ダンボールって燃えるゴミで出していいのかな?
ゴミ捨て場の立て札には詳しく記載されてないので、一般的な処分方法を教えてください。

A 回答 (9件)

気になる場合は、細かく切ってバラバラに


してしまえばいいです
    • good
    • 0

基本は資源ごみとして処分。


切れ端程度なら可燃ごみとして処分しても良いと思いますが、量が多ければ資源ごみとしてまとめて処分しましょう。
    • good
    • 0

自治体に確認して貰うしか有りません



一般的には、燃えるゴミに該当しますが
資源ゴミでもあります

燃えるゴミの場合でもルールがあります
    • good
    • 0

お住まいの地域の役所・役場に問い合わせましょう。


HPに書いてあることが多いので、そこも確認されるのが良いと思います。
    • good
    • 0

指定ゴミ袋の中に入れれば、可燃物の日(燃えるゴミ)に出してもOKです。



別に1ヶ月に2度、紙、布、段ボール等の日があります。
市販のビニール袋で出せます。

各市役所のホームページ(ゴミ収集日カレンダー)に記載されているので参考にして下さい。
    • good
    • 0

一応資源ごみなのでアウトのはずです


地域によっては燃えるごみにプラスチック大丈夫のとこもありますが 資源ごみは大概日にちを儲けてます
ペットボトルが入っていたら回収しない地区も有ります
月1は資源ごみ回収があるはず
市町村に聞いてみましょう。
    • good
    • 1

私の地域にでは(資源ゴミ)です。


週一回で回収されます。

地域によって異なるので、自治体にお問い合わせになるか、町会にお聞きになれば良いと思います。
    • good
    • 2

私が住んでいる街では「資源ゴミ」です。

燃えるゴミを出す日とは収集日が異なります。
お住いの市町村のWebサイトに分類方法、地域ごとの収集日の説明があるかと思います。
また役場や支所に同様のリーフレットが用意されている市町村も多いです。

参考まで。
    • good
    • 1

ダンボールは資源ごみとなります。


地域によって違うようですので、役場にお問い合わせください。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「燃えるゴミ」とも「燃えないゴミ」とも書いてない場

いつも疑問に思うのですが
小さなお店や公共の場にあるごみ箱で
「燃えるゴミ」とも「燃えないゴミ」とも書いてない場合、
どんなゴミでも捨てていいのでしょうか?

例えば、外出中に紙くず、空き缶、ペットボトルを持ってる時、
「ゴミ箱」と書かれた箱が置いてあったら、全部入れますか?
それとも捨てずにゴミを家に持って帰りますか?
もしくは、分別して捨てられる場所(駅など)を探しますか?

Aベストアンサー

 私が住んでいる地域で分別が始まった時、たまたま自治会のゴミ担当をしていてあれこれ指図を受けた者として。

 まず、分別方法は地域差が大きいので、確かなことが知りたければその場所の役所に聞くしかありません。

 基本的に

 小さなお店の前に置いてあるゴミ箱を管理するのはそのお店です。

 お店は、その店で買った物のゴミを捨ててもらうために置いてありますので、分別を考える以前に、その店から買った物でないものは一切入れないで欲しい。

 買った物なら店に店員がいるだろうから、どうしたらいいか聞いてほしい。

 自販機の隣に置いてあるゴミ箱は自販機用(ふつう瓶缶類)のものだから、自販機で売っていない物のゴミを持ってきて捨てないでほしい、とのことです。

 業界での事前相談、指導の時、商店街のような組織から「指導してほしい」と要請があった由です。


 公共の場でのゴミ箱もそれに合わせて考えればいいのではないでしょうか。

 瓶缶類の自販機の隣に置いてある箱は、いわゆる「燃えないゴミ」用。

 ほかにゴミ箱がなければ、「燃える物は持って帰ってくれ」という意志表示だろうと思います。

 最近は、なんでも入れていいのだと勘違いして(勘違いしたふりをして)わざわざ家庭ゴミを持ってきて捨てる人が増えているので、意図的にゴミ箱を置かないようにしている場所が多くなっていますので。

 高速道路料金はプール制というのをやっていますが、建設当時は安くする計画だった高速道路料金が安くできない理由を、担当の人間が恐縮したふりをしながら説明しているのを、テレビ番組で見ました。

 高速道路のSAなどのゴミ箱にも家庭ゴミを持ってきて捨てる人(時には便のついたおしめなども)が少なくないので、分別が大変なので費用がかかり、ゴミ箱以外へのゴミ捨てもありSAなどの管理費が高く、それゆえに高速道路料金などが計画通りは安くできないのですねぇ、だそうです。

 (実体は天下り関係なのですが)

 まあ私は、鉄道は利用しないので関係ないのですが、駅で捨てれば駅舎などの管理しているところが費用を出して処理するわけですから、上記の高速道路と一緒でその分も含めた高い鉄道料金を取られているはずです。

 確実にゴミの処理費はこれからますます高くなりますので、運賃も高くなるのを利用者は覚悟しておいたほうがいいんじゃないでしょうか。

 高速道路を利用する者としてはそちらの値上げは困るので、余所で買ったゴミは自宅へ持って帰って欲しいものだと思います。

 私が住んでいる地域で分別が始まった時、たまたま自治会のゴミ担当をしていてあれこれ指図を受けた者として。

 まず、分別方法は地域差が大きいので、確かなことが知りたければその場所の役所に聞くしかありません。

 基本的に

 小さなお店の前に置いてあるゴミ箱を管理するのはそのお店です。

 お店は、その店で買った物のゴミを捨ててもらうために置いてありますので、分別を考える以前に、その店から買った物でないものは一切入れないで欲しい。

 買った物なら店に店員がいるだろうから、どうした...続きを読む

Q燃えるゴミ?燃えないゴミ?

皮靴は燃えるゴミですか?燃えないゴミですか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 燃えるゴミです。

Q燃えるゴミと燃えないゴミ

ゴミの分別が、いまいちわからないんです。詳しく説明もないから、燃えるゴミと燃えないゴミに適当に分けていますが…紙以外はすべて燃えないゴミなのでしょうか?
紙以外を燃えないゴミに出したら、燃えないゴミはとんでもない量になりますよね?お菓子の袋、飴の包み紙、ビニール…スーパーの袋でも、燃やしていいと書いてあるものは燃やしてますが、何も書いていない袋はどうすればいいんでしょう。「ほとんどの物は燃えるんだ。明らかに燃やしちゃ行けないもの以外は、燃えるゴミに出していい」って言う人もいます。いったいどうなんでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

まず、この問題に対する回答としては「市区町村の役場に聞いてください」としか言えないです。

>「ほとんどの物は燃えるんだ。明らかに燃やしちゃ行けないもの以外は、燃えるゴミに出していい」

この言葉も「燃えるゴミ」という観点から見れば正解なのですが、物事はそう簡単ではありません。
現在、日本のほとんどの地区で燃えるゴミ(燃やしてもいいゴミ)は焼却施設で加熱焼却していますが、その施設の性能は各地域により大きく異なります。
プラスチック類など石油由来製品を焼却しますと炉内が高温になりますが、性能の低い(古い)施設ですとその温度に耐えることが出来ません。
そのような地区では必然的に燃えないゴミ(燃やしてはいけないゴミ)扱いになります。

逆に高性能焼却炉(ダイオキシン対策済み)を持っている地区の住民は燃えるゴミに出しても良い、ということになります。

詳しくは地域の清掃担当課に聞いてください。もしくは役場のWebにも最近でしたら掲載されている可能性は大です。

Qこれらは燃えるゴミ?燃えないゴミ?

明朝、燃えるゴミを出したいのですが、下記のものは燃えるゴミでしょうか。(業者に聞けば良いのですが時間がなくて・・・)ちなみに私の地域では、発砲スチロールは燃えないゴミで出すよう言われています。

・ブーツ(皮、合皮)
・バック(全体が布、取っ手が皮、金具やファスナー有)
・洋服(綿とか、ポリエステルとか・・・)
・メッシュ加工の袋
・スーパーの袋や通販カタログが入っていたビニール袋

無知ですみません。。。
あと、今まで自分が判断できない時(微妙だと思うもの)は燃えないゴミに出していたのですが、もしこれが燃えるゴミに該当する場合って、業者側はかなり迷惑なのでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お住まいの市町村区のHPで確認できませんか?
因みに当方地区ではブーツなど全て燃えるゴミで出せます。

Q燃えるゴミの日に燃えないゴミを交ぜて出すのは

なんという法律にひっかかりますか?
不法投棄ですか?
迷惑防止条例違反とかですか?

ちなみに場所はちゃんとゴミを出す場所で、袋もちゃんと燃えるゴミの袋で出した場合です。

Aベストアンサー

ゴミに関してはそこの焼却施設によって
同じ物でも燃やす物・燃やさない物という違いが出来るので
場所によってその区別が異なります。

したがって、それを指導するのは各都道府県による条例・県条例などで
処分・処置を行ないます。

全国で統一された「法律」により指導・対処するには燃えるゴミや燃えないゴミの内容も
日本全国同じにしないといけない為、現段階では法律で取り締まるのは難しいのです。

したがって、県の条例によって各都道府県で取り締まるしかない為
どの様な罰則が適用されるかも県次第、条例次第になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報