個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

解散する労働組合の闘争資金(組合活動費)の余剰金の分配方法は?過去に退職した者には権利はないのか?

A 回答 (4件)

組合費は労働貴族の小遣いですからね

    • good
    • 0

そうだね、キリがないからね。


どう分配するかは組合でするんだろうけど、意外と平等ではないと思うよ。
専従の退職金とかね。
    • good
    • 0

はい。


無関係です。
    • good
    • 0

法人である労働組合の場合、


労働組合法
(残余財産の帰属)
第十三条の十  解散した法人である労働組合の財産は、規約で指定した者に帰属する。
2  規約で権利の帰属すべき者を指定せず、又はその者を指定する方法を定めなかつたときは、代表者は、総会の決議を経て、当該法人である労働組合の目的に類似する目的のために、その財産を処分することができる。
3  前二項の規定により処分されない財産は、国庫に帰属する。

法人でない労働組合でも、
解散時に組合員でない者が権利を有する可能性は低いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑事事件で、あまりにも法外な示談金を要求されたらどうすれば良いのでしょうか

刑事事件で、あまりにも法外な示談金を要求されたらどうすれば良いのでしょうか

Aベストアンサー

>あまりにも法外な示談金を要求されたらどうすれば良いのでしょうか
 示談には応じられない、と断るしかないでしょう。

一般的に裁判の際に示談が成立していないと不利な判決が出やすいが
【示談を交わせるよう誠意を持って対応してきたが、
 300万円という提示額には到底応じられず、今日に至っています。】と
 説明すれば、マイナスにはならないと思います。

Q賃貸契約書の虚偽記載について

みなさま、お世話になります。

この度、戸建ての賃貸契約をして、諸費用もお支払いしました。

その後に、使用ガスが契約書に記載されていた「都市ガス」ではなく「プロパンガス」であることが発覚したのです。
また、同じく記載されていた、灯油会社も間違えていたのです。

大家も管理会社も仲介業者も「そう思い込んでいた。」との説明でした。

そして、賃料を1,000の値引きを提示されました。が、実際のランニングコストを考えると、その数字では納得することができません。

礼金のある物件でしたが、それさえ支払うのもどうかと思ってきました。

つまり、賃料の値下げ幅を大きくしたい、礼金は支払いたくないということなのですが、やりすぎでしょうか。

また、契約を白紙に戻すことは可能でしょうか。

引っ越しに伴い、大型家具を購入した費用や、今住んでるところも解約して、次に入所する方が決まっているようですし、路頭に迷うことになりますが、その分の賠償を請求できる可能性はあるでしょうか。

みなさんのご意見、また体験談等お聞きできれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、お世話になります。

この度、戸建ての賃貸契約をして、諸費用もお支払いしました。

その後に、使用ガスが契約書に記載されていた「都市ガス」ではなく「プロパンガス」であることが発覚したのです。
また、同じく記載されていた、灯油会社も間違えていたのです。

大家も管理会社も仲介業者も「そう思い込んでいた。」との説明でした。

そして、賃料を1,000の値引きを提示されました。が、実際のランニングコストを考えると、その数字では納得することができません。

礼金のある物件でし...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様の目指す点が賃料の相当額の値引きとハッキリ判るので、回答しやすいですね。

質問文では契約書の押印済み、礼金を除く諸費用支払い済み、建物引き渡しはこれから、という段階ではないかと想像します。
まず、この段階で賃貸契約は成立しているかどうかと言う問題になります。家主側からは成立していないから条件が合わないのなら諸費用は無利息で返還してお終いにするとは言い難いでしょうし、揉めた場合には重要事項説明と実物が違う点について貸主側の不利になるでしょうね。
特に不動産業者はプロですから、「そう思い込んでいた。」では済まされませんね。
では、家主側から、契約は有効に成立しているのだからこのまま引き渡しを受けるように主張するのはどうでしょうか?
その場合は、契約書と実物が異なることを理由に、実物を契約書の内容に合わせる(これはムリだと思いますが)か、新たな賃貸借契約を締結するまでは物件の引き渡しを拒むことが必要でしょうね。

家主側は、とりあえず払うものは払って、入居してからゆっくり話し合いましょう、と説得してくるかもしれません。私ならそう言います。
ただ、その場合は遺恨を残したままズルズルと解決を引っ張られる可能性はありますね。

礼金を払う場合でも、入居をする場合でも、ガス会社間違いの金銭的解決は未了であり、期限を切って解決しない場合の対応についての文書は取り交わしておくべきでしょうね。

先の回答にもありますが、ホドホドの着地点を目指しておいた方が良いでしょうね。今回の件が近い将来に別の形で跳ね返って来ることも考えられます。

質問者様の目指す点が賃料の相当額の値引きとハッキリ判るので、回答しやすいですね。

質問文では契約書の押印済み、礼金を除く諸費用支払い済み、建物引き渡しはこれから、という段階ではないかと想像します。
まず、この段階で賃貸契約は成立しているかどうかと言う問題になります。家主側からは成立していないから条件が合わないのなら諸費用は無利息で返還してお終いにするとは言い難いでしょうし、揉めた場合には重要事項説明と実物が違う点について貸主側の不利になるでしょうね。
特に不動産業者はプロで...続きを読む

Q私道の賃貸契約駐車場の出入り口建設

隣接地の地主が駐車場を作っています、私道(袋小路)(私どもの所有権は6分の1)を所有、その駐車場は私道を2分の1所有している人が作っています。その土地は公道にも広く面しています。私道を出入り口にすることは、不動産屋が問題ないといってるそうで、私どもには出入り口を私道に作ることの通告もありませんでした、公道に面している部分はコインパーキングにするので、私道に月ぎめの出入り口を作るそうで、移動してもらえません。この場合、地主のほうに問題ないのでしょうか?ちなみに、月ぎめの駐車場の台数は今のところ10台に限定、地主の車が5台程度だそうです。
①出入り口は公道に作ってほしい
②相手が地主で事を荒立てたくはないが少なくとも不動産屋が問題ないといってるのを撤回させたい。
③この場合、駐車場の使用者に対し車両の私道の通行はしないでといえるかどうか。
④その他、基本的にどうして良いかわからないので、良きアドバイス
以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

下図のような配置を想像して描きました。想定の中で質問者様の宅地は2軒目か3軒目の家です。
未舗装の私道と言う事で、従来とは比べ物にならない頻度で車両が通行することによる影響は確かにあるでしょうね。先の回答にもあるように、質問文通りの前提条件ですと全ては『お願い』の範疇になると思います。

後は、この駐車場が設置されている自治体の条例等に駐車場の建設基準が定められているかどうかを調べる事でしょうね。
大規模建物の建築をする際の駐車場付設義務以外に、駐車場を設置する際の要件を定めている自治体があります。具体的には進入路の幅員4mということですが、その幅員でOKなのか?確かにその私道は幅員4mが確保されているのか?共有者の同意は不要なのか?などですね。

質問文では地主さんと不動産業者しか登場していないので、そういった条例等の有無や条例違反の有無が判りません。
調べるのは手間でしょうけれど、条例等に違反していれば『お願い』ではなく『告発』と言う事になりますから、現状変更の可能性は高まるでしょうね。

Q最初は電話の相談でも可能でしょうか・・

私には借金があります。
消費者金融で借りすぎてしまい、でもお金が必要で結局、闇金に手を出してしまいました。
消費者金融に返済して、闇金に返済して。。生活がギリギリと言うか、まわらない状況です。
電話相談などよりも、直接行った方がいいでしょうか?
いま、相談に行くよりも働いて返済しないとという気持ちが大きくて電話相談が出来ればしたいと思っているのですが、電話だと相手の顔が見えない分、どういう対応されるか不安です。
電話相談でも、親身に相談に乗ってもらえたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

私の知っている、イストワール法律事務所さんは電話でも親身になって相談に乗ってくれますよ。
私の友人は最初電話した時に、折り返し連絡しますと言われて最初は、大丈夫かなぁと不安だったようですが、5分もしないうち折り返しの電話があって、びっくりしたそうです。
そこから友人の話を丁寧に聞いてくれてどうしたらいいかなど、しっかりアドバイスもしてくれたようです。
行くのが難しいのであれば、一度電話相談をお願いしてみてはいかがでしょうか?

Q損害賠償請求について。 建設業で働いている者です。先月、給料が振り込まれず会社を退職しました。月末締

損害賠償請求について。
建設業で働いている者です。先月、給料が振り込まれず会社を退職しました。月末締の翌月末日払いなのですが1月分の給料を2月末じゃなく3月3日に振り込まれ2月分の給料をいまだ振り込まれておりません。先月、給料払ってもらえなかった時に元請けA(ゼネコンではなく自分の業種の元請けです)に電話をかけたところ自分の会社社長に「なんで元請けAに連絡をするんだ?!元請けから振り込まれなかったら君は他の従業員が給料もらえない責任を負えるのか?」と言われました。元請けA社長はちゃんと入金はされていて自分とこの会社社長が資金繰り等の理由で毎月、前借りをしている状態という事を知りました。3月末に給料遅れると連絡きたので「何日までに払わなければこちらで対処する」と伝えたところ「言いたかったらゼネコンだろうが労基だろうが言え」と言われたのでゼネコンと労基(労基には相談のみ)に電話で伝えました。そしたら次の日に 元請けAから連絡があり「あなたに名誉棄損で損害賠償を請求します。」と伝えられました。これって自分が請求される側っておかしいですよね??実際、この損害賠償ってまかり通るものなのですか??自分は「社長がゼネコンだろうが労基だろうが言えって言ったので言いました」と伝えたところ社長はそんな事は言っていないの一点張りです。テープレコーダーで録音しとけばよかったのですが頭に血が登ってしまって考える余裕がなかったです。給料もらってない被害者は自分なのに…これって正当に損害賠償請求できるんでしょうか?ほとほと困り果ててます…誰かご教授下さいm(__)m

損害賠償請求について。
建設業で働いている者です。先月、給料が振り込まれず会社を退職しました。月末締の翌月末日払いなのですが1月分の給料を2月末じゃなく3月3日に振り込まれ2月分の給料をいまだ振り込まれておりません。先月、給料払ってもらえなかった時に元請けA(ゼネコンではなく自分の業種の元請けです)に電話をかけたところ自分の会社社長に「なんで元請けAに連絡をするんだ?!元請けから振り込まれなかったら君は他の従業員が給料もらえない責任を負えるのか?」と言われました。元請けA社長...続きを読む

Aベストアンサー

名誉毀損にはなりません。刑法では名誉毀損について、次のように定められています。

刑法 第230条(名誉毀損)
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

ここにあるすべての要件を満たしたときに名誉毀損罪に問われるわけです。とくに「公然と」に注意してください。公然とは不特定多数の人に大っぴらにすることであり、たとえばインターネットに書き込んで大勢の人が見られる状態にするとか、公道上をメガホンで叫んで広く歩き回るとか…。

ゼネコンの限定された人に知らせたくらいでは「公然と」にはなりませんから、名誉毀損にはなりません。単なる脅かしですよ。

Q九条バリア妄想

日本に何発ミサイル落ちれば誤射でなくなりますか?

また九条は、誤射ミサイル落下(笑)や、オスプレイ落下(笑)からは守ってくれないのでしょうか?

あと、DVや変態からも守って欲しいですけど無理ですか?

なぜ日本では武器持ってはいけないのに殺人が起きるのでしょうか?
殺人しても許されるのであれば、仮に戦争しても許されますよね?

現状ダメなら変えて当然だと思うのですが、なんで憲法は変えてダメとかいう論調がまかり通るのでしょうか?

Aベストアンサー

日本に何発ミサイル落ちれば誤射でなくなりますか?
  ↑
憲法前文にあります。
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
 われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
これと9条を併せ読めば判るとおもいます。

北も平和を愛する公正と信義の国ですから、信頼しないと
いけません。
だから、何発落ちても誤射です。
そもそもあれは人工衛星です。
ミサイルなどではありません。
人工衛星を打ち込む国などおりません。
だから、総て誤射です。
これが正しい憲法解釈です。




また九条は、誤射ミサイル落下(笑)や、オスプレイ落下(笑)
からは守ってくれないのでしょうか?
    ↑
侵略からは守ってくれますが、誤射や事故からは
守ってくれません。
9条の範囲外です。



あと、DVや変態からも守って欲しいですけど無理ですか?
   ↑
無理です。
憲法は国家を規制する法です。



なぜ日本では武器持ってはいけないのに殺人が起きるのでしょうか?
   ↑
日本だけは平和を愛さない、不公平と非信義の国だからです。
だから9条で武器の所持を禁じているのです。

  

殺人しても許されるのであれば、仮に戦争しても許されますよね?
   ↑
殺人は許されても、戦争は許されません。



現状ダメなら変えて当然だと思うのですが、なんで憲法は
変えてダメとかいう論調がまかり通るのでしょうか?
   ↑
日本人は合理的に考えるのが苦手なのです。
情緒で国防を考えてしまうからです。
戦争は恐いから、戦争については思考停止しましょう。
これが日本人です。

日本に何発ミサイル落ちれば誤射でなくなりますか?
  ↑
憲法前文にあります。
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
 われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
これと9条を併せ読めば判るとおもいます。

北も平和を愛する公正と信義の国ですから、信頼しないと
いけません。
だから、何発落ちても誤射です。
そもそもあれは人工衛星です。
ミサイルなどではありません。
人工衛星を打ち込む国などおりません。
だから、総て誤射です。
これが正しい憲法解釈です。




また九条は、誤射ミ...続きを読む

Q倒産して解雇予告手当の請求はできますか?

倒産して解雇予告手当の請求はできますか?

Aベストアンサー

ハローワークでは未払賃金を支払うことはありません。

独立行政法人労働者健康安全機構が未払賃金の立替払制度を実施しています。
こちらは労災保険料を財源としていますので1年以上労災の適用事業所であることなどの条件がいくつかあります。

https://www.johas.go.jp/tabid/687/Default.aspx

Q急な廃業の従業員さんの解雇について

親族が責任経営者です。
急に店を廃業することにすると親族内に宣言しました。
従業員に対して、よく朝「廃業の旨、来なくてもよいと来るのを待っていう」と
言っています。
「従業員はパートだから、急な解雇は可能だ」とも言っています。
従業員さんの契約は、自動更新という形で、かなり長期にわたって勤めておられるからばかりです。
これは、不当解雇にならないのでしょうか?
よろしく、お答え願います。
廃業に関しては業績不振の為、かねてより考えていたようですが、言い渡しはいきなりです。

Aベストアンサー

> 従業員に対して、よく朝「廃業の旨、来なくてもよいと来るのを待っていう」と言っています。

従業員に対して、翌朝出社してくるのを待って、「廃業の旨、来なくてもよい」と言う、と言っています。でしょうか。

30日前予告、か平均賃金支払いで、その日数分短縮できます。すなわち平均賃金30日分払えば、即日解雇可です。事業継続が天変地異でやむをえない事由があると労基署の認定を受ければ、支払も不要で即日解雇可です。ただ単に続ける気がうせただけでは、認められないでしょう。あと30日事業を継続するか、平均賃金30日分払うかです。

不当解雇かは、たとえば偽装倒産(よそで事業をはじめる)、事業拡張するなど自慢話をしていたとか、従業員がききつけていたなら、民事で訴えられる可能性はあります。

Qお金を返してもらうには

4月末までマンションの部屋を貸していたのですが
引っ越していったので
電気代は後から振り込んでもらう
ことで合意していました。

4/2-4/末の電気代が6月になって
わかったので
請求したところ
返信なし。
15000円ほど。

どうやって回収したら良いでしょうか

Aベストアンサー

キチンとした賃貸者契約をしていたのですか?
敷金は?もう返還したのですか?

返還していないのでしたら差し引いてから返還。
そのような契約自体が無いのなら危ういですね。
15,000円の為に裁判も無いでしょうし。

Q男が既婚者で未婚女性を騙していた場合 未婚女性に支払われる 慰謝料150万円は高い?安い? 男が弁護

男が既婚者で未婚女性を騙していた場合
未婚女性に支払われる
慰謝料150万円は高い?安い?

男が弁護士同士の話し合いの方が
早いし示談金も安いけれども
弁護士を挟まずに解決したいと言っています

何か裏がありますか?

Aベストアンサー

「裏がある」かは判りませんが、ちょっと事実や実態とは違うかも?

まず交際期間などにもよりますが、女性の貞操は意外と高額なので、「騙された」場合、150万円は「ちょっと安いかな?」とは言えそうです。

ご参考(判例)
https://www.mc-law.jp/rikon/17314/

上記URLの判例からは、少なくとも請求段階では200~300万円は主張出来るかと。

それと「弁護士同士の話し合いの方が早いし示談金も安い」と言うのも、一概には言えません。
弁護士は、クライアントの意向に従いますので。
すなわち、加害側は少額を主張し、被害側は高額を主張するのが常であって、両者が歩み寄らない場合、「早い」とは言えません。
そうなると、某女性タレントじゃないけど「最高裁まで争う!」なんて言う事態になりかねません。(最高裁はこんな内容は受理しませんので、実際には高裁判決で結審しますが。)

「示談金も安い」と断言できる根拠に至っては、皆無です。
状況と似た判例に基づき、両者の弁護士が相場の認識を共有した場合、それぞれのクライアントを説得し。
クライアントも納得した場合は「早い」でしょう。
しかし、相場は相場であって、「弁護士を介せば相場が下がる」などと言える根拠はありません。

一方では、弁護士を介した場合、弁護士費用を要しますので・・。
「被害者の手取りが安くなる」とは言えるかな?
ただ、これも加害者の弁護士費用負担も発生します。

示談交渉だと、弁護士費用はそれぞれ20万円前後くらい?
・加害者側の男性の負担は、慰謝料+20万円。
・被害者側の女性の手取りは、慰謝料ー20万円。
そう言う話です。

更に裁判まで行くと、弁護士費用はそれぞれ50万円くらいにはなり、高裁まで争えば、更に高額。

男性側の慰謝料の相場認識が150万円で、それを裁判で争うことを考えれば、単純に弁護士費用分を上乗せして、200万円で示談しても良いくらい・・とも言えます。
また、裁判で争えば、家庭や職場に露見する可能性もありますので、示談なら「口止め料的」な請求も、良くある話です。

「裏がある」かは判りませんが、ちょっと事実や実態とは違うかも?

まず交際期間などにもよりますが、女性の貞操は意外と高額なので、「騙された」場合、150万円は「ちょっと安いかな?」とは言えそうです。

ご参考(判例)
https://www.mc-law.jp/rikon/17314/

上記URLの判例からは、少なくとも請求段階では200~300万円は主張出来るかと。

それと「弁護士同士の話し合いの方が早いし示談金も安い」と言うのも、一概には言えません。
弁護士は、クライアントの意向に従いますので。
すなわち、加...続きを読む


人気Q&Aランキング