1. 《非思考の庭》にあってすでにわれは いのる相手である神とカカハリを持ち あい
向き合っている。ならば 神が神であり普遍神であるなら神にその祈りの中身を何も知られ
ていないと思うほうがおかしい。

2. よって 望み願うことは――むろん控えよとかやめよというべくもなく おこなって
構わないわけだが―― じつは必要はない。願う前に神は 知っているのだから。

3. ただ われここにありと自覚するために 願い祈るのだ。

4. わたしがわたしであるその自然本性の姿に立ち還り その姿をチカラとする。

5. 《信じる(非思考の庭)》を差し置いて 願い祈るのは 賽銭だけで願いを叶えて欲
しいという虫の良い料簡である。――しかもこの取り引きが 実を結ぶことがありうるんだ
から・・・。どうなっているのやら。


ご見解をどうぞ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

~~~~~~~~~~



Ein Gespenst geht um in Europa – das Gespenst des Kommunismus. Alle Mächte des alten Europa haben sich zu einer heiligen Hetzjagd gegen dies Gespenst verbündet, der Papst und der Czar, Metternich und Guizot, französische Radikale und deutsche Polizisten.

Manifest der Kommunistischen Partei (1848)
https://de.wikisource.org/wiki/Manifest_der_Komm …(1848)?uselang=ja

~~~~~~~~~~~

『宣言』冒頭の有名な一文「ヨーロッパに幽霊が出る――共産主義という幽霊である」は、ローレンツ・フォン・シュタインの著作『今日のフランスにおける社会主義と共産主義』(1842年)中のフランス共産主義に関する文章に酷似している。マルクスはこの著作を大変な熱意で読んでいるが、マルクス自身がここから直接にヒントを受けて「共産主義=幽霊」としたと断言しているわけではない。しかし『宣言』にはシュタインの著作に影響を受けた共産主義者同盟幹部の職人革命家たちの政治的な意識や見地が反映されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/共産党宣言

~~~~~~~~~~~


マルクスとかは単に宗教批判として読んだことがあっただけだから
どうして唯物論なのに、幽霊なのか不思議だった。というか今も不思議だと思っている。

それで幽霊は幽霊でも悪霊なのだろう。


聖書の悪霊を追い出した話などは、共産主義との戦いの話にもなるのだが
それは文学と時代の問題であり、今はどうでもいいけれど。


~~~~~~~~~~~~~~

概要[編集]
アティーシャの『菩提道灯論』に範をとって主著『菩提道次第論』を著し、仏教のあらゆる教説は行者が凡夫から悟りへと至る修行の道程として統合されるとする「ラムリム」(修行の道程)の思想によってチベット仏教教学を大成した。また、『秘密道次第』を筆頭に密教的著作も数多く残している。
思想的には中観帰謬派(プラーサンギカ)の立場をとり、顕教においては特にチャンドラキールティの説を奉じた。また、それと呼応して密教教義の解釈にも中観派的な視点からの捉え直しを行い、なかでも性瑜伽などを観想上のものと規定することで、左道密教的な実践を廃し、修行者に持戒を求めたことは、綱紀の粛正の面で大きな役割を果たした。

ツォンカパ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ツォンカパ

~~~~~~~~~~~~~

なぜか戒律が問題になっているようだけれど、
反社会的要素が多かった後期密教をファンタジーにすることで
なるべくまともなものにしているチベット密教とかいうものがあるのだから
いちいち私に因縁をつけなくてもいいのにと思うのだが。

この場合、幻想にするために、空の思想が必須ということになって
結果的に仏教を学べということになるのだろうけれど。
つまり、密教の学習には顕教の学習が必須ということに。

ああ、たぶん呪術を擁護したから
密教の問題を押し付けられている状態なのか。
ばかばかしい。

なるべく合理化すれば反動がきて、反動を擁護すれば
今度は因習を咎められる。

だから瑩山紹瑾なんか面倒なんだ。

また関係ない回答を投稿したことで、ブロックされてしまうか。
    • good
    • 0

~~~~~~~~~~~~~




Definitions for aṅgīrasa

Concise Pali English Dictionary
aṅgīrasa
m. the resplendent one; the Buddha.

Pali Proper Names
Aṅgīrasa

One of the ten ancient seers who conducted great sacrifices and were versed in Vedic lore. The others being Aṭṭhaka, Vāmaka, Vāmadeva, Vessāmitta, Yamataggi, Bhāradvāja, Vāseṭṭha, Kassapa and Bhagu. The list occurs in several places. Vin.i.245AN.iii.224MN.ii.169MN.ii.200

The same ten are also mentioned as being composers and reciters of the Vedas. DN.i.238


https://suttacentral.net/define/aṅgīrasa


~~~~~~~~~~~

“Cando yathā vigatavalāhake nabhe,
Virocati vigatamalova bhāṇumā;
Evampi aṅgīrasa tvaṃ mahāmuni,
Atirocasi yasasā sabbalokan”ti.

saṃyutta nikāya 8
1. vaṅgīsavagga
11. Gaggarāsutta

https://suttacentral.net/pi/sn8.11

~~~~~~~~~~

aṅgīrasa
https://suttacentral.net/search?query=aṅgīrasa&lang=en%2Cpi&define=1&details=1


~~~~~~~~~~

buddhaの神格化
 初期の経典においても、仏陀あるいは釈迦を「ヤッカ」と呼んでいることがある。これは後の「夜叉」であるが、その当時は、なにかしら神聖なもの、超自然的なものであって、崇拝さるべき霊的存在を意味していたらしい。原始仏教聖典をみても、ヤッカは崇拝の対象とされていた。仏教聖典の最古層におけるヤッカの観念は、ジャイナ教とも共通で、ジャッカ(jakkha=ヤッカ)は龍(naaga)や霊(bhuuta)とならべて考えられている。
 また原始仏教聖典の古い詩句の中では、「ゴータマよ」と呼びかける代わりに「アンギラス族の人よ」(aNgirasa)と呼びかけていることがある。これはバラモンのうちの特殊なひとつの家系である「アンギラス族」という名をゴータマの呼称としているのである。これは『リグ・ヴェーダ』的観念の名残りであり、非常に古いと考えられる。aNgiras(男性名詞)とは、神々と人間との間の存在であって、両者の仲介者、天の子息、人間の先祖、神々の恵みを人間にわかち授ける者として登場する。

http://www.wikidharma.org/jp/index.php/ぶっだ

~~~~~~~~~~~

やはりというかアンギラスの知名度がなくてオリジナルだと思われているようなので、
補足をしました。
ブラジュロンヌさんには説明の必要がないとは思ったのですが
ここの投稿を見た皆さんが疑問に思われたようです。
そんなわけで質問とは関係ありませんが、再度、失礼しました。
    • good
    • 2

~~~~~~~~~~~~~



不信仰な批判の基本は「人間が宗教をつくり、宗教は人間たちをつくらない」ということだ。もっと言うと宗教とは、まだ自分自身を手に入れていないか、あるいはまたもや自分を失ってしまった人間の自己意識と自己感情である。しかし、人間、それは世界の外で屈み込んでいる抽象的な本質ではない。人間、それは人間の世界であり、国家であり、社会性である。この国家、この社会性が宗教、すなわちひっくり返った世界意識を生み出すのは、それらがひっくり返った世界だからである。宗教はこのひっくり返った世界の一般的な理論であり、その百科的概説書であり、一般向けの形式におけるその論理であり、その精神主義者の名誉に関わる点であり、その熱狂であり、その道徳的な是認であり、その壮麗な補いであり、その一般的な慰安と正当化の根元である。それが人間的な本質の空想的実現であるのは、人間的な本質が本当の現実を何も有していないからである。ゆえに宗教に対する闘争は間接的に、精神的な香りが宗教である先のひっくり返った世界に対する闘争である。
 宗教的な惨状は、現実的な惨状の表現に、そして現実的な惨状に対する抗議に存在する。宗教は窮迫した生き物のうめき声であり、それは精神なき状態の精神であるように、無情な世界の心情である。それは国民の阿片である。
 国民の幻覚の幸福としての宗教の廃止は国民の現実的な幸福の要求である。国民の状態に関して幻覚を捨てるよう要求することは、幻覚を必要とする状態をやめるよう要求することである。ゆえに宗教の批判は萌芽では、神聖な光が宗教である涙の谷の批判である。
 批判が鎖から想像上の花々を引き裂いたのは、人間が空想なき、慰安なき鎖を身にまとうためではなく、鎖を投げ捨て、生き生きした花を摘むためであった。宗教の批判が人間たちを失望させるのは、理性に戻った人間のように人間が考え、行動し、失望し、自分の現実を形成するためであり、人間が自分自身の周りを回るため、そして自分の現実的な太陽の周りを回るためである。宗教は、人間が自分自身の周りを回らない限り、人間の周りを回る、単なる幻覚の太陽に過ぎない。
 ゆえに真実の向こう側が消えた後に、こちら側の真実を確立することが歴史の使命である。人間的自己疎外の神聖な形態を暴露した後に、自己疎外をその非神聖な形態において暴露することが、さしあたり、歴史の役に立っている哲学の使命である。これによって、天の批判は地上の批判に、宗教の批判は法の批判に、神学の批判は政治の批判に変わる。


ヘーゲル法哲学批判
https://ja.wikisource.org/wiki/ヘーゲル法哲学批判

~~~~~~~~~~~~~~



Die Kritik des Himmels verwandelt sich damit in die Kritik der Erde, die Kritik der Religion in die Kritik des Rechts, die Kritik der Theologie in die Kritik der Politik.


Zur Kritik der Hegel’schen Rechts-Philosophie
von Karl Marx.

~~~~~~~~~~~~~~~

これを引用するようになるとは思わなかった。
べつに私は「地上の批判」はしませんけれどね。

むしろ「地下」の問題もあるような気がするが
言葉遊びに過ぎないだろうか。

しなくてもいい投稿をしました。
またブロックしてください。

ゴータマ・ブッダもアンギラスと呼ばれたことがあるのですから
呪術というかヴェーダに詳しくてもいいような気がするのですが、
呪術を肯定すると今度は疑似科学批判の人が騒ぎそうだから
どうでもいいです。

いつも重なりあった状態の話をしているので
シュレーディンガーの猫かよという気がしてきた。
もはや存在は確率になってしまうのだろうか。

瑩山紹瑾は面倒です。なぜこんなのを研究している学者に粘着されなければらないのか
正直どうでもよくなってきているので、介護しているような気分です。
自分で考えることを辞めないで下さいね。それでは。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドラマ「ハケンの品格」で今週放送されたロシア語の訳は?

1月31日放送のドラマ「ハケンの品格」で春子役の篠原涼子がロシア人との交渉でロシア語で契約をとりつけたシーンがあったのですが、
あのとき、春子はなんといってロシア人クライアントから契約をとったのですか??

ちょうどそのシーンだけ字幕がついていなかったのでなんとなく気になってしまいました。どなたかロシア語のわかる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

どうぞ。
http://soudan.bizocean.jp/qa2713215.html

Q《人の色》と言い《人それぞれの色》と言うのなら 《言葉そのものに色は むしろ無い》。

ひとには その考えや振る舞いに独自のクセ(エートス)があり その意味で
あたかもみづからの《顔》に《色》が付いて回っている。

とするならば その《人の色》は 《人それぞれの色》ということであり
《人によって 色は違う》ことになる。

人が思惟や行動につける《色》は 一般にその言動の道具としての《言葉》に
つけられる。と考えられる。

と言うのであれば 人がそれを用いるときにおのれの色をつけるという《言葉》
には むしろもともと色は無い。

色の無い言葉に 人がそれぞれのクセとして色をつける。

――という一つのまとめが得られるはずだ。





《ことば》は 包丁や野球のバットと同じようにその使いようによって 凶器
に成り得るが 初めから《剣》であったり《武器》であったりするのではない。
むしろ 無色の状態において持たれ 大いに――人それぞれにおいて色づけさ
れつつ――用いられて行く。

ということではないか。




展開をこの趣旨説明では広げないが 言葉について言葉は諸刃の剣だというの
は 精確ではない。ということ。

そして それが人を斬りつけると見られそう言われている《言動におけるクセ
としての人の色》は だったら 互いに自由にその思想の中身を取り上げ 万
機公論に決すべしというほどに批判しあって行けばよい。

そのつとめは 哲学よりほかにない。はずでは? ほかの分野では ゆるキャ
ラであってよい。

したがって 言葉を 凶器だと言いあたかも魔女狩りの対象とするのは じん
るいの痴呆化を策略するアクマであり 権力の犬である。いかに?

ひとには その考えや振る舞いに独自のクセ(エートス)があり その意味で
あたかもみづからの《顔》に《色》が付いて回っている。

とするならば その《人の色》は 《人それぞれの色》ということであり
《人によって 色は違う》ことになる。

人が思惟や行動につける《色》は 一般にその言動の道具としての《言葉》に
つけられる。と考えられる。

と言うのであれば 人がそれを用いるときにおのれの色をつけるという《言葉》
には むしろもともと色は無い。

色の無い言葉に 人がそれぞれの...続きを読む

Aベストアンサー

「色の無い言葉に 人がそれぞれのクセとして色をつける」
→そうだと思います。
つまり、言葉は人間の便利で優れたツールであるが、それにも増して人間そのものがコミュニケーションの原点でしょう。

Qロシア軍全面協力 戦争中のヒューマンドラマ系映画のタイトル

今日、テレビで予告か何かをやっていたのですが、
タイトルがロシア語らしく覚えられませんでした。
なかなか面白そうだと思えたので
タイトルが知りたいのですが、
どなたかご存知ありませんか?

Aベストアンサー

じゃあ・・・ ククーシュカ でもないですかね。

参考URL:http://www.kukushka.jp/index.html

Q《怠け者》と《モチベーション》・・・

●人間は基本的には、《怠け者》なのになぜ、スポーツ選手や、一流と言われている人達は、《モチベーション》を高く維持することが、出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

>人間は基本的には、《怠け者》なのに

○こういう考えの方は「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな方でしょうね。決して悪いことではありませんが人間には大きく分けて2種類の人間あるように思います。釈迦・孔子型のように向上を目指すタイプと老子・荘子型のように怠けタイプですね。世界を見渡せば、どちらが多いんでしょうかね。日本は受験などがありますから向上を目指すタイプが多いように見えますが、「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな人もいますから怠け型も比較的多いのでしょうね。
要は基本的に向上を目指すタイプと、基本的に怠けるタイプの2種類の人がいるということなんです。全員が怠けがたではないんですね。向上タイプから観れば落ちこぼれに見えるのでしょうが、怠けタイプから見れば何故、そこまでして続けるのかが理解できないということですね。イチロウや葛西は40過ぎているのに諦めずにやっていますね。すごいなと思う一方、ある意味、哀れを感じることさえありますね。
この複雑な感情が本当の人間ですね。怠け続けてもいけないし頑張り続けても良くないということだと思いますね。その狭間で格闘するのが人生で良いのではないですか。

>人間は基本的には、《怠け者》なのに

○こういう考えの方は「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな方でしょうね。決して悪いことではありませんが人間には大きく分けて2種類の人間あるように思います。釈迦・孔子型のように向上を目指すタイプと老子・荘子型のように怠けタイプですね。世界を見渡せば、どちらが多いんでしょうかね。日本は受験などがありますから向上を目指すタイプが多いように見えますが、「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな人もいますから怠け型も比較的多いのでしょうね。
要は...続きを読む

Q昔のドラマだと思うのですが・・・?

だいぶ前の2時間ドラマだと思うのですが、ある学校に転校生がやって来て、その女の子は悪霊退治を友達とか、回りの人には内緒でおこなっていて1人で全国を周っている。

学校の中では次々と生徒が謎の死を遂げていて
そこに、菅野美穂演じる学生が悪霊退治を行っている転校生の女の子に近づいてくる。

だけど実は菅野美穂が演じる女の子こそが悪霊?で、その転校生の力を奪って永遠の命を手にいれようとするのだけど、最後には封印?というかその転校生に滅ぼされてしまうというドラマでした。

印象に残っているのが、悪霊退治をする転校生が首から下げている星型のようなペンダントとポニーテールとセーラ服で、最後は人知れず朝早く学校から1人で去っていく終わり方でした。
あと、エンディングも歌がない寂しい感じの破滅的な感じの終わりかたでした。

菅野美穂も役でセーラー服を着ていたので、だいぶ前のドラマかも知れません。

最近ふっと思い出して題名が気になってます。
もしかしたら、映画だったかも知れませんが・・・
ご存知のかたはよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
もしかしたら映画の「エコエコアザラク」でしょうか?

http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=27829

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=85982

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00008CHDQ/sr=1-1/qid=1155106671/ref=sr_1_1/503-4700865-6037514?ie=UTF8&s=dvd

Q《断食》と《健康》・・・

《断食》は、健康に良いことなのでしょうか?食べ物の有り難みを知るためにも、《断食》をした方が良いのでしょうか、あなたは《断食》または《プチ断食》をした経験はありますか?そして《断食修行》があれば、参加してみたいですか?

Aベストアンサー

プチ断食しました。

体重が20~25キロぐらい落ちて適正体重になったのと
子供の時からの低血糖が良くなりました。
今は、空腹でも手は震えません(笑)

断食修行とかは、勘弁願いたいですね。


食べ過ぎは体の抵抗力が下がります。
体って、若干飢えてる方が調子は上がるようです。

Q昔のドラマ?

昔NHKの天才テレビくんの中でやってたドラマかなんかだと思うのですが星の印を呪文みたいな言葉を言いながら書いて「てん」とか言いながら星を飛ばして悪霊かなんかを退散させるドラマがあったんですけど何か分かりますか?


今20代で10~15年前くらいだと思います。

Aベストアンサー

1997年に放送されていた「妖怪すくらんぶる」です。

魔界探偵と魔界同盟も星を描きますが呪文が違います。

「てん」が入っているのは妖怪すくらんぶるの方です。
星を描きながら「木克、土克水、克火、克金、克木、奠」と言います。

私も小学生の時に見てました。懐かしいです。

Q《才能》と《錯覚》・・・

●一般の人は、才能がある人はどんなジャンルでも短期間で上達するものだと錯覚するのでしょうか?逆に上達が遅い人を見ると『あの人にはセンスがない』と判断されるのでしょうか?ちなみに、*あなたが挫折したジャンルは、何ですか?

Aベストアンサー

こんばんは。


☆一般の人は、才能がある人はどんなジャンルでも短期間で上達するものだと錯覚するのでしょうか?
◇「頭のいい人は、勉強とかは何でもできる」
とか
「どんなものもすぐにわかる」
といったような漠然とした期待を頭のいい人に寄せたりするよね。
ですが、
そんな都合のよい《頭のいい》人はまずいない。
数学は得意だけれど、国語は大の苦手とか、
物理学については天才的だけれど、暗記物の歴史や社会はまったく駄目ということはよくあることですよ。

ddt^3さんのおっしゃるとおり、人間には得手・不得手があるのですよ。
ごくごく限られた分野においても、たとえそれらが互いに関連しあうとしても、「これは得意だけれど、あれは苦手」なんてことはある。



☆逆に上達が遅い人を見ると『あの人にはセンスがない』と判断されるのでしょうか?
◇例外はあるでしょうけれど、
この判断はおおむね正しいでしょうね。

できる奴は、大して努力をしないでも、普通の人がなかなかできないこと簡単にやってのける。
そして、こうした人を一般的に才能のある人や天才と呼ぶ。



☆ちなみに、*あなたが挫折したジャンルは、何ですか?
◇わたしは熱しやすく冷めやすい性格―――要は飽きっぽい性格ということ―――だから、もう、挫折の連続(^^ゞ

大人になってから「ピアノがうまく弾けたらカッコウいいな~♪」などと思い、一念発起、ピアノの練習を開始。
毎日、指がつるまで熱心にピアノの練習をしたのだ。
一向に上達しない自身の不甲斐なさに涙しながらも、それでも、毎日、練習を続けた。
こういうことをしばらく続けたとき、ふと、ある事実に気がつく。
「俺の手は小さく、しかも指が短い。こんな手でピアノをうまく弾こうと思ったことが、そもそも、間違いだったのだ。」
そして、
ピアノ断念♪
だって、
手が小さく、しかも指が短いから、親指と小指の間がオクターブ以上広がらないんだもの(T_T)

あと、私は移り気で浮気性の性格をしているから、一つのことに興味や情熱を維持することができない。
今やっていることよりも面白そうなものを見つけると、すぐにそっちに乗り換えてしまう。
だから、
そこそこできるけれど、得意というほどのものではない、というものがたくさんある。
これは、挫折とは違うのでしょうけれど、結果的に「途中で挫折した」ことと同じ結果ですよね。

こんばんは。


☆一般の人は、才能がある人はどんなジャンルでも短期間で上達するものだと錯覚するのでしょうか?
◇「頭のいい人は、勉強とかは何でもできる」
とか
「どんなものもすぐにわかる」
といったような漠然とした期待を頭のいい人に寄せたりするよね。
ですが、
そんな都合のよい《頭のいい》人はまずいない。
数学は得意だけれど、国語は大の苦手とか、
物理学については天才的だけれど、暗記物の歴史や社会はまったく駄目ということはよくあることですよ。

ddt^3さんのおっしゃるとおり、人間には得...続きを読む

Q悪霊か超能力者が出てきて敵と戦う学園ものの小説を教えてください

悪霊か超能力者が出てきて敵と戦う学園ものの小説を教えてください。
悪霊同士とか超能力者同士の戦いとかの方がよいです。(そうでなくても面白ければかまいませんが…)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No.5ですが、追加です。

 ティーパーティーシリーズ 皆川ゆか
高校の超常研究会が舞台です。結構設定がぶっ飛んでいますが・・・

 運命のタロット 皆川ゆか
タロットカードの分身が色々と出てきます。協力者に高校生が出てきます。最初の方は高校が舞台になります。タロットのキャラたちの能力がなかなかおもしろいですよ。

 以上、参考にしてくださいね。

Q《才能》と《英語》・・・

●たとえば、これから英語の勉強を始めた人がいるとします、その人が1年後にほとんど英語が喋れないと周りの人は、『あの人は1年も勉強しているのに、いまだに英語が話せないなんて才能がないんじゃないか?』と判断され、逆に1年後に喋れるようになると『たったの1年で英語が出来るなんて凄い才能だ』と、判断されるのでしょうか?ちなみに、*あなたが好きなパンは何ですか?(あんパン食べたい・・・)

Aベストアンサー

 #1さんの仰る通りだと思います。

 日本の英語(外国語)教育の良くないところを揚げます。現在は少し違うかも知れませんが。

(1)文法中心である
 ヒアリングの訓練が圧倒的に足りない。そこで出来あがるのは、聞けない・話せない,話せないからほとんど書けない,何となく読める・・・。

 自分は専門書の洋書を年季で何となく読めますが、これだって会社では時々、驚異の目で見られたりする(^^;)。

(2)訳本が完璧すぎる
 先人の努力の賜物ですが、どんなにマニアックな専門書の洋書でも、一回は訳本が市井の量販店に並ぶのが日本です。一般書は、もっとそうです。

 良い国に生まれたなぁ~と思う反面、「俺は世界を相手にするのだ」という気概でもない限り(←自分は当然ない(^^;))、「この本が読めないと仕事できない~!」などのプレッシャーもないので(日本語訳がある)、普通の会社で普通に仕事をする限り、英語を覚えようなどという気持ちは、さらさら起きない。

(3)人見知りする(?)
 学生時代の研究室に、2年間オーストラリアに留学していた帰国子女(?)の助手がおりました。その人の英語力は(1)のままだった(^^;)。

 たぶん(1)と(2)の相乗効果で、そこには日本各地から来た留学生からなる日本人コミュニティーが既にあり、留学中はそこでしか活動していなかったという始末。

 自分にも似た経験がありまして、国際会議で発表した時、「This is my first presentation. Please help me!.」(国際会議での初めての発表だから、助けて下さい!)と外国人の座長(司会者)に根回ししました(←指導教官に、そうしろと言われた)。

 結果は案の定、日本での国際会議だったので、日本人が英語で日本人の自分に質問し、外国人の座長が日本語に訳して日本人の自分に伝え、日本人の自分が日本語がで答えて、それを外国人の座長が英語に訳して日本人の質問者に返答するという、怪談ものになりました。終了後は、初めて緊張で吐きそうになった・・・(^^;)。


 ・・・という訳で、スピードラーニングなんかは正解だと思う。

 CMでは3か月で話せるようになるらしい。CMでは築地辺りのソバ屋のおじちゃんやおばちゃんが、外人相手に流暢に英語を話しているが、きっと同業者からは驚異の目で見られているのだろう。この人達は仕事上のプレッシャーと、世界を相手にする気概があるのだと思う。

 隣の蕎麦屋のおじちゃんやおばちゃんを見てると、そう思う。

 ・・・パン(?)。・・・オコワでなく白米の海苔茶漬けがいいなぁ~・・・(^^;)。

 #1さんの仰る通りだと思います。

 日本の英語(外国語)教育の良くないところを揚げます。現在は少し違うかも知れませんが。

(1)文法中心である
 ヒアリングの訓練が圧倒的に足りない。そこで出来あがるのは、聞けない・話せない,話せないからほとんど書けない,何となく読める・・・。

 自分は専門書の洋書を年季で何となく読めますが、これだって会社では時々、驚異の目で見られたりする(^^;)。

(2)訳本が完璧すぎる
 先人の努力の賜物ですが、どんなにマニアックな専門書の洋書でも、一回は訳本が市...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報