車にあまり詳しくないので,質問させていただきます。

「スパーク点火エンジン」というものがあるそうですが,
その内部では何を行っているのでしょうか?

それと,ガソリン自体は液体燃料ですが,この液体をどのようにすると
「スパーク点火エンジン」を動かすことが可能になるのですか?
同様なことに,エンジンは液体燃料を,
「蒸発」or「燃焼」,どちらを行ってるのでしょうか?

いろいろ調べても専門用語が羅列してあり,いまいち分かり難かったです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

液体状態のガソリンは、ベンチュリ効果を利用して霧状になります。


霧状のガソリンはエンジン内に送り込まれます。
エンジン内に送り込まれたガソリンはシリンダーによって圧縮されます。
圧縮された後、スパークプラグによって、点火され爆発します。
爆発したガソリンはその膨張によってシリンダを押し戻し、回転の力に変換します。
ベンチュリや、解説の補足は参考URLを参照してください。

参考URL:http://www.jyose.pref.okayama.jp/nouki/ko237.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有り難うございます!
いいHPを教えていただき、大変勉強になりました。
エンジンをあのように見ると、理解しやすいですね。
実は「ベンチュリ」も分からなかったんです(汗)。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/06/28 15:18

電気点火式のエンジンということでしょう。

エンジンの点火方式には電気火花(スパーク)で点火する方式、圧縮によって高温になった空気中に燃料を吹き込んで点火させる方式が一般的ですが、その他にもシリンダーヘッドの一部をバーナーなどで予熱(赤熱するまで)しておき、空気と燃料の混合気を吸入し圧縮して自然着火させる方式(焼玉エンジンなどと呼ばれる)もありましたが、点火の時期がコントロールしづらい事や始動が面倒なため現在では、ほとんど姿を消してしまいました。点火の時期の話が出たのでついでに書いておきますが、エンジンにおいて点火時期がその性能に与える影響は極めた大きく、この時期が適正でないと出力が低下するばかりではなく、ひどいときはエンジンを破壊することもあるほどです。実際の自動車用エンジンではエンジンの回転数や負荷状況に応じて点火のタイミングを最適なる様に自動的に変化させているものがほとんどです。このようなことを行うにも電気点火方式が有利であるためです。

電気点火式のエンジンといっても幾つかの種類がありますが、現在自動車に使用されているものは、そのほとんどが4ストロークサイクルのガソリンエンジンです。構造としては筒状のシリンダーとその内部を往復運動するピストン、ピストンはコンロッド(コネクティングロッド)によりクランクシャフトと結ばれています。また、シリンダー上部にはクランクシャフトの回転と同期する吸気・排気弁があります。これはピストンが2往復(クランクが2回転)する間に1回の燃焼が起こる方式で、まずピストンが下がるときに吸気弁が開き、シリンダー内部にガソリンと空気がちょうど良い具合に混ざった気体(混合気)を吸い込みます。混合気を吸い込んだところで、吸気・排気の両方の弁を閉じて圧縮していきます。圧縮がすんだ(正確には少し手前で)ところで電気火花によって点火します。点火された混合気は燃焼により高温・高圧の燃焼ガスになり、ピストンを強く押し出そうとしますが、このときの力がエンジンの発生する力の全てです。その後、ピストンが下がると、排気弁が開き内部の高温・高圧のガスがシリンダーから出て行きます。さらに、排気弁が開いたままでピストンが残りの排気ガスをシリンダーから押し出し、最初の状態に戻り繰り返します。このタイプのエンジンはクランクシャフトが2回転する間に力を発生させているのはピストンが燃焼ガスによって押されている1/2回転だけで、その他の行程では逆に力を消費しています。このままでは回転が一定せず(燃焼直後は早く圧縮している時に一番遅い)振動も激しいものになってしまうので、幾つかのシリンダーを組み合わせた多気筒のエンジンが用いられます。例えば、直列4気筒エンジンでは半回転に一度の燃焼が起こるようになり、スムーズで静かなエンジンになります。このときにクランクシャフトの角度をシリンダーごとに180°ずらし4個のシリンダーがちょうど半回転ごとに燃焼を起こすようにしています。この方式のエンジンは2輪車などでは多く見かける2ストロークサイクルエンジンに比べ構造が複雑で重くなる、排気量あたりの出力が低いなどの欠点はありますが、燃費が良い、排気ガスの浄化が容易である。広い回転数の範囲で使用に耐える出力を得られるなどの利点があるため、現在の自動車の主力になっています。私が知る限りでは2ストロークサイクルエンジンを搭載した四輪車は旧東ドイツのトラバントが最後だったと思います。電気火花点火エンジンでは極めてユニークな機構を持つ物としてロータリーエンジン(正しくはヴァンケル型ロータリーエンジン)があります。このエンジンのもっとも優れた点はピストンを使用するエンジン(レシプロケーティングエンジン)のような往復運動を伴はないということです。往復運動を伴うエンジンでは必ずピストンの運動はその方向が反転する位置で一旦停止した後に再度加速されるということを繰り返します。これには必ずエネルギーロスが発生することを意味します。これに比べロータリーエンジンでは運動の方向こそ変化しますが速度が0になることはありません。これは非常に優れた点ではありますが、その構造上の問題で高い効率を得るのが難しいこともあり、現在主流とはなっていませんが、小型軽量である、排気量あたりの出力が大きい(1300CC程度で通常の4ストロークサイクルエンジンの2000CCに相当する出力)、振動の発生が少ない、高速回転が可能などの長所を生かし、スポーツタイプの車種では根強い人気があります。

燃料の供給に付いては、旧来はキャブレターという一種の霧吹きのような装置を使用して燃料を細かい霧状にして空気と混ぜ、吸気管内でガソリンの霧を蒸発(効率よく蒸発させるため、吸気管にはエンジン冷却水を循環させ加熱している事が多い)させ混合気にしていましたが、現在では商用車などの一部(現在でも2輪車では主力)を除き、電子制御式の燃料噴射装置が主力です。これは、燃料をポンプによって加圧しておき、インジェクターと呼ばれる電気式のノズルから吸気管内に噴射する方式です。エンジンが吸い込む空気の量や温度、」エンジンの回転数やエンジンの温度、アクセルの操作の具合や排気ガスの状態などを各部に取り付けたセンサーで電気信号に変えてコンピューターに入力し、その時に必要な燃料の量を計算します。計算した燃料の量になるようにインジェクターの弁を開ける時間を制御し適量の燃料と空気を混合しています。この方式では電子制御を行うことによりきめ細かな制御が可能になりハイパワーと経済性の両立が可能になります。エンジンの状態をセンサーにより常に監視しているため常に最適な状態の混合気を供給できるためです。例えばエンジンブレーキを使用している時はエンジンは力を発生する必要がないので、燃料の噴射を止めて節約したり、軽負荷(平らな道を巡航している場合など)ではガソリンの比率を下げて排気の浄化と燃費の向上を取っています。また、全力加速などでは最高の出力が得られるように空気とガソリンの率をガソリンが多くなる側に制御しています。アクセルを踏むときの動作が速いか遅いかなども検出して制御に使用しています。キャブレターではこのような細かな制御は不可能に近く高出力を要求するようなセッティングにすれば、燃費の悪化や排気ガスの汚染度が高くなることは避けられませんし、低回転時には燃料の供給過多によるエンジン不調なども引き起こします。逆に経済性に重点をおいたセッティングでは高出力は望めません。言うなれば、電子燃料噴射装置はセッティングの違う多数のキャブレターを最適の状況になるように切り替えて使うというような、離れ業をやってのける装置なのです。機構的に複雑で高価になるにもかかわらず多用されている理由がここにあります。現在ではこれをさらに進めて筒内噴射(三菱GDI・日産NeoDi・トヨタD4など)といい、空気だけを吸い込み圧縮し、高圧になったシリンダーの中に燃料を高圧で噴射する方式もあります。これによる利点は、非常に薄い混合気の燃焼を可能にすることができるので、排気ガスを減らすことができることと、比較的低い出力(通常の運転ではかなりの部分がこれにあたります)の時に燃費を削減できることです。電気点火方式では点火はプラグの電極間に飛ぶ火花によって行われるため、旧来の燃料供給方式のように外部で燃料と空気を混ぜてしまう方式ではあまり薄い(燃料が少ない)混合気では点火できない、または異常燃焼を引き起こす可能性があり実現できませんでした。ところが筒内噴射では、点火プラグ周辺にねらいを付けて燃料を噴射することにより、火花の飛ぶ部分には十分に濃い混合気を周りには非常に薄い混合気ということが可能になったのです。

最後に、タクシーなどで多用されているLPG(プロパンガス)燃料では液化されているLPGタンクかヴェーパライザーという気化装置(エンジン温水で加熱しLPGを気化し圧力調整する装置)を通した気体のプロパンガスと空気をミキシングチャンバーと呼ばれる装置で混合し燃焼させています。もともとが気体の燃料なので混合はきわめて容易です。

エンジンという機械は基本的な動作自体は簡単なのですが、細かな事象まで深く考えると非常に奥深い機械です。基本的な事柄を書くだけでもちょっとした本になりそうなくらい面白いものです。もし、興味がおありでしたら講談社よりブルーバックスシリーズで「エンジンのABC」という本が出ています。とてもわかりやすい内容で、しかもかなり本質を付いているので、エンジンに興味のおありの方には勧めているのですが、ご一読してみてはいかがでしょう。

エンジンのABC ブルーバックス B-1129
ISBN4-06-257129-3(科)
    • good
    • 0

>「スパーク点火エンジン」


これは普通のガソリンエンジンとは違うのでしょうか?

普通のガソリンのエンジンの場合、燃料を霧状にしたものをエンジン内に噴射し、その気体を圧縮してからスパークプラグを使って点火して爆発させます。
スパークプラグは火花を出す装置です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有り難うございます!
スパークプラグが起爆剤みたいなものとして働いているんですねぇ。
でも、「気体を圧縮」というのは、なぜするのでしょうか?
圧縮することにより何か良い効果が得られるのでしょうか?

お礼日時:2001/06/28 15:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスパークプラグの点火がおかしい

農機具のスパークプラグについての質問です。

エンジンが突然かからなくなったので、プラグを外して点火状況を確認したところ次の症状が確認できました。(直前まで一発で始動できていた。)

 ・プラグをエンジンブロックにアースしてもプラグギャップ内(中心電極間)で点火しない。
 ・エンジンブロックからプラグを少し浮かせると、エンジンとプラグ間で勢いよく点火が確認できる。
 ・プラグギャップ間隔は0.7mmで正常です。

リコイルスターターは正常に回せますし、キャブレターは直前まで始動できていたので問題無いと考えています。
農機具はカワサキ製(約5HP)の一般汎用エンジンです。
プラスチック製のon-offスイッチが経年劣化で破損していますが、直前までは一発でエンジンかかっていました。

農機具はゴムクローラー式の運搬車で、ギアをニュートラルにしても、エンジンかからないと少しも動かせないので、大変困っています。
どうぞ、お知恵をお貸しください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>・プラグをエンジンブロックにアースしてもプラグギャップ内(中心電極間)で点火しない。
 ・エンジンブロックからプラグを少し浮かせると、エンジンとプラグ間で勢いよく点火が確認できる。
 ・プラグギャップ間隔は0.7mmで正常です。

プラグの不良です。 エンジン停止スイッチが破損しているとはいえstop状態ではないですよね。

プラグの中心電極とネジ部の絶縁不良になった故障です。ですのでプラグをエンジンプロックに置けば中心電極もアース状態なにり火花は飛びません。プラグをエンジンから浮かすとプラグのネジとエンジン間にスパークします。

Qフィットの車検 重量税,スパークプラグの交換

12月に自動車(フィット)の車検があります.
ディーラ(ホンダプリモ)と近くのガソリンスタンドに見積もりを頼みました.その結果,ディーラでの見積もりの重量税は37800円(1年18900円),ガソリンスタンドでの重量税は,25200円(1年12600円)でした.私の持っているフィットは,車両重量が1000kgで丁度,区切りの重量なのですが,場所によって重量税が異なるのはどうしてなのでしょうか?
また,ディーラに車検を出す場合,無理を言って25200円にしてもらえないのでしょうか?
あと,ディーラではスパークプラグの交換を進められたのですが,ガソリンスタンドでは必要ないと言われました.スパークプラグはどの程度の走行距離・頻度で交換すべきなのでしょうか?
ちなみに所有するフィットは新車で購入し,3年目で走行距離48000kmです.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

フィットの1300ccはノーマルプラグ、1500ccはロングライフイリジウムプラグです。
いずれの場合もプラグを外してみて交換するかどうかの判断をしますが、ノーマルの場合は5万キロ程度走っているなら交換したほうが良いでしょう。
ロングライフイリジウムの場合、不具合さえなければ10万キロまで交換不要とされています。

重量税に関しては車検証に記載されている重量によって金額が決まっています。
ディーラーかスタンドのどちらかが確認せずに判断したのでしょう。

Q4気筒、同時点火、スロポジのエンジンは?

旧車のインジェクション化を考えています。
エアフロレスの仕様にしたいので、「4気筒、同時点火、スロポジ」が
標準装備の純正部品をもとに構成を考えています。
この条件のE/gとなると、トヨタの「3S」がもしかしたらそうかなと
思っていますが、自信がありません。
他にも、同設定のエンジンがありましたら、教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 popgotoさん こん○○は、46年車ですか、3Sのパーツをご思案と言う事はTOYOA車ですか? ではなおの事、以前は良いご回答では有りませんでしたね・・申し訳有りません。

 私も昔、一生乗る積りで40年代車乗り継いで居りましたので(TA22改NA○○○○cc約○00PS)改造申請前にトラックに突っ込まれ廃車に成りましたが、インジェクション化もする予定で居たので、又、ディゼルを含む、車両系エンジン、AT用ECU関連をして居たのですが、現在、関連資料が不備で紛失した為、参考資料をお出ししたくとも出せないので、差し支え無ければ、暫らく締め切らずにお時間を頂ければ、3Sの件は出て来るか判りませんが、時間を見て、カーボウイや以前の取引関連等にも参考データは、確認できるとは思いますので、又、IDはYahooも、同じですので、「Yahoo ID」でご検索下さい。
 インジェクション化、それまでの間のキャブの件も もう少し良いお話出来るとは思いますので!

Qレシプロエンジンの点火プラグのタイミングはどうやって制御してるのでしょ

レシプロエンジンの点火プラグのタイミングはどうやって制御してるのでしょうか?
アクセル開度かと思いましたがにワイヤーの伸びやへたりなどありますし、クランク室内にセンサーなどがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

クランク角センサーとは実際にどのような原理で検出するのはお分かりになりますでしょうか?

電子制御の初期では、光学式と言う方法が使われ、スリットを通過する光を検知して、その信号をコンピューターに送っていました。
これはクランクの回転が、タイミングベルト等でカムシャフトに繫がり、そのシャフトの傍に回転板が付いていて、その板に必要なタイミングで点火信号が出せるようにスリットが開けてあり、そのスリットを光学センサーで読み取り、点火タイミング信号を得るものでした。

その後はホールICによる電磁式のセンサーに進化して今日に至ります。

Q エンジンの燃焼

 エンジンの燃焼

 お世話になります。 
 車に限らず、内燃機関のガソリン燃焼は、空気が当然 必要ですが、
 空気中には、酸素の他、窒素や二酸化炭素や、塵 等がありますよね。

 で、燃焼に必要なのは 酸素だけなのでしょうか?

 つまり、出来る出来ないは別として、吸い込む空気の酸素濃度が高いほど、
 効率良い燃焼 という事になり、様々な無駄が減る と言うことになるのでしょうか??

 変な質問で申し訳有りません。

Aベストアンサー

へんなものをすいこまないため、吸気口に金網をつけるのは昔からやっていました。
飛行機など上部に吸い込み口を設けて砂塵などを吸入しないように工夫しています。
重力の影響をうけるすべての空気を吸って動くものは上から吸ってしたから出します。

目の細かい中空繊維を使用して、酸素濃度を21→25%にあげ燃焼効率をあげるとか、
燃えにくいものを完全燃焼させることはよく行われています。
水道の浄水器のようなものを使えば、80%ぐらいの酸素を作るのはかなり容易です。
より高温を得たい用途はいっぱいあり、そこらじゅうで使われています。
内燃機関がこれからも生き残っていこうとすると、排気ばかりでなく、
空気の前処理が今以上になされるようになるでしょうね。
もちろんそれに合わせたエンジンのキャブレターのセッティングが必要なのは
いうまでもないですね。(電子制御だと結構、その環境に追従しそうですが)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報