ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

若者の言葉が乱れる具体的な例はなんでしょうか?
自分が思うに、携帯電話が普及したことやそれによりコミニケーションをする場が減り語彙力がなくなったからなどと思うのですが…
具体的な例をお願いします!
回答をお待ちしています。

A 回答 (4件)

いいや、幅広い層と話す機会が減ったから。

おじいちゃん、おばあちゃんと喋らないは序の口。親と喋らないもまだまだ。上司、先輩ともろくに話さない。

世代を超えて話をしないので色々な話し方が出来ないのです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2017/08/08 09:25

恋愛の会話さえLINEです。


語彙力ではなく、自分の言葉を一度確認しないと発言できなくなっているにもかかわらず、返信スピードを求められる事で、言葉を省略してしまう事も大きいと思います。
ですから変換候補だけで会話をしている人も少なくないでしょう。
また「こんにちわ」は序の口で、「いう」は「ゆう」ですし、「一応」は「一様」ですし、間違いを間違いと認識する事はなく、皆使っている言葉が正しいと思っているところもあるでしょう。
    • good
    • 2

ネット(携帯、スマホ)環境の普及もありますね。


ネット慣れし過ぎて言葉の重みをわかってないから平気でキツイ言葉を使う。逆に実際自分が言われると凹みやすい傾向にある。

自分は親(教養)のレベルの低下も原因の一つだと思ってます。
    • good
    • 2

主語が分からない文章が多いですね。

気の合う仲間だけでやり取りしているからでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

指摘ありがとうございます。
気をつけます!

お礼日時:2017/08/08 10:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真鍋かをり のかをりという書き方に違和感があるのですが、旧字体にしても かほり であるはずなのでは?

真鍋かをり のかをりという書き方に違和感があるのですが、旧字体にしても かほり であるはずなのでは?と思うのですが。

それとも歴史的変遷と言うのであれば、かをり と言う書き方が誤記ではないと言う理由と、かをり と言う書き方をされていた過去の出典を知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下にその考察が掲載されています。
一応大学助教授まで勤められた方の説ですから、それなりの研究結果だと思います。
http://blog.goo.ne.jp/iries333/e/545d894d09c0a8e76e4257f956d23f89

Q「右折・左折」の上位の二次熟語?

右折・左折など、道を曲がる意味で、具体的な右や左ではなく「道路などを曲がること、それ自体」を表す上位の意味を表す二次熟語は何がありますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いろいろな意見が出て、どれも微妙に違うようなので、おそらくそういう言葉はないのでは。
 おそらく「直進」の反対語ではないかと。質問者の会社の膨大なファイルでも、「直進」がお探しの言葉の反対語になっているのでは。反対語を見てみました。
http://hantaigo.com/word/%E7%9B%B4%E9%80%B2
「左折」「右折」「蛇行」だそうです。
 そうか。「蛇行」は思いつかなかった。やはりありませんね。

 こうなると、誤解を招かない言葉を考えるしかないのでは。
「右左折」(一発で変換された(笑)。ある程度市民権を得ているらしい)
「右・左折」
「曲進」ってどうでしょうか。

 ちなみに、「反対語」なんてそうそうスッキリわかるものではないようです。
【反対語の混迷】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2081.html

Q数え方の違う者同士を一遍に数えるとき、なんと数えますか?

犬と人を数えるとき、一度に伝える言葉はないのでしょうか?
例えば、この部屋には二匹の動物と三人の人がいます
こうではなく、
この部屋には5〇います。という言い方はありませんか?

不便です

Aベストアンサー

>人間と犬だったら、「既知の生命体5」と言いますかね。
たぶんそんなとこでしょうね。
ただ質問者は既知か未知かは不問ですね、人、犬、であれば、生命体5、でもよいはずです、「つ」も「個」も不要ではないかとも思います。

Qつんつるてん、のような言葉

六文字で、「つんつるてん」のように、○ん○○○ん となる言葉を教えてください。
特に深い意味はなく、このリズムが好きなので、聞いています。よろしくお願いします。
※タンタカタン、トントコトンみたいな「音」はダメです。

Aベストアンサー

真っ先に浮かんだのは【ギンギラギン】ですが、既出ですね。
 音はダメでもオノマトペはOKですか。だったら相当ありそうです。
http://www.nihonjiten.com/nihongo/giongo/index.html?PHPSESSID=bkbmc7hb0brk0muu8coseuhv41

 ちょっと変化球を。
【チンチクリン】
【安心感】
【変身譚】
【万金丹】

Q最近、若者の言葉が乱れているとよく聞きます。 その原因はなんでしょうか? 回答の方よろしくお願いしま

最近、若者の言葉が乱れているとよく聞きます。
その原因はなんでしょうか?
回答の方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

そう言った方々も若者時代にはそう言われた事でしょう。順繰りです。それによって古い言葉が淘汰され、新しい言葉が生まれます。良くも悪くも。

食べ物だって、礼儀だって、上の世代からしたら乱れ捲り。時代の流れ。

QWhere is my book?のisはどこが三単現なんですか? 主語はどれですか?

Where is my book?のisはどこが三単現なんですか?
主語はどれですか?

Aベストアンサー

my book が3人称、単数。my books となったら3人称で複数。
is 現在。

主語は my book。

My book is on the desk. 私の本は机の上。

Q至急!日本語文法に詳しい方求む

それはあくまでつもりでしかない

という言葉は正しい日本語ですか?
 
日本語の文法として間違っていないでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

>「今まで何事もない平和な世界を生きてきたつもりだったが、それはあくまでつもりでしかなく」という風に使いたかったんです。

 でしたら、先行コメントのとおり、2つ目の「つもり」にカギカッコをつけるか、強調の意味がある〝 〟(いわゆるツメ)をつければよいのでは。手書きやWordなら傍点というテもあります。

 ただ……。
〈あとは平和な世界を否定する文をいれるつもり〉 
 だとすると、ちょっと違うのでは。微妙な話ですが、「つもり」は「生きてきた」に関わるのでは。
 たとえば、
「今まで何事もな平凡に生きてきたつもりだったが、それはあくまで〝つもり〟でしかなかった。ボクの生き方はかなりかわっていたらしい」
 と「平凡に生きてきた」を否定するのならわかります。
 でも実際は「平和な世界」のほうを否定否定したいんですよね。
「今まで何事もない平和な世界を生きてきたつもりだったが、それは(ボクの無知による)勘違いだったようだ。ボクが生きてきた世界では、実はとんでもないことが起きていた」
 とかでは。

Q「この車両では、おタバコはおすいいただけません。」の表現はおかしいのでは

新幹線新岩国駅のアナウンスで「この車両では、おタバコはおすいいただけません。」と案内していました。「タバコをお吸い」までは、許せる気がするのですが、いただくがつくと何か違和感があります。

Aベストアンサー

ちょっと変ですね

「この車両での喫煙は禁止されております」

「この車両での喫煙はご遠慮ください」

駅に言えば、変わるんじゃないですか

Q「そもそも論」って、正しい日本語なのですか?

よくWEBサイトなどで『そもそも論として〜』などとよく目にします。私は訳のわからない造語だなあと思っていたのですが、調べてみるとなんだか多くの方がこの言葉を使っているように思えました。
これは正しい日本語なのでしょうか?日本語などに詳しい方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

正しい言葉の使い方ではないですが、なんとなく定着しつつあるのかな?と言う感じではありますね。
「そもそも〜」と言う言葉は「説き起こし(順序だてて説明を始める事)」の際に使われる接頭語であって、その言葉を「論(道理をのべる事)」じるわけではないですからね。

でも日本語(に限らず言葉)は使われているうちに変節して行くものですから違和感を感じていてもそれが正しい言葉に変わって行くかもしれません。
それが単なる流行り言葉でも・・・

Q「建立」は何故「けんりつ」と読まず、「こんりゅう」と読むんですか?!

「建立」は何故「けんりつ」と読まず、「こんりゅう」と読むんですか?!

Aベストアンサー

[日本国語大辞典]より
こん‐りゅう[‥リフ] 【建立】 〔名〕
(「こん」は「建」の呉音、「りゅう」は「立」の正音)
(1)宗派を新たに開くこと。また、寺院やその建物を新たに作ること。けんりつ。
*浮世草子・日本永代蔵〔1688〕一・一「都よりあまたの番匠をまねきて宝塔を建立(コンリウ)、有難き御利生なり」
(2)((1)から転じて)(1)のため寄進を募ること。勧進。また、寄進すること。
(3)うちたてること。建物のような具体的なものから、事業のような形のないものや心の中の観念のようなものまでいう。
*天草本伊曾保物語〔1593〕エジツトより不審の条々「サテ カウロウノ サクシャワ ナントト トワセラルレバ〈略〉イヅレノ トコロニ conriu (コンリャウ) ツカマツラウゾト ソウスレバ」


けん‐りつ 【建立】 〔名〕
建て設けること。築き設けること。
*基督信徒の慰〔1893〕〈内村鑑三〉四「仁を施し民を撫育し、真正の地上の王国を建立(ケンリツ)せんと」

この辞書の用例はたくさんありますが、読み方をはっきりさせたものだけを挙げました。

「建立(こんりゅう)」は仏教から始まったのですが、そのまま現代でも使い続けられています。わざわざ「けんりつ」と言い換えたのは、多分上記の内村鑑三が、(キリスト教徒だったので)最初かも知れません。

[日本国語大辞典]より
こん‐りゅう[‥リフ] 【建立】 〔名〕
(「こん」は「建」の呉音、「りゅう」は「立」の正音)
(1)宗派を新たに開くこと。また、寺院やその建物を新たに作ること。けんりつ。
*浮世草子・日本永代蔵〔1688〕一・一「都よりあまたの番匠をまねきて宝塔を建立(コンリウ)、有難き御利生なり」
(2)((1)から転じて)(1)のため寄進を募ること。勧進。また、寄進すること。
(3)うちたてること。建物のような具体的なものから、事業のような形のないものや心の中の観念のようなものまでい...続きを読む


人気Q&Aランキング