ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

世界史です。よろしくお願いします。

19世紀のアメリカは、主に奴隷反対の北部と奴隷賛成の南部に分断されていました。では、なぜ北部州は奴隷反対だったのでしょうか?奴隷がいる方が、製造活動にも使えると思うのですが…

それぞれ奴隷反対と賛成の理由について教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

工業が発展した北部では、黒人を奴隷ではなく、有給の労働力とし、彼らが稼いだ金で自由に工業製品を消費することによって国内市場の拡大するとの考えのもと、黒人奴隷制には反対を主張した。

一方アメリカ南部の主要産物は英国向けの綿花であり、それを支えるために多くの黒人奴隷が必要となった。 北部と事情が異なり、黒人が綿花の消費者になることはありえないゆえ、奴隷制維持を主張した。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

とても詳しい解説でありがたいです!

お礼日時:2017/02/10 16:14

南部は綿の生産など農業に奴隷を従事させていました。


だから奴隷制賛成です。

工業地の北部は人手が足りていませんでした。
だから奴隷制反対です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

人手とは奴隷のことでしょうか?

お礼日時:2017/02/10 16:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング