先日裁判所から弁済金交付日通知書が届きました。
出頭しなさいと書いているのでいかなければいけないのですがいったいどういう内容なのでしょうか。

お金を請求されるのでしょうか?

教えてください。

やはり弁護士等に相談しなければいけないのでしょうか?

本当に困っています。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あなたは、裁判所に、例えば、不動産の競売の申請をしましたか? していないなら、あなたの不動産は誰かに差押られましたか? いずれでもないのに突然「弁済金交付日通知書」はきません。

裁判所があなたに請求するのではなく「あげるから取りに来なさい。」と云うことです。その通知書の前に数々の書類がきているはずです。
なお、出頭しなければなりませんが、出頭しないであなたがもらえもお金があるなら裁判所で供託します。もらうお金がない場合でもその通知はきます。

この回答への補足

裁判所からは以下の手紙が来ています。

(1)債務弁済契約公正証書
(2)債権差押命令(現在給料の約4分の1差し押さえられています)
(3)不動産競売開始決定
(4)弁済金交付日通知書

です。両親が固定収入がないため、自分が契約者となり両親名義の不動産を抵当にお金を借りました。当初の約束では両親が払うことになっていたのですが払えず、自分の給料が差し押さえられました。

補足日時:2001/06/22 07:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
補足を書きました。もしよろしければ解答をいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

お礼日時:2001/06/22 07:35

majio さんへ



裁判所からの書類
(1)債務弁済契約公正証書
(2)債権差押命令(現在給料の約4分の1差し押さえられています)
(3)不動産競売開始決定
(4)弁済金交付日通知書  と云うこと わかりました。
そうしますと、その債権者は両親名義の不動産とあなたの給料の両方を差し押さえた
わけです。そして、その「弁済金交付日通知書」が来たと云うことは、その不動産は
もはや他人名義になっています。立ち退きなどの交渉中と思われます。それはそうと、
その弁済金交付日には必ず出頭して下さい。出頭は両親です。もしも、両親に配当が
あり、いくらかでももらえるなら、その債権者は全額回収できたわけですから、至急
にあなたの給料の差押は解除してもらいなさい。両親に配当がないなら、その債権者
は、その不動産だけでは回収できなかったことを意味しますから、あなたの給料はそ
の債権額までは延々と支払うことになります。
いずれにしても、その不動産がいくらで売却できたか、そして、その債権者の債権額
がいくらあるか、つまり、差し引きプラスかマイナスか、非常に重要です。
 なお、給料の差押は給料の4分の1ではなく、手取額の4分の1ですから、あなた
の会社の経理課の人に確認して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に詳しい説明ありがとうございます。

>その不動産はもはや他人名義になっています。立ち退きなどの交渉中と思われます。

会社名だすとまずいと思うので伏せますが、その会社の名義になっているという可能性もあるのでしょうか?

>出頭は両親です。

自分宛に裁判所から来ている手紙なのですが、両親が出頭すべきなのでしょうか?それとも自分だけでいいのでしょうか?


お礼のところに質問を書いてしまいましたが、もしよろしければ、アドバイスいただければと思います。

よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/06/26 16:14

補足拝見しました。



複雑な事情があるようですね。
4つの書類は、同時ではなくて、別々に来たのでしょうね。
書類の中身を見ないと確かな回答は出来ません。
推測で間違った回答をしてもいけませんから、弁護士に書類を見せて、相談された方が宜しいと思います。

弁護士会では、30分5000円で法律相談をしていますから、それを利用されたらいかがでしょう。

相談の申込先は、参考URLをご覧ください。
お役に立てなくて済みませんでした。

参考URL:http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

4つの手紙は別々に来ました。

何とか弁護士に相談してみます。

本当にありがとうございました。
また何かありましたらアドバイスお願いします。

お礼日時:2001/06/23 09:50

他に何か情報になることが書かれていませんか。


補足願います。

弁済金交付 ですから、何かのお金を交付されるのだと思いますが、心当たりは有りませんか。

いずれにしても、指定日には出頭すべきです。

この回答への補足

裁判所からは以下の手紙が来ています。

(1)債務弁済契約公正証書
(2)債権差押命令(現在給料の約4分の1差し押さえられています)
(3)不動産競売開始決定
(4)弁済金交付日通知書

です。両親が固定収入がないため、自分が契約者となり両親名義の不動産を抵当にお金を借りました。当初の約束では両親が払うことになっていたのですが払えず、自分の給料が差し押さえられました。

補足日時:2001/06/22 07:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

補足を書きました。

もしよろしければアドバイスいただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

お礼日時:2001/06/22 07:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q競売・配当について

自宅(土地・建物)が最近競売になりました。

今日、配当期日呼出状という書類が届きました。

今までの状況は、
●自宅(土地・建物)を根抵当にして2500万借りたが返せなかったので
 競売に。
●債務者は父(既に自己破産)、連帯保証人に母と祖母がなっています。
●債権者は信用保証協会のみです。
●買い手がついて既に支払われたのか、売却代金2580万、代金納付日が
 平成17年9月26日と書かれています。
●出頭日も書かれています。ただ配当異議を申し立てないなら出頭の必要は ないそうです。

この場合の配当って何ですか?
家が高く売れて余った80万を債務者3人で分けるのかな?と思いましたが・・・
それならどういう割合で分けるのか?も疑問です。

今、私は母と二人で住んでおり、父は多分まだ自宅にいると思いますが
不明です。連絡はとっていません。
これから母や祖母は何をすればいいでしょうか。
今回の事は父が原因を作っており、父が得をするような形にはしたくありません。
何でもかまいません。法律の事は全く分かりませんので
今の状況やできることについて教えてください。よろしくお願いします。

自宅(土地・建物)が最近競売になりました。

今日、配当期日呼出状という書類が届きました。

今までの状況は、
●自宅(土地・建物)を根抵当にして2500万借りたが返せなかったので
 競売に。
●債務者は父(既に自己破産)、連帯保証人に母と祖母がなっています。
●債権者は信用保証協会のみです。
●買い手がついて既に支払われたのか、売却代金2580万、代金納付日が
 平成17年9月26日と書かれています。
●出頭日も書かれています。ただ配当異議を申し立てないなら出頭の必要は ないそうです。
...続きを読む

Aベストアンサー

>余った80万を債務者3人で分けるのかな?と思いました

債務者で分けるのではなく、残りがあれば所有者に配当されます。
ところで、今回は、「債権者は信用保証協会のみです。」と云うことで、その者の債権額が「根抵当にして2500万」と云うことです。
一方「売却代金2580万」と云うことから残りは80万円となりそうですが、裁判所の配当順位は法定されていて(法律で決まっていること)います。
第1順位は「競売のために要した費用」です。これは申立債権者で予納しており(東京では最低でも60万円)まず、その額が債権者に戻されます。
第2番は租税です。これは固定資産税を含め全部の税金です。(国税、地方税は、あらかじめ裁判所に請求しています。)
残りを第3番目に配当します。それは、信用保証協会の2500万円です。(根抵当権なので利息も含めて2500万円です。)
更に、最後に残ったお金があれば所有者に配当されます。
そのようなわけで、所有者に配当される額の80万円は、少なくとも、競売手続費用と租税を合計した金額を差し引いた額となりますから、ほぼ、0(ゼロ)円だと思われます。
もし、租税の滞納が0(ゼロ)円で、競売手続き費用が80万円以下ならば、その残りは所有者に配当されます。

>余った80万を債務者3人で分けるのかな?と思いました

債務者で分けるのではなく、残りがあれば所有者に配当されます。
ところで、今回は、「債権者は信用保証協会のみです。」と云うことで、その者の債権額が「根抵当にして2500万」と云うことです。
一方「売却代金2580万」と云うことから残りは80万円となりそうですが、裁判所の配当順位は法定されていて(法律で決まっていること)います。
第1順位は「競売のために要した費用」です。これは申立債権者で予納しており(東京では最低でも60万円)...続きを読む

Q「弁済金」とは「支払額」と同じ意味ですか?

クレジットカード用語で「弁済金」とは「支払額」と同じ意味ですか?
カードの明細を見てたら

今回ご請求金額
(弁済金を含む)

と書いてあって、「一括払いなのになんで?」と思ったのですが
クレジットカードは借金であるから「弁済金」と表現するのでしょうか?

Aベストアンサー

クレジットカードのショッピングのうち、利用から支払い終了までが二ヶ月を超える取引を対象に定めている法律が、割賦販売法という法律です。
この法律では、使用する用語を指定していて、弁済金というのも、この指定用語の一つです。
割賦販売法施行規則第37条に規定があり、弁済金はリボルビング払いに関する「各回ごとの商品若しくは権利の代金又は役務の対価(包括信用購入あつせんの手数料を含む。)の支払金額」を指します。

カードは二ヶ月を超えない期間に支払いが終了する一括払い、二ヶ月を超える一括払い、二回払い、分割払い、ボーナス払いなど色々な支払い方法があります。
上記のとおり、割賦販売法が適用される利用方法のうち、リボルビング払い以外の支払いは、支払分、分割支払額、または分割支払金という用語を使用することになっています。

そういうわけで、弁済金と支払額は同義ではありません。あくまでもリボルビング払い分の請求分(手数料含む)だけを指す用語です。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36F03801000095.html

Q競売後の剰余金の分配について教えてください

事情により住宅ローンの支払いをストップし、競売により自宅を処分しようとしております。建物と土地が担保となっています。住宅ローンの借主は自分で、建物は自分の名義、土地は義父の名義です。義父は物上保証人として土地を担保として提供しております。住宅ローンの残債務は少なく、これよりも高額で売却されることが予想されるので剰余金が発生しそうです。この場合、剰余金は誰にどのように分配されるのでしょうか。詳しい方、どうかお教えいただきたく思います。

Aベストアンサー

私の云う「競り上がった分は、その割合で分ける。」とは、例えば、建物の評価が400万円、土地の評価が1600万円として(最低価格は2000万円)一括売却で売れた価格が2400万円だとすると、2400万円を建物の売上額と土地の売上額に分けます。そうすると、1.2倍で売れたことになりますから、建物が480万円、土地が1920万円になります。
それを配当するわけですが、抵当権は共同担保でしようから残額の1600万円は土地建物と平等に取立ます。従って、この例ですと建物からの取立額は1600万円×480万円÷2400万円で320万円、土地は同様の計算から1280万円と云うことになり、結局wmtcさん160万円、義父640万円となります。
でも、現実には、建物の評価は土地利用権を含みますから、建物の価格は土地の価格を吸い上げる関係から若干高くなります。
また、抵当権の配当の前に競売手続費用や公租公課等最先に配当しますから、この計算より少なくなります。

Q給与差押で「供託する」との回答、どういう意味ですか

養育費未払のため公正証書を元に強制執行の手続きを取りました。
預金はほぼ空振りでした。
給与の差し押さえについては第3債務者より「陳述書」に支払わない理由」「供託にします。」と記載され送られてきました。
(1)「供託にする」とは、どのような意味なのでしょうか?
(2)この場合、供託にすることが認められるのでしょうか?
(3)供託にする・・・ということは第3債務者がなんらかの手続きをほっておいてもとるということでしょうか?

ちなみに、第3債務者は債務者A男の父親が経営している個人の小さな会社です。
支払いから逃げるために何かしようとしてるのはわかるのですが、素人のため
わかりやすく解説いただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払いから逃げるために何かしようとしてるのはわかるのです

と言うことではないです。
第三債務者が供託したならば、取立訴訟の提起をして下さい。
そうすれば差押た額は全額取立できます。
第三債務者が供託した理由は、金銭に争いがあるわけではなく(争いがあるならば「支払わない」と陳述すればいいだけです。)履行遅滞の責任を逃れるだけです。
(尤も、差押の複合では供託義務はありますが、今回はそうではなさそうなので)
なお、yyyy111222さんが申し立てた債権差押命令で、その「差押債権目録」では、給料から所得税など控除した額の2分の1でその額が月額60万円を越える場合は33万円を控除した金額、とし、「頭書金額に満まで」としたでしよう。
だから、現実の金額はわからないでしよう。
供託すれば、その額もわかるし「ほぼ空振りでした。」と言うこともないです。
取立訴訟は、その供託した金額を請求額として、第三債務者を被告とします。
以上で、(1)は上記のとおりで、(2)は「はい、認められています。」(3)の「ほっておいてもとおる」は、第三債務者は、それで手続き完了ですが、差押債権者とすれば、取立訴訟しなければ取立できなくなりました。

>支払いから逃げるために何かしようとしてるのはわかるのです

と言うことではないです。
第三債務者が供託したならば、取立訴訟の提起をして下さい。
そうすれば差押た額は全額取立できます。
第三債務者が供託した理由は、金銭に争いがあるわけではなく(争いがあるならば「支払わない」と陳述すればいいだけです。)履行遅滞の責任を逃れるだけです。
(尤も、差押の複合では供託義務はありますが、今回はそうではなさそうなので)
なお、yyyy111222さんが申し立てた債権差押命令で、その「差押債権目録」では、給...続きを読む

Q判決正本の再交付について

判決正本を紛失してしまい、強制執行をするのに必要になるため再交付を申請する場合、裁判所に提出する申請書はどのように書けばよいのでしょうか?
雛形等教えて頂けますでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

判決正本再交付申請という申請があります。
表題が上記のとおりで、事件番号、原告(債権者)、被告(債務者)を明記し、判決正本を紛失したこと、強制執行をするため判決正本が必要なこと、ついては判決正本を再交付して頂きたいこと等々を書いた書面を裁判所の担当部に提出されるとよいと思います。判決文1ページにつき、収入印紙150円が必要ですのでそちらも準備されると良いと思います。
後、強制執行を行う判決文には執行文の付与というものをつけないといけないのではないかと思いますので、そちらの申請もご一緒にされるとよろしいと思います。執行文付与申請は収入印紙300円が必要です。
いずれにしても、裁判所にご確認されるのが確かに一番よろしいかと思います。親切に教えて下さいますよ。

Q強制執行で債務者が送達通知及び差押命令を受け取らない場合

 債権者=私、債務者=友人Aとの間で債務弁済契約公正証書を取り交わしました。しかし、債務者が弁済をしてくれなかったので、債務者の給与に強制執行をかけました。
 勤め先である第3債務者からは差し押さえられた金額を支払うという陳述書が私と簡易裁判所に返ってきました。簡易裁判所は債務者に送達通知及び差押命令を送達したのですが、それを債務者は受け取らなかったようです。
 裁判所に送達通知及び差押命令が戻ってきましたら、次は勤務先に送るしか方法はないと思うのですが、そこでも受け取らなかった場合はどうなるのでしょうか?
裁判所の方の話では、受け取り拒否はできないけれど、不在などの場合で受け取らないことがあるそうです。

 債務者が送達通知及び差押命令を受け取ってくれない限り、私は強制執行をすることができないのでしょうか?
弁護士さんにも聞いてみたのですが、方法はありますよと言われたのですが、お忙しそうで詳しい内容が聞けませんでしたので、この場で質問させていただきました。
債務者はきちんと給与があり、住所も勤務先もわかっています。
どなたか教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

 債権者=私、債務者=友人Aとの間で債務弁済契約公正証書を取り交わしました。しかし、債務者が弁済をしてくれなかったので、債務者の給与に強制執行をかけました。
 勤め先である第3債務者からは差し押さえられた金額を支払うという陳述書が私と簡易裁判所に返ってきました。簡易裁判所は債務者に送達通知及び差押命令を送達したのですが、それを債務者は受け取らなかったようです。
 裁判所に送達通知及び差押命令が戻ってきましたら、次は勤務先に送るしか方法はないと思うのですが、そこでも受け取ら...続きを読む

Aベストアンサー

 民事執行における送達については,民事訴訟法98条以下の規定が準用されます(民事執行法20条)。

 送達は,郵便又は執行官によって行います(民事訴訟法99条1項)。

 送達場所は,送達を受けるべき者の住所、居所、営業所又は事務所にとされています(民事訴訟法103条1項)。

 送達の原則は,交付送達といって,送達を受けるべき者に送達すべき書類を交付してするのが原則です(:交付送達の原則:民事訴訟法101条)。
 しかし,その他に,「就業場所以外の送達をすべき場所において送達を受けるべき者に出会わないときは、使用人その他の従業者又は同居者であって、書類の受領について相当のわきまえのあるものに書類を交付すること」や「就業場所[中略]において送達を受けるべき者に出会わない場合において、[中略]他人又はその法定代理人若しくは使用人その他の従業者であって、書類の受領について相当のわきまえのあるものが書類の交付を受けることを拒まないときは、これらの者に書類を交付することができ」ます(補充送達:民事訴訟法106条1項)。
 また,「送達を受けるべき者又は[中略]書類の交付を受けるべき者が正当な理由なくこれを受けることを拒んだときは、送達をすべき場所に書類を差し置くことができ」ます(差置送達:民事訴訟法106条3項)。


【民事訴訟法】
http://www.houko.com/00/01/H08/109.HTM 

 民事執行における送達については,民事訴訟法98条以下の規定が準用されます(民事執行法20条)。

 送達は,郵便又は執行官によって行います(民事訴訟法99条1項)。

 送達場所は,送達を受けるべき者の住所、居所、営業所又は事務所にとされています(民事訴訟法103条1項)。

 送達の原則は,交付送達といって,送達を受けるべき者に送達すべき書類を交付してするのが原則です(:交付送達の原則:民事訴訟法101条)。
 しかし,その他に,「就業場所以外の送達をすべき場所において送達を受けるべき者に出会...続きを読む

Q地方裁判所から特別送達の不在票

本日、地方裁判所からの特別送達と書かれた(郵便局の)不在票が入っていました。
明日、再配達していただく予定ですが、中身が気になって仕方ありません。
身に覚えもなく、犯罪になるようなことはしていないはずですが・・・
補足として、昨年1年間、裁判員裁判の名簿登録されていました。しかし、期間は12月末で終わっているはずです。
期間過ぎてから3週間後に裁判の案内が来ることがあるのでしょうか。
それとも本当に何か訴えられているのでしょうか。

Aベストアンサー

そりゃ裁判員への呼出状じゃないかな。
裁判員名簿の期間の終了は12月31日じゃないんじゃないかな(なお、次の記事をご参照ください。)。仮にそうであっても、12月31日までにくじ引きがされておれば、今ごろ(1月20日)に呼び出しがくることはあるんじゃないかな。
私が体験した裁判員裁判だと、70人以上の方に呼出状が送られてそこから正規の裁判員6人と予備の裁判員3名を選びました。利害関係等の理由がある人を候補者から裁判所が外しましてね、その後、検察官と弁護人がそれぞれ数人について忌避をします。忌避する理由は明らかにする必要がありません。意地悪そうな顔をしていたでも、過度に生真面目そうに見えるでもいいのです。そして、残った候補者からくじで選びましたね。
たまたま男性ばかり忌避したら、見事に女性の裁判員ばかりになってしまったこともあったような気がします。
ご苦労ですが、しかし、体験された方は皆さん得難い体験ができたと言われますから、もし呼出状だったら、是非やってみてください。
それでは、明日の再配達の結果にワクワクドキドキしながらよい夢をごらんください。

http://www.saibanin.courts.go.jp/topics/13_11_12_meibo_hassou.html

そりゃ裁判員への呼出状じゃないかな。
裁判員名簿の期間の終了は12月31日じゃないんじゃないかな(なお、次の記事をご参照ください。)。仮にそうであっても、12月31日までにくじ引きがされておれば、今ごろ(1月20日)に呼び出しがくることはあるんじゃないかな。
私が体験した裁判員裁判だと、70人以上の方に呼出状が送られてそこから正規の裁判員6人と予備の裁判員3名を選びました。利害関係等の理由がある人を候補者から裁判所が外しましてね、その後、検察官と弁護人がそれぞれ数人について忌避をしま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報