発達障害について,子どもたち(幼児〜大学生)に理解を促すための教育は,基本しないみたいですね.理由は,下手に教えると,その知識を差別に使うから.だそうです.私の体験ですが,子供の時,年下にカナータイプの自閉症の子がいました.障害の知識はなく,話しても返事をしてくれないので自分にはなついてもらえないと思っていました.また,私の先生は変わっていて,自閉症の解説をしてくれたのですが,現在では時代遅れの冷蔵庫マザー説の話でした.知らないと誤解を生みます.勉強しても定期的に知識の更新が必要です.彼らの理解には教育は必須です.そして,その教育は基本的に一部の教員にのみ施されています.
しかし,子供はいつか教員や親の手を離れ,かつてのクラスメートの中で生きていくのです.その期間の方が長いのです.昔と違って,学校が別々になったきりその後二度と会うことはなかった,なんてことはなく,普通に皆の周りに返ってくるのです.
その時,何も教育を受けてこなかった子どもたちに何とか出来るのでしょうか.

これは質問,というより,ご意見を伺えたらと思います.
情報も,私の周りの極限られたスケールの話であるため,
一般にはそうではないケースもあるかもしれません.
そういった点についてもご指摘お願い致します.

質問者からの補足コメント

  • へこむわー

    表題ですが,
    発達障害に関する知識を「おそわる」機会が子どもたちには無いらしい
    ,が適切でした.失礼いたしました.

      補足日時:2017/05/15 07:11

A 回答 (2件)

発達障害の理解を促すための教育ですね・・。




先生をはじめ、発達障害は悪いこと(差別)という
誤った認識が拡がっているんですね。


実は、社会でもそうです。
残念なことです。



そもそも発達障害は研究中で、医師ですら
まだまだわかっていないことも多い。


先生に教育させるのは難しいでしょう。



しかし私も、職場・学校の発達障害への理解・支援は
不可欠なものと思ってます。


当事者が発達特性により不適応を起こし、
二次障害になってしまうからです。


発達障害支援センターが教育の役目を負うべきです。


最近の支援センターは、個人面談よりも、
企業教育などの方向にシフトしているそうです。


そして差別を回避するため・・


最新の医学では障害⇒症へ名称変更しています。


(発達障害⇒神経発達症へ)

↓その他

・自閉症スペクトラム障害 ⇒自閉スペクトラム症
・注意欠如・多動性障害  ⇒注意欠如多動症
・学習障害        ⇒限局性学習症
・性同一性障害      ⇒性別違和


知ってたらすいません。



また、名称の変更もそうですが、昨年、発達障害支援法が改正され「いじめ防止」
のための対策を推進したり、教育支援などは地道に進歩していると感じます。


しかし社会に認知されるのはまだまだ先でしょう。


さて理想は「みんな違ってみんないい」と
言える社会。


当事者の私としては、差別と誤解に塗れた地獄の42年でした。
きっとこれからも。


現状、理想とは程遠いですが、いつの日か・・


私たち発達障害の大人が泣きながら歩いてきた道を、
子供たちが笑顔で歩いて行けるようになるといいなと思ってます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます.
発達障害を理解するのは外国人を理解するより遥かに難しく,
相互に理解とすり合わせをするのが必須と考えています.
それが2次障害まであると,絶望的と認識しています.

非定型発達,と言う言葉もありますね.
名称の変更は良かれという意図のみで行われているとは限らないと思います.
障害者自立支援法は,今後増えるかも知れない発達障害を障害枠からはずし,保護の対象から外す意図もあるように思います.
重いケースだと一人2000万円/年する費用をカットし,地域の自助努力に委ねる意図を内に秘めているのかもしれません.
ただ,その前に子供を中心とした地域住民全体の教育が先行しなければならないのですが,教育しようという流れすら生じていない点が憂慮のポイントです.
学校でも,大学入試の裏側で,あからさまに,どうやって面接で発達障害者を落とせばいいか,と言う話題が語られます.
このような状況で法制の改変だけが先行されるのは,
悪く捉えると地域の手に余る状況をあえて作り出そうとする意図があるのかもしれません.
結果,姥捨てのような,厄介者を廃棄する社会システムを許容する世論を作っていく.
これが現実に起こるなら,高齢者に対しても同様のことが遅れて発生するでしょう.

震災の時に興った「絆」という言葉.新自由主義に端を発する「自己責任」という言葉.そして,上記の流れ.
いずれも,地域,個人に頼る自助システムから国が拾い上げた社会保障と言う仕組みを,
再び元に戻そうと言う意図,もしくは潮流を反映しているような気がします.

お礼日時:2017/05/15 07:09

そうですよ‼


発達障害について教えるべきです‼
日本は欧米諸国に比べるとかなり遅れてます(TT)
そのせいで、我が家の主人は認めず受け入れずで対処しないって事で二次障害を併発しおまけに子供たちに遺伝してる最悪状況です(TT)
添加物 農薬 医者の薬害 等々でこれからも発達障害者は増えるって医者の話です‼
早急に学習会をするべきですよね(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

進んでいる国もありますが,私は行くこと無いので特に関心がなく,知識もありません.
健常側,障害側,双方に教育があり,問題に取り組む姿勢が大事です.
教育関係者に対する学習会は既にあります.教師の理解は始まりつつあるのでしょう.
次は授業で取り上げる段階ではと思います.
発達障害は増えているかどうかは,ちゃんとした統計が無いのでまだ結論出来ませんが,
減りはしないのではないかと思います.

お礼日時:2017/05/16 03:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自閉症スペクトラム(発達障害)で 保育士を目指しているのですが... 知恵袋や掲示板などを見てみる

自閉症スペクトラム(発達障害)で
保育士を目指しているのですが...
知恵袋や掲示板などを見てみると


・障がい者には向いていない仕事
・命を預かる仕事なのにありえない
・保育園の信頼問題に発展する

など他にもキツい意見が多く
辞めた方がいいのかな...と
悩み始めてしまいました。

自分が発達障害者だと診断されて
まだ一年経ってないぐらいで
とりあえず学校は卒業して
資格は貰おう。とは思ってますが
実際になるのは厳しいのかな...
と考えています。

やっぱ自分の子供の先生が
障がい者だと嫌ですよね...?

Aベストアンサー

研究者・先生・その道のプロはすべて発達障害のなせる仕事だよ。

Q思わず声が...........心の病?

幼い頃や学生時代に人に馬鹿にされたことや、社会人になって仕事で失敗し恥をかいた事などが忘れられず, 頻繁にしかも鮮明に頭に浮かんで来てしまいます。そのたびに頭の中の映像や人からの罵声を打ち消そうしますが、思わず”うー”とか”あー”とか”悔しい”とか所構わず声が出てしまいます。

家で一人のときは独り事を言っている状況なのでそれ程苦にはなりませんが、最近は会社や通勤途中の路上、電車の車内で囁く感じですが”畜生”とか”馬鹿ヤロー”とか声になって出てしまいます。 

このような症状を早く無くしたいのですがやはり心療内科に掛かるべきでしょうか?

同じような経験をされて克服した方や専門家の方から意見を伺いたいと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私も仕事中つぶやきますよ、実際その場で悔しいとか上手くいかない時の感嘆詞的な「くそぉ~!」とか、ディスプレイを叩いたり、キーボードを強打と言う感じで。
フリーズ気味だとマウスをガシガシとね。
私も心の病を持っていると自分で解っています。
精神科医に聞くと「本当にまずい人はここに来ないんだよね…」全くその通りかと…精神科に行くなとは言いません、ですが行ったから治るではない、治る手助けをするところですし、「私は精神病者、異常者だ」と変な自己暗示になり返って病んでしまって、睡眠薬が手放せなくなる場合もあります。
「要は自分で直そう」と言う意思を持つことが一番の解決法だと考えます。
欠点の無い人がいないのと同じように
心が病んでいない人なんてよほどのお気楽な人かそれに気がつかない馬鹿かどちらかかと思います。
言っておきますが「恥をかかない人生」なんて面白くも無いですよ。失敗して成長するんですからね。
アドバイスとしては、今起こった事でない事で
叫びたくなった時は何故そうさせるのかを
順序だてて良く考えてみてください。
今叫びたい「畜生~」は…あの時ああでこうであぁそれでか…と納得出来れば声になり難いかと思います。
また、ストレスを解消する自分にとって居心地の良い場所を探す事も大切に…
なるべくならそれは自宅や自分の部屋で無い外で見つけたほうがよいですけどね。
それは何故かと言えば人との出会いを遮ってしまうからです。
色々な人とたくさん付き合ってみれば、悩んで無い人がいないと解って叫ぶ事もヘるかと思うんですけどね。
私の場合、メンタル的にまずい時は居酒屋に行きました。そこで知りあってああだこうだと話していたら自分だけではないとすっきりできましたからね。
「馬鹿にされた、いじめられた」そう思うから落ちこむ。
自分をへりくだり「私を馬鹿にするいじめるしか能が無い奴」と思えば苦にならない。
仕事もそう、仕事が無い時or無駄に忙しい時に「楽でor残業手当付くから良いな」と思うか「リストラされるんかな」と思うか。その違い
困ったらやりたいようにやる、それでも彼氏彼女はできる、友達もできる
そうして作った親友のほうが、馴れ合いみたいに気を遣い会う、窮屈な友達よりも
価値があります・・・だらだらと書いてしまいましたが少しでも力になれれば幸いです。あなたにとって幸せならば私にとっても幸せ…違います?

私も仕事中つぶやきますよ、実際その場で悔しいとか上手くいかない時の感嘆詞的な「くそぉ~!」とか、ディスプレイを叩いたり、キーボードを強打と言う感じで。
フリーズ気味だとマウスをガシガシとね。
私も心の病を持っていると自分で解っています。
精神科医に聞くと「本当にまずい人はここに来ないんだよね…」全くその通りかと…精神科に行くなとは言いません、ですが行ったから治るではない、治る手助けをするところですし、「私は精神病者、異常者だ」と変な自己暗示になり返って病んでしまって、睡眠薬...続きを読む

Q自閉症・発達障害の理解 上階のお子さんが自閉症…

分譲マンションに暮らしている者です。

真上の部屋のお子さんが自閉症とのことで、
飛び跳ねる音、床を叩いているのか物を転がしているような音、
あるいは叫び声に、引っ越していらしてからずっと悩まされています。

床については防音の対策をして頂いたそうなのですが、
それでもやはり、騒音の度合いは変わりませんでした。

お子さんのことについて親御さんとお話をしたいと思っているのですが、
私は自閉症・発達障害についての知識を持ち合わせていません。
障害を理解しないままお話しするのでは、解決にならないような気がします。

そこで、

自閉症・発達障害についての理解を深めるのに役立つもの(書籍等)
がありましたら教えて頂けないでしょうか。

ご回答、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

図書館に行けば
関連図書が大量に読めます。

敵を知り、己を知れば百戦危からず。  (孫子の兵法)
で、確かに、敵、即ち、自閉症スペクトラムや
発達障害に就いて知ることはムダではない
のですが……本を読んだからといって、
その子のすべての振る舞いを
質問者さまが受容できるとは
限りませんので……質問者さまが
神経症(=ノイローゼ)になってしまう前に、
ここは、
大家さんか管理者さんに言って、
退去して貰うようにするのが
ベストだとおもうのですが
如何でしょうか。

許せて、
受容できるかどうか……先ずは、
極限思考してみませんか。

許すといっても、
本心では、怒りを抑制しつづけるような
スタンスですと質問者さまのメンタルヘルスを
損なってしまって、ヒステリー状態がつづいたり、
ある日、突然、
爆発的に怒りが顕現することがないとは
限りませんので、慎重に、考えてみてください。

Good Luck!

Q自分が自閉症かきになる。 何となくなんですが 自分が自閉症なんじゃないのかと 思い始めてます。 確か

自分が自閉症かきになる。
何となくなんですが
自分が自閉症なんじゃないのかと
思い始めてます。
確かめたくて臨床心理士さんに
聞いたら違うと言われました。
知能指数は検査してもらったら72でした。

Aベストアンサー

以前の質問で、詳しい下位検査の結果を書かれていましたね。

言語性IQと動作性IQの値が近い。
一番低い知覚統合と一番高い処理速度の差が「24」である。

でしたね。

>確かめたくて臨床心理士さんに聞いたら違うと言われました。

う~ん。それを診断するのは「精神科医」です。臨床心理士は検査をするだけです。

あなたの「検査結果だけ」を見れば、「発達障害がいの疑いがある」とは明確には言えません。ただ、「一番特になことと一番苦手なことの差が、24と少し大きい」ので、後は「あなたの言動」や「あなたを幼少期から知る保護者からの聞き取り」を元に、精神科医が診断します。

ただ、医学的な「自閉症」と言うのは「知的障がいを伴う」ものを言います。「ボーダー」の人で「自閉的な傾向が高い」人の場合、「自閉症スペクトラム」と言います。

きちんと知りたいならば、あなたの主治医に聞くべきでしょうね。

Q知的障害・自閉症の方の働き方について ここで何度か相談させてもらっていますが、同僚が知的障害と自閉症

知的障害・自閉症の方の働き方について

ここで何度か相談させてもらっていますが、同僚が知的障害と自閉症の同僚がいます。

今は軽作業をお願いしていますが、いわゆるこだわりが強く困っています。

・人事異動で人が変わるのが納得いかない
・異動したBさんが前任のAさんの仕事をしているのが納得いかない
・書類のファイル名が2016年から2017になるのが嫌

などがあり、その度にぐずり出し部署内の仕事が滞ります。

専門知識のあるジョブコーチなどに相談したら?というアドバイスはこちらでも何度かいただいていますが、自閉症はこだわりがあるから合わせてあげて、個性として認めてあげて、長所を伸ばしてあげでとそればかりです。

じゃあその長所は何ですか?と聞いても、個人差があるから人それぞれです。と返事にならない返事しか返ってきません。

ご両親からも、本人が職場で差別され虐められてると言っている、特性に合わせて仕事をさせろと電話があります。
その具体的な特性を教えてほしいのに、こちらもできる仕事をさせてくださいと曖昧です。

その方が働きやすいように、個室のある部署に配属したり、勤務時間を短縮したり、部内全員でこまめに声をかけるようにしているのですが、それでも差別と言われてしまいます。

ご本人やご両親は何を求められているのでしょうか。
こちらには配慮を求められて、当の本人は悪意はなくともこちらの都合はお構いなしです。

企業も慈善事業ではないし、私たちもそれぞれ仕事があります。業務の合間でできる限りフォローしても、障害者差別だとか虐めだと言われるのなら、もうフォローする気にはなれません。

ストレスでおかしくなりそうです。
何かいい方法はないでしょうか…

知的障害・自閉症の方の働き方について

ここで何度か相談させてもらっていますが、同僚が知的障害と自閉症の同僚がいます。

今は軽作業をお願いしていますが、いわゆるこだわりが強く困っています。

・人事異動で人が変わるのが納得いかない
・異動したBさんが前任のAさんの仕事をしているのが納得いかない
・書類のファイル名が2016年から2017になるのが嫌

などがあり、その度にぐずり出し部署内の仕事が滞ります。

専門知識のあるジョブコーチなどに相談したら?というアドバイスはこちらでも何度かいただ...続きを読む

Aベストアンサー

まめおさんの職場は、おそらく、いわゆる健常者の方ばかりの一般企業等で、その中にごく少数の障害者の方が一般社員に混ざって配置されているのではないですか?
つまり、障害者の方たちだけの部署があるわけでもないのではありませんか?

もしそうだとしましたら、絵カードもそれほどの効果はないと思います。
というのは、絵カードというのは、業務等が繰り返し繰り返し同じ流れで行なわれている場合に、口頭等での説明を視覚的情報に置き換えて提示する、という手段に過ぎないためです。
つまり、人事異動等が頻繁で周囲の環境が激しく変わるような職場では、そのような環境の変化を絵カードを用いて示すということが、現実的な対応ではなくなってしまいます。
また、一般社員が業務上で臨機応変な対応を常に求められているような部署であった場合、ご質問にある本人もその周囲に影響されてますます変化に対応できない状態ですから、そもそも絵カードの使用が有効な土台を持ち得ていないような気がしてしかたありません。

個性というのは、その特性を周囲に対して活かすことができる能力を言います。
周囲を振り回してしまうようなものは個性でも何でもなく、ただの迷惑行為に過ぎません。
それに対応すべきなのがジョブコーチではあるのですが、しかし、もしもいちばん初めに書いたような形式で障害者の方を受け入れているのであれば、正直申しあげて、職場でのジョブコーチの立場は微妙です。
ジョブコーチの立場が強過ぎると、いわゆる指揮・命令系統が二重化されてしまい、本人が上司や同僚の指示等にしたがわなくなってしまいます。
つまり、ジョブコーチは万全ではないわけです。限界があるわけで、ジョブコーチの役割に期待し過ぎることは大きな誤りをも引き起こします。

自閉症的傾向がきわめて強い場合は、言語化や構造化(流れを順に追って全体を完成させる、というのが構造化)がたいへん苦手です。
ですから、マニュアル化も現実的ではありません。
要は、何を為すべきかを本人が理解できていないのですから、仕事に取り組めるわけがないのです。
いままでの流れも順に追うことができないのですから、先輩・後輩の関係を誤認してしまって他の部署の方にヘルプを求めてしまうことがあるのも、当然の結果と言えるでしょう。
結局は、どんな場面であっても、職場で現実的に求められる事柄に対応できないというのが実情なのです。

このような現実は、いわゆる健常者の目から見ると「他人の立場を考えることができない困った人だ」としか思えなくなります。
実際には障害の特性から来ているのですが、一般企業等で対応することは困難だと言わざるを得ません。
また、特例子会社(ほぼ障害者だけで占められる、一般企業の子会社)でさえも、あくまでも営利活動が目的ですから、自閉症的傾向がきわめて強い人を受け入れることは困難です。
障害者だけを集めて就労支援に特化している就労継続支援A型事業所(雇用契約を結んで利用する障害者施設で、企業活動にきわめて近いもの。最低賃金法や労働各法も適用されます。従来は福祉工場等と呼ばれていました。)でさえもそうです。

以上のことから考えると、実際には、障害の重い人を対象とした就労継続支援B型事業所(作業所のようなもの。工賃が支給される、ごくごく簡単な作業等を行ないます。)に通う、ということが現実的な選択となってしまわざるを得ません。

一般企業の中で健常者と一緒に働いていただく、という形で雇用し続けようとするならば、雇う障害者の方はある程度以上の自己決定能力・周りと合わせられる能力(歩み寄る力)を持っていなければなりません。
実は、そのことこそがコミュニケーション能力でもあるのです。
ノンバーバル・コミュニケーション(非言語的コミュニケーション)といい、本人の態度や行動による、周囲への働きかけのことをさします。
その非言語的コミュニケーションも、周囲はその人を理解してゆきます。
しかし、その非言語的コミュニケーションの内容が常軌を逸していたら、結果的に、その人は周囲からは理解されなくなってしまいます。
残念ながら、ご質問にある本人は、そのような状態たと言わざるを得ないのではありませんか?
周りからのフォローにも限界がありますし、また、パニックなどをしばしば起こされてしまうとすれば、どのように考えても、健常者と一緒に働く上では妨げになってしまいます。

ご本人にとっても、いまの職場で働き続けることは、きわめて適切ではないと思います。
本人が「わからないものはどうしたってわからない!」と思うのと同様に、こちらもわからないのですから。

まめおさんの職場は、まめおさん自身も含めて、十分に対応しておられると思います。
まいみーさんや suzukoさんがアドバイスを重ねておられるところにとても申し訳ないのですが、重度知的障害者施設(強度行動障害を持ち自閉症的傾向の強い方が半数超え)で就労支援にたずさわってきた経験がある私からすると、このご質問にある本人に関しては、一般企業での就労は不適切です。
たとえさまざまな対応策を図ったとしても、一般企業での就労に適した状態まで持ってゆけるようには感じられません。
これは差別的な考えでも何でもなく、「本人にとって最もふさわしい就労の場はどこなのか」と考えるところから発している疑問です。

本人にとっての適切な就労の場を考える(「別の場にそのような所があれば、そこへ導く」ということを含みます)ということも、障害者を雇う側やジョブコーチとして、きわめて重要なことだと思います。
今後やるべきことは、むしろそちらのほうではないかと思います。

まめおさんの職場は、おそらく、いわゆる健常者の方ばかりの一般企業等で、その中にごく少数の障害者の方が一般社員に混ざって配置されているのではないですか?
つまり、障害者の方たちだけの部署があるわけでもないのではありませんか?

もしそうだとしましたら、絵カードもそれほどの効果はないと思います。
というのは、絵カードというのは、業務等が繰り返し繰り返し同じ流れで行なわれている場合に、口頭等での説明を視覚的情報に置き換えて提示する、という手段に過ぎないためです。
つまり、人事異動等が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報