よく耳にするのですが、
「劇場型人間」というのは、正確にはどういった意味の言葉なんでしょう。
お詳しい方、教えてくださいな。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 実はかなり前に『劇場国家論』という学説があったんです。

ひょっとするとそこからきているのかもしれません。劇場国家論というのは、あたかも劇のように、国家が運営されていくという、バリの王政について説明する論理です。まるで観客が一般大衆、劇をする人が大臣や王様のように王政を展開していく、そんな話です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます!
劇場って、いろんな比喩に使われてたんですね。

劇ってひとつの祝祭であったり、祈りであったり、非日常な時間・空間。
ところが、日本の演劇自体も形式的になったり、リアリズム追求したりで
(前衛劇が活躍してるようだけど)
生活の中にいたらどこへ行っても日常から逃げられない感じがします。

人間の本能として、ハレの場で自己を解放したいのに
その機会が少なくなった現代人の中に
「劇場型人間」が生まれるのかな。

図書館へ行った折、教えてくださった論説が載ってる本、探してみます。

お礼日時:2001/07/07 03:25

グリコ・森永事件を「劇場型犯罪」と名付けたヒトがいましたよね。

小田晋さんだったかなあ…。

【劇場型犯罪】
国民注視の犯罪やその中で行われる犯罪。マスコミで犯罪やその捜査が逐一報道され,不特定多数が巻き込まれ進行する,犯人側も犯行声明などを送るなどの特徴がある。保険金詐取目的殺人事件や毒入り食品ばらまき事件などがその典型。(デイリー新語辞典より)

劇場型人間も、そこから派生した言葉じゃないでしょうか。要するに、日常生活でもいつも「観客」を意識して振る舞うヒトに対して使っているように思います。私個人は、自意識過剰、とか、悲劇のヒロインに浸りたがる人、とかのイメージがありますけど。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

劇場型犯罪を犯した犯人(ヘンな日本語だなこりゃ)=劇場型人間
というニュアンスではなさそうですね。
自然と人々の間に湧いて出てきた造語なのかな。
ありがとうございます!

お礼日時:2001/07/07 03:10

それってもしかして激情型人間????

    • good
    • 4
この回答へのお礼

あっ なるほど!
そこから言葉が派生してきたのかも。

お礼日時:2001/07/07 03:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芥川賞が又吉に乗っかったと言う事でしょうか?

こんにちは。
又吉さんの才能については良く知りません。
芸人にしては読書家であるとか、文学に通じているとか、
そう言う評判は聞いてはいましたがいずれにしろ「芸人にしては」
と言う形容がまず先にあっての話題と言う風に受け止めていました。

芥川賞についても直木賞にしても大して知りません。
(直木さんと言う作家さんがいたのですか?)
(元々どこまでが文学とかどこからが文学じゃないとか解らんちん)
でも恐らく新鋭作家の受ける文学賞として最高の栄誉であると見ています。
でも最近文学自体が斜陽と言いますか、浮世離れとでも言いますか、
飲みに行って美術、音楽、考古学、天文学ぐらいの話が出たとしても、
文学は出せんでしょう、要するに一般人の話題に上がらないのだと思います。

又吉さんの才能にケチ付けるつもりはないですが、
そんな簡単に、片手間で、取れちゃうの?と言う見方も出てしまう訳です。
何か引っかかると言いますか腑に落ちないと言いますか。
又吉さんが一般の、普通の、キモい、若手作家だったら?

穿った考えかも知れませんが、
今回は芥川賞が又吉さんに乗っかったと言う見方はありますか?

こんにちは。
又吉さんの才能については良く知りません。
芸人にしては読書家であるとか、文学に通じているとか、
そう言う評判は聞いてはいましたがいずれにしろ「芸人にしては」
と言う形容がまず先にあっての話題と言う風に受け止めていました。

芥川賞についても直木賞にしても大して知りません。
(直木さんと言う作家さんがいたのですか?)
(元々どこまでが文学とかどこからが文学じゃないとか解らんちん)
でも恐らく新鋭作家の受ける文学賞として最高の栄誉であると見ています。
でも最近文...続きを読む

Aベストアンサー

確かに現在の純文学系の本の売れ行きは芳しくありません。
著名な選考委員の方々が少し空気を読んで『話題作りのためにも…』と選出した可能性が無きにしも非ず。
…と感じています。
時代の流れかもしれないですが、近年の芥川賞は文学的にすぐれた作品から商業的に売れる(売れそうな)作品へとシフトしているように感じています。
古館さんが発言した『本屋大賞と変わらないような…』という発言もよく理解できます。

あと、重要なことなのですが、作品に対しての編集者さんの多大なバックアップがあることも確かです。
自分の作品にこだわりを持ち、少しでも内容をいじられることを良しとしない作家さんもいますし、
作品が良くなるならと編集者さんの意見を聞き入れ大幅に書き直す作家さんもいます。
前者が良くて後者が悪いというわけではありません。
後者の方が作品としては良質になる可能性が多大にあります。読み手のためには後者を選択する方が多分いいのでしょう。ただ、作家の個性と作品の個性が消えて読みやすくなるだけの可能性も否定はしませんが…。
勝手な推測ですが、又吉さんの場合、後者のような気がします。彼にとって文筆業は彼のメインストリームではないですから。

どちらにしろ直木賞も芥川賞もいわゆる新人賞です。
大きく取り沙汰されるので、さもすごい作品のように感じられるきらいがありますが、とどのつまり『新人賞』なので、そこらへんは理解してあげてください。

確かに現在の純文学系の本の売れ行きは芳しくありません。
著名な選考委員の方々が少し空気を読んで『話題作りのためにも…』と選出した可能性が無きにしも非ず。
…と感じています。
時代の流れかもしれないですが、近年の芥川賞は文学的にすぐれた作品から商業的に売れる(売れそうな)作品へとシフトしているように感じています。
古館さんが発言した『本屋大賞と変わらないような…』という発言もよく理解できます。

あと、重要なことなのですが、作品に対しての編集者さんの多大なバックアップがあることも確か...続きを読む

Q言葉遊び(10回クイズ、言わんのバカ、早口言葉)は心理学で説明できる?

昔、10回クイズ(「ピザ」と10回言わせた後、ひじを指差して「ここは?」と聞くと「ひざ」と答えてしまう)や、言わんのバカクイズ(出題者が解答者に「何といっても静岡と答えてください」とあらかじめ言っておいて、「お茶?」「静岡!」「うなぎ?」「静岡!」「わさび?」「静岡!」というやり取りがあった後、出題者が「塩漬け?」と言うと解答者が「しおずか」と思わず答えてしまう)というクイズというかゲームが流行りましたよね。
また、これとは別に早口言葉で「バスガス爆発」だと言いにくいけど、「バスが酢爆発」だとちょっと言いやすくなりますよね。

個人的に、これには心理学実験的な要素が含まれていると考えています。
こういった10回クイズ、言わんのバカクイズの他早口言葉などを含む言葉遊びと心理学(プライミング?)の関連について言及している本を探しているのですが、該当する書籍など知りませんか?
あるいはそういったことを専門的に研究している大学の学部などありませんか?

Aベストアンサー

関連の書籍や研究機関については心当たりがなくて、大変申し訳ありませんが、
質問文とNo.1の方の回答を読み、このタイトルに思わず興味を持ってしまいました。

言語の解釈という意味での言語学と、心理学の要素が組み合わさった問題ではないかと思います。

私は「ひじ」にはまんまと引っ掛かり、落とし穴に落ちたことにさえ、しばらく気づきませんでした。

「ピザ」と「ひざ」の違いにとらわれるがために、「ひざ」と「ひじ」という、
「ひ」が共に同一で、「ざ」と「じ」というさ行の濁音の、母音違いにまで注意がいきませんでした。

さらに、「ひざ」と「ひじ」は共に、手と足というイメージ的に似た2者の、共に関節部分にあたり、
また、直観としての視覚的イメージで考えても、どちらも「くの字」で、この点でも混同しやすいです。

このように何重にもトリックが仕掛けられていて巧妙なのが、「ピザ」のクイズだと思います。

「塩漬け」には引っ掛からなかったのですが、これのポイントは、「け」と「か」の違いにとらわれ、
「お」と「づ(orず)」の語順の違いに対する配慮がおろそかになることではないかと思います。
「ひじ」と違い、問われる事前に「静岡」を連呼しているので、比較的間違いにくいはずです。

この手のジャンルは、一見言葉遊びのようで、社会的な有用性は少なそうにも思えますが、
他人を操作する方法論を研究すること自体は、振り込め詐欺などのトリックを見破るなど、
社会に有用な行為にも活用することもできるので、
もしかしたら、どこかにそのようなジャンルを遊び以上に真剣に研究している人もいるかもしれません。

関連の書籍や研究機関については心当たりがなくて、大変申し訳ありませんが、
質問文とNo.1の方の回答を読み、このタイトルに思わず興味を持ってしまいました。

言語の解釈という意味での言語学と、心理学の要素が組み合わさった問題ではないかと思います。

私は「ひじ」にはまんまと引っ掛かり、落とし穴に落ちたことにさえ、しばらく気づきませんでした。

「ピザ」と「ひざ」の違いにとらわれるがために、「ひざ」と「ひじ」という、
「ひ」が共に同一で、「ざ」と「じ」というさ行の濁音の、母音違...続きを読む

Qピース又吉とラルクのテツ

ピースの又吉とL'Arc-en-Cielのtetsuさんって少し似ていませんか?

tetsuさんかっこいいと思っています。
又吉さんも面白い芸人さんだと思います。

申し訳ないですが、似ていると思ってしまいます。皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

いわれてみると、
確かに似ているね。

Q他者に意見を述べさせ、それに続く自分の言葉を恣意的に意見を変えてしまう指導的立場の人間の心理は?(長文です)

お世話になります。
学校教育、グループ活動、職場の会議などで、互いに意見を出し合う機会はよくあることと思います。
そういった活動の中で、指導者的立場の人間(教師、上司、先輩など)でありながら、まず他人に意見を求めてから、その内容によって恣意的に自分の意見を変えてしまう人というのを何人も見てきました。

例) 職場(生産工場)にて
工場長「新入社員の●●君、生産ラインに入って一通り仕事を覚えたと思うが、仕事を遂行する上でもっとも大切な事は何だと思うかね」
●●「はい、マニュアルを熟読し、作業手順を守って決められた時間内に自分の担当する工程を終わらせ、ラインを止めることなく高い生産性を保つことです。」
工場長「何言ってるんだ! マニュアルどおりに仕事をすればそれだけでいいのか? 一番大切なことはエンドユーザーにこの製品を使っていただき喜んでもらうことだ! われわれはお客様を笑顔にするために働いているんだ!」

翌日
工場長「新入社員の▲▲君、生産ラインに入って一通り仕事を覚えたと思うが、仕事を遂行する上でもっとも大切な事は何だと思うかね」
▲▲は●●から事の次第を聞いていたので、
「お客様を笑顔にするために働くことが重要だと思います」と工場長にとっての模範的回答をした。すると、
工場長「何言ってるんだ! 客の笑顔が重要だと! メルヘンみたいな事言うなよ。マニュアルにしたがって能率よく作業を行ってラインを止めないことがよほど重要だろ! 企業は利潤追求のために動いているんだぞ! ”客の笑顔が大切”なんていうなら、どこかの遊園地にでも就職すれば良かったんじゃないのか?」

さらに翌日
工場長「新入社員のXX君、生産ラインに入って一通り仕事を覚えたと思うが、仕事を遂行する上でもっとも大切な事は何だと思うかね」
XXは▲▲と●●から事の次第を聞いていたので、
「2点あります。
 一つはマニュアルに従って能率よく作業を行いラインを止めずに生産性を上げること。
 二つ目はお客様を笑顔にするために働くことの二つが重要だと思います」と●●と▲▲が指摘された二つを取り入れた回答をした。すると、
工場長「違うよ! カイゼンをするためには何が必要か、今の手順のままでいいのか、もっと効率のよい方法はないか、を常に考えながら、現状の仕事の進め方に疑問を持って取り組むことが一番大切だ! 新入社員だからといってマニュアルに盲従しかできないのでは能力が足りない! 事実、今までも新入社員のフレッシュなアイディアでマニュアル改定、作業改定をして、劇的に効率が上がったことがいくらでもある。マニュアルどおりに仕事をするならロボットの方が効率がいいよ。そうやって高い生産性、高い品質の商品を送り出せば自然とお客様に喜んでいただける。お客様の笑顔は結果でありそれ自身を追及するものではない。よく覚えておきたまえ」


仕事を遂行する上でもっとも大切な事はこの工場長を職場から排除することだと思うのですが・・・


こういったことは学校教育やグループ活動など上下関係がはっきりした団体活動でもよくあることと思います。特に学校教育の現場では読書感想の発表や学校行事の反省会など、
”複数の意見、回答が存在し、見地によってはどれが正解、誤回答とは決め付けられないもの”
を求める場面でよく発生すると思います。
(逆に理系の授業で、正解の回答手順と正解が一通りしか存在しないもの、を求める場合にはこのようなことがめったにないと思います) 
場合によっては教師、上司、先輩によるイジメの根源になりうると思います。

 このように先に意見を言わせ、そのあとで恣意的に「その回答は間違っている」とするような指導的立場の者というのはどのような思考回路、心理状態の持ち主でしょうか? 指導者としての適性はあるのでしょうか? イジメでしょうか? 職場、学校などでどうしても人間関係を離せない場合はどのように付き合っていくのがいいでしょうか? 好かれるようにゴマすりでもすればいいのでしょうか?

 それとも単に回答した人間が僻み根性の持ち主か、嫌われているのか、とんちんかんか、あまのじゃくか、顔色を伺うのが下手で質問と合わない解答をしているだけでしょうか?

お世話になります。
学校教育、グループ活動、職場の会議などで、互いに意見を出し合う機会はよくあることと思います。
そういった活動の中で、指導者的立場の人間(教師、上司、先輩など)でありながら、まず他人に意見を求めてから、その内容によって恣意的に自分の意見を変えてしまう人というのを何人も見てきました。

例) 職場(生産工場)にて
工場長「新入社員の●●君、生産ラインに入って一通り仕事を覚えたと思うが、仕事を遂行する上でもっとも大切な事は何だと思うかね」
●●「はい、マニュアル...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、

文章だけから見ると、この上司は、部下に対して、心理的に優位に立ちたいだけのようです。
なんだか、部下に対してコンプレックスを抱えているようにも感じます。
部下が大卒で、自分は高卒とか、入社の経緯が違うとか…何かあるのかも知れないですネ。
(実際の表情、言い方、態度、その前後の行動などが見れるならもっと
  正確に判断できると思いますが…)

好意的に解釈すると、部下の気づかない部分を指摘して、
部下に成長してもらいたいと考えているかも知れませんが、
彼の戦略は、部下に不信感を抱かせるだけで、大失敗です…ご愁傷さまです(笑)

部下が、不快な思いをさせられて、生産効率の改善につながらないという時点で、
この上司の行為はパワーハラスメント(力を背景にしたイジメ)にも成ると思われます。

> 工場長を職場から排除することだと思うのですが・・・

パワハラは、必ず風土的背景(社風)から生まれて来ますから、個人を排除しても、
また、違う人間がパワハラの根源になる可能性があります、

現状で、そういった受け答えだけの問題で、そんなに大きな被害ではないのなら、
管理者研修などで、会社の風土診断などを行い、社風を変えて行く必要があるのかも知れません。
こちら↓のページの下の方、【教育資料】や【組織診断】をご覧下さい。
http://homepage1.nifty.com/okinawa-ta/org/organize.htm

本来は、経営者側がやるべきことですけどねぇ~
自分達の働きやすい環境のためですから、労働組合などから、要求してみては如何でしょう。

そして、この上司の(さらに)上役に対する態度は、どの様でしょうか?
書いてあるような部下への態度から想像するに、彼の上司に対しては
意見を合わせ妙に媚びへつらっていませんか? もしも、そうなら、
彼は蝙蝠野郎です(笑)、ひとりで立ち向かってはいけません。

個人個人が仲良く、連絡を密にして団結しているところを見せるだけで
充分だと思われます、こういう人は、人一倍防衛本能が発達していますので、
自分より力を持つ者には攻撃しませんので…(分断工作をしてくるかも知れません)

そして、考えを変えてもらうためにも、社風を変えて行く工夫をされるべきでしょうね。

> それとも単に回答した人間が僻み根性の持ち主か、嫌われているのか、
> とんちんかんか、あまのじゃくか、顔色を伺うのが下手で
> 質問と合わない解答をしているだけでしょうか?

この質問分の内容では、この複数の従業員の「僻み根性とか、
(上司から)嫌われているのか?」云々に関する情報は皆無ですし、
少なくともこの文の中に、従業員側の論理の破れは見えません。
そしてそのことは、従業員側から質問している、質問者さまが、一番ご存知のはずですよね。
長文の“前提”に従って答えを出しているだけですので、
この様な書かれていない情報をもとに、心理的な論理を組み立てることはできません。

そして、この最後の二行で、上司が部下に行っているのと同じ“ダブルバインド”を
質問者さまも、行っています。回答する側からは「教えて」と「答えるな!」と
同時に言われているようで、不快です(笑)…参考になれば

 ※ダブルバインド⇒ http://i.impressrd.jp/e/2008/02/15/365

こんにちは、

文章だけから見ると、この上司は、部下に対して、心理的に優位に立ちたいだけのようです。
なんだか、部下に対してコンプレックスを抱えているようにも感じます。
部下が大卒で、自分は高卒とか、入社の経緯が違うとか…何かあるのかも知れないですネ。
(実際の表情、言い方、態度、その前後の行動などが見れるならもっと
  正確に判断できると思いますが…)

好意的に解釈すると、部下の気づかない部分を指摘して、
部下に成長してもらいたいと考えているかも知れませんが、
彼の戦略...続きを読む

Q又吉イエスとは

とあるWEBサイトで見かけたんですが、
又吉イエス
とは何者ですか?すごく気になります(>_<)

Aベストアンサー

よく職場の前の道を通っるの、見かけます♪
さきの選挙では、投票には無関係の一般市民が
多数応援に参加し、主にポスター貼りなどを
お手伝いしたそうです。

今の、金がないとまともに選挙すら戦えない
政治の状況に、一石を投じるものだったと私は
評価していますが、その人柄とはうらはらに
言動思想の激しさのみが一人歩きしているのも
事実です。

何か答えになってませんねぇ、すみません。

Q言葉の意味。

言葉の意味。

知能の判定をするのに対連合学習法というのがありますが、
どのような方法なのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

対連合学習は,本来,記憶研究のための手法であって,
記憶の研究が「言語学習」の名の下に行なわれていた時代に
熱心に利用された古典的研究パラダイムです。
知能の判定に用いたり,
自閉症児と健常児の比較に用いたりというのは
あくまで応用的な利用と考えてください。

対連合学習の具体例は
#1さんの回答で紹介されている論文中に見ることできるとおり,
2つの項目(文字,記号,絵など)を対にしたものを複数対記銘させ,
一定の時間が経過したあとで対の一方の項目(刺激項)を提示して
もう一方の項目(反応項)を再生ないし再認させるというものです。
学校のテストでいうと,
再生は「穴埋め問題」,再認は「多肢選択問題」に相当します。

対連合学習では
刺激項と反応項の類似性が高いと記憶しやすいのですが,
刺激項同士,あるいは反応項同士の類似性が高くなると,
誤反応が増加して再生・再認の成績は悪くなります。
また刺激項と反応項,双方の有意味度や熟知性も記憶のしやすさに影響します。
「スヒ」と「£」の対に比べて
「リエ」と「♀」の対のほうが覚えやすく思い出しやすいというように。

対連合学習は,本来,記憶研究のための手法であって,
記憶の研究が「言語学習」の名の下に行なわれていた時代に
熱心に利用された古典的研究パラダイムです。
知能の判定に用いたり,
自閉症児と健常児の比較に用いたりというのは
あくまで応用的な利用と考えてください。

対連合学習の具体例は
#1さんの回答で紹介されている論文中に見ることできるとおり,
2つの項目(文字,記号,絵など)を対にしたものを複数対記銘させ,
一定の時間が経過したあとで対の一方の項目(刺激項)を提示して
もう一方の項目(...続きを読む

Qココリコ田中vsピース又吉

正統派文系男子というイメージが漂う、ココリコの田中直樹さんとピースの又吉直樹さんですが、偶然にも同じ名前なんですね。
しかも本名=芸名のまま。

さてそれはさておき、この2人だったらどっちが好きですか?
好感が持てますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

どちらかというとココリコ田中さん。
ピース又吉さんは笑った時が半笑いでちょっと気持ち悪いです。

Q思想の言葉の意味

こんにちは。
みなさん、思想という言葉の意味をどのように考えますか?
現在、私は自分の職種の思想について、考えています。
先日、思想とはの質問に答えることができませんでした。

思想の意味は「考え方」「理想像」「生き方」「生き様」のどれになりますか?私は「生き様」かなとも思っています。
また、他の意味を示しますか?
理由付けで、教えていただくと幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ほぼ「生き方」=「生き様」だと思いますが、どう違うのでしょうか?
(もっとも、「生き様」ということばはまともな日本語ではありません。「死に様」ということばから安直な連想をしてこしらえた俗語です。)

思想というのは「考え」または「考え」を結果としてまとめた意識内容のことをいいます。「考え方」というのは「考える方法」ということですよね。考える方法は思想の一部にすぎません。

また、思想は「生きる方法」や「生きる方向性」も思想全体をあらわすことばではありません。「世界観」「宇宙観」「鳥はなぜ飛ぶのか」「リンゴはなぜ落ちるのか」というようなことを"考える"のも"思想する"ことの一つです。

結論。
思想とは「考え」ということばの置き換えである、
と思って間違いありません。

まずはこの辺を↓
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%97%E3%81%9D%E3%81%86&dtype=0&stype=1&dname=0ss&pagenum=11
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%9D%E6%83%B3

ほぼ「生き方」=「生き様」だと思いますが、どう違うのでしょうか?
(もっとも、「生き様」ということばはまともな日本語ではありません。「死に様」ということばから安直な連想をしてこしらえた俗語です。)

思想というのは「考え」または「考え」を結果としてまとめた意識内容のことをいいます。「考え方」というのは「考える方法」ということですよね。考える方法は思想の一部にすぎません。

また、思想は「生きる方法」や「生きる方向性」も思想全体をあらわすことばではありません。「世界観」「宇...続きを読む

Qピース又吉さんの火花を読んだ方、感想を教えて下さい。

ピース又吉さんの火花を読んだ方、感想を教えてください。

補足
アンケートカテゴリと迷いましたが、キャンペーンに参加したかったため、こちらのカテゴリにしました。

Aベストアンサー

正直くだらない本だと思いました。
売れない芸人の世界が書いてあるのですが、売れない芸人は生活面で大変苦労していると思いますが、そんな生活感が出てきません。またネタを作るのも大変だと思います。どうやってネタを作るのか、どうやってそれを漫才に仕上げていくのかそんな話も書いてありません。書いてあるのは実際にはあり得ない様なお笑い芸人の日常生活だけです。
 私はHPに読書も記録をつけていますが、E(絶対にあり得ない)をつけました。

Q認識という言葉の意味

「最も重要なのはあなたが必要とする人の賛同やお金ではなく認識です」
の認識の意味がいまいちよくわかりません。
人生をよりよく生きていくためのアドバイスなのですがどなたか分かり易く説明していただけないないでしょうか

Aベストアンサー

私の解釈にすぎませんが、例えば、あなたが何か意見を主張して、その主張を受けたAさんが「賛同」したとしましょう。しかし、重要なことはAさんが「賛同したこと」ではなくて、「Aさんが賛同してくれたということをあなたが認識できること」だということです。

別の言い方をすれば、Aさんがあなたの意見に賛同しようと、賛同していまいと、それをあなたが認識できなければ意味がないということです(知らないものはどうにも感じようがないというわけ)。

お金にしても、通帳に1000万円入っていたとしても、あなたがそれを知らなければ「オレは金持ちだぜ」という風に思うこともなく、むしろ「貧乏でお金がないよぉ」と思うことでしょう。あるかどうかが問題ではなく、あると認識できることで行動も変わってくるということなのでは?

この場合の認識というのは、確認という言葉に近い意味かもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報