フリーランスのカメラマンです。
会社Aから業務委託として毎月撮影の仕事を請け負っています。
先日、会社Aから請け負った撮影の仕事中に、会社Aが所有する機材を破損してしまいました。
修理代金は、私が全額支払うようにと通知がありました。

会社Aの社員が同じく会社の所有物を破損したとしたら修理代金は会社A負担になると思うのですが、業務委託の場合は、委託されている私が修理代金を全額支払うのが通常なのでしょうか。

機材を破損したのは私の不注意ですので、会社Aにはご迷惑かけてしまい大変申し訳ない事をしてしまったのですが、会社Aは機材に当然保険をかけているはずですので、保険を適用して修理してもらう事は出来ないものなのかと考えてしまいます。

ちなみに私は個人事業主で、まだ会社にはしていません。
個人賠償保険では通常、業務中の損害は保証の対象外になるようで、私の加入している保険は適用できませんでした。

教えて頂けましたら幸いです。

A 回答 (3件)

請け負った時の契約によるのではないでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かにその通りですね!
最近、独立したばかりで、その辺の認識があまかったです。勉強になりました。

お礼日時:2017/05/15 01:20

>業務委託の場合は、委託されている私が修理代金を全額支払うのが通常なのでしょうか。



そーです、借りた物を壊したら自腹で修理するのが当たり前
嫌なら自分で機材を買えよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明が足りなくてすみません。
自分の機材を使いたいのは山々ですが(もちろん機材は持ってますし、全て保険をかけているので自分のを使いたいです。)、会社Aの指示で会社A所有の機材を使用しなければならなかったのです。(数人のカメラマンで同じ案件を撮影しているので、機材を統一したいとう理由です)
会社Aの指示で使用した機材だったので、なおさら会社Aの保険で賄ってもらえる可能性もあるのでは、と思ったのもあります。

お礼日時:2017/05/15 05:53

>会社Aの社員が同じく会社の所有物を破損したとしたら修理代金は会社A負担になると思うのですが



そうとは限りません。全額社員が弁償という会社ほ多いです。
半々負担という会社もあるでしょう。

>委託されている私が修理代金を全額支払うのが通常なのでしょうか。

通常かどうかは別にして、法的には全額弁償する賠償責任があります。
個人事業主ですから、請負業務の賠償責任保険に入るべきですが
それを怠っていたのであれば、全額自腹で弁償して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

>全額社員が弁償という会社ほ多いです。

そうでしたか。最近まで会社員でして、幾つかの会社に勤めましたが、どの会社でも修理代は会社持ちで社員は始末書、という方法でしたので、全額社員が負担の会社が多いとは驚きです。
会社の所有物は高額な専門機器も多く、とても会社員の給料では全額負担出来ない場合も多いと思うので、全額社員が弁償という会社はむしろ悪徳というかそれこそ保険加入を怠っていたのでは?と思ってしまいました。。

>法的には

NO.1の方がおっしゃる通り、契約内容によるのでしょうね。

>請負業務の賠償責任保険に入るべきですが

そうですね。最近独立したばかりで認識が甘かったです。即、加入します。

お礼日時:2017/05/15 01:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車の任意保険について

日産のディーラーから勧められて
平成26年2月27日~29年2月27日まで東京海上日動保険に入っていました。(3年契約というものらしいです。保険料が若干割安になるようです)
平成26年3月5日に、走行中、石が飛んできてフロントガラスが割れ、保険を使用して交換しました。保険を使ったのはその1度きりです。

平成29年2月27日に、三井ダイレクトにインターネットで加入しました。(分からないことが多く、オペレーターに聞きながら入力)
平成26年2月27日の等級は15等級だったので、そのことをオペレーターに告げ、さらに26年3月5日の石飛のことを告げると「1等級ダウン事故1件、事故あり係数0年ですね」と言われ、16等級で引き受けられて、掛け金も非常に安かったので喜んで払いました。

ところが、しばらくして三井ダイレクトから「東京海上日動さんに聞いたら、3等級ダウン事故1件、事故あり係数2年の報告がありましたので、14等級での引き受け(2年据え置き)になります。差額の17,870円を3月31日までに支払ってください」という手紙と振込票が数日前に来てびっくりしました。

東京海上日動では、私の石飛が3等級ダウン事故扱いになっているようなのです。(東京海上に確認したら、石飛によりフロントガラス交換と記録には残っていました)
そこで三井ダイレクトに「事故は対物でも対人でもなく、石飛なのですが」と言っても、事故の内容は関係なく「前の保険会社がどう評価したか」のみで決まる、と言われ、くやしくもあり、また納得できない気持でいっぱいです。

やはり3月31日までに17,870円を払うしかないのでしょうか。
長文ですみません。

日産のディーラーから勧められて
平成26年2月27日~29年2月27日まで東京海上日動保険に入っていました。(3年契約というものらしいです。保険料が若干割安になるようです)
平成26年3月5日に、走行中、石が飛んできてフロントガラスが割れ、保険を使用して交換しました。保険を使ったのはその1度きりです。

平成29年2月27日に、三井ダイレクトにインターネットで加入しました。(分からないことが多く、オペレーターに聞きながら入力)
平成26年2月27日の等級は15等級だったので、そのことをオペレーターに告げ、さらに26...続きを読む

Aベストアンサー

通常どこの保険会社も、飛石のみのガラス事故は
1等級ダウン事故です(1年契約の場合)。

従って、3年契約なら、貴方の場合には
15等級→16等級(事故がなければ18等級)で
事故有等級期間は0です。

今一度東京海上に確認してください。

Q10対0の事故被害者、車は全損、金額に納得できなくても泣き寝入りしかないですか?

GW前に友人が事故に遭いました。
友人は10対0の被害者、車は全損です。
幸いそこまでひどいけがはなく、入院もなく、(今のところ)むちうちと痛みですんでいるのですが、
GW直前に車を失くしたのと、さすがに外出を楽しめるほどの状態ではないため、楽しみにしていた計画はおじゃん、
痛みに耐えながら、事故処理に追われるもんもんとした連休になっていました。

新車で買って大事に使っていた車は廃車だそうで、レッドブックの査定(相場より安い)では雀の涙ほどの価格で、
慰謝料も入院などではないのでまったく期待できそうにありません。
どんなに高くてもあわせて80万くらいだろうということです。
中古で買うか、今よりグレードをひとつ落とした新車を買うか、どちらにしても(車をよく使う友人には)全く足りない金額です。

話をきいてそんな理不尽が普通なのかと唖然としてしまったのですが、
これはもう日本のこういう現場ではどうしようもないことなのでしょうか?
天災に逢ったと思って諦めるしかないのでしょうか?
他の被害者の方は泣き寝入りしていらっしゃるものなんでしょうか?
というのも、10対0の被害者のため、逆に友人側の保険屋さんが出てくる場面がなくて、相手側の保険屋さん(プロ)と友人(素人)が直接話をする形になっているので、そう決まっていると言われたらもう何も言えず、いいように貧乏くじをおしつけられているのでは?と私は考えてしまうんです。

加害者の方も悪い方でないようですし、
別に必要以上にむしり取ってやれ!というわけではないんです。
起きてしまった事故は時間を戻せないから仕方ない。
忙しさに殺されそうだった友人が連休をどれだけ楽しみにしていたなんてタイミングは通院日数×2×4600だとかいう公式には関係ない、
車にどれだけ思い出がつまってるかもレッドブック査定には関係ない。
それはそうかもしれないけれど!と。
事故前の車がちょっとグレードアップして戻ってくるくらいならまだ慰められるでしょうが、金銭的にも、身体的にも、楽しみを奪われたという点でも、友人はなにもかも損しかしていないのです。

すみません、途中からムカムカが形になりました。
ここからが皆様にご意見をうかがいたいことなのです。

私も素人なりにちょっとでも回収できる方法が無いか、いろいろ調べてみたのですが、(保険屋さんに交渉して金額をあげてもらう等)素人がやるにはちょっとハードルが高そうです。
弁護士さんにお願いすると、弁護士費用をさしひいて友人が回収する額がアップしそうでしょうか?
あまりなじみのないことなのでためらっているようです。
悪徳弁護士(!)などにあたったらと思うと私も強く勧められません。
保険には弁護士特約などはついていないようです。
また、日弁連の無料相談などに相談すると、成功報酬になるんでしょうか?
流れ的には
無料相談してみる→
弁護士さんが事前に「○○円ほどアップするよ、成功したらそこから○%の◯万円をもらいますよ」→
じゃあお願いします、
という流れになるのでしょうか?
(弁護士さんにお願いしてみたら逆に弁護士費用で取り分が減った、などが心配です。)
弁護士さんにお願いする、以外にもいい方法があったら教えてください!

どうぞ宜しくお願い致します。

GW前に友人が事故に遭いました。
友人は10対0の被害者、車は全損です。
幸いそこまでひどいけがはなく、入院もなく、(今のところ)むちうちと痛みですんでいるのですが、
GW直前に車を失くしたのと、さすがに外出を楽しめるほどの状態ではないため、楽しみにしていた計画はおじゃん、
痛みに耐えながら、事故処理に追われるもんもんとした連休になっていました。

新車で買って大事に使っていた車は廃車だそうで、レッドブックの査定(相場より安い)では雀の涙ほどの価格で、
慰謝料も入院などではない...続きを読む

Aベストアンサー

その被害者ご自身の加入している自動車保険は、示談代行はしてくれないのでしょうか?
10対0(自分側の責任なし)の場合でも、示談代行してくれる保険はありますよ。

あるいは、「弁護士費用特約」などはついていませんか?
交渉に弁護士さんが入ると、それだけで慰謝料等の額が大きく変わります。

また、車が全損して十分な補償がもらえなかった場合に再取得価格との差を補償してもらえる車両保険とか、そういう契約ではありませんか?

ここで挙げた3つは全部、私の自動車保険の契約に入っています。
もう一度、自分の自動車保険の契約内容をよく確かめてみることをお勧めします。

それと、今回の件には間に合いませんが、次回の契約更新のタイミングで、今後に備えて「掛金が安い」だけではない契約を選ぶことをお勧めします。

Q自宅に車が突っ込んだ事故で、見積もりが工務店から作成されました。その中には破損はしているが実際に修理

自宅に車が突っ込んだ事故で、見積もりが工務店から作成されました。その中には破損はしているが実際に修理して交換するかどうかが微妙な項目が含まれています。もし見積もりがほとんど認められ賠償金を受け取ったとして、修理する箇所の1部を修理しないでそのまま放っておくと、賠償金を返却したり,その旨申告したりする必要はありますか。詐欺みたいなことにはならないでしょうか。例えば,花壇をめちゃくちゃにされて,下段の外枠は修理したけれども見積もりには入れてある植栽の部分を何も植えずに結局そのままにしておいた場合などです。

Aベストアンサー

微妙な回答が続いていますが、
そのまま放置せずに治す場合は、
修理代が工務店へ支払われます。
実際にどういう作業をしたのかを保険会社はチェックします。
必要に応じて作業現場を確認しに来ます。
そうでない場合は、作業途中の写真や、使用した部材の仕入れ伝票の提出を求められます。
しかし、全く何も治さないという場合は、既出の通り、見積額を受け取ることが出来ます。
但し、
協定できた額になるので、修理内容が認められない場合は、当然にして減額されます。
尚この場合、工務店さんに対して、
見積手数料(相場が金額の1割)及び、協定作業費用を支払う必要があります。

Q自転車事故の保険会社の対応について

子供3人(A,B、Cの順で)が歩道上を3列走行中に、Aと対抗自転車(X)が接触、転倒しました。Xが自転車の物損、治療費、慰謝料を請求してきました。自転車保険は(BとC)は加入していますが、接触したAは未加入です。
 この内容を損保に伝えると、損保は「B,Cに過失なし、Aの100%の過失、この事故ではB,Cの加入保険では支払い義務なし」と言ってきました。私の子供(C)、Bも少しは過失はあると思うのですがどうでしょうか。
もしAのみが保険加入なら、損保はこの様な判断ではなく、共同不法行為として、B,Cにも過失を請求すると思うのですが・・・

Aベストアンサー

失礼しました。
貴方の方は個人賠償責任保険(日常生活賠償責任保険)に
加入済だったのですね。

だったら、貴方が私の子供には共同不法行為があった
ので、保険対応すべきという訴訟でも起こさない限り
保険会社は認めない事案です。

また仮に訴訟になっても、相当因果関係があったとは
認められないでしょう。

なお、保険会社が払いたくないからというのはあり得
ません。

保険会社は法的な解釈で判断するのです。

かってあった不払いは全く別のケースであり、保険に
付加していた臨時費用の支払いを見落としていただけで、
本来の支払いはすべてきちんと払っていたケースであり
システム上の不備があった問題であり本来の保険金が
不払いであったのではありません。

>複数の加害者が関連して1つの不法行為を構成した場合
 が共同不法行為に当たります(民法719条)。

これは条文としてはあっても、今回の事案はこの条項の
要件を満たしていないと保険会社が判断した結果です。

なお、私は別に保険会社の社員ではないので、保険会社
寄りの回答をするつもりはありません。

Aベストアンサー

出ます。
 自賠責は車に掛ける保険です。誰が運転しようと、保険金は支払われます。

Q交通事故、示談の件。

交通事故の示談が終了しました。
過失割合は90:10で私が10ですが自賠責120万円の保障?から治療費などがオーバーし150万円ほどになりました。相殺?し15万円ほどが差し引かれた示談金?になりました。

私の保険の特約で人身傷害がありますが、そちらから差し引かれた15万円は戻ってくるものでしょうか?。
ただいま、他に支払われる保険金?の有無が計算中とのことですが、私の保険会社からは1ヶ月ほど連絡もないのでとくに支払われる保険金はないのだろうと自分では思っていますが・・・・・。

何分素人なので宜しければ教えていただきたく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貴方が人身傷害補償に加入なら、相殺分はそれで
支払われます。

別に弁護士なんかに相談するような難しい話しでは
ありません。

貴方の保険会社は貴方に支払われた保険金の総額と
内訳が分からないと、貴方に支払うべき額の計算は
出来ませんので、しばらく待つしかありませんね。

Q追突事故・廃車にする場合の修理費用について

先日、追突事故にあい(10:0でこちらに非はありません。)、車の修理の見積もりをだしてもらったところ、
修理費用が66万円になりました。車の時価額は55万円です。
普通は時価額までしか修理費用は出ないけど、相手の入っている保険がプラスの11万円も負担
してくれるものだったとディーラーさんに言われました。
ですが、フレームの損傷がひどく、きれいには戻らないとのことなので廃車にして車を買い替えることにしました。
その話を主人がディーラーさんとした時、新しい車の検討で別の2社のディーラーさんと話した時、
みなさんその場合は66万円受け取れる、と話していたそうなのですが、
相手の保険会社に電話で確認したところ、55万円しか支払いはできない。と断言されたそうなんです。

この場合、本当に55万円しか受け取れないのでしょうか?
予定になかった車の買い替えとなったので、本当に貰える分欲しいです。
詳しい方、いらっしゃいましたら教えて下さい!

Aベストアンサー

私も先頃事故(私1:相手9)で廃車にしました。
廃車の場合、レッドブックなどに載っている本体時価相場 しか支払わないというのが保険会社のスタンスであり、曲げることはありません。
修理した場合必要経費として+11万?を受け入れるとのことですが、修理した場合に限るので、今回購入する場合は忘れて下さい。
そのかわり、新規購入にあたって、不本意にも発生した費用、本体以外の諸経費(税金・手数料・リサイクル料などなど)と廃車のほうの費用は、契約書や領収書など提出すれば出してもらえます。明確な証拠をもとに話せば、保険会社も相手方も納得せざるを得ません。
私はこれで、15万以上は浮きました。(諸費用はディーラーによってまちまちですが。)
手元に入るわけではないですが、予想外の出費(車本体とオプションは事故とは関係なくその人の希望)は相手方の影響なので、請求したほうが良いです。たらればの場合の修理費用は通らないですが、色々考えて下さい。
健闘を祈ってます。

Q歩行中に交通事故死した場合

母が横断歩道を歩行中に、わき見運転手により事故死しました。
先方から、約3000万円の賠償金(年金も含む)が出ることになりました。
三兄妹で分割することになりましたが、長男が契約している自動車保険からも人身傷害保険がでるのでしょうか?
生命保険も預貯金も全て長男に教えてもらえません。
なにも分かりませんので、どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

お気持ちお察しします。m(_ _)m
自分も交通事故の被害者です。過去に、弁護士立てないで裁判を起こした経験もあります。m(_ _)m

3000だと自賠責の範囲です。m(_ _)m
保険屋は、任意保険の範囲ではなく、自賠責の範囲で終わらせようとします。
m(_ _)m

それを防ぐなら一旦区や市民課で行っている無料弁護士相談での相談です。
または、hakuさんの任意保険の担当者に実際を聞いた方が良いです。

もし、どうしても裁判をしたい場合は、過去の判例をすべて洗いなおす。
県立図書館であれば直ぐに分かります。自分はそうしました。

早めに解決する事を祈ります。m(_ _)m

Q個人損害賠償保険:複数契約と保険金の上限

損害賠償保険の請求について調べています。諸々のQ&Aによると、(1)例えば保険額1000万円の保険に2つ入ってもムダであり、1000万円の賠償支払いが必要となった場合にも、双方の保険会社に1000万円づつ請求はできず、片方に請求する際に他の契約について申告の義務があり、この場合は1000万円支払われるが、2社が500万円ずつ負担を案分するとのことです。
(2)ただ、保険額1000万円の保険に2つ入った場合はあくまでも保険金額の上限は2000万円だという説明もあります。
双方の回答も正しいとすると、以下の通りですか:
賠償支払い額が保険でカバー出来る限度は、加入している保険額の合計である。
保険請求する際には賠償額全額を加入している全契約の限度額で案分して費用負担する。
・上記の場合に2000万円の賠償が必要となったら、合計2000万円各社1000万円の負担となる。
 ほとんどの場合は、年に1000万円以上の賠償は生じないため、重複分はムダな出費となる。

上記の重複請求出来ないという仕組みは損害賠償保険が他の保険と較べて特殊なのでしょうか?
もしそうだとすると、どんな理由・経緯があるのでしょうか?

損害賠償保険の請求について調べています。諸々のQ&Aによると、(1)例えば保険額1000万円の保険に2つ入ってもムダであり、1000万円の賠償支払いが必要となった場合にも、双方の保険会社に1000万円づつ請求はできず、片方に請求する際に他の契約について申告の義務があり、この場合は1000万円支払われるが、2社が500万円ずつ負担を案分するとのことです。
(2)ただ、保険額1000万円の保険に2つ入った場合はあくまでも保険金額の上限は2000万円だという説明もあります。
双方の回答も正しいとすると、以下...続きを読む

Aベストアンサー

按分するとは限りませんが、1000万を2つ契約している場合は、2000万を1つ契約していると同じです。

>ほとんどの場合は、年に1000万円以上の賠償は生じないため、重複分はムダな出費となる。

そもそもほとんどの場合は、1年に一回も賠償は生じないので、その理屈で言えば契約そのものが無駄になります。
しかし、そうは言ってられません。ですから、重複分はムダな出費ではありません。
これを保険業界では「一部重複」と呼んでいます。

さらに言えば、自動車保険に特約で不保する場合がほとんどなのですが、その場合、契約形態は一つしか無く
『無制限』でしか契約できません。
ですので、
無制限で複数契約しているときにのみ、完全重複になり、保険が無駄になります。

>損害賠償保険が他の保険と較べて特殊なのでしょうか?

大きな勘違いで全く逆です。
損害保険の全ては、実損害を保証する物であり、賠償責任保険以外の全ての損害保険契約も、重複しても、実損害しか保険金が支払われません。
でないと、焼け太りになるからです。
火災保険でも、自動車保険でも、二口入れば二倍保険金が支払われるかというと、そういう事は無く、呂方合わせて実損害が支払われます。

按分するとは限りませんが、1000万を2つ契約している場合は、2000万を1つ契約していると同じです。

>ほとんどの場合は、年に1000万円以上の賠償は生じないため、重複分はムダな出費となる。

そもそもほとんどの場合は、1年に一回も賠償は生じないので、その理屈で言えば契約そのものが無駄になります。
しかし、そうは言ってられません。ですから、重複分はムダな出費ではありません。
これを保険業界では「一部重複」と呼んでいます。

さらに言えば、自動車保険に特約で不保する場合がほとんどな...続きを読む

Q任意保険未加入で事故を起こしてしまいました。 1年半前のことになりますが、渋滞している道路で誤って発

任意保険未加入で事故を起こしてしまいました。

1年半前のことになりますが、渋滞している道路で誤って発進してしまい、正面の車にぶつかってしまいました。車体自体の損傷はそこまで大きいものでなくバンパーが損傷した程度のものでした。
もちろん被害者の方は出血するほどの怪我などはなく念のために病院に行くと言っていて、後日、謝罪のお手紙とお詫びの品を送らせて頂いた際も整骨院に通っていると言って、大事には至らないので大丈夫ですとおっしゃっていました。

前置きが長くなりしたが、先日相手さまの任意保険会社さまから請求が届き、自賠責で賄えなかった分の支払いとして、2週間以内に24万円ほどを支払うよう請求されました。

自賠責の方とやりとりしていたときは、あなたにお金を請求するということはないのでと言われていたので、毎回自賠責の方から通知が届いていたときも、被害者の方に別で慰謝料等払っていないかの確認がくるだけでそれさえちゃんと対応してくれれば特に問題はありませんと言われていたので、今回の請求にはビックリしてしまいました。

自分なりに調べてみたところ、自賠責での限度額は120万とのことでしたが、届いた請求書には自賠責から賄われる金額は約109万で残りの金額にあたる24万を支払うようにと書かれていました。

母の車に乗っていた私が、ちょうど籍を入れたばかりで名字が変わってしまっていたために、母の任意保険の家族の対象にならず未加入という形になってしまったこの事故なのですが、私はこのまま24万を支払うしか無いのでしょうか?

払うにしても24万を2週間以内に用意することは簡単なことではありません。減額等の余地はないものでしょうか?

任意保険未加入で事故を起こしてしまいました。

1年半前のことになりますが、渋滞している道路で誤って発進してしまい、正面の車にぶつかってしまいました。車体自体の損傷はそこまで大きいものでなくバンパーが損傷した程度のものでした。
もちろん被害者の方は出血するほどの怪我などはなく念のために病院に行くと言っていて、後日、謝罪のお手紙とお詫びの品を送らせて頂いた際も整骨院に通っていると言って、大事には至らないので大丈夫ですとおっしゃっていました。

前置きが長くなりしたが、先日相手さま...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのご主人が自動車保険に加入されていれば他車運転補償特約(保険会社により特約名は異なります。どこの保険会社の自動車保険にも自動付帯されています)が付いていますので、ご主人の自動車保険が使えます。
また、事故を起こした時のお母さんの自動車保険の始期日が、あなたの結婚前なら追加保険料を支払えば補償されるようになります。
例えば、お母さんの保険始期日が3月1日で、あなたが結婚したのが5月1日、事故日が6月1日の場合なら、追加保険料を支払うことで補償されます。
追加保険料は契約内容によりますが、高くても年間保険料の数%までです。
こちらは前記の他車運転補償特約と異なり、保険会社によって取り扱いが少し異なるかもしれません。
先ずは、保険契約の確認をしてください。

自賠責保険は強制保険ですので、支払い基準が詳細に決まっており、さじ加減で増減できないようになっています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報