詳しい方や身内に同じような病気になった方、どんなお話でも構いません。

質問させてください
皆さんの経験やいろんなお話を聞かせてください。


本題に入ります。

重いものもって腰にヒビが入ったんだろうと診断され腰痛を訴えていた祖母の話です。
高齢で手術ができないとのことだったので、大事をとって入院ということになり。

色々な検査をしたところ「転移性腰推腫瘍」だろうと診断されました。

まだ転移元?は判明してないようで、ただ膵臓の数値が高いことは前から気にしてはいたようで。
これから分かることですから、憶測ではありますが膵臓からの転移かなと家族と話しておりました。

現在入院しておりますが、食欲がなく食べてもすぐ吐いてしまっている状況で元々痩せていた(38㌔ほど)祖母が今、そこから5㌔も体重が減っているのが現状です。

手術はヒビが入っていた時点で厳しいとのことだったので、腫瘍を取り除く手術などはできないのかなと個人的には思っています。

その場合、放射線治療であったり抗がん剤治療などがあることもネットで調べてわかりました。
高齢である以上この治療も本人はきついのだろうか、などとも考えました。

今、私は祖母の近くにおらず、電話で様子を聞いてる状況です。私を一番に可愛がってくれた祖母のために何かをしてあげたい、していないと落ち着かないのです。

祖母の歳ははっきりにはわかりません。
いつでも女性でいて歳の話は祖母の前ではタブーでしたので、、きっと84歳くらいだとは思います。

長くなりましたが、
ここまで読んでいただいてありがとうございます。

まとめますと
上のことを読んで、

(1)親族などで似たような経験がある方、差し支えなければお話を聞きたいです。

(2)もし、この病気に詳しい方いらっしゃれば些細なことでも結構です、教えてください。

(3)高齢者での癌治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療、他)のリスクなど経験からのお話を聞きたいです。

(4)高齢で手術を行って術後回復したなのど希望的なお話もあれば教えてください。

厳しい話や、現実的なお話でも構いません。
質問した以上聞く覚悟は出来ています。
宜しくお願い致します。

親は、これ以上きつい思いはさせたくないと、先生に後は任せると言っていました。
先生にもさまざまいるでしょうし、先生も十人十色、任せる、それでいいのか?と疑問も現在浮かんでいるところです…

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    ペットの結果がでました。
    多発性骨髄腫でした。
    脳と大腸と腰にすでに転移していたとのことでした。
    完治…望みはもうないのかな…と

    家族と話しておばあちゃんには伝えない方向で話しています。いずれは感がいいおばあちゃんですから気づくとは思いますが突き通すつもりです。

    それでもしてあげたいことは沢山あります。
    会わせてあげたい人も沢山いる。
    でも急に色々人がきたら感付いてきますよね…

    どうにか何か知恵はないのかと考えるばかりです。

      補足日時:2017/03/03 19:35

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

医療側の一般的な考え方をお伝えします。

(感情はヌキで、シーケンシャルですが)
転移性腫瘍が発見された場合、通常は原発巣(元のがん。複数ある場合もあり)とその他の
転移(脳、肺、リンパ節など)を確認します。
原発巣の種類(肺癌、すい臓がんなど)や患者さんの全身状態(転移の有無、年齢、持病、社会的立場)から
治療方法を決めます。(治療しないばあいもあり。)
根治(治癒を目指す)、あるいは姑息(一時しのぎの意味、卑怯やズルイではない)のどちらの方法をとるか選択。
がんの種類によって放射線治療や抗がん剤がよく効くもの、まったく効かないもの、手術しか治癒が望めないもの
など様々で、手術、放射線治療、化学療法のどれを選択するか(複合させる場合がほとんど)。
現在の状況から手術や放射線治療、化学療法が可能であるか判断。となります。
ここからは質問文からの想像になりますが、80歳前後で転移による骨の骨折があり、
食欲がなく、体重減少傾向。原発巣の状況にもよりますが、治癒は難しいのではないかという印象です。
ご両親のきつい思いをさせたくないというお気持ちも想像がつきます。
これまで元気にされていたのかもしれませんが、80歳くらいの方が骨折や病気で動けなくなると
一気に体力が衰えてしまいます。

病気の状態については完全に私の想像ですが、何かしたい、もっといい治療があるのではないか
という気持ちもよくわかります。
テレビで紹介されるような凄腕医師や治療施設はごくわずかです。
それ以外のほとんどの医師の治療が間違っているわけでもありません。

回復されればいいのですが、回復が見込めない場合は、検査がひと段落したら面会されることを
おすすめします。(離れて暮らしていることからも)
状態が悪くなり、鎮静剤を使い始めるとぼやっとした状態(朦朧)になり、会話も困難になることが多くなります。
放射線治療や、化学療法後もしんどいことが多いので、放射線治療や化学療法のお休みの期間など、
患者さんにできるだけ負担の少ない時期を選べればいいんですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

助かりました

お答え頂きありがとうございます。
そして私でも分かりやすいように書いて頂いてるお心遣いに胸が熱くなりました。

鎮痛剤というと俗にいうモルヒネ?とかでしょうか…それで痛みをコントロールできれば…と思ったのですが朦朧となったりするのですね、それは頭になかったです。。よく考えれば分かりそうなことですが…

おばあちゃんは半日でできるペット?という検査をすることになりました。
それと腎機能がどうやら弱いらしく強い薬が使えないとのことでした…

取り合えず検査の結果次第…ですよね。

こちらで、またご連絡させてください

お礼日時:2017/03/01 21:39

とてもあばぁちゃん想いの素晴らしいお孫さんだと思います。

貴方を一番可愛がっていたあばぁちゃんなら貴方に一番会いたがっていると思います。おばぁちゃんは80年以上も生きてこられたので、人生で遣りたい事は既に殆ど済まされておられると推察します。今は只痛みを取って、苦しまずに安らかに死にたいと思っておられるのかも知れません。そうして一番可愛い貴方に会いたいと思っておられる事でしょう。仕事や生活にお忙しいでしょうが、多くの犠牲を払ってでもあばぁちゃんに会う時間を少しでも多く作って差し上げたら如何でしょう?それがおばぁちゃんが一番喜ぶ事ならば、それで免疫力が回復し、それに因って癌が縮小すれば痛みは和らぐのです。そこまで行かなくとも癌の進行を遅らせる事が出来ます。病院のどんな治療よりも有効で副作用の心配がありません。病院の治療は既に期待が出来ないと思います。癌は治せないが痛みを取る事に治療の目標がなされます。敢えて申しますと癌のサプリメントなるものが沢山あります。それは多少のお金は掛かりますが、病院の治療の様に患者の身体をかえって傷付ける様な副作用もありません。もしかしたら奇跡の様な回復がある場合もあります。決して確率は高くありませんが本当に回復した例は沢山あるのです。もし残念な結果になっても、貴方のおばぁちゃんに何かして挙げたいと云う純粋な気持ちは達成されると思います。私がおばぁちゃんの立場なら、その様なサプリメントを持って好きな旅行をしながら死(癌の死ではなく誰しもが迎える寿命です)を待とうと思います。放射線や鎮痛剤との併用も可能です。おばぁちゃんのご幸運をお祈り申し上げます。たけしのアンビリーバブルで〈エベレスト登頂で癌を克服した〉例がとても参考になります。検索して下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

助かりました

本当に暖かい言葉をありがとうございます。

そうしたいです。そうしてあげたい。
私が何よりの薬になるのであればすぐにでも側に行ってあげたい。


一度私も再放送か何かで軽く見たことがあります。
奇跡としか言いようがありませんよね。少し調べて見たいと思います。

どうやら腎機能が弱いらしいのでサプリという考え方もあるのですね!とても参考になります。
副作用が何より怖くて心配です。

兎に角そばに行ってあげたいと思います。
心が落ち着く言葉聞けてよかったです、ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/01 22:04

とてもあばぁちゃん想いの素晴らしいお孫さんだと思います。

貴方を一番可愛がっていたあばぁちゃんなら貴方に一番会いたがっていると思います。おばぁちゃんは80年以上も生きてこられたので、人生で遣りたい事は既に殆ど済まされておられると推察します。今は只痛みを取って、苦しまずに安らかに死にたいと思っておられるのかも知れません。そうして一番可愛い貴方に会いたいと思っておられる事でしょう。仕事や生活にお忙しいでしょうが、多くの犠牲を払ってでもあばぁちゃんに会う時間を少しでも多く作って差し上げたら如何でしょう?それがおばぁちゃんが一番喜ぶ事ならば、それで免疫力が回復し、それに因って癌が縮小すれば痛みは和らぐのです。そこまで行かなくとも癌の進行を遅らせる事が出来ます。病院のどんな治療よりも有効で副作用の心配がありません。病院の治療は既に期待が出来ないと思います。癌は治せないが痛みを取る事に治療の目標がなされます。法律では禁止されていますが、緩和ケアと云うのは安楽死の別の言い方です。敢えて申しますと癌のサプリメントなるものが沢山あります。それは多少のお金は掛かりますが、病院の治療の様に患者の身体をかえって傷付ける様な副作用もありません。もしかしたら奇跡の様な回復がある場合もあります。決して確率は高くありませんが本当に回復した例は沢山あるのです。もし残念な結果になっても、貴方のおばぁちゃんに何かして挙げたいと云う純粋な気持ちは達成されると思います。私がおばぁちゃんの立場なら、その様なサプリメントを持って好きな旅行をしながら死(ここでは癌の死ではなく誰しもが迎える寿命です)を待とうと思います。放射線や鎮痛剤との併用も可能です。おばぁちゃんのご幸運をお祈り申し上げます。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膵臓がんから肺への転移での治療方法教えてください。

父が3年前に膵臓がんの手術を受けて今日まで特に転移もなく無事に過ごしておりましたが、先月にCTスキャンを撮ったのですが、肺に1センチに満たない癌が転移していると告げられました。本人はまだ症状もなく元気なのですが、医師の先生の説明では、手術で採ってしまうのではなく、抗がん剤治療で治療するのが1番の選択法だと告げられました。私個人の考えでは、抗がん剤治療での延命治療ではなく、体力も気力も衰えていない今、肺に転移した癌を切除して闘ってみたいのですが、その考えはやはり無謀なのでしょうか?膵臓がんで3年間も再発転移しなかった、父の生命力に賭けてみたいのですが、良きアドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

他臓器への癌出現は通常は術後5年以上の経過後は
原発の可能性もあるとされています
転移の確定は肺の細胞を採取してみなければ分かりません
肺から膵臓がん細胞が見つからなければ
手術の可能性があります
このことを担当医師に尋ねるとよろしいでしょう

Q腎臓ガンから転移した高齢者の肺がん治療

79歳になる父の治療方法についてお願いします。体力はあるのですが本人の希望により苦痛を伴う治療は望みません。

『主治医(泌尿器科)に意向は伝えたので年齢や既往症を考慮して軽い抗がん剤を処方されたのだと思いますが、もし治療法を変えれば治る見込みがあるのなら他の選択肢を…と迷っています。』

『またこのまま軽い薬だけ飲んで行った場合、病状が今後どのような進行状況をたどるのか不安です。』

主治医に尋ねるべきだと思いますが父の前で聞けず、また私が遠く離れて暮らしているので、主治医に会いに行くことが難しい状況です。なので私自身も色々と調べてはいますが、どの方法が良いのか判りません。

ラジオ焼灼療法?のリスク等も含めて、どんな治療法が望ましいのかアドバイスをよろしくお願いします。

☆既往歴など
・1年前に腎臓ガン(中期)で左全摘手術(化学療法はせず)
・1、2センチと思われる物が両方の肺に転移していることが本日判明(何箇所かは不明)
・ユーエフティE(軽い?抗がん剤)を処方されました。
・3ヶ月後にCT検査を受けます。
・CTにより現在心臓肥大の兆候あり
・ごくまれに心臓に違和感を感じるが投薬等の治療は今のところ何も受けていません。
・降圧剤を毎日服用中
・8年前に15ミリ程度の心臓動脈瘤が見つかりましたが、特に治療はせず、その後動脈瘤の検査はしていません。
・5年前に初期の胃ガンで3分の2摘出、予後良好(化学療法はせず)
・ここ3年の間に鼠径ヘルニア(左右共)で2回手術しています。

心臓のほうも心配なのですが、腎臓ガン手術、肺転移の事で父が精神的に弱くなっているので少し落ち着くまで心臓の検査は待ってほしいと言われ、やむなく様子を見守っているところです。

長文になり申し訳ありませんが
よろしくお願い致します。

79歳になる父の治療方法についてお願いします。体力はあるのですが本人の希望により苦痛を伴う治療は望みません。

『主治医(泌尿器科)に意向は伝えたので年齢や既往症を考慮して軽い抗がん剤を処方されたのだと思いますが、もし治療法を変えれば治る見込みがあるのなら他の選択肢を…と迷っています。』

『またこのまま軽い薬だけ飲んで行った場合、病状が今後どのような進行状況をたどるのか不安です。』

主治医に尋ねるべきだと思いますが父の前で聞けず、また私が遠く離れて暮らしているので、主治医...続きを読む

Aベストアンサー

お礼の欄の文を読ませて頂きました。治療法は、ご自身で決めなくてはなりませんが、現在の治療にハスミワクチンとサプリメントを加える治療ですと比較的容易に出来ますので、先ずこれを試して見るのが現実的なのかな、と感じました。これだけでも初年度は相当の費用の負担となってしまいますし。質問者さんのお母さんは腎臓が原発とのことのようですが、ハスミワクチンは泌尿器系のガンに対しても効果が高い分野です。下記に私の母の体験談と多少の私の体験談が記載されていますので参考ください。状況は異なりますので何とも言えませんが、ちなみに私も私の母も手術に加えてハスミワクチンとサプリだけでやってきました。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

また、ANo.2のURLに記載しましたDVD「ガンワクチン 治療型ワクチン時代の到来」という映像を、先程、再度見て見たのですが、質問者さんの同じように腎臓ガンから肺に転移したガンが消失した例が紹介されてますのでご覧になっては如何かな、と思いました。お住まいが東京であれば、阿佐ヶ谷の珠光会のロビーで繰り返し放映されてますので見ることが出来ますし、郵送で購入することも可能です。

ハスミワクチンも抗ガン剤をやってから時間をおかないでスタートするのがチャンスのときです。抗ガン剤によってガン抗原が顕わとなり、ガンの見方をしてしまう免疫抑制細胞 regulatory T cell をが一掃もしくは少なくなっているからです。前述しましたとおり資料がもらえるものならそれを持って相談されたらよいと思いますが、主治医が協力的でない場合でも、源発の部位と種類が分かっていれば、ハスミワクチンを始めることが出来ます。その場合ですと、ワクチンの注射はご自分でなさるか、お近くの医院でやってもらうことになると思います。ちなみに私や私の母は自分で自分のお腹(ヘソの2センチくらい下あたり)に5日おきにしてます。インシュリン注射の回数に比較したら少ない、と思ってやってます。

お礼の欄の文を読ませて頂きました。治療法は、ご自身で決めなくてはなりませんが、現在の治療にハスミワクチンとサプリメントを加える治療ですと比較的容易に出来ますので、先ずこれを試して見るのが現実的なのかな、と感じました。これだけでも初年度は相当の費用の負担となってしまいますし。質問者さんのお母さんは腎臓が原発とのことのようですが、ハスミワクチンは泌尿器系のガンに対しても効果が高い分野です。下記に私の母の体験談と多少の私の体験談が記載されていますので参考ください。状況は異なりま...続きを読む

Q高齢の祖母の膀胱癌手術…するべきでしょうか。

87歳の祖母のことで質問です。
昨年5月に血尿が酷いので病院へ連れて行き、「膀胱がん」であることがわかりました。
余命は長くて1年位と言われています。
歩行も困難になり、介護生活になりました。
入退院を繰り返していましたが、現在は市立病院へ入院していて3ヶ月目です。
担当医から、2月はじめに「状態が良いうちに、もっと大きな病院で手術を」と言われ、
摘出は無理なので、血管を焼くというようなことを言われたようです。
(私は手術の内容は詳しくは聞いていません)
ですが、2月のはじめに様態が急変し、一時危篤状態になったため、その話はなくなりました。
その後1ヶ月経ち、様態も安定してきたので、また担当医に行くように勧められています。
とりあえず、来週、一度連れて行くことになりましたが、
もし、手術するにしても1ヶ月以上先になるようなのです。

うちの父は次男で、長男と三男がいるのですが、
父以外は、このまま市立病院で現状維持でいいじゃないかと言っています。
万が一、連れて行って様態が悪くなったら…と思うようです。
やはり高齢ですし、切除はできないとのことなので、あまり賛成していません。
父だけが、担当医が言うまま、連れて行こうとしています。
家族だけで遠出して連れて行くのは不安もありますし、
父だけ連れて行く気があっても、身内の賛成が得られていない以上、
まだ様子をみた方が良いのでは…とも思います。
本人自身は、家に帰って最期を迎えたいとしか言いませんので、本人の意思は分かりません。
どうしたらよいでしょうか。

こういう経験をされたことのある方いらっしゃいましたら、どうか宜しくお願い致します。

87歳の祖母のことで質問です。
昨年5月に血尿が酷いので病院へ連れて行き、「膀胱がん」であることがわかりました。
余命は長くて1年位と言われています。
歩行も困難になり、介護生活になりました。
入退院を繰り返していましたが、現在は市立病院へ入院していて3ヶ月目です。
担当医から、2月はじめに「状態が良いうちに、もっと大きな病院で手術を」と言われ、
摘出は無理なので、血管を焼くというようなことを言われたようです。
(私は手術の内容は詳しくは聞いていません)
ですが、2月のはじめに様...続きを読む

Aベストアンサー

お祖母さまは、家に帰りたいとおっしゃっていられるのですね。
ご家族はその意思に沿う事ができるのでしょうか?
御兄弟間で自宅での介護体制がとれるのかを話し合われてはいかがでしょうか。
病院に、訪問医療や訪問看護・訪問介護など、利用できるサービスに何があるのかお聞きになり、また急変時はどうするのか事前に話し合われていた方がいいと思います。

市民病院から外出して受診されるとの事ですから、主治医は移動する事自体に危険があるとは考えていないようですね。
受診された病院で、手術のメリット・デメリット、体への負担、他の治療法の有無、お祖母さまが自宅に帰られる状態になるのかどうかなどを詳しくお聞きになり、判断されてみてはどうでしょうか。

膀胱の全摘出でなくとも、血管を焼く・薬を注入するという事は、血尿を減らす目的だと思います。

お祖母さんの負担が少ないよう、そして早く自宅へ帰られるよう、治療・介護体制を話し合ってみてはいかがでしょうか。

Q骨転移、リンパ転移の治療に強い病院を教えてください

岐阜多治見に住んでいる、61歳、男性です。5年前の膀胱がんが骨とリンパに転移しており、現在放射線と化学療法(GC)を受けております。近くで骨転移、リンパ転移に強い病院を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

全くの素人ですが、私は乳がんになったとき、乳がんの症例数の多い病院が治療に慣れているのでは?と考えて今の病院にたどりつきました。
他人事とは思えず、膀胱がんについて調べてみました。

http://hospia.jp/wp/archives/3057/
これによれば、6位、12位 でしょうか?

http://caloo.jp/dpc/disease/368
このサイトだと9位、22位でしょうか?

乳がんではなく他の部位のガンになった知人の話ですが、地方の病院で相当厳しいことを言われ、夫が安易な気持ちで、私の経験から乳がんの症例数の多い病院を教えたところ、知人は地方からはるばるその東京の病院にセカンドオピニオンでかかり、とても気に入られてそのまま素早く手術を受けて、夫は感謝されました。
初めに告知を受けた病院の治療法とかなり違い、病院によってこんなにも違うのか?と驚いていました。

今の時代、セカンドオピニオンは普通だと思いますので、よさげな病院をお探しになられて、トライしてみるのも一つの手ではないでしょうか。
乳がんでは骨転移、リンパ転移していても、かなり長く生きていらっしゃる方もたくさんいますから、あきらめないで頑張ってください。

全くの素人ですが、私は乳がんになったとき、乳がんの症例数の多い病院が治療に慣れているのでは?と考えて今の病院にたどりつきました。
他人事とは思えず、膀胱がんについて調べてみました。

http://hospia.jp/wp/archives/3057/
これによれば、6位、12位 でしょうか?

http://caloo.jp/dpc/disease/368
このサイトだと9位、22位でしょうか?

乳がんではなく他の部位のガンになった知人の話ですが、地方の病院で相当厳しいことを言われ、夫が安易な気持ちで、私の経験から乳がんの症例数の多い病院を...続きを読む

Q乳癌で、手術をするか否かについての選択。 2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移あり

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌からの出血などのリスクを考えると、今取っておくのも悪くはないそうです。そして、摘出するのであればサイズが小さい今が取りどきでもあると話がありました。また、リンパ節カクセイすることで腕のむくみが改善できるかもしれないともいわれました。(片腕が現在かなり浮腫んでいます。)


主治医からも、何が正しい選択なのかははっきりと言えないとのことを言われます。
他、原発乳癌を摘出することでのメリット、デメリットはあるでしょうか?
決めきれずに悩んでおります。

以上は母の話になります。ご意見ありましたら何なりとお願いいたします。

乳癌で、手術をするか否かについての選択。

2016年春に、乳癌ステージⅣ 肝臓転移とリンパ節転移ありの診断を受けました。her2陽性、ホルモン陰性です。

1年間の抗がん剤と分子標的薬投与の結果、petCT上、肝転移とリンパ節の転移が消失しました。現在、原発巣である乳癌のみ残存しています。(1.8センチ程度)

担当医より、原発巣である乳癌を取るか否かについての説明がありました。
ステージⅣであったため、原発巣をとることが完治したわけではないとのことです。しかし、再度再燃した時に、花咲き乳癌や乳癌...続きを読む

Aベストアンサー

年齢が若いので
他の場所へ転移したら
手術ができなくなります
また
結果的にも手術をしなかった方が良かったとは
なりません
したがって
言い方は悪いですが
チャンスに掛けます
早い機会に手術に踏み切るのが
正解と思われます


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報