労災と傷病手当金の
違いはどういったこと
でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

労災からの給付には「療養」「休業」「傷病」「障害」「遺族」等の給付が有りますが、お尋ねの『傷病手当金』と同様の保険給付は「休業」に該当いたします。


そこで、労災=「休業(補償)給付」と限定して書きます。

0 根拠となる法律が異なる
・労災は「労働者災害補償保険法」
・傷病手当金は「健康保険法」

1 扱える保険事故の発生原因が異なる。
・労災は「業務上」又は「通勤途上」における負傷や疾病等を対象とする。
・健保からの給付である『傷病手当金』は、「業務外」における負傷や疾病等を対象とする。

2 補償の率が異なる
・労災から給付される「休業(補償)給付」は、法に定めた方法で算出した「休業賃金日額
」の8割が支給される。
また、被災時点での直近の賃金額でまず金額が決まったうえに、一定期間経過後は世間の賃金上昇率に合わせて変動してくれる。
・健保から支給される「傷病手当金」は、健康保険料等の算出根拠となっている「標準報酬月額」÷30×2/3 が支給される。
標準報酬月額は一定の条件に合致しない限り変更されないので、被災時点の賃金に見合っていないことが有る。

3 支給開始の条件が異なる
共に被保険者である時(有った時)に被災していることが条件ですが
・労災から給付される「休業(補償)給付」は、通算で3日日休業していれば受給権が生じる。
・健保から支給される「傷病手当金」は、継続(連続)して3日間休業していなければ受給権は生じない。

4 支給期間が異なる
・労災から給付される「休業(補償)給付」は、原因となった負傷・疾病等が治癒または固定するまで支給される(途中で別の労災給付に切り替わった時は停止または打ち切り)。
・健保から支給される「傷病手当金」は、給付開始から1年6か月を経過したら終わりとなり、実際に1年6か月間分の保険給付を受けられるとは限らない。
    • good
    • 1

労働災害とは、労働者が業務中もしくは通勤時に、負傷(怪我)、疾病(病気)、障害、死亡する災害のことを言う。

一般には労災と略して呼ばれる。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含む。狭義には、負傷(や負傷に起因する障害・死亡)のみを指す用語として使われ、疾病(や疾病に起因する障害・死亡)は指さないことも多い。
以下、特段指定しない限り、「労働災害」は広義の労働災害(労働者災害補償保険法(労災保険法)が対象とする業務災害と通勤災害)
①労働災害とは、国が強制的に事業主に加入を課してしている労働災害保険で従業員には負担がありません。
②従業員が公務中(勤務及び通勤中)にけがおよび疾病等になった場合は労働災害として届ける義務を事業所等に課している。
③事業所が労災隠しをすると労働安全衛生法第97条違反で罰金50万円を課している。
④労災は、事業主がかけた保険で国から休業補償と特別給付とで約8割方の補償で非課税扱いで所得になりません。

 それに対して、傷病手当とは、健康保険料を労使折半で協会けんぽに支払い保険証等で医療機関にかかりますが、勤務中以外での疾病やケガなどうで休職(有給休暇含む)した場合は待期期間を後の休業日数分をを給与の約6割方の補償します。が、傷病手当は所得として課税さるために税申告が必要です。
①会社にお勤めのサラリーマンや、公務員の方が病気やケガで働けなくなった時、その間の生活に困らないようにもらえる傷病手当金です。
②普通は、風邪をひいて会社を休む場合など、有給休暇を使うので、この制度自体を知らない方も多いようです。
傷病手当金は、業務外の病気やケガで働けなくなった場合に支給されるものです。例えば、休日にスポーツをしていて足を折って働けなくなった場合などに支給されます。」
③業務上(仕事中や通勤途中)で病気やケガをしてしまった場合は労災保険の休業補償が受けられますので混同しないようにしましょう。

労災と傷病手当は同時に申請はできません。が、労災後の傷病手当の申請はできます。また、労災申請後はできませんが、傷病手当申請後は労災申請はできます。但し条件があるので詳細は担当部署で訊くことです。
    • good
    • 0

労災は、労働災害です。



なので傷病手当では保障しません。
労災認定以外の傷病に関しては認められます、
    • good
    • 0

既回答にもありますが、労災は業務中または通勤中(またはそれに起因する)の傷病に対する給付で、傷病手当金は私傷病での休業に対する給付です。

    • good
    • 0

正確なことは、所属している健康保険組合に確認して下さい。


私の確認した範囲では、傷病手当は業務外でかかった疾病や怪我に対して保証されるものです。
業務内での疾病や怪我への保証は労災です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q任意継続後の傷病手当金について(政管→健保組合→政管)

現在、会社に在籍中で傷病手当金を1ヶ月ほど受給しています。
今後傷病手当金受給中に退職し、健康保険を任意継続する可能性が出てきました。

同じ会社勤務ですが健康保険証が合併等の会社都合で政府管掌(6ヶ月)→健康保険組合(10ヶ月)→政府管掌(8ヶ月)と
移っているのですが、任意継続後の傷病手当受給は可能でしょうか?

政府管掌1年以上で退職後も任意継続で計1年6ヶ月受給可能となっていますが、、、

Aベストアンサー

平成19年4月1日より、退職後に新たに傷病手当金を申請することが
できなくなりました。
理由は、法改正によるものです。

但し、健康保険の被保険者であった期間が1年以上であり、
退職前に傷病手当金を受給していた場合には、
退職後も引き続き傷病手当金を受け取ることができます。

というわけで、質問者様の場合は8ヶ月しか被保険者であった期間がないので、
現段階では受給資格は無くなりますが、12ヶ月が経過して、
初めて退職後も傷病手当金を受給することが出来ます。

Q傷病手当金

退職後の保険は、国民健康保険か任意継続のどちらがよく  また、なぜなのですか?

次に国民健康保険にした場合は、継続申請は、社会保険事務所にいけばいいのですか?

Aベストアンサー

国民健康保険は、今お住まいの市町村役場で確認して下さい。
任意継続及び傷病手当金の継続受給は、今お持ちの保険証にある所に確認して下さい。
前の質問を締めないまま、次から次から新たに質問するのは、やめましょう。

Q社会保険の「傷病手当金」

このカテゴリーでよろしいんでしょうか?
私の会社の常勤職員(男性32歳)の3週間の病欠について教えてください。
彼は「心身症」ということで都内のある神経科施設(私立個人)にて
「森田療法」にて治療し、今では休まなくても仕事ができるようになりました。
「森田療法」は有名な心身症の治療法ですが「保険診療適応外」です。
よって100%自費で自分で治療をうけました。
そこで教えてください。
1)社会保険の「保険診療適応外」の治療を会社を3週間休んで受けたとき
社会保険の「傷病手当金」の書類を自由診療診療の医療施設に書いてもらえるものでしょうか?
それは有効でしょうか?
2)できましたら社会保険の「傷病手当金」とはどういうものかということも教えていただけたらと存じます。

要領の悪い質問ですみません。
どこに聞いても、わからない状態です。

Aベストアンサー

まずは傷病手当金の申請書を書いて提出することをお奨めします。
kouraさんの仰る様に社会保険事務所の担当の方は書式の確認等の他はあまりご存じではないようです。
私が以前支給を受けたときも、「出るかどうか判りませんがまずは提出してください。審査の後通らない場合は別途通知がありますので。」とのことでした。
要するに判断するのは窓口の担当の方々ではないのではっきり返事が出来ないようです。
何れにしても出る分は出るし出ない分は出ないのですから、「出ると良いけれど・・・」位の気持ちでまずは提出してみましょう。(本人にもそう伝えた上で)
私の経験上申し上げると医療費が保険適用であったかどうかと傷病手当の支給には関連がなかった様に思います。
他の方も仰っていますが、それは療養費の請求の話ですね。
もっともこれは労災が適用になる様な事例でないと出ないと思いますが。

因みに用紙は社会保険事務所窓口で貰えます。
失敗したときのことを考えて2,3枚余分に貰っておきましょう。
また、書き方を解説した冊子もありますので、併せて戴いてきましょう。
担当医師の証明欄については医師のところに持参して伺った方が早いかも知れません。(過去の事例もあるでしょうし)
社会保険に加入しているならば事業主の証明欄も必要になりますのでこちらにもご注意下さい。

#提出する際の注意点については社会保険事務所の担当の方がよくご存じ
#だと思いますので、良く伺っておきましょう。
#尚、傷病手当金のの要件について書かれているページのURL(参考URL)を
#載せておきました。御参考までに。

参考URL:http://www.sb.gunma-u.ac.jp/~shiihara/mental/q&a/q&afukusi/14-2shakaihokenseido.htm

まずは傷病手当金の申請書を書いて提出することをお奨めします。
kouraさんの仰る様に社会保険事務所の担当の方は書式の確認等の他はあまりご存じではないようです。
私が以前支給を受けたときも、「出るかどうか判りませんがまずは提出してください。審査の後通らない場合は別途通知がありますので。」とのことでした。
要するに判断するのは窓口の担当の方々ではないのではっきり返事が出来ないようです。
何れにしても出る分は出るし出ない分は出ないのですから、「出ると良いけれど・・・」位の気持ちでま...続きを読む

Q傷病手当金の給付について

現在、派遣社員として勤めております。
今年の2月1日から勤め始めて勤続5ヶ月目なのですが、仕事のトラブルからうつ状態に陥りました。
毎日仕事に行かなければならないのは当たり前のことだと思いますが、仕事にいく気力がどうしても出ず、元々のシフト上でのお休みを間に挟んで、5連続でお休みを頂いている状況です。

明日、心療内科などに相談しに行こうと考えていますが、ここでうつと診断された場合、傷病手当金の給付は問題無く行えるでしょうか?

また、派遣契約の期間が、6月末を持って満了します。
派遣元から更新しない、と言われた場合、傷病手当金の給付はストップされてしまうのでしょうか?

ご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

>心療内科などに相談しに行こうと考えていますが、ここでうつと診断された場合、傷病手当金の給付は問題無く行えるでしょうか?
「うつ」でかつ「労務不能」と医師が診断すれば、傷病手当金の受給を受けることが出来ると思われます。しかしながら、あくまでも給付の決定権者は健康保険で、医師の診断は「医師の意見」という位置づけです。なので、正確にここで「出ますよ」とはいえませんが、可能性は高いと思います。

>派遣元から更新しない、と言われた場合、傷病手当金の給付はストップされてしまうのでしょうか?
今の派遣元の前から隙間なく健康保険(政管健保でも組合健保でも可)に1年以上加入していれば、退職後も傷病手当金が支給されます。健康保険の加入が、今の派遣元だけの場合や切れ目がある場合、給付はストップします。
そのための対策として、任意継続で健康保険を続けると、在職と同じように傷病手当金が支給されます。
ただし、このたび国会を通った医療保険法改正では、平成19年4月から、任意継続者へは、傷病手当金の支給が出来なくなりますのでご留意ください。この詳細な取扱は、まだ行政から示されていないので既に受給している傷病手当金に関する既得権が認められるかどうかは不明です。

>心療内科などに相談しに行こうと考えていますが、ここでうつと診断された場合、傷病手当金の給付は問題無く行えるでしょうか?
「うつ」でかつ「労務不能」と医師が診断すれば、傷病手当金の受給を受けることが出来ると思われます。しかしながら、あくまでも給付の決定権者は健康保険で、医師の診断は「医師の意見」という位置づけです。なので、正確にここで「出ますよ」とはいえませんが、可能性は高いと思います。

>派遣元から更新しない、と言われた場合、傷病手当金の給付はストップされてしまうのでし...続きを読む

Q傷病手当金の継続?について

 傷病手当金について教えてください。就職しているときに病気になり傷病手当金を受給しました。そしてその病気を療養中のまま退職となり健康保険については任意継続に切り替えており継続して傷病手当を受給しています。後2ヶ月で受給期間は切れるのですが、不幸なことに最初傷病手当を申請したときとは別の病気で入院になってしまいました。この場合、新たな疾病として傷病手当金を申請することができるのか?(後の頃の2ヶ月の傷病手当を受け取れば終了なのか、今回病気になって入院した日から4日目以降の申請になるのか?)任意継続保険の場合でも、新規に傷病手当の請求はできることは承知していますが、このよう場合は制約等があるのでしょうか。よろしくご教授願います。

Aベストアンサー

傷病手当金は、在職中の私傷病が原因で、休職して給料を支給されなかったり、一部減額された場合に、その保障として支給されるものです。
又、任意継続中に新たに傷病にかかり、働くことが出来ない場合は、今回の病気について、傷病手当金の申請は可能です。
ただし、今回の病気が、前回の病気と関連性がある場合は、1つの病気と見なされますから、新規の受給は出来ないことになります。

全く、関連のない病気であると、今申請をすると、2ヶ月間は重複しての受給は出来ません。
回復まで長期間かかる見込みの場合は、2月後に申請すると、その時点から、最大1年6ケ月間の受給が出来ます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報