ご融資残高とはなんですか?

銀行のローンセンターからハガキが来ています

ご利用限度額△△円
ご融資残高〇〇円 29年1月〇日

29年1月31日現在

ご融資残高は残りの返済額ですか?それとも借りる事が出来る額ですか?
隣にある日付は借りた日ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>ご融資残高は残りの返済額ですか?


>それとも借りる事が出来る額ですか?
いいえ。どちらでもありません。

強いて言えば、前者に近いです。
現在借りている額です。

>隣にある日付は借りた日ですか?
いいえ。
29年1月〇日時点で、
あなたが借りている金額です。

今後返済していっても、利息が
付く等して金額が変わっていくので
返済額にはならないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えて頂きありがとうございました
わかりやすかったです

お礼日時:2017/03/05 23:47

ご融資残高=質問者が借り入れてる金額です、同時に返済の必要が有る金額、


利用限度額から其の金額を引けば残りが借り入れ可能額です、

右横の日付は「其の日現在の状況」と言う意味です、
日付以後に、借りたか返済したかは別にして、

序ながら、末尾の日付は其の日に作成しましたと言う意味です、

至極簡単な内容の連絡なんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えて頂きありがとうございました 親宛てに来たもので自分はローンを組んだことがなく全く分かりませんでした

お礼日時:2017/03/05 23:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費者金融の審査方法・融資申込必要書類

 消費者金融のホームページを見ると、職種や年収で融資枠を決定するかのように融資金額シュミレーションが作られているのですが、免許証や保険証など以外に、年収を証明する書類(給料明細・源泉徴収票・所得証明書)などは提出する必要があるのでしょうか?

 〈実例では、未成年者やパートの未婚女性などでも、いくらでも大手の消費者金融から借りて多重債務者になっている実例はあるのに、上記のシュミレーションではこういう人には「融資ができない」という回答が返ってきます。
 以前に、この件について質問したさいに、消費者金融に勤務経験のある方からの回答で、「働いている人なら10万円枠でなら未成年でも融資していました」という回答をいただきました。
 利用者本人の言い分も、「保険証を提示したら、『未成年なんですね?働いていますか?それとも学生さんですか?』と訊かれたので『働いています』と答えたら(本当に働いてはいたが・・・)融資してくれました」というもので、回答の内容と一致しています。〉

Aベストアンサー

こんにちは。
元消費者金融の店長です。

証明書は基本的には必要ありません。
ただし、No.1の回答例や就業に関して確認がとれない、枠を拡大する場合など、源泉徴収票などが必要になることはあります。

実例に関してですが、基本的に未成年に融資することはありません。ただし、間違えた・騙されたなどで誤って融資してしまうことはあります。また、あくまで、支店が勝手に融資目標達成のために、融資することもあるようです。
が、社内処罰されますので、通常はしません。
パート・アルバイト女性に関しては行います。あくまで、きちんとした収入があり、その収入に対して、きちんと返済できる限りでの融資ですが。

シュミレーションはあくまでシュミレーション。支店の審査とは基本的な部分は同じですが、多少違います。
利用者さんの言い分も本当の話でしょう。ただし、その後社内では問題になっていることもあるんです。なぜ融資しているのか、と。そういうことも理解しておいてください。

基本的に大手・中堅においては、社内検査・社外監査によって、個別の融資に関しての厳しいチェックがあります。過剰・規定外融資を目標達成のために行っている支店・店長・社員もいますが、基本的には行っていないんですよ。結局そういうのは発見されて(チェックで見つからないこともありますが)処罰されます。

もちろん、普通に行っている会社もありますし、実際に行われていることは否定しませんが。

こんにちは。
元消費者金融の店長です。

証明書は基本的には必要ありません。
ただし、No.1の回答例や就業に関して確認がとれない、枠を拡大する場合など、源泉徴収票などが必要になることはあります。

実例に関してですが、基本的に未成年に融資することはありません。ただし、間違えた・騙されたなどで誤って融資してしまうことはあります。また、あくまで、支店が勝手に融資目標達成のために、融資することもあるようです。
が、社内処罰されますので、通常はしません。
パート・アルバイト女性に関...続きを読む

Q現時点での融資希望額と実際の融資必要額との差

土地を購入しまずは駐車場経営をする予定で銀行と話を進めています。
取得予定の土地はまだ現所有者がいて詳しく見られない為、融資希望額を決める際、収入(賃料)はともかく支出(整地等の工事、各種税金等の諸費用)を多めに算出して希望額を考えています。
もしその希望額でOKが出て申し込み、実際にはそれほど必要でなかった場合には、実際に必要な融資希望額に減額する事はできるのでしょうか。

Aベストアンサー

融資金額の増額は嫌がられ(もう一度審査し直す必要があるため)ますが減額は問題ないでしょう。
ただし、土地の購入金額が思ったよりも安くなった場合はそれにつられて担保評価も下がると多少もめるかもしれませんね。

ちなみに担保価格は時価の半分ぐらいしか見てませんよ。
あと計画通りに収入が上がらない場合の返済手段が用意されていればばなお良いかもしれません。

Q消費者金融に融資を断られたのですが。。。

消費者金融に融資を断られたのですが。。。

42才 男 正社員 
現在セゾ〇 10万、イオ〇 20万、ニッサ〇クレジット 10万 
3社から 合計40万キャッシング中  消費者金融は無し

今回 アコ〇 に借り入れの申し込み(上記の情報だけ)をした所断られました。
アコ〇 あたりの消費者金融に断られるということは、他に借りられそうな所はないですよね。
どこかありましたらアドバイスおねがいします。

Aベストアンサー

>今回 アコ〇 に借り入れの申し込み(上記の情報だけ)をした所断られました。

6月頃から施行になる、融資規制をアコムは既に実行しているのでしよう。
年収の30%以内という制限は、(たぶん)質問者さまは問題ないでしよう。
年収100万円以上ありますよね?

あとは、「一社で30万円?以上融資を受ける場合、又は既に150万円以上の(無担保無目的の)借金がある場合は、所得証明書の提出」という条文があります。
申し込む時に、所得証明書を提出しましたか?

また、毎月の返済額合計が「手取り月収の最大30%」を越えると、サラ金に限らず住宅ローン審査にも落ちる可能性が高いです。
毎月の返済額に、問題ありまえんか?

>他に借りられそうな所はないですよね。

地元の小さなサラ金(俗に言うマチ金)に申し込む事です。
但し、地元の都道府県にサラ金登録している会社に申し込む事が重要です。
時々、ヤミ金でも立派な店舗を構えている事がありますから・・・。

Q融資限度額

担保が有用であれば、1兆円でも融資可能でしょうか。
不足する場合、複数の銀行が協同して融資するのでしょうか。

Aベストアンサー

東洋経済新報社の資料によると、有利子負債が1兆円を超えている日本企業は29社あります。主な業態は電力会社、商社、ノンバンクなどです


http://kabusapo.com/rankingyuurisi


東京電力の例
http://www.tepco.co.jp/ir/keiri/fusai-j.html


 ってことは、担保がシッカリしてなく経営危機の東京電力でも融資を受けてますね

Q知らない消費者金融から融資に関するハガキが届きます

大手の消費者金融数件から借金があったのですが家族に援助して貰い、ここ2週間くらいで今までの分を全額返済しています。

1週間くらい前から急に複数のよくわからない消費者金融(聞かない名前なので大手ではないと思います)から融資可能ですみたいな内容のはがきや封書が届くようになって、家族が借金について知っているとはいえ、もう借金をするつもりはないので、手紙が届くことに困っています。

これは私の個人情報がそういったよくわからない消費者金融に流れているのでしょうか?
手紙はしばらくしたら落ち着くものですか?

教えて頂けたらたすかります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

自分の友人にも似たようなハガキが来ているそうです。
・○○信販会社
・○○クレジット
・○○信用紹介
などと言った名前の会社だそうです。
自分も友人に相談を受け色々調べたのですが、全て闇金融からのハガキと言う事が分かりました。
それは、消費者金融から流れた裏情報から送られて来るものです。
半年ほどは頻繁に来るそうですが、徐々に落ち着き1年程経てば殆ど来なくなったと言っておりました。

>私の個人情報がそういったよくわからない消費者金融に流れているのでしょうか?

個人情報は、裏でリストアップされ売買されています。

※優良な金融会社は、ハガキや手紙等で融資の案内はしておりません。

Q住宅ローンの融資額について

今年新築を検討しています。
現時点でいくらまで融資可能か詳しい方おられましたら教えて下さい。

年齢:25歳
職業:会社員
昨年の税込年収:380万円

他社借入:消費者金融1件 12万円
クレジットカードリボ残20万

頭金なしで、借入希望額は2000万円です。

フラット35利用予定です。

教えてほしいのは、借入限度額です。
できたら、消費者金融12万円を完済、解約済の場合とではどのくらい変わるのかもお願いします。

長々と失礼致しました。

Aベストアンサー

消費者金融、クレジットカードのリボ払いはなくしてしまわねばならないです。

通常、住宅ローンを借りる場合、売買契約後にローンを申し込みます。(ローンが下りない場合は手付金は返してくれます) 

通常手付金を1割程度打たなければ契約できません。従って全額ローンにするのは、難しいでしょう。

しかし、裏技もあるみたいなので、販売業者に相談してみてください。

裏技を知ってますが、ここでは書けません。販売業者は必ず知ってます。

Q銀行に融資の相談をしておりますが、消費者金融やクレジットのキャッシング

銀行に融資の相談をしておりますが、消費者金融やクレジットのキャッシング等の利用残高、利用状況を明らかにする資料の提出が必要となりました。どちらに、どのようにしたらよいのでしょうか?お詳しい方、ご教授くださいませ。

Aベストアンサー

借入先が数社にまたがっている場合は参照にあげた信用情報機関を使うと一回で終ります。

参考URL:http://www.cic.co.jp/

Q公務員6ヶ月目の住宅ローン融資可能額

家庭の事情でとり急ぎ住宅を新築する必要が出てきました。
銀行や不動産屋などまわったところ、それぞれに違う融資可能額を言うのでいったいどれが正しいのか、どの額を参考にすれば良いのか悩んでいます。

現在の私の属性(?)は以下の通りです。
・25歳男
・公務員6ヶ月目(条件付採用は外れてます)
・見込年収350万(4-12月280万、1-4月70万)
・扶養家族は妻と子
・昨年度の年収はなし
・同居予定は家族のほか実両親(扶養はしていません)

年収について、見込みは基本給と各手当などの総額ですが、残業出張などの実績額が4-12月で40万を超える予定です。
勤続2年目に基本給と手当てで380万の予定で、残業代を足すと400万を超えると思います。
(その後の基本給と手当の合計額は3年目390万、5年目415万、10年目485万、20年目630万の予測です)
この状況を地銀2行と都銀2行に口頭で伝えたところ以下の結果でした。

【地銀A】(自分で店頭に出向いたとき)
 →3000万、即融資可
 公務員なので勤続年数・年収に関わらず定年までの賃金を見る
【地銀A】(不動産屋が尋ねたとき)
 →2100万、即融資可
 公務員でも年収の6倍が限度
【地銀B】(自分で店頭に出向いたとき)
 →2000万、即融資不可
 再来年1月まで待ってまる一年分の源泉徴収票を持参しないと駄目
【地銀B】(不動産屋が尋ねたとき)
 →2000万、即融資可、土地建物別決済も可
【都銀A、B】(不動産屋が尋ねたとき)
 →2500万、即融資可

他、ハウスメーカー経由なら3000万まで即融資可との話も聞きました。
これだけ融資可能額に差があるといったいどの価格帯の物件を見たら良いのかわかりませんし、不動産屋ハウスメーカーによっても勧められる物件の価格が異なってきます。
妻に尋ねたところ、現在の家計からは毎月8万、ボーナスで20~25万程度住居費として支払えるそうです。
その他に毎月3万円子供用に貯蓄しています。
親とは同居しますが事情があり援助はありません。
親の生活費介護費は将来にわたり負担しません。

借りれる額より返せる額とは思いますが、3000万借りられるなら借りてしまいたい気もしますし、ネットでのローン試算では可能な気もします。
無知ですみませんが、目安などご教授いただきたくお願いします。

家庭の事情でとり急ぎ住宅を新築する必要が出てきました。
銀行や不動産屋などまわったところ、それぞれに違う融資可能額を言うのでいったいどれが正しいのか、どの額を参考にすれば良いのか悩んでいます。

現在の私の属性(?)は以下の通りです。
・25歳男
・公務員6ヶ月目(条件付採用は外れてます)
・見込年収350万(4-12月280万、1-4月70万)
・扶養家族は妻と子
・昨年度の年収はなし
・同居予定は家族のほか実両親(扶養はしていません)

年収について、見込みは基本給と各手当などの総額ですが、残業...続きを読む

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

> 銀行や不動産屋などまわったところ、それぞれに違う融資可能額を言うのでいったいどれが正しいのか、どの額を参考にすれば良いのか悩んでいます。
金融機関によって「住宅ローンの審査基準」が違っていますので、「融資可能額」が違ってくるのは当然のことです。

今年の4月に採用されて、勤続6か月目…ということですよね?
勤続年数についても、基準は違います。
ただ、現在は、勤続年数を住宅ローンの申し込み要件が外している金融機関が増えていますので、こちらについては「勤続年数を問わない」金融機関を選ぶ…ということもできます。

> 見込年収350万(4-12月280万、1-4月70万)
4月から4月ですと、13か月分になってしまいますが?
それと、(今年の)4月~12月の9か月分で280万円なのに、(来年の)1月~4月の4か月分で70万円ですか?
来年は随分減収してしまうのですね?
もしかしたら、
> 1-4月70万
は、「(来年の)1月~3月の3か月分で70万円」の間違いですか?
そうならば、割戻計算した「月給」は23万円ですね。
23万円の9か月分で、「(今年の)4月~12月の9か月分の月給」は207万円。
280万円-207万円=73万円。
夏の賞与は就職したてなので数万円だったとして、年末の賞与は「3か月」もらえる…というカンジでよろしいでしょうか。

今年の4月に就職された方の年収を「割戻計算」によって計算する場合には、毎月の給与明細で計算すると思うんですが、現時点では冬のボーナスが未支給なので、その分をどう計算するかは金融機関次第なんですよね。

将来の「見込み」は、あくまでも「見込み」でしかありませんので、「考慮しない」金融機関の方が多いんです。

現在の経済情勢下において
> 【地銀A】(自分で店頭に出向いたとき)
>  →3000万、即融資可
>  公務員なので勤続年数・年収に関わらず定年までの賃金を見る
実際、こんなことを言うところもあるんですね。
噂で聞いたことはありましたが、実際に目にしたのは初めてなので。
これは、「リーマンBr.の破たん後の話」ですか?
「リーマンBr.の破たん後の話」に「公務員なので」を口にしたならば、「本当にそれでいいのね?」と言いたくなります。
民間企業ではリストラが一段落しましたが、「リーマンBr.の破たん」の影響で、多くの企業で再度のリストラが必要になってくるでしょう。
公務員はまだまだリストラが不十分と言われていますから、「公務員だから定年まで雇用が約束されている」とは言い切れないと思います(夕張や大阪の例を考えないのかしら)。
それに「一度公務員になったら、定年まで絶対辞めない」とも言い切れないと思いますし…。

ですから、同じ【地銀A】でも、
> 【地銀A】(不動産屋が尋ねたとき)
>  →2100万、即融資可
>  公務員でも年収の6倍が限度
こちらの考え方の方が一般的だと思います。

> 借りれる額より返せる額とは思いますが、3000万借りられるなら借りてしまいたい気もします
そうですね。
それについては、奥さまが
> 現在の家計からは毎月8万、ボーナスで20~25万程度住居費として支払える
とおっしゃっているのは、大変参考になります。
ここから現在の住宅ローン情勢を考慮して逆算しますと、3,000万円借りられても大丈夫ですよ。
現在25歳とのことですから、返済期間を35年にできます。
35年後、ちょうど現在の一般的な定年年齢である60歳になりますので。
現在の住宅ローン金利のうち、「完済まで金利の見直しがされない=返済額が上がらない」パターンである『固定金利型(全期間固定金利)』の平均金利が3.20%です。
毎月の返済分2,000万円、ボーナス時加算分1,000万円とされ、完済まで同一金額を返済していく「元利均等返済」という返済方法を選べば、
・毎月の返済額…79,220円
・ボーナス時加算分…238,516円(ボーナス月返済額…317,736円)
となります。

ほぼ「ぴったり」だと思いますが。
ただし、収入が増えなければ、住宅ローンの返済以外の支出も増やしてはいけない…ということになります。

#1さまがおっしゃっているように、「子」にかかる費用は、学年が上がるにつれて増大していきます。
「子」が私立学校に進学した際の費用はライフプランニングに入れていますか?

車についてどうですか?
所有されますか?買い替えはどの程度でされますか?
こちらもライフプランニングに入れてくださいね。

不動産屋とのことですから、戸建てをお考えなのでしょうか?
戸建てですと、10年に1度は数百万円単位での補修が必要になると思いますが、その費用支出ももちろんライフプランニングに入れる必要があります。

> 【地銀A】(自分で店頭に出向いたとき)
>  →3000万、即融資可
3,000万円融資(毎月返済分2,000万円、ボーナス加算分1,000万円)をすると、返済負担率が40%を超えるけれど、本当に稟議通るのかしら…。
返済負担率を考えると2,000~2,200万円が上限だと思うんですけれど。

一旦「家」を手に入れられれば、後日(返済が難しくなったら)手離しても構わない…というのでしたら、3,000万円でもよろしいかと思います。
一生物にしたい…とお考えならば、「2,500万円まで」と考えられた方が無難だと思います。
そして、できれば、金利タイプは『全期間固定金利』にされ、長期にわたる返済計画で臨まれた方がよろしいかと思います。
そのうえで「余裕」があれば、「繰上返済」をして、早めに完済してしまわれれば、将来の「余裕」は、さらに大きなものになります。

ところで、#1さんと同じですが、
> 現在、預貯金はどの位おありですか?

> 家具や庭周り電化製品で家以外にかなりの出費が見込まれます。
現在使っているものは、新居では「使えない」ことが結構あります。
ですから、家具・家電・照明器具・カーテンなどなど、全て新調する覚悟でいてくださいね。
友人の実家はカーテンだけで50万円弱かかった…と言っていましたので。
私は、実家からの独立の形でマンションを購入しましたが、「家電だけ」で200万円強かかりました。

住宅ローンを借りられた方が、後日、生活資金ローンやカードローンを多数利用されたので、お話を伺ったら、「現在使っているものが、新居では使えず、結局あれこれ買い替えるハメになって、資金計画が狂ったから」ということでしたので…。

そうそう、家電(特に白物家電)って、家の補修が必要になるのと同時期くらいにダウンするんですよ。
10年単位のライフプランに、家の修繕と家電の買い替えサイクルをプラスしておいてくださいね。
(#1さま、いいアドヴァイスをありがとうございました。住宅ローン審査を担当していた頃のお客さまとの会話がいろいろとよみがえってきました。)

老婆心ながらご参考までに。

住宅ローン審査経験者です。

> 銀行や不動産屋などまわったところ、それぞれに違う融資可能額を言うのでいったいどれが正しいのか、どの額を参考にすれば良いのか悩んでいます。
金融機関によって「住宅ローンの審査基準」が違っていますので、「融資可能額」が違ってくるのは当然のことです。

今年の4月に採用されて、勤続6か月目…ということですよね?
勤続年数についても、基準は違います。
ただ、現在は、勤続年数を住宅ローンの申し込み要件が外している金融機関が増えていますので、こちらについ...続きを読む

Q政策金融公庫の融資と消費者金融について

政策金融公庫からの教育ローンの借入を検討しておりましたが、妻が消費者金融より借入しております。
家族が消費者金融から借入がある場合、公庫から借入は不可能でしょうか?

Aベストアンサー

家族が消費者金融から借入があるから、公庫の借入が不可能ということはないと思います。

日本政策公庫の審査基準は、提出した資料などをもとに、申込者の勤務(営業)の状況、収入(所得)の状況、借入の状況、住宅ローンや公共料金の返済・支払の状況などから、総合的に判断するとしています。

提出資料に、同一世帯の家族の預金や借入の状況の欄があると思いますが、それを含め申込金額が世帯年収に対してどの程度の割合を占めるのか、年間の返済額が年収対比どの程度なのか、一定の審査基準により算定するはずです。

従って、消費者金融に限らず銀行からでも、一定基準をオーバーすれば難しいでしょうし、消費者金融からでも基準範囲内であれば、公庫からの借入に支障はないと思います。

Q住宅ローン、銀行業務、融資関係に詳しい方、教えてください。

『一般に、長期固定金利の住宅ローンは、銀行に保有されず、保険会社のような長期的な投資家、年金制度、利益分配制度に売却される。

この文は以下の英文(銀行業務に関する概説書の一部)を和訳してたものですが、住宅ローンなどの知識のある方から見て、意味的におかしくないでしょうか?
ローンが売却される??など、和訳してみたものの、意味が分かりません。
意味的におかしい、違和感がある部分など、ご指摘下さい。よろしくお願いします。

『As a rule, mortgage loans with long-term fixed rates are not kept by the bank but are sold off to long-term investors such as insurance companies and pension and profit-sharing plans.

Aベストアンサー

日本ではまだ銀行の住宅ローンは銀行自身が貸し出し、保証会社(大抵系列の子会社など)がその債務保証をする仕組みが多いのですが、住宅信用公庫のフラット35とかグッドローンに代表されるような証券化ローンというものも最近増えています。

アメリカにおいては長期ローンは通常証券化されて売却されるのが一般的であり、ご質問の英文はそのことを指しています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング