厚生年金は最大何ヶ月かけるものなのですか

A 回答 (3件)

最低限では無くて最大限を聞いてる????


では最大限を。

厚生年金に加入できる最も若い人は、中学卒業後の4月から。
そして、最高年齢が70歳未満なので、最高で54年。

聞きたいのは最低何年必要?じゃぁ無いの???
    • good
    • 2

基本的には、回答2のとおりです。


法的には、被保険者となったなら、70歳を迎える直前まで保険料を納付することになっています。
つまり、加入できる上限年齢は、70歳を迎える直前。

では、下限年齢は?
実は、下限年齢はありません。理論上、0歳から加入できてしまうのです。
http://hokenstory.com/kosei-nenkin-term-spouse/

極端な例にはなりますけれど、もしも赤ちゃん子役が正社員などという形で直接雇用されたら、厚生年金保険に加入できてしまいます。

したがって、12か月掛ける70年。最大で840か月にものぼります。
ただ、労働基準法上、高校生相当年齢以上でなければ原則として雇用できない(それ未満の年齢の児童[子役など]は条件付きでOK)ので、実質的には、16歳からの54年として、最大で648か月です。
    • good
    • 2

通常、会社で働いている期間です。


20歳から60歳までなら、480か月です。
60歳定年として、再雇用で働いた場合は70歳になるまで加入可能なので、それにプラス120か月で600か月、18歳から働いているならさらに24か月プラスで624か月です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【厚生年金】厚生年金ってみんな同額払っているんですか?それとも年収に比例して厚生年金の掛け金が違

【厚生年金】厚生年金ってみんな同額払っているんですか?

それとも年収に比例して厚生年金の掛け金が違って将来の受取額も人によってバラバラなんでしょうか?

Aベストアンサー

給与の額によって掛け金が変わりますが、正確には年収ではありません。
毎年4月、5月、6月の給与の平均額でその年の9月から翌年8月までの保険料(掛け金)が決まります。

もちろん、掛け金を多く掛ければ掛けるほど受取る年金額も増えて行きます。
厚生年金の場合は、個人が払っている額とほぼ同額を会社も負担しているので、保険料を多く払っている方が将来を考えると得になります。
(保険料が増えると損と思うのは間違いです)

Q厚生年金を払い続けて9年目になりました。ここで仕事を辞めて国民年金になったら、将来厚生年金のお金はい

厚生年金を払い続けて9年目になりました。ここで仕事を辞めて国民年金になったら、将来厚生年金のお金はいただけないのでしょうか⁉︎

Aベストアンサー

厚生年金と国民年金はトータルで「年金受給資格」になります。

また、今年の10月からは年金の受給資格の年限が25年から10年までに引き下げられる予定です。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H4R_W6A111C1EAF000/

ただし「国民年金の場合、加入期間が10年で月約1万6千円、20年で約3万2千円。40年で満額の約6万5千円と比べて支給額は低い」とのことです。

Q夫が国民年金で妻が厚生年金の場合、妻が死亡したら夫は妻の厚生年金を65歳から貰えるの?

夫が国民年金で妻が厚生年金の場合、妻が死亡したら夫は妻の厚生年金を65歳から貰えるの?

Aベストアンサー

>妻が死亡したら夫は妻の厚生年金を65歳から貰えるの?
どうして65歳からなんでしょう、そもそも勘違いなさっています。
下記をお読みください。

この質問内容だけでは、断定的な回答はできにくいですが、もう少し条件をくわえつつ、一般論としてお答えします。

条件として、妻死亡時、夫は55才以上である、
妻も夫も受給資格はあるとして。18歳未満の子は無しとします。

夫が55才未満の場合は遺族厚生年金資格はありません。つまり、年齢以外が同じ条件であっても若い夫は遺族厚生年金はもらえない。
夫55~60歳未満の場合は若年停止(この間はもらえません)
60歳から遺族厚生年金受給できます。
また、65歳になれば、老齢基礎年金と併せて受給できます。

Q21歳から59歳まで国民年金で、59歳から68歳まで厚生年金を支払った場合、65歳からの厚生年金はい

21歳から59歳まで国民年金で、59歳から68歳まで厚生年金を支払った場合、65歳からの厚生年金はいくら支給されるのでしょうか?

Aベストアンサー

20万の給料という前提ならば、
老齢基礎年金、厚生年金合わせて約84万/年
となります。

老齢基礎年金(国民年金)は20歳の1年間未加入となり、
59歳から厚生年金に加入で60歳直前までの加入、
39年×12ヶ月とします。
468ヶ月加入で約76万

老齢厚生年金は59歳~65歳直前までの6年間の
6年×12ヶ月とします。
簡易計算式として、
20万×5.481/1000×72=78,926円/年

となります。

いかがでしょうか?

Q厚生年金 教えて下さいm(_ _)m厚生年金の受給年齢が65歳の人は、絶対65歳にならないと受け取れ

厚生年金
教えて下さいm(_ _)m厚生年金の受給年齢が65歳の人は、絶対65歳にならないと受け取れないのでしょうか?60歳に繰り上げて受給は出来ないのでしょうか?教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

>厚生年金の受給年齢が65歳の人は
 ・65歳から受け取れるのは、厚生年金(老齢厚生年金)+国民年金(老齢基礎年金)の二つです
 ・老齢厚生年金と老齢基礎年金は60歳以降なら繰り上げ支給は可能です
  パターンは二つ・・・老齢基礎年金のみ60歳から・老齢厚生年金は65歳から
         ・・・老齢基礎年金・老齢厚生年金を60歳から
    (老齢厚生年金のみ60歳から、老齢基礎年金は65歳から・・・の選択は出来ない)
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/
・繰り上げ支給可能ですが、デメリットもありますから、その辺も加味して検討して下さい


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報