「奥さん美人ですね」とかけまして「部屋の一部」とときますその心は

分かる方いますか?

質問者からの補足コメント

  • 奥さんがなんと答えるかがヒントらしいです

      補足日時:2017/02/16 22:38

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

やーね。

(屋根):これは家の一部
あれまぁ。(荒れ間):これも家の一部
正直(障子、木)ですね。本気(本、木)では無いですよね?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やーねが正解でした!
どうもありがとうございました

お礼日時:2017/02/17 21:43

「部屋の一部」だと……相当むずかしい(泣)。

もう少し時間をください。

 取り敢えずは下記をご参照ください。
【なぞかけ 美人妻と部屋の一部──つまらんダジャレは嫌いだぁ138】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3401. …

 以下は一部の抜粋(重言)。

 昨日から↑の話が気になっている。
 気になって、気になって、南国のフルーツ並みにたわわにキになって、たわわすぎてグラビアアイドルを目指そうかと。

 No.8の「やーね」には座布団を進呈したい。
 それは「部屋の一部」ではなく「家の一部」だろうが!
 でもこれくらい大目に見てよ。

 対抗案は……。
「いーえ」
 それは「部屋の一部」ではなく「家の全部」だろうが!

 あと思いついたのは、「イマが盛りです」「イマがとってもいい感じですよね」。
「居間」も「家の一部」だろうが!

「本当に綺麗でしょ」
「間仕切り」(マジキレ!)って部屋の一部なのか?

 無理やりととのえました。。
「奥さん美人ですね」とかけまして「部屋の一部」ととく。
 そのココロは「先日主人をなくしたばかりで……」。
 そうね。未亡人は色っぽいってよく言われるからね(容姿・年齢に制限あり)。
 何言ってるかわかんないか。
 windowとwidowは遠くないか?
    • good
    • 0

きをつかってー


でもない?
    • good
    • 0

私もハリを考えましたが、部屋というよりは家になりますからね。


いつも誇りです。かなぁ
これだと、奥さんにしなくてもいい事になりますが。
    • good
    • 0

「謎かけ」は音(発音)は同じで、字、意味、が違うものです。


よって、答えは「はりがある」、かな!、まあ謎かけだから答えはひとつじゃないけど。
「ハリがある」肌つやが良い
「梁がある」家の構造上の柱の事
    • good
    • 0

捨てられません。

    • good
    • 0

皆、見に来た。

(南に北)
    • good
    • 0

隅に置けない

    • good
    • 0

壁の花…です、かなぁ〜

    • good
    • 0

ほんの棚飾りです?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「○○とかけて△△と解く、その心は」の呼称

お笑い番組などで、「○○とかけて△△と解く、その心は」と言うのがありますが、このような言葉遊びは、一般に何と呼ばれていますか?
特別な呼称がありますか?

Aベストアンサー

なぞかけ遊びです。

Q「沈みかける船」と「沈みかけた船」の違いを教えてください。

こんにちは。日本語勉強中の者です。
「沈みかける船」と「沈みかけた船」について良く分かりません。両者の区別と使い方について教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「沈みかける船」
今まさに沈もうとしていて、目で見て船が水面に没していく様子が確認できる状態の船

文例
「私は沈みかける船から救命ボートに飛び移って助かった」

「沈みかけた船」
過去沈没の危機に瀕したものの沈没にはいたらず、遠い将来はさておき今現在はすぐには完全に沈没する様子がうかがえない船

文例
「私は沈みかけた船にしがみついて救助を待っていたところを救われた」

Qすごい美人/すごく美人

すごい美人
すごく美人
はどちらが正しいのでしょう。

Aベストアンサー

「すごい」は活用形でいうと終止形と連体形にあたり、「すごく」は連用形です。
そうすると、「美人」は名詞です。なので正しいのは「すごい」だと思います。

もう少し言えば、「すごい美人がいる。」と、「すごく美人がいる。」だと、「とても美しい人がいる。」という意味をしっかり持っているのは「すごい」です。

「すごく美人がいる。」を正しくするには「すごく美しい人がいる。」です。
美しいは用言のうちの1つである形容詞で、つまり前に連用形の「すごく」がぴったりあいます。

文にして考えてみればいいと思います。

Q「私はその論文を書いた」と「私がその論文を書いた」は同じ意味ではない

「私はその本を書いた」と「私がその本を書いた」は同じ意味ではない。
どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

私たちが話す場合、必ず【何らかの意図】に基づいて言葉を選んでいます。
その意図を適切に表現するために、様々な用法の言葉が用意されています。

「は」の用法は基本的には、『主題の提起(話題の提供)』です。
「が」の用法は基本的には、『特定(あるいは強調)』です。

「私はその本を書いた」は、
「私」を主題として提起する意図に基づいた発言です。
「私に関してお話しするならば~」という気持ちで話し始めていることになります。
「私がどのようなこと(何)をしたのか」について語ろうとしていることになります。

「私がその本を書いた」は、
「その本を書いたのは誰か?」について語ろうとしています。
「私」を特定するために「私が」となっています。
「私について何か語ろうと思って話し始めたわけではない」という点が重要です。
 

Qご無理を申しまして?無理を申しまして?

こんにちは。

相手に無理なことをお願いする時の言い方をおしえてください。

「お忙しいところ、無理を申しまして大変恐縮でございますが、
よろしくお取り計らいのほど、お願いいたします。」

というのの、「無理」には、「ご無理」と、
「ご」をつけるものなのでしょうか。
それともいらないのでしょうか。

他の部分でも、おかしいところがあれば
ご指摘いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ご」は必要ないと思います。
「お忙しいところ、無理を申しまして誠に恐縮ですが(以下略)」
で大丈夫です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報