アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

今回、介護実習のテーマ(目標)を明日までに、書かなければなりません。
2つ目標があり、それは、『1つ目の目標⇨職員さんや利用者さんとコミュニケーションを取ることです』・『2つ目の目標⇨施設概要を学ぶ事でどのような環境で利用者さんが生活しているのかを理解していきます』
のテーマなんですが、文章の内容が思い浮かばないです
文章を考えて下さい
お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

★コミュニケーション術


http://liginc.co.jp/life/business/99232

利用者さんは、同世代の方と話しをすることを望んでいる方が多いです。
同窓会で、話しが弾むのといっしょです。
でも、レクリエーションなどよりも、まずは会話ありきです。
たくさんの言葉を投げかけて、相手の言葉を傾聴してください。

★報告連絡相談
http://www.digital-sense.co.jp/cc_new/sub/10_1.h …

職員のつながりは、まずこれが基本です。
これがしっかりと出来て、お互いの個性が理解しあえてこそ、会社を離れてもコミュニケーションが取れるようになります。

★環境は、実際見てみるとわかりますが、

認知度の違う高齢者10人が、個室で暮らしていて、
気温は、一年中春です。エアコンがあるので、季節感薄れます。
食事時だけ、フロアで他の人といっしょに食べなければなりません。
食事は、2時間以内に終わらせなければなりませんので、わりと自由が無いです。
同じレベルの話し相手がいませんので、日中はほぼ自室に閉じこもりがちになります。
集団で行うレクリエーションは、苦痛以外のなにものでもありません。
職員の都合で、早く起こされ、早く寝かされます。
体の健康は保たれますが、心の健康は無視されます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

目標」に関するQ&A: 仕事での目標設定

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今、介護の専門学校の二年生です。実習が9月から始まりまして、私としては

今、介護の専門学校の二年生です。実習が9月から始まりまして、私としては何とかして実技(トイレ介助、お風呂介助、体位変換など)を勉強したいと思っています。一年生の実習では、コミュニケーションしかさせて頂けず、排せつなどは見学のみ、でいつになれば教えて頂けるのかと思っていました。今日、9月から始まる実習の目標を立てるように先生から指示がありました。その項目は、一年生の時にできなかったことや克服しなければならないことを目標にするように言われました。私は、実技をしたいというふうなことを書きました。しかし、先生からは、どうしたら教えてもらえると思いますか?あなたは、どう行動しますか?と言われました。しかし、私は、実技を教えてほしいとアピールするといいました、その答えでは受け付けてもらえず、自分なりに考えましたが、一年生の時は、実習を受ける心構えというか実技を教えてほしいという姿勢がたりずに、このような結果になったのかなと思いました。なので、気持ちや心構えをきっちりしようと思うのですが、どうすれば、実習担当の施設の職員の方に僕が実技を教えてほしいのですということを分かっていただくにはどうすればいいのでしょうか?どうゆう行動をとれば、施設の職員は実技を教えようと思っていただけるのでしょか?自分で考えなさい、というお答えが聞こえてくるような感じがしますが、自分としては、直接、職員の方に実技を教えてほしいと伝えるしかないと思うのですが、目標になんと書けばいいでしょうか?

今、介護の専門学校の二年生です。実習が9月から始まりまして、私としては何とかして実技(トイレ介助、お風呂介助、体位変換など)を勉強したいと思っています。一年生の実習では、コミュニケーションしかさせて頂けず、排せつなどは見学のみ、でいつになれば教えて頂けるのかと思っていました。今日、9月から始まる実習の目標を立てるように先生から指示がありました。その項目は、一年生の時にできなかったことや克服しなければならないことを目標にするように言われました。私は、実技をしたいというふうな...続きを読む

Aベストアンサー

現実問題として、学生を受け入れる場合はリスクの問題があり
事前に、学校側と施設側で、取り決めが行われています。
つまり、させていいこととさせてはいけないこと
今は、実習期間中は、保険もかけてあると思います。

私のいるところでは、入浴に関しては、かなり細かく規定があり
お風呂介助といっても、絶対にさせてはいけない部分があります。
具体的には、移動はNGだったと思います。
排泄も当然移動とかが絡むとNGだったような気がします。
せいぜい、トイレまで連れて行ってあげる行為まです。

食事介助一つでも、学生にさせていい人と絶対にさせてはいけない人とか
施設側で、事前にちゃんと決めていると思います。

実際に、過去には骨折事故が発生したこともあります。
こういったはなんですが、今は親族にモンスターの方が多いので
トラブルが発生した時に、学生が関与していると大変なことに
なりますので、リスク回避の為に、リスクの高い行為に関しては
見学のみとなっているようです。

相手は、人間ですので、学生という免罪符は一切通用しません。
施設実習とは、実際にはこういったかなりの制約の中で行われると思います。

現場では、基本は重要ですが、個々の病状や状態、本人の希望によって
一人一人支援の方法や内容が違います。
どのレベルの施設に実習にいかれるかわかりませんが、
現場で、実技の基本を学ぼう等という考えは捨てた方がよいと思います。
というか、実技は学校の授業ですることでしょう。

正直言って、提出するレポートの答えをここで聞こうとしているとか見えません。
実際に目標を見つけるのは、自分です。
楽せずに、自分でよくよく考えましょう。今回はたぶん長期実習でしょうから
時間はあるのでは?
そもそも、いろいろな制約の中で、自分なりの目標を見つけるのが、
今度の実習の目的の一つかと…
それをここで聞いてどうする?

現実問題として、学生を受け入れる場合はリスクの問題があり
事前に、学校側と施設側で、取り決めが行われています。
つまり、させていいこととさせてはいけないこと
今は、実習期間中は、保険もかけてあると思います。

私のいるところでは、入浴に関しては、かなり細かく規定があり
お風呂介助といっても、絶対にさせてはいけない部分があります。
具体的には、移動はNGだったと思います。
排泄も当然移動とかが絡むとNGだったような気がします。
せいぜい、トイレまで連れて行ってあげる行為まです。

食事...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報