序や検査内容によっての段階があり、少しは自分なりに、又、素人ながらも想像がつく感じもするのですが、
「脳」の場合はMRIとかMRAなどありますが・・。
ひとまず、CTで異常なしということで、他の検査をする必要がないと考えても宜しいのでしょうか?
CTで何かわかった場合、更に何かの検査をする順番みたいなものがあるのかなぁ・・??
などと話していたところです。
又、今回の結果をお話していただく時、CTの画像を一切見せない状態での説明だったので・・これって全く平気?・・と考えてもよろしいのでしょうか?
もしお判りになる方、是非アドバイスを頂ければ有り難く思います。
どうぞ宜しくお願い致します!

先日、普段起こらない「頭痛」になりました。
こめかみなど・・目が疲れたときなど「軽い頭痛」の経験はあったものの、
ほかの友人などが「頭痛で悩まされてる・・」などの気持ちや、状況や、痛さはわかりませんでした。

今回は「頭のてっぺん」から「後頭部」にかけて、じわっとした、重苦しい頭痛でしたので、自分でも心配になり
近所の総合病院に行ったところ、午後が初診の受付・・ということで、
「内科」ではなく「脳神経外科」に御世話になりました。

CTを撮っていただき、結果的には「異常なし...続きを読む

Aベストアンサー

CTでどのくらいというのは答えにくいのですが、頭痛の原因が頭蓋内にあるとすれば、大まかに言えばくも膜下出血か脳腫瘍ということになります。くも膜下出血はCTで大抵診断がつきます。CTでもよくわからないこともありますが、脳外科医が見てそうではないのならば、それ以上どうしようもありません。
腫瘍もCTでわかります。あとは腫瘍があれば造影してring enhance(腫瘍の周りがドーナツ状に造影される)がないか等を見ます。

MRIは拡散強調画像やFLAIRという撮影条件で急性期の脳梗塞病変を見ることが出来ます。ただし、脳梗塞で頭痛というのはほとんどありません。

またMRAの「A」はangio=血管の意味で、脳の血管を立体的に撮影します。但し、解像度は造影CTによる3DCTAに劣ります。脳梗塞では責任血管の部位を調べるためにMRA,3DCTAの撮影を行います。また、くも膜下出血では単純CTで診断がついた後に3DCTAで動脈瘤の位置を確認します。

とりあえずは、頭痛が主訴でCTを撮影して異常がなければ脳をそれ以上精査する必要はないでしょう。病歴によっては偏頭痛や筋緊張性頭痛などが鑑別に上がってくるのでは?と思います。

CTでどのくらいというのは答えにくいのですが、頭痛の原因が頭蓋内にあるとすれば、大まかに言えばくも膜下出血か脳腫瘍ということになります。くも膜下出血はCTで大抵診断がつきます。CTでもよくわからないこともありますが、脳外科医が見てそうではないのならば、それ以上どうしようもありません。
腫瘍もCTでわかります。あとは腫瘍があれば造影してring enhance(腫瘍の周りがドーナツ状に造影される)がないか等を見ます。

MRIは拡散強調画像やFLAIRという撮影条件で急性期の脳梗塞病変を見ることが出来...続きを読む

Qくも膜下出血後のリハビリ

母(55歳)が4月の頭にクモ膜下出血を起こしました。
出来ましたらご家族でご経験がある方のご意見を聞かせて下さい。

1、4月の頭にクモ膜下出血の為クリッピング法で手術
2、脳梗塞になり左側の麻痺が残る
3、肺炎になり気管切開をし数日後PEGを作る
4、5月の末に水頭症の為シャント手術をし6月の中旬にリハビリ病院へ転院
食事は未だにお腹の方から入れています。
前から狭心症を患っています。

リハビリ病院へ行き約20日が経とうとしているのですが、未だ変化が見られません。
リハビリ病院の先生のお話では、此処に来て2ヶ月で大体が決まるとお聞きしました。そしてリハビリに良い期間は3ヶ月が一番よく6ヶ月を過ぎると難しくなってくるとネットで知りました。
今一番心配なのが、その一番良い期間の3ヶ月が経とうとしているということと、リハビリ病院へきて約1ヶ月経つのに変化がみられないということです。

今の状態は、ほぼ寝たきりで車椅子に移るには1~2人ぐらいの介助が必要で1人で座ることが出来ず食事はPEGからです。
かすれ声で話しますが、時々日付等を間違えたり、ボ~としていることがあります。
入院期間は4ヶ月の予定です。

食事は肺炎になる危険もあるので、ゆっくりやると最初に聞いていますし約2ヶ月もの間何も食べていなかったので1ヶ月で何か食べれるようになるという期待はしていなかったので理解はしています。
しかし体の運動機能は少しでもいいから変化が見られても良いのでは…と不安で仕方ありません。
それに加えて動く方の右手が固まってきているということです。

前に居た病院(手術をした病院)に比べてリハビリも優しく、少し「どこどこが痛い」と母が言うと「ではやめてベッドに戻りましょう」となってしまいリハビリ終了となってしまいます。
リハビリ病院では何かあった場合対処、手術が出来ないということで再発への危険、狭心症による発作等を避けているのでしょうが、この調子で後3ヶ月やったとして変わるのか…その思いが募っていくばかりです。

母自身もどうにかなるだろうという楽観的な考えがあるのかはわかりませんが、あまりリハビリを熱心にやってくれません。
それなのに「家に帰ってどのくらい(トイレ、自分の身の回り等が)出来るか試したい」などと先生にお願いをしたんです。
はっきり言って今の状態では無理にきまっていることです…。
しかしながらそうも言えるわけがなく、どう母にやる気になってもらえるか、少しは危機感を持ってもらえるかで悩んでいます。
強く言って精神的に参ってしまっても困りますし、かと言ってこのままでは母はやる気を起こしてくれそうにないんです。

リハビリの先生には前居た病院に比べて優しいという事等は伝えてあります。
そして家族がいることによって甘えが出てしまわないか、それともやる気になるのか等、もうわからないことはどんどん質問してしまっていますが
やはり経験したご家族ではないとわからないことってあると思うんです。

そこでお聞きしたいのですが、これをやって良かったなど少しでもいいですので状態が上向きになったキッカケを教えて頂けないでしょうか?
それと、どの位で家に帰れるぐらいになれたのか教えて下さい。
宜しくお願い致します。

母(55歳)が4月の頭にクモ膜下出血を起こしました。
出来ましたらご家族でご経験がある方のご意見を聞かせて下さい。

1、4月の頭にクモ膜下出血の為クリッピング法で手術
2、脳梗塞になり左側の麻痺が残る
3、肺炎になり気管切開をし数日後PEGを作る
4、5月の末に水頭症の為シャント手術をし6月の中旬にリハビリ病院へ転院
食事は未だにお腹の方から入れています。
前から狭心症を患っています。

リハビリ病院へ行き約20日が経とうとしているのですが、未だ変化が見られません。
リハ...続きを読む

Aベストアンサー

一応、専門のものですが
お母様の状態が、仕方ないですがこういったものでは伝わりきらないので
いい加減なアドバイスはすべきで無いと思います
しかし、一般論でということでお話させてください

もう3か月の経過ですね
勉強されたように、運動機能としての回復は6か月というのは一般論でしょう
ですので専門のリハ病院はその時期まで(発症から180日)入院できるのです
その後は、訪問リハやデイケア・サービスなどをケアマネージャーさんと相談し利用するのが一般的です

さて運動の回復ですが、しつこいくらい一般論ですが…
1年してから奇跡が起きて歩けるようにということは現実的ではないです
やはり回復があるなら現在の3か月の時点である程度はあるというのも一般論ですね
しかし回復の段階というのも、専門家に判断してもらうことが必要ですので、もしかすると回復されているということも考えられます
少しリハビリの先生に不信感を持ってしまっているかもしれませんね
よくお話をきいてみてはいかがでしょうか

さらに、リハ病院での退院への目標は自宅復帰ですので
もしですが、運動の回復があまり無かったとしても
麻痺していない足や手の動きで乗り移りの介助量の軽減や可能なら自立まで訓練してくれるものというのが基本となっています
脳浮腫もあったようですし、現状ではリスクがあって積極的ではないのかもしれません

そうですね、リハの先生に当面の目標を聞いてみてはいかがでしょうか
(正直には私もご家族を安心させていないことは困ったなぁ~と思うのですが…)
まずは座っていられることだと思いますが、意識がしっかりされているなら、それこそ麻痺のない半身で座ることもできることがあるのですから

アドバイスにならないかもしれませんが
私がおはなしできるのは、こんなところです
不安を病院の先生によくお伝えくださいね

一応、専門のものですが
お母様の状態が、仕方ないですがこういったものでは伝わりきらないので
いい加減なアドバイスはすべきで無いと思います
しかし、一般論でということでお話させてください

もう3か月の経過ですね
勉強されたように、運動機能としての回復は6か月というのは一般論でしょう
ですので専門のリハ病院はその時期まで(発症から180日)入院できるのです
その後は、訪問リハやデイケア・サービスなどをケアマネージャーさんと相談し利用するのが一般的です

さて運動の回復ですが...続きを読む

Qくも膜下出血の後遺症の治療は、くも膜下出血の治療となるのでしょうか?

できれば入りたい保険があるのですが、その告知でわからないところがあります。

私は10年くらい前にくも膜下出血で手術をし、くも膜下出血は一応大丈夫なのですが、
その後遺症で、てんかんを起こすようになり、今もそれを抑えるために、月に一度医者にかかり、薬を飲んでいます。
てんかん自体はもう8年ぐらい起こしていないのですが、薬をやめたら起こすだろうと言われております。

私が今回入りたい保険は、かなり告知内容が甘く、過去にくも膜下出血をしていても入れるいうことがわかりました。
ただ、一つだけ気になる項目があります。
「過去5年間に下記の病気で、医師による診察・検査・治療・投薬を受けたことがありますか」
というものです。
その「下記」に中には、くも膜下出血も入っております。
そし、その答えが「ある」であれば、入ることはできなくなります。

この場合、どうなのでしょうか?
営業職員さんには、「大丈夫よ。だって、あなた、もうとっくに5年なんて経ってるでしょ?今医者にかかってるのなんて、くも膜下出血じゃないじゃないの。」と言われるのですが、それを信じてしまってよいでしょうか?

営業職員さんを全面的に信じてしまうのは危ないということはよく聞きますので、
こちらで質問させていただきました。

お願いいたします。

できれば入りたい保険があるのですが、その告知でわからないところがあります。

私は10年くらい前にくも膜下出血で手術をし、くも膜下出血は一応大丈夫なのですが、
その後遺症で、てんかんを起こすようになり、今もそれを抑えるために、月に一度医者にかかり、薬を飲んでいます。
てんかん自体はもう8年ぐらい起こしていないのですが、薬をやめたら起こすだろうと言われております。

私が今回入りたい保険は、かなり告知内容が甘く、過去にくも膜下出血をしていても入れるいうことがわかりました。
た...続きを読む

Aベストアンサー

告知の問題は、保険会社によって判断が異なる場合が少なくなく、保険会社が基準を公開していないので、どうなるのか断定できません。

くも膜下出血後の後遺症の治療は、くも膜下出血の治療に該当するかどうかといえば、該当しないというのが一般的な解釈です。

ご心配ならば、保険会社にお訊ねください。
お訊ねになるときには、匿名で訊ねてください。
保険会社は、告知だけでなく、その他の方法で入手した情報も審査に使います。
うっかり本名を使って問い合わせをすると、そのことが保険会社に登録されて、情報として使われる可能性がゼロではありません。
そのように情報を使うことは、違法ではありませんので、念のため。


人気Q&Aランキング