ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

MH21S ワゴンR のアンテナカバーの外し方を教えてください!

「アンテナカバーの外し方」の質問画像

A 回答 (3件)

その部分は単体のカバーではなくアンテナと一体部品になっていて、ボディパネル(天井)との当たり面に接着剤などは使用されていませんので、上面にある2本のネジを緩めるだけでアンテナコードごと引き抜ける状態になります。


※ラジオアンテナはアンテナロッド部~固定台座部(←カバーのように見える部分)~車内に繋がるアンテナコードまで全て一体部品になっています。(アンテナコードのフロントピラー内の部分はアンテナロッド保護のために白いプラスチックのチューブが付いています)

新車からある程度の年数が経っていると固定台座部がボディパネルに貼り付いてしまっていると思いますので、指先で摘んで何度もコネるようにして引っ張り上げるか、隙間に爪を差し込んで引っ張り上げてみるか、工具を使用される場合は傷つき防止のためボディパネルにウエスなどを敷したり養生テープを貼るなどしてから隙間にプラスチック製のドライバーや内装用のパネル外し工具などを差し込んでコネてみてください。
※金属製の工具などで無理にコネると塗装に傷が付いたりボディパネルが凹んでしまう恐れがありますのでご注意ください。

ただし、アンテナコードはメーター裏あたりで車体金属部などに固定されているためそのままでは数cm程度しか引き出せないと思いますので、先にオーディオ(またはナビ)本体のアンテナプラグを外して、ステアリングコラム下のインパネを取り外すなどしてからアンテナコードの固定箇所をフリーにしてからでないと引き抜けないと思います。
※ただ単にアンテナコードを全部引き抜いてしまうと、後で元に戻す時にコードを車内に引き込むときにかなり難儀すると思いますで、アンテナコード先端(オーディオ側)のアンテナプラグ部に数m程度の紐や配線コードなどをしっかり結び付けておいてから引き抜けば、元に戻す時には車内側からその紐を引っ張れば比較的簡単に元に戻せると思います。
※アンテナ台座部分のボディパネルを凹ませたり、アンテナ台座部分とボディパネルとの当たり面にあるゴム製のガスケットに傷をつけたりしてゴムの当たりが悪くなると雨天時や洗車時などに水が車内に入ってくるようになってしまいますのでご注意ください。
    • good
    • 3

60の引退しようかの整備士です。


外して何がしたいの?

この車種は、カバーでは無く、アンテナ本体です。
「アンテナが、格好悪いから外したい。」
なら、
先ず、オーディオ機器を外し、アンテナコネクターコードを抜く。(第一関門)
次に、メーターパネルか、足下のカバーを外し、アンテナコネクターコードをたぐり、全てのクランピングを外し、アンテナコードをフリーにする。(第二関門)
最後に、車体外部のボルト2本を外し、本体を引きながら、コードが引っかからないように、ゆっくり引き抜く。

もし、アンテナが折れて交換するのなら、(第一関門)状態で、麻紐のような細くて丈夫なひもをくくりつけてから作業の事。
後で、メッチャ苦労しますから。
    • good
    • 1

ねじ緩めてもとれないのでしょうか?

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラジオのロッドアンテナの外し方

平成3年式マツダクロノスです。
ラジオアンテナの伸び縮み具合が調子悪いので点検したいのですが、はずしかたがわかりません。
どなたか教えて下さい。
(特殊な工具などがないとだめですか?)

Aベストアンサー

i-haradaです。

アンテナの真上から見ると3重の輪になって見えますよね、2つ目の輪の中に1ミリぐらいの小さな穴が2個対象に開いてるタイプでしょうか?
その小さな2つの穴を利用してねじ込むナットになっているタイプと思います。
外観は何かわからなく見えますが、ただのナットになってるはずです。そのナットと室内のアンテナの本体でボディーをはさむ形で取り付けられています。
特殊工具としてあるはずですが、Yの字になった工具でどちらかというと、地図記号の消防署のような形で、Yの下部がハンドルになっていて、後の上部の2本がその小さな穴にはまる突起が出ているものです。
一般的には使用しないので工具屋さんに有るかどうか何ともいえません。

ディーラーにいってゆるめてもらって下さい。
「自分で修理をやってみるので、駄目だったら修理をお願いします。」で良いんじゃないでしょうか?
修理は自分でできる範囲はするという考え方もディーラー側も受け止めてくれているようですから。そうじゃないところもあるかもしれませんがね。
駄目もとでいってみたらどうです。

i-haradaです。

アンテナの真上から見ると3重の輪になって見えますよね、2つ目の輪の中に1ミリぐらいの小さな穴が2個対象に開いてるタイプでしょうか?
その小さな2つの穴を利用してねじ込むナットになっているタイプと思います。
外観は何かわからなく見えますが、ただのナットになってるはずです。そのナットと室内のアンテナの本体でボディーをはさむ形で取り付けられています。
特殊工具としてあるはずですが、Yの字になった工具でどちらかというと、地図記号の消防署のような形で、Yの下部がハ...続きを読む

Qカーアンテナの取り外し

先日ナビを交換しました。その際、古いナビにつながっていたカーアンテナを取り外してもらおうとカーショップにお願いすると、コードを全部外すとなると高くつくので、途中でコードを切ったほうがいいですよといわれそのとおりにしました。ところが後で、心配になったのですが、配線されていないコードが車の中に残っていて大丈夫なのかということです。メカ素人の私です。車に何か不具合がでないかどうか教えて下さい。ちなみに新しいナビのアンテナはフロントガラスのフィルムシートで古いナビのアンテナは、車後部のボンネットに取り付けていました。

Aベストアンサー

両側が切断されていて、芯線がボディ以外の他の導電部分に接触してなければ問題無いです。

Qカーラジオのアンテナが折れてしまいました。

車を地下駐車場に入れているときに、カーラジオのアンテナが根元の方から折れてしまいました。アンテナが折れてしまっても、AM放送はまあまあ入るのですが、FM放送の方はあまり聞こえなくなってしまいました。
車に乗っているときはラジオを聴くことが多いので何とかしたいのですが、あと1年くらいで買い換えようと思っている車なので、業者に頼んでアンテナを付け替えてもらうのも躊躇してしまいます。何かよい方法はないでしょうか。また、もしアンテナを付け替えるとしたらいくらくらいかかるのでしょうか。

Aベストアンサー

衣服をクリーニングに出した時に、針金製のハンガーが付いてくると思うのですが、そのハンガーのフックの部分を直線に伸ばして、ハンガーの部分を縦に伸ばし、ひし形にします。直線にしたフックの部分を、車のアンテナの部分(中が空洞になっている)に差し込みます。そうすると良く聞こえます。ただし、貧乏くさいし、カッコ悪いです。

Q最近の車のアンテナはどうなんですか?

単純なおじさんの質問です、どなたかわかりやすく教えてください。
一昔前の車を乗っているもんで新車を見ていると
車後部の屋根にゴムの形状で折りたためるアンテナを良く目にします。

昔は手や電動で、運転席窓側上からのびるようになっていましたよね。

最近はFMやAMに限らず、カーナビでTV(ワンセグやフルセグ)で情報を取るにあたり
アンテナを使っていないのでしょうか?TVはネットとして、ラジオはアンテナからの場合
あの短いのでちゃんと電波入ってくるのでしょうか?
2本くらいアンテナを立てた車を良く見かけてましたが今は殆ど見ませんから。

今度車を購入しようと思ってますが、
ラジオがちゃんと入ればいいんですが、カーナビ以外に何か着けるように考えないといけませんか?

Aベストアンサー

No4です。
今の短いアンテナはヘリカルアンテナと言って中に長いコイルを巻いて昔の長いロッドアンテナと同等の利得を得るようになっていますが、波長の長い電波を拾うには物理的に長いアンテナの方が有利になってしまいます(特殊な環境を除いて問題ない範囲だと思いますが)
多分純正であれば、チューナーにブースター回路が内蔵されている可能性もありますので、まずは試されてから検討されてもよろしいかと思います。

デジタルアンテナは最近では小さくなったのでフロントガラスが多いように思います。
アナログTVの時は、長いアンテナが必要だったので、純正ではリヤガラスが多かったように思います。

Qブッシュ交換について

以前、車の雑誌で「ブッシュを交換すると走りが改善される」とあり、費用も小額だったと
記憶しているので交換しようと思うのですが、具体的にはブッシュとはどの部分の部品なのでしょうか?
某車用品店の店員さんのお話では、「バネとアッパーマウントの間のゴム」との事だったのですが
ほかにもありますでしょうか?
費用にもよりますが、できることならまとめて交換したいので。

Aベストアンサー

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こりませんが(^^; )、そこそこ走れてしまい、正直、一般のドライバーであればあまり気にならないことが多いです。
ですが、それ故、それらを交換すると、ゴム本来の弾力が戻り、しっかりさや、しなやかさの改善を実感できることが多いといわれます。
スポーツタイプの車種では特に顕著にそれが感じられ、足回りのチューニングでは、サスペンション調整とほぼ同時位にやるべき重要メニューとされているのが一般的です。

種類としては、メーカー純正品、強化タイプ、ウレタン、そして、ゴムではなくなって、金属ジョイントのピロボールとよばれるものがあります。
純正品以外は、使用目的やドライバーの腕に依存することが多く、逆に振動が大きくなったり、動きがピーキーなったり、寿命が短かったりすることがあり、基本的に一般ドライバーは純正品の新品で十分でしょう。

また、交換の費用内訳ですが、上記種類により、一応価格差は存在するものの、ブッシュそれ自体はそれほどでもありません。それよりも、labrakunさんがどの程度を高額と考えられているかはわかりませんが、このチューンは一般的に工賃が高い(もしくは、高いと感じられてしまう)ので有名ですw

油圧式の機材などを使用して、固いブッシュを、ひとつひとつアームより、抜いては入れ、抜いては入れを繰り返す為、どうしてもそうなってしまうようです。
車種や、交換箇所数、ショップにもよりますが、いわゆるブッシュ全交換メニューは、工賃のみで、安くても3万はまず下らないことが多いと思います。
また、これも車種で異なる可能性がありますが、一部のアームはブッシュを抜く際、アーム自体が痛んでしまうために、再利用できないものもあります。

そう言ったわけで、これらの費用を入れての総額は、結構な値になってしまう割に、なにかパーツをつけたぞ、というような目に見える分かりやすい変化がないため、ショップの方も、なかなかお客さんに勧めにくいそうです(^^;)

とはいえ、効果ははっきりいってお墨付きですし、スポーツ走行を前提としている方は、まず殆ど行っている、いわば、本質を考えた玄人的なチューンメニューです。
予算の都合がつきそうでしたら、ぜひ試してみてください。足回りのシャキッと感は結構嬉しいものですよ。(*^-^)

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こり...続きを読む

Q軽自動車のアンテナ交換はいくら?

車のコイン洗浄で、アンテナを収納せず行った為にアンテナが曲がってしまいました。これを直すのはガソリンスタンドでは頼めますか?交換となった場合どのくらいかかるのでしょうか?
軽自動車に標準で着いていたもので結構です。
曲がり収納不可能になった為なんとかしないといけないので、教えて下さい。

Aベストアンサー

私も同じ経験をし、車を購入した店舗で直しました。やはり部品はメーカーが持っていますので3日ほどかかりました。マツダ ラピュタですが5,750円です。あきらめましょう

Qルーフアンテナがある車とない車

車を見てるとルーフアンテナのある車とない車があります。

軽自動車や2Lクラスまでの車にはたいていありますが、
2Lクラス以上の車だとない方が多いように思います。
これはなぜでしょうか?

2Lクラス以上の車だと車両価格が高いので、
アンテナにもお金をかけて内蔵?にしているということでしょうか?

BMWなどは高級車ですが、ちょっと変わった?ルーフアンテナがついてますよね。
必ずしも高級車だからといってルーフアンテナを無くそうという考え方ではないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>2Lクラス以上の車だとない方が多いように思います。これはなぜでしょうか?

デザインと原価の関係です。

>アンテナにもお金をかけて内蔵?にしているということでしょうか?

その通りです。
100万円の車に、1万円のアンテナを装備する事は原価効率が悪いですよね。
が、500万円の車に、1万円のアンテナを装着しても原価効率には影響ありません。

>BMWなどは高級車ですが、ちょっと変わった?ルーフアンテナがついてますよね。

あれは、多機能アンテナです。
ラジオだけでなく、車載電話などのアンテナとしても機能します。
時々、見せ掛けだけの(アンテナ機能の無い)飾りとして装着している方もいるようですね。(笑)

>必ずしも高級車だからといってルーフアンテナを無くそうという考え方ではないのでしょうか?

それは、ありませんね。
ブースターの性能が上がったといっても、内部アンテナよりは外部アンテナの方か確実に感度が良いです。
AMラジオ電波などは、指向性を持っています。
放送局の発している電波塔に直角になるように、アンテナを向ける必要があります。
車内内部装着だと、自動車は360度方向に移動しますから受信感度が落ちますよね。
そうなると、360度方向から電波を受信できるロットアンテナの方が現実的なのです。

>2Lクラス以上の車だとない方が多いように思います。これはなぜでしょうか?

デザインと原価の関係です。

>アンテナにもお金をかけて内蔵?にしているということでしょうか?

その通りです。
100万円の車に、1万円のアンテナを装備する事は原価効率が悪いですよね。
が、500万円の車に、1万円のアンテナを装着しても原価効率には影響ありません。

>BMWなどは高級車ですが、ちょっと変わった?ルーフアンテナがついてますよね。

あれは、多機能アンテナです。
ラジオだけでなく、車載電話などのア...続きを読む


人気Q&Aランキング