質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

日本では、鮟鱇(あんこう)をさばくときは、吊るし切りが普通だそうだが当然、絞めてからの作業なのだが、韓国の食用犬の場合は、強烈なストレスを与えて殺した犬の方が旨いとかで、屠殺(とさつ)から解体まで、吊るしが通常らしい…
 まー日本人の私としては、イカ・鯛の活き造りとか、シロウオや桜えびの踊り食いを美味しく頂いているので、韓国人の犬食の工程をとやかくいうつもりは全くないし権利もない。
欧米人がいう残虐性という部分1点で論理するならば、生きたまま解体していく犬と、生きたまま食われる魚類だったら生きたまま食う方が残虐だろう。
最近は、和食ブームで日本の活き造り食文化に触れた左利きの白人様が意をとなえている方がいらっしゃるようで…

 
 さて、21世紀になっても白人優越主義は全く変わっていない状況に思える、
韓国の犬食 屠殺(とさつ)時の行為が欧米で強烈に批判を受けていることについて

人間でいうところの肝硬変、肝臓肥大にする為にガチョウやアヒルに金属製のチューブを胃の辺りまで差し無理やりに餌を与え太らせている、おフランスのガチョウやアヒルから獲るフォワグラ生産がなぜ問題視されないのだろうか?

分からない、韓国:食用犬の屠殺(とさつ)作業  おフランス:フォワグラ製造  日本:鯛の活き作り工程 の何が違う?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

の何が違う?


  ↑
人間に対する親近感と、同類意識が
違う、というのでしょう。

ペットとして愛玩される犬と、他の
動物とでは、親近感が異なります。

ほ乳類としての人間からみれば
犬は同類だが、鳥や魚は違う、という
ことになるんだと思います。

いずれにせよ、理屈はどうにでもなります。
基本的な思想が異なる
のが原因だと思います。

欧米は、普遍主義を採ります。
一神教たるキリスト教的価値観が普遍的だと
信じています。
それを裏付けているのが、彼らが世界を席巻
している、という現実です。

だから自分たちの価値観を他国に押しつけて
平然としているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2016/08/03 22:52

世界残酷物語が公開されたのが1962年だからもう半世紀以上前ですね



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C …

日本では刺しをいれるためにビールを飲まされる牛が残酷だといわれたようです
フォアグラも残酷だと認識されてますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2016/08/03 22:52

鳥類、魚類と哺乳類はやはり感覚的に違います。


質問者さんは同じと感じるかもしれませんが。
魚などは生前の姿で売られていますが、哺乳類の肉はまず原型がわからないようにそれぞれの部位だけが売られています。
白人優越主義とは関係なく日本人でも多くの人はそう感じます。
「命」はみんな同じといえば同じなのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2016/08/03 22:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング