内閣府や官邸側の見解を聞いていると、加計一校を認めた最終的理由は「京産大は期限に間に合わなかったから」ということになると思います。
ここに焦点を当てると彼らの思惑が浮き彫りになってきますので、まず主な経緯を以下に記してみます。

2015年6月4日 今治市が獣医学部新設の特区申請。
2015年6月8日 国家戦略特区ワーキンググループ(以下WGと表記)によるヒアリング。「獣医学部新設」という方向性が固まる。
2015年6月30日 いわゆる【石破4条件】を閣議決定。内容は以下のとおり。
a. 現在の提案主体による既存獣医師養成でない構想が具体化し、
b. ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき具体的需要が明らかになり、かつ、
c. 既存の大学・学部では対応困難な場合には、
d. 近年の獣医師需要動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討を行う。
2016年3月24日 京都産業大学が特区申請。
2016年9月16日 WGによるヒアリング。文科省が「近年の獣医師需要動向(4条件の d )」について検討を行なっていない点をWGから指摘される。
2016年10月17日 WGによるヒアリング。京都産業大学は、「新たな獣医学部・大学院研究科の設置のための抑制解除」を求めた。また、ライフサイエンスに関する非常に優れた内容のペーパーを20枚提出。
2016年11月 国家戦略諮問会議で、「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り獣医学部の新設を可能とするための関係制度の改正を、直ちに行う。」ことを決定(9日)。
また、内閣府が「平成30年度(2018年4月)に開校」を発表(18日)。

こうした経緯で着目すべきは、京産大が「ライフサイエンスに関する非常に優れた内容のペーパーを20枚提出」した翌月に、「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り」及び「平成30年度(2018年4月)に開校」という条件が設定されている点。
いずれも京産大にとって不利な条件であることは明白です。
ただ、WG座長の八田 達夫氏は、京産大も「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域」に該当すると認識していた、と発言しています。
本当なのか単なる言い逃れなのかは不明ですが、いずれにせよ「平成30年度(2018年4月)に開校」だけでも京産大にとって断念するに十分な条件であったことは確かでしょう。
加計(今治市)の場合は、内閣府による手取り足取りの指導で間に合うようになっていた。(しかも、ずっと早い時期に校舎建設まで敢行しているのですから、実に不思議なことだと言わざるを得ません)
内閣府は、スピードが大事だと言ってますが、京産大の提出した「ライフサイエンスに関する非常に優れた内容のペーパー」に関して、ほとんど見当が行なわれないまま、特に加計との比較がまったく為されないまま、期限を優先したことに、極めて明白な恣意が働いているのは明白であると言わざるを得ません。

なぜこの点が重要かと言うと、「b. ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき具体的需要」が、石破4条件の肝の部分だからです。
ここを外して「国家戦略」などと銘打つことが果たして可能でしょうか。
ところが、WG や国家戦略諮問会議にとっては、岩盤規制の打破が最大にして唯一の使命であり、そもそも規制を目的とした石破4条件など重視するに価しないものだったということなのだと思います。
このことは、WG座長の八田氏も記者会見で明言している。
そして、こうした認識で山本大臣に対して「サジェッション」が行なわれ、大臣もそれを鵜呑みにする形で上記2つの条件が確定されたのでしょう。
しかし、山本大臣の決定は、結果的に閣議決定をおろそかにしている(無視している)ことになります。
安倍総理は、これを容認(追認)している形になっているわけですが、これは「内閣総理大臣は、閣議にかけて決定した方針に基いて、行政各部を指揮監督する。」という内閣法第6条に抵触していることになる。
閣議決定や内閣法を無視してまで、地域や期限を区切らなければならなかった理由は何か?
前述の経緯を確認するなら、それが京産大の排除であることは明白だと思いますが、みなさんはどう思われますか?

昨日の閉会中審査においてもなお、明らかになった様々な文書について「確認できませんでした」や「記憶にございません」が繰り返されました。
しかし、それをさておくとしても、申し上げてきましたように、明らかに加計以外は無理というお膳立てをした上で、「どこにしろとは言わないが、官邸の最高レベルは必ずやると言ってる」とか、「どこにしろとは言わないが、国家戦略なのだから、とにかく急げという総理の意向がある」と文科省や農水省をせっついて三大臣合意が強引に為されたことは、明らかではないでしょうか。
実に姑息で陰険な手段といった印象を禁じ得ません。

質問者からの補足コメント

  • #2のお礼欄からの続き。

    >結局は告示の通りで、禁止にしてるから何もしない。
    これの一点張りだったので、呼びつけられては叱られたって話ですよね?

    まったく違います。
    閣議決定や国家戦略の本来の目的に則って行なうべき、の一点張りだったので、呼びつけられて恫喝されたって話ですよ。
    よくお考えになれば、すぐにおわかりになるはず。

    >そもそも監督省庁に認可できない証明の責任があるのに、告示を正当性を立証できなかったために、何の言い訳もできないまま放置した結果が今です

    #2お礼欄でもうしあげたとおりで、これもまったく違います。

    下記補足欄へ続きます。

      補足日時:2017/07/15 14:31
  • 上欄からの続き。

    >>そもそも”本年度中に検討”と石破4条件にもあったのです。
    それには2015年中に結論付ける話でした。

    たしかにそうですね。
    ただ、ワーキンググループがそれを指摘したのは、2016年9月16日なんです。
    さらに、翌月の2016年10月17日にもヒアリングを行ない、そこで京都産業大学に対し、「新たな獣医学部・大学院研究科の設置のための抑制解除」の要請と、ライフサイエンスに関する非常に優れた内容のペーパーを20枚提出する機会を与えている。
    つまり、WGとしても、単純に期限を重視するのではなく、国家戦略としての要件を満たしていることの重要性をある程度は認識していた。
    ところが、そのすぐ翌月、2016年11月に、「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り」(9日)と「平成30年度(2018年4月)に開校」(18日)が決定されるわけです。
    おかしいでしょ?

      補足日時:2017/07/15 14:45
  • 上欄からの続き。

    >石破大臣が交代して退き、あたらな体制の者、文科大臣が3条件の他に認可基準も設けても、それは問題がありません。
    監督官庁なのですから。

    そうでしょうか?
    石破4条件は閣議決定です。
    「内閣総理大臣は、閣議にかけて決定した方針に基いて、行政各部を指揮監督する。」と内閣法第6条にありますように、極めて重要な決定事項と言えます。
    そうした閣議決定の内容であっても、監督官庁であれば勝手に変更できる、ということですか?
    ぜひ教えていただきたいですね。
    ただ、いずれにせよ、質問文に明記した経緯によって、「加計一校に絞るために京産大を排除するべくお膳立てが為された」ことは明らかと言わざるを得ません。
    そこにあった恣意性こそが問題とされているわけです。

      補足日時:2017/07/15 14:56
  • #14お礼欄からの続き。

    >宗教を信じている人にあなたの信じている神様は間違いと言っても聞き入れないように「視聴率が取れる間は真実には目もくれない」素人のコメディアンから「説明不足です」なんて聞かされた時も吐き気がする。説明不足はメディアの方でしょうが

    なるほど。
    そうした側面は否めないかもしれませんね。
    メディアが大きな問題を抱えていることは事実だと思います。
    ただ、「説明不足」ということもまた事実ではないでしょうか。
    「加計に有利なお膳立てが次々と為されていた」ということは明白ですよね?
    むろん、公明正大な手続きを経て、結果的にそうなった、というなら何の問題もありませんが、「お膳立て」をわざわざした根拠が極めて曖昧。
    恣意に満ちている。
    そうじゃないと言うなら、その点についてきちんと説明する必要があるわけですが、それがほとんど為されていない。
    そこが問題なのだと思います。

      補足日時:2017/07/15 18:06

A 回答 (27件中21~27件)

多かれ少なかれどの学校法人も同じ様な事はしているのでは?と思ってしまいます。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうなんでしょうね。
ただ、白河ほどの完璧な清さを求めるわけじゃありませんが、濁りすぎの田沼もいかがなものか、という気はします。

お礼日時:2017/07/15 15:14

言われる通りですね。

キーパーソンの和泉補佐官などを招致か喚問しないと話になりませんね。総理より前に和泉補佐官と前川氏を証人喚問で対決させればもっと分かりやすくなってくるはず。それをしない理由って何だろう、ますます疑惑が深まります。

自分も姑息な印象を強烈に感じています。記憶にございませんはロッキード事件の時小佐野賢治が連発して流行語になりましたね。小学生が何かで怒られて、記憶にございません、というのが流行りました。民の上に立つ政治家が二流三流、これでは経済も国力も二流三流に落ち込んでいくのではないかと真剣に危惧する昨今。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ロッキード事件、懐かしいですね。
しかも、ほとんど忘れているし。-_-;

お礼日時:2017/07/15 15:10

根が深いのは、


許認可と天下りで支配する、官僚行政。
その責任は、シビリアン(首相、与党、国会)にある。

本物の問題は、面倒な上に退屈(儲からない)。
フェイクは、楽なのに面白い(儲かる)。

今こんな感じ。
中ボス(前川)とマスコミ野党一行が、
https://twitter.com/cupnoodle_jp/status/85488494 …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>根が深いのは、
許認可と天下りで支配する、官僚行政。
その責任は、シビリアン(首相、与党、国会)にある。

まったくおっしゃるとおりと思います。
ただ、それはそれで、腰を据えて論じられるべき問題だろうと思われます。
最近、暑いのでカップヌードル、しばらく食べてなかったな。

お礼日時:2017/07/15 15:08

これ、くだらないですよね・・・






なんで安倍氏の友人が100億政府に優遇されているのか。

なんで、「日本で特別な能力を持っている訳でも無い加計学園」である自分の友人が100億政府に優遇されるのを「行政のトップ」である安倍氏は、「行政のトップ」として認めたのか。




なんで後から「そんなに文句言うなら、全国にいっぱい獣医学部を作りましょう!(それなら文句ないでしょう!)」と逆ギレしたのか。




コレの説明を自民党は一切しないで済む感じですからね。
前川氏も野党も論点がずれてきている。
なんか矮小化されてますね。

野党の人気も上がりませんし、与党の支持率も下がるだけで、何の効果も無いような・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

安倍ちゃんは出てきそうですが、和泉総理補佐官と萩生田官房副長官も引っ張り出す必要がありそうですね。
むろん、証人として。

お礼日時:2017/07/15 15:05

前川が「思った」と発表しただけの学芸会がそんなに信憑性たかかったのかな?


じゃ前川が知らなかったといい逃れしようとしてる天下り問題を
文科省が総出で猛省してるのも文科省が嘘をついていると?
じゃ文科省からでてくる文書はみんな嘘なんじゃないの?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「思った」というのは、むしろ「謙虚な物言い」と捉えて良いだけの現況に、今やなっていると思います。
「天下り」云々は、はっきり言って関係ないと思いますけどね。
天下りをやってない省庁があると、本気で思っておられるのですか?

>じゃ文科省からでてくる文書はみんな嘘なんじゃないの?

その可能性もありますから、証人喚問すれば良いと申し上げているわけです。
ただ、「でてくる」だけマシで、「でてこない」のが異常である、ということは言えるんじゃないですかね。
その意味で、和泉総理補佐官と萩生田官房副長官の証人喚問も合わせて行なう必要がある。

お礼日時:2017/07/15 15:03

重要なのは1校に絞られたのは獣医師会がそうでないと反対して1校も認めないとしたから。



実際は大反対しっ放しですけどね。

で、京都産業大学は外された訳でないと言う事。
これは印象操作。

認可は順番で行う必要があり、初めは今治が10年前から手を挙げていて、特区も先。
これで今治で結果を検証してから京都産業大となっただけの話で、いわば据え置きです。

それならそれで、文部化各省は粛々と審査すれば良かったのに、それはしない。
需要動向も出さない。
四国への獣医師派遣の指導もしない。

結局は告示の通りで、禁止にしてるから何もしない。
これの一点張りだったので、呼びつけられては叱られたって話ですよね?

それでいて、せかされた仕事もせずに、毎週辞めた前事務次官OBらと違法売春店で少女を食い物にして、貧困調査だと嘯く。
引責辞任もせずに、しがみついて退職金は満額持っていき、守秘義務度外視で部下のメモをリークして政権批判。

という話です。

そもそも監督省庁に認可できない証明の責任があるのに、告示を正当性を立証できなかったために、何の言い訳もできないまま放置した結果が今です。

安倍総理が期限切った云々ではありません。

そもそも”本年度中に検討”と石破4条件にもあったのです。
それには2015年中に結論付ける話でした。

石破大臣が交代して退き、あたらな体制の者、文科大臣が3条件の他に認可基準も設けても、それは問題がありません。
監督官庁なのですから。
その昔、田中真紀子文科大臣が大学新設の停止wしたことと同じです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>認可は順番で行う必要があり、初めは今治が10年前から手を挙げていて、特区も先。
これで今治で結果を検証してから京都産業大となっただけの話で、いわば据え置きです。

根本的に勘違いなさっておられると思います。
『認可は順番で行う必要』があるなら、それは以前の構造改革特区の場合です。
自治体からの申請に基づいて決めるわけですから、それなら「順番」でも筋が通る。
しかし、今回の国家戦略特区とは、その基本方針で最初に明記されているように、【国家戦略特別区域における産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成の推進】が目的です。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusento …
そのために、石破4条件というものを閣議決定までしている。
つまり、岩盤規制にドリルで穴を開けることに、わたしも賛成ではありますが、あくまで、こうした基本方針や閣議決定の範囲で行なわれる必要があるわけです、法治国家である以上は。
しかし、安倍総理の意向、または、その忖度によって、そうしたことが無視されているという点が重大な問題なのです。

>それならそれで、文部化各省は粛々と審査すれば良かったのに、それはしない。
需要動向も出さない。

なぜか?
単なる怠慢だと思われているのなら、極めて短絡のそしりを免れ得ないと思います。
最も重要なライフサイエンスに関しては、厚労省でなければ詳しいことはわかりませんし、需要動向は農水省でなければわからない。
だからこそ文科省は、この2省を引き込んで一緒に検討できるように内閣府に依頼していたのです。
しかし、厚労省や農水省は、責任逃れのためでしょうか応じる気配は皆無であり、内閣府も積極的に呼びかけをしなかった。
そのままでは石破4条件を満たしているのか不明のまま事が進んでしまうので、慎重に検討したい、という立場を文科省は貫き続けたわけ。
ところが、内閣府は、「総理のご意向」「官邸は絶対やると言ってる」など恫喝まがいのセリフで文科省を押し切り3大臣合意を取り付けた。
こういう経緯を理解される必要があります。
以下、補足欄に続けます。

お礼日時:2017/07/15 14:22

もう、答えは、お判りなんでしょう?



「実に姑息で陰険な手段といった印象を禁じ得ません。」
 ↑
全て、ご質問者の「印象」であって、事実ではない。

客観的で、具体的な証拠は皆無で、有るのは、
民進党とマスコミの印象操作ばかりです。

「疑わしきは、罰せず。」です。

妄想は、ご勝手ですが・・・・・・。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>全て、ご質問者の「印象」であって、事実ではない。

質問本文にお示しした経緯を理解なされば、単なる「印象」でないことは、ご理解いただけると思うのですけどね。

>「疑わしきは、罰せず。」

それは弱い立場にある人に対する言葉です。
権力の傲慢さは、疑わしきうちに正しておく必要があるわけですが、今回の場合、疑わしいという範疇は超えています。

お礼日時:2017/07/14 19:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安倍政権を擁護する方は

加計ありきなのは明白なわけですが、それでも政権を擁護するのは、総理は頑張っているのだから、多少の見返りがあって当たり前だ、とお考えなのでしょうか。

Aベストアンサー

安倍氏は単に運が良いだけ。
経済が少し上向いたかに見えたのは、リーマンショック、東北大震災で大きく日本経済が降った後にアメリカの景気向上にあやかり伸びただけ。
アベノミクスは日銀介入という劇薬を使ったにも関わらず今はその威力は影を潜めている。寧ろその反動が怖い。
しかしアベノミクスという如何にも何かをやっているというキャンペーンの仕方はうまかった。国民の大半はそれに誤魔化された。今は単にアメリカ経済に引っ張られているだけ。
外交に至ってはプーチンとの首脳会談で北方領土はどうなりましたか?
北朝鮮問題はどうなるのでしょう。何も出来ない。
中国とは最悪なのは言うまでもありません。
唯一上手くいっているかに見えるアメリカもTPPから脱退してしまいました。これはアベノミクスの目玉政策でしたね。不安定なトランプ政権にベッタリですがそれが外交の全てですからこれが失敗すると外交の全てが失敗になってしまいます。
国内に於いては絶対権力を持ちました。
衆議院、参議院共に絶対過半数を与党が締めます。
官僚も内閣府が官僚の人事権を持つに至り操り人形です。
この状況の中で何をするのか?能力があり器が大きく総理にふさわしい人物ならば国民の為にその力を十分に発揮しそれこそ国民から大きな支持を得る事が可能な全ての条件が整っています。
しかし、大きな支持を得るどころか信用出来ない人物である事が露見してしまいました。
余りにも器が小さい事がわかってしまったからです。これは今更ここで言う必要もない。
私は自民党は支持しますが、安倍氏は即刻辞めてもらいたい。

安倍氏は単に運が良いだけ。
経済が少し上向いたかに見えたのは、リーマンショック、東北大震災で大きく日本経済が降った後にアメリカの景気向上にあやかり伸びただけ。
アベノミクスは日銀介入という劇薬を使ったにも関わらず今はその威力は影を潜めている。寧ろその反動が怖い。
しかしアベノミクスという如何にも何かをやっているというキャンペーンの仕方はうまかった。国民の大半はそれに誤魔化された。今は単にアメリカ経済に引っ張られているだけ。
外交に至ってはプーチンとの首脳会談で北方領土は...続きを読む

Q今の日本は「安倍晋三+日本会議」支配に蹂躙(じゅうりん)されている。日本人はこの暗黒に気づき始めた。

今の日本は「安倍晋三+日本会議」支配に蹂躙(じゅうりん)されている。日本人はこの暗黒に気づき始めた。「安倍晋三+日本会議」支配に気づかれては困る面々が、都議選の敗因を「4悪人」This の責任にスリ替える。
この指摘は皆さんどの様に思いますか。
また、日本会議の存在はそんなに大きいものなのでしょうか。

Aベストアンサー

宮司さん、神主さん、数人知り合いが、いるので、正確に伝えます。戦前の大本教が、始まり皇道派宗教団体、226事件を受け、昭和10年警察による。神殿解体で、消滅
戦後、神道系カルト生長の家に韓国キリスト教系カルト統一協会が、加わる。この組織が、神社本庁と合わさり、日本会議成立!
八百万の神と全知全能の神の名のもとに、日本改造を、目指す。あとは、手先として、ネトウヨやオタウヨも使うが、長崎大学右翼コネクションが、本体
目標は、大政翼賛会の再生と明治憲法回帰、女性の政治からの排除だが、国民の支持が、得られず。女性大臣起用、しかし今上天皇不在の極右翼と成り下がる。(事実のみ記載)

Q安倍総理が鳴り物入りで集中審議に出席するようですが、意味無いと思いませんか?

集中審議が行なわれるようですが証人喚問はどうなりそうですか。
安倍総理が出席したって、「一切関与してない」とか「岩盤規制にドリルで穴をあけるのが問題の本質」など、不毛の答弁を繰り返すだけに決まっており、何の意味もない。証人としてなら構わないけど、それは難しいのでしょう。
真相解明には、和泉総理補佐官と萩生田官房副長官を証人喚問するのが最も早いと思うのですが、どうでしょうか。
当初、文科省の理解者であった萩生田官房副長官が、急に豹変したのは、彼より力のある人物からのハタラキカケがあったと考えるのが合理的でしょう。
彼は、もともと、石破4条件を重視していたはずで、国家戦略基本方針の「 産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成」という第一項にも拘っていた。
つまり、質を重視していたのであり、その点からも平成30年度開校というのは無茶だとも言っていた。
彼の心変わり、つまり、文科省を見捨てたことが、結果的に加計一校のみを認定するという不合理な決定へとつながっていったことは明白でしょう。
萩生田氏がなぜ心変わりしたのかが判明すれば、自ずと真相解明につながるとは思いませんか。

集中審議が行なわれるようですが証人喚問はどうなりそうですか。
安倍総理が出席したって、「一切関与してない」とか「岩盤規制にドリルで穴をあけるのが問題の本質」など、不毛の答弁を繰り返すだけに決まっており、何の意味もない。証人としてなら構わないけど、それは難しいのでしょう。
真相解明には、和泉総理補佐官と萩生田官房副長官を証人喚問するのが最も早いと思うのですが、どうでしょうか。
当初、文科省の理解者であった萩生田官房副長官が、急に豹変したのは、彼より力のある人物からのハタラキ...続きを読む

Aベストアンサー

意味有りますよ。
核心の部分になると話をすげ替えて行き更には他へ転嫁する事を繰り返して行く。
これによって国民が知りたいと思っている事に関しては何一つ解消されずに毎々不信感だけに為ってしまい支持率が更に下がる。
そこまで野党(特に共産党に期待したいですね。民進党では詰めが甘いから逆襲され逃げられるのは見え見え)には頑張って
貰わないと。
その後に内閣改造が控えていますが、支持率回復には至らず安倍内閣も数字上では危険水域になるでしょうね。
そう言う所にまで墜ちていく事に意味が有ります。
それによって党内からも安倍ではダメだと言う声が出てきて広がる事を期待したいですが。
どのみち自分が言っている「丁寧に説明する」と言う事の「丁寧」とは自分の規準の丁寧であって、一般的に国民が理解して居る
丁寧とは別物である事だけは言えるでしょう。

Q安倍みたいなダメな政治家を胴思いますか?

安倍みたいなダメな政治家を胴思いますか?

Aベストアンサー

キミはコレを読みなさい。
https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTcgpmwoFLyUXyZyqtr900PkinFw9pg0qHQmiPmOYvftT8ITflE3xVMCS_C

Q9条教の人の思考が分かりません

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」
という感じでした。

議論の中でその人が
「今の改憲の動きはアメリカが自民党に圧力をかけてきたからだ。アメリカは日本に戦争させたいんだ」
と言うので
「だとしたら改憲したほうが良くないですか?あなたは軍事同盟などの信頼が大事だと言いました。
ということは改憲に反対してアメリカの意に沿わなかった場合、その信頼は揺らぐ事にならないか?」
と聞いてみました。

するとその人は
「いや安倍総理がトランプタワーに行ってアメリカ様に媚を売ってるから大丈夫だ」
と言ってきました。
私はその発言の前に
「『日本のために死んでくれ。まぁお前がピンチの時は金だけ出すからさ』自分がアメリカだったら、こんな国を自国の兵士を危険に晒してまで守ろうとは思いません」
と突っ込んでいたのですが、見事にスルー。
媚を売るだけでアメリカ軍が本気で安全を担保してくれると考えているようでした。

とにかくその人は
「自衛隊がある」「安保がある」「米軍がある」「9条がある」
だから日本は今のままで平和だという考えでした。

他にも会話の中身として
私「既に日本人がテロで死んでいる」
彼「ほっとけばいいんじゃない?身内が殺されたわけでもないし、自分には関係ない」

私「攻めなければ攻められないというのはあまりにも楽観的かと」
彼「いや自衛隊はイスラム教徒を殺していない。だから今の日本はテロ攻撃を受けてないんだ!手を出さない限り、向こうも手を出してこない!」

私「拉致問題や竹島、海洋資源が略取されているが、これで本当に守れていると言えるのか?あと何があれば反撃していいと考えられるようになるのか?」
彼「当然ながら、日本の領土が攻撃された時」

私「北朝鮮がミサイルを飛ばしているが、あれは現状が危険である事にはならないか」
彼「騒ぎすぎ。子犬がちょっとじゃれて噛み付いただけで大騒ぎ。冷静に判断する能力があなたには無い」

私「それでは日本人が殺されてからでしか動けないじゃないか」
彼「防衛システムやイージス艦があるから、日本人は殺されない。防衛後動けばいい」
(ミサイルの事しか頭に無く、無差別テロが起きた場合についてはスルー)
と、全く議論にならず。

最終的に私が
「日本の国債貢献度が世界最下位。そんな国を本当に他国が守ってくれるのか」
「仮に韓国の原発が攻撃されたらどうするか。そうなったら手遅れ」
「改憲しなければ自衛隊が『違憲』という議論を残してしまう」
「日本人が殺されている時点で、既に我慢の最終ラインは越えている」
「日本は今でもISの標的国になっている」
「日本を守っているのは憲法9条ではなく自衛隊と米軍だ」
「抑止力と言うなら『やる時はやる』と示したほうが、より効果的じゃないか」
「すでに多くの日本人が殺されている」

と突っ込んでも、

「安倍政権は国防軍を作って戦争をしようとしている!」
「イスラム教徒を殺せば日本のショッピングモールが爆発するかもしれない!」
「日本は自立する必要は無い!アメリカは世界最強の軍隊なんだから守ってもらえばいい!」
「改憲すれば自衛隊は殺人集団になる!」
「テロリストの要求なんか全部呑めばいい!それが平和だ!」
「お前は何も理解できていない!単にTVの影響を受けた愚か者だ!」
「そんなに言うならお前が北朝鮮に乗り込んで来い!ネットで爆弾の作りかたでも調べて行ってこい!」
「日本人が殺されたから報復しようとするのは幕末の過激思想に取り付かれた志士と同じ!冷静さは無い!」
「お前はネットで吼えるだけ。実際に自分がISと戦う気も無いだろ!」
「お前の意見は的外れで論理破綻してるし矛盾してるし、発言に一貫性がない!」
「お前と僕はレベルが違う!ただ反論ばかりして議論にならん!」
「改憲はさせない!でもテロが起きたら政府のせいだ!」
「9条で日本は守られている!それがわからないお前はただのバカ!」

と切れる始末。

とても長くなってしまいましたが、
やはり私は彼の主張が納得できません。

平和平和と念仏を唱えても、平和にはならないと思うのです。

他国を攻撃しないから自国が攻撃されないという保障はありません。
「やる時はやる」という姿勢を見せなければ、日本は永遠に舐められたままです。

普通に世界を見ていれば、今の日本が平和とは言えないと思います。
北朝鮮のミサイル、中国の領海・領空侵犯、ISのリストとアジアへの浸出などなど。
どう考えても、まともな状態ではありません。

そこで質問です。

『どうして9条教の人はあそこまで楽観的平和思想になってしまうのでしょうか?』

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込まれたり、逆に自国が相手の弱みに付け込んで占領したりした歴史をもっているから」です。

つまり、日本人以外は自国の歴史と実際に存在する国境線を意識しているので「私の国がどれほど平和を願っても、隣国が攻めて来たら意味がない」ということを肌で感じているからです。さらに言えば「今の政府だって、隣国に協力して国民をうらぎるかもしれないし、特に少数民族は迫害されるかもしれない。また隣国がうちの国を乗っ取れば、土地も財産も奪われてしまう」という意識もあります。ですから「政府そのものを信用できるかどうか」も問題になるわけです。

日本は逆です。日本は太平洋戦争敗戦後のGHQの占領期を除けば
・外国と本当の意味で戦ったことはない
・日本の政府の根本が変化したことはない
といえるでしょう。

つまり、普通に日本に住んで居て、日本人として経験できる「リアル」から言えば「政府はどの国の政府でも信頼できるはずだし、政府が『戦争を望まない』といえば、他国もそれを尊重してくれるはずだ」ということになりえる、といえます。

ここが9条教の深層心理としての「原点」です。

また、面白いことに日本は「武装解除の国」なんですね。実際に何度も武装解除を行っているのは日本だけ、じゃないでしょうか。

たとえば刀狩、戦国時代は兵農未分離で農民も武装していました。日本の農家は自前の土地や財産を持っていましたので、他人に土地などを奪われないように、そして戦国時代は行政も機能不全でしたので、農家も武装している必要があったわけです。ところが、秀吉が天下統一をすると、農民は刀を放棄します。それは「天下人がちゃんと庶民の暮らしまで、安心安全を担保してくれる」という信頼があったからです。

お分かりだと思いますが、諸外国では「政府すら信用できない」わけですから、可能な限り武装を解くことはしませんし、武装できないなら、いつでも逃げれるように財産を身に着けている、ことになります。インドなどで女性が金の腕輪をたくさんつけているのは「いつでもすぐに財産を持って逃げられる」ようにしているからです。

日本は違いますよね。財産は奪われないし、土地だって理不尽に奪われたことがありません。それは時代時代の政府が天皇の勅許を必要とし、あくまでも「天皇の土地に政府を運営するだけの立場」だったからです。

ですから、たとえば「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」なんてことを本気で言い出すわけです。「他国の政府も日本同様に信頼できる。少なくとも米国は信頼に値するだろう」ということと「私たちを守ってくれる『政府』は日本政府じゃなくても信頼がおけるならいいだろう」と考えてしまうわけで素。

 日本人にはそもそも「外国と戦争する」と言う言葉の意味が理解できていないし「自分の同胞が血を流して、やっと自分たちの国を守ってきた。これからも守る」という価値観はまったく考えもつかないのです。

それでも、これだけネットなどが発達し、外国の情報も入るようになってきているわけですから、危機感を持つ人も出てきます。右翼の方に厳しい言い方をすれば「やはり日本人なので、ピントがずれた危機感の方も多い」とはいえます。

いずれにしても9条教の人は「そもそも外国がなぜ戦争をするのか理解できない。そのような価値観を経験していない」ということです。日本の歴史的な価値観からすれば、9条教の言っていることも理解はできます(理解はできますが、正しいとは思いませんよ。念のため)

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込...続きを読む

Qニュースでは、安倍内閣の支持率低下!自民党惨敗!支持率に影響!と言った話がかなり聞かれますが、自民党

ニュースでは、安倍内閣の支持率低下!自民党惨敗!支持率に影響!と言った話がかなり聞かれますが、自民党の支持率が下がったと言っても他の政党が上がったという報道は全く聞きませんね。

他の野党がダメだから、結局は自民党政権が続くんじゃないですか?まぁ、かと言って天狗になるのダメですし。

Aベストアンサー

野党としての維新に期待してます。 対案なく反対する野党4党の態度は見苦しさを超えて迷惑です。国会運営を公然と妨害しています。
 対して維新は協力すべきは協力しました。 それどころか、組織犯罪防止法案においては法案作成にまで入り込みました。 立派な態度です。

国民のためにも、与党のためにも誇りを持ったプロの野党が必要です。 政権を狙って揚げ足取りや国会運営を妨害する野党と、これを批判しないマスコミにはウンザリです。

与党が雑音のない環境で、驕ることなく、国民のための仕事に専念できることが私達の生活と安全に関わります。 そのためにも良い野党を伸ばしたいです。

Q今の安倍政権の政治のありかたって、怖くないですか?

私は、今 問題になっている森友学園や加計学園に関する官邸のやり方、また安倍総理の安保法案に対する異常なほどの執着、とにかく怖いと感じています。なぜ、安倍総理の支持率が高いのかが理解できません。
もしかして内閣支持率も官邸が数字を操作してマスコミにリークしているのではないか?との疑念さえ
湧いています。今は菅官房長官が必死になって前川前文部事務次官を個人攻撃して潰しにかかっていますね、前川前事務次官は退職後もボランティアで教育活動に携わるなどされている立派な人です。そんな人が嘘をついているとは全く思えません。皆さんは、今のこの政権のありかたを異常だと感じてはおられないのでしょうか?

Aベストアンサー

政治が歪められています。
その原因の一つは内閣人事局にあります。官僚の人事権が政府側にあることから官僚が萎縮し必要以上の忖度をしてしまう。更に安倍の場合友達の優遇というあってはならない所まで踏み込んでしまう。
更に、不完全な法を十分審議せず強行採決。
一説によるとレイプジャーナリストを不起訴処分に関わりを持ったとされている。警視庁まで忖度する事があっては怖いどころではない。共謀罪の行く末が心配なのはこの事と結びつく。
とにかく国会では過半数以上を占めている為やりたい放題。他の自民党員もイエスマン、安倍様様。まるで独裁者。

Q加計学園問題についての疑問

少し前から国会で取り上げられている加計学園問題について、皆さんのご意見をお聞きしたいです。


1)前川事務次官がリークした文書の内容は、機密文書の漏洩としてなぜ立件されないのか?

2)安倍政権の説明と野党の指摘の相違となる点は、なぜ起こったのか?

3)民進党(旧民主党)が総理のご意向として指摘しているが、そもそも獣医師の不足について県から国会に持ち込んだのは、旧民主党政権時という公的議事録がある中、どうして現政権に癒着問題として持って行くのか?

4)むしろ献金を受けていたという癒着の疑惑が上がった民進党の玉木議員から説明が特にないのはなぜか?また、与党はなぜ指摘しなのか?

5)文科省が1回目の調べで、文書が発見できなかった理由は何か?


未だ明確な答えが出ていない現状、様々な憶測の域の情報が飛び交っています。
皆さんは、どの情報を信じ、この問題はどういった経緯だと思われますか?
できればソース元を提示していただいたうえで、コメントいただけると説得力がある分分かりやすいです。

Aベストアンサー

1)について
 まず、この文書ですが、「機密文書」の指定がされていない文書です。機密文書は「官房長、局長又はこれらに準ずる者」が指定しなければなりません。
 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/joho_kanri/dai2/siryou2.pdf
 菅官房長官は「出所の分からない怪文書」と最初表現しており、文書があり、機密指定しているならそのことを指摘するはずです。
 機密文書でない以上、機密文書の漏洩とはなりません。
2)について
 これについては、安倍首相が詳しく説明していない以上、すり合わせができません。まずは安倍首相がその詳細について詳しく説明するべきと思います。
3)について
 獣医学部の新設が民主党政権時に「速やかに検討」とされたのは事実ですが、あくまで「検討」であり、認可にはなっていません。
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H3L_S7A600C1EA3000/
 安倍政権になり、実際に認可されましたが、北村直人元議員によると、新設については『天の声でも降って来ない限り、無理だろう』と考えており、当時の 国家戦略特区担当大臣である石破氏も『(特区認定のための)条件に照らすと、新設はちょっと認められないな』と言っていたとの事です。それがいきなり 理事長が安倍首相のお友達である加計学園だけに獣医学部新設が認められる流れができたため、安倍首相と掛学園の間に何かあるのではと思われています。
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51892
4)について
 玉木議員は日本獣医師会から献金を受けていましたが、日本獣医師会は基本的に獣医学部新設については反対でした。
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H3L_S7A600C1EA3000/
 現在問題になっているのは「なぜ加計学園だけにいきなりこれ以上ないくらいの有利な条件の認可が降りたのか」であって、日本獣医師会が問題ではないか
 らでしょう。
5)について
 松野文科相は、「前回調査はその時点において合理的調査であったと考えるが、結果として前回調査の対象以外の共有フォルダから文書の存在が明らかとな った」としていますが、再調査を行うまでに菅義偉官房長官は「出所や入手経路が明らかにされない文書の調査は必要ない」と繰り返しており、むしろ政治
 家のほうが「文書はない」ということにしたかったため、職員は言えなかったというのが実情ではないかと思います。
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/15/kakegakuen_n_17109574.html

1)について
 まず、この文書ですが、「機密文書」の指定がされていない文書です。機密文書は「官房長、局長又はこれらに準ずる者」が指定しなければなりません。
 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/joho_kanri/dai2/siryou2.pdf
 菅官房長官は「出所の分からない怪文書」と最初表現しており、文書があり、機密指定しているならそのことを指摘するはずです。
 機密文書でない以上、機密文書の漏洩とはなりません。
2)について
 これについては、安倍首相が詳しく説明していない以上、すり合わせができませ...続きを読む

Q加計学園問題の野党の追及

今、野党がいきり立って加計学園の「首相の意向文書」の調査を与党政府に要求し、政府はそれを受けて文科省に調査指示を出しましたが・・・

これ、政府与党が官僚の人事権を把握している限り、まともな調査が出来るわけが無いと思うのですが。
フォルダの文書なんてゴミ箱にドラッグすればすぐ消えるし、復元不可能な削除も手軽に出来ます。パソコンをいつも利用している人はすぐ分かると思いますが。
しかも、人事権を握る政府与党に文科省の官僚や大臣が逆らえるわけがないわけで。
問題は





「なんでわざわざ、100億円以上政府から優遇される事業に、安倍総理の大親友がピンポイントで参入するのか。」





これに尽きるわけで。
政府、文科省にどうして加計学園が選抜されたのかを延々追求する方が効果的だと思うんですけど。
「なるほど、友達とかとは関係なく、『日本国内で唯一加計学園にしか出来ない事業』だったのか」
と言う風に国民は納得したいだけだと思うんですが。
加計学園にしか出来ない 特 殊 な 事 業 であったなら、国民のほとんどが納得できるでしょうからね。

今、野党がいきり立って加計学園の「首相の意向文書」の調査を与党政府に要求し、政府はそれを受けて文科省に調査指示を出しましたが・・・

これ、政府与党が官僚の人事権を把握している限り、まともな調査が出来るわけが無いと思うのですが。
フォルダの文書なんてゴミ箱にドラッグすればすぐ消えるし、復元不可能な削除も手軽に出来ます。パソコンをいつも利用している人はすぐ分かると思いますが。
しかも、人事権を握る政府与党に文科省の官僚や大臣が逆らえるわけがないわけで。
問題は





「...続きを読む

Aベストアンサー

まったくおっしゃるとおりで論点がずれたところでの議論が多すぎるような気がします。

まず、「総理のご意向」があったか否かは、実はそれほど重要な論点ではありません。
そもそも国家戦略特区自体が安倍政権の成長戦略のひとつなのですから、その目的である岩盤規制を打ち破るために何らかの「総理のご意向」が働かないほうが不自然だからです。
つまり、「総理のご意向」が有ったか否か、という点に意味は無いのであって、その「総理のご意向」が公明正大なものであったか否か、という点こそが問われるべきでしょう。
おっしゃるように、
>文科省にどうして加計学園が選抜されたのかを延々追求する方が効果的
:で、個人的には、安倍総理は内閣法第6条に違反していると思います。この法律には、「内閣総理大臣は、閣議にかけて決定した方針に基いて、行政各部を指揮監督する。」という規定がある。
http://www.houko.com/00/01/S22/005.HTM
今回の場合の [ 閣議にかけて決定した方針 ] とは、いわゆる【石破4条件】 のこと。
a. 現在の提案主体による既存獣医師養成でない構想が具体化し、
b. ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき具体的需要が明らかになり、かつ、
c. 既存の大学・学部では対応困難な場合には、
d. 近年の獣医師需要動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討を行う。
以上の4点が閣議決定されており、総理大臣は、この方針に基いて「行政各部を指揮監督する」ことが内閣法第6条で義務付けられている。
しかし、安倍総理はそれを守っていない、つまり法律違反をしている。
では、どの部分に抵触しているのか?
4条件のうち、a ~ c については認識の問題になるわけで、そう思うか思わないか、という話になってしまう。こういった箇所にこだわりすぎると、水掛け論になってしまいます。

論点にすべきは、 d の [ 全国的見地から ] という箇所。
この [ 閣議決定(石破4条件)] は2015年6月30日に為されたもので、京都産業大学は2016年3月に獣医学部新設を提案しています。
約半年後の2016年11月、国家戦略特区諮問会議(議長:安倍総理)は、「(新設は)広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り」といった条件(←以降【条件A】と記します)を獣医師会の要望(ただし獣医師会は否定している)によって設けました。
獣医師会はこの翌月、獣医学部新設決定の撤回と、それが不可能な場合でも1校だけに絞るよう要請をしています。
それを受けて、2017年1月4日、「獣医学部の空白地帯、1校に限り」と修正された改正告示が官報に公布、施行され一般公募される運びとなったわけですが、【条件A】のため京都産業大学は獣医学部の応募を断念せざるを得なくなった、という経緯がある。
加計学園1校だけが応募できたのは、安倍総理(国家戦略特区諮問会議議長)が [ 全国的見地から ] という閣議決定を無視、すなわち内閣法に違反して【条件A】を設定した結果と言わざるを得ないでしょう。

このように、安倍総理や官邸サイドは、閣議決定を無視したり、内閣法に違反したりすることを、大した問題ではない、と考えているとしか思えず、ここが加計問題の最大の要点です。
ここには、「岩盤規制によって、どうせ誰かが恩恵を受けるのだから、それが経済的功績者である自分たちの友人であって、何が悪いと言うんだ」という、籠池問題にも通底するところの、安倍総理や官邸サイドの本音、というか「開きなおり」が見え隠れしています。
百歩譲って、仮に内閣法抵触が解釈の問題にすぎないのだとした場合でも、 [ 全国的見地から ] という閣議決定をわざわざ覆してまで「(新設は)広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域(空白地帯)に限り」といった【条件A】を決定したことに、公明正大な理由があったと言えるのか?という点に極めて重大な本質が潜んでいるわけです。
世論調査を見ると、安倍政権は大きく支持率を減らしていますが、この本質をよく考えるなら、さらに支持率が下がらないとおかしい。
経済順調なんだから、ちょっとぐらいズルしてもいいよね?と言われて、それを簡単に許してしまっていることになるのだから。
我々は、ニンジンを目の前にぶら下げられ喜んで走る愚かな馬になってはいけないでしょう。

まったくおっしゃるとおりで論点がずれたところでの議論が多すぎるような気がします。

まず、「総理のご意向」があったか否かは、実はそれほど重要な論点ではありません。
そもそも国家戦略特区自体が安倍政権の成長戦略のひとつなのですから、その目的である岩盤規制を打ち破るために何らかの「総理のご意向」が働かないほうが不自然だからです。
つまり、「総理のご意向」が有ったか否か、という点に意味は無いのであって、その「総理のご意向」が公明正大なものであったか否か、という点こそが問われるべきで...続きを読む

Q加戸守行に見る加計学園問題の真相

愛媛県でふるさと創生事業が提案される。
1970年7月に文化庁著作権課長に就任し、現在の著作権法の制定に活躍。
1989年5月、大臣官房長自裁にリクルート事件で、公務員採用時期を民間企業の就職協定の時期に合わせる旨の請託をリクルートから受けた受託収賄罪で連座責任を問われ、文科省を退任。
退任後は日本芸術文化振興会理事長、日本音楽著作権協会(JASRAC)理事長などを歴任。

1999年 愛媛県知事に就任
同年 今治市で新都市開発が決定される。
※2006年に開通予定の西瀬戸内自動車道(しまなみ海道)の今治IC付近にある用地を買収し、ここに新都市開発事業を県などで進めた地方創生案。
1.高度教育施設の誘致
2.大型商業施設の誘致
3.都市整備公団の誘致
※2006年までに、2のイオンモール、3のURを誘致に成功。唯一高等教育(大学)の誘致のみ目途が立っていなかった。

2005年に日本各地(特に宮崎、愛知で鳥インフルエンザ流行し、人への感染が懸念され、急遽ワクチンの緊急輸入となり全国に不安が広がった。
中でも愛媛県はそもそも専門の産業獣医師が慢性的に不足しており、獣医学部の誘致を切望するに至った。
加戸知事は、全国の私学に要請したが1校もより良い返事は無かった。
2007年、愛媛県議の本宮勇(ほんぐう いさむ)※自民党が、加計学園法人事務局長の渡部良人(高校の友人)に各地に拡大中の加計グループの今治進出を提案したところ、「獣医学部だったら良いよ」と回答。
※加計孝太郎の長男が獣医師免許を取得しており、獣医学部をそろそろ考えていて渡りに船だった背景がある。
本宮議員はこれを加戸知事に報告。
以後、愛媛県は高等教育を加計学園と提携することに決定。

同年、福田内閣で申請するも対応不可。
2008年、麻生内閣で申請するも対応不可。
2009年8月の解散総選挙で民主党が躍進、、政権交代で民社政権が発足。
同年、鳩山内閣で申請すると、2010年を目途に検討。
この背景には、兵庫県選出の江田五月参議院議員が関与。
2010年、菅内閣で江田が法務大臣に就任。
2012年、江田五月が民主党顧問に就任。
2012年12月、解散総選挙で自民党が躍進。政権交代で自公連立政権が発足。
2013年、前川喜平が文科省中東教育局長に就任。歌舞伎町の恋活バー”ラブアンドビーチで文科省OBや先輩事務次官と共に少女に貧困調査し始める。
2014年12月の解散総選挙で民進党を離党した江田五月元秘書の高井崇志衆議院議員が日本維新の会から出馬し落選するも比例で復活初当選。その後離党し民進党へ再入党。(再入党3回目)
2015年6月 国家戦略特区諮問会議2015で、石破四条件が閣議決定。本年度内での妥結を決定。
この時に3年後4月開学がロードマップされる。
2016年3月 国家戦略特区諮問会議で、文科省が挙証責任を果たせず、事実上白旗を挙げた。。
同年、高井崇志が誘致に熱心に国会で取り上げる。獣医師会から収賄している玉木雄一郎はこの時から反対。
https://www.youtube.com/watch?v=oq2YqNOHD48
同年6月、前川喜平が文科省事務次官に就任。先輩事務次官に倣い、積極的にOBを使っての天下りを斡旋。
同年9月、国家戦略特区諮問会議で、文科省の挙証責任が問われる。
同年10月5日、官邸にビーチ前川が呼びつけられて、挙証責任の怠慢を激怒られる。
この頃、獣医師会にどうしても設立するなら1校にしてと要請される。
その後の国家戦略特区諮問会議で今治市を進めることで一致。
同年11月、松野文科大臣が石破四条件の他に、認可指定を一部修正を指示。
※9月以降の各省課長級協議後、文部科学省高等教育局専門教育課課長補佐の牧野美穂が、同省の挙証責任と告示で禁止にしていた件で突き上げられ、言い返せず論破され、認可を否定できずに、省内向け報告用に”総理の意向メモ”を作成それをビーチ前川に報告。
同じ時期、常盤高等教育局長も呼ばれて激怒られて、やはり省内向けに同じ言い訳をする。
同年12月、警視庁の売春斡旋の違法風俗店の内偵で、ラブアンドビーチに常連として通うビーチ前川ら文科省OBは多数官邸に報告される。
同じ時期に、文科省OBの天下りが露呈する。
これもそても、ビーチ前川が仕事そっちのけで、ラブアンドビーチでOBと一緒に貧困女子調査に明け暮れていたからかも知れません。
多くの未成年少女もいつしか大人になったことでしょう。
これも天下りの恩恵か、貧困少女も大手の起業に就職できたそうです。
さすはビーチ前川ですね。凄腕ww
2017年1月、ビーチ前川が報告書を提出、天下り関係職員を処罰します。
同年1月5日、京都に松野文科大臣に同行出張した際に、電話で人事局に電話で退職願を言ったと本人が主張。
同年1月6日、官邸に呼ばれて、報告書の件で、主犯のお前が入ってないのはどういうことだ?と怒られます。
その後、大臣になんとか人気一杯やらせてくださいと懇願、(本人は否定)
同年1月20日、松野文科大臣から、減給10%二か月の懲戒処分を受け、このまま次官は続けられないと考え依願退職し、退職金8000万円を支給受ける。
同年3月、民進党の玉木雄一郎が森友問題関連で加計学園が問題だ!とツイートするもデマだとして削除。
同年5月、NHKと朝日新聞がスクープとして加計学園の総理の意向メールを裏を取らずに報道。
その後、リーク者のビーチ前川が朝日のインタビューで、メモが本物と言い張る。
その後、ネットで文書が捏造メモだとバレる。
同年6月、獣医師会が1校にしてくれなど要請していないと否定。
その後、国会が期限切れで終了。
同年7月10日、閉会中国会での内閣委員会(午後)で、加戸愛媛県知事の参考人証言で、一連の加計問題の疑問が解消。

とどのつまりは、ビーチ前川の職務怠慢と貧困調査が原因だったってことで良いですか?

なんか、まずいことは書かないとか言われたので訂正してみました。

愛媛県でふるさと創生事業が提案される。
1970年7月に文化庁著作権課長に就任し、現在の著作権法の制定に活躍。
1989年5月、大臣官房長自裁にリクルート事件で、公務員採用時期を民間企業の就職協定の時期に合わせる旨の請託をリクルートから受けた受託収賄罪で連座責任を問われ、文科省を退任。
退任後は日本芸術文化振興会理事長、日本音楽著作権協会(JASRAC)理事長などを歴任。

1999年 愛媛県知事に就任
同年 今治市で新都市開発が決定される。
※2006年に開通予定の西瀬戸内自動車道(しまなみ海...続きを読む

Aベストアンサー

愛媛県の人間ですが
「加計学園問題の真相」は愛媛とは何ら関係ない次元の話です。
加戸知事(当時)が「愛媛は加計ありきだったのです」と言っていたけど、愛媛県に対して手を挙げてくれたのは加計学園だけだったので「加計ありき」は至極当然の事です。

マスコミは尾ひれの部分をクローズアップ報道してますが、、、、
問題は安倍総理の意向が働いたか・否か、これにつきるのでは、
結局は明確な証拠が出ない限り 言った・言わない、の水掛け論になってフェードアウトするのではないかな、と思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報