バイナリーオプションで負けない勝ち方教えて頂けますか??もちろん勝ちました際お礼いたします。定期的にアドバイスありがたく思います。実績のあるから私に伝授宜しくお願い致します

A 回答 (2件)

負けたら、前回損した金の倍プッシュでさらにもう一度トライする。

で勝つまでやればいずれ勝てますよ笑

って、有名な古典的な必勝法ってやつですね。じゃあなんでみんなやらないでしょうか?やってみたらわかりますよ笑
    • good
    • 1

この業界は お礼は先払いで、損してもそれまでです。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXか株をはじめようと思っています。 大学生です。 どちらも初心者なのですが どちらがはじめやすいで

FXか株をはじめようと思っています。
大学生です。
どちらも初心者なのですが
どちらがはじめやすいですか?

Aベストアンサー

金がないと株を買うのはかなり厳しいよ。

QFX、先物を10年以上続けてれば本当に大半の人が勝てる様なりますか?

FX、先物を10年以上続けてると、勝てる様になる人はどの位になるか多くの情報を検索してみた結果、大半の人が10年以上続ければ勝てる様になってる印象を抱きました。
しかし私はFX、先物にテクニカルの検証で8年半取り組んでも今なお勝てる目途が立ちませんし、FX、先物の競争が非常に激しい相場振りを見れば、その情報の真意性が不思議でなりません。
テクニカルの検証をしてみても、8年半取り組んでみると、ことごとくランダムな動きに振り回され、有効性のある方法を見いだせる事が信じられなくなってるくらいです。
100年取組んでも有効性のある方法が確立出来そうに思えません。

実際、FX、先物を10年以上続けてれば本当に大半の人が勝てる様になるのでしょうか?
ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なりませんし、プロでも10年間かちつづけてそれだけで食ってくのは至難の業です。だから、プロと称する人は大抵素人相手に投資コンサルティングやら、企業分析やら相場分析で儲けてるだけです。

投資の世界というのはいかに直観うんぬんで精神論でやるか、というよりもいかに確実に勝てる手段を合理的な方法で見出してそれを合理化して儲けをコンスタントに出すか、というのがプロの世界なんですよ。だからヘッジファンドや銀行は手数料商売だし、大手アクティブ投資系はいかに素人や実需用を出し抜くチャンスを作ってそれに乗っかるかなんです。チャートとにらめっこして価値シグナルが云々とか、企業の評価方法を考えてそれで確実に上がる企業を選別するなんて手法はあくまで限られた状況でしか通用しないのですから、どんな時も勝てる手法なんかにはなりません。そんなものがあれば資本をもった大企業が既にやってます。

例えば必勝とは言わなくともかなり勝てる方法を一つ述べます。基本的に期日のある先物は現物と価格差があれば期日までに価格差が埋まるのですから、先物が現物よりも高いある地点A日に先物を売り、現物を買いで入ったとすれば、期日にはA日での差額分儲かることになります。ま、古典的な手法ですが、これを今の企業はコンマゼロ秒以下で何十回という超高速トレードプログラムを駆使して、先物と現物の価格差が閉じたら売って開いたら買うなんてことをひたすら繰り返せば、期日までの間により多くの利益をえることができます。また、同じような方法で、ある指標の発表を他よりも0.1秒でも早く仕入れて、それによって期待される動きで利益が出るように瞬時に売買を仕掛けることもコンピュータ上で行っています。後から遅れて情報にありついた個人投資家をはじめ素人なんてのは当然カモ溶かすわけです。もちろん個人がこういうことをやるのは不可能です。

では、素人が勝ちやすい相場とはどういうときか?それは、市場の大半かみんなが勝てるタイミングを狙ってその時だけ挑戦することです。端的に言うならいわゆる”おしめ”で入るということで、それを確からしい方法で評価できれば仮に100%の精度でなくても元々低めな水準であれば勝つ確率が上がります。もっと単純な話をするなら、リーマンショックで落ち切ったあとに入れば下がるより上がる可能性のほうが高いし、超円高で円安になりそうってタイミングでハイレバそこからさらに円高になるより円安になることの可能性のほうが論理的に高い。つまりそういう当たり前と言えば当たり前、そんなタイミングにある程度のリスクを取ってしっかり入る、もしミスであればさっさと逃げるそういうやり方をするのが素人にとって一番損をしない方法になるでしょう。

ちなみにテクニカルに関して言えば、当然基本的なものは重要です。なぜなら、皆が参考にするテクニカルはテクニカルとして機能するため、その通りになることが多いからです。ただし、一方で皆が信じるなら当然それを皆が前提として仕掛けてくるわけで結果的に誰も勝てないという矛盾が生じるのです(すべての人が合理的に動くとする考えならば)。つまり、ある指標で良いことが期待できれば皆が良いという前提に買うためすでに上がってしまうから、逆に下がることもあるというのと同じで、そもそもテクニカルというのはそういう自己矛盾が含まれてるものだということを頭に入れておく必要があります。ちなみに、だれも使わないどっかの怪しい教材がいってるマニアックなテクニカルなど意味がないことがわかるでしょう。なぜなら、だれも使わない=それ自体がテクニカルとして機能しないためです。

以上のことを踏まえて最後に述べると、結局儲かる仕組みが仮にあるとしたらそれはあくまであなたが市場参加者に対してなんらかのアドバンテージをもって情報に対応できるから、あるいはある売買ロジックが有効であることを認識しているからであって、そういうタイミングを見つけるか情報にありつくことが勝つ方法になります。ただ、それはあくまで合理的な市場の原理に基づけばいつかはその価値は希釈されなくなるはずですから、同じ手法で勝ち続けることはできないのです。もしそれがコンスタントに続くとするならば、それは他人が容易にまねできない特権であるか(ヘッジファンド、大企業的な手法)、気づいているが面倒だから誰もあえてやるモチベーションにかられない心理的なハードルがあるなど(超リスクを負って価値に行飾る負えない手法、めんどくさいバックテストの上で初めてパラメーターがはっきりするとか)の優位性が確立していること意味します。そして最後に述べておきますと、いわゆる個人投資家なるものがまともに家でデイトレードしても何億と稼げるようになったのはインターネット環境とPC技術の発達であり、せいぜいそれは2000年前後くらいからのことです。つまり多くてもせいぜい20年そこらでしかない方法であって、消えていった”プロ”と称する人も多いのに、今勝ち続けてる人ですらせいぜい20年そこらしか成功し続けてないような全く確立したものでもなんでもないという言ことです。こういうのは金融市場に関するいくつか有名な本もあるので興味があれば読んでみたら読み物としても面白いです。

長文になってしまいましたが、府労働所得でうほうほなんてのに確実な方法なんてない、というのがこれまでのたくさんの人のだした一般的な答えですということ。だから、ちまなこになってなんの生産性もない”勝ちシグナル”とやらを探すマネーゲームに不毛な人生を費やすぐらいなら、その資本を合理的な運営+複利でしっかり稼いで、その間に自分の本職に生かす勉強でもした方がはるかに生産性のあることだというのが答えです。ま、金融市場のゲーム感覚で、というなら別にいいですよ。

ヒント、負けた人は恥ずかしいから多くはかたらない。ちょっとでも勝った人は勝ちを自慢したがるし、勝ったことを商売にすることのほうがはるかに”確実に”も受かるから他人に話したがる。というだけです笑 大半の何も合理的ロジックが組み立てられないで単なる請負手法だけで同じ方法をやってる人はひと時はよくても最後は負けてます。

なりませんし、プロでも10年間かちつづけてそれだけで食ってくのは至難の業です。だから、プロと称する人は大抵素人相手に投資コンサルティングやら、企業分析やら相場分析で儲けてるだけです。

投資の世界というのはいかに直観うんぬんで精神論でやるか、というよりもいかに確実に勝てる手段を合理的な方法で見出してそれを合理化して儲けをコンスタントに出すか、というのがプロの世界なんですよ。だからヘッジファンドや銀行は手数料商売だし、大手アクティブ投資系はいかに素人や実需用を出し抜くチャンスを...続きを読む

QFXについて 最近FXに興味を持ちました 少額からでも始められると聞いて手頃だと思い、是非とも初めて

FXについて
最近FXに興味を持ちました
少額からでも始められると聞いて手頃だと思い、是非とも初めてみたいと思ったのですが、疑問が1つ
例えば、1万円で小口の投資を始めた場合、最悪の場合の損失は元手の1万円だけで済むのでしょうか

Aベストアンサー

買ったぶんしかロスしないような仕組みを作ってはいますが、ルール上はマイナスにいくリスクがあることを理解した上でやるというものです。ただ、メジャー通貨同士で25倍(日本の法律上のmax)であればまずいくことはないと思いますが。マイナー通貨をやるとそういうことがごく稀におきてます。

ルール上起きないように設定しますが、売買を成立させる仲介業なわけですから、相場の急変で殺到したり、プログラムのエラーで一時的に取引がストップしてしまって値が滑った時の不可抗力に関しては免責とみなされるためです。あとは、休日に相場急変したケースなんかのルールで、窓開け価格でロスカットとみなす場合に最悪割ることが考えられます。どうしてもマイナスを払いたくない、と言う場合に裁判をすれば法外な損失が免れるケースもありますが、ルールに従って業者は追証といってあとからマイナス分を振り込んでくれとなります。

どうしてもマイナス分を払いたくないならば、最悪海外業者を使うしかないですね。ただ、この場合税金の扱いをふくめてちょっと不利になりますし、素人がやるにはわかりにくい部分も多いので、オススメはしませんが。

いずれにせよ、何事もよくわからないなら一度に大金を投入してやらずに、お試しで少額でやって理解してから、自分の責任が取れる範囲でやるのがいいですね。

買ったぶんしかロスしないような仕組みを作ってはいますが、ルール上はマイナスにいくリスクがあることを理解した上でやるというものです。ただ、メジャー通貨同士で25倍(日本の法律上のmax)であればまずいくことはないと思いますが。マイナー通貨をやるとそういうことがごく稀におきてます。

ルール上起きないように設定しますが、売買を成立させる仲介業なわけですから、相場の急変で殺到したり、プログラムのエラーで一時的に取引がストップしてしまって値が滑った時の不可抗力に関しては免責とみなされるた...続きを読む

QFXをやってみたいのですが…。

FXを始めたいのですが、個人的経験からの注意点、お進めの取引会社などを教えてください。

Aベストアンサー

SBIFXトレードがお薦めです。FXは先ずはデモでやり方を勉強。そして、小額から始めるのが鉄則です。ただ、デモと実際のトレードは別物と思ったほうがいいです。その点、SBIFXは1通貨からできるので最適です。

だいたいがマイナスを取り戻そうとより大きな金額をつぎ込んで資金が底を突くパターンですが、1通貨からならマイナスは小さくて済みます。

1通貨でコンスタントにプラスにできないと、1000通貨、1万通貨でプラスにできるはずはありません。上がるか下がるかなので、何回か取引すれば、当然、予想が当たる(実際はそんなに甘くないけど…)こともあります。

しかし、実はここからがFXの怖さです。だいたいがマイナスが膨らむ恐怖に耐え切れなくなって決済するか、もっとプラスが膨らむんじゃないかと思ってると逆に行って、戻る事を願ってるとさらに逆に行ってプラスが減って行くのがパターンです。

なので、FXでもっとも重要なのは、しっかり勉強して自分なりの決め事を作ってそれを絶対に守ることです。迷いに翻弄され始めたら、それは地獄への迷宮に入り込んだと思った方がいいです。

SBIFXトレードがお薦めです。FXは先ずはデモでやり方を勉強。そして、小額から始めるのが鉄則です。ただ、デモと実際のトレードは別物と思ったほうがいいです。その点、SBIFXは1通貨からできるので最適です。

だいたいがマイナスを取り戻そうとより大きな金額をつぎ込んで資金が底を突くパターンですが、1通貨からならマイナスは小さくて済みます。

1通貨でコンスタントにプラスにできないと、1000通貨、1万通貨でプラスにできるはずはありません。上がるか下がるかなので、何回か取引すれ...続きを読む

Q100億ドルは日本円でいくらでしょうか?

100億ドルは日本円でいくらでしょうか?

Aベストアンサー

1兆2000億円くらい

QFX、投資 FXや投資で利益を上げてる人がテレビでたまに 取り上げたりしてますがその人たちは何百万、

FX、投資

FXや投資で利益を上げてる人がテレビでたまに
取り上げたりしてますがその人たちは何百万、
何千万というお金を持っているのにあまり豪華
な生活をしているように思えません。
お金を使う時間がないから?それともFXや投資で
の利益はすぐには現金にできないとか?なぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

そのくらいのお金をいつも動かしているので、自己消費に回せないのでしょう。
或いは、投資差益を得ることが目的、生活の贅沢さ以上に面白い、という、
考え方もある思います。

QFX、投資 FXや投資は自分の資金内で行えば仮に 負けたとしても借金になることはありませんよね?

FX、投資

FXや投資は自分の資金内で行えば仮に
負けたとしても借金になることはありませんよね?

Aベストアンサー

海外口座で、ゼロカットを採用してるとこはそうなります。
日本の場合は、国が企業保護のためにレバレッジと追証ルールを決めてるので可能性は低いが、マイナスになることはあります。例えば、スイスフランショックなんかがわかりやすい例です。このように、滑る場合もあるし、休日で、窓開けでロスカットを割り込むこともあるし、ネット環境や企業のシステムのトラブルでタイミングがずれてしまうリスクもあるし色々。それが分からない人はレバレッジ取り引きはしない方がいいですよ。

QFX について FX のトレード方法でスキャルピングというやり方がありますよね?予想とは逆の方向にチ

FX について

FX のトレード方法でスキャルピングというやり方がありますよね?予想とは逆の方向にチャートが動いたとしても数秒から数十秒で決済するんですか?
それとも上がるまでもう一度待つんですか?

Aベストアンサー

そう、それが最大の問題。
チマチマ、稼ぐんだけど、その損切が出来なくて、結局回復せず、今までの20-30回の稼いだ分を1回で取られて、おしまい。

この手のロジックは全てそうなる。

それを、防ぐには、売り買い、損切、すべてPC任せにして、感情の入らない取引をする。
そのシステムが出来た時、初めて先が見える・・・・

QFX FX は損失が自分の資産を上回らないように強制ロスカットというシステムがありますよね? つまり

FX
FX は損失が自分の資産を上回らないように強制ロスカットというシステムがありますよね?
つまり仮にどれだけ損失が出ても借金にはならないということですか?

Aベストアンサー

強制ロスカットは、強制的にロスをカットする。
という意味です。

>どれだけ損失が出ても借金にはならないということですか?
出る損失は入金した証拠金以内です。
『どれだけ損失が出ても』というのが、誤解だと思います。

5万の証拠金でドル円1万通貨を111円で買った場合、
110円となると、1万円の損失が出ます。

国内の一般的な業者なら、証拠金の最低額は、
4.4万ぐらいになりますから、1万円の損失が
出る前の110.4~110.5円あたりで強制ロスカット
となります。

しかしシステムによっては、(海外など)
証拠金を下回っても、ロスカットをしない、
あるいは、ロスカットが遅れるシステムも
あるため、借金になるところもあります。

QFXの検証を8年も続けても勝てる手法を確立出来ません!

FXや225先物でトレードで勝てる手法の確立を目指しメタトレーダでEAを創りバックテストを行う等をして検証をしながら有効性のある手法を探し続けていますが、何と8年の年月が経過しても未だに確立出来ません、作成検証したEAの数は膨大になりました。
何故これだけの年月を掛け、膨大なEAを創りながら勝てるものが出来ないか、8年も経てばその原因は解ります、相場の大半がランダムに動いてるから、そして分足ばかりでの検証なのでランダムの影響を受けやすいから..
なのでスパンの長い時間足を見る必要もあり60分足の60足分移動平均を五分足に置換えて60*12=720足の移動平均を表示させる等してトレンドの波に乗れる様にと8年の年月を掛け様々な工夫の幅を広げEA開発を発展させてきたつもりですが、状況は変わりません。

EAはもちろんバックテストを行い検証しますがいつも最適化をして有効性がある様な成績が出せる様にしてますが、フォワードテストを行うと全てカーブフィティングでアウトになってしまい本当に有効性のEAは8年経っても一つも手に出来ません。
カーブフィティングの最大の原因がパラメタの多さと最適化ですが、最適化がカーブフィティングを誘発させるので良くないと解ってても最適化を行わなければ、EAの有効性は確かめられないと考え、止む得ず最適化を行い続けてます。

FXは努力しても勝てないのか、検索して様々な見解を読みましたが大半は努力すれば勝てると記述されてました、しかし8年間、検証活動を続けてきた私から見ると、あまりにも信じられない見解です。

そしてトレードに勝つには、しっかりした資金管理が出来る事だと言われてますが、どんなにしっかりした資金管理が出来ても有効性のある手法が伴わないと勝てる様になるなんて思えません。

私が思うにFXで勝には、短期間でも有効性があるEAを見つけられたら実戦し、そのEAの有効性が失われるタイミングを適切に見極め、別のEAに切り替えるサイクルを行える事だと考えてます。

それはともかく検証生活10年も間近に迫り10年のキャリアを積みながら勝てる様にならない事程、屈辱的な事はありません。
8年間積んで来た努力を無にする様な事は絶対に回避させたい気持ちでやまやまです。
いい加減トレードで勝てる切っ掛けを得たいです!
私の8年間の努力の何処がまずかったか、ご助言宜しくお願いします!

FXや225先物でトレードで勝てる手法の確立を目指しメタトレーダでEAを創りバックテストを行う等をして検証をしながら有効性のある手法を探し続けていますが、何と8年の年月が経過しても未だに確立出来ません、作成検証したEAの数は膨大になりました。
何故これだけの年月を掛け、膨大なEAを創りながら勝てるものが出来ないか、8年も経てばその原因は解ります、相場の大半がランダムに動いてるから、そして分足ばかりでの検証なのでランダムの影響を受けやすいから..
なのでスパンの長い時間足を見る必要もあり60...続きを読む

Aベストアンサー

先に回答したものですが、ランダムウォークのことを言ってるのではありません。

それが本質的にわかってないなら、株だろうが馬券だろうが一緒です。

例えば、プロのポーカーが何故勝てるのかは、完全な確率論もあるし、一方で相手を下ろす駆け引きもあるし、その両方の側面がわかってないなら勝てても一過性なんですよ。

同じように、為替だってランダムな側面もあるし、市場が信じるテクニカルな側面もあるし、基本になるファンダメンタルもあるし、どれかいい悪い正しいという話でもありませんから、その本質的な部分をとらえるべきです。

ちなみに、EAを使ってやる難しさは今の相場にどのような性質のEAを使うべきかの選択、そしてその選択の判断のタイミングですからね。金の管理だってある意味機械的にやるならEAでやることを人がやってるのと同じ。別に、利大損小だろうが逆だろうが戦略によるわけだし。スキャルしてる人だって、入るタイミングの直感的なものは多少あれどやることはEAだろうが本質的には大差はないですよ。別に機械学習や昨今のディープラーニングのような人間以上の高度な判断パラメータを編み出すわけじゃなければね。ただ、そう言うのだって信じてヘッジファンドが必死にやってますからね。
ナンピンとかドラリピのような戦法だって、成果があがる人も多いけどレンジを上下してる間に想定外の方向に突き抜ければ簡単にマイナスいくし、ただ、だからと言ってある程度のレンジ相場を予想して決まった期間に勝つことができないわけじゃないですから。

重要なのは、どんな相場を想定するのかで、その想定出来る範囲でプラスに持ってけるだけのうまいEAを作ることにあるんだと思います。だから、リーマンショックにも、トランプラリーにも、バブル期のような相場にも耐えられるなんてのを考えてるなら負けます。ただそれだけでしょう。

先に回答したものですが、ランダムウォークのことを言ってるのではありません。

それが本質的にわかってないなら、株だろうが馬券だろうが一緒です。

例えば、プロのポーカーが何故勝てるのかは、完全な確率論もあるし、一方で相手を下ろす駆け引きもあるし、その両方の側面がわかってないなら勝てても一過性なんですよ。

同じように、為替だってランダムな側面もあるし、市場が信じるテクニカルな側面もあるし、基本になるファンダメンタルもあるし、どれかいい悪い正しいという話でもありませんから、その本...続きを読む


人気Q&Aランキング