銀の指輪があるのですが
誤って硫黄と反応して
真っ黒になってしまいました(;;)

AgS→?+Ag何とか還元できないでしょうか…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

還元用に水素を手に入れましょう。

まずは希塩酸と亜鉛を用意して・・・・(笑)

冗談はさておき、「銀」「黒ずみ」で検索をかけると、色々なサイトが表示されます。
下に紹介したURLは、重曹を使って落とす方法を教えてくれるところです。
黒ずみ取り専用の洗剤も売ってるところがあるらしいですよ。

参考URL:http://www16.freeweb.ne.jp/art/dateu/migaki.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頑張ったら手には入れられるんですが(笑)
Agが1価、Sが2価かもど忘れするようなやつですが、
化学を少しかじっているので…
いろいろやってみますね!
ありがとうございました!

お礼日時:2001/06/30 12:52

 


硫化銀(Ag2S)は希炭酸ナトリウム水溶液中,アルミニウムと接触させるとたやすく還元されるそうです。

ですので,proteus さんの参考 URL の方法が一番簡単ではないでしょうか。

なお,水素で還元されるのであれば,常温では反応が起きにくいですから,高温にできる容器が低温で反応を起こせる触媒も御用意下さい(笑)。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
よ~し!
やってみますね!

お礼日時:2001/06/30 12:46

それは大変ですね・・・



ちなみに。Agは1価の陽イオン、Sは2価の陰イオンですよ。

還元するには水素なんていかがです?
Ag2S+H2→H2S+2Ag
ただし水素が手にはいるかどうかも問題ですし
それ以上に硫化水素はものすごい臭いです。
私なら悪臭の部類に入れますね。
卵が腐ったような臭いがするんですよ。
これでよければ(まぁよくないでしょうが)やってみて下さい。

半分無理矢理ですいません。汗
    • good
    • 0
この回答へのお礼

んんん~
硫化水素は臭いなぁ…
最初は温泉気分なんですが…(^^;)
いろいろやってみます!
ありがとうございました!

お礼日時:2001/06/30 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構につい

反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構についてですが、

1)はまずmethylamine hydrochlorideが作用してエナミン構造をとりその後NaH(OAc)3により還元というながれでよろしいのでしょうか?またなぜここはNaH(OAc)3のような還元剤を使ってるのでしょうか?オレフィンがあるためそこを還元しないようこの還元剤を使ってるのでしょうか?

2)これはアミンの水素を引き抜いてアニオンにした後オレフィンに求核攻撃するのでしょうか?またはホルムアミドがなんらかの動きをして行くのでしょうか?

どちらかでもいいのでアドバイスなどよかったらお願いします。

Aベストアンサー

まず、MeNH3Clはメチルアミンの塩酸塩ですよね。塩酸塩になってにるのだから、MeNH3Clの窒素上には非共有電子対をもっていませんよね。だから、MeNH3Clには求核性を持ちません。MeNH3Clに求核性を持たせるために、トリエチルアミンを加えて、MeNH2にしています。メチルアミンにすれば、求核性をもちますので、基質であるカルボニル化合物と反応して、イミンを形成をします。イミンの形成反応は、可逆反応であり、イミン形成と同時に水を生じます。したがって、イミンの形成に少しでも平衡を傾けさせるために硫酸ナトリウムにより水を除去していると考えられます。
イミン形成後にイミンをNaBH(OAc)3よりアミンへと還元しています。NaBH(OAc)3という還元剤を用いるのは、反応性を低い還元剤をつかったほうが、副反応の恐れが少ないからでしょう。

 
下のほうはマンニッヒ反応のようなことが起こっているのではないかとおもいます。

Q二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式

タイトルのとおりなのですが、二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式が
どういうふうになるのかおしえてほしいのです。
硫化水素 H2S→2H+ + S + 2e-
二酸化硫黄 SO2 + 4H+ + 4e- → S + 2H2O
ということまではたぶんあっているとおもうのですが・・・
このあとどうやっていけば酸化還元反応式ができあがるのかが。。。
教えて下さい

Aベストアンサー

そこまでわかっているのなら、後は
e-が消えるように2つの式を足し合わせるだけです。
最初の式を2倍して、2番目の式と足せば、
2H2S + SO2 + 4H+ + 4e- → 4H+ + 2S + 4e- + S + 2H2O
両辺から同じものを消して
2H2S + SO2 → 3S + 2H2O
となります。

Q反応機構の中間体

反応機構を書くときの中間体の書き方で悩んでいます。

反応機構に出てくる中間体は〔 〕で囲まなければいけないのでしょうか?
〔 〕で囲まないと、反応機構は間違いになってしまうのでしょうか??

どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

習慣として[ ]で囲むことが多いように思いますが、囲まなければ間違いというほどではないと思います。たとえば、最近よく用いられているボルハルト・ショアーの教科書を見ても、常に[ ]で囲んであるわけではないようです。
ただ、No.1の回答にもありますように、[ ]を使うことによって、そのものを単離していない、あるいは単離できないというニュアンスを表すこともしばしばあります。
したがって、反応機構を表す際に、反応中間体や遷移状態は、[ ]内に入れた方が良いような気がします。

Q錯生成反応、中和反応、酸化還元反応について

これら3つの特徴を教えてください。
友達同士とかだと中途半端な答えでもわかってもらえそうなのですが、改めて聞かれてみるとなんと答えれば簡潔でわかりやすく言えるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

錯生成反応:錯体を生じる反応(これじゃわかりませんかね?)

中和反応:酸と塩基が反応して塩と水を生じる反応。

酸化還元反応:原子の酸化数の変化を伴う反応。

簡潔にはしたつもりですが、わかりやすいかどうか・・・

Q化学反応機構に関する質問です

化学反応機構に関する質問です。
ある化学反応は推定した反応機構で実際に進むかどうかは、コンピュータシミュレーションを利用して、確認することができますか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

考えうるすべての反応経路の活性化エンタルピーから、どの経路を取りやすいか、またその経路が実験的に起こりえるかを推定することはできますが、必ずこうなるとは言い切れません。
何故ならば理論計算で算出した結果は、あくまでも世界のあらゆる影響のうち一部のみを考え、近似して求めたものであるからです。

Qどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるのでしょうか?

化学反応は、おおまかに分けて酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである。という話を聴いた事があります。

確かに、化学の教科書で化学反応のページに載っているのは酸・塩基反応と酸化還元反応です。

世の中には、数え切れないほどの化学反応があると思うのですが、どんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する、というのはいまいち信じられません。

化学反応の種類というのはそんなに単純に分けられるものなのでしょうか?
たとえどんな化学反応が起ころうとも、どんな化学反応式に出くわしたとしても、「酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである」というような態度で化学を勉強しても問題ないのでしょうか?

また、有機化学の分野では付加反応とか縮合反応など、いろいろな名前の反応が出てきますが、これもより一般的に考えれば酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する化学反応なのでしょうか?

Aベストアンサー

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めているのはそれが電子状態がもっとも安定だからなわけで、歪んでいるというのはその結合内に電子密度の差が出来ている状態です。これを解消するために反応が進行するわけですからやっぱりおおまかには酸、塩基反応と言っていいでしょう。またラジカルの反応は一電子酸化、還元になります。長ったらしく書いてしまいましたが電子状態に差がなければ少なくとも有機反応は進行しませんので、そのようなことを理解した上ならどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるといっていいと思います。
最後に勉強の姿勢ですが、このような考え方は有機合成反応の反応経路を勉強するのには非常に役に立ちます。立体などの知識は必要ですが、基本的には反応式を見てそこにある分子のもっとも電子密度の高いところと低いところを反応させていく、それだけで教科書レベルの反応は全て説明可能なはずです。

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めて...続きを読む

QNaOH水溶液とCH3CH2CO2Hの反応機構とヘキサン中のCH3CH

NaOH水溶液とCH3CH2CO2Hの反応機構とヘキサン中のCH3CH2Liとethyneの反応機構を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

単なる酸塩機反応でH+のやり取りですので、反応機構云々を議論するまでもないと思います。
前の回答はethyneとエチレンを勘違いしておられるようですが、ethyne(アセチレン)であれば、リチウムアセチリドができるのは当然のことです。もちろん、エチルリチウムとの当量関係も考慮すべきです。

Q酸塩基反応と酸化還元反応

受験勉強です。酸塩基反応ではH+を出すほうが酸で受け取るほうが塩基、酸化還元反応では酸化数の増減で決まるというのはわかります。H2SはSの酸化数が下限なので還元反応できないというのも分かりますが酸塩基反応では酸として働くと言うのがわかりません。酸塩基反応と酸化還元反応の違いも分かりづらいです。

Aベストアンサー

「酸」と「酸化」が何となく似ているために、「酸を加えることが酸化???」といった誤解を招くことがあるようですね。

No.1のご回答にもありますように、全く別物ですので、分けて考えて下さい。「酸塩基反応」と「酸化還元反応」を並べること自体が誤解の元です。

酸化数が変化しない限りは酸化還元反応ではありません。このことを的確に理解するためには、酸化数の決め方を理解する必要があります。
例外はありますが、「化合物」中のHの酸化数は+1、Oの酸化数は-2というのが基本で、それに基づいて他の原子の酸化数が決められます。
したがって、H2SにおけるSの酸化数は-2です。
これが、NaOHと反応して、Na2Sとなった場合にも、Naの酸化数は+1(アルカリ金属だから)ですので、Sの酸化数は-2のままであり、この反応は酸化還元反応ではないことがわかります。
その一方で、H+がH2Sから、NaOH由来のOH-の方に移動していることになりますので、酸塩基反応ということになります。

Qベンズアルデヒドの酸化の反応機構を教えてください!!

ベンズアルデヒドの酸化の反応機構を教えてください!!
ベンズアルデヒドを酸素で酸化して、安息香酸ができる反応の反応機構を教えてください。または、反応機構が載っているサイトを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#1です。体力を取り戻したので、(笑) 少し詳しく書きます
酸素による「自動酸化」は連鎖反応で、最初に開始剤(不特定のラジカル、もしくはラジカル発生試剤)を要します。
「自動酸化」
Ph-CHO + R・ → Ph-C(=O)・ + RH
Ph-C(=O)・ + O2 → Ph-C(=O)-O-O・
Ph-C(=O)-O-O・ + Ph-CHO → Ph-CO-O-O-H +Ph-C(=O)・
過安息香酸ができるとともにベンズアルデヒドラジカルができ、二番目と三番目の反応が交互に起きて過安息香酸がたまります。
過安息香酸ができてしまうのでは困るので、(笑)ベンズアルデヒドと過安息香酸が反応し付加物ができた後これが二分子の安息香酸に分かれます。この転位反応が結構遅いのでメンドイです。
Ph-CO-O-O-H + Ph-CHO → Ph-CO-O-O-CH(OH)-Ph →転位→ 2Ph-CO-O-H
になります。
触媒など色々必要なのですが、混乱するだけなので省きます。

Q酸塩基反応と酸化還元反応

合成関数の微分公式について質問です

dy/dx = dy/du * du/dx

この公式の代数的証明は教科書に載っています。
でもなんかしっくりこないです。形式的に見えます

微分っていうのは接線の傾きを求めることなんですよね
この認識のもとに立って、合成関数を幾何的な考え方で
納得したいんです。そうでなくても、公式の本質を少しでも
理解したいです。どなたかご教授お願いします。
不明な点は補足します。おっしゃってください。

Aベストアンサー

「酸塩基反応と酸化還元反応」と「合成関数の微分公式について質問」
とはつながりません。
「数学」カテでお聞き下さい。
なお数学の専門家ではありませんが、
>dy/dx = dy/du * du/dx
を見たとき、
>微分っていうのは接線の傾きを求めること
と言われたばあい、なるほどそういう意味から捉えるとこの式は御質問とは逆に非常に論理的で美しく見えます。
なぜなら、dxとdyが「線形」の関係ならduが間に入っても、dx、du、dyの全てが線形であることに変わりはなく、変数交換(微)積分の意味が良く分ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報