親知らず抜歯後3週間ほど経ちました。
骨まで削ったので穴が深いのですが、そこに食べ物のカスが詰まります。
痛みももうないし、歯医者さんには歯ブラシで磨いてもいいよと言われたのですが穴が深すぎて届きません。しかしうがいするしかないと言われました。

食べ物のカスだったら爪楊枝で取れるのですが、もはやそのカスが原型をとどめておらず、取れる大きさでもないのです。
深い穴の底に食べ物が溶けたもの?のようなものが詰まっており、多分食べ物が腐ってると思います。
爪楊枝でほじくってみましたが、一部しか取れなかったですが緑色の青のりみたいなものになってます…

歯医者さんには何も言われなかったのですが、放っておいて大丈夫なのでしょうか…
今回の抜歯で初めてかかった歯医者さんなのですが、とても忙しい歯医者さんなのか、あまり話を聞いてもらえませんでした。
ご飯食べるたびに詰まっていくので不快だし、放っておいていいのか心配です。
知り合いは、穴にスポンジを入れてもらい、穴に詰まらないようにしてもらったと言ってましたが、そういうのも頼めばして貰えるのでしょうか。
次回の診療は5月6日ですが、その日まで腐ったものが詰まっているのが不快で心配です。
それまでに穴に肉ができあがるとも思えません……

A 回答 (1件)

半年ぐらい掛かりますが、そのうち塞がりますよ

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の水道水に、フッ素入れないのは、歯科医師会の、陰謀か?

日本の水道水に、フッ素入れないのは、歯科医師会の、陰謀か?

Aベストアンサー

聞き飽きましたねぇ~ その話しは。耳にタコどころか イカとカキとウニまで一挙に襲ってきたような(ーー;)
まず日本歯科医師会はフッ素の水道水添加には大賛成しています(していました)。反対どころか大いに推奨していたのでよ!!
ちなみに 日本では現在の所 一切 フッ素添加は行われておりません。唯一 行われているのは米軍基地だけです。まぁ、治外法権ですから日本では無いともいえますし。
ではなぜ入れない・入れなかったのか??ものすごく専門的な話になりますが、宝塚訴訟で国が敗訴したからです。かつて宝塚市で水道水にフッ素が入ってしまった事件がありました。その結果 歯牙フッ素症・斑状歯と呼ばれる副作用が多発し、いわゆる公害として行政側の敗訴が確定したのです。その結果 現在に至るまで、宝塚周辺地域で当時水道水を使った可能性がある全住民に補償が行われたのです。もしも今後 日本のどこかで水道水にフッ素がむ添加されたとして 万が一副作用が発生した場合、この宝塚の判例が優先され、行政側はまず勝てないでしょう。従って 現在の行政の主体は、フッ素化には住民要請があれば協力はするが 一切の責任を負わないという立場になっています。
では現在のフッ素化の動きは・・・・・はっきり言って死語と言っても良いでしょう。この問題は歯科医師の間でも何十年も論争してきた大問題で、専門科同志でも激しい論争があります。私も深く関わってきましたが、現実問題としてフッ素化は全くの無意味でしょう。やるのであれば 昭和30年代にやってなければ・・・・・・
ドリフのカトチャンが、全員集合のラストで「歯みがいたかぁ~?? 宿題やったかぁ~??」と言った時から、水道水フッ素化は無意味になったのです。このカトチャンこそが、日本のフッ素添加を阻止した最大の功労者なんですよ・・・・・・全員集合のスポンサーは あのライオン歯磨き。カトちゃんが言い終わると同時にCMが流され、フッ素入りの子供ライオンが・・・・・このフッ素入り歯磨き粉の普及こそが 日本の子供達の虫歯を激減させたことが 最近の研究でわかってきました。
そういうわけで、フッ素を入れなかったのは ドリフの陰謀なんです(^o^;...

聞き飽きましたねぇ~ その話しは。耳にタコどころか イカとカキとウニまで一挙に襲ってきたような(ーー;)
まず日本歯科医師会はフッ素の水道水添加には大賛成しています(していました)。反対どころか大いに推奨していたのでよ!!
ちなみに 日本では現在の所 一切 フッ素添加は行われておりません。唯一 行われているのは米軍基地だけです。まぁ、治外法権ですから日本では無いともいえますし。
ではなぜ入れない・入れなかったのか??ものすごく専門的な話になりますが、宝塚訴訟で国が敗訴したからです。...続きを読む

Q歯科医、治療途中だが変えたい

今膿が溜まっており、急性炎症があり、抗生剤とロキソニンの内服をしています。
昨日治療をした歯科医は、説明も分かりにくかった上、かなり痛くて恥ずかしくも手を挙げたところ頑張ってと応援されるだけ。
痛かったらすぐに麻酔打つからと言っていたのにその痛みをすぐ終えるならいいのですが15分くらいずっと耐えてました。

そして痛みを耐え続けた結果、結局膿が出ないと言われ明日また抜歯するから来てとのこと。

絶対麻酔が効いてなくても頑張ってと言い、勢いで抜きそうな歯科医だなと正直不信感しかありません…。
その上、炎症がある中で抜くなんて絶対痛いに決まってると思ってしまいます。
歯科衛生士の付いてくれたお姉さんも新人さんで、私がベットから起き上がった際に口腔内に溜まっていた唾液をめいいっぱい口元から零してしまい、その後にもう零させまいとしたのか吸引器を喉の奥の方に入れたりして思わず嗚咽してしまいました…。

通うの恥ずかしいし痛いしで、違う所に行きたいです…。
痛みは勿論ない方が嬉しいですし、多少の痛みがあっても頑張ってではなく、少し中断したりして優しく治療をして下さる先生のところに通いたいと思いました…。

ここまで悪化させてしまった自分も情けなくて…。
でも逆に患者に情けないと思わせてしまうのもどうなのかと色々悶々としてしまいます。

愚痴が長くなりましたが、明日予約した担当の歯科医に行くべきなのか、少しの希望をかけて違う歯科医に当たるべきなのか迷っています。
皆さんが私の立場であったらどちらに行きますか?

今膿が溜まっており、急性炎症があり、抗生剤とロキソニンの内服をしています。
昨日治療をした歯科医は、説明も分かりにくかった上、かなり痛くて恥ずかしくも手を挙げたところ頑張ってと応援されるだけ。
痛かったらすぐに麻酔打つからと言っていたのにその痛みをすぐ終えるならいいのですが15分くらいずっと耐えてました。

そして痛みを耐え続けた結果、結局膿が出ないと言われ明日また抜歯するから来てとのこと。

絶対麻酔が効いてなくても頑張ってと言い、勢いで抜きそうな歯科医だなと正直不信感し...続きを読む

Aベストアンサー

なんともはや・・・・(ーー;)歯科医師から見るとものすごく不思議な事なんですが、どう言う治療をして痛かったのでしょうか??神経を取る治療でしたら麻酔が効きにくい事はありますが、すでに神経が腐っていて感染が骨にまで及んでしまった場合は、まず膿を出すことが最優先になります。この場合 普通は麻酔を使いません・・・・使う必要が無いのです。腫れてきた部位を切開するのであれば麻酔を使いますが、膿が出ないような症例で麻酔を使う事は無いはずです。通常は虫歯の部位から穴を開け、神経の穴を針で拡大して行き、その穴から膿を出します。この針で拡大する操作には痛みを伴う事も多いのですが、それは歯を削る・神経に触る痛みではありません。感染している状態は歯根膜と呼ばれる組織が圧迫等の刺激で過敏に反応している状態で いわば周囲の骨が圧迫されている感覚なんです。通常の麻酔では この骨の感覚はマヒできないんです・・・・・よく親知らず等の抜歯の際に、麻酔が完全に効いているのに痛いと感じる人がいるのですが、その原因も同じなんです。骨全体をマヒできれば何も感じなくはなりますか・・・・全身麻酔に近くなりますねぇ~。まぁ、いわゆる典型的な急性期でしょうから、どこの歯医者に行っても同じ事だったと容易に推察できます。
こう言う場合に、最初の歯医者は損をすると良く言われる所以でもありまして、次に行く歯医者さんにはラッキーと言うわけです。特に急性期が過ぎれば急激に痛みが取れますし、麻酔などを使わなくても無痛的に治療できてしまいますし。まぁ、麻酔が効いていないというのは勘違いのような気がします。少なくとも膿が貯まっているのであれば、麻酔を使わない歯科医師の方が多いはず(切開は別)
通常は 根の先端部に膿がたまっているはずで、そこから神経の穴を通って膿を口の中に出すのですが、これがなかなか難しいのです。神経の穴は細く塞がっている場合も多く、針で少しずつ開けていくしかないわけで この治療中に痛み・圧迫痛があるんです。まぁ ごくたまに神経の一部が残っていてチクチクする事もありますが、その場合は膿は貯まりません。さらに 膿が出ないので根の先端を超えて骨の中まで針で刺してしまう場合もありますが・・・・・
いずれにしても、感染した根の先端には膿が貯まっていると仮定すれば、その部位へ麻酔を打つわけにはいきません。麻酔液といっしょに骨の中に感染・膿をばらまく事に成ってしまいますから、極力 普通の麻酔は使わない方が賢明なんです。

ただ気になるのは・・・・極端に症状が悪かった場合です。感染が歯の周囲から拡大して他の組織にまで広がってしまった場合です。主に下顎の親知らずの場合が多いのですが、「隙/げき」と呼ばれる部分にまで感染が広がると、緊急にそこから膿を出す必要があるのです。特に喉の奥・喉の下まで腫れた場合、直下には喉・気管が有り、肺や心臓にあっと言う間に膿が落ちてしまいます。そういう場合緊急手術が必要で なかなか膿を外部に出せない事も多いのです。そうなると 例え麻酔を使っても痛い事が甚だしい・・・・・患者さんを押さえつけてまで治療しないとならない場合もあり得ます。
また、そういう場合、原因となった歯は早急に抜歯する必要もあり、炎症がある中でもムリをして抜く必要もあるのです。まぁ、そういう重症例は一般歯科ではなく、大学病院・口腔外科等での処置になるはず。もっとも その歯科医師が そういう口腔外科の専門科であれば、普通の開業医でも行いますが(^o^;...

さて、以上の事により、転院はあまりお勧めできません。衛生士の件は まぁ仕方が無いとは言え、恥ずかしいのはむしろ歯科医師の側なんですよ・・・・・患者さんの痛みをとってやれなかった・辛い思いをさせてしまったと 歯科医師も衛生師も内心では・・・・・情けないと感じている事でしょう。転院したとして、次の歯医者さんが良いとは限りません。
前の歯医者さんならば、今度はできるだけ痛みを与えないように最初からあれこれ考えて治療するはずです。

ただ気になるのは 次に抜歯すると言う点・・・・・前述したように重症例である可能性も捨てきれません。ぜひ 今の歯科医師にその点を確認して見て下さい。
膿が出ないから安易に抜くと言うのであれば それこそ問題です。

なんともはや・・・・(ーー;)歯科医師から見るとものすごく不思議な事なんですが、どう言う治療をして痛かったのでしょうか??神経を取る治療でしたら麻酔が効きにくい事はありますが、すでに神経が腐っていて感染が骨にまで及んでしまった場合は、まず膿を出すことが最優先になります。この場合 普通は麻酔を使いません・・・・使う必要が無いのです。腫れてきた部位を切開するのであれば麻酔を使いますが、膿が出ないような症例で麻酔を使う事は無いはずです。通常は虫歯の部位から穴を開け、神経の穴を針で拡...続きを読む

Q親知らずについて

4年ほど前、歯全部のレントゲンを撮ってもらったところ、右上の親知らずが頭の方に向かって逆さまに歯茎の中で育っていることが分かりました。
その時はお腹に子供がいて、痛みも何もなかったので、経過観察とのことで終わりました。
去年引っ越して、それまで通ってた歯科には行けないのですが、体調不良もあり、4日ほど前から右上の歯茎が痛み始め、口が1センチほどしか開かなくなってしまいました。
GWなので、近くの歯科はどこもやっておらず、我慢してたのですが…
食べることもままならず、4日で5キロも体重が落ちてしまいました。
小さな子供が3人いて、下の子はまだ0歳、旦那は単身赴任で年に2~3回しか帰ってこず、頼れる親族もおらず、手術や入院はできれば避けたいのですが…
やはり、手術や入院は必要になってしまうでしょうか?

Aベストアンサー

そのまま放置すれば入院なんて事態も無きにしも非ず・・・・・・まぁ、普通はそこまでの事は無いとは思います。
最悪の場合 入院という事もあり得ますが その場合は救急車を呼ぶようなレベル。顎の下や喉の方まで腫れが及んでしまった場合です。現段階で そこまで悪化することは無いとは思いますが やはり早急に歯科医院へ行って下さい。早ければ早いほど 入院等のリスクは少なくなります。
ただ 抜歯とは基本的には手術に他なりません。従って どんなに簡単とは言っても 抜歯する場合は手術になりますねぇ~ 外来手術と言って 普通の歯科の診療台に座ったまま麻酔を使って抜く事になります。
さて 問題は その親知らずが骨の中に埋まっていて簡単には抜けない事にあります。ある程度 骨を削ったりしてから抜く事も多く、時間も1~2時間を要する場合もあります。さらに 体調不良の場合は抜けませんので、抗生物質の投与等で ある程度落ち着いて体調が整ってから抜歯することになるでしょう。
また 必要とあらば、一般の歯科医院から大学病院・口腔外科等へ紹介されるでしょう。
いずれの場合も お一人では辛い場合も有り、旦那さんとは言わないまでも 付き添い・運転手などの人が欲しいところではあります。お子様を見てもらわねばならない事も考慮すると やはり誰かご友人でも・・・・・・

さてさて・・・・もう1つ問題が(^o^;... 0歳児のお母さんと言う事は、母乳の問題が考えられます。人工乳ならば問題は無いのですが、鎮痛剤等が母乳に影響を与える事も想定できますので、必ずその旨を歯科医師へ伝えて下さい。男性歯科医師にはなかなかわかりにくい場合もありますし(^^ゞ

そのまま放置すれば入院なんて事態も無きにしも非ず・・・・・・まぁ、普通はそこまでの事は無いとは思います。
最悪の場合 入院という事もあり得ますが その場合は救急車を呼ぶようなレベル。顎の下や喉の方まで腫れが及んでしまった場合です。現段階で そこまで悪化することは無いとは思いますが やはり早急に歯科医院へ行って下さい。早ければ早いほど 入院等のリスクは少なくなります。
ただ 抜歯とは基本的には手術に他なりません。従って どんなに簡単とは言っても 抜歯する場合は手術になりますね...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報